近世の大帝国で清の領土はその後、中華人民共和国にひきつがれて
中華世界は一つにまとまってますが、
オスマン帝国を中心とするイスラム世界は
なぜ分裂してしまったのでしょうか?
決定的な要因は何だと考えられますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

同化の度合いと、主要構成民族の人口の差などによる、地域、民族の統一感の違いではないでしょうか。



そもそも、オスマン朝の後継と一般的に見られているトルコ共和国は、成立直前に青年トルコ党などの活動でやっとトルコ人の意識が生まれてできたものです。オスマン朝の統治下でいわゆるトルコ民族という意識は希薄だったようです。またオスマン朝は清朝などと比べ圧倒的に多民族国家です。地方の官僚、兵隊から中央の宮廷に至るまで、ギリシア、アルバニア、ユダヤ、スラブ、アラブ、イラン、雑多なトルコ系の諸部族、多種多様です。文化的にも帝国下で全体的にイスラム文化の影響はあったにせよ、文化的に統一感に欠いていますし、オスマン族を中心とした支配者層がいわゆるトルコ文化で支配地域を同化したわけではありません。反対にアラブ文化にオスマン族が同化したわけでもありません。その多様性がイスタンブールの繁栄と言ってもよいでしょう。

それに対し、清朝は成立時点で統一感があります。多少の大小はあれど、既に何千年も同じような版図で統一王朝がいくつもでき、元々は中原の文化を基にした民族が周りを征服、被征服を繰り返し、広い範囲がいわゆる中華世界として統一感がありました。漢民族と言われる人たちも、実際には多種多様な人種の混合体ですが、同じような文化と意識を持ち、高度な文明を何千年も保っていたせいで、周辺の地域も長年交流、文化の移入を繰り返し、清朝は成立前から、中華(世界の中心)思想がしっかりとありました。その漢民族文化のうえに満族の酋長が乗っかっただけです。清朝の版図は周辺部を除き、既に多くも部分が同化されていました。また、漢民族の人口も圧倒的です。周辺の蒙古、東トルキスタン、チベット、雲南、満州の民族を文化的にも数的にも圧倒していました。支配階級の満族でさえ直ぐに漢民族に同化しました。建前上それではマズイので満族の髪型と服装を法律で強制したくらいです。

もちろん発展を遂げ、膨張するヨーロッパに近かったのも大きな要因でしょうが、帝国の基盤と地盤がそもそも違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
歴史的慣性が中華世界とイスラム世界では違うということですね。

お礼日時:2009/05/30 21:55

適当ですが、


オスマン帝国は欧州の列強に地理的に近い。
帝国の核となった民族の人口比率の違い。
の二つでは?

オスマンのトルコ人は少数派なのに対して、清では漢民族が圧倒的多数を占め中華民国を建国しました。それでも、中華民国はチベットを支配できず、結局群発割拠状態に陥ります。統一できたのは中華人民共和国になってからです。
これも、インドやチベットからイギリスが撤退し、ソ連は東トルキスタンを占領したものの手を引いて中国に引き渡したためです。

一方、オスマン帝国の所領は、アラブや中東欧でした。前者は石油利権があるうえに自分の方がイスラム文明の中心を自負するアラブ人です。後者は欧州から見れば、イスラムではなく、自分たち欧州・キリスト文明の一部だから、ひきはがすのは当然だと思います。トルコ人は自分の国を作る直すのがやっとで、第二次大戦後も大国が向き合っている地域において領土拡張なんてする猶予はありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
欧州からの距離は要因として大きそうですね。

お礼日時:2009/05/30 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオスマン帝国で産業革命がおこらなかったわけは?

なぜオスマン帝国で産業革命が発生しなかったのでしょうか?
ウィーン包囲などヨーロッパを圧倒するほどの国力があったのだから、オスマン帝国で産業革命が発生してもおかしくなかったように思えるのですが。

Aベストアンサー

「豊かさ」の誕生―成長と発展の文明史
日本経済新聞社
ウィリアム バーンスタイン, William J. Bernstein, 徳川 家広

によれば、産業革命ないし経済成長の常態化には、私有財産制度への信頼感が必要。

経済に参加するすべてのプレーヤーにとって、投資とその見返りが合理的に保証されないとならない。
上記の書籍では、出だしにレパント沖のオスマントルコの提督の話が出ている。その提督は、財産をすべて金貨にして船に持ち込んでいたそうだ、理由はいつ皇帝に財産没収されるか分からなかったから。
巨大な帝国であるオスマン帝国で、財産の自由利用が認められていたのは皇帝のみ。(その皇帝も死んでしまえば、自分の希望する跡継ぎに財産を残せなかった)そのような社会では、何らかの長期的な投資を行い見返りを期待することができず、よって、投資を必要とする産業革命も起こりようがない。
同様なことは 明帝国でもいえる。永楽帝が個人的に大遠征軍を出すことはできても、皇帝が変われば海禁策となり、継続的な大航海時代は起きなかった。

Q中国(中華人民共和国)の歴史教科書

こんばんわ。
このタイトルだと誤解されそうですが、しばしば議論のある近代・現代における日中の歴史認識問題に関する質問ではありません。
単純に今中国で使われている歴史教科書はどの時代から記載されているのでしょうか?
孫文・毛沢東あたりのせいぜい百年くらい(すなわち現在の中華人民共和国建国前後の歴史)が記載されているのか、それとも黄河文明あたりからを自国の歴史として延々と習うのでしょうか?
もし後者なら、漢民族が支配していなかった時代も漢民族が支配していた時代と同じ濃さ(詳細さ)で学ぶのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

 私の手元にあります資料は1981年にほるぷ出版から刊行された中国の中学生向けの歴史教科書の翻訳です(「世界の教科書」シリーズ)。
 二巻本になっていて、記述は原始社会から始まり、「北京原人の頭部復元像」のイラストも入っています。「夏王朝」は、実在したものとして記述されていますが、遺物の写真などが添えられているのは殷王朝からとなっています。
 元の時代の記述を紹介しますと、南宋の抗戦派・文天祥についてはやや詳しく記述があります。
 民族に関する部分は、以下のようです。
 「元朝の統一は、統一された多民族国家であるわが国の発展を促進し、民族の融合を促進した。黄河流域に侵入した契丹族、女真族は、漢族人民と長期間接触し、絶えず融合を重ね、元朝時代にはもう漢族と大差なく、「漢人」と呼ばれるようになった。」
 「元朝の支配者は民族抑圧政策を実行し、全国の各民族を四等にわけた。地位最高は「蒙古人」であった。第二等は「色目人」で西域の各民族と西夏人を含んでいた。第三等は「漢人」で、北方の漢族と契丹、女真などの各民族を含んでいた。地位最低は「南人」で、江南の漢族とその他の民族を含んでいた。しかし漢族の地主も官職につき、広大な田地を占有した。蒙古族でも貧民は落ちぶれて流浪し、奴隷になりさえした。元朝の支配者と各民族の地主階級はぐるになり、共同して各民族の人民を抑圧した。農民と地主の階級矛盾が元朝社会の主要矛盾であった。」
 そして文化のところでは、「三大発明(印刷術・羅針盤・火薬)」について詳しく書いてあります。北京オリンピックの開会式を思い出します。
 記述のスタイルとしては、民族間の対立よりも階級矛盾について詳しく触れているようです。
 
 かなり古い資料です。最新のモノを紹介できたらよかったのですが、申し訳ありません。

 私の手元にあります資料は1981年にほるぷ出版から刊行された中国の中学生向けの歴史教科書の翻訳です(「世界の教科書」シリーズ)。
 二巻本になっていて、記述は原始社会から始まり、「北京原人の頭部復元像」のイラストも入っています。「夏王朝」は、実在したものとして記述されていますが、遺物の写真などが添えられているのは殷王朝からとなっています。
 元の時代の記述を紹介しますと、南宋の抗戦派・文天祥についてはやや詳しく記述があります。
 民族に関する部分は、以下のようです。
 「元朝...続きを読む

Q日本は第一次大戦を主要国として戦う力があったのか?

もし、日本がイギリスのように大々的に第一次大戦に参加するはめになったとしたら、日露戦争でひいひい言っていた日本が、その100倍?規模くらいの第一次大戦の交戦主要国が行ったような、動因、兵器製造、作戦遂行能力があったのでしょうか?

実際には、そういうことがあっても、対独墺ですから、陸軍の西部戦線派遣と海軍の地中海艦隊派遣いうことなのでしょうが、仮に、対露に対して全面戦争しなければならなくなったとして、当時のドイツのような作戦遂行能力生産力があるのでしょうか?

Aベストアンサー

第一次大戦後に日本陸海軍共に幾度か試算をしていますが、いずれも結論は「日本には主要国が行ったような国家総力戦を戦う力はない」というものでした。
その後、日本の工業化は第一次大戦後の恐慌の波に洗われつつも急速に進展するのですが(例えば日本の自動車生産数は1930年代の10年間でほぼ100倍近く増えます)、欧米列強にはやはり大きく見劣りする状況のまま第二次大戦に突入することになります。

Q中華人民共和国と中華民国

いまいちよくわからないのですが
中華人民共和国と中華民国は違う国ですか?
中華民国は省略して「中国」とは言わないのですか?

私のイメージでは
日本と沖縄
のような関係に
中華人民共和国 と中華民国
と思っていましたが間違いですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

親台湾派の立場です。

中国問題は複雑です。
日本の公式見解は1973年以降、中華民国はありません。
しかも中華民国が1973年まで国連の常任理事国でした。
・二つの中国問題です。
台湾、大陸中国 の問題は分断国家と違います。
(韓国、北朝鮮は、両方とも国連加盟、日本と北朝鮮が国交を持たないだけです。)
北京首都の中華人民共和国は、台湾は、自国の一部であり、中華民国と称する国民党が占領しているという見解です。

中華民国の立場は、南京が首都だが、共産党勢力に侵略され、台北を臨時首都としている見解でした。

台湾としては、独立論もありますが、一方でこのままで良いという意見もあります。

中華人民共和国が、中国は絶対一つだ!と言わなければ丸く収まりそうなのですが。

ほんと、共産党独裁政治に嫌悪を感じます。

ちなみに、日本と沖縄という言い方は良くないですよ。
いずれも日本です。戦争に負け米国統治の時代があっただけです。
※薩摩が琉球を攻めたということはありますが。

Qオスマン帝国歴史

オスマン帝国について質問です。
1、オスマン帝国の歴史を教えてほしいのですが、特に建国時についてです。オスマン帝国を立てた人物はトルコ人なのでしょうか?それともアラブ人??トルコ人は、中国のウィグル地区でもトルコ人がいると聞きましたが・・・。
もしトルコ人であるなら、彼らはどのように移り住んだのでしょうか?またアラブ人とトルコ人はまったく違うのでしょうか?

2、すごく簡単でいいのでオスマン帝国の歴史について教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

11番です。

>回答者さんはイタリア人と書かれていましたが・

であれば、誤りです。

>現地にイリリア人という民族がすんでいまして、スラブ人の影響で彼らは追い出された。その追い出された場所が現在のアルバニアと聞きました。

イリリア人ですが、これはイリリア地方に住む人々という意味で、イリリア人という民族がいたわけではありません。
当時は、世界的に見て民族形成がされているのは、ギリシヤ人やローマ人などにすぎません。
また、スラブ人に追い出されたというのは、変で、民族移動でできた国の場合、圧倒的多数は、現地人が占め、移動してきた民族は、少数派です。
スラブ人の場合はよくわかりませんが、ゲルマン民族の西欧への移動は、ゴート族で5%~7%程度で、比較的多くの移動があったフランク族でも12%程度とされています。
また、東スラブ人と西スラブ人は、外形が似ていますが、南スラブ人であるセルビア人やブルガリア人、クロアチア人などは、少し異なっています。
これは、現地人との混血によるものと思われます。
外来民族が、原住民族を追い出す事は、まずありえません。
(そのような事をしたのは、イスラエル建国の時くらいですが、それでも完全にはできていません)
そもそもその時点では、民族形成が行われていませんから、民族という概念すら無いのです。
アルバニア人は、スラブ人が進出しなかった地域に住んでいた人にすぎないのです。
歴史を、今日の観点から見るために、そのような誤解を招くのです。

11番です。

>回答者さんはイタリア人と書かれていましたが・

であれば、誤りです。

>現地にイリリア人という民族がすんでいまして、スラブ人の影響で彼らは追い出された。その追い出された場所が現在のアルバニアと聞きました。

イリリア人ですが、これはイリリア地方に住む人々という意味で、イリリア人という民族がいたわけではありません。
当時は、世界的に見て民族形成がされているのは、ギリシヤ人やローマ人などにすぎません。
また、スラブ人に追い出されたというのは、変で、民族移動でで...続きを読む

Q中華人民共和国と朝鮮戦争

中華人民共和国の建国初期の状況について調べることになりました。
朝鮮戦争は毛沢東が建国宣言したすぐ後に起こってるのですよね?
建国直後で不安定な時期の中国に、この戦争が与えた影響などが知りたいのです。
どなたかご存知の方教えていただけないでしょうか。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

与えた影響というか、あの戦争は中国が積極的に後押しをしたからこそ起こった訳で。スターリンは開戦を要求する北朝鮮に中国の許しがあるならという条件を付けて許可を与え、実際に中国が援助の約束をしたので北朝鮮は開戦に踏み切ったのです。
別に不安定だった訳ではないでしょう。アメリカはとうに国民党を見捨てていたので内戦末期はただの掃討戦ですし。

与えた影響としては
戦争がこう着状態に陥った際、マッカーサーは
満州への原爆投下を検討していたそうですが、ソ連の反撃を恐れた政府にクビを切られたという事例から、やっぱ核には核だよなと核武装が必要なことを改めて認識しなおしたとか、そういうことがあったかもしれません。

Q日本の産業力が第一次大戦で全く勝負にならない理由

日露戦争まではなんとか列強と互角に渡り合うことができたが、第一次大戦の経過を見て、その列強(独仏英米露)の産業力にとても太刀打ちできる国ではないということが判明してしまったと聞きます。たとえば、師団数でいっても、当時の独仏が200師団くらい捻出できたのに、日本は20くらい(もちろん平時体制ではあるが、戦時といってもどれ位なものか?)工業力にいたっては圧倒的に勝負になりません。なぜ、日本には、第一次大戦からの巨大な列強の産業力を遂行する力をつけることができなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

要因はいくつかあります

   1・構造不況
 日本は明治20年代から構造不況に陥っており、富める者は富んでいましたが国民の大半がその日暮らしでした。庶民の楽しみはエッチだけという救い難い状態だったのです。
   2・日露戦争
 ただでさえ不況なのに日露戦争で莫大なお金(国庫10年分)のお金を使ってしまい、不況対策はおろかインフラ整備も出来ない状態でした。
   3・WW1バブルと崩壊
第一次世界大戦の好景気で借金は消えたのですが、終戦と同時にバブルが弾けてしまい、またまた不況になります。これに関東大震災が重なります。

 簡単に言えばお金がなかったのです。

Qスレイマン1世在世のオスマン帝国において、ローマ帝国の事を「青りんご」と呼んだ所以は?

こんにちは、お世話になります。

1500年代、スレイマン1世の在世のオスマン帝国史の歴史フィクションを読んでいるのですが、その本の中でローマの事を「青りんご(the Green Apple)」呼んでいます。

理由が気になって、検索してみたのですが、「ローマ帝国 青りんご」で検索しても、それらしき記事がヒットしません。ウィキペディアでもヒットせず、お手上げです。

ご存知の方教えていただけますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ギリシャには、トルコ人に奪われたイスタンブールを取り戻したのちその地は「赤りんご」 (kokkini milia) と呼ばれるという予言?伝説?があります。ビザンチン陥落の前にこの地をMonodendron「一本の木」と呼ばれました。いつどのような理由で「赤りんご」に変わったのかは不明です。

ウィキペディア ギリシャ語版
http://el.wikipedia.org/wiki/%CE%9A%CF%8C%CE%BA%CE%BA%CE%B9%CE%BD%CE%B7_%CE%9C%CE%B7%CE%BB%CE%B9%CE%AC

トルコ人にとってイスラムの都「赤りんごの木」K?z?l-Elmaの建設は小アジア進出の究極の目標です。
http://www.sav.sk/journals/aas/aas197.htm#7

どちらが先かは分かりませんが「赤りんご」=「小アジア」=「イスタンブール」とみなしてよさそうです。 これに対立するものとして ローマ=青りんご なのでしょうか。

Q新オスマン人と青年トルコ人の違いはなんですか? 同じオスマン帝国の人ではないのでしょうか?

新オスマン人と青年トルコ人の違いはなんですか?

同じオスマン帝国の人ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

勉強がてら調査すると、新オスマン人と青年トルコ人が活躍したのは時期が異なります。運動の内容も異なりますね。

オスマン帝国=トルコ族の一首長オスマン1世を始祖とするオスマン朝から発展して成立したイスラム帝国 (1299~1922) 。第1次世界大戦でドイツ側について惨敗し、戦後の混乱の中で滅亡。
新オスマン人=オスマン帝国末期,1860年代にヨーロッパに留学して西欧文化を吸収した知識人により展開された自由主義運動とそのにない手たち。
青年トルコ人=19世紀末から20世紀初頭のオスマン帝国において、アブデュルハミト2世の専制政治を打倒し、オスマン帝国憲法(ミドハト憲法)に基づく憲政の復活を目指して運動した活動家たち。

Q清朝末期から中華人民共和国の成立まで

上記の時代背景と概要および参考となる簡便な図書を紹介して下さい。

Aベストアンサー

読み途中なので結論としてどうとは言えませんが、参考の1つにはなりそうなので、いいでしょうか(って書いちゃいますが)

『西太后―大清帝国最後の光芒』 加藤 徹・著(中公新書)

西太后という人物を通して清代から現代中国までの思想や政治を読み解こうという書。
レビューを読んでみると評判良さそうですね。
2005年9月発売の本なので、最近の新しい観点や資料が含まれているのだろうと思います。

中国の歴史ならこれを読まないと、という定本を私は知らないのですが、そういう定番の本と共に読むといいのかもしれません。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121018125


人気Q&Aランキング

おすすめ情報