純正インクが高いので、「リサイクルインク」を使ってみようと思うのですが、実際に使用された諸先輩のご意見有れば、、、、

プリンタ機種:PSC2355

「リサイクルインク」の販売サイト

http://www.kilat.100yengai.com/index.php?cPath=1 …

例えば、黒は良いけど、カラーは止めとけとか、安くても容量が少ないから結局同じことだとか、、、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問の中にある販売サイトで、「134」のインクを購入し使っています。


特に問題はありません。

私は写真など高画質を必要とするものは印刷しなく、普通紙に事務的なことを多く印刷するので、リサイクルインクを購入→インク補充→補充が無理になったらリサイクルインク購入のサイクルです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました、先程「リサイクルインク」を注文いたしました。以前「詰替インク」を試したときは、1~2ヶ月不使用だとインク出口が詰まってしまうトラブル有りました。この「リサイクルインク」を搭載したときは少なくとも週一回位はWEBページでも印刷したり、プリンターユーティリティからインク出口掃除したりして、インク詰まりを出来るだけ防止しておくことにします。

お礼日時:2008/06/26 15:09

これまで議論が繰り返されてきたテーマですよね。

そろそろ、決定版の教科書ができてもいいころですが‥

* リサイクルインクは、純正の容器を拾ってきて非純正のインクを詰めて売っているものです。値段は2割安ぐらいでしょうか。使用者に高度な技術が要らないので、やや安全です。ただし、色調にうるさい人には、不満な場合があります。

* 詰め替えインクは、インクだけ売っているもので、使用者が自己責任で詰め替え作業をします。値段は7割安ぐらいになるので、器用な方は、けっこう愛用していますが、そうでない方には、リスクが大です。

故障率については、中立な統計がほとんどありません。多くの方が、自分の僅かな体験だけで主張しています。純正インクを4~5回買えば、プリンターが買えるくらいの金額になります。ですから、リスク覚悟で非純正を使っても、確率的には十分に意味があります。

私の場合は、非純正派です。事務使用オンリーで、高級な写真などは、やっていません。これまでに故障したことがありますが、修理してもらって、使っています。総合的にはトクをしています。修理代は、純正品2セット分ぐらいでしたが、修理後、純正品が1セット付いてきたので、かなり「お得」感がありました。

非純正品を使うと修理を拒否される、という話を聞いたことがありますが、それは保証期間内の無料修理の拒否ではないでしょうか。ですから、保証期間を過ぎたら非純正品、という意見もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

成る程ですね、カラーの場合は色調差は当然ですよね。ということは「黒」だけなら「リサイクルインク」でも問題は比較的少ない。。。てな結論を自分で出そうと思っています。自分の場合は、WEBページの印刷が八割位で(これも出来るだけ黒印刷で済ませようと思っています)、残り2割は写真印刷、どうしても高画質で人に配りたい場合はデジカメ屋でプリント、、、

お礼日時:2008/06/26 09:24

故障の原因にしかならないので、やめましょう。


壊れて修理代の方が高くつくだけですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解しました。

お礼日時:2008/06/25 17:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング