就職を希望している会社に保険は医師国民健康保険に加入することになりますといわれました。

現在、一般的な国民健康保険なのですが
医師国民健康保険とどう違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

保険料についてのみ・・・



多少細かい計算はあり、地域によっても違いますが、
私のいる県では、月給が20万円の場合、
健康保険の保険料は16400円
医師国保の保険料は10500円(給与に関わり無く定額)
通常はこれの半額を労働者が負担します(残りは事業主が支払います)。

健康保険では給与が上がるほど保険料が高くなります。
月給10万円→8036円 
月給20万円→16400円
月給30万円→24600円
月給50万円→41000円

扶養家族がいた場合は、
健康保険では、無料。
医師国保では、扶養者1名あたり9000円の追加料金。

健康保険では出産一時金30万円ほどがもらえます。
以前は医師国保ではもらえない時期もあったようですが
今はもらえるところも多いようです。

細かい制度は県ごとによって違うようです・・・
    • good
    • 29
この回答へのお礼

そうなんですか。
非常に勉強になりました。
みなさまありがとうございました!

お礼日時:2008/09/21 19:13

>医師国民健康保険とどう違うのでしょうか?



国民健康保険には、地方自治体が行う国民健康保険と呼ばれるものと、業界団体などが作る国民健康保険組合によるものの2つがあります。

要するに行政が行うものなのか、独自業界が行うものなのかという違いです。

被保険者にとっての違いで大きいのは保険料であり、そして通常の国民健康保険より少し保険の内容がよい場合があります。たとえば国民健康保険には扶養の概念はありませんが、国民健康保険組合の場合には低額にて扶養に入れることの出来る仕組みがあったり、病気などで休業したときに手当金が支払われるなどです。

詳しくは加入する国民健康保険組合に聞くとよいでしょう。
    • good
    • 13

医師会がおこなっている保険です。


国保だと、所得に応じて支払う額が決まってきますが、医師国保だと一定額を支払うことになります。
国保だと最高56万支払う人もいますが、その場合でも医師国保だと最高20万4千円で済みます(職業などで支払う額が違う)。
ですから、高額所得者などでは医師国保の方が支払う額が少なく済むのですが、定額所得者では逆に支払額が多くなる可能性があります。

詳しくは、「医師国保」で検索して調べてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 15

各医師会が行っている健康保険組合です


国民健康保険ではなく一般企業の健保組合に近い存在ですね
加入資格は医師、医療機関従業員 及びその家族ですね
簡単に言えば○○病院に勤務しているのでその病院の健保組合に加入するってことですね 保険料に関してはすいませんちょっと分かりませんが加入しないってことはたぶん出来ないと思います
値段もたしか各健保組合で違ったような気もします。
違いはもちろん保険料が違うのと保険証が変わります
    • good
    • 11

医師が作ってる健康保険組合です。


たしか国保と同じく社保に比べて、掛け金高かったと思います。
    • good
    • 26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q健康保険制度が国民健康保険や組合保険などに分かれた理由

健康保険制度について不明な点があるのでご教示お願いします。

健康保険制度には市町村による国民健康保険や国民健康保険組合による国民健康保険など様々な保険者がいます。

質問1 このように様々な保険者を作ったことによるメリットは何ですか?


質問2 国民健康保険組合による国民健康保険や共済組合による健康保険などをなくして、一つの健康保険制度にまとめたほうが効率的だと私は思いますが、健康保険制度を一つにするデメリットでもあるのですか?

わから方がいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

健康保険制度について不明な点があるのでご教示お願いします。

健康保険制度には市町村による国民健康保険や国民健康保険組合による国民健康保険など様々な保険者がいます。

>質問1 このように様々な保険者を作ったことによるメリットは何ですか?
これは意図的に作ったのではありません。
社会保障制度はあまり充実しておらず、統一の取れたものがなかった時代からの流れで今も複数あるというのが現状です。

日本の健康保険制度は1922年がその出発点になっていますが、それから制度を拡充していく形で、1961年に国民皆保険となりました。

スタート時は労働者などを対象とした組合から始まり、その後市町村などが運営する国民健康保険などの整備などか行われたわけです。

つまり生い立ちの経緯等で複数のシステムが混在する形になってしまったわけです。

>質問2 国民健康保険組合による国民健康保険や共済組合による健康保険などをなくして、一つの健康保険制度にまとめたほうが効率的だと私は思いますが、健康保険制度を一つにするデメリットでもあるのですか?

一番財政状況が悪いのは国民健康保険です。
大企業などの健康保険組合はかなりいいほうです。

この根底にある理由としては、高齢で医療費のかかる人は国民健康保険に集まり、若手で元気な健康な人はそういう健康保険組合に集まっているからというのがあります。

そのため、保険料などもかなり違いがあります。

つまり、単純に一つにしようとすると、国民健康保険側は大歓迎となるでしょうけど、財財政にゆとりのある健康保険組合側はかなりの負担増になるので、それはマイナスになります。

つまりそういう理由で簡単に一つにすることは出来ません。

健康保険制度について不明な点があるのでご教示お願いします。

健康保険制度には市町村による国民健康保険や国民健康保険組合による国民健康保険など様々な保険者がいます。

>質問1 このように様々な保険者を作ったことによるメリットは何ですか?
これは意図的に作ったのではありません。
社会保障制度はあまり充実しておらず、統一の取れたものがなかった時代からの流れで今も複数あるというのが現状です。

日本の健康保険制度は1922年がその出発点になっていますが、それから制度を拡充してい...続きを読む

Q国民健康保険の加入について

父親の元に、国民健康保険に加入した覚えがないのに区役所から「国民健康保険料口座振替済のお知らせ」(振替年月日10/31と12/1)が届きました。父親は会社で厚生年金と健康保険に加入しています。銀行届出印なども区役所に提出していないのに口座振替になっているのも不思議なのですが、何故ですか。手違いでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは、namida-usagiです。
私の記憶では、国民健康保険は世帯の収入に応じて保険料が決まり、書類等の宛名は全て世帯主宛で届くはずです。ご家族の中に、国民健康保険に加入されている方、いらっしゃいませんか?もし、どなたもいらっしゃらないのなら、区役所にお問い合わせされたほうが良いと思います。

Q国民健康保険未加入時の医療費

詳しい方教えてください。
1月から保険に加入していません。
自由診療で3回病院に行ったのですが、
これから国民健康保険に加入すれば、3割以上負担した分が戻ってきたりするのでしょうか。

Aベストアンサー

入ってなかった期間遡って戻ってくる事はございません。

義務も果たさずに権利ばっかり主張する・・
役所は冷たいと言いますがご質問者様のような方が多いというのも現状。
給食費未払いや、保育費滞納・・・良くニュースで聞きますよね。
一緒にされたくない!とおっしゃるかもしれませんが、義務を果たして生活している者からしてみればちょっと嫌味のひとつも言いたくなりますよ。
だって、ご質問者様の記述から読み取れるのは、未加入だった時の医療費を他の人が収めていた税金から払ってもらえますか?なんて読み取る事だって出来ますから。冗談じゃありません。

何かご事情があるにせよ、早急に加入手続きされて下さい。
わからない事は市役所(区役所)などで相談して下さいね。ここよりも専門家がたくさんいますから。

Q国民健康保険料未加入期間の医療費について

今年2月に退職し現在国民健康保険未加入です。
すぐにでも再就職しようと思っていたので任意継続手続きもしませんでした。
もし今怪我などしたら全額自費になると思いますが、治療後すぐに社会保険事務所に国保の申請をして遡って未加入期間分の保険料を支払えば未加入期間の全額負担のうち7割の医療費は払い戻されるのでしょうか?
以前知り合いに聞いた所払い戻されるって言う人と国民健康保険税に7割分が徴収され私には戻らないと言う人もいて混乱しています。
更にお聞きしたいのですが次に再就職した際、会社で健康保険に加入しますがそのとき未加入期間の国保料を上乗せして請求されますでしょうか?
なにとぞどうかよろしくお願いします!

Aベストアンサー

国民健康保険への切り替えの手続きは退職後14日以内と決められています。
この期限以内に手続きをすれば有効開始日は退職の翌日まで遡れます。
しかしこれを過ぎて手続きをするとペナルティとして、保険料は退職の翌日から取られますが、有効開始日は手続きをした日になります。
つまり退職した翌日から手続きをした前日までは、保険料は取られるが保険は使えないという状態になります。
したがってその場合はその期間に掛かった医療費は全額自己負担になりますので気を付けてください。
よくあるのですが、手続きをせずに放置しておいて病気やけがで必要になったときに、手続きすれば保険料は遡るので一旦は手続き前に払っても、後で返還されると考えている方もいますがこれは間違いです、手続き以前の分については実費を支払うことになります。
またこの実費も10割負担などといわれていますが、これも間違いです。
そもそも保険は適用されないので、自由診療になります。
自由診療というのは自由に料金を定めてよいから自由診療なのです、保険の料金とは無関係です。
強いて保険で計算した10割と比べれば、数割増しから数倍となるはずで、保険の10割よりははるかに高くなるはずです。

>更にお聞きしたいのですが次に再就職した際、会社で健康保険に加入しますがそのとき未加入期間の国保料を上乗せして請求されますでしょうか?

国民健康保険と会社の健康保険では管轄が異なるのでそのようなことはありません。

国民健康保険への切り替えの手続きは退職後14日以内と決められています。
この期限以内に手続きをすれば有効開始日は退職の翌日まで遡れます。
しかしこれを過ぎて手続きをするとペナルティとして、保険料は退職の翌日から取られますが、有効開始日は手続きをした日になります。
つまり退職した翌日から手続きをした前日までは、保険料は取られるが保険は使えないという状態になります。
したがってその場合はその期間に掛かった医療費は全額自己負担になりますので気を付けてください。
よくあるのですが...続きを読む

Q未払い10年の後の国民健康保険の加入

国民健康保険についての質問です。

私の友人がひどい風邪をこじらせているのですが、保険に入っていません。
彼は自営業(飲食店)を5年していて、すでに10年ほど保険には加入していないそうです。
もちろんその間に病院は行ったこともないそうで・・・。

もしインフルエンザだったらと思うと、命にも関わる事なので一刻も早く病院に行って欲しいのです。
本人は加入する意思がないようなのですが。

そこで、質問です。
こういった場合、加入する際にいくらくらいお金はかかるのでしょうか?
10年分払ってくれと言われてもそんなお金はありません。

何かいい方法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

”健康保険・年金”は必ず加入しないとなりません。
自営業者なら ”国民健康保険”と ”国民年金”ですね。

詳しくはお住まいの市町村の担当部署に聞かないとなりませんが・・・
国民健康保険料は ”2年前 ”からの保険料を納めないと原則、保険証書がもらえません。
保険料が未納なら、一旦医療機関へ 全額を支払った後 領収書を提出して 清算します。

既に病気に掛かってるが 費用が払えない状態なら 福祉関連部署へ相談して下さい。
相談した日が基点となりますので(遡っての援助は無い)ので 心配なら直ぐに相談するべきです。

あとは・・・売薬で辛抱するか? ですが・・・・重大な病気にまで
ススンデルト一命にかかわる事態となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報