私は37歳で工場を持つ機械系の会社で設計をしています。大学卒業後、何か自分で勉強をしようと思い、10年以上前に電気主任技術者3種を取りました。その後、電気工事士2種を取りました。
近年の製造業の不景気と会社の方針に疑問を持ち、転職を考えています。
転職は電気主任技術者の資格を生かした職に付きたいと考えています。しかし、この資格は経験があって始めて威力を発揮しますが、現在のところ、電気関係の仕事の経験はなく、資格は取ったのですが、一般の趣味レベルの電気的知識しかありません。今転職した場合、3~5年位同年代もしくは自分より少し若い人に仕事を教えてもらうことになると思いますが、その後は自分自身に力が付き、年を取ってからも何らかの仕事ができるのではないかと考えています。

このような状況で資格を生かした職があるのでしょうか?
今の仕事を続けながら、専門学校などで経験を積めるような機関があるのでしょうか?
転職サイトに60歳経験がなくても資格があれば採用可という企業がありましたが、本当なのでしょうか?確かビル管理の業種でした。
この1年間自分にプラスになる資格を取りたいと考え、エネルギー管理士を検討していますが、高年齢で就職に威力を発揮する資格はありますか?

結局は自分自身のやる気が一番だと思いますが、この業種に経験豊富な方で、もし御意見を頂けるなら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

電気 知識」に関するQ&A: 自作ヘッドホンアンプ制作初心者です。 電気の知識は中学高校程度ですのでその点を踏まえて回答を下されば

A 回答 (2件)

お返事ありがとうございます。


会社員になっております(まだ、アラフォーです)

設備・管理の仕事は 50代や60過ぎても、資格と実務経験が
あれば、再就職が可能と思ったからです。
おそらく、私(達が)年金をもらうときは70歳かもしれません。
そういう中、60歳で(今の時点で)再就職の可能性があるのは
管理人(ビル・マンション含む)だと結論に及んだからです。

この不況の中、3-5年遠回りしておいても、将来に役に立つと思って
修行しておりました。(別に、オススメするわけではございません)
頭が柔らかいうちに勉強(資格取得)と、思っておりました。

>実務経験を取らしてくれる現場というのは、転職してという意味なのでしょうか

そうですよ。たいした設備でも仕事をしているわけでもありませんが、
実務経験の資格はもらえるようにしてくれる。
と言う意味です。(何年勤めました!とね)

ちなみに実務経験2年で受験資格がとれる「建築物衛生管理技術者」
(通称ビル管)は、名義貸しができる資格なのです!!
合格率10%台ですが、これが実務経験5年以上で
有料の講習会を受けられる資格が得られます。
(講習会参加で、ほぼ合格率100%)

>転職せずに経験を積むのが一番なのですが、そのような機関はないのでしょうか?
本「設備と管理」などで、電気の実務講習会など出ておりますから、
受けてみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 8
この回答へのお礼

度々の御回答ありがとうございました。
少し方向性が見えたような気がします。
やはり将来への不安は感じます。
電気の実務講習会など調べて見ます。
また、質問させて頂いた時にはよろしければ御意見よろしくお願い致します。

お礼日時:2009/05/18 22:45

はじめまして、30代で2電工+アルファの資格を取得して


ビル管理業界へ転職したことがあります。

1・電気主任ですが、実務経験として取らせてくれる現場もありますよ。
2・この業界は、50-60代がほとんどです。(30代はパソコンできるから、重宝されます)
3・電気主任+実務経験で受験資格がある「ビル管理」(建築物環境衛生技術者)の資格の2点セットがあれば、60歳でもまず、採用でしょう!
4・ビル管理の資格が取れなくても、電気主任技術者(5年の実務経験ももらって)があれば、転職に有利です。(収入UP)

5・エネ管理を取るくらいなら先に「ビル管理必須資格」を取りましょう。(危険物乙4、2級ボイラー技士、3種冷凍機械)
6・さらにあれば良いもの(電気工事士を生かした資格)
  ・消防設備士
  ・工事担任者
  ・電気通信主任
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございました。大変参考になりました。
経験を積むことが必要だと改めて感じました。
重ねて質問させて頂きたいのですが、実務経験を取らしてくれる現場というのは、転職してという意味なのでしょうか?
本音を言うと、やはり転職は慎重になります。転職せずに経験を積むのが一番なのですが、そのような機関はないのでしょうか?
今の会社ではまず経験は積めません。

まずはビル管理必須資格を勉強します。
ところでboyz3menさんはビル管理業界へ転職したことがありますと書いておられましたが、今はどのような仕事をされているのでしょうか?
少し興味があり質問させて頂きましたが、無理には結構です。

お礼日時:2009/05/16 09:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気主任技術者の認定について

 第3種電気主任技術者の試験受験と並行して、工業高校定時制の電気科に通おうと考えています。
 もし、将来、電気主任技術者の認定を受ける場合なのですが、工業高校電気科は卒業でなければならないのでしょうか?
例えば、認定に必要な単位だけを履修した場合(電気科卒にはならない)では、認定は受けられないのでしょうか?

Aベストアンサー

電気科卒なら、認定で取得できる権利はありますが認可が下りるのは並大抵ではありません。その前にハードルがあるのをご存知?
卒業イコール届ければ資格証がもらえるわけではありません。

Q電気主任技術者1種の実務経験と価値

将来、実務経験を経て電気主任技術者の資格を取得しようと考えています(認定校で指定された学科の単位を取得しています)。そこで、2点について教えてください。

(1) 1種を取得したいのですが就職先として実務経験が認められる業種とはどのようなものがありますか?電力会社は思いつくのですがその他あればどの業種のどのような担当部署につけば認定されるのか教えてください。

(2) 将来、再就職をする場合電気主任技術者1種はどのような業種で有利になりますか?また、1種まで取得する必要はありますか?(1種を必要とする大規模設備は少ないと聞くので)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電力会社のほかには大規模な工場(製鉄所、石油コンビナート、紙パルプなどおおよそ10万キロワットクラスの発電所や受電設備をもつ企業が対象になります。これらの企業のなかでエネルギー部、工務部などに所属し、電気主任技術者としてのキャリアを積めば認定にいたります。ただし、認定の条件として現在の主任技術者の指揮命令のもとで直接2種の範囲の業務を一定期間遂行したことを求められます。産業局に提出する実務経歴書(会社社長の証明が必要)にもどんな設備の保守点検を1日何回行ったというふうに記載します。
ところで、電気工学を専攻されてこういった会社に入った場合にこのような職場に配属されるかが問題です。1種は事業所に一人いればよく、会社にとっては5年に一人くらいずつ認定していれば充足できます。たいていの電気関係のエンジニアは製造設備の保守やコンピュータのお守りをすることになり、エネルギー部門にいけるのは大学院でエネルギーを専攻したような人ばっかりです。
1種を必要としない事業所は実務経歴書を発行してくれませんし、産業局も資格を必要としない事業所からの認定申請を認めないでしょう。
(もともと認定制度は試験で取得できない人の救済措置なので、必要の無い職場には認定は厳しくなります)

2)1種を必要とする職場は限られており、転職者を必要とすることはありません。2種を必要とする職場は多いのですが、たとえば清掃工場では工場を建設したプラントメーカーが運転や保守、主任技術者までだして運転業務を請け負っていることが多いです。この場合、新聞などで求人して3交代勤務をする労働者としてプラントメーカーの子会社に採用されて勤めることになります。
高層ビルなどでも2種で充分ですが、電気主任技術者だけでなく空調(冷凍機、高圧ガス、ボイラ)、工事、衛生(給排水、ビル管理)などの知識も必要とされます。
1種を持っている人間がこういったところに応募しても管理的な業務に就けるとは限らず、地位や給料も2種並みになります。

3)大企業で1種を実務経歴で取得した方が定年後は名義貸しとして保安協会や管理技術者協会などに加入し、町の商店・工場の主任技術者の代行をしますが、休日夜間の対応が必要な割にはマックの時給並み以下であり本業として行うだけの給料は得られません。(年金の足しにはなりますし、ボケ防止にはなります)

4)電験の世界では実力1種とか認定1種といった言われ方をされます。認定の方は執筆、講演などの話は来ませんし、独立・転職などでも技術を売るというだけの実力がないため不利です。

電力会社のほかには大規模な工場(製鉄所、石油コンビナート、紙パルプなどおおよそ10万キロワットクラスの発電所や受電設備をもつ企業が対象になります。これらの企業のなかでエネルギー部、工務部などに所属し、電気主任技術者としてのキャリアを積めば認定にいたります。ただし、認定の条件として現在の主任技術者の指揮命令のもとで直接2種の範囲の業務を一定期間遂行したことを求められます。産業局に提出する実務経歴書(会社社長の証明が必要)にもどんな設備の保守点検を1日何回行ったというふうに記...続きを読む

Q認定による第2種電気主任技術者取得について

第2種電気主任技術者資格は、第3種電気主任技術者での実務経験が5年以上の証明があれば、申請し、認定されたら取れるそうですが、「必要な実務経験の条件」と「申請後、認定までの具体的な流れ(面接などがあると聞きましたが)」を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法令及び指導経験により記載します。

「電気事業法の規定に基づく主任技術者の資格等に関する省令」によります。

1.第2種電気主任技術者免状取得の資格及び実務
経験年数:第3種電気主任技術者免状の交付を受けた後5年以上
実務の内容:電圧1万V以上の電気工作物の工事、維持又は運用

絶対条件である実務は、22kV以上の特別高圧実務が必要です。
内容は発電所や変電所に関する運転業務に従事するのが理想ですが、工事会社勤務で特別高圧の事業所に特別高圧に関する工事に係わった実務経歴書を満足させるには、仕事先の代表取締役社長の代表者印が必要となります。

詳細は産業保安監督部電力安全課に担当者がおられますので詳細を聞く必要があります。
・資格認定に関する進め方も担当者により異なります。事前に面会要。
・実務経歴書は、設備や業務の内容詳細に記載する必要があります。
(一般的にはA4所定様式に10~20枚程度)
※ 初めての方は、解らないと思いますので経験者の指導が理想。
・資格取得の期間は、電力安全課に提出して 2~4回程度の修正を繰りかえして半年ぐらいかけて貰えるのが理想。

※ 電力安全課の担当者としては、試験合格者と同じ合格率にしたいとのことでした。
当地方では、数回の面接で実務質問を行い、低レベルの場合は出なおして貰います。
(例:SOGの意味と動作を説明してください。「ストレージオバーカレントグランドリレー」)
簡単には貰えませんので、かなりの努力が必要です。
2種も科目合格で取りやすくなっていますので、試験合格と併用されるのが理想です。

法令及び指導経験により記載します。

「電気事業法の規定に基づく主任技術者の資格等に関する省令」によります。

1.第2種電気主任技術者免状取得の資格及び実務
経験年数:第3種電気主任技術者免状の交付を受けた後5年以上
実務の内容:電圧1万V以上の電気工作物の工事、維持又は運用

絶対条件である実務は、22kV以上の特別高圧実務が必要です。
内容は発電所や変電所に関する運転業務に従事するのが理想ですが、工事会社勤務で特別高圧の事業所に特別高圧に関する工事に係わった実務経歴書...続きを読む

Q電気主任技術者の免状取得後の実務経験について

現在、電気工事士として働いています。
電験3種を持っているので、工事ではなく、高圧の保守のほうの仕事に転職をしたいと思っています。
たしか(結構前に受験したのでかなりうる覚えですが)5年間以上の実務経験があると一つの高圧受電設備だけではなく、複数の高圧受電設備を保守、管理ができると思っていましたが、その実務経験とは工事士の仕事と平行してだと認めてもらえないのでしょうか?
例えば普段は工事士の仕事をしていて、月に1~2回程度行くくらいの町工場の主任技術者として5年やっても認めてはもらえないのでしょうか?
また、複数の保守、管理が出来る資格になったとして、将来性はあるのでしょうか?転職には有利でしょうか?
いまの年齢は35歳です。
有資格者、経験者など、知っている方がいましたら、ご意見をお願いいたします。

Aベストアンサー

工事に関する資格と管理に関する資格は、平行して行使することはできません。
工事に関する実務経験は、管理に関しては、何の意味もありません。
電気工事士として、事業開始登録がされている場合は、同じ人が主任技術者として電気に関する管理業務を業として行なうことはできません。
当然その逆もあります。(主任技術者が工事をすることは不可)

このことから、
普段は工事士の仕事をしていて、月に1~2回程度行くくらいの町工場の主任技術者として5年やっても認められることはありません。

さらに、電検3種ぐらいでは、対して飯の種にはなりません。
各エリアにある電気保安協会(たとえば関西電気保安協会)の職員ならば、電検3種程度を持っている人は、腐るほどいますし、持っていて当たり前、さらにここに何年か勤務して所定の実務経験を有すれば、2種や一種の資格を取得することも、比較的容易であることは、お解かりになられると思います。

また、現実問題として、個人で開業するとしても、やはり各地域の主任技術者協会への加盟は必要不可欠です。(不在時の代理などの問題もあります)

さらに、耐圧試験器やリレー試験器さらに、リアクタンスなどの高額の測定機器の購入の問題。
試験器関連は、検査を請け負ってくれるところへ外注することも可能ですが、利益などを考えると自分でやった方が良いでしょう。
さらに、その他に必要なものとしては、高圧検電器・万ボルトメガテスターや500Vメガテスターさらには、アーステスターも必要ですし。
発電機(電気が無い場合が多いので必要)や、計測機器他の運搬用の台車や現地までの機器運搬及び移動用の車といったものも必要で、設備投資に費用がかさむのが現状です。

場合によっては、知識のあるアシスタントスタッフも必要となる場合もあるでしょう。

35歳にして、工事屋から転職するにはリスクが大きすぎます。
やはり、主任技術者として、独立するなら現状でも、その種の職についていて、充分な実務経験があって、さらに、客先をある程度確保できる手立てがあって、見込みもある状態であれば、もんだいはないのですが…。

電気工事屋として独立するのなら、少し遅めかな?って程度の年齢ですけどね。

工事に関する資格と管理に関する資格は、平行して行使することはできません。
工事に関する実務経験は、管理に関しては、何の意味もありません。
電気工事士として、事業開始登録がされている場合は、同じ人が主任技術者として電気に関する管理業務を業として行なうことはできません。
当然その逆もあります。(主任技術者が工事をすることは不可)

このことから、
普段は工事士の仕事をしていて、月に1~2回程度行くくらいの町工場の主任技術者として5年やっても認められることはありません。

さら...続きを読む

Q第二種電気主任技術者を認定で取った方いますか?

第二種電気主任技術者を認定で取得された方はいますか?私は三種持ち(試験で合格)で特高設備の実務経験があるため、制度上、二種を認定で取得する事が可能な状態となっています。しかし聞くところによると認定とはいえ、面接がかなり厳しく、なかなか通してもらえないとか。。正直あまり細かい事を突っ込まれるとボロが出そうです。。実際に認定で取得された方や周りで取得された方が見えましたらどんな感じだったか感想等いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

私自身は認定資格が無かったため試験で取得しましたが、周囲には何人か認定で取得した者がおります。
話を聞くとご想像の通り、面接で相当突っ込んだ質問が多数あり、民間会社の特高受電設備管理者経験程度では、1回で通過することは非常に難しいとの事です。施設に関する具体的な各種数値や金額、具体的かつ詳細な仕事内容や実際に行った手続き等について明確に回答できないと認定は難しいようです。
そもそもこの制度は、本来電力会社勤務者に対する優遇制度であったものが、公平を期すために一般にも認められるようになったものなので、
民間会社勤務のみでは非常にハードルが高いとのことです。
電力マンには面接で聞かれる内容や、模範解答例をまとめたものが出回っているとのことで、何人かは知人の電力会社員に頼んで入手していたそうです。よってまずはコネを頼って電力マン等から情報収集を十分にしてから申請に望むことをお勧め致します。
余談ですが、3種をお持ちなのでご存じかと思いますが、免状に記載される登録番号で、試験取得か認定取得かすぐ判ってしまい、認定だと社内や協会内などでも「あの人は認定だから」と一段低く見られてしまい、逆に試験取得者は周囲からも尊敬の目で見られることも事実です。知人にはそれが嫌で認定資格があるにもかかわらず認定ではなく、あえて数年かかって試験で取得した者もおります。
質問者さんも自信がおありであれば、後のことを考えて試験取得をお勧め致します。2次試験のハードルは高かったものの、1次試験は3種とさほどレベルは変わりませんので、3種にスムースに合格した実力があれば、問題ないと思います。

私自身は認定資格が無かったため試験で取得しましたが、周囲には何人か認定で取得した者がおります。
話を聞くとご想像の通り、面接で相当突っ込んだ質問が多数あり、民間会社の特高受電設備管理者経験程度では、1回で通過することは非常に難しいとの事です。施設に関する具体的な各種数値や金額、具体的かつ詳細な仕事内容や実際に行った手続き等について明確に回答できないと認定は難しいようです。
そもそもこの制度は、本来電力会社勤務者に対する優遇制度であったものが、公平を期すために一般にも認められ...続きを読む

Q第三種電気主任技術者の実務経験5年以上について

第三種電気主任技術者(電験三種)を取得したので、転職活動をしています。

ですが、実際探してみると「実務経験5年以上必須」という記述があるものが多いので、応募できずに困っています。
私は工場の設備保全・生産技術 主任として6年程の経験がありますが、キュービクルのメンテ等はほぼ未経験です。
ほぼ、というのは保安協会の月次点検に立ち会ったり、年次点検の際に休日出勤をしたり、といった程度の経験しかないということです。

ここでいう「実務経験5年以上」というのは、具体的にどういった事をさすのでしょうか?

Aベストアンサー

実務経歴5年というのは、電険を合格して、免許を、取得してからです。メリットは、一種電気工事士の資格を認定で、もらえます。
それが基準になっていると思います。バブルのころは、一年で、雇用されました。しかも、3ヶ月の経験で。通常の設備管理者でも、経験なしで、就職できました。今不況で、電険保持者だけでなく、国家試験保持者でさえ、就職は、難しいです。
技術者管理協会がありますが、請負で、仕事は、もらえます。定年の人が多いです。それも、最低、合格してから、高圧電気設備管理などの、
仕事に5年以上従事しているのが条件です。
仕事としては、人によりますが、それほど、の内容のある仕事だとは、
思えません。でも、電険をとっている、しかも試験合格ですので、
いずれか、今すぐか役に立つ資格です。
でも、いずれにしても、今までの仕事の経歴は、就職には、有利でしょう。

Q大学の単位による電気主任技術者認定について

私は大学で電気工学を勉強しました。在学中から電気主任技術者の資格のことを意識して必要な単位はすべて取ったつもりです。仕事ではシーケンス回路の作成がメインで大きな容量のものはほとんど扱っていませんが実務として認められるのでしょうか?
また、大学で単位を取得し実務経験によって申請する場合はどのようなステップを踏めばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLをご覧ください。
大学で必要な科目が取得できていれば、電圧500ボルト以上の電気工作物の工事、維持又は運用を1年以上経験すれば申請で3種が取得できます。設計も入ると理解
していいようです。

2種、1種も、電圧と経験年数が違うだけで同じ仕組みでステップアップできます。

参考URL:http://www.kansai.meti.go.jp/3-9shisetsu/chiefengineer/denkione.htm

Q電気主任技術者は役に立つ資格か

第3種電気主任技術者は役に立つ資格なのか疑問に感じます。   それ程重要な資格だとは思わないのでが、取得した方でその資格を取得して役に立ったという話を教えてください。

Aベストアンサー

われわれ第二種電気工事士から見れば電検三種資格保持者は神様のようなものです。従業員100名足らず約1MWh/月程度の工場ですが、この程度の契約になると必置資格らしいです。当社はアホばっかりで誰も合格できず、外部委託したり親会社の有資格者に兼務してもらったりしています。
第一種か第二種電気工事士と併せて持っていると、高圧受電している工場や大規模店舗に就職すると優遇というよりも、リストラにあう心配はありませんね。

Q二種電気主任技術者認定

現在、三種電気主任技術者として、会社で選任されています。
免状交付から5年2ヶ月(電検合格で取得)、4月には選任後5年になります。丁度良いタイミングというか、会社で特高導入の計画があり、二種免状が必要になりました。そこで二種免状を認定取得しようと考えています。
そこで質問なのですが、実務経験年数がほぼ5年と言っても、日常点検は他の担当者に委任しており、せいぜい年次点検(保安協会へ委託)の立会い程度です(よく言えば監督ですが)。保安規定は自分で作成しました。
このようなレベルでも認定されるのでしょうか。クリアできているのは年数と必要性だけに思えるので、認定申請しても交付不可になるのではないかと心配です。・・・そもそも「交付不可」ってあるんでしょうか?
経験のある方教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

第二種電気主任技術者免状 を申請でもらえるのは
第三種電気主任技術者免状の交付を受けているもの 電圧一万ボルト以上の電気工作物の工事、維持又は運用 第三種電気主任技術者免状の交付を受けた後五年以上 となっています。

Q電気事業用電気工作物の工事資格

ども。
発電所、変電所などは、自家用電気工作物に入らないそうです。
では、そこでは誰が工事をしているのでしょうか??
一種電気工事士は自家用のみみたいなので、混乱しています。
電柱で作業されてる方は、一体なにものなのでしょうか?
確かではないのですが、500kw以上のところでは法の適用外であり
全責任を負っている電気主任者が信頼できる作業者を選んで作業させると聞いたことがあります(極論、無資格でもいい。ただし事故の責任は主任者)
一種電気工事は、なんでもできるんじゃなかったんでしょうか?
悔しいです!!
結局、主任者に何もかも負けてしまうなんて・・
これは冗談ですが、一般はニ種、自家は一種、電気事業は??
どなたか、教えて下さいませませ~~~^^

Aベストアンサー

私は第二種電気工事士しかなかった時に、配電用変電所の66000V電力ケーブルの端末処理・接続を行いました。(会社の先輩と電力会社の監理員の指導の下で。)

事業用電気工作物での工事作業員の必要資格はありません。無資格でも可能です。
但し、工事を請負う会社の作業員が全員無資格では疑われるので、電気工事の知識と技能を備えている証明として電気工事士の資格は必須となってしまうのです。
電力会社は、作業毎にチェックリストを持っていて、監理員(仕上がり具合の確認をする人)が張り付くのですが、重要な作業であればある程ベテランの方が厳しく品質管理・施工管理を行います。
必ずしも全ての作業に、選任された電気主任技術者が臨場し監理(指示・命令)する訳ではありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング