マンガでよめる痔のこと・薬のこと

射出成形での『クッション値』は成形品の形状寸法にどう影響するのでしょうか?

とある書籍ででクッション値について調べてみたのですが、
『射出成形の保圧を有効に効かすために射出時にスクリュ先端部の溶融樹脂を残す。その樹脂量をいう。』という記述がされているのですが、クッション値と形状寸法の関係がいまいちピンときません。

ちなみに成形機は『日精T-80T』です。
できれば初心者にも理解できるよう噛み砕いて説明していただけると幸いです。ご回答の程よろしく御願いいたします。

A 回答 (2件)

熱可塑性樹脂の射出成形では金型内の樹脂が冷えていく過程で樹脂が収縮しますので、その収縮分を補うために圧力をかけて成形品にいわゆる「ヒケ」が発生しないようにします。

スクリューを完全に押し切ってしまうと、この圧力をかけることができませんので、通常クッション(クッション値、クッション量、または単に残量ともいいます)を数ミリ設けます。
 クッション量が大きすぎると、その分の樹脂が次の成形に使われるので樹脂が高温状態で長時間置かれることになりNo.1の方が言われているように物性の低下に繋がる場合もあります。
 また、クッション量が大きくばらつくようであればスクリュー関係部品の磨耗などが考えられますので、これを監視することである程度の品質管理もできます。適切なクッション量は樹脂によっても異なりますので、各材料メーカーに聞かれると良いと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

私自身、『クッション値』を良く理解していなかったのですがwatsat様の解かり易く丁寧なご回答のおかげで、ようやく理解できました!安定した保圧(ヒケ防止)を樹脂にかける為のクッション値だったんですね。とても勉強になりました。

お礼日時:2003/01/18 10:33

プラスチックの研究をしてる者です。


「クッション値」という用語を知らなかったのですが、tim2さんのヒントで
推測できます。
射出成形時にスクリュー先端に樹脂を残さないように押し出してしまうと、
キャビティ内の樹脂にかかる圧力が不安定になりますよね。
例えば、少し流れ出たりした場合には、スクリューの方からはもう樹脂は
供給されませんから、急激に圧力が下がります。
しかし、スクリュー先端に樹脂を残して圧力をかけておけば、仮に樹脂が
流れ出したとしても、スクリュー内の樹脂がキャビティの方に移動して
圧力の低下が少しで済みますよね。
よって、スクリュー先端に樹脂を残しておけば、寸法安定性が高くなると
思います。しかし、やり過ぎると生産性の低下や、温度の低下による
物性の低下などの悪影響もありそうですね。
日精さんに電話で聞いてみるのが一番いいと思いますよ。
相模原に工場(研究所?)がありましたよね?土曜日でもやってるような
気がします。取り急ぎ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

成形品に安定した圧力をかける為にクッションが必要だということですね。クッション値の必要性が理解できました。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/18 10:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q射出成形機 計量時間

油圧式の射出成形機で、スクリューを回して樹脂を計量するのに、普段の2倍近い時間がかかってしまいます、油圧で何か問題がありますか?

Aベストアンサー

ペレットの量が少ないか、あるいは多すぎて流れ込みが悪いのか、乾燥不足のままで入れて、または乾燥しすぎて解けかかり流動性が悪いのか、そんなところではないでしょうか。油圧不足で回転数が低いのならオイル補充とか機構のほうの調査も必要です。スクリュウの磨耗ならその交換も要です。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

QTD、MDって何の略?

フィルム関係の仕事をしていてたまに目にする、
流れ方向MDと垂直方向TDって何の略なのでしょうか?

Aベストアンサー

流れ方向 ( MD : Machine Direction )
垂直方向 ( TD : Transverse Direction )

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

Q体積を重さに置き換えるには?

タイトルにあるとおり、体積(縦×横×高さ)で出る数字を、重さ(Kg)に置き換えたいのですが、どういう計算をしたらいいのでしょうか?
どなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

体積を質量に換算するには単位体積当たりの質量を体積にかけてやれば求まります。

(質量[kg])=(体積[m^3])×(単位体積当たりの質量[kg/m^3])
(質量[g])=(体積[cm^3])×(単位体積当たりの質量[g/cm^3])
液体のような場合
(質量[kg])=(体積[L])×(単位体積当たりの質量[kg/L])
(質量[g])=(体積[mL])×(単位体積当たりの質量[g/mL])
ここで,
1[L](1リットル)=1000[mL](ミリ・リットル)=1000[cc]

単位体積当たりの質量には

○鉄やアルミや岩石などの塊では 密度[g/cm^3]または[kg/m^3]

○牛乳や水や油などの液体では  比重[g/cc]または[g/mL]または[kg/L]

○お米や綿や砂や発泡スチロールやビーズなど
隙間に空気があるようなものでは
単位体積の質量を計測した値[g/ml]または[kg/L]など

をつかって計算します。

Qプラ成形品の不良でフラッシュとシルバーの違いについ

プラスチック成形品の不良で、フラッシュとシルバーと言う物がありますが、この違いが分かりません。

ほとんど同じ内容の不良に思われますが、言葉を使い分ける必要があるのでしょうか?

そもそも、違う不良内容なのでしょうか?

部品検査をしている上で、不良品の内容を示す必要があり、的確な不良内容を報告したいと思っているのですが、詳しくご存じの方がいましたら、ご教示願います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2つとも同じ不良内容です。

別の言い方としては「銀条」(ぎんじょう)とも言います。

発生原因としては、使用している樹脂の乾燥不足により、含有している水分が成形品表面に出てしまう事です。
たまに異物混入や金型の形状問題でも発生します。

その他、成形機での樹脂の計量時に不用意に高回転にしたり背圧を切ったりすると、フラッシュが発生したりします。

この不具合の呼び方で多いのは フラッシュ⇒シルバー⇒銀条の順番ですね。

Q射出成形機のコア引き抜きを分りやすく説明できました

射出成形機のコア引き抜きを分りやすく説明できましたら

よろしくお願いします。コアとは何のことでしょうか?

コアは一つの言葉でいくつもの部品を言うのでしょうか?

色々なコアの説明をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「コア抜き」と言った場合は、コアをスライドさせて(動かして)成形品から抜く
動作そのものを指します。

前回答の2番目の参考URLの図17では、成形機の型開き動作に従った次のような動作です。
1)雄(この場合は可動側)と雌の型(固定側)が開き出す、
2)雌側に固定された傾斜ピンがそれが入ったガイドとのカム機構で雄型の一部である
  コアを外側にスライドさせる(可動側のスライドの下にはレールの様なガイドが形成して
  有ります)、
3)成形品のアンダーカット部にコアが引っ掛からなくなると成形品が型から離される。

この金型の場合は、傾斜ピンとそのガイドブッシングからなるカムがスライド機構です。
カム、リンク、歯車、スピンドル等コアを駆動する機構は様々です。
金型はこれらが組み込まれた精密器具です。

可動コアが有ると金型はそれ相応に高価に成りますので、できるだけ可動コアが無いように、
または少なく単純な様に部品設計を行います。

「コア」が金型の「入れ子」と言う意味で使われることも有ります。
金型には耐摩耗性に優れた硬い鋼材が使われます。硬い鋼材全体を削るのは大変ですから、
成形品に相当する部分だけに硬い鋼材を使い、その周辺のベース部には加工し易い鋼材を使います。
ベース部には入れ子「コア」を納める受け部が形成されています。

下記の下りは・・・は小生の経験です。金型屋さんと抜きの難しい型を作った時には、
試作で型が予想通りに動くかは緊張の瞬間でした。

「コア抜き」と言った場合は、コアをスライドさせて(動かして)成形品から抜く
動作そのものを指します。

前回答の2番目の参考URLの図17では、成形機の型開き動作に従った次のような動作です。
1)雄(この場合は可動側)と雌の型(固定側)が開き出す、
2)雌側に固定された傾斜ピンがそれが入ったガイドとのカム機構で雄型の一部である
  コアを外側にスライドさせる(可動側のスライドの下にはレールの様なガイドが形成して
  有ります)、
3)成形品のアンダーカット部にコアが引っ掛からなく...続きを読む

Qプラスチック成形 押出成形の仕事は嫌う人が多い?

ハローワークなどでプラスチック成形の求人を見てたらあまり応募者がいないように見えますが、嫌う人が多いのでしょうか?

実際キツい仕事なのでしょうか?

Aベストアンサー

私の知り合いの話ですが・・・

プラスチックを溶かすための薬品のニオイ、成形の際に出るニオイなどで
1日で体調を崩す方が多いようです。

あと求人を見ていないのでわかりませんが・・・
ほとんどプラスチック加工製品は、海外で生産されていることが多く、
あまり景気のいい業界ではないような気がします。
中小零細企業で、先行き不安な場合も・・・

昔ながらの職人さんと、ソリが合わないことも・・・

Qマスターバッチとは?

マスターバッチとは、自分が関係している印象からすると、粉粒体と粉粒体との混練または予備混練なのですが、正確な意味が良くわかりません。ご存知の方、教えていただけると助かります。英語での表記、その直訳、学問的定義がわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マスターバッチというのは,
最終製品を作る前の,うすめる前の「かたまり」
の事ではないでしょうか.

たぶん,メーカがつくって,製品をつくる二次メーカに
だすときの状態です.

たとえば,
顔料とレジンを20%程度にして「マスターバッチ」を作ります.これは,大手のメーカです.(ex. 花王,日本ペイントなど),
それを二次メーカが薄めて製品にします.(ex. ゼロックスなど)


顔料とレジンをまぜるには,たぶん最適の組み合わせが
あって,それは,製品として出荷される最終的な形態とは違うんでしょうね.
トナーでいえば,トナーの「濃さ」というのは,マシンの設定でいろいろ考えられますが,

「顔料」と「バインドレジン」を「とにかく最適にまぜたい」という条件は違っていて,この一番ちゃんとまぜられるものを「マスターバッチ」と言うのではないでしょうか.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報