忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

はじめまして、このような場所で質問するのは初めてですので
うまく質問できないかもしれませんが、よろしくお願いします


美容室を去年の10月に開業いたしました
貸店舗です 個人事業主です

青色申告を自分で 会計ソフト「弥生会計プロフェッショナル 06」を使用して 作業している
最中なのですが、わからないことが 多々ございますので
ご回答をお願い致します



質問1

銀行から 500万円の融資を受けたのですが その場合の仕分けを教えて下さい




質問2
貸店舗 を改装しまして リフォーム業者に 改装費400万円 現金で支払いしました
その場合の 仕分けを 教えて下さい


質問3
店舗の看板 を つけるのに 40万円 看板屋に 現金で支払いました
その場合の 仕分けを教えて下さい


質問4
美容室用イス、シャンプー台 など 60万円 美容室機材取り扱い業者に 現金で支払いました
その場合の 仕分けを教えてください

質問5
保健所に 開業申請の手続きで 22000円 証紙代金を 現金で支払いました
その場合の 仕分けを教えて下さい


質問6
貸店舗 賃貸契約の際に 敷金 仲介手数料 家賃1ケ月分など
80万円 不動産屋に 現金で支払いしました
その場合の 仕分けを教えて下さい


質問7・・・

質問 2~6 までは 開業日より 前に支払いをしたものなのですが、

開業費 は 5年で 減価償却できる と聞いたことがございます
が そうなのでしょうか


この場合の減価償却の方法を 教えて下さい
その場合の仕分けも教えて下さい


質問8・・
今回 開業するにあたりまして、自己資金300万円 銀行融資500万円で開業しましたが、
その場合は 「元入金」 は800万円になるのでしょうか

それとも 300万円なのでしょうか

それとも 好きな金額を 元入金にしていいのでしょうか


質問9
減価償却が わからなかったりした場合、
減価償却しないで申告しても 大丈夫なのでしょうか



長々とすいませんです

よろしくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ふたたびbaobauです。



保障協会の保障付き融資でしたら、保障料と契約時の印紙代が融資額から差し引かれて入金されたと思います。
ので、
(1)借入時
 借入額  銀行預金  ○○円 / 借入金 5,000,000円
 保障料  雑  費  ○○円 /
 印紙代  租税公課  ○○円 /

 となると思います。
 この場合に、保障料は、本来は繰延費用となり、借入金の返済期間に併せて償却することになりますが、個人ですとそこまでする必要は無いと思われます(あくまで私の見解ですが)
 また、青色申告での貸借対照表科目表記を確認しましたが、該当するような科目が見当たりませんので、取り合えずは『雑費』で良いと思います。

(2) 返済時
  おっしゃるように、保障協会保障付き融資の場合(新規開業融資ですね) 通常は7年84回の元金均等額返済となると思いますので

 返済額  借入金  50,000円  / 銀行預金  50,500円
      支払利息   500円

 ※)単純計算で月59,000円ぐらいでしょうか?

次に、店舗改装費ですが、
 見積書などはありませんか?
 あればその内容で判断出来ます。

同じく、什器・備品についても内容が解るものがあればそれぞれに判断できます。

次に、 税理士ですが、一番お安く出来ることは、商工会議所に入っておられれば、商工会議所で『青色申告の記帳指導』というものを行っているはずですので、そこでお聞きになられるのが良いのですが、これですと恐らくもう時間的には間に合いそうにありませんので

税理士さんの報酬ですが、
 一般的には、月額 30,000円~40,000円(個人の場合)
 確定申告作成時  70,000円~150,000円(個人場合)
 ぐらいだと思います。

最後に看板ですが、1枚のもので40万円ですと小額資産(30万円以下)とはなりませんし、広告宣伝費にすることも出来ませんので、
器具・備品が適切ではないかと思います。

 その場合 3年償却 償却率は 0.536% です。
 20年10月に開業と書かれていますので、計算しますと、
 400,000×0.536×3ヶ月/12月=53,600円 が平成20年度の
 看板に対する減価償却額です。

 弥生会計ソフトが解りませんが、おそらくですけど、
 科目を『器具・備品』とし
 品名を『看板』と入力、
 取得日 を平成20年10月○○日
 耐用年数を3年
 として自動計算すると、上記の金額が得られると思います。

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

baobau様

ありがとうございます

学習させていただきました

税理士さんの利用は 最後の最後に行き詰ったら
お願いすることにします

また やってみてわからないことがでてきましたら
よろしくお願い致します

ありがとうございました

お礼日時:2009/03/05 23:28

質問1


銀行から 500万円の融資を受けたのですが その場合の仕分けを教えて下さい
 借入た時は
 例; 預金 500万円 /借入金 500万円

 その後いくらか返済しておられませんか?
 昨年の10月でしたら、1から2回返済されていると思いますが?
 その仕訳はお解りになりますか?
 利息はどうされていますか?
 それと、銀行からの直接融資ですか? 担保の設定などはどうされましたか?

質問2
貸店舗 を改装しまして リフォーム業者に 改装費400万円 現金で支払いしました
その場合の 仕分けを 教えて下さい
 例;
 建物付属設備  ○○円  / 現金 400万円
 修繕費     ○○円  /

 おそらくですが、全てが『建物付属設備』となるわけではないと思いますよ、内容によっては修繕費科目となるものもあると思います。
支払の内容を確認する必要があります。

質問3
店舗の看板 を つけるのに 40万円 看板屋に 現金で支払いました
その場合の 仕分けを教えて下さい
  例 建物付属設備 40万円 / 現金 40万円

 看板は電光看板でしょうか?
 それとも板看板?
 例えば、テントとかは? テントに入れる文字看板などでしょうか?

つまりは、このご質問だけでは、正直お答え不可能です
一例のみ一部書いて見ました。

失礼ですがまったく会計知識をご存知無い様ですので、できましたら最初の1~2年ぐらいは、税理士さんにご相談されることをお勧めします。

もし、開業費という科目をお使いになられるようしたら使えるのは
保健所の証紙代
不動産仲介手数料
契約時の家賃1か月分ぐらいと 店舗改装費に含まれる修繕費ぐらいです
後は資産・負債の増減などですので開業費にはあてはまりません

また、店舗改装費や 看板などの減価償却ですが これも内容により違いますので、やはりここは税理士さんにみてもらいましょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

baobau様 ありがとうございます

 その後いくらか返済しております

銀行から直接融資で、担保なし 保障協会を利用しています
毎月返済額 は微妙に減っていく システムなのですが・・

仮に

毎月 50000円 借入金の返済

支払利息 500円

と仮定しました場合の 仕分けを 教えて下さい



リフォーム業者の 支払いは 1活して 支払いましたので
領収証は 400万円です

 建物付属設備  

 修繕費

別々にするには リフォーム業者に確認しなければいけないのですか



看板は 板看板です









 税理士さんにご相談とのことですが・・

このくらいの内容でしたら だいたい料金はと゜のくらいが
相場なのでしょうか?

例えば 
3万円~5万円
5万円~10万円
8万円~15万円

こんな感じで 教えて頂けるとたすかります

お礼日時:2009/03/03 22:41

>銀行から 500万円の融資を受けたのです…



【普通 (or当座) 預金 500万円/借入金 500万円】

>貸店舗 を改装しまして リフォーム業者に 改装費400万円…

【建物付属設備 400万円/現金 400万円】

>店舗の看板 を つけるのに 40万円…

【建物付属設備 40万円/現金 40万円】

>美容室用イス、シャンプー台 など 60万円…

【工具・器具・備品 40万円/現金 40万円】

>保健所に 開業申請の手続きで 22000円…

【租税公課 2.2万円/現金 2.2万円】
以上、『青色申告決算書』にしたがった仕訳です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

>質問 2~6 までは 開業日より 前に支払いをしたものなのですが…

普通に減価償却資産でよいです。

>開業費 は 5年で 減価償却できる と聞いたことがございます…

それぞれ耐用年数が違います。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

>この場合の減価償却の方法を 教えて下さい…

一言で言い表せるものではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm
自分で本でも買って勉強する気がないのなら、税理士を雇いましょう。

>その場合は 「元入金」 は800万円になるのでしょうか…

元入金とは、
[期首の資産総額] - [期首の負債総額]
本当にお書きのものだけで開業するなら、元入金は「マイナス 200万」。

>減価償却しないで申告しても 大丈夫なのでしょうか…

納めるべき税金が多くなる方向での意図的省略は、脱税には当たらず、大きなおとがめはないでしょう。
ただ、「正規の簿記の減速による記帳」ができていないとして、青色申告特別控除は 10万円しか認められない可能性があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2072.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

mukaiyama 様

ありがとうございます

いろいろなホームページを 紹介して頂きましてありがとうございます

>この場合の減価償却の方法を 教えて下さい…

一言で言い表せるものではありません。

そうですよね


長文でもかまいませんので・・・・

教えていただけたらと思っておりました

このあたりが 初心者で的外れな質問なんですね






 

お礼日時:2009/03/03 22:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q個人事業主です。

昨年理容室を開業し、ブルーリターンの会計ソフトを使っております。

今年初めての確定申告を前に、何点か質問したい事があります。
初めての質問投稿で分かりずらい部分もあるかと思いますが、
ぜひご教授お願い致します。

会計ソフトの入力(勘定科目・期末棚卸)についてなのですが、

1.お客様に販売する目的で仕入れた商品(例、シャンプー・トリートメントなど)は、
仕入として会計ソフトに入力し、
カラー剤やパーマ液など技術として使用する物は、
消耗品費として会計ソフトに入力していたのですが、この仕訳は正しいのでしょうか?

2.期末棚卸の際に棚卸在庫として対象になるのは、仕入をしているシャンプー・トリートメントだけでなく、消耗品としている、カラー剤やパーマ液も含まれますか?
仕入=商品=棚卸在庫という考え方ではなく、
消耗品でも未使用で残っているものは棚卸在庫になるのでしょうか?
カラー剤やパーマ液も仕入として処理するのが正しいのでしょうか?

回答お願い致します。

Aベストアンサー

>1.お客様に販売する目的で仕入れた商品(例、シャンプー・トリートメントなど)は、
仕入として会計ソフトに入力し・・

正しいです。期末棚卸の際に在庫として残っている商品は、貸借対照表の「商品」勘定に計上します。ですから、期末に商品の在庫を計上するときは、
〔借方〕商品☆☆☆☆☆/〔貸方〕期末商品棚卸高☆☆☆☆☆
となります。

>カラー剤やパーマ液など技術として使用する物は、
消耗品費として会計ソフトに入力していたのですが、この仕訳は正しいのでしょうか?

正しいです。期末棚卸の際に在庫として残っている消耗品は、貸借対照表の「貯蔵品」勘定に計上します。ですから、期末に消耗品の在庫を計上するときは、
〔借方〕貯蔵品☆☆☆☆/〔貸方〕消耗品費☆☆☆☆
となります。


>2.期末棚卸の際に棚卸の在庫として対象になるのは、仕入をしているシャンプー・トリートメントだけでなく、消耗品としている、カラー剤やパーマ液も含まれますか?

期末棚卸の際に棚卸の対象になるのは、未販売の商品だけでなく、未使用の消耗品も対象になります。

>仕入=商品=棚卸在庫という考え方ではなく、
消耗品でも未使用で残っているものは棚卸在庫になるのでしょうか?

そうです。

>カラー剤やパーマ液も仕入として処理するのが正しいのでしょうか?

いいえ。カラー剤やパーマ液は、購入時は消耗品費として処理して差し支えありません。

>1.お客様に販売する目的で仕入れた商品(例、シャンプー・トリートメントなど)は、
仕入として会計ソフトに入力し・・

正しいです。期末棚卸の際に在庫として残っている商品は、貸借対照表の「商品」勘定に計上します。ですから、期末に商品の在庫を計上するときは、
〔借方〕商品☆☆☆☆☆/〔貸方〕期末商品棚卸高☆☆☆☆☆
となります。

>カラー剤やパーマ液など技術として使用する物は、
消耗品費として会計ソフトに入力していたのですが、この仕訳は正しいのでしょうか?

正しいです。期末棚卸の際に在庫として...続きを読む

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q店舗設営費用は開業費としていいのですか

建物は借り物で店舗を経営しています。店舗の内装にかかった費用は開業費として繰延資産計上していいのでしょうか。本で調べると、開業費は開業までの家賃や交通費、光熱費や広告宣伝料と書かれており、現在は修繕費で計上しようとしてます。そもそも、何として計上すべきなのでしょうか。

青色申告するのですが、初年度である今年は赤字になります。青色申告は3年間赤字を繰り越せるそうですが、開業費の場合は5年かけて償却できるのは最初の投資が大きい場合はメリットかと思うのですが・・・。

10万円以上のものは固定資産として計上しています。

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

店舗の内装費は、20万円以上の場合「内装設備」として、固定資産の「建物」に計上して、減価償却を行ないます。
耐用年数は、建物の構造によって違います。
木造の場合は、木造建物の店舗用で22年になります。
他の構造の場合は、参考urlの耐用年数の一覧表をご覧ください。
その表で、構造別になっていますから、該当する構造の「店舗用」の年数を使います。

又、10万円以上20万円以下の場合は「内装設備」として、固定資産の「建物」に計上して、3年間で均等償却します。この場合、残存価格は0で計算します。

参考URL:http://www.brainjim.com/zei801.html

Q勘定科目を教えてください。

来客用の飲料や茶菓子等の勘定科目は何にするのがいいのでしょうか?交際費?雑費?消耗品費?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には、その内容によって、会議費、福利厚生費、交際費に分かれるものと思います。

その場で商談する際に出す飲料や茶菓子であれば会議費、主として従業員のためのものであれば福利厚生費、来客へのお土産については交際費に該当するものと思います。
(飲料や茶菓子について、来客と従業員、どちらにも出す場合は、どちらが比重が大きいかで判断されれば良いと思います。)

ただ、金額がそれほど大きくなければ、雑費で処理する会社もあるとは思います。
(もちろん、そのうちの交際費については、税務上は交際費で処理すべき事となります)

Q事務所の内装にかかった費用は何で計上したらいいのでしょうか?

もう1件お願いします。
事務所開設の内装にかかった費用は何で計上したらいいのでしょうか?
具体的には、パーテーションの工事代・家具代・工事監督請負代金の支払いなどです。合計で400万を超えます。
消耗品ではおかしいですよね??
勘定項目(費用)の中に該当するものが見当たらず、その他で処理すべきかなと思っています。

Aベストアンサー

実際の工事の内容がわかりませんので、基本的な考え方だけ述べさせてもらいます。

まず費用計上ではなく資産計上をしてください。
工事代と請負代金は一括して、「建物付属設備」にして問題ないでしょう。
また家具についても一括して「器具備品」などの科目にして下さい。
その上で、耐用年数期間内で「減価償却費」という費用にて
備忘価格1円まで償却していけばOKです。

工事代・請負代金300万円、家具100万円と仮定して、これを全て現金で支払ったならば
建物付属設備/現金 300万円
器具備品  /現金 100万円
耐用年数をそれぞれ、建物付属設備10年、家具8年として定額法で減価償却するとして、
減価償却費 /建物付属設備 30万円
減価償却費 /器具備品   12.5万円

わかりにくいかも知れませんが、こんな感じです。

Q開業費に関する仕訳について教えてください。

今年から飲食店の個人事業主になった者です。
青色申告を予定しています。

そこで、開業費について質問ですが、
開業日前に購入した仕入や消耗品費はどちらも開業費に含めても
かまわないのでしょうか?

できればどちらも開業費に含めたいと思っているのですが。

つまらない質問かもしれませんが、困っています。
どうか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

開業費に計上できるのは、開業の準備のために要した費用を言います。従って、
1,仕入は開業費に含まれません。
2.器具・備品類は一個または一組の価額が10万円以上のものは
  減価償却資産になりますので、開業費には含みません。
3.上記以外の通信費、水道光熱費、交通費等、開業前の経費は
  開業費に計上できます。
 
*仕訳はいずれも開業日の日付で
  仕入/事業主借
  器具備品/事業主借
  開業費/事業主借

*開業費は5年以内の期間で任意償却できます。
 従って、初年度以降5年以内は黒字になるまで
 償却しない方が有利です。

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Q開業2年目の個人事業主です。帳簿付けてません!

個人サロン開業2年目の個人事業主ですが帳簿を全然付けてません!
このままではいけないと、心が焦るばかりです。


備品や食糧、外食などの領収書やレシートは月別に袋に入れてます。

月々の売り上げ金額は大体わかります。

仕事仲間への支払いは、都度現金払いでしていたので、請求書や受領書など何もありません。

昨年度は申告もできていません。※昨年は初期の設備費用などでたぶんトントンだと思います。


私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?
お勧めの会計ソフトなども教えて下さい。※現金商売なのでごく簡単なもので大丈夫だとおもいます。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?

まずは、「トントンだったことを(赤の他人にも)証明できるようにしておく」のが一番重要です。

本当に「トントン=儲かっていない」ならば、所得税もかかりませんので、「所得税の確定申告」もする必要がありません。

ですから、とりあえず「体裁」はどうでもよいので、「証拠となるものを残す、忘れてしまわないように記録しておく」ようにしてください。

---
ちなみに、今のままだと「現金払いで請求書や受領書など何もない仕事仲間への支払い」は、証明する方法がないので「遊びに使ってしまった」と思われても仕方がない状態です。

ですから、今からでも「人件費などのお金の流れ」を証明できるようにしておいたほうがよいと思います。

なお、「お金の流れ」を記録したものが「帳簿」で、その証拠になるのが「請求書(の控え)や領収書(の控え)など」です。

---
あとは、「初期の設備費用など」の中には、「減価償却(げんかしょうきゃく)」という独特な考え方で必要経費にしないといけないものがある可能性があります。

あくまでも「たとえ話」ですが、「40万円のものを買ったら、1年に10万円ずつ4年で必要経費に計上する」というような感じです。

『必要経費になる?ならない?「必要経費」の考え方【2/2】|All About』(更新日:2012年10月16日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14618/2/
>>[支出した金額が必要経費になるとは限らない]

>お勧めの会計ソフトなど…

まずは、「税理士」にどうすればよいか相談して、ついでに「お勧めのソフト」を聞くのがよいと思います。

ただし、「とにかく安くあげたい」場合は、(自分で勉強する必要がありますが)「税務署や商工会などが行なう記帳指導で使われているソフト」を使うのがよいかもしれません。

『個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm
>>青色申告をはじめてみませんか?
>>「会計ソフト方式」
>>指導会場において会計ソフトを用いて記帳の仕方等について説明します。パソコンは会場に準備しています。
>>※ 使用する会計ソフトの種類は、記帳指導の受託者である事業者により異なります。

『事業者サービス|全国商工会連合会』
http://www.shokokai.or.jp/somu/main_service.htm
>><ネットde記帳>
>>ネットde記帳は、…商工会で操作方法等のサポートを行なっていることに加え、身近な商工会から記帳・経理等の指導も受けられることが最大の特徴となっています。

※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。

---
(補足1.)

「税金の時効」は、原則として「5年」、脱税など悪質な場合は「7年」ですから、「税務署の調査(税務調査)」は、いつ行われるか分かりません。

たとえば、今後儲かってきて税務申告した後で、税務署から「開業した時からの帳簿を見せてもらえますか?」というようなチェックが入る可能性は十分あると思います。

あとは、可能性は高くないですが、取引業者の税務調査の流れで自分のところにも調査が入るようなこともあります。

そうなったときに帳簿がないとどうなるかといいますと、「推計課税(すいけいかぜい)」という方法で税金を「一方的に」決められてしまう可能性があります。

具体的には、「今これくらい儲かっているんだから、○○年も○○円くらいは儲かっていたはず」というような税金の決め方が行われるということです。

もちろん、「必要経費がまったく認められない」ということはなく、同じように「この仕事だと売上の○割くらいの必要経費が妥当かな?」という感じで考慮はしてもらえます。

「推計課税」については、以下の記事が分かりやすいです。

『白色申告の話』(2010/06/25)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-527.html

---
(補足2.)

「所得税の確定申告」は、「儲かっていない≒所得税が0円」ならばしなくてもよいですが、「個人住民税の申告」は、「収入が全くない」場合でも原則として行う必要があります。

なぜかと言いますと、「収入があったかどうかすら分からない」と「国保の保険料の算定・軽減の判定」などの「行政手続き」に支障が出ることがあるからです。

『住民税の申告について|町田市』
https://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/tax/shimin/shimin02.html
>>【注】住民税の申告は前年の収入の有無等を市役所に届け出てもらうもので、収入が全くない方も申告の必要があります。
>>申告がありませんと、公営住宅入居・子ども手当・保育園入園・公的年金・事業資金の融資等の申請に必要な住民税の課税・非課税証明書の交付が受けられませんのでご注意ください。

ちなみに、「所得税の確定申告書を税務署に提出した人」は「個人住民税の申告書」は(市町村に)提出するする必要がありません。

『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

※なお、「個人住民税」は「地方税」なので、詳しくは「1月1日に住んでいた市町村」にご確認ください。

『住民税とは?住民税の基本を知ろう|All About』(更新日:2014年06月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※分かりにくい点があれば「補足」にてお知らせ下さい。



*****
(その他、参照したサイト・参考サイトなど)

『税務調査って怖いの?』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373.html
『第1回 税務署に疑われない「必要経費」の区分|アットマーク・アイティ』(2009/2/4)
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/kakutei/01/01.html
---
『確定申告を忘れたとき|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm
『確定申告の期限後申告によるペナルティとは|All About』(更新日:2014年02月12日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14820/
>>延滞税の計算は…平成26年1月1日から平成26年12月31日までの期間は、【年2.9%】とされています。
---
『税務時効|大埜治仁税理士事務所』(2013年8月 5日)
http://www.ohno-jp.net/blog/2013/08/post-13-588376.html
---
『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/works.htm
>>個人課税部門は、所得税や個人事業者の消費税等についての個別的な相談や調査を行っています。また、個人事業者向けの各種説明会や青色申告のための記帳指導・研修等も担当しています。…
---
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
『ニセ税理士|税理士もりりのひとりごと』(2014/01/04)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1912.html
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?

まずは、「トントンだったことを(赤の他人にも)証明できるようにしておく」のが一番重要です。

本当に「トントン=儲かっていない」ならば、所得税もかかりませんので、「所得税の確定申告」もする必要がありません。

ですから、とりあえず「体裁」はどうでもよいので、「証拠となるものを残す、忘れてしまわないように記録しておく」ようにしてください。

---
ちなみに、今のままだと「現金払いで請求書や受領書な...続きを読む

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。


人気Q&Aランキング