GB積って何ですか?
GainとBandの積みたいですが、それで何が分かるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

増幅器の性能を比較する際の基準のひとつです。



利得(ゲインと言います)を上げる為に負荷インピーダンスを大きくするとそこに存在する浮遊容量(寄生容量)により-3dBカットオフ周波数が下がります(ポールと呼びます)。
反対に、帯域幅を広げようとすると利得を下げる必要があります。
そこで、この相反する利得(GainのG)と帯域幅(BandのB)の積をGB積と言い、その増幅器(トランジスターとかOPアンプとか、トランジスターを利用した回路とか)の性能をあらわします。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

GB積の件、とてもよく分かりました。
ありがとうございました。
実は私は技術系の仕事をしているのですが、
こんな事も知らないでお恥ずかしい限りです。
私も早く人に教えられるような一人前の技術者になりたいと思います。
それでは、失礼いたします。

お礼日時:2001/03/01 08:38

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「利得帯域幅積(GB積):fGB」
「Gain-Bandwidth Product(GB積)」

http://bono-www.ss.titech.ac.jp/~hajime/uec/dist …
(歪み波形 / オペアンプ編 )

ご参考まで。

参考URL:http://lib1.nippon-foundation.or.jp/1997/1208/co … http://www.click.or.jp/~kiyoshim/m_basic/op_term …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q■ Dr.DACのオペアンプ交換について ■

■ Dr.DACのオペアンプ交換について ■

オペアンプ交換時にPNPやNPNの出力タイプを注意する必要がありますでしょうか?
新日本無線の4558系、5532系オペアンプを両方使用したいと考えております。
また、音質が悪いオペアンプを探しております。

Dr.DACでオペアンプを交換経験がある方、ご教授をお願い申し上げます。

Aベストアンサー

えーと、私の知る限り、PNPだとかNPNだとかでどうのこうの…というのは、オペアンプではあり得ないと思うんですけどね。

確かに、メーカー発表の「等価回路図」では、オペアンプの種類によって入力段もしくは最終段がPNPのものとNPNのものがあるのは知らないワケじゃないですが、オペアンプは、まぁざっくり乱暴に言えば「差動増幅」が構成されてりゃ回路素子はNPNでもPNPでもどっちでもいい話なので、そんなところは問題にすらならないはずです。
実際、中身が等価回路どおりなわけでもないですしね。現実は等価回路より遙かに複雑で、等価回路でNPNもしくはPNPになっている部分が、実際には全然違うっていうのが当たり前です。

ただ、入力段がPNPもしくはNPNのバイポーラトランジスタ構成か、FET構成か…という点では、音質面でも若干の違いが出る事は多いです。
新日本無線の製品なら、バイポーラ型かFET型かは、スペックシートにきっちり書いてあります。

>また、音質が悪いオペアンプを探しております。

えーと、質問者の方の意図まではわかりませんが、本当に「音質の悪い」ものが必要なら、4558系や5532系を選ぶ時点で間違いです。
本当に「悪い音質」が欲しいなら、オーディオ用で定評がある型番を選んではダメですよ。4558も5532も「音が(それなりに)良い」からこそ有名になってロングセラーになってんですから。

音が悪いのが欲しいなら、スペックには注意ながら「汎用」で「オーディオ界では聞いた事もない」ようなオペアンプを選ぶべきです。

私だったらNJM1458とかの、明確に4558よりスペックの劣る互換オペアンプ使いますけどね。

えーと、私の知る限り、PNPだとかNPNだとかでどうのこうの…というのは、オペアンプではあり得ないと思うんですけどね。

確かに、メーカー発表の「等価回路図」では、オペアンプの種類によって入力段もしくは最終段がPNPのものとNPNのものがあるのは知らないワケじゃないですが、オペアンプは、まぁざっくり乱暴に言えば「差動増幅」が構成されてりゃ回路素子はNPNでもPNPでもどっちでもいい話なので、そんなところは問題にすらならないはずです。
実際、中身が等価回路どおりなわけでもないですしね。現実は等価...続きを読む

QオペアンプのGB積

オペアンプの周波数特性にてGB積を求めたいのですが、求め方がよくわかりません。
GB積=電圧利得A(倍率)×周波数f(Hz)
で求めたのですが、それぞれがばらばらの値で、一定になりません。
色々調べるとGBは一定の値をとる。となっています。

良く分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「×GEIN」→「○GAIN」でスペルミスです.寝ぼけていてゴメン.
お詫びに図で説明を;
図はオーディオ用のuPC4570の電圧利得対周波数特性です.
http://www.necel.com/nesdis/image/G10528JJ8V0DS00.pdf
赤線は電圧利得 Av=80dB(1万倍)のときで周波数 f≒1.3kHzとなり,GB積≒1.3*10^07.
青線は電圧利得 Av=40dB(100倍)のときで周波数 f≒120kHzとなり,GB積≒1.2*10^07.
黒線は電圧利得 Av=0dB(1倍)のときで周波数 f≒7MHzとなり,GB積≒7*10^06.
Av=0dBの周波数ゼロクロス周波数と呼び,データシートに記載があります.

とゆうように,適当な電圧利得を選び,そこから水平に線を引いて電圧利得対周波数特性との交点を求め,その時の周波数と電圧利得を掛ければGB積が算出できます.

Qオペアンプについて

オペアンプについて
最近、大学の授業でオペアンプをつかった増幅回路の実験を行いました。そして増幅された電圧はほぼ理論値どおりになりました。この正確さがオペアンプのよいところなんでしょうか??
また、トランジスタを増幅器として使うとオペアンプのようには電圧の出力特性はオペアンプとはどのように違ってくるのでしょうか??

Aベストアンサー

はい、その通りです。
オペアンプは、高精度で正確な信号処理を行うためには欠かすことのできない回路です。

ただオペアンプは、それ自体では非常に増幅率が高く、単体で用いられることはほとんどありません。
正確に電圧を増幅するためには「フードバック」という回路技術を使います。
あなたが行った実験でもオペアンプを使ったフィードバック回路になっているはずです。

トランジスタを使った増幅器とオペアンプを使った増幅器でどのような違いがあるのかについては
以下のURLを参考にされるとよいでしょう。

http://kairo-nyumon.com/opamp2.html

トランジスタは個体ばらつきや温度特性(個体や温度によって増幅率が変わる)を持つため、
物によってや温度環境によって増幅される電圧値がばらばらとなってしまいます。
そのため、オペアンプを使いフィードバック回路を構成します。

また、オペアンプを使ったフィードバックについての説明は以下のURLを見ると分かると思います。

http://www.kairo-nyumon.com/analog_basic2.html

はい、その通りです。
オペアンプは、高精度で正確な信号処理を行うためには欠かすことのできない回路です。

ただオペアンプは、それ自体では非常に増幅率が高く、単体で用いられることはほとんどありません。
正確に電圧を増幅するためには「フードバック」という回路技術を使います。
あなたが行った実験でもオペアンプを使ったフィードバック回路になっているはずです。

トランジスタを使った増幅器とオペアンプを使った増幅器でどのような違いがあるのかについては
以下のURLを参考にされるとよいでしょう。...続きを読む

Q韓国大統領の友人の娘が裏口入学! これって大統領のせいですか?学長は何やってたんでしょうか?何か分か

韓国大統領の友人の娘が裏口入学! これって大統領のせいですか?学長は何やってたんでしょうか?何か分からないです。
何方か説明つきますかね?

Aベストアンサー

梨花女子大は私立大学なんだから、学長の権限で何人か裏口入学させても不思議じゃない。 日本だって、こんなことMARCH以下の大学では普通に行われている。 なべやかんが明治大学に不正入学したのも有名な話だ。 早稲田大学部商学部でも不正入試はあったが、これは試験問題が盗み出されたものゆえちょっと事情が違う。 梨花女子大の件は朴大統領絡みの話ゆえ、問題になっているだけだろう。

Qオペアンプのばらつきでおきる発振理由について

オペアンプを使った基本的な電流電圧変換の回路の発振について教えてください。
(+入力側はグランド、-入力側に電流入力と抵抗を返してネガティブフィードバックさせています)

最初は普通に動いていた回路だったのですが、オペアンプを交換したら発振すしてしまいました。

オペアンプはまったく同じシリーズのもので、違いは特性のばらつきのみです。
違うリールのものなので、おそらくロットが違います。
オペアンプ周辺のRやCはそのままにしており、オペアンプが変わることで発振したりしなかったりするのですが、これは、オペアンプのどの特性のばらつきが影響しているのでしょうか?
オフセット?増幅度?
どなたか、オペアンプのばらつきにより発振の有無が発生する理由を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

I/V変換に限ったことではないと思いますが、AMPなんてものは、動作自体がゆとりのあるものかギリギリなものかなんて紙一重です。そんな条件の中、例えばオープンループゲインが10%変わるなんて十分有り得るでしょうし、内部の位相補償コンデンサだって10%ぐらいすぐ変わるでしょう。ばらつきでの動作を補償できる程ゆとりを持ったTYP設計を行うか、昔で言う軍事向けぐらいのばらつきのものを用いるか、どちらかですね。
そもそもI/Vってのは「発振しやすいもの」と考えて良い回路構成です。当方も何度も苦しめられたので、よくわかります。
質問の答えですが、「AC特性」と一言で済ませられると思います。ゲインが上がればゼロクロスは伸びますし、ゼロクロスがあがる要因は、何もゲインだけでは無いですし。複合的な「AC特性」と言わざるを得ません。
アナログは10年で一人前と言われる領域です。是非頑張ってくださいませ!

Q【共働き】共働きが一般的になったのはいつからですか? 現在は既婚者の何割が共働き世帯なのか分かりま

【共働き】共働きが一般的になったのはいつからですか?

現在は既婚者の何割が共働き世帯なのか分かりますか?

教えてください。

Aベストアンサー

江戸時代とか共働きが庶民のフツーの生活のようですよ。
 江戸時代 共働き
でググってみてください。

Qオペアンプを使った同軸デジタル音声分配回路

オペアンプ(NJM2137)を複数使って16分配できる回路を自作したいのですがどのような回路に
すればいいでしょうか?

入力用のオペアンプ1つの出力に出力用の8個のオペアンプに繋ぎたいです。

Aベストアンサー

No.1です。まだ見ておられますか?
表題が「デジタル音声分配回路 」とありますが、扱う信号は?
・ 音声信号(低周波、10kHz以下)
・ 音声がディジタル化された高周波信号(PCMなど)
低周波であれば、同軸ケーブルとはいえ、インピーダンスは関係ありません(単なるシールドされた線です)が、高周波であればインピーダンス整合が必要となります。

インピーダンスマッチングとは、下記を言います。
・受信信号を75Ω同軸ケーブルから受けるのであれば、抵抗75Ωで終端してオペアンプ入力(高インピーダンス)へ、
・75Ω同軸ケーブルに出力するのであれば、オペアンプ出力は一般的に低インピーダンスなので、75Ωを通して同軸ケーブルに接続する

NJM2137のデータシートを見ると、推奨は出力負荷1kΩ程度のようです。
75Ω同軸ケーブルに出力するのであれば、高周波75/50Ω系専用のオペアンプを探したほうが良いでしょう。

8分岐は、1個で受けて抵抗で分配して8個(のオペアンプ入力)に繋げばよいですが、注意は、
・受信オペアンプの負荷が適正となる分配抵抗値とすること。
・この受信の出力~8個のオペアンプの入力部分は雑音進入口なので、配線それを考慮して設計すること。
 この部分はコンパクトに設計すれば、インピーダンスは余り気にしなくても良い(但し、扱う周波数とインピーダンス(抵抗値)による)。単なる電圧伝送です。

以上は、「75Ω系を受信して8分岐してそれぞれ75Ω系に出力する」ことが前提になっています。
「8個のオペアンプに繋ぎたいです。 」が上記と異なれば、話は別です。
たとえば、「入力用のオペアンプ1つの出力」と「出力用の8個のオペアンプ入力」はどれだけ離れているのか(物理的に)、が設計要点になります。

No.1です。まだ見ておられますか?
表題が「デジタル音声分配回路 」とありますが、扱う信号は?
・ 音声信号(低周波、10kHz以下)
・ 音声がディジタル化された高周波信号(PCMなど)
低周波であれば、同軸ケーブルとはいえ、インピーダンスは関係ありません(単なるシールドされた線です)が、高周波であればインピーダンス整合が必要となります。

インピーダンスマッチングとは、下記を言います。
・受信信号を75Ω同軸ケーブルから受けるのであれば、抵抗75Ωで終端してオペアンプ入力(高インピーダンス)へ、
・75Ω...続きを読む

Q数学Aです。大中小3個のさいころを投げるとき、目の積が3の倍数になる場合は何通りあるか、という問題を

数学Aです。大中小3個のさいころを投げるとき、目の積が3の倍数になる場合は何通りあるか、という問題をどのように考えて解けば良いか教えてください。

Aベストアンサー

目の積が3の倍数になるということは、大中小のさいころの少なくとも1つが3の倍数(つまり、3か6)になるということ。
このように「少なくとも1つが…」という問題は、「全体の場合の数から、そうならない場合の数を引き算する」という方法が便利。
(確率の問題で言う、「余事象」の活用)

まず、全体で何通りあるかを計算すると、6×6×6=216通り。
「少なくとも1つが3の倍数になる」ということにならないのは、「3つのさいころの目が、1、2、4、5の4種類のいずれか」ということ。
この場合の数は、4×4×4=64通り。
したがって、求める場合の数は、216-64=152通り。

QSD-1のオペアンプで質問です。

先日、オークションで、BOSS SD-1の台湾製を落札しました。
オペアンプのソケット化の改造がされてあり、HA17458(日立製)というオペアンプが搭載されております。
自分は詳しくないのでこのオペアンプの音質、や人気度、などなど
このオペアンプが一般的なのか、いい物なのかわかりません。
ネットでもあまり情報がないです。(JRC4558Dなどに比べて)
どなたか何でもよいので、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も、ちょっとスペックシートまでは見つけられなかったので(なんか持ってたと思うのだが・・・)、非常に正確性に欠けますが・・・

記憶の限りでは、4558のセカンドソース(互換)という位置づけのデュアルOPAだったと思います(専門家の方からダメ出し出たらすいません(^^ゞ)
実際、私も2~3個くらいは持ってたけど、仕舞い込んでよくわかんない(^^ゞ
あんまり電気街の部品屋に流通してた記憶がないので、古いエフェクタから抜いた奴だったかと。

これも記憶の限りですが、オーディオ目線での音質的には、JRCなどの4558よりはちっと劣る、ちょっと詰まった音的な寸評が有ったかと思います。
もっとも、4558系はおおむねのメーカーサイドでは一般的には「汎用=いろいろ使い道があるオペアンプ」というくくりで、特に高音質を目指して作りました・・・っていうカテゴリーではないことになってますので、ちょっとした増幅系回路や電圧比較系回路では、17456に限らず4558系列のオペアンプは結構使われてると思います。

んで、オーディオ目線ではJRCの4558より落ちる的に書きましたが、SD-1のような歪み系回路に使う場合は、これは別にオーディオ性能が優れていれば良い音とは、必ずしも言えないです。
特に歪み系でもシンプルな回路だと、素子そのものの音特性が出やすいし、歪み系だとオーディオ的に悪いとされる音質が、逆に歪みとしては気持ちいい・・・ってこともありがちです。
(歪み系では、IC等の正規の動作範囲を逸脱した、オーディオ的にはとんでもない回路を組むことも多いのですから)

なので、回答になってませんが、幸いにもソケット化されてるなら、いろいろオペアンプを差し替える楽しみが増えてええなぁ・・・などと、逆に思っちゃいますね。

私も、ちょっとスペックシートまでは見つけられなかったので(なんか持ってたと思うのだが・・・)、非常に正確性に欠けますが・・・

記憶の限りでは、4558のセカンドソース(互換)という位置づけのデュアルOPAだったと思います(専門家の方からダメ出し出たらすいません(^^ゞ)
実際、私も2~3個くらいは持ってたけど、仕舞い込んでよくわかんない(^^ゞ
あんまり電気街の部品屋に流通してた記憶がないので、古いエフェクタから抜いた奴だったかと。

これも記憶の限りですが、オーディオ目線での音質的...続きを読む

Q京都外国語専門学校の特待生って何ですか? また、奨学生って何ですか?

京都外国語専門学校の特待生って何ですか?
また、奨学生って何ですか?

Aベストアンサー

特待生は、原則的に学費免除の制度、学費全額免除の場合もあり、75%とか50%も有り、返還する必要なし。

奨学生は、経済状況に応じて、成績優秀者に対して、一定額を給付する制度で、原則返還が必要。

志望校の要項を取り寄せ、制度の仕組みをしっかり調べて確認して下さい。

参考までに。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング