ここの質問&回答や他のリンクなどをいろいろ拝見させていただき少し混乱してきたので詳しい方教えてください。

質問1 量販店やスーパーの一画で売られている"水"と宅配水の"キララ"などに代表される水とマーフィードなどで売られている熱帯魚用のRO浄水器(+RGダッシュ)はほぼ同水準のRO水なのでしょうか??

質問2 ホームページ(熱帯魚系に多い)などでよく書かれていますがRO水は人間が多量に飲むと腹痛などを起こすから飲まないほうがよいとあったりしますがRO水はRO水だと思うのでもし仮に腹痛などを起こすのなら"宅配水などのウォーターサーバ"の注意書きに"多量に飲むな注意"などの文字などが記載されているはずではないでしょうか??それとも宅配水などのウォーターサーバー"には浸透圧の調整剤などの何かが入っているのでしょうか??

質問3 RO水を熱帯魚などの淡水魚に用いる場合、割り水などしないと熱帯魚が死んだり水草が枯れるなどの記載がされているページを拝見しましたが割り水や調整剤などを入れるとせっかくのRO水が無駄になり意味がなくなってしまうような気がします。そこで入れる調整剤の中身の成分は何なのでしょうか??

質問4 (淡水)熱帯魚などにRO水を用いる場合は割り水をしなければいけないと言われれば浸透圧の都合上多少理解できるのですが実際割り水なしに入れた場合、魚にどのような現象が起こり何が原因で死んでしまうのでしょうか??(例えば急激な浸透圧で細胞が破裂する等)

質問5 マーフィードが新たな浄水器メガ・ランチャーフレッシュなるものを販売していますがあれは何なのですか??淡水ベースで作られているみたいですがROではないみたいなのでわかる方教えてください。

以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

■質問1


違います。
キララは、R.O.水ではありません。
むしろ、ミネラル添加水とでも考えてください。

ミネラルウォーターとは、
・味のバランスの良いとされている地域の水を採取する
・普通の水に、ミネラルを添加する
などの方法がとられます。
水の味というのは、混じっている物質の味に他なりません。

希に、スーパーでR.O.水があるようですが、どの程度ミネラルが除去されているのかは少々疑問です。
R.O.で水を作ると少量の純水と大量の捨て水が発生し、かなりのコスト高になります。

完全な純水は、美味しいのではなく、味が全くないため、飲料水にR.O.を使用するメリットは疑問です。
本当に水の拙い地域の人はメリットがあるのでしょうけど...

一方、熱帯魚用のR.O.は、ほぼ純水になります。

■質問2
質問1が誤解ですので、このご質問は解決されたかと思います。

■質問3
これは、日本の水道水よりも、熱帯魚の住む熱帯地方の水の方が清浄だからです。
例えると、日本の水道水のミネラルなどの含有量を200とします。
熱帯地方の水は50です。
そこで、R.O.を用いて、一旦0にします。
その後、適切なミネラルバランスで配合された水質調整剤を添加することにより、50にするわけです。

これにより、水質に敏感な魚(大抵は繁殖まで視野に入れた場合)を飼育しても調子が良く、
水草水槽のコケの発生が抑えられます。

調整剤の成分は、各種のミネラル,その他有用な有機性の物質(腐植酸など)と思われます。
しかしながら、純水添加用と銘打って水質調整剤は販売されていないようですので、
調整剤の信用度は、なかなか怪しいです。
純水に添加する場合と、水道水に添加する調整剤では異なるはずですので。
そのため、適度に水道水と調整剤を併用して、なんとな~く(笑)少なくても水道水よりは良くするわけです。(淡水)

海水の場合、人工海水の調合次第じゃないでしょうか?
しかし、海水は元々がミネラルを大量に含む水ですので、マニアックを輪を掛けた徹底ぶりとなりましょう。

加えてもう一点。
純水は水道水に含まれているpHの緩衝物質が当然ありせん。
従って、微量の酸アルカリ物質で極端にpHが傾く、とても不安定な水です。
それを是正するためにも、水道水で割る必要があります

■質問4
水草も魚も、生理的に浸透圧差を利用しています。

淡水魚の場合、薄すぎる水に対して、濃すぎる体液を守るため、まさしく破裂の危機にあります。
そのため、エラから積極的にミネラルを取り込んで、尿から大量の水を排出するという浸透圧差に対する防衛機構があります。

水草の場合、適応範囲内に水質がある場合、体をその水質に対応するように作り替えています。
その上で、浸透圧差を利用して、栄養分を吸収し、生産物を放出するという機構になっています。

というわけで、過度に薄い水を使用すると、魚はフル回転で生理機構を働かせる必要があり、余計な負担を強いることになります。
また、魚種により浸透圧の変化への耐性(広塩性,狭塩性)も異なっていて、
限度を超えた場合、まさしく細胞破裂の大ピンチに陥ります。

その他、魚にも水草にも各種ミネラルが必要です。
このミネラルを敢えて欠乏させた場合、魚なら短期間で、奇形や神経過敏,異常などの欠乏症を示します。
基本的に必要とする量は微量ですので、大量にミネラルを添加すると、浸透圧が高まって負担が掛かるわ、
水草なら逆に吸収できなくなります。

水清くして魚住まず。
人間に良い水と、魚に良い水は異なります。
とがった水、まるい(やわらかい)水と表現されることが多いようです。

これは、自然界の各種有機性の物質が、むしろ、魚の表皮などを保護しているからです。
人間にとって良い水にすればするほど、無機性の物質ばかりしか残りません。
つまり、魚にとって負担の掛かる、好ましくない水に変化するわけです。

■質問5
ごめんさない。
商品説明を読んでいませんので分かりません。
検索すると分かるのではないでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難う御座いました。疑問がだいぶ解消されました。私が大体で思っていたことが確信へ変わりました。有難う御座います。

■質問2
質問1が誤解ですので、このご質問は解決されたかと思います。
そうですよね。RO水飲んで腹痛を起こすならRO水販売機なんて置けないですよね。個人レベルでRO浄水器をメンテナンスする場合はどうしても自分ペースになってしまいコストの問題でフィルター交換を先延ばしにしたりします。結果蛇口付近などの雑菌で腹痛になったのでしょうね。

お礼日時:2008/10/30 16:00

私はRO浄水器を使っています 水換えも全てRO水だけです


新規立ち上げでも100%RO水を使っていますがレッドビーシュリンプ
には悪影響が無い様ですので甲殻類にはさほど問題にはならないのかも
ですね 水槽内に入っている竹炭や麦飯石などからミネラルが溶け出しているのかTDSはある数値を境に下がりにくくなります
ROを使っている理由は水道水に硝酸塩が多く混入されている為
水質にうるさいビーシュリンプの為に購入しました
実際人間が飲んでも平気ですが正直まずい(硬い)ので麦飯石などを
入れておいしくしていただいてます
    • good
    • 1

RO水は逆浸透水といって、水道水に含まれるミネラル分等を除去しています。


実験室では、実験器具を洗剤で洗い、水道水でキレイに濯ぎ、最後にRO水で濯ぎ、乾燥させます。

ミネラル分等が含まれないということで、服用すると体のミネラル分を逆に奪ってしまうのではないかという意見も出されていますが、明確な結論はでていません。実際、私は超純水(RO水より更に濾過しています)を飲みましたが平気でした。

飲用に市販されているRO水については私は興味がないので殆どしりません。RO水といっても適度にミネラル調製(水道水を更に軟水化)しているだけかもしれません。

熱帯魚に関しては、自然環境の熱帯魚はミネラル分など一切含まないH2Oの中に生息しているわけではありません。

適度にミネラル成分が含まれている水の中に生息しています。そのため、RO水を使う必要があるかどうかは私は疑問です。
むしろ、適度なミネラル成分が必要不可欠なのではないかと。

実際、植物も動物も無機成分がないと生きていけません。そのための割水であり調整剤なのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難う御座います。以前聞いたことがあるのですが人間がRO水を飲んでも調整機能があるから飲んでも大丈夫と聞いたことがあります。実際私も熱帯魚(淡水)にRO水を使おうとは思っていませんが人間には調整機能があるため飲んでもOKだが、熱帯魚は調整機能をもたないためそれがきっかけで死んでしまうなどという理由が知りたがったのです。水草も同様です。

お礼日時:2008/10/30 09:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水の密度と油の密度の違い

水の密度と油の密度の違い

Aベストアンサー

水>油
だから油が水に浮く

Q今、一週間少し旅行に行ってるのですが 亀を一週間少し家に置くことがあるのですが、友人に2日に一回ずつ

今、一週間少し旅行に行ってるのですが
亀を一週間少し家に置くことがあるのですが、友人に2日に一回ずつ餌をあげて。といっています。二粒です。旅行に行く前ちゃんと水替えしました。今日帰るのですが心配で心配で気になります。両親は一週間放置しても死なない、死なないと言っていますが本当でしょうか?今、亀は冬眠中だと思います。沢山排便し、餌もまったく食べないので冬眠中かと思います。亀「ミドリガメ」の事が心配です。詳しい方適当な回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

冬眠中だとしたら2粒の御飯も要らないのかもしれませんが...

ちなみにやはり同じミドリガメを飼っている友人宅では
カメ用のヒーターを導入しています。
両生類、爬虫類等の場合、飼育下で冬眠させると
ちょっとリスキーだという話もあるからだと思います。

うまく冬眠できてなくて、寒くて動けないだけだとしたら、
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%80%80%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC&safe=off&client=firefox-b&biw=947&bih=853&tbm=shop&source=lnms&sa=X&ved=0ahUKEwiXlJrn4arRAhUErJQKHaJmBtkQ_AUICSgC&dpr=1
こういうようなカメ用のヒーターを導入してあげるのも
いいかもしれません。

Q水の密度の問題で分からないことがあります

中1理科1分野の問題集の問題です
<次の密度表を見て問いに答えよ>
[密度表]
物質   密度(g/立方センチメートル)
水   1.0
 
(1) 水1立方センチメートルは何gか。
答 1000g

解説(問題集の)
(1)は一辺が10cmの立方体の体積で定められているので10cm×10cm×10cm=1000立方センチメートルである。
1g/立方センチメートル× 1000立方センチメートル=1000gである。

分からない部分は解説の1文目です。
水の密度や質量を求める際は体積を1000立方cmで計算するのですか?

Aベストアンサー

別に 1000立方cmで計算する必然性はありません
密度ですから 単位体積あたりの質量(中学生レベルは重量)です
密度表より 水は 1g/1立方cm ですね

>(1) 水1立方センチメートルは何gか。
>答 1000g

は おかしいですね 問題文を省略していませんか ?
1辺10cmの立方体の満たされた 水の重量は ?  なのでは

Q水槽の水換え用くみ置き水が

現在金魚(コメット4匹)を飼っています。
飼育後2ヶ月近くが経過し、水槽も安定してきているように思えるので、
水槽の水換えを1週間に1回程度行っていますが・・・。
最近天気がいいせいか、ベランダにバケツでくみ置きした水に、1週間後にはバケツ内面にビッシリ緑色の苔の様な物がついてしまいました。
また、水の表面にいくつも消えない泡が浮いています。
この状態で水槽の水として使用して大丈夫なんでしょうか?
ちょっと不安になったもので。
ちなみに今まで塩素抜き用にハイポを数粒入れていましたが、1週間も置くから大丈夫だろうと思って、今回は何も入れませんでした。

よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

水換え用に水道水を汲み置きするなら、仮に日陰でも室内であっても、中和剤も何も入れなくても一日置いておくだけで充分ですよ。今回のhitoshiponさんの場合、一週間水を外気にさらしていた為、バケツ内で植物プランクトンが発生した為、水が緑色になってしまったのでしょう。
また、この水を水槽に使用しても魚に害はありませんが、見た目に悪くなる可能性が大きいので使用しない方が良いです。
逆に、急な水換えなどで換水用の水が必要な場合、汲み置きの水に30分程度エアレーションするか、一度煮沸した水を冷まして使用すると良いです。

Q水の密度について

JIS A 1128の試験を行なっていますが、水の密度がいまいちどのように出せばよいかわかりません。JISや化学便覧にも一部の温度での水の密度しか載っていなく、例えば、18.3度での水の密度は何g/cm3なのかもわかりません。何か具体的に計算式があるのでしょうか?それを元に試験を行ないたいので、回答の程、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1の方の言われるように、表の数値の内挿で求めるのが普通です。
計算式としては、ビリアル方程式が有ります。
空気を含まない水の密度DLF の温度T ([T] = °C) 依存は次のビリアル方程式から求められる。

DFL=(a0+a1T+a2T↑2+a3T↑3+a4T↑4+a5T↑5)/(1+bT)  g/L

係数は a0 = 999,83952; a1 = 16,952577 (°C)↑-1,a2 = -7,9905127x10↑-3 (°C)↑-2; a3 = -4,6241757x10↑-5 (°C)↑-3;
a4 = 1,0584601x10↑-7 (°C)↑-4; a5 = -2,8103006x10↑-10 (°C)↑-5 および b = 0,0168872.

飽和空気を含む水の密度DLG/(g/l)は、

DLG= DLF/(g/l) - 0,004612 + 0,000106 (°C)↑-1xTで求められる。

出典:Wiki Germany

参考URL:http://de.wikipedia.org/wiki/Wasser_(Eigenschaften)

No.1の方の言われるように、表の数値の内挿で求めるのが普通です。
計算式としては、ビリアル方程式が有ります。
空気を含まない水の密度DLF の温度T ([T] = °C) 依存は次のビリアル方程式から求められる。

DFL=(a0+a1T+a2T↑2+a3T↑3+a4T↑4+a5T↑5)/(1+bT)  g/L

係数は a0 = 999,83952; a1 = 16,952577 (°C)↑-1,a2 = -7,9905127x10↑-3 (°C)↑-2; a3 = -4,6241757x10↑-5 (°C)↑-3;
a4 = 1,0584601x10↑-7 (°C)↑-4; a5 = -2,8103006x10↑-10 (°C)↑-5 および b = 0,0168872.

飽和空気を含む水の密度DLG/(...続きを読む

Q金魚の水換えにいつも水道水で・・・。

現在立ち上げている水槽は今年の6月ごろに立ち上げたものです。
45cm水槽で上部式フィルター、金魚は4匹小型がいます。全て流金形に含まれます。

最初のころは、もちろんカルキ抜きしていたのですが、そのうちに丸1日置いておくとカルキは抜けるのですがゴミが入ってしまうことと、酸素の飽和量が減ってしまうことが難点のために、いつしか水換えの時は少しだけ水道水を入れてしまいました。
それから1週間経っても何の変哲もなく、今ではバケツ3分の1入れても全く全滅はおろか、病気、体力の低下などは全くないようです。

どうなのでしょうか?一般的に毒水を飲んでいる状態だということを言われてしまったのですが、そういう耐性がついたということなのでしょうか?
よくいう、水道水を入れても全く問題ないよというような薬剤や製品は使っておりません。
普通に、エアレーション・上部式フィルターを動かしていて、半日くらいは照明をつけています。
昨日から炭のパックを入れて濾過能力を上げさせています。

どうなのでしょうか?これから死んでしまうということはあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

現在立ち上げている水槽は今年の6月ごろに立ち上げたものです。
45cm水槽で上部式フィルター、金魚は4匹小型がいます。全て流金形に含まれます。

最初のころは、もちろんカルキ抜きしていたのですが、そのうちに丸1日置いておくとカルキは抜けるのですがゴミが入ってしまうことと、酸素の飽和量が減ってしまうことが難点のために、いつしか水換えの時は少しだけ水道水を入れてしまいました。
それから1週間経っても何の変哲もなく、今ではバケツ3分の1入れても全く全滅はおろか、病気、体力の低下...続きを読む

Aベストアンサー

魚よりも【魚の命を維持しているバクテリアや微生物】に害が出ます。

ただ、水道水に含まれる塩素量で、1/3の水替えをしたところで、有用な微生物全てを殺菌できるほどの効果がないため、
微生物の一部が塩素の殺菌力により殺されたとしても、すぐに回復するようです。
なんと言っても濾過(硝化作用)を担うのは、バクテリアですので、分裂によって増えます。
つまり、半減したところで1~2日経てば回復するのですから。
http://www.geocities.jp/goleshiiriin/Knack/chlorine2/chlorine2.htm

ただし、安定した水槽の水質が、大目の水替え一回で白濁(バクテリア相が再構築される際の一時的な特定バクテリアの大増殖)する
ことすらあり、バクテリアは極めて弱い生物であることが確認できます。
そこに塩素というマイナス要素で追い打ちを掛けるのは...リスクのある行動で、
上手く微生物が回復して問題なしで終わる可能性は高いものの、自己責任の範囲でしょう。


そこで、何のためにカルキ抜きをするのか、お考え下さい。

ハイポ(チオ硫酸ナトリウム)を使うと、なるほど確かに極微量の硫酸や塩酸が発生致します。
だからといって、飼育水中の何かの物質に結合すると塩素の殺菌能力が失われるので、そちらの方が良いとは限らないのです。
そもそも飼育水中で結合してできた物質は、極微量に過ぎない塩酸や硫酸より無害なのかすらわかりません。
塩酸や硫酸は強酸で、いかにも危険なイメージがありますが、毒性は少ないのです。
http://www.wako-chem.co.jp/siyaku/info/env/article/activecl.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%AA%E7%A1%AB%E9%85%B8%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

つまり、そこまでこだわるのならば、塩素を大気中に放散させるエアレーションをした方が良いでしょう。
それも面倒臭ければ、活性炭の入った浄水器なら、塩素は吸着除去されます。
ただ、水温はあわせた方が良いです。


ベテランが直接水槽に水道水を入れたりすることはありますが、地域による水道水の水質と自身の水槽の状況を把握しての行動...
経験から学んだものです。
もちろん、経験とは失敗の積み重ねですので、手痛い目に何度かあって学ぶものです。

今年の6月に水槽を立ち上げた人に、お勧めできることではありませんし、
わずかの手間を惜しんで、マイナス要因を好んで増やすこともないような気がします。
「しまった、水を替え過ぎた!」と後悔した時には既に遅しで、その後の対応の方が遙かに面倒臭いです。
この辺の事態の軽重を自己判断できるところが、ベテランのベテランたる所以なのでしょうが...

市販の薬品は使わないで水道水を直接...よりも、薬品を使った方が遙かに害がないですし、
ハイポ(チオ硫酸ナトリウム)なんて、写真用のもの(観賞魚店に置いてあったり...)は500円で一生分買えるので、コスト的に問題があるとも思えません。
濃縮液にしてピペットで添加すりゃ一瞬です。

---
と、長々と要素を書きました。
あとは、どういう維持スタイルがご自身に負担が少なくなるのかと、許容するリスクでお決めになられたら良いと思います。

塩素は蓄積するわけではありませんので、これから死ぬということはありませんよー。

魚よりも【魚の命を維持しているバクテリアや微生物】に害が出ます。

ただ、水道水に含まれる塩素量で、1/3の水替えをしたところで、有用な微生物全てを殺菌できるほどの効果がないため、
微生物の一部が塩素の殺菌力により殺されたとしても、すぐに回復するようです。
なんと言っても濾過(硝化作用)を担うのは、バクテリアですので、分裂によって増えます。
つまり、半減したところで1~2日経てば回復するのですから。
http://www.geocities.jp/goleshiiriin/Knack/chlorine2/chlorine2.htm

ただし、...続きを読む

Qイオン交換水の密度

大学の化学の実験で、容量器具の正確さを計測するために、イオン交換水を用いて容量検定を行いました。
その際、体積を算出しなければいけないのですが、イオン交換水の密度の値が必要になりました。
初めは、「水の密度」でいいんじゃないかと思っていましたが、やはり「イオン交換水の密度」を使うべきなのかなと思うようになりました。
同温度における水の密度とイオン交換水は違うものなのでしょうか?
具体的な値も教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

イオン交換機を通した水であればほとんど純粋と考えて差し支えないと思います。もちろんイオン交換樹脂がきちんと機能していている前提ですが。

イオン交換機を通したあとでも残っているようなイオンを定量するのは難しいでしょう。

どちらかと言えば温度の影響のほうを心配したほうが良いのでは?

Q金魚の水はアルカリイオン水でも平気ですか?

屋台の金魚を一週間前から飼育しています。
今まで魚は飼った事がないので、近所のお店聞いて餌と酸素が出る石のような物を買いました。
水はカルキを抜いた物が良いとは今までの質問を読んで解ったのですが、よくスーパーでもらえる無料のアルカリイオン水を使っても問題ないでしょうか?
常温で置いてあるし、カルキも無いし、いいとは思うのですがそれがもし間違っていて死なせてしまうのは嫌なので教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アルカリイオン水や強酸性水を利用しています。説明書には、飲用したり、料理等で常時利用すると、健康を害したり腎機能や心機能に影響をあたえたり、電解質バランスを崩す可能性があるので、注意して下さいと書いてあります。

人体でもアルカリイオン水ばかり利用している人には結石症やいろんな不都合がでる場合もあるていど報告されているみたいですし、個人的にはお勧めしません。

信仰のように飲み水として利用してもいいとは思いますが、腐りやすいので、すぐに利用することと、金魚には実験で利用しない方がいいと思います。浮腫んできて寄生虫が増えたと聞いたこともあります。水産の学生が実験報告で出していたみたいなので、ある程度混ぜるのは生育にいい影響みたいですが、1晩置いた水道水の方が安全だと思います。

井戸水も水質によっては良くないので、水道水をバケツにでも入れて数時間置けば大丈夫です。

Q水の数密度について

室温20℃,湿度25%の場合における水の数密度[cm^-3]を教えてください。
ちなみにですが,室温22℃,湿度66%の場合では水の密度は4.3×10^17 cm^-3となるそうです。
どなたか,よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

20℃の飽和水蒸気量を17.2g/m^3とすれば、
相対湿度が25%のときの絶対湿度は
17.2g/m^3×25%=4.3g/m^3

水分子1モルあたりの質量は18.0g/molだから
水分子1個あたりの質量は、これをアボガドロ定数で割って
18.0g/mol÷(6.02×10^23/mol)=2.99×10^-23g

よって数密度は
4.3g/m^3÷(2.99×10^-23g)=1.4×10^23m^-3
単位を毎立方メートルから毎立方センチメートルに直せば
1.4×10^23m^-3=1.4×10^17cm^-3


22℃の飽和水蒸気量を19.4g/m^3とすれば、
相対湿度が66%のときの絶対湿度は
19.4g/m^3×66%=12.8g/m^3

水分子1個あたりの質量は2.99×10^-23gだから数密度は
12.8g/m^3÷(2.99×10^-23g)=4.3×10^23m^-3=4.3×10^17cm^-3


ちなみに、湿度がパーセントで書いてあるので、これは絶対湿度ではなく相対湿度です。絶対湿度[g/m^3]は飽和水蒸気量[g/m^3]と相対湿度[%]から計算できます。また、数密度なる用語は存在します。数密度の単位としては、[個/cm^3]や[個/m^3]と書いたほうが分かり易いのですけど、[個]や[回]という単位は大抵の場合省略される{註}ので、数密度の単位は[cm^-3]や[m^-3]のような一見分かりにくい単位になります。

{註}国際単位系(SI)では、そもそも[個]や[回]を単位として認めていない。

20℃の飽和水蒸気量を17.2g/m^3とすれば、
相対湿度が25%のときの絶対湿度は
17.2g/m^3×25%=4.3g/m^3

水分子1モルあたりの質量は18.0g/molだから
水分子1個あたりの質量は、これをアボガドロ定数で割って
18.0g/mol÷(6.02×10^23/mol)=2.99×10^-23g

よって数密度は
4.3g/m^3÷(2.99×10^-23g)=1.4×10^23m^-3
単位を毎立方メートルから毎立方センチメートルに直せば
1.4×10^23m^-3=1.4×10^17cm^-3


22℃の飽和水蒸気量を19.4g/m^3とすれば、
相対湿度が66%のときの絶対湿度は
19.4g/m^3×66%=12.8g/m^3

水分子...続きを読む

Q水換え時の、水を足す時の工夫はどうされてますか?

60cm水槽に買い替え、吸水はプロホースで楽なものの
水を足すのに苦労してます。
今は立ち上げたばかりなので、1/5の換水なので
バケツ1杯で事足りるので、何とかなってますが
今後、1/3換水になると、しんどい。。。

水槽より高い位置にバケツが置ければ、
プロホースを使って、逆バージョンをすればいいんでしょうが
高い位置にバケツを置けなくて。。。

過去ログで、風呂水くみ上げポンプのようなもので
水槽用があると知り、調べたのですが
それなりのお値段ですよね…。

そこで、うちはこうしてるよ っという
アイディアを教えて頂ければと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ホームセンターやオートバックス等で売っているオイル用のポリタンクが最適です。
片手で持てるので吸水時に底砂を舞い上げないよう空いている手の平を水中に入れ、入れる水を受けます。
これでソイル系のように比重の軽い底砂も舞い上がる事無く吸水できます。

私は2リットル(400円前後)と5リットル用(800円前後)を使用しています。
某有名ショップの方が使っていたのを見て、それ以来バケツは面倒で使いません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報