最新閲覧日:

多発性骨髄腫癌についてどうしても知りたいので教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「多発性骨髄腫」
更に、
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010216. …
(多発性骨髄腫)
http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkcan.html
(『がん克服』総合リンク集)

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0

多発性骨髄腫は、産生されるMタンパクの種類によってG、A、D、ベンスジョンズタイプなどの病型に分類されます。

この病気は骨の中心にある骨髄(赤血球、白血球、血小板を造っている)で、がん化した形質細胞(骨髄腫細胞)が周りの骨を破壊しながら増え続けるため、骨の痛みを感じるようになったり、全身のいたるところの骨が弱く折れやすくなります。多発性骨髄腫は、男性に多く女性に少ない高齢者の病気です。年齢別に頻度を比較すると65~70歳にピークがあり、40歳以下では非常に少なく、全多発性骨髄腫症例の2%以下を占めるにすぎません。これまで多発性骨髄腫の発症頻度は人口10万人に対して3~4人程度でしたが、高齢化社会の到来とともに増加傾向がはっきりしてきています。なお、最近では住民検診や人間ドックなどの折に血液生化学検査値の異常が発見され、精密検査により多発性骨髄腫と診断される方が徐々に増えています。

がん化した形質細胞が限局した腫瘍をつくった場合には、形質細胞腫と呼び、骨にできる孤立性形質細胞腫と、骨以外の部位にできる髄外性形質細胞腫の2つに分けられます。これらを長期間観察していると一部で多発性骨髄腫へ移行することが知られてます。

症状・治療方法は下記のページをご覧下さい。

参考URL:http://www.niigata-cc.niigata.niigata.jp/Ipn_Gan …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ