教えてください
太陽を直視すると目(両目とも)が開けられないほど痛くなりその後、じょじょには良くなりますが、数時間痛さが続きます。
なんでしょう?病院に行きましたが特に問題なしということですが、何時間も続くの異常だと思います。
ちなみに年齢は60歳で 遠近両用のメガネをかけたりかけなかったりしています。何か参考になることがあれば教えてくださいませ。

A 回答 (2件)

網膜自体に痛みが走るのではないと思いますので痛みの返答にはなりませんが、


眼球には角膜と水晶体と言う凸レンズがあり太陽から来た平行光線は網膜にて
網膜に焦点を結びます。
つまり正視(近視でも乱視でも調節していない遠視でもない人)が太陽を直視する
と、子供の頃、虫眼鏡で焦点を合わせ紙を焼いた様な状態になります。
網膜で見たものの像が丁度焦点を結ぶところは、黄斑中心窩と言う一番網膜でも
鋭敏なところですので、そこに焦点が合って火傷状態になると言うことは大変怖い
ことです。
最近は直進性の高いレーザーポインターによる網膜症が問題になっておりますが
同じことです。
結論から言うと、痛みを心配するよりそんな危ないことはしないにこしたことはな
いということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
私の質問の仕方がわるかったです。
太陽を直視というのは、わざと太陽をみたのではなくて
車のっているときや歩いてるときに太陽がまぶしいとかんじるということです。普通の人がまぶしいと感じるときに
目が数時間に渡り痛くなってしまう。という悩みでした。
夜ねるときまで痛みが残るので、おかしいなって思って

お礼日時:2001/02/28 15:54

すみません。

回答ではないんですが
太陽は直視しないほうがいいですよ。
健康な若い目でも太陽を直視したりしたらしばらくは
残像がのこったりちかちかしたりすると思います。
目は刺激に弱いのでちょっとしたことで痛んだりすると思います。
体質的に太陽の光に弱い人もいてそういう体質の人はUV仕様の
サングラスをかけ、極力太陽の光の刺激から目を守っています。
もしかして光の刺激に弱いのかもしれないですから
目をいたわってあげてください。えらそうにすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
私の質問の仕方がわるかったです。
太陽を直視というのは、わざと太陽をみたのではなくて
車のっているときや歩いてるときに太陽がまぶしいとかんじるということです。普通の人がまぶしいと感じるときに
目が数時間に渡り痛くなってしまう。という悩みでした。
夜ねるときまで痛みが残るので、おかしいなって思って!

お礼日時:2001/02/28 15:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遠近両用眼鏡の長所、短所について

 私は、老眼、近視、乱視などがあります。また、左目が半分白内障で、視力は、矯正しても0、7です。右目は正常です。最近遠近両用眼鏡を替えました。近くがみえにくくなったからです。以前とくらべますと、見る角度によって、見えたり、見にくくなったりと、非常に不便を感じています。
 仕事をしているので、近くをみたり、また、遠くをみたりと続くので
遠近両用にしています。この場合、眼科でまた調整してもらったほうがよいのでしょうか。調整してもらっても同じかとも思うのですが、どうぞ良いアドバイスをお待ちしております。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

遠近両用眼鏡については、どうしても見難さは感じる事と思います。
顎を引いたり、顎を上げたりする必要がありますし・・・。
特にお洒落なデザインでレンズが小さい眼鏡になると、より見難さを感じると思います。ですので、出来れば大きめのレンズの眼鏡を選択する事と、大きさが気になるようでしたらふちなし眼鏡にするといった選択をする事が望ましいと思います。
また、レンズについても平均的な値段のレンズよりも、一つ上のレンズ(値段が高くなりますが・・・)を選択するという事も考えた方が良いと感じます。
と言う事で、眼鏡の掛かり具合が悪いとか、しばらくするとずり落ちてきてしまうといった不具合等があれば調整によって見易くなると思いますが、そうでないのならばそれ程変わらないと思います。
次回にはレンズの大きさという事も考えて購入されたら宜しいかと思います。

Q遠近両用めがねとは

遠くが見にくいのが近視、近くが見にくいのが遠視というのはわかるのですが、遠近両用めがねをかける人の目はどうなっているのですか。そのレンズはどういうしくみになっているのですか。

Aベストアンサー

遠視も老眼も「近くが見にくい」のですが、その原因が全く異なります。
そして、遠近両用眼鏡を使うのは「近視で老眼」の人です。

人間の目のピント調節は、「目の筋肉(毛様体筋)」に力を入れることで水晶体の厚みを変えているのですが、
毛様体筋に力を入れてない時→遠くにピントが合う
毛様体筋に力を入れている時→近くにピントが合う
という構造になっています。

この、「毛様体筋に力を入れてない時」にピントが合う距離が、理想的には無限遠の遠くにあるのが望ましいのですが、この基本ピント距離がずれてしまうのが近視・遠視です。

近視の人は、この基本距離が近くなっているため、その距離より遠くには根本的にピントをあわせることができません。近視の眼鏡は、焦点が遠くなるように凹レンズになっていて、それで毛様体筋に力を入れない状態で遠くにピントがあうようになります。

遠視の人は、この基本距離が遠くなっているため、遠くのものを見る場合でも毛様体筋に力を入れる必要があります。遠視の眼鏡は、焦点が近くなるように凸レンズになっていて、それで毛様体筋に力を入れない状態で遠くにピントがあうようになります。


一方、「老眼」は、老化によって「毛様体筋に力を入れることによるピントの調節距離範囲」が狭くなってしまうものです。

正常な目の人が老眼になった場合、「遠くの方にだけピントが合う」ことになり、近くにピントを合わせることができなくなります。そこで、老眼の眼鏡は、焦点が近くなるように凸レンズになっていて、「毛様体筋に力を入れない状態」で近くにピントが合うようになります。遠くを見るためには眼鏡を外す必要があります。


ところが、近視の人が老眼になった場合、「ある一定の距離付近にだけピントが合う」ことになり、それより遠くにも近くにもピントを合わせることができなくなります。

そのため、「近視で老眼」の場合は、遠くを見るためには「近視用の、焦点を遠くする凹レンズ」が必要になりますし、近くを見るためには「老眼用の、焦点を近くする凸レンズ」が必要になるのです。
その対策として、大雑把に言うとレンズの「上半分が近視用の凹レンズ」「下半分が老眼用の凸レンズ」にしたのが「遠近両用眼鏡」です。

遠視も老眼も「近くが見にくい」のですが、その原因が全く異なります。
そして、遠近両用眼鏡を使うのは「近視で老眼」の人です。

人間の目のピント調節は、「目の筋肉(毛様体筋)」に力を入れることで水晶体の厚みを変えているのですが、
毛様体筋に力を入れてない時→遠くにピントが合う
毛様体筋に力を入れている時→近くにピントが合う
という構造になっています。

この、「毛様体筋に力を入れてない時」にピントが合う距離が、理想的には無限遠の遠くにあるのが望ましいのですが、この基本ピント距離がずれて...続きを読む

Q遠近両用コンタクトレンズは防腐剤入りの目薬を使ってはいけないの?

遠近両用コンタクトレンズは防腐剤入りの目薬を使ってはいけないの?
先日、遠近両用のコンタクトレンズを使い始めたのですが、
診察の時に「目が乾いた時は防腐剤の入っていない目薬を使って下さい」と言われました。
遠近両用になると防腐剤の入っていないものでないと、いけないのでしょうか?
コンタクトレンズはソフトで終日装用です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは遠近両用だからではなく、ソフトコンタクトレンズだからです。
ソフトはハードに比べ、レンズ内に防腐剤が多く残りやすいといわれているためです。
ただ防腐剤の蓄積量は、正しい洗浄をしていれば問題ないという意見もあります。

Q遠近両用コンタクトは近視の進行を抑制できるというのは本当なんでしょうか?

遠近両用コンタクトは近視の進行を抑制できるというのは本当なんでしょうか?

Aベストアンサー

「抑制できる」ではなくて「抑制できるかもしれない」が正しいです。

メガネは矯正器具ですが、コンタクトは遠近両用に関わらず、医療器具の範疇なので、きちんとしたところで作って、定期的な検診やケアを怠らなければ、かなり高い確率で近視の進行を抑制できます。
ですが絶対ということはありません。

Q液晶のバックライトの直視

先日、壊れた電子辞書の液晶を分解した際、
発光するバックライトを数秒ほど直視してしまいました。
かなり明るかったですし、色は紫に近かったので、紫外線もかなり含まれているように思います。
おそらく本来の状態であれば、液晶やフィルターなどで
可視光以外の波長は遮断されるようになっているように思うのですが、
それらが一切ない場合、そのような光の直視は目に悪影響を及ぼしますか?
また、もし仮に紫外線などにより目が傷ついていたならば、
いつ頃からどのような症状がでるのか、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

別に何の症状も出ません。

そんなことよりも太陽光の方がよほど危険です。あなたは外出する時UVカットのサングラスをかけて日傘をさしていますか。でないならあなたの目はものすごいダメージを受けています。直射日光を見つめなくてもです。

太陽光によるダメージはバックライトの直視どころではないです。今後目が悪くなったとしても、それはバックライトのせいではなくて太陽光に目を晒したからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報