【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

単子葉植物と双子葉植物の気孔の違いを教えてください。
お願いします。

A 回答 (2件)

単子葉植物と双子葉植物では気孔は次の二点で異なります。



(1) 配列が違う
単子葉は,列に並びます。
双子葉は,散在型と群れるタイプにわけられます。

(2) 型が違う
単子葉は,一般に小型で亜鈴型です。
双子葉は,大型で教科書等に良くある型です。

参考までにURLを載せておきます。いずれも写真です。
http://www.bio.aichi-edu.ac.jp/hwsheet/material/ …

http://homepage2.nifty.com/crop_shimane-u/stomat …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。レポートに書かせていただきます。

お礼日時:2002/11/28 17:20

双子葉植物の気孔は散在しているのに対し,単子葉植物はは平行に規則正しく並んでいる・・・のでは。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。そこがかなり気になってたんで、ほんとありがとうございます。

お礼日時:2002/11/28 17:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスクロース溶液とKCl溶液の限界原形質分離濃度の違いについて

スクロース溶液とKCl溶液の限界原形質分離濃度の違いについて

生物学の実験で、原形質分離の実験をした際、この2つの限界原形質分離濃度に違いがあるので説明しなさいといわれたのですが、私の実験結果では2つとも限界原形質分離濃度は同じだったので、説明が出来ませんでした。

理論上はスクロースはKClの2倍の濃度になるはずなのですが、何故でしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

溶液の浸透圧(Π)は、気体の状態方程式と同じように、
Π=CRT
で求められます。C:モル濃度 R:気体定数 T:絶対温度
従って、浸透圧は温度が同じなら、溶質の種類によらずモル濃度(溶液単位体積あたりに含まれる溶質分子の数)に比例するわけです。

KClは電解質で、水溶液中では KCl → K+ + Cl-
と電離します。
イオンは分子ではありませんが別々の粒子として振る舞いますので、粒子数は溶解前の2倍となるわけです。一方、スクロースは非電解質ですので水溶液中でも粒子数は変わりません。

Q単子葉類と双子葉類の維管束

数日前に、導管の構造について質問させてもらい、新たな疑問が生じたのですが、双子葉類は、なぜ形成層に沿って維管束があり、単子葉類は茎全体に維管束が散らばっているのでしょうか。

Aベストアンサー

ヤシ科を持ち出すとは,生物に詳しい方だったのですね,大変失礼しました。

維管束の進化は,形成層がある裸子植物から被子植物が進化しましたので,被子植物では木が最初だったと考えられています。それから形成層をほとんど失った草が生まれました。

単子葉類は,ですから基本的に草です。生態的な隙間を埋めるべく,素早く成長します。じっくり成長型の形成層を持った双子葉類に対し,形成層を失い素早い成長で対抗しようとしたのでしょう。

その草の単子葉類から,さらに進化してタケやヤシのような再び木になるものが出現しました。竹は内部を空洞にし,ヤシは形成層を再び持つ変わり種の木になりました。これらはきわめてまれなケースです。

よいURLが見つかりませんでしたが,下記URLの〈木から草へ,更に木へ〉の部分を参考にしてください。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

Q緊急!! 単子葉植物と双子葉植物の違いはなぜ起こる?

単子葉植物と双子葉植物には葉脈の違いや根の違いなどいろいろな違いがありますが、それらはなぜ起こるのでしょうか?
具体的にわかりやすく教えてください!!

Aベストアンサー

進化の過程で分かれた時期の違いです。生物の分類は、大まかな方から、界,門、網、目、科、属、種 と分けられますが、質問の分類は網(こう)の所の分類、すなわち単子葉植物網、双子葉植物網です。縁が遠い分だけ基本部分にも違いが現れたものです。

Q植物の茎の維管束の配置について

双子葉植物では規則正しく並んでいるのに対し、単子葉植物ではばらばらなのはなぜですか?教えてください~

Aベストアンサー

 単子葉類の維管束は、放射状に散在しており、秩序正しい配列に見えます。ばらばらという表現には違和感を覚えました。内側には木部が外側には師部が位置しており、この点は双子葉類と同じです。
 双子葉類と単子葉類の維管束の配列の違いは、形成層の有無と深い関係があると思います。単子葉類には形成層がなく、肥大成長はできませんがヤシ科を除くほとんどすべての単子葉類は草本であり、木本に比べて一世代のサイクルが短いため、進化のスピードが速いという特徴を持ちます。
 この特徴のため、現在、単子葉類が繁栄しているのだと思います。維管束の配列の説明にはなっていませんが、参考までに答えました。

Q金魚の呼吸回数

金魚の呼吸回数は、朝、昼、夜で変わりますか? 

Aベストアンサー

> 金魚の呼吸回数は、朝、昼、夜で変わりますか?
・はい。
朝昼夜というよりも、水温で変わります。

高水温の方が呼吸は速くなります。

1・金魚は、体温を持たない変温動物です。
体活性は、水温により左右されます。
水温が高くなると、魚の体細胞は活性化し、心臓の拍動も速くなり、どんどんエネルギーを消費します。
高水温では、運動の有無に関係なくジョギング状態のようになります。

2・水温が高くなると、水中に溶け込んでいる酸素量が減少します。

このため、高水温の方が呼吸は速くなります。
そして、
低水温では、真逆のことが起こり、呼吸は遅くなります。

水温が15℃以下では、食欲が減り。
5℃以下では、体活性は極限まで低下し、餌は食べなくなり(食べても消化吸収できない)、心臓の拍動や呼吸もギリギリまで遅くなり、ほとんどエネルギーを消費しなくなります。

Q体細胞分裂の所要時間

体細胞分裂の各期のそれぞれの実際の所要時間って何分なのでしょうか?
調べてもわからずに困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分高校生だと思うのですが、一個疑問、どんな動・植物のが知りたいのでしょうか ?
肝腎なとこが書かれてませんので、私の類推で選びました。
間期-前期-中期-後期-終期-間期- - -
基本的に、間期は分裂期(前期~後期)に比べて、時間は相当長いですね、

[ 分裂各期の時間一覧例 ]~図解生物学デ~タブック
※手書きで書いて、「確認する」押下したら位置がバラバラに成って、見難くなりましたので、参考URLを載せて措きます。
http://spider.art.coocan.jp/biology2/division2012.htm
其処(そこ)には、
・ムラサキツユクサ根端細胞
・ムラサキツユクサ雄しべの毛
・タマネギ根端細胞
・ソラマメ根端細胞
・エンドウ根端細胞
・吉田肉腫(マウス)
が出て居ます。

Q検量線に吸収極大波長を用いるのはなぜですか?

Fe(II)イオンのo‐フェナントロリンキレート錯体の吸光度を測定し、横軸にFe(II)イオンの濃度、縦軸に吸光度をとって検量線を作成するという実験をおこないました。

この際、波長は吸収極大波長である510nmを用いたのですが、吸収極大波長を用いる理由は何でしょうか?

吸収極大波長以外の波長を用いると、何か不都合でも生じるのでしょうか?

お分かりの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、吸収極大波長を用いると感度が良くなります。よって、より低い濃度でも測定できます。
また、ノイズの影響を小さくする(SN比を大きくする)ことが出来ます。
あと、今回はおそらく関係ないかと思われますが、近い波長に吸収がさらにあると極大波長以外の場合、どちらの波長の吸光の影響が大きいか分からなくなります。


しかし、最大の原因は基本的に吸収極大波長で取るのが普通だからです。他で取ると、過去の知見を生かすことが出来ません。

Qキレート滴定について。

度々失礼します。

キレート滴定の実験で、溶液のpHを緩衝溶液で特定のpH範囲に調整しなければならないのはどうしてでしょうか?
どなたか解る方教えてください。

Aベストアンサー

理由1:金属イオンとキレートが結合する強さ(安定度定数)は、pHによって変化する。
 pHが低いほど結合は弱くなるので、できれば高pH域でやりたい。
理由2:しかし、金属イオンはpHが高くなると水酸化物の沈殿になり、キレート滴定できない。
 水酸化物が出来ないpH領域でなければならない。
理由3:キレート剤は酸であり、金属イオンと結合する際、水素イオンを放出すし、溶液のpHを変化させる可能性がある。
 このため、溶液にpH緩衝性を持たせている。

参考:少し前の質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=857044

Q孔辺細胞の葉緑体

孔辺細胞に葉緑体がある意味はなんでしょうか?
昔どこかで聞いたことがある気がするのですが

Aベストアンサー

孔辺細胞は、気孔を開閉させるために形が変形します。これは、細胞内の浸透圧が変化することで吸水し、たわむのです。孔辺細胞は細胞壁の厚さは均等ではなく、厚い部分と薄い部分があり、吸水により薄い部分のほうへ向けてよく膨らむ結果、細胞がたわみ、結果的に気孔が開くのです。
そして、この浸透圧の変化を生じさせる大元が、葉緑体です。葉緑体の光合成によって合成されたグルコースにより、孔辺細胞の浸透圧が上昇するのです。

と、ここまではやや古典的の高校生物の孔辺細胞と葉緑体の関係です。

最近で気孔のの開閉にK+や青色光が関与しているとの知見もあり、開閉のエネルギーを得るため葉緑体があるとも言われています。

最近は研究が進むあまり、かえって謎が謎を呼んでいるようです。

参考URL:http://rc28092.rc.kyushu-u.ac.jp/MacHTTP/Web/Shimazaki/Shimazaki.html

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-


人気Q&Aランキング