【初月無料キャンペーン中】gooドクター

 
「liabilities」 と 「debt」の訳は、負債ですが、意味の違いが分りません。

会計用語と関係があるのだとは思いますが、調べてももうひとつ何がどう違うのか、どう使い分けるべきなのかが分りませんでした。

情報がありましたらアドバイスをお願い致します。

 

A 回答 (2件)

liabilities は決算などで公表される貸借対照表(バランスシート)の「負債の部」に入るもの全体を表し、debt はそのうちの借入金(金銭)の分だけを表すイメージがあります。



下のものは項目の分類を示したサンプルですが、もっとわかりやすいものは参考のように検索すると見つかるかもしれません。
http://ohioline.osu.edu/cd-fact/1154.html

参考URL:http://www.google.com/search?q=balance-sheet+lia …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

debt は、liabilities の一部ということなんですね。
つまり、debt は、liabilities の(真)部分集合
  liabilities ⊃ debt

と理解して良いということなんですね。
会計英語に詳しくないので助かりました。

お礼日時:2008/11/14 02:50

どのような背景(どのような場合にでてくるとき)のご質問かわかりませんが・・・



企業会計(財務諸表など)がらみ:

liabilitlies はいわゆるバランスシート上の負債全てを包括する語です。debtは、liabilities の中で、イメージ的には、金額、支払相手先、期日などが決まっている負債の感じです。が、だからといって「金額、支払先が・・」の項目は全てdebtで表現しているわけではありません。 財務諸表項目の名称は会社によって違うことも多々です(意味合いは同じですが)。

例えば、負債のところの「短期借入金」は、Shot-term debt, Short-term borrowings, Short-term bank loans など。

ただ、バランスシート上で「金額・・・決まっている」項目を全てdebtでは表していません。debtが使われるのはshort-term debt, long-term debtくらいとおもいます(他にあっても驚きませんが)。というのは、そのようなものでっても、項目表現がある程度確立しているので、そのよう名称を使うからです(どこか大手の会社の英文財務諸表をみてみてください)。

liabilities の中でdebtのイメージに入って来ないもののイメージの一例は、クレーム費用準備金のような形で計上しているような項目です。クレームが発生するかどうかは?ですし、発生しても金額がどれほどになるか?相手は? などわかりませんから、debtの概念でなく、liabilityの概念です。

一般会話的:

通常の会話ではliabilityを使うとはあまりないでしょう。debt は通常用語の「借金」という言葉に言い替えられるかと。I have to pay off my debt(s) by the end of this month. A shop they ran went bankrupt two years ago and that left them a lot of debt. のように。

Hope this helps.

l
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。使い分け方が分ったような気がします。
お礼が遅くなってすみませんでした。

お礼日時:2008/12/02 05:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています