【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

いつもお世話になりまして、ありがとうございます。

「とんでもない」という言葉はよく耳に入ります。
ーーありがとうございました。(私)
ーーとんでもありません。(日本人)

ーーありがとうございました。(日本人)
ーーどういたしまして。(こちらこそ)(私)

「とんでもない」という言葉はまだ慣れません。辞書の意味を見ると、なんだか貶す意味も入っています。感謝に対して、普通「とんでもない」で返しますか。それはとてもネーティブな表現ですか。なんだか「どういたしまして。(こちらこそ)」という言葉で返す日本人は少ないです。

「とんでもない」にふさわしい場面(特に貶す意味ではない「とんでもない」の用法)を教えていただければ幸いです。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

美しい日本語、昔からの日本語、通じる日本語、



この3点を満たした言い方ということになると、

「とんでもないことです」(通常)
「とんでもないことでございます」(より敬意がつよくなる)

という言い方になります。
意味、役割としては、相手のことばを強く否定するときに使い、「そんなことはない」ということをいうためです。

何かお礼を言われたり、感謝された場合は、相手の自分に対する感謝を否定することによって、自分が感謝されるような存在や、行為をしたのではない、ということを強調するわけです。

というのも、もともとの日本人のメンタリティーには、「相手に借りをつくりたくない」というのがありますし、その逆に「自分の行為が、自分への借りであると相手に思わせたくない」というのがあります。
「感謝」というのは、「借り」を作る行為の結果であり、精神的な重荷になる、ということであるのだ・・・と考えるわけです。

具体例で説明しましょう。
AさんはBさんが苦しいときに、Bさんを助けてあげました。
Bさんはとても感謝しています。
それと同時に、Bさんは、Aさんに「申し訳ない」とも思うし「借りがある」とも思うわけです。
だからBさんは「ありがとう」というわけです。
「ありがとう」とは「ありがたい=あることが難しい、そうであるのが稀なことである」ということですから、めったにないことをしてもらった、という気持ちなのです。

しかし、感謝されたAさんとしては、Bさんに感謝されたくてしたわけではないのです。
Bさんをなんとか助けたいとしてした行為が、結局はBさんの重荷になってしまっては、Aさんは困るわけです。

そこで、「ありがとう」といわれたAさんは、Bさんに「とんでもないことです」というわけです。

これによって、Bさんの感謝はAさんにより否定され、結果、Bさんの感謝=重荷=借りの気持ちが軽減され、Aさんの困惑もなくなる・・・という構造になっています。

なお、「とんでもない」の「ない」は、モノゴトがある・ない(無い)の「無い」ではありませんし、
「とんでもない」でワンセットです。

「とんでもありません」は、その意味で本来の使い方、言葉の成り立ちからいうと明らかに間違いです。
しかし、間違いもたくさんの人が使うようになると「通じる」ということになり「間違い」ではなくなります。
ただし、美しい日本語、昔からの日本語、という条件には当てはまりませんから、日本人学習者にはお勧めしません。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

u2_junさん、いつもお世話になっております。

とても理解しやすいと思います。
大変いい勉強になりました。
本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します♪

お礼日時:2004/05/06 19:07

#6です。



『これによって、Bさんの感謝はAさんにより否定され』と書きましたが、これは表現を間違えてしまいました。ごめんなさい。

Aさんが否定したのは、Bさんの感謝の気持ちではありません。
Aさんが否定したのは、Bさんに感謝された「自分の行為」そのものです。

「Bさんは、私(A)の行為を『ありがたい』とおもっているが、私の行為は感謝されるようなことではないのです。つまり当然のことをしたまでです」
ということを言っているわけです。

訂正してお詫びします。

なお、「とんでもないことです」は「強い否定」ですから、人によってはこれを「自分の感謝の気持ちそのものの否定」と捉える人も稀にいます。

その意味で、このことばをつかうことそのものが「通じる日本語」という観点に立つと、危険かもしれない、とも思います。

よって、普段「ありがとう」といわれたら「いえいえ、どういたしまして」という「通常の否定*」をしておけばいいでしょう。

もちろん、相手が「強い感謝」をしてくれたときには、「気にしなくていいんですよ、当然のことをした(ありがたいことではない)のですよ」という気持ちをこめて

「とんでもないことです」というのがいいでしょう。

*・・・どういたしまして、というのも「自分の行為は感謝されるようなことではない」意味であるのはお分かりですよね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご訂正ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/06 19:07

私も3番さんとまったく同じ説明をするでしょうから


質問に対する直接の回答は省略します。

補足すれば、「とんでもない」は、丁寧に言うときや
目上の人に使うケースが多いように思います。
----------------------------------------------

さて、質問からはずれますが、
ひとつ、気になったことがありましたので書きます。

> ーーありがとうございました。(私)
> ーーとんでもありません。(日本人)

この日本人の発言は、場面にふさわしいかどうかという以前に、
「日本語文法として」間違っています。
最近は日本語を知らない日本人が増え、困ったことになっています。

「とんでもない」は一語の形容詞です。
「とんでもな」の部分が語幹ですから、「ない」だけを切り離して
変化させてはいけません。
正しい日本語は「とんでもないことです」「とんでもないことでございます」です。

ただし、9割ぐらいの人は「とんでもありません」とか
「とんでもございません」という誤った日本語を使っています。
この間違った表現は、日本語としてもう完全に市民権を
得てしまっているのかもしれません。

しかし、正しい日本語を理解している1割の人たちは、この9割の日本人を
「日本語に対する意識や能力が低い日本人」とみなす場合があります。
ご注意ください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

WindParkさん、ご返事ありがとうございました。

>正しい日本語は「とんでもないことです」「とんでもないことでございます」です。
貴重なご意見を頂きありがとうございました。
大変いい勉強になりました。
正しい日本語を習得したいので、覚えておきます。

本当にありがとうございました♪

お礼日時:2004/05/01 13:38

 上方(かみがた)言葉の「途(と)でもない」が撥音化ものと一般に見なされているようです。


 そんな謂(いわ)れはともかく、今置かれているその事態や状態が、何とも法外であり、話者の手に負えるべくもなく、ただ呆れ果て途方投げ首であり、取り返しも付けようがない、そのような場合に「とんでもない」が当人の口から発せられます。

 1.相手の不始末に慌てふためき誹る場合
 とても高価な物品を壊した相手に向かって、責め詰(なじ)る・悪し様に誹(そし)る・見下げて貶(けな)す。
「とんでもないことをしでかしてくれたものだ」

 2-1.自分の不始末を相手に詫びる場合
 相手のとても高価な物品を自分が壊した場合に、自分を下手に置いて、ひたすら詫びる状況。
「とんでもないことをしてしまいました。どうかご勘弁の程を…、平にお許し下さい。」

 2-2.いかにも豪華な供応や過分な褒賞など、話者にとって我が身に不相応な応接を前にした場合
 「とんでもないことです。こんな褒章に値する自分などでは決してありません。どうかお気遣いお構いなく、ご容赦下さい。」

 ご質問の場面はこの2-2のケースにあたるのでしょう。相手側としては、その話者の「とんでもない」が、いわば外交時令や見せ掛けの謙譲でしかないのか、それとも心底からの恐縮態度なのか、その判断こそが勘所ということでしょうか。
 本来は一定の意味のものが、話者と相手側との相対する位置関係によっては、一見正反対と思われるような言葉遣いとなってしまい、聞き手側もその真意に悩むのも、その心底に豪勢な饗応や過分なお土産などの授受が秘められてるケースなのでしょう。

 ご質問者がおっしゃられるように、できれば<ありがとうございました→どう致しましてこちらこそ勉強になりました>といった、ごく普通の話しっぷりで済むなら結構なことなのでしょうけど…。なかにはそもそも「とんでもないこと」を考えたり当てにしている御仁も、稀にはいらっしゃるのかも知れませんし…。

 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

gekkamukaさん、いつもお世話になっております。

大変いい勉強になりました。
ありがとうございました。

gekkamukaさんの発言は私のレベルの日本語学習者にとってはちょっと難しいかもしれません。
辞書を引きながら、日本語が上手な友達に聞きながら、やっと分かりました。
いい表現もたくさん習得しました。

これからもよろしくお願い致します♪

お礼日時:2004/05/06 16:47

国語の先生ではないので、普通の人が普通に使う場合のアドバイスです。



お礼を言ったことに対し、「とんでもない」という表現で返されると、なんだか変に否定されているような感じがするのだと思われますが、この言葉の後に、こんな意味が含まれていると思えば、納得してもらえるでしょうか。
「とんでもない(丁寧に御礼を言ってもらうようなことはしていませんよ。こちらこそ礼を尽くしていただいてありがとうございます。)」
お礼を言われたことに対して、謙虚な気持ちで受け取ったと考えてください。

もしも、awayuki_chさんが、お礼を言われたときに上の()のような気持ちを持ったときは、「とんでもない」を、使ってみてください。

日本はすべてを明確に表現したり露わにしたりするのは、下品だと考える国です。(最近はそうでもなくなってきましたが)
表に出ていない言葉が、表現されていることも多々あります。

普段は、「ありがとう。」には「どういたしまして。」と返すのが模範的だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

bakkeさん、普通の人が普通に使う場合のアドバイスを頂きありがとうございました。大変いい勉強になりました。

>もしも、awayuki_chさんが、お礼を言われたときに上の()のような気持ちを持ったときは、「とんでもない」を、使ってみてください。
はい、その場合があれば、使ってみます^^

>日本はすべてを明確に表現したり露わにしたりするのは、下品だと考える国です。
日本語を勉強するとともに痛感しています。

本当にありがとうございました♪

お礼日時:2004/05/01 13:33

直訳すると



「とんでもありません。」
→"哪里哪里!"或"那儿的話!"

「どういたしまして。」
→"不用謝"或"不客気"

です。
どちらがよいか、は場面にもよります (ケースバイケース) し、言葉遣いの好みや癖にもよります。
一概には言えません。

> 貶す意味も入っています。
貶すというより、謙るニュアンスです。
日本人でも「謙る」と感じるか、「貶す」と感じるかは人それぞれ (各種各様) だと思います。

> 「とんでもない」にふさわしい場面
褒められたときなど、よく使います。

(例)
A : 「日本語がお上手ですね。日本人かと思いました。」
B : 「とんでもない、褒めすぎです。私の日本語はまだまだです。」

A : "日語説得很好,我以為Ni是日本人。"
B : "那儿的話呀! 獎過了。我的日語還很差。"


お礼の場合の例文は次の人、お願いします。(^-^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

譲我看看さん、いつもお世話になっております。

>褒められたときなど、よく使います。
この場面からいい参考になりました。
いい例文だと思います。

>"那儿的話呀! 獎過了。
口那儿的話呀! 過獎了。
(入力ミスだと思いますが、微力ながら添削させていただきました^^)

本当にありがとうございました♪

お礼日時:2004/05/01 13:21

こんにちは。



「とんでもありません。」と静かに普通に話すとなんか不自然な感じがしますね。

「色々とどうもありがとうございました~m(-_-)m」
「いえいえ、とんでもないです~。(^-^)」

こんな感じならあまり不自然な感じはしないような気がしますが。
上がり口調というか、言い方の問題でしょうか?

私は「とんでもない」と返すのは「当然のことをしたまででお礼を言われるようなことでもない」という
意味合いでたまに使いますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

usui323さん、ご意見ありがとうございました。
いい勉強になりました。

>「とんでもありません。」と静かに普通に話すとなんか不自然な感じがしますね。

そうおっしゃられると、確かにそうですね。向こうはその時「静かに普通に話す」のではありません^^

お礼日時:2004/05/01 13:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【敬語について】「とんでもないです」はダメですか?

敬語の本を読むと「とんでもないです」は誤りとあります。
理論的には分かるのですが、変わりの言葉が思い当たりません。
「とんでもない事でございます」と言うように
書いてあるのですが、かえって不自然な気がします。

例えば、お客様から「忙しいのにごめんなさい」と言われた時、
どうこたえればいいのでしょう?

電話で一般の方と話をする場合、ただ丁寧にするのではなくて
その方に分かる言葉を使わないといけないと思います。
正しくても、こちらの意向が伝わらなければ意味がないと思います。

なので、間違っているとは分かっていても
「とんでもないです」を使っていますが、どう思いますか?

Aベストアンサー

とんでもないです。のほうが「とんでもありません」のような間違った使い方よりよほどましだとは思います。

>例えば、お客様から「忙しいのにごめんなさい」と言われた時、
どうこたえればいいのでしょう?

「お気遣いいただきありがとうございます。(場面に応じてまた私でお役にたてることがございましたらご連絡くださいなどをつなげる)」
とんでもない、は否定の意味が入りますね。
お客様が相手なら、ここはお客様の気遣いをあえて否定せずに、謙遜しつつも受け入れるほうがスマートなような気がしますね。

Q謝罪に対して「とんでもないです」は失礼?

電話応対での言葉遣いに関しての質問です。

お客様が謝られた際に、「とんでもないです」と返すのは失礼なのでしょうか?
上司に「それは上から目線の言葉だから好ましくない」と注意を受けました。
「こちらこそ申し訳ございません」が正しい返し方だと教わったのですが、
「とんでもない」はそれほど失礼な言葉なのでしょうか。
私が客として言われた時にそう感じたことはなかったので、
思わぬ指摘に戸惑っています。

また、電話を切る際に「失礼致します」と言うのも間違いで、
「ありがとうございます」または「ごめんくださいませ」で
切るべきだとも言われたのですが、そうなのでしょうか?

Aベストアンサー

「失礼致します。」に関して補足しておこうと思います。

失礼致します。は自分から席をはずしたり、いなくなるときに言いますよね?お客様対応なので、お客様より先に終わりにしたり、打ち切るのは駄目ですよね?質問者さんも話の終了の合図として使っているとの事ですので、「ありがとうございます」や「御免くださいませ」で、恐らくお客様より先に電話回線も切らないことになっているのでは?

「ありがとうございます」も、ご利用してくださっての意味での事だし、「御免くださいませ」もご利用も終了になるので電話対応を終了させてもらうのでって意味合いなので。

失礼致します。には何もないですよね?(これは前回話しましたね。)

Q『とんでもありません』より適切な言葉は?

仕事で相手から『ありがとうございます』と言われたら皆当たり前のように『とんでもありません』『とんでもございません』と言いますが、何か違うだろ、と思っていました。正しいんでしょうか?何て言えば正しいんでしょうか?言葉遣いに厳しい会社でも使ってるんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。先ほどの英語のご質問では早速のお礼のお返事を有難うございました。

ご質問1:
<『とんでもありません』『とんでもございません』と言いますが、何か違うだろ、と思っていました。>

確かにおっしゃる通りです。

1.『とんでもありません』『とんでもございません』の常体は「とんでもない」になります。

2.これは「途でもない」から転じたもので、原義は「途方もない」ということです。

3.そこから、
(1)「あるべきことではない」
(2)「けっしてそんなことはない」
という強い否定を表す語法として用いられています。

4.感謝の言葉に対して用いられる「とんでもない」は、(2)の「決してそんなことはない」の意味で使われてるようです。

5.わかり易い解釈にすると
「決して感謝されるようなことはしておりません」
といったところでしょう。

謙遜が美徳とされる日本の、「どういたしまして」の最高謙譲語、といった感じでしょうか。確かにやや大袈裟ですね。でも個人的に「とんでもございません」はたまに使います(笑)。

6.一方、感謝する側が使う日本語の「有難うございます」は、日本人独特の「恐縮する」といった謙虚な気持ちが強く表われる場合があり、「そんなことしていただいて申し訳ありません」といったニュアンスが含まれていることがあります。

日本人同士なら、その感覚が暗黙の了解でつかめることができます。外国人にはその感覚はなかなかわからないでしょう。

7.従って、感謝を述べる相手のそんな恐縮する気持ちを汲み取り、
「とんでもありません」
=「感謝されるほどのことではしてありません」
という意味で、相手への気遣いとして使うこともあると思います。



ご質問2:
<正しいんでしょうか?>

上記の解釈で使っているとすれば、文法上はあながち間違っているとはいえないと思います。

この語法の真意は以下の2通りあると考えられます。
1.感謝されることへの強い否定→自らの謙虚さの強調→相手への敬意
2.感謝しながら恐縮する相手への強い否定→恐縮する相手への気遣い→相手への敬意
と、どちらも相手に対して敬意をもった使い方だと思われます。

ただ、1のような用法では、そこまで謙遜する必要はないのではという気もしますが、個人的にはどちらかと(2)のニュアンスで、語感が好きなのでよく使います。


ご質問3:
<何て言えば正しいんでしょうか?>

1.普通に答えるのであれば
「どういたしまして」
で十分です。

2.もう少し丁寧さを出したければ
「お役にたててなによりです」
「お役にたてて光栄です」
なども、いい返答かと思います。

3.エスプリの聞いた例では
「お互い様です」
「喜んでいただけて私も嬉しいです」
「こちらこそ先日は、~をありがとうございました」
なども、状況に応じた語法もあるでしょう。


以上ご参考までに。

こんにちは。先ほどの英語のご質問では早速のお礼のお返事を有難うございました。

ご質問1:
<『とんでもありません』『とんでもございません』と言いますが、何か違うだろ、と思っていました。>

確かにおっしゃる通りです。

1.『とんでもありません』『とんでもございません』の常体は「とんでもない」になります。

2.これは「途でもない」から転じたもので、原義は「途方もない」ということです。

3.そこから、
(1)「あるべきことではない」
(2)「けっしてそんなことはない」
...続きを読む

Q「ありがとう!」に対する返事は?

きれいに「ありがとう!」って言われたら、
どのように返すのが、
美しくて、
気持ちよくて、
素敵になるでしょうか。

「いえいえどういたしまして」
「はーい」
「YOU ARE WELCOME!」

などどれもまどろっこしい感じがします。
(これでいいというご意見があればそれもいただきたいです)

そう思ったきっかけ、シチュエーションは。
私の子供が言葉を覚えてきて、何かを渡したりすると
「ありがとー!」って笑顔でこてえてくれます。
それに対するいい返事があればなぁと思うようになりました。


どうでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「どういたしまして」これが一番かと。
確かに、言いにくい言葉ではあるかと思いますが、これが正しい日本語でしょうし、子供に対するのであれば、大人になったときに恥をかかないためにも、礼儀を知るためにも、「どういたしまして」を教えるべきだと思います。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Qお礼の言葉に対する返事の言葉

『本日はどうもありがとうございました』に対して
『とんでもありません』という返事を時々耳にします。

文法的な是非はともかく、一般的なやりとりとして
皆さんは上記のような返事を普通にしますでしょうか。

普段、丁寧にお礼を言ったり言われたりする事があまりないので
私が無知なだけかもしれませんが、『とんでもありません』などと
返事されると
『はぁ?感謝の気持ちを否定するとはどういうつもりだ?』などと
感じてしまいます。

Aベストアンサー

まじめ、って(^_^;)。

それはともかく。

ことばって通じなくては意味がありませんよね?
敬語を話すんだから、相手に自分が敬って話しているんだ、という気持ちがちゃんと伝わらなくては意味がないですよね?

だから

「とんでもありません」
「とんでもございません」

なんて言葉を使うべきではないでしょう。
前に書いたとおり、言葉について厳しい人には、間違った言葉遣いをしていることで、かえって失礼になってしまいます。
言うのならちゃんと

「とんでもないことです」
「とんでもないことでございます」

といいましょう。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「わざわざ」は目上の方に失礼ですか?

「わざわざ」は目上の方に失礼ですか?

先日、会社で電話を受けたときに、得意先から私の上司へのお礼の電話だったのですが、
その上司が会議中だったため、その旨伝えると、「先日お世話になったので、ありがとうございました、とお伝えください。」と言われました。
そこで、つい「かしこまりました。わざわざお電話いただきありがとうございます。」
と言ってしまったのですが、これって間違いですか??

あと、普段も自分が取りに行くべきものを、目上の方が持ってきてくれたりすると、
「わざわざありがとうございます。」と言ってしまいます。
これもおかしいですか?

電話の例だと、「ご丁寧にありがとうございました」などと言うべきなのでしょうか?

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「わざわざ」という言葉は「わざとらしく・故意に」という意味と「何かのついでではなく特別に・その事だけの為に」などという意味があるみたいです。
今回の場合は、後者の「何かのついでではなく特別に・その事だけの為に」という方になると思います。
「わざわざご丁寧に~」っと言う言い回しだったら、それほど失礼な感じにならないんじゃないかと思います。

Q「こちらこそ」は失礼ですか

「こちらこそありがとうございます」などのこちらこそですが、この「こちらこそ」という表現は失礼なのでしょうか。
いままで普通に使っていたのですが、メールを見た人が、親しくない相手やオフィシャルな文章でこちらこそを使うのは失礼だと言われびっくりしました。
また、それと同様に「構いません」なども上から目線の表現でしょうか。

Aベストアンサー

1.
「こそ」は「それを取りたてて,強く指示する意を表す」という用法の係助詞ですから、「ありがたいと思っている気持ちは、こちらのほうがずっと強いですよ」という意味になるはずで、言葉の意味自体では、特に失礼に当たるとは思われません。
この表現は、たとえば、「○○していただきありがとうございます」などに対して、「こちらこそありがとうございます」のように使われると思います。
仮に失礼だという認識があるとすれば、そこには、次のような理由があるのかもしれません。
(ア)「こちらこそ」の性質上、どうしても「○○していただき」という部分は省略されることになります。
つまり、感謝の内容を先に相手に示させた状態で、自身は、それに乗っかる形で、感謝の内容を省略して表現しているので失礼。
(イ)「ありがとうございます」という相手の感謝を否定せず、当然のこととして受け取っているので失礼。
つまり、「とんでもございません」などと言って一旦否定した上で、「こちらこそありがとうございました」と続けるなら大丈夫・・・なのかな?(とんでもございません、は間違い表現という説もありますが、今回、それは、さておきます)

思いつく理由としては、こんなところです。
ただ、基本的にはシチュエーション次第で、全く失礼じゃない場合も多いと思います。
#2さんがお示しのサイトでも、店員の方が先に「ありがとうございました」と言っているので、それに対する客の「こちらこそ」は不自然でも失礼でもないでしょう。
しかし、これが逆で、店員さんのほうが後から「こちらこそ」では違和感が残りそうな気もします。

2.
「構わない」は、「差し支えない。気にしない。」という意味。
つまり、「十分に満足というわけではないが・・・」という含みを持たせた言葉なので失礼な印象を与える場合がある、ということだと思います。
「結構です」は、若干上から目線になる場合もあるかもしれませんが、特に問題なく使える場合もありそうです。
他では、「十分でございます」「差し支えございません」など。
  

1.
「こそ」は「それを取りたてて,強く指示する意を表す」という用法の係助詞ですから、「ありがたいと思っている気持ちは、こちらのほうがずっと強いですよ」という意味になるはずで、言葉の意味自体では、特に失礼に当たるとは思われません。
この表現は、たとえば、「○○していただきありがとうございます」などに対して、「こちらこそありがとうございます」のように使われると思います。
仮に失礼だという認識があるとすれば、そこには、次のような理由があるのかもしれません。
(ア)「こちらこそ」の性...続きを読む

Q上司に「ありがとう」って言われたら…

何て答えてますか?
 
上司の場合も「どういたしまして」がいいんでしょうかね。
なんとなく私は「はい!」とか「いえいえ」とか言って
しまうんですが、皆さんはどう言っていますか?

Aベストアンサー

うれしいですね、こんなふうにねぎらってくださる上司のかたのお言葉。
私だったら、うれしくて、その気持ちを伝えたくて、
またねぎらってくださったお言葉に心から感謝して、
「いいえ、ありがとうございました」
になると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング