「しかず、日を改め婦をむかふるべし」といったように、
「しかず…べし」という構文が頻出する小説があります。
意味は「…するのがよい、…しよう」程度のことだと思いますが、
こういう意志推量?とくっついた「しかず」の倒置法というのは
用例多いのでしょうか。漢文詳しい方お教えください。また、この
レベルの詳しい参考書などありましたらそれもお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 いろいろと考えてみましたがよくわかりません。

その小説について、作者、原文(漢文、もし原文そのものが訓読であればその旨を)、お尋ねの箇所の前後などもう少し詳しく教えていただけませんか。
 ただし、だからといって絶対解決できるという自信はありませんが。一応専門家としておきますが、普通の人よりはわかるかなということですのであしからず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
概ね解決しましたので。
すみません、自己完結してしまいました(爆

お礼日時:2001/03/15 15:57

 いろいろと考えてみましたがよくわかりません。

その小説について、作者、原文(漢文、もし原文そのものが訓読であればその旨を)、お尋ねの箇所の前後などもう少し詳しく教えていただけませんか。
 ただし、だからといって絶対解決できるという自信はありませんが。
    • good
    • 0

 元は漢文でも、いわゆる「文語体」として親しまれた文体に「~しかず」というのはあります。



1)「~するには及ばない、かなわない」と言う意味では「百聞は一見にしかず」と言うのが、今でも慣用句的に使うと思いますが・・・「百回聞くより見れば一目瞭然」といったところでしょうか。

2)koneko86さんの「・・・するのがよい」という例は、死語になりつつあるかも知れませんが「三十六計、逃げるにしかず」というのがあります。
 「いろいろ考えるより逃げるが勝ち」という意味でしょうが、やや時代がかっていますね。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東大文系漢文

東大の文系漢文を満点をとりたいです。

下記の勉強方法でとれるでしょうか?

漢文ヤマのヤマ、早覚え速答法、銭形漢文、漢文道場、得点奪取、最強の漢文

Aベストアンサー

東大国語は文理を問わず受験生の大半の得点が50%前後のレンジに集中するらしいので、どの大問でも「満点」を狙うというのは、あまり現実的とはいえないはず。

特に文系の場合は相当に時間は余るらしいので、現古漢の区別なく「差をつけられないように漏れなく解答し、時間の限り推敲する」というのが関の山ではないでしょうか。力がつけばハイスコアはともかくそれなりのレベルで安定させることは可能です。しかし東大模試は採点にも癖があるので複数の予備校主催のものを受けておくべきです。

教材としてはそれだけ消化できれば充分でしょう。あとはもっと点読みのできる他の教科に力を注ぐべきだと思います。

私もそんなに教材のなかった時代の理系なのですが、漢文は現代文や古文に比べても精緻な読み方は不要で(そもそも情報量/文字数が少なく細かなニュアンスは文法語法よりも背景や状況に依存する、と思う)、#1さんのようにその背景を想起するために原文(白文)のまま多くの素材に触れること(いわゆる多読)は理にかなっていると思います。訓読せずとも字面で意味が取れるようになれば、その意味はだいたい合っています。

東大国語は文理を問わず受験生の大半の得点が50%前後のレンジに集中するらしいので、どの大問でも「満点」を狙うというのは、あまり現実的とはいえないはず。

特に文系の場合は相当に時間は余るらしいので、現古漢の区別なく「差をつけられないように漏れなく解答し、時間の限り推敲する」というのが関の山ではないでしょうか。力がつけばハイスコアはともかくそれなりのレベルで安定させることは可能です。しかし東大模試は採点にも癖があるので複数の予備校主催のものを受けておくべきです。

教材としてはそれ...続きを読む

Q漢文を日本語文に。日本語文を漢文に。

素人の私が、漢文(白文)を読んでも全然訳せないのですが、
漢文を日本語に直す法則(方法)みたいなものはあるんですか?
また、日本語を漢文に直すことは出来るのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
白文ですか。白文だと文の切れ目を探すのが先ず難題ですね。私なら、
1.助詞(焉、乎、而など)で切ってみる
2.文字数(5,7とか)で切ってみる
とかから始めます。一応切れたら、
3.#1の方の仰るとおり、漢文は日本語と語順が反対なので、文の後ろから読んでみる(乱暴ですが)
4.意味を考えつつ何回も読んでみる、不明箇所は辞書を引く
ぐらいですか。でも劇とか小説で俗語が入ってるのは専門の辞書がないとしんどいと思います。
日本語→漢文は、可能だろうけど、出来る人は相当限られるんじゃないでしょうか。漢文は「古文」でもありますから、書くとなるといっそう難しいような・・・

Q漢文を学ぶ意味

高校の国語では漢文も習いますが、漢文を学ぶ意義って何でしょうか?
漢文を学ぶんだったら中国語でも覚えた方がよっぽど役に立つだろうし、漢文は大学で習いたい人だけ習っても誰も困らないと思います。
また、韓国やベトナムでも高校で漢文を習うんでしょうか?

Aベストアンサー

イギリスに置き換えて考えてみます。イギリスでは日本人が漢文を学ぶようにラテン語を学び、英語を学ぶようにフランス語を学びます。この場合、ラテン語とフランス語は密接な関係にあります。Ceiriosenさんもよくご存知のようにフランス語はイタリア語やスペイン語と並んでラテン語を先祖に持っています。でも、日本の場合はどうでしょう。漢文と英語では全く繋がりがありませんよね。

例えば英語がペラペラの日本人がイギリス人、オランダ人と英語で会話をしていたとします。そこでイギリス人が 有名なラテン語の慣用句、例えば “Sublata causa, tollitur effectus(火のないところに煙は立たず)”を引用したら、日本人だけが(???)ってなり、会話についていけなくなることってあるでしょうね。古典なんてこんなものです。
しかし、ラテン語だけ一生懸命に勉強したところで、英語が話せなければ最初から会話には混ざれないだろうしね。

高校で習う漢文って漢詩が多いですよね。しかし、漢詩というのは キチンと韻を踏んでいるんですよ。例えば「国破山河在 城春草木深」というように、漢字を5字ずつ区切ってありますよね。ところが、これを
訓読したら もはや漢詩の非常に重要な要素の1つである「韻」の“かけら”すらなくなってしまうんですよ。また、#3さんの回答と少し関係がりますが、日本人と中国人が英語で会話をしたら 李白が詠んだ詩を語ることは出来ませんよね。

私も漢文よりは中国語を学習した方が実用的だと思います。でも、教養って何なのでしょうか? 簡単に喩えれば 習字とワープロの比較に似ているかもしれません。しかし別の見方をすれば、教養は「花」で実用は「団子」です。でも、私は二者択一というよりも非常にマッチした取り合わせだとも考えます。というのは、花を見ながら食べるからこそ
団子も美味しいし、花を見れば団子が食べたくなるという具合です。

>韓国やベトナムでも高校で漢文を習うんでしょうか?
韓国では文系の選択で習うそうです。必修ではありません。ベトナムでは高校では習いませんね。韓国では日常でも漢字は殆ど使わないので漢字の知識は日本人よりずっと劣りますね。ですから、過去の文化との隔絶とか叫んでいる学者もいるようですす。ベトナムは完全に漢字は廃止しましたし、漢文教育も大学でないと行われないので 尚更程度が大きいようですが、一般市民が不自由することはないですね。

イギリスに置き換えて考えてみます。イギリスでは日本人が漢文を学ぶようにラテン語を学び、英語を学ぶようにフランス語を学びます。この場合、ラテン語とフランス語は密接な関係にあります。Ceiriosenさんもよくご存知のようにフランス語はイタリア語やスペイン語と並んでラテン語を先祖に持っています。でも、日本の場合はどうでしょう。漢文と英語では全く繋がりがありませんよね。

例えば英語がペラペラの日本人がイギリス人、オランダ人と英語で会話をしていたとします。そこでイギリス人が 有名なラテン...続きを読む

Q人生は一杯のワインにしかず

引用の出典を知りたいと思っています。ボードレールか誰かが、人生は一杯のワインに及ばない、みたいなことを言っていたと思うのですが、どなたかご存知ありませんか。ワインかどうか、ボードレールかどうかも不確かですが。

Aベストアンサー

ボードレールはワインに関しいろいろの言葉を残しているようですが、これあたりが一番近いでしょうか(ぴったりしたものは存じません)。

(ある夜、ワインの魂がボトルのなかでうたっていた。)
Un soir,l'ame du vin chantait dans les bouteilles.

むしろ、芥川龍之介の
「人生は一行のボードレールに如かない」
のほうが近いような気もします
(出典は「侏儒の言葉」です)。

いかがでしょうか。

Q漢文学について

漢文学というと一般的に何を指すのでしょうか。漢詩なども漢文学なのでしょうか。

漢文学に関して、日本語で読める入門書、啓蒙書の類がありましたら是非教えてください。

よろしくお願いします。 
 

Aベストアンサー

漢文学とは所謂、漢籍の文学です。『漢』とはいえ、決して漢代の作品のみを云う訳ではありません。支那の王朝は多くの変遷を辿りましたが、とりわけ漢代の影響がわが国にとって大きなものであっただけに、『漢』という辞が中国を意味する言葉として使われます。
(この『支那』というのは中国の古典的な文芸の脈絡の中では、支那学という辞が示すように『中国』よりもしっくりくる辞なので、敢えて用いています。勿論、政治的意味はありませんのでご了承下さい。英語では"chathay"の様な語感ではないでしょうか。因みに、chathayは国泰の英語読みが語源と言われています。)

支那の文学では長く、詩が最高の芸術として教養人の嗜みとされてきました。科挙の試験にも科された程です。
散文は近代に至るまで必ずしも大きくは評価されてきませんでした。例えば、小説の『小』という字はそのあたりのニュアンスを伝えています。

漢文学の代表はやはり、詩だと思います。
特に唐代は李白・杜甫・白居易をはじめとして最も華やかな時代でした。
その他、史記、三国志、十八史略、淮南子等の史書や論語、韓非子などおおよそ、支那の古典を全て広義に漢文学と言っても良いのではないかと思います。

さて、入門書ですがNHKの講座が良いと思います。一般向けに長年研究業績を積んできた碩学が分かり易く導いて下さいます。
テレビやラジオといったメディアを通して教えて下さるというのも、たとえどんな地域に住んでいようと良質の講義が受けられ、録画・録音しておけばライフスタイルに合わせて学べるというのも魅力敵だと思います。

先ずは書店に足を運んで、NHK講座のテキストが置いてあるコーナーで興味を抱いたものから始めてはいかがでしょうか。勿論、インターネットからも調べられます。

漢文学とは所謂、漢籍の文学です。『漢』とはいえ、決して漢代の作品のみを云う訳ではありません。支那の王朝は多くの変遷を辿りましたが、とりわけ漢代の影響がわが国にとって大きなものであっただけに、『漢』という辞が中国を意味する言葉として使われます。
(この『支那』というのは中国の古典的な文芸の脈絡の中では、支那学という辞が示すように『中国』よりもしっくりくる辞なので、敢えて用いています。勿論、政治的意味はありませんのでご了承下さい。英語では"chathay"の様な語感ではないでしょうか。...続きを読む

Q「三四郎」に頻出する stray sheep とは

「三四郎」に頻出する stray sheep とは、その直接意味するところはわかるのですが、なぜミエコが脈絡もなくその語を口走るのか、理解できません。菊人形を見に行ったとき、またそのあとで、また教会をでてきたあとでも言います。

Aベストアンサー

 #1です。ずいぶんお褒めにあずかりまして恐縮しています。それにしても、はたして正解がお答えできるものやら。

 その前に、美禰子という名前の読み方ですが、昭和2年に春陽堂から発行された明治大正文学全集の夏目漱石編の中に掲載された「三四郎」では「みねこ」とルビが振られています。漱石は中国四国地方にことに親しみを持っていたといいますから、山口県の美禰市からその美しい文字と響きがヒロインにふさわしいものとのイメージを抱いたのではないでしょうか。

 さて本論.....ですが、最後に読んだのはもうずいぶん前のことですので表現が正しいか、あるいは考え方や理解の仕方がそれでいいのか、ちょっと自信がありません。でも、わりによく覚えている方だと思っていますので、わたくしなりの解釈で答えさせていただきます。できればどなたか、正しいご解説をいただけたらなあと思います。

 物慣れているというのではない、しかし、古くからの知人のように自然.......、それが三四郎が初めて野々宮の妹よし子の病室で出会ったときの美禰子の印象でした。そして、廣田が借りた新居での掃除のシーン、美禰子はウブな三四郎にさも意味ありげに振舞います。こうして、三四郎は廣田の住まいの「訪問理由の第三は大分矛盾している、自分は美禰子に苦しんでいる、美禰子のそばに野々宮さんを置くとなお苦しんでくる」と思い始めます。そんな三四郎が、ある日美禰子にお金を借りに行きます。女は知らぬ顔をして、向こうへ回って鏡を背に、三四郎の正面に腰を下ろして言います、「とうとう入らしった」。こうして三四郎は美禰子が張り巡らせた蜘蛛の巣に見事に絡め取られてしまいます。

 美禰子は会堂(チャーチ)の中に居ます。かつて美禰子と一緒に秋の空を見たことがあった。ところは廣田先生の二階であった。田端の小川の縁に座ったこともあった。その時も一人ではなかった。迷羊(ストレイシープ)、迷羊(ストレイシープ)、雲が羊の形をしている........、三四郎は賛美歌の合唱の中に美禰子の声を認めます。

 突然会堂の戸が開いた。寒いと見えて、背をすくめて、両手を前で重ねて、できるだけ外界との交渉を少なくしている。この光景はまさにその時の美禰子の心象そのもの......なのでしょう、己が罪の重さ。

 女はハンカチを三四郎の前で振ります。以前、三四郎がなにも知らぬまま適当に手にして美禰子に勧め、「それにしましょう」とすぐ美禰子がきめたヘリオトロープの香り。「結婚なさるそうですね」、女はややしばらく三四郎をながめたあと、聞き兼ねるほどのため息をかすかに漏らしてから、聞き取れないぐらいの声で言います、「われは我が咎を知る。わが罪は常に我が前にあり」。

 終始三四郎の心をもてあそんだ美禰子だったのか、それとも美禰子は本当に三四郎を愛していたのでしょうか。野々宮の存在、フィアンセの存在、結婚がきまっていて、それでもなお、若い男の前で思わせ振りにハンカチを振る女、いえそうじゃない、あれは彼女なりの決別の振舞いだったのかも.......、答えはどこにも書いてありません。でも、美禰子自身よく分っていたようです。それはまさに「われは我が咎を知る。わが罪は常に我が前にあり」。

 前にも書いたように、明治という時代にあって、当時は当然のこととされていた、女性は一歩控えて男性に従属する....などという習慣にはこだわらず、知的な男性たちと互角に渡り合って、伸び伸びと自由奔放に生きる美禰子。

 それなのに、「ここ鍵を置いて行きます、あとのことは女中が心得ていますわ」(ヨーロッパでは主婦の鍵という習慣があって、夫から渡された鍵を持っているかぎり、妻は夫と同等の権利を保証されていたのです、それすらも放棄して)と家庭を後にして自分に忠実な人生を選んだ「人形の家」のノラのようなところまでは到底踏み出すことが出来ない旧弊な明治時代に生きる女美禰子。結果的にすべて「かりそめの恋」程度に終始してしまって、自分でも自身の心や行動に満足していない。こんなに、どんな面にでも優れた自分なのに、そんなはずはない.....と思う、だからこそ美禰子はストレイシープ。
 
 彼女のことですから、ストレイシープという言葉や、その意味や出典は早くから知っていたことでしょう。廣田から教えられたことかも知れず、会堂(チャーチ)での説話に出てきたのかもしれない。
 また、ご質問にお書きのようにクリスチャンであるフィアンセからということもたしかに考えられます。でも、三四郎と美禰子のはかない恋のキーワードが一貫してこのストレイシープという言葉。漱石はこのストレイシープという言葉を先に思いついていて、美禰子のラヴプレイのキーワードにしたのではないでしょうか。そう考えると、美禰子が将来の夫の影響を受けていたというのはすこし矛盾するように思いますが。

 そして、美禰子がふと漏らすストレイシープという言葉、自分の心の苦しさをふと漏らしてなのか、それとも、まだまだ三四郎に思わせ振りにと.....、これも分りません、受け止め方はどちらでも成り立ちますから。それでもなお、美禰子がストレイシープであったことだけは彼女自身も知っていたのです。

 ドキッとさせられるのは、原口の絵「森の女」が展示された展覧会に、美禰子は、なんと.....夫に連れられて....やって来ます。そんな美禰子が結局は、もう迷うことのない、一番安定した美禰子.....だったのでしょうか。

 残念ながらこれ以上は分りません。この「三四郎」、「草枕」などもそうですが、子供の頃から何度も読んで、その度に違ったものを読み取ってきたものでした。今度もう一度読み直したら、もっとはっきり理解できるかもしれませんけれど。

 #1です。ずいぶんお褒めにあずかりまして恐縮しています。それにしても、はたして正解がお答えできるものやら。

 その前に、美禰子という名前の読み方ですが、昭和2年に春陽堂から発行された明治大正文学全集の夏目漱石編の中に掲載された「三四郎」では「みねこ」とルビが振られています。漱石は中国四国地方にことに親しみを持っていたといいますから、山口県の美禰市からその美しい文字と響きがヒロインにふさわしいものとのイメージを抱いたのではないでしょうか。

 さて本論.....ですが、最後に...続きを読む

Q漢文について

高2理系です。
よく、句形が分かれば漢文は読めると聞きますが本当でしょうか?
古文は比較的得意で読めるようになったのですが、漢文には未だに恐怖心があります。句形の重要性は漢文の何%を占めるのでしょうか?
またそれ以外に必要なものは何ですか?
因みに、返り点や再読などの基本的な文法はわかります。
それと、問題集は「漢文ヤマのヤマ」と「漢文早覚え速答法」を持っています。

Aベストアンサー

私は「漢文早覚え速答法」+独学で、
センター試験で48点取りましたよ。

句形と、それから漢文でよく出る漢字を抑えれば、
高得点は可能です。

後は、量をこなせばなんとかなるのではと。
私は、たくさん漢文の問題を解いたことも、
高得点に繋がったと思っています。

頑張ってください。
少なくとも、古文よりは簡単だと、
私は思います(^_^;

Q古今集 小野小町 思いつつ・・は倒置法か?

古今和歌集 巻十二 恋歌ニ・五五ニ

思ひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせばさめざらましを

小野小町

この歌の表現技法は「倒置法」でいいでしょうか?
参考書によって、「倒置法」ではないので注意!
とあります。「倒置法」です。と言いきっているものもあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

倒置法ではありません。
この歌は上句切れで、「見えつらむ」でマルが打たれます。
倒置法と言いきっているのは、句末の「を」を、対象を示す格助詞だと誤解しているのではないでしょうか。
この「を」は格助詞ではなく、詠嘆の意を示す終助詞です。
「~だったのに」という反実仮想の含みをもった用法ですね。
この歌は上句が
「(その人のことを)思いながら寝たからその人の夢を見てしまったのかなあ」
という疑問文、
下句が上にも述べた反実仮想
「夢と知っていたなら覚めなかったのに」
という、それぞれ独立した文になっており、倒置文として下句が上句に入る余地はありません。
したがって、倒置法ではありません。

Q大学入試に向けての漢文について

僕は高校2年生です。

僕の通っている高校では漢文の授業がないのですが、他の高校ではある!というのを最近聞いてびっくりしました。
今まで、模試などは古文を選択したり、必須であれば仕方なく勘で解いていました。

漢文は古典の授業の時間で漢文を少しやる程度です。そこで、国語演習(漢文を三学期にやる予定)や小テストなどで漢文を学校でやっているのですが、心配なので自分で勉強していこうと思うのですが、参考書や漢和辞典を持っていません。
お勧めの漢文参考書、問題集、漢和辞典(漢文ではこの辞書を使うのですよね?)を教えて下さい。

センターとかでは漢文がかなりKey Pointとなると聞いたのですが本当でしょうか? そうであればやばいですね、、、(><)


回答、よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。センターでは漢文は国語200点中、50点の配点があり、しかもちょっとやれば満点も取れる科目ですから捨てるのはもったいないですよね。
参考URLの本をやってみてください。
カスタマーレビューを見て分かるとおり秀逸な内容です。
よほどの難関大学以外は本書1冊(+過去問演習)で間に合います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4053011582/qid=1073732984/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-5929220-0689062

Q漢文

漢文の問題なのですが、納得できないところがあったので、質問します。

孔子の馬が逃げ、ある農夫の畑の作物を食べた。
農夫は怒って、馬を捕らえてつないだ。
孔子は馬を帰してもらうために、弁舌にたくみな子貢を使者に送ったが失敗。
孔子は、高貴な雅楽を凡人に理解させるのが無理であるように、高尚な言論がいつも通じるわけではない。といい、次に馬飼いを送った。

問題は馬飼いの言葉です。
「あなたは東海のほとりの土地を耕して西海のほとりに至るほどの広い土地を持っておいでです。
私の馬が逃げましたが、

           安得不食子之苗  」

馬飼いのお世辞に気分を良くした農夫はおおいに喜んで、馬を帰した。

「安得不食子之苗」
この返り点のつけ方とその読み方ですが、
1・安くんぞ子の苗を食らわざるを得んやと。
2・安くにか子の苗を食らわざるを得んやと。

正解は、1、らしいのですが、どうして、2、ではだめなのでしょうか。
2を訳すると、どこであなたの苗を食べないことがあるでしょうか、いやどこでも食べる。

農夫は広い土地をもっているのでどこまでいっても貴方の苗を食べてしまうのです。という捉え方では、なぜだめなのでしょうか。

センターまで一週間をきり、しかも得意な漢文で、こんな基本的なところでつまずいてしまって、かなりあせっています。
ぜひ、ご回答お願いします。

漢文の問題なのですが、納得できないところがあったので、質問します。

孔子の馬が逃げ、ある農夫の畑の作物を食べた。
農夫は怒って、馬を捕らえてつないだ。
孔子は馬を帰してもらうために、弁舌にたくみな子貢を使者に送ったが失敗。
孔子は、高貴な雅楽を凡人に理解させるのが無理であるように、高尚な言論がいつも通じるわけではない。といい、次に馬飼いを送った。

問題は馬飼いの言葉です。
「あなたは東海のほとりの土地を耕して西海のほとりに至るほどの広い土地を持っておいでです。
私の馬...続きを読む

Aベストアンサー

中国語で考えると、”安得”でどうして~することが許されようかという意味です。
だから、どうして あなたの苗を食べないことがゆるされましょうか、ゆるされはしません、食べられてしまいます。
以上、漢詩はやはり中国語で味わわなくちゃと中国語を勉強しているsanbuxiu
でした。
ちなみに、不完全な中国語で言うと、
”あん だ ぷー  しー ずー じー みいあお” てな感じです。
では、頑張ってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報