『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

心療内科にかかられている方はどのように探し、通院を続けていらっしゃるのでしょうか?

先日心療内科を受診しました。
自宅から近い事とネットの口コミで悪くなさそうという事でその病院を選びました。
流れはカウンセラー(?)の方と数十分お話しそれをカウンセラーの方はカルテに書き込み→医師の診察という感じでした。
ほかの患者さんを見ていても医師の診察がとても短く不思議に思っていたのですがどうやらカウンセラーの書き込んだカルテを見て『こういう薬を出します』と説明するのが医師の役割といった感じのようでした。
いざ、私の診察の番になり入るとカウンセラーの書き込んだカルテを流し読み程度しかしていないのかカウンセラーに話した内容とは違った感じになっており、その医師を信頼して通院する気になれずこの病院にはもう行くつもりはありません。
通常の内科や皮膚科のようにちょっと医師の感じが悪くても診察してくれて症状に合った薬を出す等の処置をしてくれたら完治すると思うのですが、心療内科は信頼できる医師でないと通院を続ける事は難しいのではないかと思うのです。

心療内科に通われている方は1件目で合う医師と巡り合えなかったら何件か回って探していらっしゃるのでしょうか?
それともちょっと医師の感じが悪くても通っておられるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

心療内科で、良い医師に巡り合うのは、なかなか大変です。



私は、初めてが大学病院の精神科。
これは、何度通っても、5分診療合わない薬を、毎回出すので、
すぐ止めました。

その次、国立病院受診。これは、女性の先生でしたが、眠れなくて
苦しいといっても、「アロマとかでもやれば?」って冷たくあしらわれて、一度で断念。

あきらめた頃、街のクリニック。ここは、診察前に丁寧に、症状を聞く方がいて、その後診察。
わりと、押し付けるわけでもなく、薬飲んでみますか?って、
処方され飲んでみたら、はじめて、薬の効果を実感しました・・・救われた思いがしました!

その後も、引越しが多く、そのたびに納得の行くドクター探しに、何ヶ所かはあたって見ています。

心療内科は、ある程度は話を聞いてくれて、薬の合う合わないを、
親身に考えてくれないと、長い間通っても、意味がなくなってしまいます。

医師に、処方された薬にもんくがあるのか!って言う医者もありましたが、気にしないで、次のクリニック探しましょう。

診察代もかさみますが、ここは回復への早道を見つける為なので、
がんばってみることお薦めします。
副作用や、薬の説明は、納得行くまでしてくれる医師は、信頼できます。

体調の悪い中、探すたびショックを受けることもあるかと思いますが、
あきらめずに、がんばってくださいね!

手始めは、タウンページでもみて、電話をかけて受付の方の
対応が良いと、わりに先生も良かったりしますので、参考までに・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
やはり良い医師というか相性の良い医師と出会うのはご縁というか大変そうですね。
>体調の悪い中、探すたびショックを受けることもあるかと思いますが、
あきらめずに、がんばってくださいね!

ありがとうございます。
心身共に弱っていると結構凹みますね。。。
今回受診した所はどうしても行く気になれないので他を探そうと思います。
参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/23 20:20

やはり心療内科などは医師を相性が大切だと思います。


私は2件ほどですが行きましたが、1件目は精神科病院、2件目は町のメンタルクリニックです。
1件目の医師に勧められ(症状がそこの病院へ行くほどでもないなどの理由で)、あまり気が進みませんでしたが、2件目のクリニックに行きました。
結局2件目の医師とは相性が合わず、元の医師の所へ戻りました。
本当に医師はいろいろなタイプの方がいますので、相性が合う医師に診てもらった方が良いと思います。

ただ質問者様が書かれたような患者の話を聞いて、薬を処方するという流れは一般的だと思います。
ただ間違ったことを医師が言ったら、患者側から訂正が必要ですね。
ちなみに私は言いたいことを結構言えるタイプなので、今の医師も上記に似ている診察ですが、聞けば教えてくれるし、話は聞いてくれるので不満はありません。
しかし2件目の所は医師からいろいろ話すタイプだったので、結局自分が言いたかったことが言えずに終わったという感じでした。

どうしても信用できないようでしたら、他も行ってみて良いと思います。でもあまりドクターショッピングは労力もお金もかかりますし、治るまで時間が余計にかかってしまう可能性があるので、やり過ぎはやめた方が良いと思います。
医師はプロですから信じてみた方が良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
相性は大切ですが、彷徨ってDr.ショッピングというものイヤですね。
とりあえず今回の医師とは無理と思ってしまったので、他を探してみます。
参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/23 20:22

状況整理はカウンセラーさんに任せて、診察時にはその確認をしていく程度、というのが平均的なパターンかと思います。



そのほうが待ち時間も少なくて済みますし、流れ作業で対応できるので病院としても作業分担ができ、患者さんに応対できる時間を長くできます。

もし、診察時に話が違うということならば(説明した症状や生活パターンなどが違うなど)、患者としてその旨を診察時に言い直して訂正します。だって、困っているのですもの。

なお、初診のときは背景を一通り確認しなければならないので時間をかけますが、通院が始まってからは、前回からの変化だけを確認していくだけで済みます。だから、カウンセリングとは違い、診察時間は短めになるのですね。

だからこそ、最初で認識違いが無いように訂正しておいて、毎回の診察のときも不安な点ははっきり説明します(必要なら紙に書いてでも渡します)。

このように、お医者さんの当たり外れというよりは、最初に状況を把握してもらえるかどうか、というほうが治療に大きく影響します。説明したことをちゃんとカルテに書き込んでくれる人なら問題ありません。また、毎回の診察で前回との変化を確認してくれる人なら問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>状況整理はカウンセラーさんに任せて、診察時にはその確認をしていく程度、というのが平均的なパターン

そうなんですか。
心療内科って混んでいますからその方が効率が良いですよね。
No.1さんのお礼欄にも書きましたが、医師には訂正しましたら『はぁ?○○でしょ?』という態度を取られてしまいこの先生とお話する事自体つらくなってしまいました。

>お医者さんの当たり外れというよりは、最初に状況を把握してもらえるかどうか、というほうが治療に大きく影響します。

そうですね。
どうも私は『この人ダメだ』と思うと心が閉じてしまうので、きっちり話せる感じの医師ではないとダメかもしれません。

参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/20 08:30

私は心療内科に通って5年になりますが、


一件目は大病院の有名な精神科医だったそうですが、軽い安定剤を
出されて、終わり。
これじゃいかんと2件目は開業医の先生で話は聞いてくれるのですが
薬がバカスカ出るので怖くなって、3件目が今の先生です。
今の先生は初診時に直に話を30分位聞いてもらい
その後は経過を聞きながら薬を調整しつつ通院という感じです。
先生を信頼できないのなら、通院は難しいと思います。
話が噛み合わないのなら行きませんね。だって、症状を理解してくれてないという事ですから。
一回目で落ち着く人も居れば、延々とドクターショッピング
(何回も転院する事)
をしている人も居ると思います。
まずは話を確実に聞いてくれて薬をあまり出さない医者がいいかと思います。
2回目からは経過を聞くのでどこでも診療時間は短いです。
私はバス3本乗り継いで通ってますが、要はそれだけ自分に合っている
と思っているからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者様は3件目でご自分に合っている先生と出会われたのですね。
ドクターショッピング状態になってしまう可能性を考えてしまいます。

>先生を信頼できないのなら、通院は難しいと思います。
>話が噛み合わないのなら行きませんね。だって、症状を理解してくれてないという事ですから。

カウンセラーに話した内容が違うように受け取られているので訂正したのですが、『はぁ?○○でしょ?』という態度を取られてしまいこの先生とお話する事自体つらくなってしまいました。

>話を確実に聞いてくれて薬をあまり出さない医者がいいかと思います。

そうですね。
薬はあまり好きではありませんしそれが理想です。

参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/20 08:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心療内科に2つ行くのはダメ?

現在 通院中の心療内科にはとても良くしてもらってるのですが、診察だけでカウンセリングというものがありません。自分としては専門的なカウンセリングを1度受けてみたいのですが、2つ目の心療内科に行く事(セカンドオピニオン的なもの)はやはりタブーなのでしょうか?
もしOKだとしてその後の「かけもち」みたいな事は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

かけもちは可能です。

ただ、留意点として、カウンセリングは、
途中で一時期悪くなる場合も
ありますので、そのあたりはきちんと確認して、医師と連携をとってください。セカンドが医師でカウンセリングするなら、なおいいのですが。

私が気になるのは薬のダブリもしくは、カウンセリング途中の一時的な悪化により新規投薬が必要になったときの処理です。

少なくともドクター側にはカウンセリングのことを
きちんとその理由まで、説明しておくことです。
ちなみに私はホームドクター的なきさくなドクターと、
カウンセリングもできる鋭いドクターと両方にうかがって助けていただいています。

あくまで私の場合ですがどちらのドクターも事情はご存知ですが、あえてそれでしかられたことはありません。

ご高齢の精神科医や、自分の療法に自信を持ちすぎているドクターだとまれに心理学系のカウンセリングを毛嫌いする場合がありますので、その辺は注意してください。

乱文すみません。以上です。

Q不安神経症を治し方を教えてください。

20代、女性です。一年程前に精神科で、不安神経症と診断されました。
一ヶ月ほどセルシンとパキシルを飲んでいたのですが、常に眠いという副作用が嫌で飲むのを止めました。ちょうど抱えていたストレスが解消されたということもあって、服用せずとも、日常生活を送れるようになっていました。
しかし、この頃また当時の症状が出てくるようになりました。(特にストレスを感じるわけでもないのですが。)車を運転するのが怖い、一人行動が怖い、慣れない場所や人ごみを避けたがるなど、これらの行動をとると、気分が悪くなり、意識を失いそうになります。
治すにはやはり、通院することがベストなのでしょうか。また治療により、元気に活動していた発症前の生活を取り戻すことは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

かつて不安神経症になったことがあります。
1ヶ月で薬をのまずにやっていけるようになったのであれば、比較的軽症だったかまたはキッチリ治っていないまま今に至っているということだと思います。
私も副作用の眠気がいやで薬をやめましたが、不安神経症は見え隠れしながら長い時間をかけてよくなっていった…ように思います。発症から1年の頃だとまだ場合によっては気絶しそうになるような症状が出ていました。2年3年たっても、結婚出産転勤育児などのストレスで追い詰められたときには、症状に似た状態になったりしました。
病院へ行くか行かないかというのは、つまり、薬を飲むか飲まないか、ということだと思います。
私の場合は、もともとが体質が弱く臆病な性格なため、一人で行動すると「途中で気分が悪くなったらどうしよう」という心配が常につきまとうので、がんがん行動できないのは子供の頃からのことなので気にしていないのですが、質問者様は、本来はがんがん行動できるタイプなようなので、症状が落ち着くように薬を飲むのが妥当かと思います。医者が判断することですけれどもね。
完治するのが一番良いのですが、精神的なものは時間がかかる場合が多いように思います。少しの薬で日常生活がまあまあ遅れるのであれば、あまり深刻に考えずに、ちょっと風邪をひいた、くらいの気持ちで、具合の悪い期間は薬を飲んでやりすごすような人生でもまあいいか、とラクにとらえてみてください。この病気はがんばればがんばるほどストレスが増幅し症状が進行します。それに、不安神経症でなくても、更年期障害でも車の運転はできなくなりますので、あれができないこれができないということをあまり深刻に考え込まないほうが、症状がラクになると思います。
アテにならない回答だったかもしれません。お大事にされてください。

かつて不安神経症になったことがあります。
1ヶ月で薬をのまずにやっていけるようになったのであれば、比較的軽症だったかまたはキッチリ治っていないまま今に至っているということだと思います。
私も副作用の眠気がいやで薬をやめましたが、不安神経症は見え隠れしながら長い時間をかけてよくなっていった…ように思います。発症から1年の頃だとまだ場合によっては気絶しそうになるような症状が出ていました。2年3年たっても、結婚出産転勤育児などのストレスで追い詰められたときには、症状に似た状態にな...続きを読む

Q異常のない人が抗うつ剤を飲むと・・・?

どうなりますか?
何か弊害はありますか?

心療内科を受診し、抗うつ剤を貰いました。
症状を医者にお話しすると「それは疾病じゃないから薬を飲んでも聞かないよ」といいつつも抗うつ剤を出されました。
飲むべきか飲まないべきか悩んでいます。

Aベストアンサー

心療内科を受診されたということは、少なからず何か心の問題で体の不調を感じたからでしょう。もし、先生を信用できないと感じていればセカンド・オピニオンとして異なるお医者さんにみてもらうことも考えてみたらいかがでしょう。

抗うつ薬ですが、健常者が服用した場合のほうが副作用がでやすくなります。うつ病ではノルアドレナリンとセロトニンの働きが低下しているので、それを活性化させる作用が抗うつ薬にはあります。ただし、ノルアドレナリンが過剰に活性化すると動悸や発汗などが、セロトニンが過剰となると吐き気や性機能障害がでやすくなります。うつ病だと、セロトニンやノルアドレナリンの機能が低下しているため抗うつ薬を飲んでも過活動になりにくいため副作用がでにくい(それでも出る人はでます)のに対して、普通の人が服薬すると過活動になるため副作用がでやすくなります。

また、パキシルという抗うつ薬は、副作用は少ないのですが服薬をやめたあとにめまい、吐き気、発熱、いらいらなどの退薬症状がでるので、うつ病でない人は絶対に飲んではだめです。

参考URL:http://atoyofpsd.net/brain/brain_03.html

心療内科を受診されたということは、少なからず何か心の問題で体の不調を感じたからでしょう。もし、先生を信用できないと感じていればセカンド・オピニオンとして異なるお医者さんにみてもらうことも考えてみたらいかがでしょう。

抗うつ薬ですが、健常者が服用した場合のほうが副作用がでやすくなります。うつ病ではノルアドレナリンとセロトニンの働きが低下しているので、それを活性化させる作用が抗うつ薬にはあります。ただし、ノルアドレナリンが過剰に活性化すると動悸や発汗などが、セロトニンが過剰...続きを読む

Qひたすら眠り続け、何もやる気がしません…

毎日何もする気が起きません
毎日好きなだけ寝て、食べたいときに食べて
と繰り返しております

数年前に夢見た生活だったのですが
実現したら地獄のようです

このような生活ができるのは貯金のおかげなのですが
貯金は使えば当然無くなります

将来が不安で不安で仕方ないです


毎日好きなだけ寝ていると言うのが問題だと思います
でも頑張って起きてまでしたい事がありません

毎日昼過ぎには起きるのですが
起床時間は一定しておりません
夕方頃になると頭がガンガンして何もする気になれません

夜12時以降起きていると
あまりの寂しさに死にたくなるので
睡眠導入剤を飲んで無理矢理睡眠に入ります

「仕事をした方が良い」と勧められる事もありますが
どうしてもしたくありません

友人もほとんどいません


毎日死にたいと考える時間が多くなってきました


これは完全に鬱ですよね?
病院にも行きました、薬も色々貰いましたが
全く役に立ちません

なぜなら朝ひたすら眠り続けるという習慣だけは
薬で改善出来ませんからね


何もやる気がしないというのは
自分自身で考えた結果
ひたすら寝続けると言うのが原因なのでは?
と思いますがいかがでしょうか??


一つだけ人生の中で興味のある分野が英会話です
これだけはどんなに頭がおかしくても
余裕のあるときに練習しておりますが

一人で勉強していると寂しくて死にそうになるし、
一緒に励まし合う仲間が欲しいため
有名な英語学校に行ったりもしますが
費用がバカみたいに高くて
バリバリ毎日打ち込めるほど通えるという訳ではありません


長くなってしまいましたが
このように何もしたくないというのは
長すぎる睡眠に原因がある物なのでしょうか??

ご存じの方いらっしゃいましたら
教えてください
よろしくお願いします

毎日何もする気が起きません
毎日好きなだけ寝て、食べたいときに食べて
と繰り返しております

数年前に夢見た生活だったのですが
実現したら地獄のようです

このような生活ができるのは貯金のおかげなのですが
貯金は使えば当然無くなります

将来が不安で不安で仕方ないです


毎日好きなだけ寝ていると言うのが問題だと思います
でも頑張って起きてまでしたい事がありません

毎日昼過ぎには起きるのですが
起床時間は一定しておりません
夕方頃になると頭がガンガンして何もする気になれ...続きを読む

Aベストアンサー

私も朝ひどい苦痛があって起きれない・いくら眠っても疲れが取れない・気力が湧かないなどの症状があったのですが、「低血糖症」という病気があることを知り、その病気の検査・治療をおこなう病院で検査(非常に詳しい血液検査)してもらったところ、該当していました。

「低血糖症」とは、食生活やストレス、先天的体質などが引き金となって、すい臓や副腎が疲労し、神経伝達系や自律神経に不調をきたすというものです。
精神的にも身体的にもさまざまな不調が起こります。うつ病と重複する症状も多いです。
低血糖症のメカニズムの説明は、こちらが分かりやすいかなと思います。
http://www.h3.dion.ne.jp/~ysrg/kenkouhou/satou.html
もし該当するようであれば、このリンク先に書かれてあるようなことを、できる範囲ででも気をつければ、つらい症状の緩和が期待できると思います。(効果が感じられるまでに、数ヶ月は見てください)
それと、寝る前にぬるめに温めた牛乳にきな粉を溶いたものを飲むのも良いです(目覚め時に低血糖が起こるのを防ぎます。これも数ヶ月は実施が必要です。)
おやつには、ナッツ類(カロリーが高いので、食べ過ぎないように)や、豆腐などタンパク質を摂るのが良いとのことです。

なお、この病気の治療には、適度な運動(日光を浴びてメラトニンやセロトニンの生成を促す。筋力アップでエネルギーを貯えられる体にする)も重視されます。
疲れすぎている場合は、10分ほどブラッと散歩するくらいから初めて下さい。

低血糖症の検査は、朝から夕方まで5時間かけて9回の採血と採尿を行い、医師にとっても非常に手のかかるものであるため、実施してくれる病院は非常に限られる様子です。

一応、私が把握している病院のリンクを貼っておきますね。

(千葉県の内科 【遠方者対応あり】精神科等と並行して受診する患者さんもあるということです。)
http://www.mariyaclinic.jp/

(東京 精神科・心療内科 通院できる人)
http://www.yaesu-clinic.jp/
(東京 サプリメント・クリニック 【遠方者対応あり】上記リンク先の提携医療機関)
http://www.shinjuku-clinic.jp/

ご参考までに。通院が無理という場合でも、食生活にはぜひお気をつけくださいね。
私の場合は、治療開始2ヶ月ほどで朝起きられるようになり、昼も眠くならなくなりました(まだ治療の途中です)。過睡眠には10年以上悩んだのですがね。

私も朝ひどい苦痛があって起きれない・いくら眠っても疲れが取れない・気力が湧かないなどの症状があったのですが、「低血糖症」という病気があることを知り、その病気の検査・治療をおこなう病院で検査(非常に詳しい血液検査)してもらったところ、該当していました。

「低血糖症」とは、食生活やストレス、先天的体質などが引き金となって、すい臓や副腎が疲労し、神経伝達系や自律神経に不調をきたすというものです。
精神的にも身体的にもさまざまな不調が起こります。うつ病と重複する症状も多いです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング