ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

スピーカーコード(ビニール被覆の通常の2線平行コード。以下SPコードと記述しています)の極性について、一般的使い方を教えてください。
特殊なスピーカーケーブルについての質問ではなく、ごく普通の電気店で購入できるSPコードについての質問です。

「個人で使うのだから、どうでもいいよ」という回答ではなくて、一般的な使い方があるのでしたら教えてください。

次のような種類のSPコードの場合は、極性(+、-)はどのように使うのが一般的なのでしょうか。

(1)「赤黒2線SPコード」の場合。
赤(+)、黒(-)として使用するのが一般的ですよね。
(2)「白青」の場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?
(3)「2線とも同色、または透明被覆であるが、片方には電線のメーカー名や型番などの文字が印刷してある」ようなSPケーブルの場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?

以上です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.1の方のおっしゃるとおりで、決まりがあるわけではないですが、ステージ音響なんかの世界では、まず「無色がグランド(-)」「色つきが信号線(+)」という不文律を基本とする事が多いです。


問題は「無色」の扱いで、ちょっと変な言い方ですが、
「ほんとの無色」>(銅の裸線)>「黒」>「灰色」>「白」>「他の濃色」
と、感覚的に『無色度の高い方』をグランド(-)とするのが普通ですね。
(ただ、黒、灰、白の順位については、音響屋にもある種の『流派』があって、若干違う場合が…私の習った流派では上の並びです)

よって、「白青」「白赤」等の場合は、白をグランド(-)と取る場合が多いです。
2線同色または2線とも透明の場合は、私の習った流派では印刷がある方を(+)、何も無い方を(-)としますね。これは、多チャンネル線(マルチ線)といって、何十チャンネルもの配線が1本にまとまったケーブルを使う場合、「基色+色つきの細いライン」みたいな色分けがされている場合が多いので、「色ライン付き=基色以外の印刷等がある方=信号線」という解釈で誤配線を防ごうということから来ています。

以下、蛇足ですが…
ステージ音響の世界では、ノイズ対策や事故防止の観点から何かにつけて「まずグランドを合わせる」ということが非常に重視されるので、「色のない=無彩色=グラウンド(-)」とルール化がされ、新人はそれこそ徹底的に叩き込まれます。
ただ、これらはあくまでも業界ローカルルール(というか、安全基準)で、前述の通り地域や「流派」で若干の解釈の違いがあったりする、必ずしも絶対的なものではないのすが、オーディオをやっている方が「プロがそうやっているのだから間違いない。」という解釈(というか思い込みというか知ったかぶりというか)で、「こうするのが正しい!」と講釈垂れているシーンは多いですね。

それと、音響機器の関係と、電力線を扱う関係、電話等の有線通信線を扱う関では、配線色の解釈が全く違う(特に電力線では厳密に決まっている)ので、オーディオの世界でもそれらをごちゃごちゃに語られて、まるで不毛な議論(Aさんは電力線ルールを知ったかぶり、BさんはNTTのルールを知ったかぶり…みたいな…どっちもスピーカケーブルには全く関係ないのに(^^ゞ)を目にするケースも多いです。

ちなみに、ステージ音響では白黒線が一番やっかいで(^^ゞ
A)「ステージ上のグラウンド(-)はすべて白なので、白黒は黒が(+)」
という流儀と、私の流派の考えで
B)「白黒の場合は白が(+)、黒(-)」
という、全く逆の流派があります。

A)の流派にも一理あって、プロ仕様の音響機器間を繋ぐケーブルには、普通は「黒」は使わないんです。「黒」は「0(ゼロ)」を示すカラーコードにも使われるので、何事も自然数(1以上)で番号を振る世界では余り用途が有りません。なので、高級ケーブルを惜しげもなく使える大手音響系では、むしろ電力線(必ず黒が使われる)と間違えないように「白=(-)」で統一されていると聞きます(ここだけは聞いた話(^^ゞ)。

すいません、蛇足が長くなりました(^^ゞ
    • good
    • 20
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2008/07/12 14:41

・原則1:ちび黒ホット・白長アース


→ 家庭用コンセントへの配線は、黒い方がホット(100V)で差し込み口の短い側へ、白い方がアース(中性線。0V)で差し込み口の長い側へ、というのが鉄則。ただし、守られていないことの方が多い(なので、長い方はアースだから触っても大丈夫、などとは思わないこと)。

・原則2:緑は、常にアース

・原則3:黒と色付きなら、黒がマイナス、色付きがプラス

・原則4:両方色付きなら、暖色がプラス、寒色がマイナス

・原則5:白(またはクリア)と色付きなら、白がマイナス、色付きがプラス。

・原則6:識別記号があるときは、そちらがプラス(とすることが多いように思われる)

1と2は、原則というより鉄則に近いですが、ほかは何かの規格で決まっている訳ではなくて、そうしていることが多い、というくらいのものでしょう。

特に、スピーカーケーブルの場合、アンプ側のプラス・マイナスと、スピーカー側のプラス・マイナスが同じであれば良いので、「極性を間違えないようにするための便宜」程度の意味でしかありませんから、「個人で使うのだから、どうでもいい」としか言いようがありません。「自分の家では、印付きがプラス」と統一しておけば、それで足り、それ以上の意味はありません(メーカーが指定しているなら、それに従う意味もあるでしょうが)。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。
皆さんの共通の部分があるようですので私も倣うようにします。

お礼日時:2008/07/12 14:44

こんにちは。



俗に「有彩色をホット(プラス)にする」といいますので、プラスは
(1)赤
(2)青
(3)文字側
で良いと思います。
人によっては逆になることもあります。
解りにくいケーブルで、白と黒のケーブルを黒プラスにする人もいます。
暗い中で作業する際、文字が読めない白いケーブルは触った感触で
線があるほうをプラスにします。

いずれもローカルルール的な為使用者内で決めておく事が必要です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/07/12 14:45

ご自分がこう決めるとした事が、質問者さんの家の基準です。



極端な話し、右スピーカには、赤プラス黒マイナス。
左スピーカには、黒プラス、赤マイナスを接続しても、アンプ側とスピーカ側で逆転しなければ良いのです。

将来のためとか、間違いを少なくするため、その様な事は一般的にはしませんが、それもありです。

どの様にでもご自由に・・・
    • good
    • 6
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/07/12 14:46

 スピーカーケーブル自体に極性があるわけではなく、質問者様に


怒られそうですが、どちらでもよくご自分が把握していれば良いこ
とです。

 私の場合、

 (1)は質問者様と同じ
 (2)は青が+、白が-
 (3)文字が印刷しているのが+、何も無いのが-

ですが、一般的な使い方があるわけでも無し、規則やルールがある
わけでもありません。したがって、他人にこうだああだと言う様な
理屈を持ち合わせているわけではありません。
 結果的に、アンプとスピーカーの極性が合致していれば良いだけ
です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/07/12 14:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーの極性はどうやって確認する?

 スピーカーのターミナルには+-があって、反対に接続すると音がおかしくなると聞いたことがあります。今手持ちの裸スピーカーはターミナルに表示が何もないので、どちらを+にすればよいのか判りません。何か決まりがあるのでしょうか? 詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

裸スピーカーの接続部分を見てください、スピーカー中央と接続している線があると思いますが、一方はそのままの線もう片方は白線が入っていると思います。
その白線が入っているほうが(-)です。試してみてください。

Qスピーカーの+-逆だとだめですか?

スピーカーの接続をする際+と-を逆に接続した場合も音は鳴りますが、そのまま放置しておくと何か不都合が起きるんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

逆相接続(+-が逆)に接続しても、特に不都合は無いですが、
特に理由がない限りはスピーカーやアンプの指定通り接続した方がベターです。
ただし、対になっているスピーカーの片方だけを逆に接続するのはダメ。

音の納まりを自分好みにする為にウーハーなどを意図的に逆に接続する人もいますし、
最初から逆相接続で設計されているスピーカーもあります。
ご参考までに。

Qスピーカーケーブルのプラスマイナス

スピーカーケーブルのプラスマイナスはどのようにわかりますか?
スピーカーを外してケーブルに検電テスターを当てると両方とも通電しているようです。

Aベストアンサー

 質問の意図がよく分からないのですが、アンプからスピーカに伝えられる音響信号は、直流ではなく常に変化しますから(いわば交流ですから)、プラス/マイナスを論じることには意味がありません。
 質問の意図は、アンプとスピーカをつなぐのに、配線をどうすればよいか(どうつなぐのか)ということでしょうか。それなら本質的な回答は、ANo.2にあるように、左右のスピーカの位相があうように接続すればOKです。たぶん左右のスピーカにつなぐ配線の色を左右とも同じようにすれば位相は合うはずです。
 左右の位相が合っているかどうかは、実際に音を出して見て確かめることができます。位相が合っていない場合は、音が中央に定位せず、妙な方向から聞こえてくるような錯覚にとらわれます。とくに低音が豊かな音(音楽)では、逆相になっている場合は低音の音量が少なく聞こえ、迫力がない音になります。正相であれば、音が中央に定位し、低音も豊かに聴こえます。もし逆相になっていれば、正常な音になるように左右いずれかの配線を入れ替えることです。

Q電線の色とプラスマイナス

電線には、白黒、白赤、赤黒などありますが、一般的にどちら側が+というのはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

三相動力・・U/R/X相 = 赤 V/S/Y相 = 白 W/T/Z相 = 青又は黒 E相 = 緑(接地線)
単相三線・・AC200V = 赤・黒 AC100V = 黒(三路等では赤も使用)・白(接地側)
制御回路・・直流回路 = 青 交流回路 = 黄
車両等電源・・+ = 赤 - = 黒
基本的にはこれくらいかな。
他は自由に使ってOK。

Q■■スピーカーケーブルの極性は?■■

カーオーディオ用のサブウーハーを購入しました。

これを自分で取り付けしようと思って通販で安く購入したのですが、スピーカーケーブルの極性で???になって困っています。

スピーカーケーブルの極性なんですが、線の色は白で、片方に黒い線が入っています。

一般的に、黒い線があるほうがマイナスでしたっけ?

ちょっと自信が無くて困ってます。説明書にも初歩的な質問過ぎるのか記載がありません。

赤と黒とかならわかりやすいんですけど。

パイオニアのTS-WX22Aという製品です。
http://www.pioneer.co.jp/carrozzeria/products/audio/subwoofer/powered_subwoofer/ts-wx22a/index.html

Aベストアンサー

白と黒であれば「ちび黒ホットの白ながアース」と覚えます。「ちび」「なが(長い)」とは、コンセントの差し込み口の大きさの意味で、ここでは関係ありまあせんが、家庭用の100Vを配線するときはこのように識別します。(ただし、あまり重大に考えない電気屋さんも少なくないようです。)したがって、黒がプラス、白がマイナスです。

黒と多色との組み合わせでは黒がマイナス、白と多色の組み合わせでは白がマイナスというのが一般的かと思います。線(マーカー)の有る無しで判別する場合は、ない方がマイナスで良いと思います。

ただし、メーカーが接続方向を指定していない場合、アンプ~スピーカーまでが同じ極性で統一されていれば、基本的に問題はありません。つまり、黒をプラスと決めたなら、アンプのスピーカー出力も、スピーカーの入力も、ともに黒をプラスに繋ぐようにします。これは、左右で同じになるようにし、他にオーディオ機器があればそれと合わせておいた方が良いでしょう。(いちいち確認しなくても良いように。)

なお、メーカーが接続方向を指定している場合でも、ふつうは音質に対する特別の配慮からであって、逆に繋いで機器が壊れるということは一般的ではありません。ただし、ケーブルの途中にブラックボックス(何やら得体の知れない、音質を改善する等の謳い文句がついた箱)がある場合などは、メーカーの指示に従った方が良いでしょう。

白と黒であれば「ちび黒ホットの白ながアース」と覚えます。「ちび」「なが(長い)」とは、コンセントの差し込み口の大きさの意味で、ここでは関係ありまあせんが、家庭用の100Vを配線するときはこのように識別します。(ただし、あまり重大に考えない電気屋さんも少なくないようです。)したがって、黒がプラス、白がマイナスです。

黒と多色との組み合わせでは黒がマイナス、白と多色の組み合わせでは白がマイナスというのが一般的かと思います。線(マーカー)の有る無しで判別する場合は、ない方がマイナ...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qスピーカーケーブルの極性について

初歩的な質問で申し訳ないですが、スピーカーケーブルの極性がわからなくて困っております。

先日、オンラインショップにてCOBRA SILVER 4.00 QMMというスピーカーケーブルを購入しました。
このケーブルは片側に青のラインが入っており、もう片側には商品の名称が書かれておりました。
このケーブルはどちら側がプラス極でどちら側がマイナス極なのでしょうか?

調べてもわかりませんでしたのでどなたかご存じの方、ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

電気の極性とは、流す電気信号によって決まります。
多極接点等の場合は、扱い易いように一定のルールで配線をしますが、単純にプラス側とマイナス側の2極なので、アンプとスピーカー側で間違いが無ければそれでよいものです。

他に、ケーブルの方向性と言う事をおっしゃるケースが有ります。
かなりのケーブルマニアの間では、メーカー名等の文字、頭の方が信号のながれる元側にすると言うのが定番との事。今回であれば「COBRA」の「C」の方をアンプ側と言う事です。

ただし、極性も方向性も、ごく一部のマニア間の話で、実際に聞いてみて差が感じられるという事はほとんど無いと思います。(少なくとも、私には変わったかぁ? はてな??同じじゃん。)


ついでに、同軸構造のケーブルの場合は、内側をプラス側、外側をマイナス側としますが、スピーカーケーブルの場合は、同軸構造を利用するケースはほとんど無いので、他のケーブルと考えて良いでしょう。

アンプとスピーカーの端子同士で、間違いなく配線できればそれでオッケーです。

Qスピーカーケーブルの太さ

スピーカーケーブルというのは結構色々あるようで、太さも結構色々あるようですね。

例えば BELDN だと
8471 16AWG(1.31sq)
8474 14AWG(2.069sq)
8477 12AWG(3.29sq)
は基本的に太さが異なるだけで後は同じようですが・・・

正直な話、ケーブルの太さというのはどういった基準で選定すればいいんでしょうか?

太ければそれだけ抵抗が増えそうな気もしますが、その分電流が多く流れそうですし・・・・

太くなることによるメリットデメリットを教えてくれませんか?

特にデメリットがなければ一番太いものを購入しようかと思っています。

Aベストアンサー

ケーブルと音質の関係はそんなに簡単なものでは有りません。
音楽信号は電磁気学的に言えば歪波交流ですから、それなりの伝送路が必要です。特にスピーカーケーブルは20Hz~100kHzと非常に広帯域をカバーする伝送路であり、通信ケーブルでこの様に広帯域(対数グラフで5桁分)で使われるケーブルはありません。
下記URLに入門編とも言うべき解説がされていますので参考にされては如何でしょうか?
http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

太いケーブルの欠点;
高価。太いケーブルが良い音がすると考えるのは大きな間違え。
表皮効果が音声帯域の中で発現しますから、低音域と高音域とのバランスを上手く設計しないと崩れて、どちらかの帯域強調型となりやすい。

細いケーブルの欠点;
導体抵抗が大きくなるのでダンピングファクターが小さくなる。
ケーブル長が短い場合には問題がなく、太いケーブルより良い音が得られる可能性大。

参考URL:http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

ケーブルと音質の関係はそんなに簡単なものでは有りません。
音楽信号は電磁気学的に言えば歪波交流ですから、それなりの伝送路が必要です。特にスピーカーケーブルは20Hz~100kHzと非常に広帯域をカバーする伝送路であり、通信ケーブルでこの様に広帯域(対数グラフで5桁分)で使われるケーブルはありません。
下記URLに入門編とも言うべき解説がされていますので参考にされては如何でしょうか?
http://www.ssaj.gr.jp/old-paj/1991/SP-cable91.html

太いケーブルの欠点;
高価。太いケー...続きを読む

Q4芯スピーカーケーブルの接続法

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

近頃、スピーカーケーブルのグレードを上げようと思い、
スピーカーケーブルの購入を考えています。
そこで、ネットで商品を見ていると4芯になっている物があるのですが、接続方法が解りません。
これは、例えば、2本を一組にまとめて接続したりするのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

4芯のものでも、スターカッド型のものと並列型のものがあります。
スターカッド型のものは、対角に向かい合う2本が同系統の着色になっていることが多く、この2本をまとめて使用します。主にノイズの低減に効果があるとされています。
並列型のものはバイワイヤリング用で、隣り合う2本が同系統の着色となっていることが多いように思いますが、4本ともバラバラの場合もあります。この場合、メーカーが組み合わせを指定している場合があります。こちらは、隣り合う2本が共に+又は-となるように接続して使います。もちろん、隣り合う2本を合わせてシングルで接続することもできますが、スターカッドと同様の効果はありません(単に導体面積が増えるだけ)。スターカッド接続もできますが、線材の方向性(電気の流れやすい方向?)が管理されているため、推奨されません。

スターカッドタイプ(切り口から見て)
+ -
- +

並列タイプ(切り口から見て)
+ -
+ -

並列タイプをバイワイヤリングで用いる時は、上側を高域側・下側を低域側というように使い分けます。メーカーによっては帯域ごとに線径を変えたり線材を変えたりしていますので、高域用・低域用の指定がある場合があります。
スターカッドタイプは、一般的にはバイワイヤリングには用いないと思います。

一例として、カナレのスピーカーケーブルはスターカッド接続用に設計されています。
http://www.canare.co.jp/2003cat/p35.html
配置は切り口から見て下のようになっていますので、RとCRをまとめて+に、WとCWをまとめて-に接続します。
R  W
CW CR
(R:red/W:white/CW:clear White/CR:clear Red)

また、Space&Time Prism2+2-8Nはバイワイヤリング接続用に設計されています。
http://www.apollon-inter.com/products/Space&Time/prism.html#22
配置は切り口から見て以下のようになっていますので、バイワイヤリング時はWを+、Kを-に接続して1ペアとし、Bを+、Cを-としてもう1ペアとします。シングルワイヤリング時はWとBを+、KとCを-とします。
W B
K C
(W:White/B:Blue/K:Black/C:Clear)

4芯のものでも、スターカッド型のものと並列型のものがあります。
スターカッド型のものは、対角に向かい合う2本が同系統の着色になっていることが多く、この2本をまとめて使用します。主にノイズの低減に効果があるとされています。
並列型のものはバイワイヤリング用で、隣り合う2本が同系統の着色となっていることが多いように思いますが、4本ともバラバラの場合もあります。この場合、メーカーが組み合わせを指定している場合があります。こちらは、隣り合う2本が共に+又は-となるように接続して使...続きを読む

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング