【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

イブプロフェンの官能基を教えてください

A 回答 (1件)

カルボン酸の定義と命名法[編集]. カルボキシル基-COOHをもつ化合物をカルボン酸 です


官能基
有機化合物の性質を決める特定の原子の集まりを官能基(かんのうき、functional group)という。

-COOH, カルボキシル基
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振動反応について

提出日が近いのであせっています。どうかよろしくお願いします。(汗×56)

目的:振動反応の実験を行い、そのメカニズムを考える。
薬品:ヨウ素酸カリウム、過酸化水素水、マロン酸、硫酸マンガン、希硫酸、澱粉溶液
方法:(1)3つの50mlビーカーに(a)ヨウ素酸カリウム・希硫酸混合溶液、(b)過酸化水素水、(c)マロン酸・硫酸マンガン混合溶液をそれぞれ20mlずつ入れる。また、(a)のビーカーに澱粉溶液1mlを加える。
(2)回転子を入れた100mlフラスコに、(1)で用意した溶液をすばやく注ぎ、すぐにスタラーに乗せる。スタラーの電源をいれ、回転子が穏やかに回転するようつまみを調整する。
(3)溶液を混ぜてからの経過時間と溶液の色変化を調べる。
(4)これ以上変化がおきないと判断したら、スタラーの電源を切る。フラスコの溶液を、漏斗を用いていったん200mlビーカーに移し、回転子を回収する。
結果:(要点だけ)
溶液が黄色と青色の二色に短時間で何回も変わり続けた。そしてそれの色は時間がたつにつれ、黄色は金色に、青色は藍色そして黒と、どんどん濃くなっていった。また、青系の色から黄系の色になるまでの間隔は長くなり、反対に黄系から青系になるまでは短くなった。最後には、黒になり終わった。

さて、ここからが質問です。正直、4番まではかなりお手上げです。(汗)
1、今回の実験で観察した化学反応を、反応式を書き、また詳しく説明しろ。
2、この反応における硫酸マンガン、および澱粉の役割について述べよ。
3、なぜ必ず、この振動反応の実験では最後に混合溶液は黒くなるのか。
4、振動反応とはなにか。またこんかいとりあげた物質のほかに振動反応をおこす物質の組み合わせはあるか。
5、酸化と還元について述べよ。
以上5つです。長くなりました。すみません。

提出日が近いのであせっています。どうかよろしくお願いします。(汗×56)

目的:振動反応の実験を行い、そのメカニズムを考える。
薬品:ヨウ素酸カリウム、過酸化水素水、マロン酸、硫酸マンガン、希硫酸、澱粉溶液
方法:(1)3つの50mlビーカーに(a)ヨウ素酸カリウム・希硫酸混合溶液、(b)過酸化水素水、(c)マロン酸・硫酸マンガン混合溶液をそれぞれ20mlずつ入れる。また、(a)のビーカーに澱粉溶液1mlを加える。
(2)回転子を入れた100mlフラスコに、(1)で用意した溶液をすばやく注ぎ...続きを読む

Aベストアンサー

 << 回答、及びアドバイス致します。>>
 
 ◇振動反応とは・・・
  通常の化学反応は、反応物が一方的に生成物に変化してしまうか,
 あるいは,ある平衡状態になる。 ところが,ある条件下では、
 反応物が生成物となり,さらに,生成物が反応物に戻るというように,
 反応系と生成系を周期的に繰り返す反応を "振動反応”という。
 
 特に、マロン酸と臭素酸カリウムを用いたセリウム(Ce) 3価、4価の
酸化還元反応であるベルーゾフ・ジャボチンスキー反応(B-Z反応)は
 有名です。

 1.実験の反応式
  この反応は最低でも下記A~Eまでの5つの反応式(素反応)で表記できます。
   
  A ; 2IO3- + 5H2O2 + 2H+ → I2 + 5O2↑ + 6H2O
 B ; CH2(COOH)2 + I2 + O2 → 2HCOOH + CO2↑ + 2I-
  C ; I2 + HCOOH → 2I- + CO2↑ + 2H+
  D ; 5I- + IO3- + 6H+ → 3I2 + 3H2O
  E ; 2I- + H2O2 + 2H+ →  I2 + 2H2O

 A)では 過酸化水素H2O2が IO3-を酸化してI2が生成する。
  しかし,この反応が進行するとIO3-の濃度は減少し,I2の濃度が増加する。
  すると,Aの反応の速度は減少し,Bの反応の速度が増加することになる。

 B)ではマロン酸がヨウ素を還元させI-が生成する。
  これに伴って、溶液の色は黒色から無色透明に変化する。
  この段階は触媒サイクルを形成しており,一旦反応が始まると
  反応速度は急激に上昇する。
 
 C)ではマロン酸が分解されながらI2からI-に還元されて、溶液の色は
黒色から無色透明へと変化し、同時にI-が再生される。

 D)ではI-が減少して I2が増加する。かつ、I2が再生されることにより
  溶液の色は無色透明から黒色に変化する。

 E)ではI-が過酸化水素で酸化されてI2が再生されることによりE)の反応速度は
  減少し、再び B)の反応が支配的になる。
 
  以上のように、この溶液では B)C)、D) E)の反応が交互にマロン酸;
  CH2(COOH)2 が消費されるまで繰り返され、 溶液の色は黒色と無色透明の
間を入れ替わる振動する。
   最終的にはヨウ素がマロン酸によって還元されない為、本来の色(黒色)が
現れる。
 
 2.硫酸マンガンやデンプンの役割は ”触媒”である。 

 3.これは上記1.の通り、マロン酸が消費されて分解するため、
  ヨウ素が還元されず、本来のI2の色(黒色)が現れる。

 4.表題の通り。 120%の回答を目指すならば 鉄系もあります。

 5.これはお分かりのようなので、お任せいたします。

 今から・・年前、卒研のテーマとしてB-Z反応のコンピュ-タ
 シュミレーションを 大型コンピュータ及び、PC9801にて
 ルンゲーグッターギル法で解きました。しかし、詳細は
 すっかり忘れました。
  

参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~konan/waku/a-0707.htm

 << 回答、及びアドバイス致します。>>
 
 ◇振動反応とは・・・
  通常の化学反応は、反応物が一方的に生成物に変化してしまうか,
 あるいは,ある平衡状態になる。 ところが,ある条件下では、
 反応物が生成物となり,さらに,生成物が反応物に戻るというように,
 反応系と生成系を周期的に繰り返す反応を "振動反応”という。
 
 特に、マロン酸と臭素酸カリウムを用いたセリウム(Ce) 3価、4価の
酸化還元反応であるベルーゾフ・ジャボチンスキー反応(B-Z反応)は
 有名です。
...続きを読む

Q標準燃焼エンタルピー

ベンゼンC6H6の標準燃焼エンタルピーを求める問題なのですが...。H2O、CO2、C6H6の標準生成エンタルピーの値が問題中に提示されている時、それらの値をどのように使って標準燃焼エンタルピーを求めたらよいのでしょうか?お分かりの方、教えてください。

Aベストアンサー

こういう問題に関しては、図を描くのが一番です。
燃焼エンタルピーや生成エンタルピーの言葉の意味はわかりますよね?
生成エンタルピーは、化合物が、その構成元素の単体から生成するときのエンタルピーです。つまり、O2やH2に関しては生成エンタルピーはない。

まず反応式を書きます。C6H6+15/2O2 → 6CO2+3H2O
そして図を描きます。最初の基準は、すべての単体です。上下はエネルギーです。上に行くほどエネルギーが高い。

-----C6H6 + 15/2O2
 ↑C6H6 1molの生成エンタルピー(負だから基準より上)
 ↓
----- 15/2O2+3H2+6C (基準)
 ↑
 | H20 3mol、CO2 6mol分の生成エンタルピー
 ↓ (正だから基準より下)
----- 3H2O+6CO2

燃焼エンタルピーは、この場合は一番上から一番下の状態への変化だから、その二つのエネルギーがどれくらい離れているかを計算して、下向きに反応が行くわけだから、正の答えを出せばよろしい。
図はすごく役に立ちますよー。

こういう問題に関しては、図を描くのが一番です。
燃焼エンタルピーや生成エンタルピーの言葉の意味はわかりますよね?
生成エンタルピーは、化合物が、その構成元素の単体から生成するときのエンタルピーです。つまり、O2やH2に関しては生成エンタルピーはない。

まず反応式を書きます。C6H6+15/2O2 → 6CO2+3H2O
そして図を描きます。最初の基準は、すべての単体です。上下はエネルギーです。上に行くほどエネルギーが高い。

-----C6H6 + 15/2O2
 ↑C6H6 1molの生成エンタルピー(負だから基準より上)
...続きを読む

Qイブプロフェン、ジフェンヒドラミン、アセトアミノフェン

 イブプロフェン、ジフェンヒドラミン、アセトアミノフェンの混合物からそれぞれを分離、同定する方法を考えています。どのような方法がありますか?
 まったく見当がつかず困っています。教えてください。

Aベストアンサー

どういうレベルの話であるかにもよりますが、学生実験のレベルであれば、酸に溶けるもの、アルカリに溶けるもの、どちらにも溶けないものに分類することを考えます。その分類は化学構造に基づいて自分で判断して下さい。
それに基づいて、混合物を有機溶媒に溶かし、それを塩酸で抽出したり、NaOH水溶液で抽出したりして分離した後、精製します。
最終的には粗生成物を再結晶で精製することになるでしょうか。
同定は基本的なものとしては融点を測定し、文献値と比較することでしょうが、本格的に行うならば、NMR、IRなどの分光学的な手法を用いることになるでしょう。

蛇足ですが、こういった質問内容は、「何らかの課題やレポートのテーマを記載し、ご自分の判断や不明点の説明もなく回答のみを求める質問」に該当するような気がします。もしかすると削除されるかもしれませんので、注意して下さい。

Qイブプロフェンは水溶性?

イブプロフェンが水溶性か脂溶性か知りたいです。直観的には水溶性だと思うけれど、それって構造式を見ればわかるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これだけの分子量があり、極性基がカルボキシル基だけなので、水には溶けにくいでしょう。アルカリには溶けるでしょうが。
しかし、だからといって、ヘキサンなどの炭化水素によく溶けるとも思えません。エーテルやアルコールにはよく溶けるでしょう。

>それって構造式を見ればわかるのでしょうか?
見る人が見ればわかるでしょう。

Qアセトアミノフェンについて

実験でエテンザミド、アセトアミノフェン、無水カフェインを含む溶液に塩化メチレンを加えたところ、白い結晶が析出しました。これは多分アセトアミノフェンだと思うんですが、なんでアセトアミノフェンだけが溶解しなかったのかわからないので、どうか教えてください。

Aベストアンサー

一般論としてアミド結合は極性が大きく、有機溶媒への溶解度を低下させる傾向があるように思います。ただし、物事はそんなに単純ではなく、分子の形状や他の官能基の存在も関係すると思います。詳細な議論はアセトアミノフェンの結晶構造でも調べなければわからないかもしれませんが、アミド部分とヒドロキシ基の位置関係や分子の形状のために、アセトアミノフェンは比較的安定で極性を持つような結晶を形成しやすいのではないかと想像します。

エテンザミドに関してはアミド基は存在するもののヒドロキシ基が存在しませんので、その水素原子が関与するような水素結合も形成できませんので、アセトアミノフェンよりも結晶性が低そうな感じがしないでもありません。おそらくは、CH2Cl2よりも極性の小さい溶媒には不溶なのではないかと思います。

ただ、こうした溶解度に関して、化学構造のみから正確な予測をすることは困難だと思います。仮にエテンザミドがCH2Cl2に溶けにくいといわれればそうかなあという気もしますし、まことしやかな理由もひねり出してしまいそうな気もします。

Qエタノールとアルコールに溶けるもの

硝酸アンモニウムは、エタノールに溶けるそうですが、エタノールに溶けるイコールアルコールに溶ける、と拡大解釈してよろしいでしょうか? よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

極一般には、アルコールと言えば、お酒のエタノール、燃料用のメタノールでしょう。
ときどきお目にかかるのは、プロパノール(イソプロパノール)、ガソリンタンクの水抜き、病院等での消毒用。
ブタノールは単体でお目にかかることはほとんどないのでは。
メタ、エタ、プロパ、ブタ、炭素原子の数が、1,2,3,4です。
以下炭素の数が増えればドロドロ?から固体に・・・、学術的にはすべてアルコールです。
アルコールをプロパノールまでに限定すれば、おおよそその通りでは・・・・。


人気Q&Aランキング