アジアンタムを購入しました。
家に帰って、植え替えていたところ、葉の裏に黒い虫?
卵みたいなものがびっちりあって、虫だ~!と
早とちりして、それらの葉を茎から切りました。

よくよく調べたら、それらは胞子であるとのこと。
はじめからこちらで調べたらよかったのですが…

けっこう切ってしまいました。
そこで教えていただきたいのですが、

・また新しく葉は出てきますか?
・切った葉を小さな花瓶にいけましたが、これはすぐに枯れてしまいますか?

すみません。初心者なくせに、勝手に虫だと思い、切ってしまい、後悔しております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

活力剤」に関するQ&A: 活力剤と液肥

たむ」に関するQ&A: アジアンタムの育て方。

A 回答 (1件)

失敗は成功のもとと言いますが、失敗を恐れていては植物を栽培する事


は出来ません。今後は過ちを繰り返さない事が大切で、今回の失敗した
教訓を生かして今後の栽培に役立たせる事が大切だと思います。
そのためにはアジアンタムだけでなく、他の観葉植物に関しても多少は
勉強された方がいいと思いますよ。
購入してから調べるのではなく、購入前に事前に調べた方が失敗する事
は少なくなるはずです。

どの程度まで切られたのか分かりませんが、まだ生長期(活動を活発に
して元気に生育する時期)に入ったばかりですから、管理方法を基本通
りにされれば新芽が出て元の姿に戻るはずです。

明るい日陰を好む植物ですから、年間を通してレースのカーテン越しで
光線に当てて下さい。耐陰性があるので日陰でも育ちますが、光線不足
になると間延びをして弱弱しい姿になります。
水分を好む植物ですから、基本としては鉢土の表面が乾く前に与えるよ
うにします。他の観葉植物では鉢土の表面が乾いたら与えますが、この
植物の場合は乾く前に与えますから、水を好む植物には水切れに注意が
必要です。
肥料ですが4~10月までの生長期には、速効性の液肥を水代わりに2
週間に1度で与えて下さい。11~3月までは、状態に関わらず与えて
はいけません。活力剤やアンプルも一切与えません。
植替えは2年を目安にして、生長期の間に行います。
越冬は3℃以上が確保できる場所で管理をして、その時にエアコンなど
の暖房器具の温風が、直に当たらないようにして下さい。また霧吹きで
定期的に葉水をする事も忘れないで下さい。
繁殖は株分けで行います。切った茎を水差しにされているようですが、
その内に枯れてしまうと思います。この先も生かす事は難しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい説明をありがとうございます。
失敗は成功のもと、と思い、今回は勉強になったと思うことに
します。

今まではマンション暮らしだったのですが、
先月一軒家に引っ越ししたので、これを機に少しずつですが、
ガーデニングを楽しみたいと思っていたところです。

いろいろ勉強して育てたいと思っています。

お礼日時:2009/05/13 19:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアジアンタムが毎回枯れる

アジアンタムを何度買っても枯れるんですが...水のやり過ぎなのか水不足なのか適量が
わからないんですが、誰か教えてください。

Aベストアンサー

植物が生育するために必要な事は、日照、水分、温度、湿度、土、肥料等
が条件の適応してしなと育ちません。何度も枯れると言う事は、これらの
事に対して適応していない部分があるからです。
あなたは水の与え過ぎか不足かを原因と考えているようですが、それだけ
では無いと僕は思います。詳しい情報が不足していますので、詳しい事を
教えて貰わないと回答は難しいです。

購入時の土は僕は信用していません。購入時の土は何が使用されているか
分かりませんので、そのまま使用しても乾き具合が分かりにくいので、僕
は購入したら直ぐに植替えをするようにしています。その方が根の状態も
確認が出来ますから、場合によっては返品も出来ますので、僕は購入した
ら必ず植替えをするようにしています。そのためには購入時期を考える事
が必要で、必ず植替えが可能な時期を狙って購入するようにしています。
アジアンタムの生長期(活動を活発にして生育する時期。この間に植替え
が出来る)は4~9月です。この間に購入するようにします。

これから基本的な管理方法を書きます。現在の管理方法と同じかどうかを
読んで確認し、間違っていれば改善するようにして下さい。

まず置き場所ですが、アジアンタムは明るい日陰を好みます。春と秋だけ
はレースのカーテン越しで管理をし、夏は直射日光が当たらない場所に置
き、冬は光線が弱いのでガラス越しで光線に当てるようにします。
耐陰性が強いので日陰でも栽培は出来ますが、年間を通して日陰で栽培を
すると、枝が間延びをして草姿が乱れてしまい、だらしなく見えます。
暑さや寒さには比較的に強い植物ですから、年間を通して気温は心配しな
くて大丈夫です。越冬に必要な温度は0℃以上ですが、平均して3℃以上
あれば問題無く越冬は可能です。寒いからと暖房をガンガン効かせる必要
はありません。暑いだろうと冷房をガンガン効かせるのは逆効果です。

アジアンタムは比較的に水を好みますから、春から秋までは鉢土の表面が
乾く前に十分に与えます。与える時は鉢底から水が十分に流れ出るまで与
え、間違ってもコップ半分とか自分で決めた日だけに与えないようにしま
す。そんな事をすると決まって水切れを起こし、枯れてしまいます。
冬場は水分を多く要求しないので、鉢土が乾いたら与えます。ただし水は
春から秋と同じ要領で与えます。

肥料は生長期の間に、2週間に1回で1000倍以上に薄めた液肥を水の
代わりに与えます。これを忘れると肥料切れで弱ってしまいます。

植替えは2年毎に行います。何年も植替えをしないでいると、根の生育が
悪くなり枯れてしまう事もあります。土の通気性や排水性等を維持させる
ために、必ず2年毎に植え替えを行うようにします。
もし水切れで葉が枯れてしまった時は、根は生きていますから地際から切
り戻しを行えば再生します。ただし新芽が出ている時は、新芽を切らない
ように切り戻しをして下さい。新芽が出ているかどうかは、根元を見れば
分かります。

病害虫ですが、風通しが悪いとアブラムシが発生します。室内だから発生
はしないと思うのは間違いです。発生したら早めに屋外にて薬剤散布をし
ます。完全に薬剤が乾けば室内に戻します。これを怠ると枯れてしまいま
す。

どんな植物でも光線の当たる方向に枝先を向けますから、1週間毎に鉢の
向きを変え、均等に光線が当たるようにします。1/4づつ向きを変える
ようにすれば、こんもりとした形になります。向きを変えないと一方方向
に傾き、見栄えが悪くなります。

植物が生育するために必要な事は、日照、水分、温度、湿度、土、肥料等
が条件の適応してしなと育ちません。何度も枯れると言う事は、これらの
事に対して適応していない部分があるからです。
あなたは水の与え過ぎか不足かを原因と考えているようですが、それだけ
では無いと僕は思います。詳しい情報が不足していますので、詳しい事を
教えて貰わないと回答は難しいです。

購入時の土は僕は信用していません。購入時の土は何が使用されているか
分かりませんので、そのまま使用しても乾き具合が分かりにくいの...続きを読む

Qアジアンタムが茎ばかりに。。

義父から譲ってもらったアジアンタム(ホウライシダとプレートがあります)が、頂いた時から長年手塩に掛けて育てた来た後が残ってて、切った茎の方が多く、1センチ程の茶色い茎が密集しています。

毎日霧吹きで世話したりしてますので、その隙間から新しい芽が次々と何本か育ってはいますが、直径30センチ程の大鉢の5分の4がカットされた茎ばかりなのでみすぼらしいです。

全盛期はきっと大鉢イッパイにワサワサと茂ってたと思うのですが、その時に戻すにはどうしたらいいのでしょうか??

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

枯れてる茎を抜こうと引っ張っても、元気な根までとれてしまいますので、茎が気になるなら地際ギリギリで刈り込んでみてください。
10号鉢位とのことなので、半分に株分けされてはどうですか?

植え替えは、枯れて密集している部分の茎を掴めるなら掴み、鉢の隅を叩くか、ひっくり返して叩きだすかして頑張って出してください。
相当根が張ってると思いますので、ちょっと大変かもしれません。

いずれにせよ、そのままだと根詰まりで株全体がダメになってしまうと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報