お世話になります。よく欧米人にはご飯のような主食という概念がないと言われます。
それなら
1 フランス料理などに出てくるパンは添え物というか口直しのようなものでしょうか?
2 トーストやサンドウィッチの時のパンの存在はなんでしょうか?

素朴な疑問です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今「肉食の思想」という新書を読んでいまして、ちょうどよいご質問でしたので回答してみようと思います。


主食といっても日本人が想像する穀類の主食以外を主食とする地域もあるのですが、
今回の回答では「主食・副食の概念」ということで、エネルギー源となる炭水化物の豊富な植物性の主食について述べさせていただきます。

食文化において日本はじめ東南~南アジアとヨーロッパとのもっとも大きな違いは、
この主食(・副食)の観念のあるなしと言われます。
アジアとヨーロッパという考えも大雑把ですし、
ヨーロッパにだって「毎食当たり前に食べる食物」という物はありますから
反論される方もおいでのようですが、
ご指摘のようにヨーロッパでは主食の概念は非常に薄いと言われます。
主食の観念が発達している地域というのは温帯で、しかも
その地域で「安定して毎年大量に収穫できる穀物がある」地域のみです。
米のあるアジア、トウモロコシのある中南米です。

「どれほど食が西洋化したといっても、主食の観念に固執するかぎり
 日本の肉食はままごとにすぎない」
と述べた上述の本は66年に書かれた古い本ですので、今見ていると少し現在の分析とは違うなと思うこともありますが、
なぜヨーロッパでパンが主食になりえなかったのか、なぜ主食観念が発達しなかったのかについて、
「パンはぽそぽそしていて喉どおりが悪いから、他の食べ物(バターやソース)等と美味しく食べる方向に発達するしかなかった。」
「ヨーロッパは地理的に冷涼であるため、主食だの副食だのにこだわっていている余裕がなかった」
と理由づけています。
「くちあたりが悪いから主食になりえない」とはまたずいぶんいい加減な理由にも感じますが、
「飯だけ大量に食べる」「パンだけ大量に食べる」と考えると、わからないような気がするのは私が日本人だからでしょうか?

この本にもヨーロッパで主流であった穀物である麦類の播種量に対する収穫量の低さを挙げていますが、
麦類というのは蒔いた量と収穫量を比較すると、米の10分の1です。
従って、米を主食とする地域に比べて、一人を支える量を収穫するには広大な農地が必要になります。
当然、中世の技術力ではこれを耕し栽培する労力がなかったわけで、
「主食が成り立つほど穀類がとれなかった」のです。
ちなみに中世のヨーロッパに存在し、収穫可能な穀類は麦類のみです。
というわけで、より安価で収穫量の多いジャガイモなどがより貧しい地域で栽培されますが、
「より手にとりやすい、よく食卓に上がる定番の食べ物」であって、主食の観念から食べているわけではありません。
他により重要視している食べ物、特に肉や魚が乳製品手に入るのならばこれを食べているからです。

ただ、主食ではないとか、主食の観念が薄いからといって、ご質問の1と2はよくわかりません。
主食・副食の境目が薄いといってもそれをよく食べることをしない、というわけではありませんし、
重要なエネルギー源になりうるパンは食べられるときには食べたでしょう。
サンドイッチなど具を挟むのにちょうどよいですし。

最後に、他の回答者さんもおっしゃっておいでのように、イタリアとスペインだけは
ヨーロッパでも特別で、小麦からなるパスタなど豊富ですし米がとれ、食べる習慣がある地域です。
そのすぐ南側のアフリカには主食の概念があり、クスクスはイタリアでも食べられています。
それでも食文化としては、ヨーロッパよりですね。
これらの国でも「主食・副食」の概念は希薄だと思います。
イタリアンでパスタをプリモ・ピアットに入れているんですから。
    • good
    • 0

一口に「欧米」といっても10カ国以上あります。

そして、欧米に限らず、主食の概念というものは国によって、いえ、下手をすると地域によって全然違います。

例えば「カロリー源」という意味での主食なら、また意味が違いますが、いわゆる「これがないと夕食が始まらない」的な、家庭料理の必須アイテムは、例えばアメリカやイギリスではジャガイモです。日本人が、水だけで炊いた白いご飯を期待するところを「今日はオリーヴオイルを混ぜてみてわ」と言われたら愕然とするように、イギリス人の食卓に、ジャガイモを勝手に珍しい調理法で出すと、泣かれても仕方がありません。

ただし、アメリカなどでは、朝はトーストかシリアル、弁当はサンドイッチ、というのが多くの住民にとっての定番です。弁当にサンドイッチ以外の物を持っていくと、「変わってるね」とか「気取ってるな」という反応が返ってきます。とはいえ、アメリカは移民で成り立っている国であり、移民や外国人は、もちろんそれぞれの故国の習慣にのっとった料理を食べています。

フランスでもジャガイモはかなりの主役級ですが、それよりはバゲット、いわゆるフランスパンですね。フランス人は、毎日、新鮮なバゲットをパン屋さんに買いに行きます。よくオシャレな映像に、フランス人が買い物袋からバゲットを覗かせて歩いていたりしますが、これは誇張ではありません。また、「フランス人はバゲットを毎日買うほど、こだわっている」と、とかく言われますが、こだわっているというよりも、フランス本場のバゲットは、一晩置くと石のように硬くなってしまうので、毎日、買い直さないといけないのです。ただし、硬くなったバゲットの再利用法として、フレンチトーストやオニオングラタンスープといった料理があります。

近隣の国々でも、タイ王国の南部ではうるち米が主食で、北部ではもち米が主食であるなど、地域によっていろいろです。
    • good
    • 1

誰がそのようなことを(ーー;)



もちろん主食はありますよ。
「欧米人」と言っていますが、欧ですか?米ですか?
欧でも国によって違います。
スペイン、フランス、ドイツはパンやジャガイモが主食ですね。
イタリアはパスタやパンや色々ですが、一口で言えば小麦系?

スイスやオーストリアはチト難しいですね。
色々食べます。肉と野菜だけという食事もありますからパンが主食とも言いにくい面があります。

>2 トーストやサンドウィッチの時のパンの存在はなんでしょうか?

おにぎりの海苔のそうな存在でもあるし、お寿司のシャリのような存在でもありますね。
    • good
    • 0

>1


濃いソースを食べて次の料理に移る際の口直しというか、舌直しみたいなものではないでしょうか

>2.
トーストは判りませんが…サンドウィッチは中に挟んであるハムや野菜とソースなどで手を汚さないためのものかと…
だって…ハムを手で掴むのは手が汚れますもの

…なんて思ってました
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ人の主食はなに?

アメリカ人夫婦(ドイツ系)の家でご飯をいただくことがあるのですが、晩御飯にポテトチップスとかワッフルとかがでてきます。しかし朝食にはローストビーフとか食べています。(おかずのみ)
そこで、疑問が沸きました。
アメリカ人の主食はお菓子?そもそも主食がない?この夫婦が特別?


アメリカの食文化の知識、経験のあるかた。
アメリカ人の一般的な家庭でよく食べられているものを教えてください。
(経験談の方はよろしければ州も教えてください。)

Aベストアンサー

多分質問者様は食事というものは主食+おかずという構成で成り立っているはず、と考えてこういう質問をしているのだと思います。そして日本では主食はご飯だが、アメリカでは主食は何かとお尋ねなのでしょう。

しかしアメリカにはそもそも主食+おかずという発想がありません。その代わりにメインディッシュ+サイドディッシュという考え方が出てきます。メインディッシュは肉か魚などです。サイドディッシュはフライドポテトだったり、野菜の煮っ転がしだったり。お米もサイドディッシュに分類されます。そしてサイドディッシュは省略可能ですし、サイドディッシュだけでは食事は成立しません。

日本食や中華・タイなどのアジア料理のお店に行くとご飯が出てきます。寿司のようにご飯がないとただの刺身になってしまう料理は別として、その他の料理ではやはりご飯はサイドディッシュとして扱われます。
そういうところに行くと、日本人は主食とおかずという発想で、ご飯とおかずを別々に食べて、口の中で味を合わせる、つまり口内調理という食べ方をします。しかし、アメリカ人にはサイドディッシュであるご飯に味がついていないのが許せないようで、メインディッシュやメインディッシュのソース、お醤油などをご飯にかけてぐちゃぐちゃにして食べる人が多いです。

日本人からすると、なんとも気持ちの悪い食べ方なのですが、主食+おかずという発想のないアメリカでは、これが標準なのです。

面白いのは丼物で、これならご飯に味がついていていいではないか、と思うのですが、これだと最初からフライドポテトとステーキがごちゃ混ぜになっている(分かれていない)料理と同じに見えるようで、こんなものを食べるのははしたないという議論もあります。サイドディッシュはサイドディッシュで別に味がついていないとダメということなのでしょう。

ということで質問に戻りますが、アメリカには主食という考え方がそもそもはありません、というのが答えになります。

多分質問者様は食事というものは主食+おかずという構成で成り立っているはず、と考えてこういう質問をしているのだと思います。そして日本では主食はご飯だが、アメリカでは主食は何かとお尋ねなのでしょう。

しかしアメリカにはそもそも主食+おかずという発想がありません。その代わりにメインディッシュ+サイドディッシュという考え方が出てきます。メインディッシュは肉か魚などです。サイドディッシュはフライドポテトだったり、野菜の煮っ転がしだったり。お米もサイドディッシュに分類されます。そして...続きを読む

Q欧米の家庭では毎日パンを焼いているのですか?

 日本では毎日炊きたてのご飯を食べることができますが、欧米の一般家庭でも焼きたてのパンを毎日食べているのですか?
 ご飯を炊くのと比べるととても面倒だと思うのですが、欧米の方々にとっては日常のことなのですか?
 それとも、パンは2~3日経ってもおいしさは変わらないと考えられているのでしょうか。

Aベストアンサー

私は、フランスの滞在が一番長いのですが、パリでもボルドーでも、朝、5時ころにはパン屋が開店しますので、朝一番でその日の朝食を買いに出かけます。

私は、毎日クロワッサンを一つ、近所の人はバケットを購入する人が多かったです。同じ時間帯にはいつも同じような顔ぶれですので、間違ってもスーパーの作り置きのものは購入しませんでした。

ドイツやスペイン、北欧、旧ユーゴスラビア、ギリシアでも朝一番はパン屋でした。地元の人は毎日は買いに行かないのですが、スーパーで買う人は忙しい人やまとめ買いする人みたいでした。

カナダには数ヶ月しか滞在しなかったのですが、冬はとても寒いので、朝はスーパーで買ったパンかコーンフレーク、米国でも似たような状態でした。フロリダにいるときは、果物で済ませることが多く、昼はレストランでランチメニューにして、お弁当みたいなものは腐りやすいので持ってくる人はいませんでした。

イギリスに滞在して驚いたのは、普段はコーンフレークに牛乳の朝食の家庭が多いことです。昼も質素で、夜は、家で手軽な料理に古い硬いパンです。スープにでもつけなければ歯が痛みそうな、これがイギリスかとどこへ行ってもそんな感じでした。

ただ、B&Bに泊まると、本格的な朝食や夕食を食べることができることもありました。家でパンを焼くことは、買ってきたパンを温める程度で、パンを作るのがパン屋という感じでした。

実際に家でパンを焼くという習慣を持っている家は知っている限り、ほとんど無く、豪邸でもおいしいパン屋で買ってくるみたいでした。

私は、フランスの滞在が一番長いのですが、パリでもボルドーでも、朝、5時ころにはパン屋が開店しますので、朝一番でその日の朝食を買いに出かけます。

私は、毎日クロワッサンを一つ、近所の人はバケットを購入する人が多かったです。同じ時間帯にはいつも同じような顔ぶれですので、間違ってもスーパーの作り置きのものは購入しませんでした。

ドイツやスペイン、北欧、旧ユーゴスラビア、ギリシアでも朝一番はパン屋でした。地元の人は毎日は買いに行かないのですが、スーパーで買う人は忙しい人やまとめ...続きを読む

Q毎日パン食です。気をつけることありますか?

私は胃が弱くてご飯ではモタれてしまうのと、
単にパンが大好きなので
最近は、朝昼晩すべてパンを食べるようになりました。
フランスパンや食パンで、菓子パンではありません。
というと、だいたいの人に心配されます。
欧米人では普通ですよね。
おかずは、和食中心で気をつけているつもりですが、
「ごはんでなくて、パンだから」という点で、
栄養素他、何か気をつけることはありますか?
もしご存知でしたら教えて下さい。
参考にさせていただきます!

Aベストアンサー

こんにちは。

パンにあうとかご飯にあうとかなどの理由からおかずも若干ちがってくるのかな?とも思いますが、とりあえず主食のみを比べてみた場合。

ご飯100gとパン100gで比べるとほとんどすべての栄養素に関してパンの方が含有量が多いです(たんぱく、脂質、カルシウムや鉄、マグネシウム、ビタミン、繊維、塩分など)

一回の食事で考えた場合、ご飯だとお茶わん一杯で160G前後。食パンの場合6枚切り一枚で大体100gくらいかな?なので、実際は栄養の面でいえば、脂肪分と塩分に気をつけていればどちらを食べていても問題はないと思いますよ。(その分おかずに気をつければいいですし)

逆にカルシウムなどの微量栄養素といわれる部分に関してはパンの方が多く含まれているくらいです。

ただ、パンの方が腹持ちが悪く、ついつい食べ過ぎたり、すぐおなかがすいてしまう点。ご飯はおかずと一緒に食べますが、パンはパン自体に味をつけてしまうことが多い点。(たとえばバターとかジャムとか)これが問題でしょうか?

太るということに関しては脂肪と糖分を同時にとるのが一番太りやすいです。その点からもパンの方が太りやすいかもしれないですね。(とはいえご飯もおかずによっては同じことですしね)

後は、ご飯の方が消化がいいです。(玄米は別)

日本では主食がご飯ってのがあたりまえなようですが、アメリカではパンがあたりまえですものね。その人の好みで選べばいいと思いますよ。(ちなみにうちも朝はパンです)

長文失礼しました。

こんにちは。

パンにあうとかご飯にあうとかなどの理由からおかずも若干ちがってくるのかな?とも思いますが、とりあえず主食のみを比べてみた場合。

ご飯100gとパン100gで比べるとほとんどすべての栄養素に関してパンの方が含有量が多いです(たんぱく、脂質、カルシウムや鉄、マグネシウム、ビタミン、繊維、塩分など)

一回の食事で考えた場合、ご飯だとお茶わん一杯で160G前後。食パンの場合6枚切り一枚で大体100gくらいかな?なので、実際は栄養の面でいえば、脂肪分と塩分に気を...続きを読む

Qジャガイモを主食に変えてみようと思います。

http://imorich.com/jdiet.html
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/kenkou/plus/371762

上記のサイトでジャガイモでダイエット効果があると書いています。

私が海外留学をしたとき大半の家庭の主食がジャガイモでした。
ジャガイモは腹持ちがするし、低カロリーなので主食にするとダイエットに良いのではないかと思いますが、留学で非常に太ったので、ジャガイモダイエットの不安が多く、自分の思いこみで実行する前に、詳しい方にアドバイスなどを聞かせてほしいです。

-留学先で食べる量は日本での食生活と変わらないのですが、胃が大きくなり太りました。おかずが高カロリーなのもありますが、ジャガイモは胃が大きくなったり、胃を痛めたり、ビミンンの取り過ぎで身体を悪くしたりしませんか?本当にダイエットに適してるのでしょうか?

-シャガイモを主食にする事で、どのような効果やリスクがありますか?

-主食がジャガイモなのと主食が米では、どちらがダイエットに的してますか?

-ジャガイモをどのように調理するのが、腹持ちが良く、ダイエットに適していますか?

-ダイエットに適したジャガイモ料理を教えてください。

http://imorich.com/jdiet.html
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/kenkou/plus/371762

上記のサイトでジャガイモでダイエット効果があると書いています。

私が海外留学をしたとき大半の家庭の主食がジャガイモでした。
ジャガイモは腹持ちがするし、低カロリーなので主食にするとダイエットに良いのではないかと思いますが、留学で非常に太ったので、ジャガイモダイエットの不安が多く、自分の思いこみで実行する前に、詳しい方にアドバイスなどを聞かせてほしいです。

-留学先で食べる量は日本...続きを読む

Aベストアンサー

私は一人暮らしするようになってからジャガイモばっかりとるようになって、結果55キロから45キロまで減らすことができました。 もともとイモが好きだったので特別ダイエットを意識して始めたことではないのですが、とにかくイモは腹持ちがいい!!すぐおなかも膨らむので食べ過ぎたようでもそれほど食べてないようで、結果朝体重を量ると徐々に減っていたって感じです。 今まで主食をゴハンにしていた人はジャガイモに変えると体重の減りをすぐに実感できると思います。 妹にも勧めたところ、54キロから46キロと成功したみたいです。 あと、便秘気味な人にはお勧めです。とにかくスッキリです。
ただ、リスクと言うなら、ゴハンをあまりたべなくなってしまうことでしょうか。(私の場合)というのも、ジャガイモでかなり体重をおとすことができたので、今までの食生活に戻すとまた太ってしまうのではないかという不安は常にあり、実際ゴハンはあまり食べなくなりました。ダイエットのせいか胃袋もちっちゃくなってゴハンをたべるとおかずが入らない、だからおかずだけで充分!ってのもあるんですが、ゴハン好きのひとにはちょっと辛いかもしれません。たまには食べるけれど、本当、あんまりたべなくなりましたし食べたいとも思わなくなりました。たまにこんなんでいいのかなぁなんて不安になったりもしちゃうんですけど。。。

もしジャガイモでやせてみようかなぁ思っているんでしたら是非一週間でもいいんでやってみたらいかがでしょうか。 確かに、炭水化物ですので極度の食べすぎは禁物ですが、水分といっしょに摂ると満腹感も増します。 

私はよく、夏にはポテトサラダにして食べていました。冬には煮物、時にはコロッケ、味噌汁にもイモ!ファストフードならイモだけ!など何でもありだった気がします。

この冬、しばらくチェコにいたんですが、この国はとにかくイモだらけでどこに行ってもイモイモイモでした。メインの付け合せに出てくるといった感じで一回に出てくる量はそれほど多くないのですが、こっちでのゴハン的な役割らしく、私はそれをメインより先に食べるようにしていたのでおなかの膨らみも早く、結果、食べる量そのものが少なくもなりました。チェコで食べていたのは揚げたものがほとんどでしたが、帰国後は体重が減っていました。やっぱり体重の増減の一番の要因は食べる量なんでしょうか。そう思うとイモで前もっておなかを膨らますといった考えもいいかもしれません。

最後になりましたが、私の独断ではありますが、ダイエットにはコメよりイモのが適していると思います。何故だか米は太る!! 日本人には必要な栄養源だと解ってはいるのですが。。。どうしてもイモダイエットに抵抗があるようでしたら、まずご飯の量を減らす、もしくはおかずだけにしてみてはいかがでしょうか。この方法でも確実に体重は減らせますし、リバウンドもこれといった苦痛もありませんでした。

どうしてもイモ、もしくは米の量に満足できない、外食など食べなければならない状況の場合はサプリメントもお勧めします。イモ、ゴハン、麺類など食べるときには本当心強いサプリメントもあります。(ファセオラミン、ファビノ-ル)両者とも主な成分は白インゲン豆なんですが、特に後者はお手ごろな値段で最近コンビ二でも買えるようになったので、私はいつもカバンに入れておくようにしています。どちらも食事の一時間前に飲むといいそうです。

長くなってしまいましたが少しでもお役に立てたら幸いです。

では、がんばってくださいね!!

私は一人暮らしするようになってからジャガイモばっかりとるようになって、結果55キロから45キロまで減らすことができました。 もともとイモが好きだったので特別ダイエットを意識して始めたことではないのですが、とにかくイモは腹持ちがいい!!すぐおなかも膨らむので食べ過ぎたようでもそれほど食べてないようで、結果朝体重を量ると徐々に減っていたって感じです。 今まで主食をゴハンにしていた人はジャガイモに変えると体重の減りをすぐに実感できると思います。 妹にも勧めたところ、54キロから46キロ...続きを読む

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む

Q大豆を主食にして、「ご飯無し」と「お肉少なめ」にして痩せようと思うのですが、栄養的に大丈夫でしょうか?

こんにちは、今日ふと思ったのですが、

大豆って意外と、食べたあと食べた~って気がするし、炭水化物も含んでいるし、たんぱく質もあるから、

主食を大豆(茶碗1杯)にして野菜と少量の肉を食べるようにしたら、炭水化物の摂取量が減って痩せられるんじゃないかな…と、思いついたのですが、、。

ご飯を抜いて健康を保てるのでしょうか???

教えてください、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

大豆の良さを見直すために、さっそく大豆を煮てみました。
280gの乾燥大豆を煮ると、616gになり、2.2倍に膨れました。
大豆水煮100gと玄米ご飯100gの栄養成分を比較すると、
次のようになります。

蛋白質 5.3倍
脂質 14倍
炭水化物 0.4倍
食物繊維 7.2倍
カロリー 1.3倍

大豆水煮は脂質が多いので、ご飯と同じ量を食べると、カロリーの摂りすぎになります。
お茶碗に7分目ほどでカロリーが同じになり、蛋白質と食物繊維が多く、
炭水化物が制限された理想的な栄養バランスになります。

これまで、大豆が良い食品であることは指摘されてきましたが、大豆を主食に
という発想はなかったと思います。私もトライしてみます。
私は、ただ今、自家製納豆を作成中です。

Qヨーロッパやアメリカ人 まったくお米は食べない?

ヨーロッパやアメリカ人は、まったくお米は食べないのでしょうか?

Aベストアンサー

パエリアやリゾットといいった料理もありますが。
日本人は御飯とおかずの組み合わせを食事と考えて、どうしても「主食とおかず」スタイルにしたがる傾向がありますがそもそも「御飯とおかず(=主食とおかず)」という組み合わせの日本の食事スタイルが珍しいのであって、欧米はパンが主食とかジャガイモが主食とかありませんからお米の御飯とおかずという組み合わせでは食べません。
パエリアやリゾットも主食としてあるのではありません。
お米は単に穀物というスタンスでしょうか。
ステーキの付け合せやサラダのトッピングに使ったり、ライスヨーグルト(私にはゲ〇にしか見えないけれど)は日本でのタピオカとかアロエ入りヨーグルトというところでしょうか。

Q野菜・・食べ過ぎたら太りますか?

食生活を見直しているのですが、
カロリーの低い野菜でも鍋にしたり
ゆでたりして食べ過ぎたら太りますか?

1週間ほど前から野菜を意識してとるようになって、
(とらなければ・・・と思って取りすぎた??)
献立が豊富になり計算上のカロリーは低く抑えられているのですが
やたら満足?満腹?になります。

体重はへりません。朝と夜の差が1~1.5kgあります。
朝には戻っているか、少し増えている状況です。

また朝と昼の差はどのくらい違うのが理想なのでしょう・・・
よっぽど食べ過ぎて重くなっている朝くらいしか、
その夜が減っていることはないのですが。普通の生活をしていて
朝より夜が少なくなることはあるのでしょうか。

やはり野菜でも食べすぎはよくないのでしょうか?
適量と最低限がよくわかりません。
無理して食べ過ぎるのはよくないのでしょうか?

よく食べる野菜は、キャベツ、白菜、ブロッコリー、カリフラワー、
キノコ類、ほうれん草などです。

30歳、女性、体脂肪32%、体重58キロです。
よろしくお願いします。

食生活を見直しているのですが、
カロリーの低い野菜でも鍋にしたり
ゆでたりして食べ過ぎたら太りますか?

1週間ほど前から野菜を意識してとるようになって、
(とらなければ・・・と思って取りすぎた??)
献立が豊富になり計算上のカロリーは低く抑えられているのですが
やたら満足?満腹?になります。

体重はへりません。朝と夜の差が1~1.5kgあります。
朝には戻っているか、少し増えている状況です。

また朝と昼の差はどのくらい違うのが理想なのでしょう・・・
よっぽど食べ過ぎて重くな...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずネットで野菜の栄養を調べてください。
ちなみに100グラムで
キャベツは23カロリー、炭水化物5,2グラム
白菜は13カロリー、炭水化物2,3グラム
ブロッコリーは33カロリー、炭水化物5,2グラム
カリフラワーは27カロリー、タンスか物5,2グラム
ほうれん草は20カロリー、炭水化物3,1グラム
きのこは種類によりますが、10カロリー、炭水化物3~5グラム

つまりどの野菜も1キロ食べても200~300カロリ程度です。つまり食べ過ぎても太ることはまずありません。ただしビタミンなどの取りすぎになるかもしれません。

朝と昼のさなど気にする必要はありません。
ダイエットは半年か1年ほどかけてゆっくり体重、体脂肪を減らしてください。

それから、野菜を取るのも大事ですが、炭水化物、たんぱく質、そしてある程度の脂質は必ず摂取してください。過度なダイエットはリバウンドや健康阻害の原因になります。

運動も大事です。といってもおおげさものではなく、一日一時間歩くとか。電車を利用するなら、エスカレーターではなく階段を使うとか。そういうので十分です。

とりあえずネットで野菜の栄養を調べてください。
ちなみに100グラムで
キャベツは23カロリー、炭水化物5,2グラム
白菜は13カロリー、炭水化物2,3グラム
ブロッコリーは33カロリー、炭水化物5,2グラム
カリフラワーは27カロリー、タンスか物5,2グラム
ほうれん草は20カロリー、炭水化物3,1グラム
きのこは種類によりますが、10カロリー、炭水化物3~5グラム

つまりどの野菜も1キロ食べても200~300カロリ程度です。つまり食べ過ぎても太ることはまずありません...続きを読む

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング