私は将来、美大か芸大に行きたいです。
第一志望は大阪芸術大学で、今高1で偏差値が55くらいの私立に通っています。
選択の授業で美術が選べず、高校(学校だけ)では美術を勉強できません。
美術を習う事は出来るので習うつもりです。
私は美術だけはすごく得意で中学校の成績でも美術は全部5でした。
でも他の科目は1~3しかなかったです。
4月の校内偏差値では、国語36.8、数学29.8、英語54.2、国数英38.4でした。
学校の面談でも美大に行きたいとは言って先生が7月くらいに資料をくれたり話を聞かせてくれるそうです。
美術だけ出来て、美大に行く事は出来ますか?

あと頭が良くなる方法を教えてください。
授業もしっかり聞いてるし、宿題もしっかり全部してるのに、テストが出来ません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>授業もしっかり聞いてるし


「しっかり聞いてる」だけじゃ駄目「しっかり聴いてる」じゃないと。
後で聞いていた内容を他の人に説明できるのが「聴いている」。
もしそれが出来ない場合「復習」して、分からない点は次の日先生に聞かないと駄目。
>宿題もしっかり全部してる
答え合っていますか?するだけじゃ駄目。

なお、美術も音楽と同様「プロについて」個人指導を受けないと「喰え」ません。
    • good
    • 1

昔の話し、かつ又聞きなので最新の情報は御自身で


確認していただく事が前提ですが、美術だけでも
大阪芸大に行く事は可能らしいです。

推薦入試だったか、一般入試だったかで、実技だけの
試験があったと聞いています。ただし、実技だけなので
競争倍率が高かったとも聞いています。

あと大学には一般教養など、専門分野以外の教科も
履修しないと卒業できません。得に英語と第二外国語など
語学関係は必修なので、入学できても、卒業できる学力が
求められる事はご理解を。

また、大阪芸大が実技だけだからと安心しても、確実に
入学できるかは保証が無いので、他の大学の受験も
視野に要れると、ライバルに勝てるだけの偏差値は
必要かと。

オープンキャンパスや入試案内などの情報が、新聞にも
出ているので入試担当者から直接情報を聞いたりアドバイスを
貰うのもライバルに差をつける事になるかと。

それと、どのような学部を目指しているのかによっては
必要な技術も違ってきます。音楽関係の学部を目指して
いた先輩が、学校で学ぶために環境デザイン関係に
進んでいたりと、選択肢は意外と広いかもしれません。
    • good
    • 0

芸大のことは芸大予備校の先生にでも聞けばいいと思います。


ふつう芸大は学費が200万以上するので、国立を選ぶ人が多いのですが、私立でも出せる親を持ってるなら私立でもいいでしょう。

あと美大における受験と学内試験で必要になるのは、
英語と国語と思います。
あなたの場合はアウトプットが弱いのだと思います。
アウトプットを意識してみてください。
授業中や宿題中も常に本番のテストを意識してやってみるのです。
そして演習問題をたくさん解いたり、過去問題を解いたりと言う
作業をします。

例えばテレビを30分間見てて、いきなり「今の内容をテストします。内容を答えてください」と言われてもなかなか答えられないはずです。でも30分後にテストされると知っていて、「覚えよう」と30分間いろいろとしていればだいぶ答えられるようになってると思います。
授業内容や宿題がいかにテストに出て(逆に出ないところはどこかを
考え、捨てて)、繰り返せばいい方向へ進むと思いますよ。


英語は「単語力」でググって下さい。けっこう使えますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます↑
英語と国語、がんばります!!

お礼日時:2009/05/13 17:07

1.どのみち学校の授業を受けたくらいでどうにかなるものではありませんので、授業の有無は関係ありません。


そっち系の予備校に行くなり、受験指導のプロに習うなり、大阪芸大の先生につくなりする必要があるはずです。
私なら中学の美術の先生に相談してみます。

2.校内偏差値なんて出されても知りません。
知りませんが、偏差値55の校内で下位1/4に入ってそうな成績というのは拙いでしょう。
世の中で通用しない学力、ひょっとすると挽回しなければ、易しい美術系大学入試の学科試験(英国かな)でずっこけるレベルでしょう。
予習はしているでしょうか?復習をしっかりして内容を身につけているでしょうか?
それ以前に、中学の学習内容はちゃんと身に付いているんでしょうか?
その高校だと、高校入試の結果受かりました、というだけでなく、本当に中学の学習内容が身に付いていた人と、実は身に付いておらず、テストの点数だけ誤魔化した人といて、後者は現時点で既にドロップアウト気味、ということも十分考えられますが。
勉強は、前に習ったことから後に習うことへ、簡単なことから難しい事へ、が基本です。
宿題だけ闇雲にやる前に、その基礎がきちんとできているかどうかでも差が出そうな気がします。

英単語は今年中にセンターレベルの物を全部覚えちゃってください。
辞書引きの時間を減らし、英語の学習効率を上げるのです。
巨大な書店に通えれば通って、色々な単語帳を前書きから立ち読みしていってください。
色々な考え方、色々なやり方が載っていますので、自分に合う物を捜してきてください。
イラストが可愛いでも本が小さいでも何でも良いです。
自分に合う物を相性の良さを生かして、さっさと終えることです。
まずセンターレベルの物で十分です。

現代文は、出口、板野、田村、河合の入試現代文へのアクセス、辺りをやっていってください。
それらの教材で、解法の基礎を身につけてください。
ただし、中学数学が壊滅しているような論理的思考力に問題がある人ではやっていけない可能性があります。

英語も古文も、文法をしっかりやってください。
宿題だからやります、ではなく、今しっかり身につけ、10年後に問題を出されてもスラスラできるくらいになるまで身につけてください。
おそらくその高校で、仮に1~2年の内に入試標準レベルのことまでスラスラできるようになれば、トップクラスだと思います。
その高校でトップでも仕方がないと言えば仕方がないですが、人生変わってくるかも知れません。

理社は、適当な丸暗記はやめてください。
まず大筋をしっかり身につけることです。
教科書を読み、大筋をしっかり身につけ、授業を聴き、また教科書を読んで大筋の網目を細かくしていって、問題演習してみて身に付いていないところをあぶり出し、また教科書や資料や参考書を読み、やった問題を解き直し、それから丸暗記です。

数学は、まず中学数学がきちんとできているのか、きちんと理解できているのか。
やり方だけ丸暗記してテストの点だけ誤魔化したようではダメです。
そういうことをしてきた人ときちんと理解できている人で2階と地下1階くらいの差が付くのが高校の理数だと思います。
簡単なことならできるのか、できるようになったらもう少し難しい問題はできるのか、じゃぁ理解はできているのか、応用問題は解けるのか、というようにやって行くのです。
基本的に、失敗しながら覚えてください。
包丁やフライパンと同じです。
成功しないからどうしようとか成功しないからやめた、ではなく、失敗してみて何を直せば良いのか考えて、失敗を重ね、それでそのうちできるようになってください。

3.基本的に芸術系への進学はお勧めできません。
分野にもよるかも知れませんが、基本的に就職先が乏しいでしょう。
美術系の仕事自体が少ないはずです。
専攻と関係なく就職しようとしても、入試の5教科が甘過ぎ、学力的な保証がないでしょうから、おそらく会社は警戒するはずです。
そのくせやっていることは実学から程遠いことです。
まともな入試を経て実学っぽいことをやった人と同じに扱われるとは思えません。

得意不得意だけで進路を決めてはいけません。
東大には勉強ができる人が行くのと同じで、美大には美術が得意な人が行きます。
東大に行くのに勉強ができるくらいは当たり前で、そのくらいでは無理かも知れませんが、同じ事で、絵が得意なくらいは美大では当たり前で、それで美大や美術の世界で通用するとは限りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました

お礼日時:2009/05/13 17:18

芸大とあったので藝大(国立)かと思いましたが大阪芸大は私立なので


美術が得意なら大丈夫じゃないですか?
ただ、試験は大学によってデッサンとか水彩画とか特色がありますから
学校の美術が得意なだけでは心もとないのでは?
現役生でも予備校に行っている人が多かったですよ。頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

がんばります!
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 17:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芸大に合格するには

今年の3月に17歳になるフリーター男です。
高校は行きませんでした。
ずっと怠惰な生活を送ってきました。

でも変わりたいと思い、
去年の11月に高卒認定試験(旧・大検。大学を受ける資格をもらえる試験)
を受け、合格しました。

グラフィック関係で食っていきたいと思い、
東京芸術大学を受けようと考えています。

絵は好きですが、デッサンが出来る程度です。
鉛筆でしか絵を描いたことがなく、しかも、
絵はたまに描く程度です。

こんな俺ですが、来年に
東京芸術大学に受かることなんて出来るんでしょうか。
それと、いまからどんなことを頑張ればいいのでしょうか。
どんな勉強をしたらいいのかまったく分かりません。
分かる方どうか教えてください。


ちなみに、絵に対する情熱は誰にも負けないです。
どんなことでも頑張ります。

Aベストアンサー

こんにちわ。私は芸大卒の者です。何かアドバイスできればと思って回答したいと思います。

まず始めに情熱やがんばりだけでは通用しないという世界だという事です。つまり絵が好きな人など山ほどいるわけですし(だから倍率も高い)、それは芸大に限らずどこの一流大学でも「医学部に行きたい」とか「東大に行きたい」と思っている人が多く存在するのと全く一緒です。さらに言えば芸大生=絵が好きという式は必ずしも当てはまるというわけではありません。

私は正にその典型なんですが、幼少期からデザイナーであった父にスパルタな美術教育を受けさせられ育ってきました。ですので絵は描けるのは当たり前でしたが「美術が好きか?」と言われれば首を傾げます。「じゃあなんで芸大行ったの?」なんて友人には聞かれますが、それは凄く単純で勉強ができなかったからです。もし一般大学を受験しても三流しか行けなかっただろうし、それなら美術系に進学しようと思ったことが理由です。そのようなモチベーションの学生は意外と多くいます。しかし僕を含め彼らは現役や一浪で合格してしまってるわけですから情熱がいかに儚い物か分かると思います。

私は投稿者さんのポートフォリオを見たことが無いので具体的なことはアドバイスできませんが「デッサンが出来る程度です」という心境では受験は厳しいと感じます。合格した学生はほぼ口を揃えて「(芸大って)難しかったか?」と言いまし「落ちるはず無いだろ」と強気です。私もそうでした。これは自慢的な表現ではなく多くの受験生の中で合格通知を貰う学生は「受験=合格」という構図が無理屈で勝手に成立してしまっているのが現状です。確かに冷静に考えてみれば高倍率ですし選考も不透明ですが私は「苦労したな」という感覚は全くありません、「(受かって)当然でしょう?」という方が遥かに強いです。

私が通っていた油彩科に関して言えば長年英才教育で絵画をやってきた人しかいないし受賞歴、活動歴、師事歴などを考慮してもアマプロがごった返している大学であることを忘れないでください。芸大生の9割は多摩美、武蔵美に同時合格しています。自分が美術素人だと思うのであれば100%落ちます。芸大は自分の作品が一番と思う人間の為の大学で不安定な自信で合格した人間を僕は見たことがありません。

こんにちわ。私は芸大卒の者です。何かアドバイスできればと思って回答したいと思います。

まず始めに情熱やがんばりだけでは通用しないという世界だという事です。つまり絵が好きな人など山ほどいるわけですし(だから倍率も高い)、それは芸大に限らずどこの一流大学でも「医学部に行きたい」とか「東大に行きたい」と思っている人が多く存在するのと全く一緒です。さらに言えば芸大生=絵が好きという式は必ずしも当てはまるというわけではありません。

私は正にその典型なんですが、幼少期からデザイナ...続きを読む

Q美大に行くには画塾に通わなければ駄目なんでしょうか?

私は高校2年生です。進路を目の前にして苦しいですが、私はアニメーション専門?の美大に行きたいと思っています。しかし、今までお金が無くてアルバイトで学費を出し、美術部にすら入れなく、画塾を行くお金すらありませんでした。私の夢なので諦める事がどうも出来ません。
美大に入るには実技の試験があると聞きました。やはり画塾には行かなきゃならないのでしょうか?情報専門の高校なので・・・美術という時間が無くて・・、いく場合どれくらいお金がかかるのでしょうか?時間も無いので焦ってます・・。沢山の回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、「アニメーション専門の美大」というものはありません。
それは専門学校でしょう。
そして、
いずれにしてもデッサンの練習は自宅でできます。
方法は以下の通り。
完全にマスターして何でも写真のように精密に描けるには
この練習1000時間が必要ですが、
専門学校に入るのにそこまでのレベルはいらないでしょう。
入ってからも続けて達成すればCGアニメの原画や動画は
描けます。すぐに始めなさい。
----------------------------
デッサンには東洋式と西洋式がある。
東洋式は輪郭を線として捉え線として描く。
西洋式は明度の違いを精密に再現して立体を表現する「面画」であり
輪郭線は存在せず、面と面の境界が線に似たものとして現わる。
西洋式のみで基礎を獲得できるが、東洋式も一部まぜた方が効率が高い。
なお、西洋式は本格でなければ意味が無く、
東洋式デッサンににいいかげんな陰影をつけても効果は無い。
したがって東洋式は線のみで描き西洋式は面のみで描く。

--------------------------------------------------------
買うもの。
★三菱鉛筆の、B、HB、H、2H。(三菱でなくてもよいが安くて品質が確実なのは三菱)
★表紙の硬いスケッチブック。大きさは雑誌ぐらい。中の画用紙はキメが最も細かいものをえらぶ。
★フィクサチーフ(定着液スプレー)
★ねりゴム(画材店にある粘土みたいな消しゴム)
------------------------------------------------------
鉛筆は親指と人差し指で挟み他の指を自然に添える。字を書く時のように中指の側面が
鉛筆に触れるのではない。手首をほとんど固定して腕を肩から動かす。
手の構造による形の描きやすさの差別をなくすためだ。
机に傾斜版(強度と広さが足りれば何でも良い。一端に雑誌などを敷いて傾ける)を置くと描きやすい。

初期のモデルは、
西洋式は無地で白っぽくのっぺりしたもの(タマゴやヒョウタンや流木。空き缶を踏んでへこまして
塗料で白く塗っても良い)がよい。東洋式は草花など輪郭線が多い物を選ぶ。
東洋式は線が多く変化が激しいものから始める。枯木や昆虫など。バナナの皮をグシャグシャと丸めて
描くのもよい。無意味なもののほうが理論を抜けるので好ましい。
しだいにむずかしいモデルに移行する。

西洋式は、かすかな明度の違いを認識し、紙の上に再現するので、重さ鉛筆一本分ぐらいの筆圧で
塗り重ねることによって明度差を表現する。たとえば幅が同じで長さが10とおりの半透明ビニールが10枚あり
一端をそろえて重ねると、10段階のグラデーションになるのと同じ。
「或る面を塗る場合はそれより暗い面を一緒に塗る」ことで、部分に限定されない絵全体の明暗差を獲得する。
タマゴひとつ描くのに30分くらいかかる。
また、こまかな線を間隔を空けて並べて面を構成する手法も有効である。
鉛筆は軟→硬の順で持ち替えてゆく。各種ごとに全体を描き、明度変化の精密さに芯の硬さが
足りなくなったら持ち替える。前出のスケッチブックを使う。
西洋式では光源を一つにする。室内で天井の照明だけで明るさが足りず電気スタンドを
併用する場合は床や机面に落ちた影がひとつに重なるようにモデルと自分の位置を調節する。
練りゴムは角砂糖ぐらいの大きさにちぎって利き手でない手でこねてゴムの汚れを均一にしながら使う。
消し具合を調節できる消しゴムである。黒っぽくなって効き目が無くなったら捨てる。
完成したらフィクサチーフで固定する(東洋式には無用)。

木炭は極端に柔らかい鉛筆であり、大きく描く方が楽だから大きな木炭紙に木炭で描くだけの
違いである。ずっと鉛筆で練習して最後に数枚木炭を試せばクリアできるだろう。

まず、「アニメーション専門の美大」というものはありません。
それは専門学校でしょう。
そして、
いずれにしてもデッサンの練習は自宅でできます。
方法は以下の通り。
完全にマスターして何でも写真のように精密に描けるには
この練習1000時間が必要ですが、
専門学校に入るのにそこまでのレベルはいらないでしょう。
入ってからも続けて達成すればCGアニメの原画や動画は
描けます。すぐに始めなさい。
----------------------------
デッサンには東洋式と西洋式がある。
東洋式は輪郭を線とし...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む


人気Q&Aランキング