これからの季節に親子でハイキング! >>

チェスボードや将棋盤にあるような「升目」って英語でなんていうんでしょうか?
縦横に多数並んでいて、そのうちのひとつの矩形、というニュアンスの単語があったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

「matrix」の四番です。



これは如何じゃろうかな、

「quadrate」 文字通り、これです。小さいのも大きいのも、、、

□□□□
□□□□
□□□□
□□□□



引用元は「英辞郎」さん

【名-1】四辺形、正方形
【名-2】《動物》方形骨
【形-1】四辺形の、正方形の
【形-2】《動物》方形骨の
【自動】一致する
【他動-1】~を一致させる
【他動-2】~を(正)方形にする
【分節】quad・rate
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びご回答ありがとうございます。

「升目」を直接指す単語が欲しいのですが、
square や rectangle があくまでその形状を指しているのと同様の理由で、
quadrate もあまり使いたくはないのです。

たとえば、ボードゲームには六角形がならんだハニカム構造のようなボードを持つものもあり、
これらの升目を quadrate と呼ぶのは苦しいように思います。

お礼日時:2008/08/29 16:52

四角なら


レクタングル
スクエアー

向こうの枡はメジャーカップなので日本の「升目」に相当する単語はありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ANo.0 ~ ANo.6 までに補足したとおりになります。

お礼日時:2008/08/29 16:47

模様や形を指すとき


grid
gridlike
gridpattern
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

他のお礼にも書いたとおり、その形状(矩形であるとか)や全体(升目状)ではなく、
その「升目」ひとつひとつを直接表す単語が欲しいと思います。

お礼日時:2008/08/27 09:53

webを眺めた印象では、将棋を含めsquare(正方形、四角いもの)が多く、その他、cell(小室)やWikipediaの将棋の説明では、grid(格子)、rectangle(長方形、矩形)もあるようです。

squareでよいのではないでしょうか。
http://en.wikipedia.org/wiki/Chess
http://en.wikipedia.org/wiki/Shogi
http://www.google.com/search?num=100&hl=en&as_qd …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

square はやはりボードゲームのマスを指すようですね。
日本語の「升目」はそれだけで全体としては升目がたくさん並んでいるということを暗示できますが、
「 square 」だけではそれがたくさん並んでいるうちのひとつ、というというニュアンスを出せないように思います。
もちろんチェスなんかをやっているかたにとってはそれで十分なのでしょうか、
ボードゲームのプログラムに使うので、短く、そして意味が明確な語が欲しくなります。
意味を明瞭にすれば square of gameboard とでもすればよいですが、これではちょっと長すぎます。
日本語の「升目」ぐらい短くてゲームボードの升目を明確に意味する単語が欲しいです。

お礼日時:2008/08/27 09:50

色々回答が出ておりますが、最終案を




「matrix」でしょうか、私の愛用単語は、、、本来は「数字、数列などの列と行が縦横に並んだもの」を示す様ですが、今では「エクセル」などのマス目をマトリックスと表現すればどなたにもぴたっとご理解いただけます。

因みに、映画の「マトリックス」はどんな意味か、観ていないので知りません(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>matrix

そうですね、列と行がならんでいる、というニュアンスでは matrix が一番近いですね。
ただ、あくまで列や行に区分けされたそれぞれの区画、という意味合いが欲しいので、
行列の全体を指す matrix は申し訳ありませんが探しているものとはニュアンスが異なるようです。
そういえば数学の matrix (行列)のそれぞれの値は element と呼んでいるのをどこかで見た気がしますが、
これは「升目」にはちょっと苦しいか。
それに、じつはプログラムの内部で行列の matrix も使うので、名前がかぶって多少混乱を招くおそれがあったり……。

お礼日時:2008/08/27 09:38

どういう場合に使うのかよくわかりませんが、網目模様の様になっていてその目のことでしたら私はmeshを使いますが。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>どういう場合に使うのかよくわかりませんが

いまボードゲーム様のゲームを作っていまして、そのプログラムのコードのなかで使おうとしています。

mesh だとどうも網目状になっっているものの、その全体を指すように思います。
あくまで網目状の目のひとつひとつを呼ぶのに適当な語を探しています。

お礼日時:2008/08/27 09:30

No.1です。

早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問1:
<square ってやっぱり「正方形」っていうイメージで、どうもその形状に視点をおいているように感じます。>

おっしゃる通りです。

何故なら「升目」の「升」が正方形の形だからです。

従って、チェスでも将棋でも原稿でも、その一区画の形が「正方形」なので「升目」と呼ばれるのです。


ご質問2:
<たとえば表計算ソフトの表の各マスを cell と呼びますが>

1.cellの原義は「小室」です。

2.そこから「細胞」「蜂の巣穴」などを指したりします。

3.表計算などのマスは「升」「枡」のことですが、正方形でなくても四角形の空欄を「マス」と呼ぶこともあります。実は、本来は誤法なのですが、慣用として一般に使われているのです。

4.従って、正方形でない表計算のマスは、英語ではsquareにはならず、小房感覚でcellと呼ばれているのです。


ご質問3:
<これはチェスボードのような升目を指すのに適当でしょうか?>

1.チェスボードの升目は「正方形」なので、squareが適しています。

2.cellを使っても間違いではありませんが、cellを使うと、それが何かによって「埋められる」「満たされる」ことを暗示します。

3.というのは、cellはフランス語<ラテン語からの借用語で、元々はstoreroom「貯蔵室」の意味があります。つまり、cellは「貯蔵する」=「何かをつめこむ」場所なのです。

4.従って、表のマスをcellというのも、そこが何か数字などで埋められることを前提としているからです。

5.チェスボードをcellと呼ぶと、各cellが何かによって(段々と)埋められていくことになります。チェスも将棋も、全部の升目が埋まることはありません。

それが、cellの語感に合わないところです。


ご質問4:
<「たくさんに区分けされた一部分」と考えれば、section とか part なんて単語も思い当たりますが>

1.う~ん、何を指す単語を探しておられるのか推察できないので、正確な単語を判断しかねます。

2.ご質問では「チェス・将棋の升目」ということで回答致しました。

3.sectionやpartだと、空間的な一部分というより、運営・管理上の「区画」「一区分」というニュアンスで使われます。そのため、実際の空間をささなくても、「技術部署」などの「部署」でsectionが使われたりするのです。


ご質問5:
<なんかこう日本語で言うところの「区画」っていう感じの単語はありませんか?>

不動産の分野でしょうか?

1.それなら、block、lot、divisionなどもあります。

2.他に、漠然とした空間を表すならspaceが使われます。小さな空間なら
tiny space「小さな空間」
micro space「極小空間」
などが使われます。

3.また、整然と区分けされたというニュアンスを出すなら
tightly divided space
「きちんと区分けされた空間」
などで表すことも可能です。

4.補足質問にある「規則正しく区分けされて並んでいるっていうニュアンス」が具体的に何を指すのか拝察できませんので、以上のような回答に留まってしまいます。

ご参考になれば、、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>補足質問にある「規則正しく区分けされて並んでいるっていうニュアンス」が具体的に何を指すのか拝察できません

用途を先に述べておくべきでしたね、申し訳ありません。ボードゲームのようなゲームのプログラムにつかいます。
短くて、ボードのマスであることが明確な単語があれば知りたいと思います。
たとえば、square はたんに「正方形」とも勘違いしかねないので、もっと「マス」であることがハッキリした単語が欲しいのです。
square of gameboard などと限定することもできますが、これからその単語を何百回も打つことになるので、
明確でしかも短い単語が欲しいのです。
block や space なんかも、やはり一見して「升目」のことであるとはわからないので、
あまり使いたくはないのです。

>cellを使うと、それが何かによって「埋められる」「満たされる」ことを暗示します。

そうなりますと、やっぱり cell はちょっと違和感があるようですね。
マスは平面状の開かれた部分であって、何かを満たせるというっていう感じではないですね。
マスを駒が埋めていく……という解釈はちょっと苦しいか。

> sectionやpartだと、空間的な一部分というより、運営・管理上の「区画」「一区分」というニュアンスで使われます。

そうでしたか。自分が欲しいのはやはり「マス目」で、完全に空間的な一部分を指すのでこれらもちょっと違うようですね。

お礼日時:2008/08/27 10:14

はじめまして。



ご質問1:
<チェスボードや将棋盤にあるような「升目」って英語でなんていうんでしょうか?>

総称的に
squares
と言います。


ご質問2:
<縦横に多数並んでいて、そのうちのひとつの矩形、というニュアンスの単語があったら教えてください。>

上記の単語を単数形にすれば結構です。
例:
each square
「各升目」

また、原稿用紙の升目などもこの単語を使います。

以上ご参考までに。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
チェスの升目は square と呼ぶのですね。参考になります。
square ってやっぱり「正方形」っていうイメージで、どうもその形状に視点をおいているように感じます。
なんかこう日本語で言うところの「区画」っていう感じの単語はありませんか?

たとえば表計算ソフトの表の各マスを cell と呼びますが、
これはチェスボードのような升目を指すのに適当でしょうか?
「たくさんに区分けされた一部分」と考えれば、section とか part なんて単語も思い当たりますが、
これだと規則正しく区分けされて並んでいるっていうニュアンスが足りない気がします。
block なんかも「区画」と訳すこともありますが、これだと複数のものをまとめているっていう意味合いになってきますし……。

補足日時:2008/08/26 01:43
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qchar型での演算子

畏れ入ります。

X番目の文字を調べたいとき
strにStringbufferで文字列が入っていた場合

if(str.charAt != "")

とすることができません。
互換性のない型、と出てしまいます。
また、""を’’
とすると、「空の文字リテラルです」
と出てしまいます。
charが空であることを調べるのにはどうすればいいですか?

Aベストアンサー

> おっしゃるとおり'a'と言う書き方はできたのですが、
> ''(空)はできないのかな?? と疑問に思いまして・・・

なるほど。
結論から書きますと、(先ほども少し書きましたが)「空の文字」というのは存在しないんです。
このことについて、もう少し説明しますね。

「文字」そのものに関して説明する前に、「文字列」について少し説明したいと思います。
文字列というのは、「文字」がいくつか つながって出来たものなんです。例えば、
"ABDCE"
という文字列があったら、
'A' 'B' 'C' 'D' 'E'
という5個の文字がつながっていると考えてください。つまり、この文字列に関して言えば、
最初の文字は 'A'、次の文字は 'B'、その次は 'C'……
というようになります。
では、最後の 'E' の後はどうなっているのかというのが気になりますが、実はここには何も存在しないんです。つまり、「空の文字」が存在しているわけではなくて、「文字」そのものが存在していないんです。
だから、'E' の次にある文字を取り出したら「空の文字」になった、というようなことはありえないというわけなんです。

ただし、「空の文字列」や「空の文字列バッファ」はありえるのです。(ここが、ちょっとややこしい)
これは、文字列(バッファ)の中に文字が一つも存在していないと考えてください。
先ほどの "ABCDE" という文字列は、5個の文字からできていました。つまり、文字列という枠の中に5個の文字が存在していたわけです。
しかし、空の文字列には文字はありません。文字列という枠の中に文字が一つも入っていないということです。(ただし、文字列という枠そのものは存在しています)

空の文字列は、ダブルクォーテーションマークを二つ続けて "" というように書きます。ダブルクォーテーションマークという枠は存在していますが、その中には何もないわけです。

では、なぜ「空の文字」は存在しないのか。実は、「文字」は「文字列」とはまったく異なった性質を持っているのです。

一つ段ボール箱(=文字列)があったとします。箱の中には、いろんな色のボール(=文字)が入っています。
もし箱の中にボールが一つもなかったら、それは空の文字列です。箱の中にボールが3個入っていれば、それは長さが3の文字列です。
では、箱の中から一つボールを取り出して、そのボールの色を見て見ましょう。
「青」「赤」「緑」「黒」「白」などといろいろ考えられますが、ボールの色が文字の中身を表わしていると考えてください。ボールが赤色だったら、それは '赤' という文字です。

では、もし「空の文字」という文字があるならば、何色でしょうか? 「白」「黒」「無色透明」などが「空の文字」に相当するように思えるかもしれませんが、ちょっと待ってください。
'白'、'黒'、'無' という色が、確かに存在しています。ということは、これは「空の文字」ではありません。
そもそも、ボールという物体が存在していれば、そのボールには何かしら色があるわけで、ボールに色が「無い」ということはありえませんね。
同じように、文字が「空」になることも無いんです。

一つの文字が存在しているとき、その文字は何があろうと「一つの文字」なんです。


さて、
> length()以上の数をcharAtの引数に入れたら例外が出そうですね・・・
とおっしゃっているのは、まさにそのとおりなのです。
文字が存在しないことを知らせるために、例外をスローするわけです。(「空の文字」を返す、ということができないからですね)

もちろん、charAt を使う前に引数の値を length とチェックしておくという対策もOKですが、例外をキャッチするという手もあります。
例外を、引数が範囲外になったことの合図としてとらえるわけです。

(結構細かな話をしたので、今回はわかってもらえる自信なしです)

> おっしゃるとおり'a'と言う書き方はできたのですが、
> ''(空)はできないのかな?? と疑問に思いまして・・・

なるほど。
結論から書きますと、(先ほども少し書きましたが)「空の文字」というのは存在しないんです。
このことについて、もう少し説明しますね。

「文字」そのものに関して説明する前に、「文字列」について少し説明したいと思います。
文字列というのは、「文字」がいくつか つながって出来たものなんです。例えば、
"ABDCE"
という文字列があったら、
'A' 'B' 'C' 'D' 'E'
とい...続きを読む

Qかけることと割ること

2×3=6の、「×」、
それから
10÷5=2の「÷」
はそれぞれ英語でなんというんですか?
お願いします。

Aベストアンサー

数学記号の読み方が載っているページです。
http://www.constructionwork.com/resources_details_1250mathematical_symbols.html

Qall the+名詞、all +名詞 の違い

「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか教えてください。「I like English best of all the subjects」という例文が辞書に載ってましたが、theはぜったい必要なのでしょうか?「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(特定の)もののすべて”の場合は“all (of) the 名詞”が原則のようですが、アメリカ英語では“限定された(特定の)もののすべて”の場合でもtheがなくても良いようです。

(1)
このことは、『ウィズダム英和辞典』のallの項の「語法」に“allとall the”というタイトルの下にある次の説明が示しています。

「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある

この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。

(2)
現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. という表現があります(p.83)。わが国の教科書ですからこのall seasonsが春夏秋冬という四季(=「特定の集合」)であることは明らかでしょう。ですから…of all the seasonsと言うのが原則であるはずにもかかわらず …of all seasonsとなっているのです。私はこれも上の(1)に関係するものではないかと考えています。
 
日ごろ現実の英語に接していても「all the 名詞」となるべきところでtheがない形をよく見かけるように思います(ご紹介できる実例は今手元にありませんが)。

(3)
とすると、『プロシード和英辞典』にあった

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

の...all subjectsには2つの解釈がありえることになります。
1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。
もう1つは「学校で教えられているすべての教科」を表していながらtheを用いていないというもの。(すなわち、(1)で紹介した「「all+名詞」で特定の集合を指す場合」。)

もちろん、どちらの解釈が正しいのかはこれだけでは判断できませんが、後者の解釈も大いにありえることを私は強調しておきたいと思います。

(4)
実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。このことは例えば、『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社)のbothの「語法(2)」に「定冠詞は省略されるほうが普通:Both (the) books (=Both of the books) are interesting. その本は両方ともおもしろい」と説明されています。件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(...続きを読む

QC#にて別クラスの関数を使いたい

C#にて、別クラスの関数を使用する方法を教えてほしいです。

下記のような、構造体を受け取るメソッドを作りました。

*****************************
private struct MyPoint
{
public int x;
public int y;
}

private void proc1(MyPoint pt)
{
MessageBox.Show("座標:" ; pt.x + "," + pt.y + "実行結果");
}

private void button1_Click(object sender ,System.EventArgs e)
{

MyPoint pt;
pt.x = 10;
pt.y = 20;
proc(pt);
}
*****************************

別のフォームのクラスから、proc1を呼び出したいのですが、やり方がわかりません。
どうか、教えてください。

Aベストアンサー

同じ定義をしたとしても別の名前空間に書いた構造体は同一とはみなされません。

呼び出し先クラスでの構造体を private では無く、public で宣言して下さい。

呼び出し元では、

MyClass.MyPoint pt;

のようにして実体を作ります。

Q大規模開発の最適なパッケージ構成について

現在、java言語で比較的大きな規模の開発をしています。
現在のプロジェクトのパッケージ構成がいい加減な作りになっているため、きちんとポリシを作ってそれに基づいた作りに変えていきたいと考えています。
そこで、パッケージ構成に関するノウハウなどが分かるサイトなどを教えて頂けますでしょうか。
特に、strutsを使っているためactionクラスとそれ以外のクラスをどのように切り分けるかなどのノウハウもあると非常に助かります。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

java package design (principle) あたりで検索すると色々出てきますが,よく参照されているのは

http://javaboutique.internet.com/Case_Study/
http://www.surfscranton.com/architecture/ObjectOrientedDesignPrinciples.htm
http://homepages.dcc.ufmg.br/~fpereira/classes/poo20h/ementa/
http://butunclebob.com/ArticleS.UncleBob.PrinciplesOfOod
http://www.st.informatik.tu-darmstadt.de/pages/lectures/se/ws06-07/design/lecture/10_principlesOfPackageDesign.pdf
http://staff.cs.utu.fi/staff/jouni.smed/doos_06/slides/slides_060404.pdf
http://supportline.microfocus.com/Documentation/books/DevPartner/doc/DPJ/DPJ44/PDF/OptimalAdvisor.pdf
http://www.csd.uoc.gr/~hy252/references/UML_for_Java_Programmers-Book.pdf
http://javaboutique.internet.com/tutorials/PackageDesign/

などで言及されている以下の6つの観点

REPThe Release Reuse Equivalency PrincipleThe granule of reuse is the granule of release.
CCPThe Common Closure PrincipleClasses that change together are packaged together.
CRPThe Common Reuse PrincipleClasses that are used together are packaged together.
------
ADPThe Acyclic Dependencies PrincipleThe dependency graph of packages must have no cycles.
SDPThe Stable Dependencies PrincipleDepend in the direction of stability.
SAPThe Stable Abstractions PrincipleAbstractness increases with stability.

前半3つが package cohesion (パッケージ内部の凝集性)に関わるもので,後半3つが package coupling (パッケージ間の組み合わせ)に関わるものです。

これらと内容的には被りますが,別な表現で述べたものとして,依存関係(循環しないようにする)に着目したり,レイヤー(データ/ロジック/プレゼンテーションなど)や機能を意識して分けたりする,という考え方もありました。

http://japan.internet.com/developer/20070502/27.html
http://ptolemy.eecs.berkeley.edu/ptolemyII/ptII8.0/ptII/doc/coding/packages.htm
http://www.st.uni-trier.de/~diehl/pubs/vissoft05.pdf
http://forum.springsource.org/archive/index.php/t-12301.html
http://stackoverflow.com/questions/533102/what-strategy-do-you-use-for-package-naming-in-java-projects-and-why

またこれらに適合するようなパッケージ構成をアドバイスしてくれるツールもあるようです。詳細は上のリンクからたどるなり検索するなりしてみてください。

以上,ご参考まで。

java package design (principle) あたりで検索すると色々出てきますが,よく参照されているのは

http://javaboutique.internet.com/Case_Study/
http://www.surfscranton.com/architecture/ObjectOrientedDesignPrinciples.htm
http://homepages.dcc.ufmg.br/~fpereira/classes/poo20h/ementa/
http://butunclebob.com/ArticleS.UncleBob.PrinciplesOfOod
http://www.st.informatik.tu-darmstadt.de/pages/lectures/se/ws06-07/design/lecture/10_principlesOfPackageDesign.pdf
http://staff.cs.utu.fi/staff/j...続きを読む

Q「お伺いさせて頂きます」という敬語

よろしくお願いします。

「お伺いさせて頂きます」という敬語の使い方は、やや不自然に感じますが正しいでしょうか?
間違っていればその部分と理由を教えてください。

Aベストアンサー

「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。
「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。

そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。

例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。
食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。

スミマセン。年寄りの愚痴でした。


人気Q&Aランキング