プロが教えるわが家の防犯対策術!

朝のあいさつは「おはよう」です。
目上の人には「おはようございます」です。
「こんにちは」と「こんばんは」のていねいな言い方はありますか?

A 回答 (5件)

こんばんは。



2つとも「どうも」でよいと思います。

すれ違い様、あるいは、その場にいる多数の人に連続して一人ずつ挨拶する場合であれば、
「どうも」
の一言だけでよく、

そうでない場合は、もうちょっと言葉を足して、
「どうも。 いい天気ですね。」
「どうも。 今日は暑かったですね。」
「どうも。 今晩は冷えそうですね。」
というふうにします。

あるいは、
「どうも! こんにちは!」
「どうも! こんばんは!」
とする手もあります。
二重の挨拶となりますが、区切って話せば違和感は与えません。


なお、
最近では、特に会社員同士の場合、目上の人に対しても「こんにちは」と挨拶しているのをよく見かけるようになってきました。


以上、ご参考になりましたら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/20 21:51

どこかの方言で「おばんでございます」というのがありました。

こんなのはいいですが、一般化していません。

ANo.4さんと同じようなことになってしまいますが、なにかひと言付け加えるんですね。
「こんにちは、こんばんは」の省略形を復元させようとしない方がいいでしょう。
「こんにちは、こんばんは」の後へ、ひと言付け加えれば、恰好がつき、ていねい感が出ます。

質問者さん:「こんにちは。百日紅がまだ咲いてますねえ。」
偉い人:「やあ、こんにちは。今年は夏が長かったからねえ。」

質問者さん:「こんばんは。よく降りましたねえ。」
偉い人:「お!こんばんは。ほんとうによく降ったねえ。」

「こんにちは」「こんばんは」が自立形になったため、何でもいいから当たり障りのないひと言をくっつければ、それなりになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/20 21:52

これがタラちゃんの答えなら


「こんにちはです」「こんばんはです」
これがバカボンのパパの答えなら
「今日はなのだ」「今晩はなのだ」
で済んでしまうのですが。

「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」を同列に語るのは少し無理があるのだと思います。
「おはよう」と他の2つのあいさつは形が違います。
「おはよう」を他のふたつの形に無理にあわせれば「今朝は」になります。

他の二つを「おはよう」に無理にあわせて丁寧な言い方にすれば以下のようになります

おはよう→お早うございます
こんにちは→ご普通でございます
今晩は→お遅そうございます
 こんなあいさつが普通になれば整合性があっていいなあ、と個人的には思います。

現在では「こんにちは」と「こんばんは」の「おはようございます」にあたる言い方は存在しないのではないでしょうか。なお、省略しない言い方なら
「今日はご機嫌いかがですか」
「今晩はいい晩です」
ということになるのでしょう。しかし現実にこんな言い方したら変です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/20 21:50

上司ですよね。


「こんにちは」は「おつかれさまです」と小声で、
「こんばんは」は「おつかれさまです」あるいは「お先に失礼します」と元気よく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>上司ですよね。
いいえ、とくに上司ということではありません。
近所の偉い方に、その日に初めて会ったときのあいさつの仕方です。

「おはよう」のていねい型は「おはようございます」
「こんにちは」のていねい型は?
「こんばんは」のていねい型は?

ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/18 16:44

語源は忘れたが、


「こんにちは」と「こんばんは」は
後ろに「良いお日柄でございます」の類が付いた表現の省略形である。
丁寧に言いたければ省略せずに言うしかない。

しかし、この省略せぬ言い方を実演できるかな、君は。
「ございます」という丁寧表現の原型部分は削って、
「良いお日柄ですね」と短くしてさえも。

ここで「お日柄」はお天気などの環境系などの当たり障りがない言葉に
交換して使うのですよ。結構頭を使わねば実演できぬぞ。

似たひどい省略形の例を挙げておくと、
「さようなら」:「左様ならばお別れいたす」の省略形
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「こんにちは」の敬語って?

知人に「『こんにちは』の敬語(多分尊敬語という意味)ってどう言うの?」と尋ねられました。「こんにちは」自体は、「今日はよいお天気で…」などの挨拶の最初だけが残ったものだということなので、確かに敬語ではないと言えるでしょう。でも、「こんにちは」を敬語で言う言い方なんてあるのでしょうか。私には、そのあとに「よいお天気ですね」とか「ご機嫌いかがですか」をつけるくらいしか思い浮かばないのですが。どなたか、ご存じなら教えて下さい。

Aベストアンサー

「こんにちは」は感動詞なので尊敬語はないですね。
尊敬語は、相手の動作や状態、相手に属する事物などを高めて言い表す言葉です。
したがって、挨拶の言葉である「こんにちは」には尊敬語はありません。

Q上司へのメールの冒頭に何の挨拶がいいですか。

上司にメールを書いているとき、冒頭には何を書けばいいですか。

「お疲れ様です」 朝は「おはようございます」 「お世話になっております」

分からなくて困っています。

Aベストアンサー

>>お疲れ様です。

基本的にほぼこれでまかり通るんじゃないかと。


>>おはようございます。

ビジネスメール的にはいらない表現?な気が。


>>お世話になっております

使うのは客先、取引先。かな。と。






お疲れ様です。
○○部の○○です。

うんたらかんたらなんたらどーたらこーたら。


以上です。

何か、「お前のメール変だろ。」とかその上司から突っ込まれたら、それを逆手に取って、上司に「じゃあ教えてください!」的なことを言うのもアリです。

Qあいさつ言葉の敬語表現

おはよう。
こんにちは。
こんばんわ。
さようなら。

などの、日常的なあいさつに
敬語ってあるのでしょうか。

おはよう→おはようございます。なのかと
思うのですが。

よく
「失礼します」「お疲れ様」
というやりとりの「お疲れ様」は、
上位のものから下位のものへの
言葉と聞きます。

あいさつ言葉に
謙譲や尊敬などの敬語表現が
あるのか
教えて頂きたいのですが?

Aベストアンサー

「お疲れ様」は、上位のものから下位のものへの言葉と聞きます。
→上位から下位には「ご苦労様でした」です。
下位から上位へは「お疲れ様でした」です。

Q目上の人に対する昼間の挨拶は?

昼間、目上の人やお客さんに対して挨拶するとき、何と声を掛けたらいいのか悩みます。
「社長、こんにちは!」なんて言ったら、馴れ馴れしいような気がするんです。

Aベストアンサー

私この間夜中のタモリの番組を見ていたら
これと同じようなシチュエーションのときにどうするのかが
問題になっていました。
回答されていたのが辞書を書いている金田一さんだったので
確実だと思うのですが…。
その挨拶とは「どうも」と,軽く会釈なんですって。
びっくりですよね。
「いつもお世話になっています」
とか
「こんにちは」
と答えた人もいるんですけど
正式には
「どうも」
なんですって!
うそみたいですよね。
私もびっくりしましたが本当みたいですよ。
回答者の人たちもびっくりしていました。

Q「おはようう」には「おはようございます」という丁寧な言い方があるのに、「こんにちは」には何故ないの?

昔から不思議でならなかったんですけど、例えば目上の人に会った時とか、或いは聴衆に対して最初に挨拶をする時とかに、「こんにちは」と言いますけど、どうしてもこの言い方がしっくり来ないんです。

朝の挨拶なら、同格や目下の人に対する朝の挨拶は「おはよう」で、目上の人に対しては「おはようございます」と使うので、こちらは全然不自然ではないんですが、「こんにちは」と「こんばんは」は、目上に使いにはぞんざいな感じがして、どうも抵抗が残ります。

「さようなら」もそうなんですけど、こちらには「失礼します」という言い方があるので、実用上はいいんですけど、本来は「さようならでございます」のような丁寧な言い方がないのは、同じように不思議なんです。

まあ、「こんにちは」などがぞんざいに感じるかどうかはさて置いて、今回お聞きしたいのは、どうして同じ挨拶なのに「おはよう」だけに丁寧な言い方があって、「こんにちは」「こんばんは」「さようなら」には、そういった区別がないんでしょうか、ということですので、ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

No.3です。

「おはよう~!」だけは、朝起きたとき家族(親しい人)にも言います。
家族には、起きた時昼間だったときも「こんにちは」とは言いませんから。
ですので、
おはよう=「お早く存じます」が、丁寧な挨拶(おはようございます)から胆略した挨拶として格下げになった歴史があって、
そのため、他人には丁寧な韻を省略しない形があとから発生したのではないでしょうか?
そう考えました。

こんにちは、こんばんはとは、そこが違うのですね。

・・・白熱していますね。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q「ごきげんよう」の使用法

いつもお世話になっております。

今日、学生時代の友人と久しぶりに会った時、当時の学校での挨拶が話題になったのですが・・・
実を言うと、私が過ごした学校では、小等部から高等部まで一貫して、挨拶は「ごきげんよう」でした。

とにかく一日中「ごきげんよう」です。
朝に正門をくぐる時も、門に向かって「ごきげんよう」
朝の挨拶、帰りの挨拶、授業開始・終了も「ごきげんよう」
廊下ですれ違うシスターや先生、先輩方にも「ごきげんよう」
学校の往き返りはバス・電車通学でしたが、バスを降りる時も電車の改札口でも「ごきげんよう」・・・

12年間(幼稚園も含めると15年間)もの間、一日中「ごきげんよう」と言っていましたが、卒業してからはトンと使った覚えがありません。と言いますか、友人と言っていたのですが、使用法が分らないので(苦笑)使い様がありません。これだけ頻繁に色々な場面で「ごきげんよう」と言っていましたが、正式には一体、どんな場面でどの様に使用する挨拶なのでしょうか?

ちょっと、「ごきげんよう」を使ってもおかしくない年齢になってきたので、ここで一発、セレブな奥様への変身を試みているのですが(「一発」を使うところが、既にセレブではないのですが(苦笑))正しい使用法をご教示頂けたら幸いです。

何卒宜しくお願い申し上げます。

いつもお世話になっております。

今日、学生時代の友人と久しぶりに会った時、当時の学校での挨拶が話題になったのですが・・・
実を言うと、私が過ごした学校では、小等部から高等部まで一貫して、挨拶は「ごきげんよう」でした。

とにかく一日中「ごきげんよう」です。
朝に正門をくぐる時も、門に向かって「ごきげんよう」
朝の挨拶、帰りの挨拶、授業開始・終了も「ごきげんよう」
廊下ですれ違うシスターや先生、先輩方にも「ごきげんよう」
学校の往き返りはバス・電車通学でしたが、バスを降り...続きを読む

Aベストアンサー

「ごきげんよう」の「ごきげん」は「ご機嫌」で、「よう」は「良く」のウ音便。よって、意味は「ご機嫌よく」とうことになりますね。

出合ったとき(朝でも昼でも夜でも)、相手が不機嫌なら「ご機嫌よくなさっては」という意味になり、相手が普通もしくは機嫌がよさそう、調子がよさそうなら「ご機嫌がよろしくっていいですね」という意味になりますね。

別れのとき、相手に「ご機嫌よくお過ごしください」という意味になりますね。

ポイントは「挨拶とは言葉の省略形である」ということですね。

例)さようなら←左様ならお別れは仕方がありませんね、の省略形

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q「いらっしゃいますか?」と「おられますか?」正しいのは?

 私は社会人歴7年、ひととおりのビジネスマナーはまあまあ覚えていたつもりなのですが、実は未だにちょっと分からないことがあります。

 例えば、仕事上で相手の会社に電話をかける際、はじめに目的の人物以外が電話に対応する場合のはよくあることですね。そしてその時、自分が用事のある人物に電話を取り次いでもらいたい場合、「○○さんはいらっしゃいますか?」と「○○さんはおられますか?」ではどちらが本当は正しいのでしょうか? それとも地域によってちがうのでしょうか?

 私は北東北在住です。振り返って思い出してみると地元の人たちで「おられますか?」を使うのを殆ど聞いたことが無い気がします。どちらかと言えば、他県、それも関西方面の人たちが「おられますか?」をよく使っていたような…。私は新社会人当時、関西の言葉を話す社員が多い会社にいたので、「おられますか?」は耳に馴染んでいて、今でもその時々によって「いらっしゃいますか?」と合わせて半々に使います。

Aベストアンサー

学校文法的に言えば、

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。
「おる」は謙譲語です。
したがって、これに尊敬語の助動詞「られる」をつけるのは間違いです。

ということになります。
私もそのように教えられた覚えがあります。

しかし、「おる(をる)」は元々謙譲語というより丁寧語であって、これに「られる」という助動詞をつけて尊敬の意味を表わすことは、何ら間違いではないと言う説もあります。
このことについて、説得力のある説明をしているサイトを見たことがあります。(↓)
これを読んでから、私も「おられる」は間違いではなく、学校文法が間違っているのだと思うようになりました。
文部省や国語審議会の言うことなど、学問的にさほど権威があるとも思えません。ただ、学校の試験などでどう答えるか、ということが問題ならば、彼らのいうことが金科玉条ですが。。。

参考URL:http://www.alc.co.jp/jpn/cls/ndm/gnsodan03.html


人気Q&Aランキング