1. 自宅マンションを事務所兼用で個人事業主をしておりますが、別居している母を家事使用人として雇い、毎月給料を支払う事に問題はないでしょうか?
※源泉徴収は0円になるように月額で固定給を支払っています。

特に勤務日や時間に規定はなく、掃除や食事を作りおきしてもらっています。
私は日中ほぼ外回りで、必要である日に自宅兼事務所に来てもらっています。
個人事業主が、自宅兼事務所に家事使用人という形で母を雇う
ということに問題ないのかという?ということと、この雇い方は家事使用人に
当てはまるか?が疑問になっています。


2. また、この雇い方であれば、家事使用人は「主として家事に従事する方。」となり、雇用保険の被保険者とならず、雇用保険の対象外になるということであっているでしょうか?


以上よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

NO4です。



事業所得の計算上、家事消費分は経費になりません。

家事使用人は、家事に対して使用する人間ですので、いくら支払っても事業上の経費にはなりません。

源泉徴収義務はありませんが、受け取った本人は所定金額以上になれば、確定申告義務があります。

ということが、国税庁ホームページを見て出した私の結論です。

やっぱり税務署に聞いてみてください。

この回答への補足

No4、No5でご回答ありがとうございます。

補足なのですが、母は青色専従者ではありません。
給与支払事務所等の開設届け書で、従業員一人で税務署に提出しております。

最初は青色専従者で申請していましたが、母は別居で父の扶養になっています。
そこで、去年の話ですが、税理士の無料記帳指導受付というものを税務署が行っていたので、それを利用して担当して頂いた税理士の方に、 「生計が一にならないため専従者ではなく、「使用人」扱いにして、支払っていく給料も、専従者給与ではなく一般の給料にしてください。」と指導を受けました。

それに習って今の状態なのですが、食事を作ってもらっているという内容が
業務と関係なく家事消費分になるので対価にはならないということかもしれないですね。

また、源泉徴収義務がありますので、源泉徴収税額表をもとに、源泉徴収額0円になる額を支払っています。

まとめますと、「専従者ではない母を従業員として雇い、事務所兼自宅の清掃や家事を行ったことに対する給与支払が経費として認められるか。」でしょうか。
清掃をするという点の給与は経費となると思うのですが、身内といっても、税金に関することなので線引きしないと駄目ですね。

もう少し調べる必要もありますし、税務署にも相談しようと思います

補足日時:2008/11/17 23:39
    • good
    • 0

なんか、てっぺんからどこかが違ってる感じがするんですよね。



家事使用人の源泉徴収義務を省いてるのは、その支払い者が、課税済みの所得から支払う事を前提としてる、つまり「自分のポケットマネーから支払ってる」性質が強いのと、支払い金額が給与所得控除以上になる可能性が低いからだと、私は思ってるんです(私見です)。

家事使用人、つまりお手伝いさんへの給与って、経費になるのかなって思います。

源泉徴収義務がないってのは、正しいんですけどね。

さて、お母さんが青色専従者に該当するかというと、それには当てはまらないでしょう。

家事使用人というのも、社会通念上の無理があるのではないでしょうか。

「個人事業をしてる人が、お母さんに食事の支度や掃除をしてもらってる代金としてお金を渡して、それを経費計上している」
という見方が社会通念ではないでしょうか。

実母に掃除や食事の世話をしてもらって渡すのは「お礼として」の「お小遣い」。
これを経費にするために「家事使用人」とするのは、いかがでしょうか。

お正月のお年玉って、経費にしようと考えないですよね、、。

お母さんをお手伝いさん(家事使用人)として給与を払うってところが、もしも税法的に可能でも、公序良俗というか社会通念というか、世間の目というか、そういうもので否定されそうな気がしてしょうがありません。

税務署に問い合わせしてみるのが良いと思います。
    • good
    • 0

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2075.htm

現実的には...ほぼ否認されるでしょう

家事は業務とは関わりのないこと

ハッキリ事務所が分離されていれば留守番要員とかで認めて貰えるでしょうが...

税務署は「実態に即した認定」をしてきます...理屈や理論では有りません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

家事使用人の業務内容が事業内容にあわない場合は
否認される可能性が高い、ということですね・・。

確かに理屈とかでは税務署は納得しないと思います。
どのように処理するか少し考えたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/17 23:01

給与を払うこと自体は問題ありませんが、それが経費として認められるかどうかは別の問題です。



>掃除や食事を作りおきしてもらっています…

事務所部分の清掃に対する対価はたしかに経費でよいでしょう。
しかし、私的な部屋の清掃は事業とは関係なく、経費になりません。
食事の支度については、これは全く経費ではありません。
独身の方かと想像しますが、既婚者が奥さんに食事を作ってもらっても、奥さんに給与を払うなどという考え方は誰もしません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

>この雇い方は家事使用人に…

家事使用人でなく、あくまでも「事務室の清掃員」として、赤の他人を雇うとしたら払える金額なら、経費と認められるでしょう。
それ以外は無理です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

清掃の対価は経費になるけど、以外は経費にならないということですね。
身内ということもあり、業務と私用を混ぜてしまっているのが問題ですね。

その辺を線引きした上で、どのように対応するか再度考えたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/17 23:07

1.問題ありません。


2.そのとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

2に関しては問題なしですね。
1に関しては、他に回答して頂いてる方との見解が異なるようですので、
zorroさんが回答して頂いた内容も踏まえてもう少し調べたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/17 23:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臆病者(ヘタレ)に対して一番ピッタリな四字熟語なんて

臆病者(ヘタレ)に対して一番ピッタリな四字熟語なんて
分かりますか?

Aベストアンサー

何点か挙げてみますね

・羊頭狗肉(ようとうくにく) = 見せかけと実質とが一致していないこと
・風声鶴?(ふうせいかくれい) = ちょっとした事にもおじけづくこと
・八方美人 = 誰からも悪く思われない様、要領よく人と付き合うこと
・薄志弱行(はくしじゃっこう) = 意志が弱く、物事を判断する力に欠けること
・小心翼翼(しょうしんよくよく) = 気が小さくてビクビクしていること
・因循姑息(いんじゅんこそく) = 決断力に欠け、グズグズすること

以上6つのうち、一番近いのは「小心翼翼」でしょう。参考になったでしょうか?

Q個人事業主 業務と家事兼用の車をローン購入時の記帳

主人が建築関係の個人事業主で妻の私が専従者で経理をしています。
ローンの終わったトラックを1台所有していてガソリン代等掛かるものは100%経費で落としています。
それとは別で私用で50%仕事に50%使うワゴン車をローンで購入しました。
車両本体価格390万、取得税等40万、利息が84万です。
この場合購入時と毎月の記帳をどのようにすればよいでしょうか?
期末に「車両費」から私用分50%をわけるにもトラックの車両費は100%なので可能なのかどうかと思いまして・・・。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

購入時の仕訳方法は数多くありますが、次の仕訳はいかがですか?
 車両   474万 未払金514万
 租税 20万
 事業主貸 20万
これが実務的です。
手間がかかりません。
償却は半分を否認ください。
利息を前払費用として別立てで経理する方法もありますが、取得費に合算しての経理が簡単です。

税務署は必要経費に算入される額しかみません。
BSは検算及びキャッシュフローで利用するのみです。

BS科目は通常「長期未払金」を使用します。
借入金ではありません。

私用分50%はわけるのは充分に可能です。
領収証にトラックとワゴンと記入すればすみます。

Q定年退職者に贈る言葉(四字熟語)

みなさん、こんにちは。
 定年退職者へ贈る言葉として、どのような言葉が
ふさわしいか教えてください。
在職者一同から色紙に記入するので、
出来れば『四字熟語』で簡潔に表したいのです。
勝手いってすみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

退職後 社会に関わるのであれば
「率先垂範」
第二の人生が未定であれば
「深謀遠慮」
などいかがでしょう

Q家事と事業が混在している口座での事業主貸と事業主借の仕訳方法について

基本的なことですが、判らないので教えてください。

日常の生活費の中に、事業に関する入出金が混在しています。事情があり、口座を分けることができません。

青色申告(正規の簿記)をしているのですが、預金出納帳については、少なくとも期首と期末で残高が一致している必要がありますので、年末にまとめて、事業主貸・事業主借の仕分けを入れて、少々無理やりですが一致させようとしています。


その場合にはどのように記帳すれば良いでしょうか。

----------------------------
1). 記帳よりも、口座残高が多い場合

事業主借で、差額を預け入れ


2). 記帳よりも、口座残高が少ない場合

事業主貸しで、差額を引き出し
----------------------------

という仕分けをすれば良いでしょうか、、、。


基本的部分なのですが、判っていません。

ご存知の方、教えてください!!

Aベストアンサー

家事用が主で使用ならば、その通帳の管理自体・帳簿をつける必要はないので、入出金が発生した都度、または年末にまとめて

経費科目/事業主借

で計上したら良いのではないでしょうか?
通帳は保管しておかないと駄目ですけどね。

もし、事業用として口座を管理されるなら
事業主貸科目を使用でいいですよ。

「家事用で出金した場合には事業主貸しで、引き出し」
事業主貸/普通預金 ですね

家事用で入金した場合には事業主借で、預け入れ

預け入れというのは口座に現金を入金される時ですよね?
家事用で入金というのは、現金の出所が事業からでなく
家事用からということですか?だとしたらOKです。
(普通預金/事業主借)
事業用の現金からなら
(普通預金/現金)で良いです。

Q未熟者を表す熟語、ことわざを教えてください

若さや、能力のなさ故に思っていることやいいたいことが上手く伝えられない、
経験したこと、今思っていることを表現するのに、言葉の引き出しが見つからないことを熟語や諺で表現できますか。

Aベストアンサー

>未熟者を表す熟語

→若輩、未熟者、青二才、駆け出し、浅学非才
もっとくだけた言い方なら、「洟垂れ小僧ですが」「まだ尻の青い小僧(青二才)ですが」「まだ修行中の身なので」もあるかな。

→未熟者を表すことわざ・・・・・・・思いつきません。井の中の蛙は、ちょっと違うと思います。


>若さや、能力のなさ故に思っていることやいいたいことが上手く伝えられない、

→普通に「上手い言葉が見つかりませんが」「この表現で良いのかわかりませんが」「上手く表現できないのですが」
などではダメなのですか?
よくわかっていない難しい言い回しを使って滑ったら、かえって失礼になると思いますが。ときどき理系の友だちがやらかしますが、容赦なく「意味、わかって使ってる?」と突っ込むと、だいたい撃沈です。その友だちは国立の有名理系大卒ですが、私のみたところ、国語は中学一年生レベルで止まってます(爆笑)

Q〔個人事業主〕銀行口座の事業用と個人用の切り分けについて

個人事業主で青色申告を行っている方にお伺いしたいのですが...

今まで白色申告を行っていましたが、H17より青色申告にすることにしました。現在は事業用の銀行口座は無いため、この機会に区別しやすいよう新規開設しようと思います。

そこで、売上の入金は事業用口座にするとして、明らかに私的な使用分は個人口座への振替をするつもりですが、口座振替でない振込用紙での納付分(事業税や国民年金など)の現金はどちらから出金すべきでしょうか?
私は、控除となることが明らかな分を事業用、事業分の按分をする分(家賃等)は個人口座、クレジットカードは個人分を含むので個人口座にして事業分は領収証で対応。と現在考えています

また、年度内で、このように管理口座を変更することは処理上の不都合などあるのでしょうか?無料相談や税理士への依頼等も考えていますが、次の入金が近いため、まず口座開設をしておきたいと思っています。

経験のある方、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

事業用の資金から、個人分を出金したとしても、「事業主貸」で仕訳しますので、どちらでも可ではありますが。

(1) 事業税は、必要経費になるので、事業用から。

(2) 按分する分は、出金時事業用で記帳し、年末に「事業主貸」に家事分を振替える。

とするのがまず前提かと思います。

国民年金、健康保険等、申告のときに必要になる数字ではありますが、事業用からではなく、生活費から出金なさったほうが良いのではないでしょうか。

別に問題になるわけではないのですが、「事業用資金」が経費に出来ないものによって減っていくのは、もったいないと思いますので。場合によっては、記帳漏れがあったり、緊急にある程度まとまった資金が必要になったりする場合に備えて、事業用資金の残高は、一定程度を確保しておきたいからです。

勿論逆に「事業主借」で追加すれば済むことではありますが、不必要に現金の流れを大きくしたくないので。

Q英語の熟語

英語の熟語をお聞きしたくて 投票しました。
高校1年生の者です。
辞書で調べてみても 熟語をみつけることが出来なかったので
よければ教えていただきたいです。

take a look around
catch the moment
plenty of

Aベストアンサー

はい、辞書には載っていない熟語や言い回しなど
たくさんありますね。
単語一つ一つは載っていますからここから見当つけるしかないです。

さて、
take a look around
ですが、「look around」を「take」するんでしょ、
「その辺を見て回る」ことを「やってみろ」といってるんですよね。
さぁそこからは文脈を参考に思いつく言い回しに当てはめるだけです。
なにか捜し物をしているような場面なら
その辺を探して見ろ!だし
よーく見てご覧!だっていいし、
まわりを見てご覧よ(すごい人だかりだよ・・とか)、ということだってあります。

次の
catch the moment ですが、
「moment」を「catch」するんですから
瞬間を捕まえるわけです。
これも文脈から考えて
例えば写真家の話だったらシャッターチャンスの話でその瞬間をとらえることでしょうし、株の話なら売り時、買い時の話でしょう。
いずれにしろその瞬間を捕らえるということですね。

plenty of
は辞書に載ってないですか?
確認してませんが
たくさんの~
という意味です。
plenty of sugar でたくさんのお砂糖という意味です。

はい、辞書には載っていない熟語や言い回しなど
たくさんありますね。
単語一つ一つは載っていますからここから見当つけるしかないです。

さて、
take a look around
ですが、「look around」を「take」するんでしょ、
「その辺を見て回る」ことを「やってみろ」といってるんですよね。
さぁそこからは文脈を参考に思いつく言い回しに当てはめるだけです。
なにか捜し物をしているような場面なら
その辺を探して見ろ!だし
よーく見てご覧!だっていいし、
まわりを見てご覧よ(すごい人だかりだよ・...続きを読む

Q個人事務所での、事業主借と事業主貸

個人事務所で、経理仕訳をしています。

事務所のお金が足りず、事業主が一時的にお金を出した際、

【○○○】 ×××  【事業主借】 ×××

と仕訳を切っています。

しかし、そのお金を事業主に返済した仕訳は、

【事業主貸】 ×××  【事業主借】 ×××

と仕訳を切っています。

【事業主借】=【借入金】、【事業主貸】=【貸付金】
と考えると、【借入金】を【貸付金】で返しているような仕訳になるのですが、よいのでしょうか。

【事業主借】と【事業主貸】が相殺されるのであれば、これらは一般的な資産・負債ではないのでしょうか(費用・収益科目、または資本の中の科目)。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「事業主貸」「事業主借」は
元入金の一種です。
したがって家計から事業に現金を入れた場合は
現金 ***/ 事業主借 ***

反対に事業から家計に現金を引き出した場合は
事業主貸 *** / 現金 ***
というふうに仕訳すればいいのです。
難しく考えすぎないことです。

Q四字熟語と漢字

四字熟語と漢字の良い覚え方とかありませんか?
四字熟語のほうは四字熟語の意味と四字熟語両方です。
おねがいします。

Aベストアンサー

覚えるだけでいいなら、何回も書いて覚えるが一番じゃないでしょうか(。>0<。)

問題集を何回もやるとか・・・。

あんまり勢いよくやろうとしても挫折しますよね↓

口に出して三寒四温~~~~!!とか叫ぶとか読む!!
私も漢検のときは、問題集と叫んでました。

もちろんテレビとか消して勉強ですよ

Q個人事業主が自宅で事業。事業の%をいくらにするか

個人事業主で、生活しているアパートで事業をしています。

アパートは4.5畳のワンルーム、家賃は2万5000円です(狭さと安さが凄まじいですよね笑)。

この1室で生活していたのですが、このたび個人事業を始めました。

この場合、経費として家賃や電気代を落とすのは何%くらいにすべきでしょうか。

自分で勝手な基準で決めてしまってもよいのでしょうか。

自分で言うのもなんですが朝から晩まで仕事熱心にやっているもので、パソコンやネットは8割方仕事に使っていますし、

実際に24時間のうち睡眠や食事などを除けば大方は仕事漬けですから、6~8割くらいは事業用に使っていると言える状態ではあります。

アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>睡眠や食事などを除けば大方は仕事漬けですから、6~8割くらいは事業用に使っていると…

それに、第三者を納得させられる合理的根拠を示せれば良いのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

例えば、毎日「業務日誌」を付けておくのです。
午前中は 8時から 12時、午後は 1時から 6時まで、夜なべに 7時から 9時までというふうに、それぞれどんな仕事をしたか簡単なメモ書きで良いですから、根気よく記録しておくことです。

それで年末になったら (年が明けたら) 、休日も含めて 1日あたり何時間仕事をしていたかを集計し、その結果で按分するのです。

単に目検討で 7割ほどと言うだけでは、税務調査に来られたら否認されかねませんが、きちんと日誌を残しておけば鬼に金棒です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報