人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

大学で、「~を哲学せよ」というの課題が出たのですが、これはどのように考えたらいいのでしょうか?

授業は、歴史上の有名な哲学者の考えを紹介する、という形だったのですが、それを踏まえて自由に思ったことを書きなさい、ということでいいのでしょうか?

~の部分には、意味の分からない文や単語が入ります。(レポートの課題文を全部書くのは差し障りがあるので、「~」とさせてください。)

問題の考え方というか指針を教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「~」のところに意味の解らない・無い言葉が入るのであれば



それを観て感じたことから始めてみては如何でしょう。

まず「解らない」と言う所から。

解らないとは何だろう。知らないということ。無知と言うこと。
無知によっていかに失敗しやすくなるか。それによって我々はどのように苦しみ悩んでいるのか。

「解らない」と事実を認めることなく、気付くことなくそこに勝手に価値判断したり概念によって何か決め付けたりしたらもっと苦しみ悩むことにならないだろうか。自分達はそのようにしていないだろうか。

価値概念を自分勝手に判断しないようにしたらどうなるだろう。

もう一つ。

「解らない」と言うところから「我々は本当にわかっているのだろうか」といろいろ分析するのも楽しいかもしれません。

五感と意識の六根がどのように働いているのか。
全ては対象の物質が感じる範囲であるものに触れる(変化する)ことによって感じる(感触・味・匂い・概念・考え…など)それぞれ変化することで感じることが出来る。

六根とは何だろう同じが止まったように続くと感覚は苦痛に感じる。
次に他の感覚などに移ると苦痛が無くなり楽を感じる。またしばらく同じ感覚が続くと苦しくなる。

結局は皆本質的には苦しみで苦しみの誤差によって「楽」を感じていると言のでは。

我々はなぜ止まることなく動いているのだろう。

止まると苦しいから。

情報を得たとき本当にそのままのデータを見ているだろうか。好き嫌い退屈に振り分けて、そこに妄想概念のトッピング、決め付けのかたどりをして、はいないだろうか。その捏造した情報によってその現象を引き入れたり撥ね退けようとしたりして、欲怒りの感情を出してはいないだろうか。現実と妄想の誤差に自他を痛めつけてはいないだろうか。

我々の悩み苦しみの原因はこの捏造にあるのではないか。それをなくせば心の悩み苦しみはなくなるのではないか。

この問題解決こそが全ての問題の解決につながる道ではないか。

感覚は本質的に苦だが、心は限りなく軽く生きれるのではないか。

…ブッダの考察を参考にざっと書いてみました。

お役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「わからない、ということはどういうことか」「本当にわかっているのか」など考えてもみませんでした。「哲学的な視点」というのは、そういうことなのですね。
考えてみると、「意味不明な問題には答えることなどできない」という思い込みで、問題を「考えてみる」ことすらしてなかったのかな…と気づきました。

レポートの期限までは、まだ余裕があります。回答を参考にさせていただき、もう一度「よく考えて」みたいと思います。

お礼日時:2008/07/19 15:31

 自分として真理を追究して、レポートしなさいということでしょう。


 哲学とは、真理とは、自分とは、追求とは 何とは何かと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ただ「真理を追究する」ということがわからないのです…「思ったことを書きなさい」ということでいいのでしょうか。

お礼日時:2008/07/19 15:19

経験的に今まで日本でであった「哲学」の先生で、


柔軟な考えの人はいません。
ベンヤミンの専門家の方は、柔軟だったが、思考力がなかった…。
前項回答者の方策はあくまで、「危険」な回答策…

講義のレポートとしては、
無難にXXの提言をした哲学者と、(そんなひとがいればですが、)
その直接の後継者の「表題議論」をめぐる関係
/そういう人がいなければ、
テーマになっている哲学者が、
レポート表題の提言をするに至った経緯を
歴史的に述べれば、哲学したことになるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やっぱり、ちょっと危険ですか(笑)
世界史の大学入試のときも思ったのですが、「考えを述べなさい」という問題でも、模範解答を見ると、歴史的な経緯をまとめたに過ぎないものが多く、「これで考えを述べたことになるのかな」と疑問に感じていました。

「考えを述べるなさい」「哲学しなさい」といっても、脱線しすぎてはいけないし…難しいところですね。

お礼日時:2008/07/19 15:18

質問者さんは、言葉の飾り的な側面ではなくて、言葉によって意味される本質に興味があるという、それこそ「哲学する」ことに興味をもっておられる方とお見受け致しました。

そこで、ちょっと危険なアドバイスをしてみます。

優れた教育者は、単に人に教えるばかりでなく、人から教わる機会を待ち望んでいるものです。貴方は大学で学んでいるのですから、このレポートの成績という目先のものにこだわるだけではなくて、ここで貴方の個性を先生にぶつけてみるのも面白いかもしれません。例えば、先生の言葉の使い方に違和感があるならば、先生の出したレポート演題に対して
   「『~を哲学せよ』を哲学する」
と題して、先生が書いた「意味のわからない文や単語」をおよび「哲学せよ」のなどを、肯定的にも否定的に感じたことからでも構いませんし、または意味論からでも構いませんから、分析してみるのも一考かもしれません。

そう言うレポートを書くには勇気がいりますが、これぞ哲学者としてのありうべき姿だ、元気のいい学生に久しぶりに会った、とその先生が面白がってくれたら、その方は本物だと言えるでしょう。貴方にとっても大学でのよい思い出になるかもしれません。

大学とは知識の切り売りをするばかりのところではありません。場合によっては先生に挑戦することも大切なことなのです。

また、若気の至りと言って、未熟で詰まらないことや大変深いことが共におもちゃ箱をぶちまけたように頭の中で渦巻いているのが、若者である証拠なのです。本物の先生なら、貴方のレポートを読んで、へエーと思うかもしれませんし、または、自分の若かった頃の未熟さを思い出して、好意的な懐かしさを抱くかもしれません。私もそんな度量の大きい先生のようになりたいと努力している、巷の馬の骨の一人です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

おもしろい視点ですね!!考えもつきませんでした。ちょっと勇気がいりそうですが…いつかそんなレポートを書いてみたいです!

お礼日時:2008/07/19 15:13

「~を哲学せよ」とは、ある事象を哲学的な観点から論述しなさい。


というような意味に私は解釈しました。
ですから自分なりに、哲学的知識を以って自由に(たとえば分析的な哲学的観点から)「~」を論述されたらいかかでしょうか。
これはあくまで私見ですので、誤用や誤解釈がありましたらご容赦願います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはり自由に考えたことを述べていいのですね。ただ「哲学的観点」というのが難しいです。
以前、「ソフイーの世界」という本を読んだときに、「この世界についてもし何も知らなかったら、という視点が大切」というようなことが書いてあったと
思うのですが…これが「哲学的」な思考の始まりということなのでしょうか。

お礼日時:2008/07/19 15:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「考えること」と「哲学すること」の違い

「考える」と「哲学する」とは違うものでしょうか。同じものでしょうか。
違うとすると、何か「哲学すること」に固有の技法、頭の使い方があるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

[わたしが「在るとはなにか?」と考えたとき、私の出す答えは「在るとは、、在るってことだ」というような具合で、思考が進みません。
これ「我思う、ゆえに我あり」程度ですよね。ギリシャの時代も今も変化なしですね。これ哲学でも何でもないですね。こんなの学んでも意味無いということです。たとえば、
一茶の句:かえるの子そこのけそこのけお馬が通る。程度のものですね。言葉遊びでしかないですね。たとえば、
芭蕉の句:荒海や佐渡によこたう天の川 、これが哲学ですね。
これほどの差異があるものですね。註:天の川が北極星ですね。
「「哲学する」にはなにか固有のコツや方法があるのでは、
ということですが」 「ありますね」
そのひとつはあなたの持っている知識や常識をすべて白紙に戻して再度論理的に考えてみる方法ですね。これは何故・何故という方法ではないですよ。まず頭の中をすべて見直して納得できるものと納得できないものを分類し、納得できるものについて更に何を根拠に納得したかを見直すのです。その根拠を白紙に戻し、それを繰り返す方法ですね。納得できないものについては書を読み根拠を探すのですね。その中で納得できるものがあれば、同じ過程で見直します。
このようにしてあなたの頭の中の金歯を捜すのですね。一個もないときはすべて捨てて学びなおしですね。やってみればわかりますが殆どがごみ知識ですね。ごみ知識をふるいにかける過程を「哲学する」といってもいいですね。
追加の参考まで

[わたしが「在るとはなにか?」と考えたとき、私の出す答えは「在るとは、、在るってことだ」というような具合で、思考が進みません。
これ「我思う、ゆえに我あり」程度ですよね。ギリシャの時代も今も変化なしですね。これ哲学でも何でもないですね。こんなの学んでも意味無いということです。たとえば、
一茶の句:かえるの子そこのけそこのけお馬が通る。程度のものですね。言葉遊びでしかないですね。たとえば、
芭蕉の句:荒海や佐渡によこたう天の川 、これが哲学ですね。
これほどの差異があるもので...続きを読む

Q哲学の授業でレポートを書くのですが・・・

テーマを、「主体の構造 自己意識と存在への開き」「意志の構想と意義への問い」「人間の共同存在の哲学的解明」のどれかから選ぶのですが、本を調べようにも一体何に関する本を探したらいいのかもわかりません・・・。
何でもいいので、何かヒント・キーワードなど教えてください!お願いします!

Aベストアンサー

 
まず、何の質問をされておられるのでしょうか?

哲学概論または哲学通史の授業のレポート課題で、こんな問題が出るはずはないとおもいます。もっと特徴的な哲学者に固有の用語を使っている場合とか、タームとしてある程度限定されたものを使って課題が出されている場合、それは、誰の考えにあるとか、いうはなしになります。

けれども、ここまで一般的で、しかも現代哲学のテーマであると同時に、哲学史を通じて問題になっている主題をあつかう場合、これだけでは、何のことか分かりません。

つまり、授業で実際に、どういう話を先生が行ったかで、全然、考える方向が違ってきます。

たとえば、「人間の共同存在の哲学的解明」とは、「間主観性」の問題を尋ねているのか、または、独我論に対し、哲学はどのように、主体の共同存在性を確保してきたのか、という問題を尋ねているのかで、答えが違ってきます。また「間主観性」といっても、独我論に対する反論として問題が立ちます。

「主体の構造」「存在への開き」「人間の共同存在」というと、現代哲学の問題のようにおもえますが、カントの哲学についての現代からの批判的展望として、こういう問題を立てることもできます。

これは、先生が授業で何を話したのか、ということが問題になります。授業に出ていれば、これらの課題で、何を尋ねているのか、分かるはずです。何か具体的な、特定の話や、現代倫理学概論のような話が、授業で行われたのだとおもいます。

だから、こういう問いは、その先生の授業を受けていたひとに、どういう哲学者の名前がよく話に出ていたか、どんな話があったか、参考書として何があげられていたか、を教えてもらうほうが、よほど有効です。

その上で、さらに、質問するというのは具体的なアドヴァイスが可能だとおもいますが、現在の質問内容では、アドヴァイスはできません。

これらの三つの課題を眺めると、現代倫理学の実践的課題についての理論的考察の問題のようにおもえます。そういう概論的話を、先生が授業でしたのだとおもいます。

現代倫理学入門というような本をみると、これら三つの課題に対応した問題提起が記されている可能性があります。内容を確認していませんが、比較的に安くて、入手しやすい本として次のような本があります。

>> 「現代倫理学入門」講談社学術文庫
>> 加藤 尚武 (著) 文庫 (1997/02) 講談社
>> 価格:¥820

次のような本もあるようですが、高いですし、入手は難しいとおもいます。(内容は分かりません)。

>> 「エチカとは何か―現代倫理学入門」
>> 有福 孝岳 (編集) 単行本 (1999/11) ナカニシヤ出版
>> 価格:¥2,400

現代倫理学入門というのは、新書で、そういう本がいくつか出ているともおもいます。授業に出ていたひとに尋ねることと、もうひとつ、大きな本屋に行って、現代倫理の入門書を探してみて、目次を見て、先の三つの課題に対応するような問題があつかわれているようなら、その本を参考にするのがよいでしょう。

本全体を読む必要はなく、それらしい話のある部分をもとに、自分なりに、課題に合うように、まとめるのがよいでしょう。
 

 
まず、何の質問をされておられるのでしょうか?

哲学概論または哲学通史の授業のレポート課題で、こんな問題が出るはずはないとおもいます。もっと特徴的な哲学者に固有の用語を使っている場合とか、タームとしてある程度限定されたものを使って課題が出されている場合、それは、誰の考えにあるとか、いうはなしになります。

けれども、ここまで一般的で、しかも現代哲学のテーマであると同時に、哲学史を通じて問題になっている主題をあつかう場合、これだけでは、何のことか分かりません。

つまり...続きを読む


人気Q&Aランキング