お世話になります。よく欧米人にはご飯のような主食という概念がないと言われます。
それなら
1 フランス料理などに出てくるパンは添え物というか口直しのようなものでしょうか?
2 トーストやサンドウィッチの時のパンの存在はなんでしょうか?

素朴な疑問です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今「肉食の思想」という新書を読んでいまして、ちょうどよいご質問でしたので回答してみようと思います。


主食といっても日本人が想像する穀類の主食以外を主食とする地域もあるのですが、
今回の回答では「主食・副食の概念」ということで、エネルギー源となる炭水化物の豊富な植物性の主食について述べさせていただきます。

食文化において日本はじめ東南~南アジアとヨーロッパとのもっとも大きな違いは、
この主食(・副食)の観念のあるなしと言われます。
アジアとヨーロッパという考えも大雑把ですし、
ヨーロッパにだって「毎食当たり前に食べる食物」という物はありますから
反論される方もおいでのようですが、
ご指摘のようにヨーロッパでは主食の概念は非常に薄いと言われます。
主食の観念が発達している地域というのは温帯で、しかも
その地域で「安定して毎年大量に収穫できる穀物がある」地域のみです。
米のあるアジア、トウモロコシのある中南米です。

「どれほど食が西洋化したといっても、主食の観念に固執するかぎり
 日本の肉食はままごとにすぎない」
と述べた上述の本は66年に書かれた古い本ですので、今見ていると少し現在の分析とは違うなと思うこともありますが、
なぜヨーロッパでパンが主食になりえなかったのか、なぜ主食観念が発達しなかったのかについて、
「パンはぽそぽそしていて喉どおりが悪いから、他の食べ物(バターやソース)等と美味しく食べる方向に発達するしかなかった。」
「ヨーロッパは地理的に冷涼であるため、主食だの副食だのにこだわっていている余裕がなかった」
と理由づけています。
「くちあたりが悪いから主食になりえない」とはまたずいぶんいい加減な理由にも感じますが、
「飯だけ大量に食べる」「パンだけ大量に食べる」と考えると、わからないような気がするのは私が日本人だからでしょうか?

この本にもヨーロッパで主流であった穀物である麦類の播種量に対する収穫量の低さを挙げていますが、
麦類というのは蒔いた量と収穫量を比較すると、米の10分の1です。
従って、米を主食とする地域に比べて、一人を支える量を収穫するには広大な農地が必要になります。
当然、中世の技術力ではこれを耕し栽培する労力がなかったわけで、
「主食が成り立つほど穀類がとれなかった」のです。
ちなみに中世のヨーロッパに存在し、収穫可能な穀類は麦類のみです。
というわけで、より安価で収穫量の多いジャガイモなどがより貧しい地域で栽培されますが、
「より手にとりやすい、よく食卓に上がる定番の食べ物」であって、主食の観念から食べているわけではありません。
他により重要視している食べ物、特に肉や魚が乳製品手に入るのならばこれを食べているからです。

ただ、主食ではないとか、主食の観念が薄いからといって、ご質問の1と2はよくわかりません。
主食・副食の境目が薄いといってもそれをよく食べることをしない、というわけではありませんし、
重要なエネルギー源になりうるパンは食べられるときには食べたでしょう。
サンドイッチなど具を挟むのにちょうどよいですし。

最後に、他の回答者さんもおっしゃっておいでのように、イタリアとスペインだけは
ヨーロッパでも特別で、小麦からなるパスタなど豊富ですし米がとれ、食べる習慣がある地域です。
そのすぐ南側のアフリカには主食の概念があり、クスクスはイタリアでも食べられています。
それでも食文化としては、ヨーロッパよりですね。
これらの国でも「主食・副食」の概念は希薄だと思います。
イタリアンでパスタをプリモ・ピアットに入れているんですから。
    • good
    • 0

一口に「欧米」といっても10カ国以上あります。

そして、欧米に限らず、主食の概念というものは国によって、いえ、下手をすると地域によって全然違います。

例えば「カロリー源」という意味での主食なら、また意味が違いますが、いわゆる「これがないと夕食が始まらない」的な、家庭料理の必須アイテムは、例えばアメリカやイギリスではジャガイモです。日本人が、水だけで炊いた白いご飯を期待するところを「今日はオリーヴオイルを混ぜてみてわ」と言われたら愕然とするように、イギリス人の食卓に、ジャガイモを勝手に珍しい調理法で出すと、泣かれても仕方がありません。

ただし、アメリカなどでは、朝はトーストかシリアル、弁当はサンドイッチ、というのが多くの住民にとっての定番です。弁当にサンドイッチ以外の物を持っていくと、「変わってるね」とか「気取ってるな」という反応が返ってきます。とはいえ、アメリカは移民で成り立っている国であり、移民や外国人は、もちろんそれぞれの故国の習慣にのっとった料理を食べています。

フランスでもジャガイモはかなりの主役級ですが、それよりはバゲット、いわゆるフランスパンですね。フランス人は、毎日、新鮮なバゲットをパン屋さんに買いに行きます。よくオシャレな映像に、フランス人が買い物袋からバゲットを覗かせて歩いていたりしますが、これは誇張ではありません。また、「フランス人はバゲットを毎日買うほど、こだわっている」と、とかく言われますが、こだわっているというよりも、フランス本場のバゲットは、一晩置くと石のように硬くなってしまうので、毎日、買い直さないといけないのです。ただし、硬くなったバゲットの再利用法として、フレンチトーストやオニオングラタンスープといった料理があります。

近隣の国々でも、タイ王国の南部ではうるち米が主食で、北部ではもち米が主食であるなど、地域によっていろいろです。
    • good
    • 1

誰がそのようなことを(ーー;)



もちろん主食はありますよ。
「欧米人」と言っていますが、欧ですか?米ですか?
欧でも国によって違います。
スペイン、フランス、ドイツはパンやジャガイモが主食ですね。
イタリアはパスタやパンや色々ですが、一口で言えば小麦系?

スイスやオーストリアはチト難しいですね。
色々食べます。肉と野菜だけという食事もありますからパンが主食とも言いにくい面があります。

>2 トーストやサンドウィッチの時のパンの存在はなんでしょうか?

おにぎりの海苔のそうな存在でもあるし、お寿司のシャリのような存在でもありますね。
    • good
    • 0

>1


濃いソースを食べて次の料理に移る際の口直しというか、舌直しみたいなものではないでしょうか

>2.
トーストは判りませんが…サンドウィッチは中に挟んであるハムや野菜とソースなどで手を汚さないためのものかと…
だって…ハムを手で掴むのは手が汚れますもの

…なんて思ってました
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイエットに適した主食

日本では米が主食となっていて、海外では米の他にもパンやジャガイモや豆を主食とする国など、世界には色々な主食があります。
そこで聞きたいのですが、ダイエットに適した主食は何ですか?
主食扱いされていない食材でも結構なので、腹持ちが良く、低カロリーなダイエット向きの食材を教えてください。
良ければ、サイトなども教えてください。

Aベストアンサー

日本人にはやはりお米が一番あっています。パンはバター等をたっぷり使いますが、米は水だけです。非常に良質な炭水化物です。おかずもやはり和食がヘルシーです。そもそも食事が欧米化してから日本人の肥満や生活習慣病が増えているのです。
アメリカなどでも肥満対策として和食が用いられているほどです。

Qパンに変わる食事(主食)は?

よろしくお願いいたします。


私はパンが好きなのですが、どうやら体に合いません。

パンの食べ方は、だいたい毎朝、食パンを食べています。
菓子パンのように食べる時は、トーストしたパンにバターやマーガリンをたっぷり、
メイプルシロップや、ジャム、板チョコを挟んだりします。
惣菜パンのように食べる時は、ハムやレタス、チーズやタマゴサラダなどをサンド。
マヨネーズや、マスタード、オリーブオイル、をかけます。

勿論、パンの種類も食パンだけでなく、デニッシュやバターロール、
フランスパンなどにも変更します。

こんな風に食べるのが大好きなのですが、
私の消化器系には悪いらしく、胸焼けします。。。
胸焼けしてでも、食い気のほうが勝るので、胸焼けを今まで抑えられていたのですが(笑)

病院の先生に診てもらったところ、やはり私は食べないほうがいいみたいです。
小麦とか、アレルギーではありません。なので深刻ではないのですが。。。。
あと、コーヒーも大好きで、一日に5杯くらい飲んでいますが、
これも、避けたほうがいいといわれました。

ここで質問です!

以上の、菓子パン風に甘い味、惣菜パン風におかず味で朝食として食べたいのですが、
何か、パンに変わるものはありませんか?
レシピでも結構ですし、スーパーに売ってるモノでも結構です。
消化がよくて、軽いモノで、何か代用できるものを教えてください。

よろしくお願いいたします。


私はパンが好きなのですが、どうやら体に合いません。

パンの食べ方は、だいたい毎朝、食パンを食べています。
菓子パンのように食べる時は、トーストしたパンにバターやマーガリンをたっぷり、
メイプルシロップや、ジャム、板チョコを挟んだりします。
惣菜パンのように食べる時は、ハムやレタス、チーズやタマゴサラダなどをサンド。
マヨネーズや、マスタード、オリーブオイル、をかけます。

勿論、パンの種類も食パンだけでなく、デニッシュやバターロール、
フ...続きを読む

Aベストアンサー

・ライスプディング

・ポリッジ(オートミール)
 なんといってもこの
 (http://www.oatmeal.jp/products.html)欧米の伝統的なつくり方
 ・水1カップ(200ml)に塩少々を加えて煮立たせる。
 ・オートミール30g(約1/2カップ)を加える(硬さは水の量で加減する)。
 ・2~3分煮て火を止め、2~3分蒸らす。
 ・皿に盛り、牛乳や砂糖などを加える。

 がお勧めですね。
 甘く作るのです。おいしいです。
 (他にもいろいろな味のレシピが紹介されてますね、おいしそう!)


どちらも、非常においしいものです。キウイ(NZ人)は、朝食にこんなのが出てきたら誰だって大喜びですよ。


普段は、キウイは、シリアル(コーンフレークやミューズリー)を朝食に食べます。
http://allabout.co.jp/gourmet/stylishrecipe/closeup/CU20040707A/index.htm

Q主食

あなたの好きな主食は何ですか?
日本人ならやっぱり米?
食の欧米化に倣ってパン?
世界で愛される麺?
はたまた別のもの?

私は麺類、特に蕎麦が好きです。
かけでももりでも好きです。

Aベストアンサー

完全な「和食党」なので、『主食は、お米』で御座います。

私の場合、麺類は「副食」、パン類は「おやつ」の感覚ですね。

Qサンドウィッチのパンについて

こんにちは。2年ほど前にイタリア旅行へ言ったとき駅でサンドウィッチを買いました。その時は特に何も思わなかったのですが、最近サンドウィッチを作るときに食パンではなくイタリアなどで使われているようなパン(フランスパンのように細長でフランスパンほど硬くない)で作りたいと思っています。ですが、種類がわかりません。よければ教えてくださいm(_ _)m
質問のパン以外にもサンドウィッチに適したパン(食パン以外)があれば教えてください。
また、具はローストビーフ、チーズ、トマト、オニオン、ベビーリーフ、リーフレタス、マスタードバターを入れようと思ってますが、味付けは何がいいでしょうか?

Aベストアンサー

「イタリア旅行へ言ったとき駅でサンドウィッチ」パニーニでしょうか?
http://www.gurume-navi.com/gourmet/panini/
「パニーニ レシピ」でグーグル検索するとたくさん出てきます。
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=t&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLJ,GGLJ:2006-48,GGLJ:ja&q=%e3%83%91%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%8b+%e3%83%ac%e3%82%b7%e3%83%94

Qじゃがいもって主食(ごはんやパンの代わり)になるのでしょうか?

主食といえば、米、パン、麺類しか思い浮かばないのですが
他になにかありますか?

例えば、外国で、じゃがいもを主食のように食べてたのを
テレビで見た気がするのですが
じゃがいもは主食になるのでしょうか?(栄養的に)
じゃがいもは、ごはんやパンや麺類の代わりになりますか?

以下のページにフィンランドの食事が載ってますが、じゃがいもをまるで主食のように食べてますよね?↓
http://www.geocities.jp/moi_moi_suomi/text03.html


もし、じゃがいもが栄養的に主食としてOKならば、
他のいも類(さつまいも、さといも、やまいも等)も主食としてOKなのでしょうか?
栄養的に主食の代わりとしていいのかどうかを知りたいです。

また、他に主食となる食べ物って何かありますか?

Aベストアンサー

No.10です。
私の若かりし頃の記憶は相当古く、最近(と言っても10年以上前)では、
食品群は6つに分けているようです。

1群:良質タンパク質(魚、肉、卵、大豆・大豆製品)
・・・・・骨や筋肉などをつくり、エネルギー源となるもの。
2群:カルシウム(牛乳・乳製品、海藻、小魚)
・・・・・骨や歯をつくり、体の各機能を調節するもの。
3群:カロチン(緑黄色野菜)
・・・・・・皮膚や粘膜を保護し、体の各機能を調節するもの。
4群:ビタミンc(淡色野菜、果物)
・・・・・体の各機能を調節するもの。
5群:炭水化物、糖質(穀類、芋類、砂糖)
・・・・・・・・エネルギー源となるもの。
6群:脂肪(油脂類、脂肪の多い食品)
・・・・・・・・エネルギー源となるもの。
(昔の食品群は3・4群が3群、5・6群が4群でした。すみませんでした。)

それぞれの食品群の中から1品ずつ取っていれば最低限のバランスは保てる勘定ですが、
豆は第1類、とうもろこしは第4類かな?、
穀類芋類とは別の食品群なので、せっせと摂取した方が良いですよ。

摂取量バランスですが、
・肉体労働者、運動したりよく動く人や子供、
・殆ど体を動かさない人、つい乗り物で移動する人、デスクワークの多い人
では、当然摂取バランスが違いますよね。
スポーツをすると言っても、激しくする人と、適度なストレッチ程度では
食事バランスが変わって当然だと思います。
自分の足で動く子供と、親に車で送り迎えしてもらっている子も大人同様、
食べ方を変えて然りです。
あなたの体質や生活習慣がどうなのか分からないので、
そんなものをどれくらい摂取するのが適しているのか、一概には言えません。
各自の体質と生活様式にあった摂取量を把握する必要はありますね。

私は保健センターで、成人はごはん150g分で充分だと聞き、
計って食べてみましたが、
殆ど体を動かさない生活+せいぜい月2回30分程度のストレッチだけなので、
芋類や油を摂取した時に前よりバランスが崩れ、
他の食品群を摂取しようとすると食事全体量が増えてしまうので、
芋か油かごはんかを選択しているだけです。

http://www.kobekids.net/shincho/3/3-01.html
http://www.kms.ac.jp/~hsc/izumi/diet/shokuhingun/new_page_1.htm
http://www.hokuriku.maff.go.jp/kids/tanken/food01.html
http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~hoken/04syokuseikatu/hitorigurasi/kiso.html

余談ですが、人参嫌いの子に悩む親に、
「かぼちゃが食べられるなら人参食べなくても気にする事はない」
とよく言われるのも、
栄養バランスが取れていれば良いという根拠だと思います。

No.10です。
私の若かりし頃の記憶は相当古く、最近(と言っても10年以上前)では、
食品群は6つに分けているようです。

1群:良質タンパク質(魚、肉、卵、大豆・大豆製品)
・・・・・骨や筋肉などをつくり、エネルギー源となるもの。
2群:カルシウム(牛乳・乳製品、海藻、小魚)
・・・・・骨や歯をつくり、体の各機能を調節するもの。
3群:カロチン(緑黄色野菜)
・・・・・・皮膚や粘膜を保護し、体の各機能を調節するもの。
4群:ビタミンc(淡色野菜、果物)
・・・・・体の各...続きを読む

Q味ご飯、炊き込みご飯、かやくご飯、五目ご飯は同じ?

タイトルままです。

味ご飯、炊き込みご飯、かやくご飯、五目ご飯は同じものを示すのでしょうか?

何か工法や食材が変わることで呼び名が変わるのでしょうか?

また、地域によっても異なるのかも知れませんが、日本標準?は何とよぶのでしょうか?
更に、上記以外にも別の呼び名をご存知の方は教えていただけると勉強になります。^^

ちなみに、私は炊き込みご飯か味ご飯でしょうかね~。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちら東京です。

味ご飯という言葉は、私は使わないのでわかりませんが、
この意味は、「味付きのごはん」ということでいいのではないでしょうか。
この 味ご飯 のくくりのなかには、「すし太郎」「まぜ込みわかめ」等のような、
炊いた白米に具剤をまぜてつくるものも含まれるのではと考えます。
味ご飯とは言いませんが、私はそれらを総称して「まぜご飯」とは言います。



それに対して、
炊き込みご飯は、米の段階から、具や調味料をいっしょに「炊き込む」ごはんです。
炊き込みご飯のくくりに、五目御飯、かやくご飯が入ります。

「五目ご飯」というのは  厳密に言えば5種の具剤がはいったご飯。
鶏・ニンジン・シイタケ・油揚げ・タケノコ・・・とかが一般的でしょうかね?

「かやくご飯」は、私はあまり言いませんが、具剤のことを「かやく」と呼んでるものでしょう。
何種入っているか問わない呼び名。

Q「主食」という考え方

日本では「御飯=米」が主食で、他のおかずが「副食」という考え方が一般的なようですが、昔カナダに長期滞在した際、現地の人に、この事を話し、「カナダの主食は何か?」と尋ねたら、そもそも「主食」という概念が無いようでした。ある本を読んだら、イギリスでも「主食」という概念は無いようです。「主食」というのは日本固有の文化なのでしょうか?

日本人から「主食」を排除したらどうなるんでしょうか?みんな気が狂ってしまうんでしょうか?

Aベストアンサー

まぁ、どこかのグルメ漫画じゃないですが、米は日本人にとって「特別」な存在なんでしょう。
毎日食べるとかとは違った意味で。
(加賀百万石と云った様に収入の単位が米だったり)
日本人にとっての主食=生きることの中心みたいな精神的よりどころとか。(外米が入った時の過剰反応とか)
そう考えると、日本の「主食」に相当する概念は外国には無いのではないかと思います。

>「シチューと御飯」はキツくないですか?

例え話の和、中、洋の代表として選んだのです。
ご飯にシチューをかけます、オーブンで焼きます。
簡単ドリアの出来上がり。
って実家の母親も結婚してから家内もシチューでも「ご飯」が出ますよ。
うちだけなのか?(パンが有ればパンですが)
全然きつくないし、ご飯っておかずがステーキだろうが何だろうが問題なくおいしいと私は思ってます。

Q主食をお米から、パンや麺類に変えると、金額的に安くなりますか?

節約生活が放送されている番組で
主食をお米じゃないものに変えて、
お米代を抑えて、
金額的に安くなっているみたいに
言われていましたが、、、
本当なんでしょうか?

Aベストアンサー

お米からスパゲッティにすると相当安くなります。

ソースにお金を掛けてしまうと本末転倒になってしまいますが・・・。

Q人類が炭水化物(米、小麦など)を主食とする理由

食物の三大栄養素は炭水化物、脂肪、タンパク質ですが、洋の東西を問わず、人類は大昔から炭水化物を主な栄養源として主食にしてきました。
縄文、弥生時代の古代日本人は稲作を行い、西洋では小麦を栽培してパンを作っていました。
その頃の人類が栄養学など知っているはずもありません。せいぜい、米の食事は腹持ちがいい、とか、白米は甘みがあって美味しい、とか、小麦を水分少なめにして練って焼くと保存が効く携帯食糧になる、ぐらいの知識でしょう。

にもかかわらず、洋の東西を問わず、どの地の人類も同様に炭水化物を主食にしたのはどういう偶然の成せる技でしょうか?
世界中、栽培しやすい穀物が偶然にもすべて炭水化物を主成分とする穀物だったので、人間の体の方がそれに合わせて変化して行ったのでしょうか
それとももともと、人間の体がいつも炭水化物を求めていて、努力の末に炭水化物穀物を栽培するように農業を発展させて行ったのでしょうか?

Aベストアンサー

 農学というか食品栄養学かな。

 まず、人間に必要な栄養素で糖分が必要。これは脳が欲しているからです。この脳は偏食で特定の栄養素しか受け付けません。まずこれを維持するための栄養を多く取れる物を選んだ。
 人はというか動物は必要な栄養素を本能的に取るようです。欲しいものがあるというのは、体が不足していると信号をだしているので、それが含まれる食品を摂取。また美味しいという事を感じさせて取り込ませる。
 
 デンプンが欲しいんですよねぇ。糖に変化するから。

Qアメリカンクラブサンドって、ぱんをトーストしてから具材を挟むのか?具材を挟んでからトーストするのか?

アメリカンクラブサンドって、ぱんをトーストしてから具材を挟むのか?具材を挟んでからトーストするのか?教えてください、もしよろしければ、定義みたいなものが有ればよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

トーストして挟むのでは?
挟んでから焼くのはクロックムッシューみたいになっちゃいますよね^^;。
違ってたらごめんなさい


人気Q&Aランキング

おすすめ情報