【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

交通事故で大腿骨頚部骨折、ボルト3本入れる手術をし、現在リハビり通院です。
通勤途中の事故で、相手の保険会社の意見で、労災扱いです。
医療費、休業補償はいただいていますが、何ヶ月くらいは休業補償が出ますか?事務職でパート。通勤は今回事故にあった原付バイク。
バイクでないと不便な土地です。
それと、後遺症が残ると聞いています。
半年くらいで後遺症の認定をするとか。
その後は治療は自費ですか?
後遺症の認定はどのようにされて、級が決まるとどの程度のお金が出ますか?また、障害者ということになるのですか?
現在杖を使うと歩けますが、階段などは辛く、曲がることは曲がりますが、手を添えないと足が自由には曲がりません。痛みは結構あり、鎮痛剤、座薬を常用してます。
自転車には乗れません。
このように、障害が残るときは弁護士さんに任せたほうがいいのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

プロの方が言われていますが


慰謝料でもめるケースがほとんど無い???
マジですか~。

被害者は素人ですから、保険屋が提示した慰
謝料が本当に妥当なのかどうかまったく判断
が付かないんです。
だから、まずは慰謝料が提示された金額を疑
います、ほんとうにこれが妥当なの???と。

そこで、必ずもめるんです。
もめない人というのは、保険屋はプロだから
間違いはないだろう!という錯覚に陥ってい
るか、さっさと示談してお金もらいたいかだ
と思います。
現に教えてgooでもたくさん慰謝料でもめ
て質問している人がいます。

俺も無料法律相談に行きました。
弁護士に相談するのは、加害者加入の任意保
険屋が示談書を提示してからがスタートみた
いです。俺はそういわれました。

100万そこそこの慰謝料でもめるのであれ
ば、お金出して弁護士など雇う人いないと
思いますが、後遺症も残って、数百万の慰謝
料でもめるのであれば(もめる原因はyuuziyuuzi
さんが慰謝料に納得できない場合です)
せっかくお金出して弁護士特約付けているの
ですから、提示された示談書をもって相談に
行けばいいんです。

そこで弁護士が、こんなものでしょう!と
言えばyuuziyuuziさんだって納得できるじゃ
ないですか。

俺も示談の時にもめにもめて(俺が納得
しなかったから)保険屋に、納得できない
根拠と金額を提示してくれ!と言われたの
でA4版2枚にまとめ上げました。
けっきょく30万UPしてくれました。

教えてgooでも、文句言ったら慰謝料
UPしてくれた!という人もいました。

だ・か・ら任意保険屋が提示してきた
慰謝料の信憑性が無くなるんです。
だ・か・ら本当にこの金額が正しいの?
ってもめるんです。
だ・か・ら、慰謝料でもめないなんて
いうのはよほど被害者が温厚なのか
言い方悪いですが、気弱なのか・・・・。

そもそも、
1)同じ事故でも痛みが残らないで示談する人
2)痛みが残って示談する人
の金額が同じなんていうのはばかげています。

2)の人は一生その痛みと付き合わなければ
ならないのですから。
だから同じ怪我でも1)の人より多くないと
気が済まないわけです。

でも、たしかに俺も保険屋に、ここまでもめ
る人はマレだ!と言われました。
俺が異常なのかなぁ(;^_^A アセアセ・・・

だから慰謝料の額が妥当なのかどうかは(yuuziyuuzi
さんの場合数百万になるでしょうから)
弁護士に見てもらってご自分で納得して示談書に
サインしたほうがいいと思います。

弁護士に見てもらうくらいは、自腹でも相談料
1,2万程度だと思いますし。十分300万の範囲
内に収まりますよ。
    • good
    • 0

生損保プロ代理店です。



>通勤途中の事故で、相手の保険会社の意見で、労災扱いです。

間違いではないです。
勤務中であれば、原則労災扱いです。
労災では、休業補償は6割しか補償されませんので、残りの
4割を保険会社で補償してもらいます。

>・・・何ヶ月くらいは休業補償が出ますか?

大腿骨頚部骨折ということですので、症状によっては復帰される
まで、または示談されるまで補償はされますが、労災の基準は
労働基準局でお聞きになられた方が良いと思います。
労災での不足分は、任意保険会社が補償します。

>半年くらいで後遺症の認定をするとか。

後遺障害の認定基準が、最低180日経過後に医師に「症状固定」
と診断され、かつ後遺障害がある場合です。
「症状固定」とは、これ以上治療しても改善しないという状態
をいいます。

足のボルトについてですが、それは今後抜くものですか?
それとも、入れっぱなしのものですか?

もし抜くタイプのものでしたら、いつ頃抜くと言われましたか?
1年以上と言われたのではないのですか?
その場合、ボルトを抜いてリハビリをし、その後「症状固定」
と診断されてからになります。

抜かないタイプのものでしたら、リハビリを続けられ、「症状
固定」と診断されてからになります。


>その後は治療は自費ですか?

そうです。
後遺障害の認定は最終の請求になります。
医師が回復の見込みがないと判断されるということは、必然
と通院の必要もなくなります。
それでも、リハビリセンターに通われる方や鍼灸やマッサージ
などで治療されたり、痛みの緩和をされるためにお支払いする
ものなのです。
慰謝料的な感覚でとらえられる方が多いですが、誤りです。

>後遺症の認定はどのようにされて、・・

認定は、医師に症状固定と診断されたら、保険会社に後遺障害
請求書を発行してもらい、病院に提出します。
まず、リハビリの医師が可動域制限(関節がどれぐらい動くか)
等を検査・診断し、その後医師の診察を受けて後遺傷害請求書に
記入していただき、それを保険会社へ提出して判定されます。

>・・級が決まるとどの程度のお金が出ますか?

自賠責基準で、14級で75万円・13級で139万円・14級で224万円
だったと思います。
質問者様の場合でしたら、後遺障害の認定書を労災に提出され
ると、そちらからも給付を受けることができると思いますので、
その際には労働基準局に問い合わせされてみてください。

>障害者ということになるのですか?

なりません。
一般的な障害者とは「身体障害者」のことをいいます。
質問者様は、「交通事故の後遺障害」で12~14級と軽度のものです
ので、「身体障害者」には認定されませんのでご安心を。
(重度の場合は「身体障害者」に認定されますが。。)

一般的な「障害者」とは、自分一人では、歩行・食事・排泄・
入浴・衣類の着脱のいずれかの行為の際に、常に他人の介護が
必要である状態をいいます。(要介護状態)

ご自身も任意保険に加入されているようですので、保険証券に
添付されている約款に交通事故の後遺障害等級表が記載されて
いますので、どこにあてはまるか一度ご覧になってください。
各保険会社共通です。

>このように、障害が残るときは弁護士さんに任せたほうがいい
のでしょうか

現時点で、どのような理由で弁護士に依頼されるのでしょうか?
休業補償や治療で何か問題があるのですか?
または、相手が過失を認めていないとか?

まずは、依頼(相談)内容を明確にし、まずは保険会社へ相談
してください。
先に弁護士に相談されても、「保険会社へ相談しましたか?」と
聞かれますし、「保険会社へ相談して解決しないときにまた来て
ください。」と言われるだけです。

大変なお事故をされているので、とても不便で辛い思いをされて
いると思いますが、痛みや自転車に乗れないことを弁護士に相談
しても何も解決しません。

まずは治療に専念されることです。
その治療段階や生活で補償内容などの不満があったりした場合に
相談を受けてください。
例えば、後遺障害の認定に不服な場合もそうです。
力になってくれますよ。


NO.2さんの意見から
>保険会社は保険金をなるべく出したくないので、
専門用語をならべたり、煩雑な手続きを要求してくるので、・・

まず、そんな手続き方法なんてありえないです。
出したくないから、ではなく、後々のことを考えて一番最善の
書類を作成しています。(どこの保険会社も同じです。)
わずらわしい書類は多いですが、個人情報のうるさい昨今です。
本人の同意なく、保険会社が勝手に医療機関や勤務先へ情報の
開示を求めることはできませんので、いろんな意味も含めて書類
関係が増えるのはやむを得ないことなのです。
「示談代行」とは、そういうものです。

>本人が「これ以上はよくならないな」と思い、
6月以上経過していれば、医者に症状固定の診断書を書いてもらう
のが良いとおもいます。

「症状固定」は、あくまでの医師の診断です。
ご自身の判断で決定されるものではありません。
後遺障害は一生の問題です。
リハビリは辛いものですが、限界まで頑張ってください。

NO.3さんの意見から、
>障害が残るときは弁護士さんに任せたほうが
いいですよ。
いくら傷害が残っても任意保険屋が提示して
くる慰謝料など安い金額ですから。

保険会社は、法律をベースに約款を構成しています。
過失割合でも、裁判所決定の過去の判例を基に提示されます。
(もちろん、同じ事故はないので決定ではありませんが。)
慰謝料も自賠責基準で計算されます。
自賠責とは、お国の機関ですよね?
保険会社が勝手に慰謝料を決定するものではありません。
例えば、通院日数×4,200円などという計算があります。
(日数によっては×8,400円や+その他の雑費)
ギブスをしている間は、通院しなくても通院扱いになります。
慰謝料でもめるケースはほとんどありませんので、ご安心
ください。

昔は、「示談屋」なるものがあって、怖い人が脅したりする
ような時代がありましたが、今は、各社共通の取り決めがあり、
全て法律や地方裁判所が基準です。

経験者さまの意見も大切ですが、法律も年に数回改定されて
いますので、古い過去の事故とは異なる場合もあります。
とにかく、専門家の意見をきくことです。

ご自身の任意保険を加入している代理店さんにも相談してみて
はいかがでしょうか?

大変なお事故だったので、精神的な不安や苛立ちと肉体的な
苦痛で、相当辛い思いをされていると思います。
お子様もいらっしゃることですので、精神的な歪みが悪影響に
なったりもします。

しばらくは、保険会社に任せて、しっかりと治療・療養され、
お大事になさってください。

長文で失礼しました。
    • good
    • 0

yuuziyuuziさんがもめるケースというのは


慰謝料の金額と、休業補償の期間です。
後遺障害の審査は保険屋とまったく関係が
ない台の機関でおこないますので。

休業補償は会社休めばもらえる性質の物で
はありません。
たとえば、交通事故で左手薬指が骨折、事
務職だけど骨がくっつくまで会社休むので
休業補償下さい!といても、保険屋は、
事務職なら仕事できるでしょ、痛い分は
慰謝料で払いますから、会社休むのはあな
たの勝手でしょ!と判断されたら休業補償
はもらえません。(通院のために会社安め
ばもらえますけど)
だからyuuziyuuziさんの症状とyuuziyuuzi
さんの仕事内容で総合的に判断すると思い
ます。

半年くらいで後遺症の認定はしてはだめで
すよ。
主治医がもうこれ以上治療しても良くなら
ないから、もう通院はしなくていいですよ!
となるまで治療します。
で、通院しなくて良いですよ!となった時
点で主治医に後遺障害診断書を書いてもら
うんです。

後遺症の認定は任意保険屋経由で第3の機関
に審査が委ねられます。おおむね認定される
のかされないかの結果はおおむね2、3ヶ月
かかります。

障害が残るときは弁護士さんに任せたほうが
いいですよ。
いくら傷害が残っても任意保険屋が提示して
くる慰謝料など安い金額ですから。
さらにせっかくお金出して特約つけているの
ですから使わない手はないでしょうし。

この回答への補足

後遺症が残り、級が言われてから 弁護士さんに頼めばよいでしょうか?
その際、費用は保険かけてる300万で足りますか?

補足日時:2009/01/30 11:54
    • good
    • 0

休業補償は、原則休んだだけ請求出来ますが、事故日から180日以内で休業した日としている所も多いと思います。


後遺障害の認定は通院6月以上で、
医者がこれ以上治療しても回復の見込みのないと判断した場合、
症状固定となり、その後自賠責保険会社へ後遺障害の等級認定の申請をします。
方法は、保険会社にやってもらう方法と、自分でやる方法がありますが、
通常は保険会社へ病院の診断書を提出して、保険会社側が手続きをしてくれます。
6月以上というのは、後遺障害の認定基準が事故日から180日となっているためで、
10月でも1年でも、本人が痛くて治療が必要だと思えば、
症状固定にせずに、通院する方が良いと思います。
本人が「これ以上はよくならないな」と思い、
6月以上経過していれば、医者に症状固定の診断書を書いてもらうのが良いとおもいます。

後遺障害の申請後、1月ほどで自賠責保険会社から自宅へ通知が届き
障害等級(1~14級)が決まる訳ですが、
金額はどの等級になるかで違ってきます。
定められた等級に不服があれば、異議申し立てもできます。

保険会社は保険金をなるべく出したくないので、
専門用語をならべたり、煩雑な手続きを要求してくるので、
弁護士や司法書士に依頼すれば間違いないですが、
いきなり依頼するよりも、弁護士会の無料相談で相談してみるのも良いと思います。

この回答への補足

初めての事故で 後遺症残ると聞いて戸惑いました。
慰謝料とか保証の相場もネットで調べてますが、現実の話はわかりません

素人より弁護士にというのを聞いて それほど難しい話なのかと不安になりました。
まだ学費のかかる子供も二人いますし、今後経済的にも心配です!

私の方の任意保険の特約に弁護士費用300万まで出してもらえるのがついてます。
それで、弁護士に以来も悩んでます。

補足日時:2009/01/30 07:53
    • good
    • 0

まず、後遺障害というのは、医者が言う物と労災や自賠責保険(自動車事故)で認められる物はまるっきり違います。



医者にとっては、患者が事故の前から少しでも代われば全て後遺障害といいます。
ですが、労災や自賠責保険で考える後遺障害とは、どれだけ労働能力に損失が在るのかと言う所から判断を行います。

つまり治療している最中で、等級の予測をすると言うのは、そもそもナンセンスな話です。

今は未だ、後遺障害による金勘定をする時期ではなく、直すために治療に専念する時期ですよ。

後遺障害の申請は、最低でも、6ヶ月の治療をした後になります。

その時の状態により等級認定が行われ、それに対するお金が支払われます。
今から金勘定しても、6ヵ月後には受け取れるお金が無かった(後遺障害としてごくわずかしか残らなかった。)なんて事も良くある話です。

お金をもらうより、障害が無くなった方がよっぽど良いですよ。
その辺を良く考えられた方が良いと思います。
いまは治療に専念されるように考えられた方が良いですよ。

この回答への補足

そうですよね。
とにかく治りたいです。

障害って言う言葉が、初めて自分に浴びせられて 戸惑いました。

認定されたら、障害者手帳とか持つようになるのですか?
まだ先の話でわかりませんが、おそらく12~14級と聞きました。

補足日時:2009/01/30 07:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労災 症状固定と言われましたが・・・。

こんにちは。
昨年6月末、仕事中に手首粉砕骨折し、7月初旬に手術。一部整復に失敗したとのことで翌日再手術。7月末に退院し、9月頃からリハビリ。今年1月に抜釘手術。現在もリハビリ中です。
現在手首関節が下へ20度、上へ30度ほどしか曲がりません。仕事は基本的にはキーボードが打てれば良く、それには問題ありませんが、荷物を運んだり、軽作業では無理がある場合があります(そのたまにある業務の時に骨折しました)。
手首をかばってか、左肩も痛みがあり真上まで腕が上がらない状態。朝ベッドから起き上がる時に左手を付いて起きれず、左肘を支点に起きます。手をつくと痛いです。手首の小指側に骨折時に跳んだ骨の破片が残っていて、手を小指側に傾けると痛みあります。

主治医より7月一杯で症状固定で診断書を書きますと言われました。これは、8月よりリハビリが労災では受けられないということでしょうか? 私としては年内くらいはリハビリを続けたいと思いますし、もっと良くなると感じています。おそらく時間的に「1年たったから症状固定です」と言っているのだと思います。その先生は労災の認定医もしていて、厳粛に法を適用させる立場にあるようです。

さて、質問は
リハビリ出来ないとすれば、自然に治すのでしょうか?
また、治るのでしょうか?
別の入院者に障害が残れば、一時金が出るという話も聞きましたが、この程度の障害で出るのでしょうか?また、どのくらい出るのでしょうか?

よろしくお願いします。

こんにちは。
昨年6月末、仕事中に手首粉砕骨折し、7月初旬に手術。一部整復に失敗したとのことで翌日再手術。7月末に退院し、9月頃からリハビリ。今年1月に抜釘手術。現在もリハビリ中です。
現在手首関節が下へ20度、上へ30度ほどしか曲がりません。仕事は基本的にはキーボードが打てれば良く、それには問題ありませんが、荷物を運んだり、軽作業では無理がある場合があります(そのたまにある業務の時に骨折しました)。
手首をかばってか、左肩も痛みがあり真上まで腕が上がらない状態。朝ベッドから起き上が...続きを読む

Aベストアンサー

労災では1年から1年半で現在続けられている短期療養給付の状態を労働基準監督署が審査をして、これで治療を終了するか、それとも長期療養が必要なのかを判断します。
判断は担当医の意見を求めますが、これが診断書や意見書というかたちで記載してもらうものになります。

労災での症状固定というのは「医学的にこれ以上治療してもよくならない」状態とされています。
治るとか軽減するとかを第三者が判断することは難しいものです。それは医師とて同じです。
ここでの症状固定というのは、他の同様の事例やレントゲンなどの各種検査結果を総合して、あくまで医学的な見地から記載するものとお考えください。

症状固定とされると労働基準監督署では障害等級認定を行います。等級によって一時金を支払って治療終了とする場合もあれば、障害者手帳を発行して年金として支給する場合などさまざまな治療後の対応がとられます。

障害等級認定は医師の診断書が重要なポイントとなりますが、本人なしで進められることはありません。ですので、認定審査の際には本人の意見として述べてみてください。
その前に担当医には本人意見は伝えておくことは重要です。

労災では1年から1年半で現在続けられている短期療養給付の状態を労働基準監督署が審査をして、これで治療を終了するか、それとも長期療養が必要なのかを判断します。
判断は担当医の意見を求めますが、これが診断書や意見書というかたちで記載してもらうものになります。

労災での症状固定というのは「医学的にこれ以上治療してもよくならない」状態とされています。
治るとか軽減するとかを第三者が判断することは難しいものです。それは医師とて同じです。
ここでの症状固定というのは、他の同様の事例やレン...続きを読む


人気Q&Aランキング