システムメンテナンスのお知らせ

半導体デバイスの説明の中で、よく、p+、p++、n-、n--の記号が出てきますが、どういう意味なのでしょうか?簡単な質問でしょうが。

gooドクター

A 回答 (1件)

こんにちは大学院で半導体を学び、


学部生に物理を指導助手で教授補佐経験がるものです。

P、Nは不純物原子(ドーピング原子)を指します。
NはN型半導体物質を示します。例:V族のAsとか
PはP型半導体物質を示します。例:IV族のGaとか

さてお尋ねのP+、P++、N-、N-ーは
不純物濃度の大きさを示します。
++ や -- の方が不純物原子の濃度が濃い。

例 
Siにアクセプター(キャリアはホール)原子を
不純物として入れた場合P+(P型リッチ)と示します。
P++は不純物原子をさらに多めに入れた場合に示します。

N型はその逆でドナー(キャリアは電子)原子を
不純物として入れた場合N+(N型リッチ)と示します。
N++は不純物原子をさらに多めに入れた場合に示します。

わからなかったらまた質問してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすい説明です。
ありがとうございます。
また、わからないことがありましたら、
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/04/24 19:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング