電流計の内部抵抗は何が原因になっているのですか。

A 回答 (4件)

電流計は被測定系に直列に接続される関係から、極力内部抵抗を小さくされる必要が


あるのは質問者さんも承知の事項と思います。

原理は電圧計と同じですので、流れる電流量で可動コイルが反発力でメータを振らせ
ますからこのコイルの巻き線抵抗が内部抵抗となります。
*ちなみに、電流計の巻き線は太めにして内部抵抗を低くする工夫はされています。

簡単な説明サイト
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E9%9B%BB%E6%B5%81% …
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました

お礼日時:2009/05/13 21:10

最近のディジタル電流計なら、電流を電位差で測りますから、電位差を出すために微少な抵抗を、あえて入れます。


アナログのメーターならNo2さんの回答のように巻線抵抗が内部抵抗ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!

お礼日時:2009/05/13 21:08

針を動かすという仕事をします


針を使わなくても外部に何らかの情報を出力するのだから仕事をすることに変わりはありません
仕事に使われたエネルギー損失があるからです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仕事ですね

お礼日時:2009/05/13 21:09

内部抵抗がゼロだとパワーを消費することが出来ず、電流計の針を動かすことが出来ないからです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

針を動かすことに必要なんですね

お礼日時:2009/05/13 21:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電流計の繋ぎかたについて

小学5年生の理科で、電流計の繋ぎかたについて教えてください。
電池(+) → 電流計の(+) → 電流計の(-) → スイッチ → コイル → 電池(-)
と図があるのですが、なぜこの順番なのでしょうか?
電池の(+)と電流計の(+)の間にスイッチやコイルを置いている図は見ないのですが、そうしてはいけない理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に電流計は回路の何処にいれても良いです
図りたい線路の何処に入れても同じ値を示します
指摘の回路なら私は、
電池(+) → スイッチ→ 電流計の(+) → 電流計の(-) → コイル → 電池(-)
の順にします
これなら、電流計にはスイッチを入れなければ電圧はかかりませんので より安全と思います
そうしていけない理由を思いつけません

Qさっき質問したように抵抗を通っても電流の値が変わらないのなら電流計の内部抵抗を小さくする必要はないの

さっき質問したように抵抗を通っても電流の値が変わらないのなら電流計の内部抵抗を小さくする必要はないのでは?

Aベストアンサー

その疑問を、自分で解決できるようになると、あなたは一段階進歩します。
あなたの質問って、基礎の基礎の所を「ちゃんと読んでない」ことに起因することが多すぎます。
疑問を持ったら、まず基礎の所を読み直しましょう。
E=RIは基本中の基本です。
これがちゃんと身についてないのです。
勉強をやり直してください。
また、E=RI周辺の勉強をするのに、電荷の速さ、なんて概念は、どこにも出てこないはずです。
日本語、単語の意味を正確に読み取ってください。
ここがいい加減だと、あなたのように、先々躓くので、勉強をやり直すことになり、学習効率が上がりません。
国語力は大事です。あなたのレベルで疎かにするようなことの無いように気をつけてください。

Q電圧計、電流計のレンジ

電圧計、電流計の内部抵抗を調べる実験を行いました。
はじめに、電圧計と電流計による抵抗値をだし、その後に電圧計電流計の内部抵抗を出したのですが、電圧計電流計の測定レンジを実験の途中で変更するのはなぜいけないのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

テスターの内部回路見たこと無いですか?
http://homepage3.nifty.com/ja9cde/page46.htm

レンジの切り替えは 分流抵抗・分圧抵抗で内部抵抗を変えて実現しています。

計測した値が出た時点でレンジ変えれば意味無くなるのは解りますよね。

Q電圧計の内部抵抗Rvを∞電圧計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件

電気系の問題に
「現実に、電圧計の内部抵抗Rvを∞、電流計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件を満たす場合かを述べよ。」

とあるのですがいまいちよくわかりません。
是非とも教えてください。

Aベストアンサー

電圧計の場合ですが被測定側のインピーダンスが電圧計の内部抵抗に比べて極めて小さい場合、具体的には家庭用電源にその電圧計をつないだ場合などがそれですね。電源の能力に対して電圧計に流れる電流が無視出来るほど小さいので電圧計をつないでもつながなくても電圧そのものはほとんど変化しないという事です。

電流計の場合は被測定側のインピーダンスが電流計の内部抵抗に比べて十分大きい場合、具体的には100ボルトの電源に10キロオームの抵抗をつなぐと10ミリアンペア流れますがこれに例えば内部抵抗0.01オームの電流計をつないだ場合も流れる電流にはほとんど差は無いわけです。

実際に数字を入れて計算すれば分かりますよ。

Q定電位定電流電源装置と電流計と電量計を直列でつないだ際に、定電位定電流

定電位定電流電源装置と電流計と電量計を直列でつないだ際に、定電位定電流電源装置と電流計の電流の表示値が異なるのはどうしてだかわかりません(>_<)
教えていただきたいです。困っています。

Aベストアンサー

電流計は,いくつ,どう入れようと,そしてそれがどういうタイプであろうと,直列に入っている限り,そして電流計が狂っていない限り,すべて同じ値を示します.内部抵抗があってもそうなります.
したがって,電流計の表示が違うのは,二つの場合しか考えられません.ひとつは,直列に入っていない.もうひとつは少なくともどちらかの電流計がなにがしか狂っている.
直列に入っていないというのは,なんせ,直列につないだと言ってるのに対し,こちらとしてはそれが正しいのかどうか確かめる方法がないので,可能性を指摘するに留めます.ただし,電源装置側の電流計がどのような配線で組み込まれているかわからないので,ひょっとしたら直列位置に入っていないという,信じがたい構成になっているという可能性もぬぐえません.
電流計が狂っているかどうかも,校正で確かめるしかないでしょう.

ところで,定電圧定電流電源装置はいいですが,定電圧モードで使ったんでしょうか,定電流モードでしょうか.電源装置の電流表示は,実測値ですか,ほんとに.設定値だったりしませんか.どういう設定でどういう電流を流そうとしていますか?

電流計は,いくつ,どう入れようと,そしてそれがどういうタイプであろうと,直列に入っている限り,そして電流計が狂っていない限り,すべて同じ値を示します.内部抵抗があってもそうなります.
したがって,電流計の表示が違うのは,二つの場合しか考えられません.ひとつは,直列に入っていない.もうひとつは少なくともどちらかの電流計がなにがしか狂っている.
直列に入っていないというのは,なんせ,直列につないだと言ってるのに対し,こちらとしてはそれが正しいのかどうか確かめる方法がないので,可...続きを読む

Q可動コイル形電流計電圧計の内部抵抗の測定について

内部抵抗の測定を行うときに被測定用の電圧計電流計M2にフルスケールの1/2の電流を流して、その時のM1の電圧を測るですが、なぜ1/2の値まで電流を流すのでしょうか?さっぱりわかりません…

-----------------
|     |      |
|     |       RL
↑E   M1     |
|     |       |
|     |      M2
|     |       |
-----------------
M1…測定用電圧計
M2…被測定用電圧計or電流計
RL…外部抵抗
E…電源

Aベストアンサー

ヒステリシス特性の直線部分を使うために、1/2の部分が適切だからでしょう。
また、この部分の誤差を最小にするのが目的でもあります。

ヒステリシス特性がどの範囲でも直線ならば流す電流は特に指定する必要は無いと考えます。

なお、M2は電流計であって、電圧計ではないです。(磁力線の強さは電流に比例します)

Q電流計の測定範囲縮小

電流計に分流器を接続してフルスケールを拡大する方法はあるようですが、縮小する方法はあるのでしょうか。200uAの電流計が付いているボルトメーターが壊れたため、1mAの電流計と交換しようと思っています。どなたか詳しい方のご回答をお願いします。

Aベストアンサー

acha51補足です
質問文に”200uAの電流計が付いているボルトメーター”とありましたので
No2は電流計を電圧計として使用されていると判断しての回答でした
図1のように抵抗Rが入っているのでこの抵抗を1/5にしてください
という意味でした。

そうでなく電流計として使用されているのであれば1mAのメーターに
置き換えると振れが1/5となります
1mAの電流計は図2のようになっているということなので並列の20Ωを外し、
8.5Ωをショート(0Ω)にすればメーター自身の感度となり振れが大きくなりますが
メモリの表示が合わなくなってくると思いますので
200uAの電流計を購入せざるをえないと思います。
もしかして運がよければそのまま使えます。

Q電圧計は並列にして内部抵抗をおおきくすることが望ましいらしいですが、 どちにしろ内部抵抗が大きくても

電圧計は並列にして内部抵抗をおおきくすることが望ましいらしいですが、
どちにしろ内部抵抗が大きくても電圧は同じになりませんか?
図のようになりませんか?

Aベストアンサー

電圧計はその+端子とー端子の間の電位差を指す装置です。ですからこの回路図だと、この電圧計は5Ωの抵抗の両端にかかっている電圧を正しく表示します。もし図のように電池の電圧がちゃんと10Vであれば、図の電圧計は10Vを示します。しかし、定格電圧10Vと表記されている電池は必ず10Vをキープするとは限らないのです。10Vと表記されている電池は電流が流れていないときに10Vであるという意味です。一般的に、電池は電流が流れるとそれに比例して電圧が低下します。(これは電池の内部抵抗によるものです。電池の内部抵抗が0Ωなら電圧は低下しません。)図のような回路では電流計の中を5A流れますので電池の中は7Aも流れてしまい10Vをキープできないでしょう。しかし、もし電流計の内部抵抗が大きくなればそれだけ電流が流れにくくなります。電圧計を流れる電流が小さくなれば、電池を流れる電流は2Aに近くなるのです。ですが、回路を流れる電流は存在するわけですから電池の電圧はやっぱり10Vを維持できないので、例え内部抵抗が無限大の電圧計であっても、図の5Ωの抵抗にかかる電圧は10Vより低い値を指します。
まとめ:電圧計を回路に接続することによって、回路を流れる電流が増加し、それによって電源電圧が低下する。その影響を少なくするには、電流計の内部抵抗が大きい(電流計の中を流れる電流を極力少なくする)ほど良いということです。

電圧計はその+端子とー端子の間の電位差を指す装置です。ですからこの回路図だと、この電圧計は5Ωの抵抗の両端にかかっている電圧を正しく表示します。もし図のように電池の電圧がちゃんと10Vであれば、図の電圧計は10Vを示します。しかし、定格電圧10Vと表記されている電池は必ず10Vをキープするとは限らないのです。10Vと表記されている電池は電流が流れていないときに10Vであるという意味です。一般的に、電池は電流が流れるとそれに比例して電圧が低下します。(これは電池の内部抵抗によるものです。電池の...続きを読む

Q電流計の過大入力保護?

電流計の過大入力保護には、どんな方法があるでしょうか?

AC100Vにモニター用のアナログ式電流計を使用しています。電源ONの時に思いっきり振り切れてしまいます。
これでは電流計が壊れてしまうと思うのですが、何か良い入力保護の方法はないでしょうか?

突入電流をバイパスする目的で電流計の両端をショートしてみたのですがうまくいきません。勢いはおさまりましたが振り切れました。ショートさせた方法が悪く、接触抵抗が大きくてバイパス側に十分な電流が流れないのか、それともバイパス側に大電流が流れるために電流計側に誘導電流が発生しているためでしょうか?
電源ONの時だけリレーでショートさせることは可能です。

ちなみにメータはMAX3A、稼動電流は1.5Aです。試しにMAX20Aのメータを使っても振り切れてしまいました。チョークコイルは入れています。

Aベストアンサー

#2です。

>>電流計の保護という観点で対応策はないのだろうかと質問しておりました。

指針型電流計は内部抵抗が小さいので、並列にショート回路を作っても、電流計に電流が流れてしまいます。
そのため、限流抵抗を入れて電流計を保護する方法を提案しました。

残る手として、起動時は電流計に電流を流さない事です。

電源──○  ○───電流計──回路
       \ ○──────┘

リレー切り替えで、電源ON時は電流計を通さず回路に電流をながします。
コンデンサはすぐ充電しますので、リレーで電流計がわに切り替えます。
回路にコンデンサが入っているので、瞬時の電源OFFは問題になりませんので、リレーは普通のでいいと思います。

Q電流計についてなのですが、画像の問題を読むと 回路の電流を測定するために電流計をつけた。それによる測

電流計についてなのですが、画像の問題を読むと

回路の電流を測定するために電流計をつけた。それによる測定回路の抵抗の変化分を補償するために直列に抵抗Rをつけた

と書いてあるのだと思うのですがなぜ抵抗Rをつけるのでしょうか。
元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけてそれによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだからわざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

電流計の耐電圧の関係かなと思いましたがそのような事も書いてありませんし、なぜわざわざ減った抵抗値を増やすような事をするのでしょうか。

Aベストアンサー

>元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけて
>それによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、
>この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだから
>わざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

これは一面では正しいと思います。
しかし、
「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」重視なら
正しくない、「補償用抵抗を付ける必要がある」ということでもあります。

この設問は「変えたくない」理由は書いてないですが、
設問に対しては「そういう前提」と解釈して解答するだけですね。
「その理由がわからないと解答できない」ってわけじゃないですし。

で、「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」意味ですが、
例えば、実験目的で電流値をいろいろ変え、追従してRs値交換し、電流値を記録し
a,b端子間の電圧降下を算出する場合などは、一定値の方が都合がいいように思います。
計算式が1つで済むので。
そうでないと(測定時のRs値によって)計算式を変える必要がありますよね。
組合せが増えれば作業も手間だし間違える可能性も出てくるし検証も複雑になる。


「一定にする」のと「少しでも小さくする」のは両立できず、一長一短です。
どちらを取るかは状況や価値観によります。本設問では「一定にする」と読めます。

電流計はrg=0オームで回路に影響与えないのが理想なんですが、
回路のエネルギーを横取りするので、現状、どういう方法でも元の回路に影響を与えます。
(クランプ式の電流計も)
少しでも0に近い方が、それによる測定誤差はより小さくなり、望ましいのですが
素の電流計 rg 以下にはできません。誤差の要因は他にもあります。
「測定誤差はこれくらいは許容」前提な測定を行うことはママあります。

>元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけて
>それによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、
>この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだから
>わざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

これは一面では正しいと思います。
しかし、
「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」重視なら
正しくない、「補償用抵抗を付ける必要がある」ということでもあります。

この設問は「変えたくない」理由は書いてないで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報