『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ノアの小橋建太の腕って太過ぎませんか?
筋トレ大好きな選手だし、筋トレに対する身体的な才能があって、
筋トレの刺激に反応しやすい身体なんでしょうが。
プロテインは当然、
多少のグレー的なサプリも使っているのでしょうが・・。

でも、あの上腕は太過ぎかと。
ボディビルダーでも、あの上腕の太さは、そうは居ないかと。
どう思います?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

彼は純粋な努力だと思いますよ。


本当に365日練習している人ですしね。
アメリカのレスラーに見られるような、いわゆる見せる筋肉の発達の仕方はしてないですからね。
膝の故障や靭帯を手術した際に、その代わりというか
使える場所をさらに鍛えようとした部分はあると思うんですけどね。
まあ、剛腕ですよね☆
    • good
    • 2

あの腕は、薬物利用をしないで作ったものだと思います。

故ジャイアント馬場の持論に、「ボディビルダー系のレスラーは、体が硬く受身が下手なので、本格的なプロレスには向いていない」というものがあります。また、小橋が、いわゆるU系のような、見せるための恰好のよい筋肉を身につけようとして食事制限をしていたところ、馬場は「そのようなことは止めろ。ラーメンでも追加で食ってから帰れ」と指示しています。

投げ技や落とし業を多用する流儀の旧全日本・Noahの試合においては、受身が上手であること、想定外の投げられ方をした際の怪我を減らすため、ある程度の脂肪の層を持っていることが必要なのです。小橋の体は、それにあわせて作られたものであり、アメリカ系やボディービルダー系の体格とは、明らかに違います。くしくも故ジャンボ鶴田が語っていた通り、旧全日本では、相手の受身の能力に応じて落とす角度を変えるという行為を、トップレスラーである鶴田自身が行っていたのです。受身の天才と呼ばれる三沢を落とす時は、相手の受身能力を信頼して落としていたであろうと思うし、アメリカから来たいかにもボディービルダー系のパトリオットとの対戦は少なかったものの、おそらく、パトリオットを落とすことがあれば、かなり慎重な角度で落としていたでしょう。

小橋としても、受身は下手ではありません。田上がリング上からリング外に落とすのど輪式落としを使ったのも、三沢が花道から場外に落とすという投げ技を使ったのも、小橋の受身能力を信頼しているから出来ることなのです。

小橋が太い腕を身につけた背景のひとつに、「スタン・ハンセンの後継者」として、ウェスタン・ラリアットを使いこなすに足る、説得力のある腕を持っていることが有利だということも上げられます。ようは、あれだけの腕の太さが無いと、ハンセンにラリアット勝負で勝っても、説得力がないのです。筋書きのあるドラマとしてのプロレスにおいても、アメリカ風エンターテイメントでも、ファイティングオペラを標榜するハッスルでもなく、旧全日的なスタイルの場合は、観客を納得させるに足るだけのものが必要なわけです。小橋の豪腕によるチョップとラリアット、小川良成の丸め込みの上手さ、三沢の受身能力の高さによる前半線での苦戦と後半での怒涛の反撃というスタイル、丸藤の天才的な空中殺法などは、その典型です。小川と丸藤の例は、特に三沢のお気に入りのマッチ・メイキングで、ジュニアヘビーの選手でも、見せ方によってはヘビー級に勝っても十分な説得力があるということを、Noahは重視しているのです。これは馬場にはなかった発想で、まさに三沢的であり、Noahでしか見ることの出来ない世界だと言えます。

小橋の場合、ムーンサルトプレスの多用でヒザに負荷がかかっていること、若手レスラーが自分と同じ技を身につけると、それを若手に譲ってしまい自分の技としては封印することなどの事情から、試合をほとんど、チョップとラリアットと投げ技・落とし技だけで成立させてしまう傾向が強く、チャンピオン級の選手としての説得力を維持するためには豪腕が必須なのだと言えるでしょう。

ちなみに、小橋のスタイルはNoahでは何も言われませんが、「5秒以内の反則は許容される」という、いかにもプロレス的なルールを厳格に守ろうとすると、なかなか愉快な事態が発生します。例えば、相手をコーナーに追い詰めてのチョップは、もうお約束なので、Noahではレフリーが「5秒経過!」として引き離すことはありません。しかし、海外遠征時は、5秒ごとにレフリーにより相手から引き離され、再びチョップを始めるという、愉快な状況になっています。また、ハーフネルソンスープレックスや小橋式のブレーンバスターでは、相手のタイツをつかんではならないというルールに抵触しており、特にブレーンバスターの際は、相手を空中で維持する時間が長く、5秒を超えているのではないかと思うことがあります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腕廻り何センチありますか?

自分二の腕廻りの太さが 34.5センチ程度あるのですが、
一般の成人男性の腕の太さはどれほどなのでしょうか?
毎晩筋トレで鍛えているのですが、廻りの人達はどれほど太いのかな?
なんてくだらない自己満の世界の質問ですみません。
ちなみに自分は体重70キロ、身長177センチです。
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

補足を頂いたモノです。
今朝体重を量ったら、49.5でした。
身長は、160センチです。
なーんもしてないので、徐々に中年男性に。^^;

腕周りははかり方とか、部位が違うのかな?
上腕二頭筋の力こぶにした状態一番高い所で、採寸用の柔らかいメジャー(?)でちょっと強めにまいて、測定したら31.5でした。
パンプ・アップすればもうちょっと増えるとは思うけど、朝起きたばかりなので。
伸ばした状態では、27.8くらい。
メジャーの長さが違うのかな?とも思い、物差しと比べてみても同じでしたよ。
あ、もちろん利き腕ですよ。
逆に、28センチ。目に見えて貧弱です。^^

中学の頃、恥ずかしながらドラゴンボールにあこがれて、腕立てとか200回とか腹筋を毎日やっていたせいかな?
片手腕立てとか片手懸垂とかもバリバリできましたよー。
中学の後半では、きちんとした筋トレの本を買って、トレーニングしてましたが、それまではテレビを見ている時腹筋していて、CMの時だけ休む、なんてバカな事もしてました。
まぁ、体重が軽かったからそんな無茶ができるんだと思いますが。
身長が低いのに、ムキムキしているのは気持ちが悪いと高校の頃言われて、野望は消えましたが。

腕周りや、トレーニングの回数、1回の腕立ての時間(これが地味にきつい)とかを記録していくと、楽しいし、モチベーションも上がりますよー♪

補足を頂いたモノです。
今朝体重を量ったら、49.5でした。
身長は、160センチです。
なーんもしてないので、徐々に中年男性に。^^;

腕周りははかり方とか、部位が違うのかな?
上腕二頭筋の力こぶにした状態一番高い所で、採寸用の柔らかいメジャー(?)でちょっと強めにまいて、測定したら31.5でした。
パンプ・アップすればもうちょっと増えるとは思うけど、朝起きたばかりなので。
伸ばした状態では、27.8くらい。
メジャーの長さが違うのかな?とも思い、物差しと比べてみても同じでしたよ。
あ...続きを読む

Q3週間筋トレを休むと筋肉の減少はどれくらい?

筋トレ歴1年半、1日2時間程度のトレを全身を3箇所に分けて週4日ほどしています。
筋肉自体にハマっているのでトレの仕方・栄養のとり方等はそれなりに学び、
初めの時に比べて劇的に体が変わりました。

ですが、今月末くらいから仕事の内容が変わり、
超がつくほど忙しくなるので3週間もの間、
筋トレが一切できません。

訳あって少しのトレ(自宅で腕立て等)もできませんが、
日常生活の動作はあるので寝たきり状態ではもちろんありません。

トレ歴や知識がそれなりにある人で、
10日間以上トレを完全に休んだ経験のある方に教えていただきたい。

・実際体感できるほどに筋力や筋量が落ちたのか。
・落ちた筋力を取り戻すのにどの程度の期間がかかったのか。

1週間程度なら体を休める事もありますが、それ以上の経験がありません。
筋肉は1週間以上鍛えなければ減っていくと言われます、どれほど減るのか心配なのです。

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

参考サイトを先ず上げます。

「パワーリフター三上のホームページ」
http://club.pep.ne.jp/~mikami1/
■ここの「スポーツ生理学」から入って「ディトレーニングの生理学」を見てください。

これによると4週目までは筋肉自体は衰えず、神経系が最初に衰えるとあります。
つまり、筋肉自体は落ちにくいとのことです。

私自身の経験ですが、3ヶ月ほどトレを全くできなかった期間がありました。

時間がたつにつれて、筋肉の張りが失われ細身になりました。
悔しいのでサイズは測りませんでしたが。
この期間は特に食事についてはサプリメントを取るとか、腹一杯食べるということはしませんでした。
トレをしないのに栄養をとっても太るだけになります。

トレを再会して1ヶ月半ほどで、休み前の重量を扱える様に戻りました。
よく言われるマッスルメモリーというものでしょうか。
筋肉の回復は早いです。
私はサプリメントを金銭的な理由で2年前から取っていません。
しかし、普段の食生活は3食+1食とり、内容も気を付けています。

トレを再会する時は、焦らずにトレーニングを休んだ時間分かけて重量、ペースを元に戻していくというのが鉄則です。

焦って高重量を扱うと故障しやすくなります。

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

参考サイトを先ず上げます。

「パワーリフター三上のホームページ」
http://club.pep.ne.jp/~mikami1/
■ここの「スポーツ生理学」から入って「ディトレーニングの生理学」を見てください。

これによると4週目までは筋肉自体は衰えず、神経系が最初に衰えるとあります。
つまり、筋肉自体は落ちにくいとのことです。

私自身の経験ですが、3ヶ月ほどトレを全くできなかった期間がありました。

時間がたつにつれて、筋肉の張りが失われ細身になりま...続きを読む

Q40代後半から筋肉は付けられるのでしょうか?

お世話になります。

170cm、65kg、スリム体型40代後半の男性です。
甘いもの・脂っこいものは嫌い、サッパリした
和食が好きだし、体型はスリムだからいいだろうと
思ってたらとんでもない間違いで、
「痩せてるのに体はブヨブヨ」らしく、
体脂肪率から、中性脂肪値、コレステロールまで
赤信号です。

食は、好きな炭水化物を控えめにするとして、
あとは基礎代謝を上げるために、今までは特に
してこなかった運動を始めようかと思っています。
特に足の筋肉が貧弱なので、筋トレをしたいのです。

そこで質問が二つあります。
1)そもそも40代後半のこの歳から筋肉など付くのでしょうか?
  付けるために、特にどのようなこと(食事、サプリ、運動
  メニューなど)に気を付ければいいでしょうか?

2)これを機に自宅に体組成計を購入しようと思います。
  基礎代謝・体脂肪率・内臓脂肪・身体年齢・部位別の筋肉量と
  その判定が出来る組成計があったら、教えて下さい。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

●>40代後半のこの歳から筋肉など付くのでしょうか?

■ボディビルダーで50代からトレーニングを始め、マスターズクラスでチャンピオンになった人がいますので、40代後半からトレーニング(筋トレ)を始めても遅いとは思いません。

年齢により発達の度合いが遅くはなりますが、トレーニングという環境におかれれば、体は適合しようとしますのでトレーニングが無駄になる事はありません。
最近、高齢者がレジスタンストレーニングをするパワーリハビリ等はこの例です。

■体力を付けると生活の質が上がります。
仕事や、旅行など出かけても疲れが少なくなります。
成人病予防にもなります。

●>特にどのようなこと(食事、サプリ、運動メニューなど)に気を付ければいいでしょうか?

■何事もいきなり始める事は良くありません。
3ヶ月くらいは優しいトレーニングから始め、本格的なトレーニング環境に耐えられるようにします。
いきなり全力疾走しますと、関節、腱など、治りにくい箇所に故障が発生する事になります。
これは普段、体を動かしたことのない若い人にも言えます。

■サプリメント(プロテイン、アミノ酸系、クレアチン)は特に摂らなくて良いです。
普段の食事に気を付けるだけで事足ります。

一般的に言われている事ですが、糖質(炭水化物)、脂質を抑えて、タンパク質を多めに摂ります。

今までの食事からガラッと変えると、食生活に変化を与え過ぎますので、低血糖になって冷や汗が出たり、だるくなって体調を崩します。
御飯を少なめにするとか、少しずつ変化を取り入れていきます。
年齢が高齢になる程、環境の変化には弱くなりますから、これが一番、無難です。

体重計、体脂肪率計で体を管理して、体重減少の傾向が強く見られた時は糖質(炭水化物)を多く摂り調整します。
ダイエットの場合は、1ヶ月で体重の3~5%以内にします。

また、カルシウムを摂取して骨密度を上げます。
骨密度が低いと、トレーニングによって関節が変形します。

■トレーニング中は水分補給に気をつけます。
水分が体に吸収されるまでには時間がかかりますので、のどが渇いたと感じる前に水分摂取をします。

一度の給水で、体に吸収される水分は100ccが限度です。
それ以上は胃腸に溜まりますので、こまめに給水をします。

■トレーニングメニュー
トレーニングメニューは器具を使わない物と、ダンベルなど器具を使う物とに分かれます。
御自宅でされるのであれば、腕立て伏せなどの自重(自分の体の重さ)を利用した運動、トレーニング用のゴムチューブを利用したトレーニングなどが良いのではないでしょうか?。

自重を利用したトレーニング

<参考HP:BIG TOEのHPトップ>
http://www.rock.sannet.ne.jp/muscle-t/
<参考HP:BIG TOEのHP:器具なしトレーニング>
http://www.rock.sannet.ne.jp/muscle-t/training.home.kigunashi.html
<参考HP:BIG TOEのHP:ビギナーのためのトレーニングメニュー>
http://www.rock.sannet.ne.jp/muscle-t/t.menu.for.biginner.html

<参考HP:ICOフィットネスクラブ:アスレチックジム>
http://www.icofit.net/gym/frame.html

<参考HP:筋力トレーニング:器具別筋肉トレーニング種目>
http://kinntorenikki.fc2web.com/kigubetutraining.htm

くどいようですが、最初の3ヶ月はあまり無理をしない方が良いです。
体がトレーニングに適応できるまで、しばらく猶予をおきます。

■最初の3ヶ月間のトレーニング時間は30分にします。
スロートレーニングの5セット法をお勧めします。
セットとは、トレーニング行為をする単位です。

・アップセット(準備運動)2セット。
・メインセット3セット。
・セット間休み1分。
・回数は15回で、15回やっと出来るスピード(負荷)で行う。

これを1種目につき行います。

アップセットは、回数を減らして行います。~10回。

30分だと3種目くらいになります。

全身まんべんなく行い、同じ運動(同じトレーニング種目、同じ筋肉)は中2日ほどあけ、筋肉の回復時間を待ちます。
腹筋は回復時間が早いので毎日行っても良いです。

筋肉痛がひどい時はメニューをスライドさせるか、軽めにします。

時間を厳守すると効果が上がります。
このメニューでも相当、息が上がりますので、きつかったら回数小、時間早にします。
呼吸は、力を入れる時に吐き、抜く時に吸うのがフィットネスの基本ですが、スロトレになりますので、呼吸が荒くなった場合には、2呼吸以上入れても良いです。

セットが進むにつれ回数が出来なくなります。
15回というのは目標設定回数ですので、出来ない場合は回数に向けて努力します。

これだけでもやり方によっては相当きつくなりますので、最初は手を抜き抜き行います。
継続が一番重要です。
きつくなったら積極的に手を抜きましょう。

●>体組成計を購入しようと思います。

私がお勧めなのは「タニタ BC-600」です。
http://www.tanita.co.jp/topics/press/pdf/inner_bui.pdf

●私は会社の健康診断で、尿に糖が出ていると検査結果が出てからダイエットを始めました。
それから、食事療法とトレーニングによって体が変わっていく事が面白くなり、ボディビルダーになりました。

最初はベンチプレスで50kgのバーベルも上げられませんでしたが、今では120kgが上がります。
「必ず体は変わります」ので、気長に、根気よく続けましょう。
結果はついてきます。

きつくなったら、トレーニングを放棄する事より、手を抜く事で継続しましょう。
やりたくない日は、「止める」より、「軽くやって止める」ようにしてみてください。
結構、やり始めると、気が乗ってしまうものです。

良いトレーニングを・・・。

40代。男性。ウエイトトレーニング歴5年。

●>40代後半のこの歳から筋肉など付くのでしょうか?

■ボディビルダーで50代からトレーニングを始め、マスターズクラスでチャンピオンになった人がいますので、40代後半からトレーニング(筋トレ)を始めても遅いとは思いません。

年齢により発達の度合いが遅くはなりますが、トレーニングという環境におかれれば、体は適合しようとしますのでトレーニングが無駄になる事はありません。
最近、高齢者がレジスタンストレーニングをするパワーリハビリ等...続きを読む

Q普通成人男性の腕の筋肉はどれくらいあるのでしょうか

人によるとは思いますが、
普通はどれくらいあるのか知りたいです。
二の腕ではなく上の太いほうの筋肉のことです。
自分の今の筋肉の大きさをここに書きたいのですが、
素人ですので測る方法が分かりません。
どなたか分かる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●>二の腕ではなく上の太いほうの筋肉のことです。

腕は、前腕(手首から肘の間)、上腕(二の腕:腕の肘と肩の間)となりますので、太い方とは上腕囲と解釈しました。

上腕囲には、伸ばした時と、曲げた時の腕囲があります。
この差が多い程、筋肉がついている事になります。

■「上腕囲 平均」でgoogleで検索してみました。

<千葉県広域スポーツセンター/スポーツ選手体力測定:平成14年(2002年)年代別平均値・男子>
http://www.cwsc.inage.chiba.jp/g09/g1-9-2-nendaibetsu.asp

<抜粋>
         中学     高校     一般・大学生
         人数 平均  人数 平均  人数 平均
上腕囲(屈)右 cm 88  28.6  517  29.0  127  29.8
上腕囲(屈)左 cm 88  28.0  516  28.3  127  29.2
上腕囲(伸)右 cm 71  25.7  426  26.1  125  26.9
上腕囲(伸)左 cm 71  25.3  426  25.7  125  26.3

●私がどこかで見た情報では、日本人男子の服は、上腕囲(屈)30cmで考えられているという事です。

当然ぴったりではなく、余裕を考慮しています。

また、上腕囲(屈)40cm以上は、500人に一人いるとの事でした。

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●>二の腕ではなく上の太いほうの筋肉のことです。

腕は、前腕(手首から肘の間)、上腕(二の腕:腕の肘と肩の間)となりますので、太い方とは上腕囲と解釈しました。

上腕囲には、伸ばした時と、曲げた時の腕囲があります。
この差が多い程、筋肉がついている事になります。

■「上腕囲 平均」でgoogleで検索してみました。

<千葉県広域スポーツセンター/スポーツ選手体力測定:平成14年(2002年)年代別平均値・男子>
http://www.cwsc.i...続きを読む

Q「体格がいい」と言われるようになるのはどれくらいから?

23歳/男/身長170cm/筋トレ歴1年半です。

以前は体重が48kgぐらいで骨と皮だけのガリガリでした。
筋トレを始め、食事量を増やして、今は体重61kgで体脂肪率17%ぐらいです。

http://www.dh.aist.go.jp/AIST91DB/91-92/data/search.html
を参考に現在の身体のサイズを測ってみると、

  上部胸囲:95cm(+3.0)
     胸囲:91cm(+2.3)
     胴囲:75cm(+1.7)
   大腿囲:54cm(+1.1)
   上腕囲:31cm(+3.0)
上腕屈曲囲:33cm(+3.5)
前腕最大囲:27cm(+1.1)
     体重:61kg (-2.2)

でした。( )内は平均からの差です。

明らかに自分の方が平均より上なのに、普段周りからは「痩せてるね」と言われます。
自分で鏡で身体を見ても痩せてると感じています。(特に横から見て)

一体どれくらいのサイズになったら「体格いいね」と言われるレベルになるのでしょうか。

Aベストアンサー

61キロはかなり痩せてる方ですよね。
まぁ平均はあくまで平均ですから、それが体格良い方の意味に入ってるワケじゃないですよ。
服を買うときに、「何かスポーツやってますか?」とか聞かれるぐらいじゃないと、体格良いとは言えないでしょうね。
ちなみに私はほぼ毎回聞かれます。

私の身長は173センチですが、ちょっと計ってみました。
貴方のサイズと比較するとこうなります。
上部胸囲 :95cm(+12)→107cm
胸 囲  :91cm(+14)→105cm
胴 囲  :75cm(+ 9)→84cm
大腿囲  :54cm(+ 4)→58cm
上腕囲  :31cm(+ 4)→35cm
上腕屈曲囲:33cm(+ 5)→38cm
前腕最大囲:27cm(+ 3)→30cm
体 重  :61kg(+14)→75kg
体脂肪率 :17%(+ 5)→22%

水泳をやっていたせいか逆三角体型なので、胸囲でかなり稼いでますね。
骨格や体質で肉の付き方も変わりますから、無理に太ろうとはしない方が良いと思います。
良質なタンパク質の摂取を中心に、バランスの良い食事を心掛けましょう。

ちなみに格闘家の魔裟斗選手は、174cm70kgであの体格ですから、多分多くの項目で、私よりも+5~15は軽く越えていて、体脂肪率は一桁台なんでしょうね。
彼ぐらいの上腕筋が欲しいです。

61キロはかなり痩せてる方ですよね。
まぁ平均はあくまで平均ですから、それが体格良い方の意味に入ってるワケじゃないですよ。
服を買うときに、「何かスポーツやってますか?」とか聞かれるぐらいじゃないと、体格良いとは言えないでしょうね。
ちなみに私はほぼ毎回聞かれます。

私の身長は173センチですが、ちょっと計ってみました。
貴方のサイズと比較するとこうなります。
上部胸囲 :95cm(+12)→107cm
胸 囲  :91cm(+14)→105cm
胴 囲  :75cm(+ 9)→84cm
大腿囲  :54cm(+ 4)→...続きを読む

Qベンチプレス・スクワット・デッドリフトの最低ラインを教えて下さい。

趣味でウエイトトレーニングをしているのですが、
よくベンチプレスは体重の1.5倍上げれたら強いといわれるというようなことを耳にします。

これを基準に私はトレーニング目標をたてていて、
現在体重が65kg程なのですが、将来的に70kgまでで
ベンチプレス100kgを持ち上げることが目標です。

そこで、他のスクワット、デッドリフトにも
体重の何倍というような”暗黙の基準”は存在するのでしょうか?

このようなことをお聞きしてもなんの意味もないと思われるかもしれませんが、私にとっては励みになりますので、
もしご存知でしたら教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

追記

面白いサイトがありました。

http://www.geocities.jp/higaoh/rank_danihantei.htm

PS:前回の投稿で、コージーキューブさんを批判の意図は無かったんだけど、まさか悪意の批判と誤解されてないよな~。
不安。

Q柔道選手の体はなぜあんなにすごいの?

オリンピックを見ていても、柔道選手は特別いい体をしているなとおもうんですが、前にテレビで野村選手が器具を使った筋トレはしたことないって言っていたのですが、どうやってあんな体を作りだしたんでしょうか??
また、普段柔道選手はどういう練習メニューをされているんでしょうか?栄養補給のタイミング等も教えてほしいです。

Aベストアンサー

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自分の身体の移動に加え、相手の身体をコントロールするという性質を持っています。
競技の間ずっと50キロ以上時には100キロ以上の物体(しかも自分の動きに逆らおうとする物体)をコントロールしようとし続けるなんて競技はオリンピック種目の中でも、重量挙げのようなものは別として柔道とレスリング以外にありません。
したがって当然に筋トレ的要素が他の種目に比べ高くなります。

さらに柔道は恒常的に畳に叩きつけられるという要素もあるため、必然的に身体が大きく、というより「分厚く」なる要因が非常に高いのです。(これはやってみると分かりますが、単純に筋トレなどで身体を鍛えていても投げられる耐性はできません)

相手を投げる動作などで「ウォーッ」と力を身体に加える動作を、昔は「気張り」などと呼び、この反復継続が柔道に適した身体を作り上げると言われていました。

そのため必然的に柔道家は分厚く強い体型を備えることになります。

ところで、そのような競技のトップ選手の身体で60キロそこそこの選手というのは、実は男性としてはかなり元の体型が小さな部類に含まれる体型なのです。
つまり背も高くないし、また胸郭や肩幅その他の骨格も元々は比較的キャシャな部類に入る体型なのです。
(余談ですが谷亮子が長く世界のトップに君臨できたのも、女子とはいえ柔道という競技で48キロ以下に体重をセーブするのは、元の身体がかなり小さい=世界、特に欧米の層が極端に薄いという「僥倖」もありました)

ですので60キロそこそこの選手というのは、元の骨組みが小さいところに筋肉がつくので、写真で見るとかなり「いい身体」に見えます。
これはちょうど、さほどたいした運動をしていないジャニーズの男の子や、ウォーターボーイズの男の子とかが痩せているとかなり「いい身体」に見えるのと同じ原理です。

60キロ級の選手はたしかに裸の肉体は見事ですが、実際に向かい合ってみるとその体型は80キロ・100キロ級の選手と比べると、その「圧倒感・存在感」にははるかに及ばないのが実感できます。

ましてや身体を「造形」する専門家であるボディ・ビルダーには、「いい身体」って意味ではとても及びません。
ビルダーがあなたにとって「異様」に見えるのは、おそらくビルダーがコンテスト時に極限まで脂肪を削ってしまうことや、身体に特殊なオイルを塗ったりすることなどの要素から、見慣れていないって原因があると思います。
(もちろん筋力も柔道家ではビルダーに勝てませんが)。

ですので60キロクラスの柔道家が、スポーツ選手の中でも「格別」に思えるのは、あなたの「錯覚」もひとつあります。

(2)とはいえ、同じ60キロ級のスポーツ選手の中でも他の競技に比べ、たしかに「ゴツイ」印象を与えることも事実です。

これはボクシングと比較するとその特異性が際立ちます。
ボクシングと言う競技は、まずバーベルを挙げるような筋力よりも、筋肉をパーンとはじかせるバネのような筋肉特性が求められます。
また柔道に比較すると試合時間が極めて長く、持久力勝負の要素がとても大きいのです。
実際ボクシングはパンチ力なんかよりも、持久力の要素の方が強いくらいで、試合前半の生きの良いパンチではダウンしないのに、後半お互いフラフラになった状態でのパンチでKOが起きるなんてのはこれが理由です。

ボクサーが柔道家のような筋肉を付けたら、とても10ラウンド12ラウンドみたいな長丁場は持ちません。
しかし柔道家は相手の重い体重をコントロールする能力が求められ、かつそれは長くて10分程度の時間です。

そのためかなりゴツイ身体が備わるのです。
さらに軽量級では必然的に体重の減量で脂肪をそぎ落とすので、質問者さんのおっしゃるような「いい身体」が出来るわけです。

さて、ではそのようなゴツイ体型が柔道だけで出来るのかと言えば、たしかに思いっきり食事をして柔道の稽古をオーバーワークにならないレベルでやれば、ある程度は出来ると思います。
何十年も前の柔道選手は、さほど筋トレの知識実践が無くても、そういう体型を作っていた事実がありますから。

しかし現代のオリンピッククラスのトップ選手で、一切筋トレをしないという選手はおそらく居ないと思います。

単純に稽古量がハンパ無いというだけでは、大きな身体は出来ません。
たしかに柔道にはエビや脇締めなど独特な稽古法がありますが、これらは筋肉を大きくするという種類の運動ではありませんし、またそれが素人にとってキツイのは、経験が無いからだけで、一流柔道家にテニスを練習に参加させたらあっと言う間にへばることでしょう。

ちなみに余談ですが、個人的好みとしては、私は一番好きな体型は120キロクラスの格闘家の身体です。
ジュロム・レ・バンナに憧れてます(笑)
http://www.k-1.co.jp/jp/fighter/player.php?index=banner

なにか補足質問があればどうぞ。

柔道経験者です。

まず前提としてどういう体型を「いい身体」とするかってのがあります。
以下の回答は多少質問者さんの認識を否定してしまう内容も含まれてしまいますが、悪気はありませんので気に障ったらご容赦ください。

まず質問者さんが柔道家の中でも60キロ台の選手が特にいい身体に思えるのには2つ理由があります。

(1)質問者さんはおそらく、締まっていて筋肉がある程度くっきりと現れるような体型が好みって傾向があるのだと思います。

柔道という競技は、その競技特性として常に自...続きを読む

Qプロレスラーぐらい筋肉をつけるにはどのくらい筋トレしたりプロテイン飲めばなれますか?

現在、30代、187cm、89kgなのですが、
筋肉ではなく贅肉です。

手足が細くて、腹が出ている餓鬼のような体系です。

プロレスラーのような体にするには、どのくらいの期間と費用がかかるでしょうか?

ボディービルダーの運動を参考にしたほうがいいですかね?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

お金を掛ければなれると言う物ではないですが、少なくとも自重トレーニングでは達成できないのは確かです。

金額的には、
毎月1万円前後の会費を払ってジムに通うのか、
もしくは、5~10万程度かけて機材(バーベルセット、ダンベルセット、フラットベンチ等)を自宅に購入するのか。
とりあえずプロテインは必要なし。数か月単位でトレーニングの途中経過を見て、必要かどうか考える。

どこを目標にするかに寄りますが、期間的にはとりあえずは数年単位は覚悟した方が良いでしょう。

かなりざっくりした質問なので、答えられるのはこの程度までです。


人気Q&Aランキング