キラル媒質というものがあると聞きました。
任意の偏波の平面波を入射すると偏波特性が変化する
らしいということを聞きました。
それは、具体的にどういったものでしょうか?
そして、どんなことに応用されたり使われたりするのでしょうか?
ぜひ、だれか教えてください。
お願いします。

A 回答 (4件)

勘違いかもしれませんが、「液晶」のことでしたら、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この回答の#3の参考URLには化学構造式と物性値があります。

PC等のディスプレイ画面に使用されているものではないでしょうか?

液晶の事でしたら、更に成書等も紹介できましが、補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=24479
    • good
    • 0

応用について一例を挙げます。



光通信において使われています。
媒質の継ぎ目に於ける反射はロスになるばかりか、変な発振を生じたりして具合が悪い物です。そこで、たとえば偏光板を通して直線偏光した光を45度旋光させる媒質を通して送り出しますと、反射して戻ってくる時に更に45度偏光面が回るので、偏光板を通過できなくなります。

また、いろいろな物質が旋光性を持っているからこそ、偏光顕微鏡が有用なんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
キラル媒質がどのようなものに使用されているのか
一例をあげていたお陰で、理解できました。
私は、電気通信系の者ですのでこのような回答がわかり
やすかったのです。

お礼日時:2001/03/09 11:52

キラルに関して知っていることをお伝えします。


seigmundさんがお書きになっているように、
キラル化合物という物は、キラル(Chiral:不斉)中心を持つ化合物のことをいいます。

一般に有機化合物(生体が作り出した化合物で薬やタンパク質といった無機物以外の物質)はほとんど全てがキラル中心をもつ化合物で。

キラル中心について簡単に説明しますと、炭素は4本の手を持っていてその4本の手に全部違う物が結合したとします。
その際4本の手は、正四面体(正三角形4つでできあがる立体)の中心に炭素原子をおき、各頂点に向かって手が伸びています。
それぞれ違う物が炭素原子に結合した物を一つ作り、もう一つ鏡に映した時のような物を作ります。その2つは同じ物で出来ているにもかかわらず重ね合わせることが出来ません。それらを鏡像異性体といいます。
物性(融点や化学的性質)はその2つはほぼ同じです。

大きな違いは旋光度です。
いわゆる偏波をあてたときに右に屈折するか左に屈折するかの違いが有ります。それがどれだけ曲がるかはキラルを形成する物質や濃度、通過距離によって変わりますが、キラル中心が一つの場合はそれぞれ全く同じ値(プラスとマイナス)になります。それぞれが1:1で混ざっている物はラセミ体といい旋光は示しません。

それらの違いは生物にとって大変重要です。
身近な物ではグルタミン酸(味の素の主成分)です。
味覚を感じるのは片一方のDグルタミン酸で、その鏡像体のLグルタミン酸は味覚を感じません。
といった具合に様々な生物はどちらか一方を制御して作っているようです。

しかし、薬など生物から取りだしても良いのですが、非常に微量だったりすると大量の生物から取り出さなければならなくなり、自然破壊に繋がります。そこで人工的に合成したりするのですが、その際にキラルを制御して作ることは非常に難しいことなのです。

キラル試薬など専門分野でも盛んに研究がなされています。
またキラルクロマトグラフィーといったキラルを分離することの出来るアイテムの研究も盛んです。

またキラルによる生物活性の違いなどこれからの分野であることはまちがいありません。

こんな感じの答えで分かってくれましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。
私は、化学系ではないので、少し分かり難い
部分もありましたが大変参考になりました。

お礼日時:2001/03/07 21:24

光学は専門外ですが,物理屋としての常識の範囲で回答します.


(要するに,あまり突っ込まれると,ボロがでるということの言い訳です)

立体異性の一種で,旋光性だけが違うような構造をキラリティーあるいはキラル構造
と呼んでいます.
例えば,正四面体の中心になにか原子(団)があって,4つの頂点に別の原子(団)が
あるとしましょう.
4頂点の原子(団)のうち,少なくとも2つが同じであればこの分子構造は
1種類しかありませんが,
4つの原子(団)が全部異なれば,分子構造が2種類あります.
図が描けないので説明しづらいですが,4つの原子(団)を A,B,C,D としましょう.
B,C,D の面をxy面にして,Aをz軸上におきます.
B,C,D はxy面上の正三角形ですが,右回りに B,C,D とおいたときと,
左回りに B,C,D とおいたときとは構造が違います.
すなわち,どう頑張っても両者は3次元空間内で互いに変換する事ができません.
ちょうど,右手と左手みたいなもので,両者は鏡像関係にあります.

こういう物質では,左右の円偏光に対する屈折率に差があるため,
光の偏光面が通過距離に比例して回転します(旋光性).
偏光面の回転方向が右ねじ的か左ねじ的かによって,
右旋性(d),左旋性(l),といいます.

もともと旋光性のない場合でも,磁場をかけると偏光面が回転しますが
これはファラデー効果と呼ばれています.
ファラデー効果と特に区別する際には,
構造に起因する旋光性を自然旋光性と呼びます.

旋光性は水晶で最初に発見されました.
ブドウ糖,果糖,ショ糖,酒石酸,ロッシェル塩,などの水溶液も旋光性を示します.

旋光性の測定は分子構造研究ではずいぶん有力な手段のようです.
上の正四面体分子の例では,
異性体のどちらも通常は物理的化学的性質は同じなので,旋光性が構造を決定する
極めて有力な手段になります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私自身がまだ、光学をさほど理解していないため、今回の回答で
すべてが分かった訳ではありませんが、かなりイメージがはっき
りとしました。物理系の回答でしたが、光学に自分なりに置き換
えて考え、理解の助けとなりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/07 15:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q周波数特性で・・・

A --------a---------b---------c---------- B

AとBはつながっていて,aは電源 v1 ,bは抵抗 R[Ω] ,cはコンデンサ C[F]です。

コンデンサC[F]にかかる電圧を、v2とすると、電圧比 Kv(jω)= v2/v1はどーなりますか?
教科書では、1/(1+jωCR)になってます。なんでこうなるかわかんないのでおしえてください。おねがいします。

Aベストアンサー

全体に流れる電流をIとすると、
I = v1/{R + 1/(jωC)}

それにより、v1は
v1 = I{R + 1/(jωC)}

そして、Cにかかる電圧v2は
v2 = I/(jωC)

それから、
v2 =[v1/{R + 1/(jωC)}]/ (jωC)
= v1/[(jωC){R + 1/(jωC)}]
= v1/(jωCR + 1)

よって、v2/v1は
Kv(jω) = {v1/(jωCR + 1)}/[I/{R + 1/(jωC)}]
= {v1/(jωCR + 1)}/ ([{R + 1/(jωC)} v1]/{R + 1/(jωC))
= {v1/(jωCR +1)}/v1
= 1/(jωCR + 1)

となり、表記のとおり、1/(1+jωCR)となります。

ただ単に電圧、電流を変数において計算するだけでこうなります。

QMOSFETスイッチング特性

NチャネルMOSFETのID-VGS特性グラフのことで、VGSを増加させていくとある点を境にして急激にIDが増加しますが、その後、いくらVGSを増加させてもIDがほぼ一定になるのはどうしてなのでしょうか?

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

私は、半導体技術の業務の経験者なのですが、
Id-Vg に飽和現象があるという認識は持っていないです。

そのMOSFETは、普通のMOSFETですか?

あるいは、
もしかしたら、片対数グラフ(縦軸を対数)にしていませんか?

Q周波数特性

研究でデジタルオシロスコープを使っています。この測定器の周波数特性(横軸周波数[Hz],縦軸Gain[dB])を求めたいのですが、具体的にどうすればいいのですか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オシロスコープの周波数特性は.基準発信機につないで.表示がどの程度ずれるかで測定します。
従って.基準発信機(昔は1台30万ほどした)を持っているかどうか.という事になります。
あるいは.校正済みオシロスコープで適当な発信機の信号の大きさを計って.発信機を校正し.該当オシロスコープとの表示のずれを見ることになります。

Q周波数特性の計算

伝達関数がH0(z)=z^-1 +2z^-2 +z^-3のものと
     H1(z)=z^-1 -2z^-2 +z^-3
この2つのフィルタそれぞれについての振幅特性を出したいのですが、計算が苦手で周波数特性の計算をしても答えらしきものが出ません・・。そんなに難しくはないのかもしれませんがあまりディジタル信号処理の勉強が得意ではないので分かるかたがいましたら教えていただきたいのです。

Aベストアンサー

できればzにe^-jωを代入するだけの形で計算したいと思っています。:
ω=2・π・fだから
z=exp(j・ω)となるのは
サンプリング周波数が1とのときすなわわちfs=1/Ts=1のときだけです
そしてそのときでもz=exp(-j・ω)にはなりません
出題者は間違っていますね

H0(z)の振幅特性が1+e^jω:
H0(z)=(1+z^(-1))^2・z^(-1)であって
H0(z)=1+zにはなりません

H1(z)の振幅特性が1-e^jωとなるらしいですが周波数特性の出し方がいまいちよくわかりません。
H1(z)=(1-z^(-1))^2・z^(-1)ですからそのようにならないので分からないほうが正しいのです
分かったら間違っているということです

Tsと書くところをTとかいてしまったけれども正確に書くと
H0(exp(j・2・π・f・Ts))=
4・exp(-j・4・π・f・Ts)・cos^2(π・f・Ts)=
2・exp(-j・4・π・f・Ts)・(1+cos(2・π・f・Ts))
であり
H1(exp(j・2・π・f・Ts))=
-4・exp(-j・4・π・f・Ts)・sin^2(π・f・Ts)=
-2・exp(-j・4・π・f・Ts)・(1-cos(2・π・f・Ts))
です

ω=2・π・fですから
H0(exp(j・ω・Ts))=
2・exp(-j・2・ω・Ts)・(1+cos(ω・Ts))
とかいても
H1(exp(j・ω・Ts))=
-2・exp(-j・2・ω・Ts)・(1-cos(ω・Ts))
とかいても同じです

サンプリング周波数が1すなわちfs=1/Ts=1ならば
H0(exp(j・ω))=
2・exp(-j・2・ω)・(1+cos(ω))
であり
H1(exp(j・ω))=
-2・exp(-j・2・ω)・(1-cos(ω))
である

勿論このような式で書き間違いは良くあるので補足に訂正してください

できればzにe^-jωを代入するだけの形で計算したいと思っています。:
ω=2・π・fだから
z=exp(j・ω)となるのは
サンプリング周波数が1とのときすなわわちfs=1/Ts=1のときだけです
そしてそのときでもz=exp(-j・ω)にはなりません
出題者は間違っていますね

H0(z)の振幅特性が1+e^jω:
H0(z)=(1+z^(-1))^2・z^(-1)であって
H0(z)=1+zにはなりません

H1(z)の振幅特性が1-e^jωとなるらしいですが周波数特性の出し方がいまいちよく...続きを読む

Q女偏の漢字

女偏の漢字(偏だけではないですが)ってたくさんありますが、男偏の漢字ってありますか?

また,「婆」などのように、女性を表すけど、何故こういう字なの? っていう字もありますよね。

「怒」「始」など、女性とは関係なさそうな字もありますよね。

このようなことが、説明されているサイトをご存知の方、是非教えてください。

Aベストアンサー

学術的な内容ではなくてエッセイ風なのですが、こんな所を見つけました。ご参考になれば…。

参考URL:http://www8.plala.or.jp/shinozaki/kanji-main.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報