人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

新規NTTに電話の契約をする場合。一般に電話加入権を売る場合。知人や電話を使わせている利用者にに電話加入権を譲渡する場合。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

「電話加入権」とは、固定電話回線をNTT東日本または西日本と契約するときに必要になる権利のことですね。


新規契約時などの詳しい料金についてはこちらに掲載されています。

・新規お申込みの前に|新規電話のお申込み|電話トップ|Web116.jp|NTT東日本
http://web116.jp/shop/a_line/new.html

・名義変更|変更の手続き|電話トップ|Web116.jp|NTT東日本
http://web116.jp/shop/meigi1/mei1_00.html

A 回答 (6件)

>新規NTTに電話の契約をする場合



加入権とは一般的に俗称で
正式には「設置工事負担金」と言います。
新規にNTTで申し込む場合通常のアナログ、INS64回線の場合
¥36,000円(税込み¥37,800円)
※数年前までは¥72,800円でした。


>一般に電話加入権を売る場合

現在ではKDDI、SOFTBANKなど「設置工事負担金」の名目で
費用がかからない契約が増えておりNTTに拘らなければ
必要が無いため実勢相場価格が大幅に下落しています。
NTTでさえ光電話導入時には必要が無くなっています。
買取業者も需要と供給によって買取価格が変動しますが
相場としては1回線あたり300円~2,000円程度です。
尚、買取というのは言葉だけであり実際には
回線名義を買取業者に名義変更手続きをして譲渡する形になります。
当然譲渡手数料(840円)がNTTに対して必要ですが
買取価格に含めてしまっている場合もあります。


>利用者にに電話加入権を譲渡する場合

実勢相場価格がほとんどゼロに近い現在では
名義人と使用者の関係にもよりますが無償で譲渡、
名義変更手数料は譲渡される側持ちで手続きも譲渡される側が
行うというような条件ではないでしょうか。
譲渡する側は印鑑証明等が必要で譲渡される側は住民票などの
身分証明書が必要になります。

全くの他人で親族や仲の良い友人などで無い場合であっても
数千円程度で譲るのが精一杯でしょう......
回線契約に関してあまり詳しくない相手であれば
1万円とか2万円だとかの価格でも売れるでしょうが
後々実勢価格を知った時にいろいろ問題になるかも知れません。
もちろんいくらで譲るかは当人同士の問題ですので
法に触れる訳ではありませんが.....
あとは良心の問題ではないでしょうか。

余談ですが私自身 昔72800円も払った加入権を
5回線分まだ持っています。
今となってはゴミ同然ですが......

この回答への補足

新規での契約なら、通常のIP電話でも050をつけるだけなので独立回線のインターネットのADSLでもいいですね12Mスマートや3Mプランなら2,000円から2,500円+単独回線の月額ですyo。

補足日時:2008/09/20 17:01
    • good
    • 16
この回答へのお礼

現在使用してる相手なら電話番号が変わるのも困るので利用開始時点の実勢価格でもいいのではないですか?既に相応のものを得てるなら無償で譲るべきですが。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/21 18:51

zhouhuaさん、こんばんは。

新規電話加入権NTT36.000円(税別)、一般に加入権を売る場合二束三文、2000円程。知人や友人に譲渡する場合。
名義変更840円(税込み)他人に譲渡する場合業者の場合はマイナス(売っても逆にマイナス)、知人やご友人に権利を譲る場合840円かかります。譲渡前の人が料金未納の場合契約が引き継がれます。私も、あらゆる面で、売買の経験がありまして、最高買取額5万円で業者に売った事がありました。今の環境は光電話、他の方の書き込み通りです。

この回答への補足

ひかり電話はトラブルとか発生しませんか。

補足日時:2008/09/24 08:32
    • good
    • 12
この回答へのお礼

ありがとうございました。するとネットもひかりにする必要がありますね。

お礼日時:2008/09/24 08:35

ANo.4です。


諸費用とは、おっしゃる通りです。
なお、「休止」にする時の留意点は、
・「休止」にすると、文書(葉書)が郵送されます。左上の「休止番号」が重要で、事後の手続きに必要な「契約者識別番号」になりますから大切に保管します。
・五年経過する時点で、契約継続の意思確認のための文書が郵送されます。
回答を怠ると、更に五年(当初より十年経過)した時点で消滅時効となります。しかし、しかるべき手続きを継続していれば何年でも有効です。

この時の注意点は、住所を変更した場合です。
住所変更の手続きを怠って、必要文書が未配達になると、継続の意思なしと取り扱われます。

余計なお節介でした。

この回答への補足

インターネットでひかり電話にすると休止しますね。

補足日時:2008/09/22 09:15
    • good
    • 8
この回答へのお礼

大変どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/09/22 09:13

相続税法上の「加入権」評価額は、平成16年度で10,000円でしたから現在では、多分5,000円以下でしよう。


金券ショップ等に売却すれば、(買ってくれても)諸費用で赤字になるでしよう。

この回答への補足

諸費用は印鑑証明や身分証明で役所で出してもらう書類ですか?

補足日時:2008/09/21 18:44
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございました。欲しい人がいなければ休止状態で持ち続ければいいですね

お礼日時:2008/09/21 18:56

新規・・・契約料800円(税別)、施設設置負担金3万6千円(税別)


販売・・・買取業者の言い値(2千円程度のようです。)
譲渡・・・名義変更手続き手数料800円(税別)

この回答への補足

譲渡はただであげるんですか?相手や状況によりますが?

補足日時:2008/09/20 17:07
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。譲ったことがありますがNTTに諸費用を払ったことはありません。譲り受けた人が払うのですか?

お礼日時:2008/09/21 18:53

NTTでは加入権を「買取」してくれません。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E8%A9%B1% …



「電話加入権」でGoogle検索するといろいろ出てきますが
下記のような業者で買い取りしてくれます
http://www.worldtelecom.co.jp/

この回答への補足

前なら、「電話買います。」というところで買い取ってもらうんでしょう。不動産屋とか・

補足日時:2008/09/20 16:59
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。誰かに譲るのがいいですが今まで使ってる人は番号をそのまま使い続けますが新規の人は譲渡された人は番号の変更できますか?

お礼日時:2008/09/21 19:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qひかり電話にすると加入権はどうなるの?

ひかり電話に加入した場合、固定電話はどうなるの?という質問をNTTにした際に

【回答】
 固定電話をひかり電話へ番号ポータビリティした場合は、利用休止状態に入ります。利用休止の有効期間は5年間で1回は自動延長されます。
2回目(10年経過)はお客様より期間延長のご申告がない場合、解約となり失効致します。ご留意いただきます様お願い申し上げます 。

 という返事が返ってきました。ひかり電話にした際に固定電話の加入権?は10年後には解約になってしまうということは、電話番号を失ってしまうという事ですよね?
 今後は加入権は安くなるだろうとネットに書いてありましたが電話番号を失うのはいろいろ面倒なので嫌なのですが、仕方がないことなのでしょうか?それとも電話番号を失いためには5年おきに期間延長の申請をしなくてはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

> 電話番号を失ってしまうという事ですよね?

違います。#1さんの言う通り、番号自体はひかり電話で生きている筈です。
加入権(正しくは「施設設置負担金」)を失うということは、今後新たに固定電話を引くとき、負担金を払わねばならないということです。
未来永劫、今の場所でひかり電話から換える積りがないならなくても構いませんが、ひかり電話のない地域へ引っ越すとか、子供が成人したときに譲るとかのために、維持しておいた方が無難でしょう。

尚、加入権は無料化される筈でしたが、産業界の反対により平成17年に72,000円から36,000円に値下げされました。
NTTから正規に買うと上の料金ですが、代理店などでは1,2万円で買えますし、何かの抱き合わせで無料ともなります。
何十年も後には自然消滅するでしょうが、当分はこの状態が続くものと思われます。

参考URL:http://www.ntt-east.co.jp/release/0411/041105b.html

QNTT固定電話の権利を売ることが出来ますか?

先日NTTの固定電話を一回線止めました。
電話を止めても、回線の権利があるので、今後、電話回線を引くときにその権利を使えるそうです。
この、NTT固定電話の権利を売却することは出来ますか。
売れるのでしたら、どこでどのように売るのですか。

Aベストアンサー

> 先日NTTの固定電話を一回線止めました。

正しくは、NTT東(西)の契約を「利用休止」にしたということですね。
つまり、NTT東(西)との回線契約を解約して、権利だけの状態にしたということです。
http://web116.jp/cgi-bin/shop/faq/qaview.cgi?q_code=0049&cat_id=DW02


> ・・・・・回線の権利があるので、・・・・・

電話の権利、つまり、加入権は、正しくは「施設設置負担金」のことで新規契約のNTT東(西)の加入電話(アナログ回線)と、ISDN回線(デジタル回線)の時に、回線の契約の方法によっては36,000円(税込37,800円)が必要です。
http://web116.jp/shop/annai/sinl/sinki_comp02.html
NTT東(西)の前身の、電電公社の時代は,電話の契約には加入権(施設設置負担金)が必ず必要でした。

しかし、NTT東(西)のNTT東(西)の加入電話ライトプラン(アナログ回線)と、ISDN回線ライトプラン(デジタル回線)で契約すると,加入権(施設設置負担金)は要りません(ただし,ライトプラン回線契約は基本料は高くなります)。

つまり、NTT東(西)のライトプランで契約すると、加入権(施設設置負担金)は不要です。
また、NTT東(西)の「ひかり電話」で契約しても、加入権(施設設置負担金)は不要です。


> この、NTT固定電話の権利を売却することは出来ますか。
> 売れるのでしたら、どこでどのように売るのですか。

この様に、加入権(施設設置負担金)がなくても、NTT東(西)の電話はライトプランでも電話の契約出来るので、加入権(施設設置負担金)の売買の需要はほとんどありません。
加入権(施設設置負担金)売買には、中古品を扱う「古物商の免許」が必要であり、大型家電店、不動産屋等で扱っていることもあり、実質の売買金額は1,000~4,000円と1/10以下です。

なかには、親戚・近所・知り合い等で,子供が大学等卒業後に地元へ帰ってきているお宅で、子供の大学での下宿・アパートに電話を契約し、卒業後に、地元等へ帰ってきたときに、利用休止をして加入権(施設設置負担金)だけにしているが、売買できずに持っているだけの人もいます。

逆に、この春に子供が大学へ行く為に、電話契約が必要と尾もほれるお宅が有れば,そのお宅へ加入権(施設設置負担金)を売るのも1つの選択肢です。
ただし、売買は個人間取引で2,000~3,000円くらいです。
売買したら,NTT東(西)へ名義変更の手続きです(この質問の場合は「譲渡」です)。
http://web116.jp/shop/meigi1/mei1_00.html

> 先日NTTの固定電話を一回線止めました。

正しくは、NTT東(西)の契約を「利用休止」にしたということですね。
つまり、NTT東(西)との回線契約を解約して、権利だけの状態にしたということです。
http://web116.jp/cgi-bin/shop/faq/qaview.cgi?q_code=0049&cat_id=DW02


> ・・・・・回線の権利があるので、・・・・・

電話の権利、つまり、加入権は、正しくは「施設設置負担金」のことで新規契約のNTT東(西)の加入電話(アナログ回線)と、ISDN回線(デジタル回線)の時に、回線の契約の...続きを読む

Q電話加入権の売買は現在も有効ですか?

電話加入権について教えてください。何年か前(10年前にもなるのでしょうか?)、電話加入権に関することがニュースで頻繁に取り上げられていましたが、意味することがわかりませんでした。加入権のシステムの消滅だったかしら。
今現在、加入権のシステムは昔と違うのでしょうか?確か、今使っている電話番号を得るときに加入権を購入したと思うのですが。
加入権の売買は現在も有効ですか?

Aベストアンサー

No.2です。

>現在は1回線あたりの加入権は500~2000円
>程度で売買されているのが現状です。]
>半額よりずっと値段が下がるようですが?

2008年現在NTTで新規に電話番号を取得し設置するには
俗にいう加入権(正式には施設設置負担金)として
36,000円が必要となります。 ←(昔の半額)

目に見えないもので正式には権利ではないものなので
中古品という言い方は違うのですが 実際に取引を
されている価格→業者に買い取ってもらえる価格が
500円~2000円程度という意味です。

本来 施設設置負担金と呼ばれる前は「債券」と言って
本当に資産価値があった時もあるのですが30年近く前に
その制度はなくなりました。
その後 施設設置負担金という名前に変わりました。
電話を引いて使えるようにするには 電柱を建てたり
いつどこに必要になってもいいように事前に全国津々浦々
電話線を引いておかないといけないですし
申し込みをしたら使用場所までの配線工事も行わないと
いけないので 申し込みをされる方は 一律この料金を
頂くようになります というのが施設設置負担金です。

ただし いろいろな事情で移転、転居引越などの理由で
電話を他の場所で使いたい場合や 一度契約を切っても
また使いたいときに再申し込みをする場合に
また施設設置負担金を頂きますとは言いませんよ、
一度お金を払ってるので 工事代だけでいいですよと
いうことになっているのです。

電話を最初に申し込んで設置した本人が使用する限り
ずっと価値は下がらないのですが
いらないから契約を切った場合、これを廃止と言いますが
廃止した場合は元々「買ったもの」ではないため
1円も戻ってはきません。
しかし 他の方が仮に新規申し込みする場合やっぱり
最初に施設設置負担金が必要になるので それを安く
抑える方法として 俗に「加入権の売買」という方法が
あるのです。
質問者様が昔に72,000円(大昔は税込72,800円
消費税が変わってからは75,600円)
最近であれば36,000円(税込37,800円)
購入(実際は負担金の支払い)されたとして
今 必要が無くなったので売りたいなと思った場合に
欲しい相手が見つかって どうしてもNTTの電話番号が
欲しくて安くならないかと真剣に考えているのであれば
もしかすると1~2万円の値段が付くかも知れません。
※現実的にあり得ませんが......

直接欲しい方に譲る場合は 現在お持ちの電話番号を使っている
名義を変更することが出来ます。
契約者の名義を変更するのです もちろん変更手続きに
800円の手数料が発生します。変更する際は
それまでの料金の精算も必要です。

急に相手が見つからない場合や また今度使うかも知れない
時のために 廃止ではなく休止という手続きも可能です。
手続きを行うと休止票というNTTが発行する書類が郵送で
届きますので その書類に休止番号が書かれているので
それが 電話を次に利用する時も負担金を払わないでいい
という証明書代わりになります(番号でNTTが管理)

話が長くなってしまいましたが
質問者様が 今もういらないから 誰か買ってくださいと
なった場合 相手がNTTでの契約を必要としている個人であれば
ある程度は値段が付くかも知れません。

相手が業者であれば 時期にもよりますが相場自体が
下がりきってしまっているのと 仕入れても再販売が
なかなか行えないリスク、ただでさえもう既に全国の
市場で余ってだぶついてしまっている現在では
買い取りしませんというところが増えていますので
運良く値段が付いても数千円でしょうね ということです。

債券、加入権及び加入権費用 施設設置負担金 などと
本来は意味の違うもので使い分けが必要なのですが
便宜的に「加入権」と呼ばれることが多いです。

何度も言いますが 「加入権」は最初から購入されたものでは
ありません。 今までは市場で利用価値があるために
売買が成立していただけなのです。

No.2です。

>現在は1回線あたりの加入権は500~2000円
>程度で売買されているのが現状です。]
>半額よりずっと値段が下がるようですが?

2008年現在NTTで新規に電話番号を取得し設置するには
俗にいう加入権(正式には施設設置負担金)として
36,000円が必要となります。 ←(昔の半額)

目に見えないもので正式には権利ではないものなので
中古品という言い方は違うのですが 実際に取引を
されている価格→業者に買い取ってもらえる価格が
500円~2000円程度という意味...続きを読む

Q今でもNTT電話加入権の買い取りをやってくれる業者はいるのでしょうか?

今でもNTT電話加入権の買い取りをやってくれる業者はいるのでしょうか?

NTT固定電話回線の解約を考えております。
大昔は、そこそこの値段で買い取ってくれるところがあったように記憶しますが、このご時世、いまやそのような業者さんは成り立たないのかも、などと思っています。
現在の状況をどなたか教えていただけると助かります。
もし以前のような業者さんがいたとすれば、相場なども教えていただけれると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「加入権」と「電話番号」は別物ですから、解約すれば番号はNTTに返却されます。
ただし、「ひかり電話」などにボーダビリティすれば、番号はそのまま使用する事も可能です。

それはさておき、「加入権」の売却相場は、2,000円以下です。根拠は、相続税法上の評価額が、たしか前年度で2,000円だからです。

しかも、「加入権」として売却するためには、「休止」にしなければなりません。「休止」の手数料が2,100円(税込み)ですし、その他、印鑑証明などの書類を揃えると、益々赤字が増えます。

したがって、売却する方は殆どいないでしよう。
将来、復活させる事もあれば「休止」にして存続させるか、あるいは「廃棄」でしよう。

Q37,800円のNTT電話加入権が1円って何???

楽天市場で固定電話機を探そうとして「電話」で検索したら偶然発見しました。
37,800円のNTT電話加入権がたったの1円で買えちゃうお店を。

商品の内容は、
☆NTT電話加入権
☆ナンバーディスプレイ
☆キャッチホン
☆ボイスワープ
☆マイラインプラス
☆イチリッツ
↑全部セットのプランです。

★37,800円のNTT電話加入権と同じ商品
★電話番号・電話開通までお店が手続きしてくれる
★マイラインプラスセットは、初期費用・月額料金無料の通話料がお得になるサービス
★譲渡承認手数料が別途840円かかる
★申込み後、お店から詳しい内容確認をされる
★当店通常価格37,800円(税込)→1円(税込)送料込

とってもお得でとってもオイシイ商品です\(^o^)/

・・・しかし。
あまりにもお得すぎるしオイシすぎると思うのです。
なんでそんなに激安?
申込み後の詳しい内容確認って、どんな内容を確認されるの?
電話加入権のレビューをチラ見した限りではなかなか好評なようでしたが、本当にこの商品を買った人が書いているのだろうか…
(-ω-)謎です。

詳細をお店に聞いてみたいのですが、なんとなく怖くて問い合わせできずにいます。

楽天市場のハローネットワークというお店です。
http://m.rakuten.co.jp/rms/msv/ShopProfile?s=202698&X=12f020ddf92&c2=3664713782

これは申込みしても大丈夫なのか、実はこんなウラがある、などなど…。
ご存知の情報がありましたら、どなたか教えて下さい。

楽天市場で固定電話機を探そうとして「電話」で検索したら偶然発見しました。
37,800円のNTT電話加入権がたったの1円で買えちゃうお店を。

商品の内容は、
☆NTT電話加入権
☆ナンバーディスプレイ
☆キャッチホン
☆ボイスワープ
☆マイラインプラス
☆イチリッツ
↑全部セットのプランです。

★37,800円のNTT電話加入権と同じ商品
★電話番号・電話開通までお店が手続きしてくれる
★マイラインプラスセットは、初期費用・月額料金無料の通話料がお得になるサービス
★譲渡承認手数料が別途840...続きを読む

Aベストアンサー

電話加入権が0円と言うお店も珍しくはありません(下記は一例)。
http://www.denwa-kanyuken.com/index.php?fixa=9&nc=1301415273

電話加入権はNTTの規定料金で「今でも税込37,800円」です。
http://web116.jp/phone/fare/kanyu.html

ただしNTT自身が加入権を無価値にするプランを出してしまったのと、固定電話の契約件数が携帯電話の契約件数を下回っているのと、ソフトバンクテレコムやauの固定電話への進出などで、「NTT電話加入権」は事実上「無価値」なので0円プランとかが出てきています。

ソフトバンクモバイルの法人向けプランなんかはソフトバンク携帯とセットで「法人向けホワイトプラン」なんてのも出してますよ?(同一契約者の固定電話と携帯電話との通話料も無料にするプラン)

なので実際はオイシい訳ではなく「普通の事を美味しそうに出しているだけ」なのです。

Q貸借対照表に「電話加入権」とあるが・・・

貸借対照表に「電話加入権」とあるが・・・

決算書など見たこともない私が急に役員になることになり
決算書を見ることになりました。

意味が分からないなりに色々調べて、少しずつ分かってきたのですが
貸借対照表の無形固定資産の欄に「電話加入権」とあります。

この電話加入権って、昔は数万円で売買したものの、最近では価値がなくなって
制度自体廃止になったとかならないとか聞くのですがどうなのでしょう?
その加入権が無形固定資産に載っているということは???

そして来月、この会社は都道府県をまたぐ所在地変更となります。
電話番号ももちろん変わります。
今はNTT回線ですが、今度はケーブルテレビ回線です。
この関係はどうなるのでしょうか?

ちなみに前期の決算書に電話加入権で153,100円載っていました。

どなたか分かる範囲で教えていただけますか?

Aベストアンサー

電話加入権(施設設置負担金)は
2005年3月1日 に、一回線37,800円に改定されてますが、
取得時の金額で記載されていると思います。

なお、現在は加入権無しの新設(加入電話ライト)も、ありますが、
その場合、永久に基本料金が若干高くなり、譲渡・休止保全は、できません。

電話加入権は譲渡可能な権利であり、また権利の内容は時間の経過によっても変化しないため、法人税法上では減価償却のできない無形固定資産とされている。このため、企業会計上で電話加入権を簿価計上している企業も多いが、近年は時価会計を行う例も多い。この場合は簿価と時価の差額を減損する。

本来電話加入権は質権を設定できないものであったが、中小企業などからの要望が多かったために「電話加入権質に関する臨時特例法」が制定され、いくつかの条件の下で質権を設定できるようになった。そのため、借入金の担保や国税等の滞納処分の差し押さえ物件とされるようになった。

市場価格は、額面より相当安くなっていますが、一部の電話金融業者がADSL・光新設したい人へのブロードバンド斡旋業になり、
その営業に不可欠なので、まだまだ価値は、あります。


移転しても、光含むNTT回線引くのにつかえますし、保有し続けて将来に備えても、もちろん売却しても
かまいません。
・今度はケーブルテレビ回線です。

んー、個人ならともかく、れっきとした企業がNTT以外のIP電話だけというのは、企業イメージ上どうでしょう\(^^;).

資産であることには変わりないので、じっくり活用考えては??????????

電話加入権(施設設置負担金)は
2005年3月1日 に、一回線37,800円に改定されてますが、
取得時の金額で記載されていると思います。

なお、現在は加入権無しの新設(加入電話ライト)も、ありますが、
その場合、永久に基本料金が若干高くなり、譲渡・休止保全は、できません。

電話加入権は譲渡可能な権利であり、また権利の内容は時間の経過によっても変化しないため、法人税法上では減価償却のできない無形固定資産とされている。このため、企業会計上で電話加入権を簿価計上している企業も多いが、近年は時...続きを読む

Q固定電話、IP電話、ひかり電話、何が違う?

現在、NTT西日本の一般加入電話、Bフレッツ、ぷららフォン(IP電話)利用中です。

1.NTTが「ひかり電話」を宣伝していますが、IP電話とどう違うのでしょうか?それぞれのメリット、デメリットを教えてください。また、併せて一般加入電話をやめたときのデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

ひかり電話はNTT(東・西)が提供するIP電話です。

ADSLなどのプロバイダが運営するIP電話と違う点は
1.キャリアが光ケーブルなので安定しており、各種サービスが期待できる。
2.電話番号は050でなく従来固定電話の電話番号となる

以上です。

NTT固定電話は、携帯やIP電話が普及したため毎年大幅減収状態です。
また、営業範囲が都道府県内に限られているため、従来はIP電話を提供することが出来ませんでした。
NTT(東、西)は、生き残りのためちょっと前から法律を変え、法人向けには都道府県を越えるIP電話を使えるようにしていました。
法人向けが一段落したので、更に法律を変え光ケーブルに限り個人向けにIP電話を供給できるようにしました。

一番の売りは、従来電話と同じ電話番号で使えると言うことです。

NTTに対抗するのはyahooです。
一般電話番号を使えるのは、従来電話供給会社です。
NTT対抗のため、yahoo!!BB光をソフトバンクBBから切り離し、日本テレコムとして、yahoo!!BB光のIP電話は従来電話番号が使えるようにしました。

各社生き残りのため必死です。

ひかり電話はNTT(東・西)が提供するIP電話です。

ADSLなどのプロバイダが運営するIP電話と違う点は
1.キャリアが光ケーブルなので安定しており、各種サービスが期待できる。
2.電話番号は050でなく従来固定電話の電話番号となる

以上です。

NTT固定電話は、携帯やIP電話が普及したため毎年大幅減収状態です。
また、営業範囲が都道府県内に限られているため、従来はIP電話を提供することが出来ませんでした。
NTT(東、西)は、生き残りのためちょっと前から法律を変...続きを読む

Q電話加入権は廃止されたのか。除却していいのか。

電話加入権が廃止されると以前聞いたことがあります。廃止になったのでしょうか。現在、当社の帳簿には、資産として電話加入権約23万円計上されています。廃止の場合、資産価値は0になるわけですから、固定資産除却損で落としていいのでしょうか。電話は使っています。

Aベストアンサー

まだ廃止されていません。したがって除却はできません。

Q電話加入権の売却の仕訳(消費税)

消費税導入前から帳簿に計上されている電話加入権を売却する事になりました。

税抜経理をしているので、当然簿価の金額は税抜金額であり、消費税導入前なのでどちらにしても計上されている金額は税抜金額かと思います。

この場合、売却する際、電話加入権は課税売上として仕訳をして問題ないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

正解です(^・^)

QNTTの回線休止料金を払いたくない

固定電話を使っていないのに毎月1700円も取られるのは嫌で、NTTの回線を止めようと思いました。

急にIP電話だけにするというのも何か不安なので「加入権は手放さず、1ヶ月間回線を休止して様子を見たい」と116に電話しました。
すると『回線を止めるには工事が必要なので、2000円かかる』と言われました。

以前、銀行を替えて自動引落変更の連絡をしなかった時、電話を止められたことがありました。その時は、電話を止められたことで回線休止工事料などはありませんでした。

116に「回線を止めたいと申告をすれば有料で、無断で電話代を払わなくなれば無料で回線を止めらてくれるんですか?」と尋ねたら「そうです。」と言われました。

自己申告で「電話を止めたい」と入った場合『2000円』、無断ならNTTから無料で止めてくれるなんて、おかしくないですか?

今日電話したことで、NTTには回線休止の連絡をしたことになり、2000円取られるそうです。
電話しないで、黙って引き落としをやめれば無料で回線を止められたのに!と悔しい気分です。

なんでこんな変なことになるのでしょうか。
回線休止まで1ヶ月あるので、なんとか2000円取られずに回線を止める方法はないでしょうか。

固定電話を使っていないのに毎月1700円も取られるのは嫌で、NTTの回線を止めようと思いました。

急にIP電話だけにするというのも何か不安なので「加入権は手放さず、1ヶ月間回線を休止して様子を見たい」と116に電話しました。
すると『回線を止めるには工事が必要なので、2000円かかる』と言われました。

以前、銀行を替えて自動引落変更の連絡をしなかった時、電話を止められたことがありました。その時は、電話を止められたことで回線休止工事料などはありませんでした。

116に「回...続きを読む

Aベストアンサー

同じ回線休止でも両者は大きな違いがあると思いますよ。
まず、自分の希望で回線を停止した場合は2000円取られますが5年間は無料で回線を預かってくれます。その後もし入らない場合は回線を売ることも可能です。
しかし、料金を支払わずに回線を停止した場合あなたの契約不履行となり回線を復帰するときまたは解約するときに支払わなかった月数をの料金を支払わなければいけなくなります。長い間支払わない場合はあなたの契約違反となり電話の権利を放棄してしまうことになると思いますよ。そうなれば、2000円どころの話じゃなく大損になると思います。
払わない場合は無料で止めてくれるんじゃなく使用停止のペナルティ処分をしているだけです。
だから、何も変なことじゃないですよ。


人気Q&Aランキング