ツタンカーメンの仮面は、木製の仮面に金を塗っているわけですか?
金の塊をそのまま削って、仮面の形にしたのでしょうか?

黄金の仮面は、金を塗るには金を溶かしたと思うのですが、

石ですりつぶして、水と合わせてペーストにしたのか、
はたまた鉱石を溶かすほどの溶鉱炉を持っていたのですか?

それと高度技術を持った古代エジプト人が突如歴史から消えるのも疑問です。
古代エジプト人は歴史から急に消えますがどうなってどう消えていったのですか???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

力を持ちながらも新興国であった古代ローマが、文明の発祥であり既に長い歴史を築いていた古代エジプトの歴史を欲してエジプトの歴史を国ごと奪い取った、というところのようですね。


ちなみにそのローマもローマ帝国となり没落したときに、
その帝位が内包する長い歴史を欲したロシアがその帝位を奪い去った(大枚を叩いて買った?)とされていますね。

金は非常に柔らかく細い配線に加工しやすいため、現代でもコンピュータチップ内部の配線などに使われています。
ちなみに金はメッキも古代から行われてきました。
金を水銀に溶かす→混合液体を対象の表面に塗る→加熱して水銀を蒸発させる
というプロセスで。この方法は奈良の大仏などでも行われています。

ツタンカーメンのマスクはメッキではないようですが、少なくとも金を精錬するための知識や炉は持っていたのでしょうね。
灰吹法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%B0%E5%90%B9% …

ローマに支配された以上エジプト人は奴隷だったのでしょう。
ただ考慮すべきは、「自由人か奴隷か」という差は、確かに法的な扱いなどは大きく違いましたが構成比などを現代的に言うと「貴族か一般人か」程度の差だと言うことです。
奴隷の中でも上位の者は自宅を持ち、さらに下位の奴隷を使役していたと言いますから。我々のイメージする「奴隷」などとはだいぶ世界がちがうでしょうねえ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

水銀って有害なので、加熱して蒸発させるのは危険ですね。
水銀について調べてみたいと思います。

金を水銀に溶かす工程も調べていきます。

お礼日時:2009/05/19 16:55

マスクに関しては金無垢です。


と思ったら、
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200 …
という記事もあり。
因みに金は叩けば加工できます。
http://k53297.web.fc2.com/fclinkegypt2.htm
は比較的詳しい感じがします。真贋不明ですが。

古エジプトの没落は、端的に言えばローマに征服されたから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

古代エジプト人よりローマ人の方が文明が上だった。

ローマに征服されるとエジプト人は奴隷ですか?
ローマの絵画にエジプト人らしき人があまり出てきませんが、
ローマ人にとってエジプト人の知識は必要なかったということですか。。。

お礼日時:2009/05/17 16:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘアバンドを作りたいが長さが全く足りずにうまくいかない。

MARBLEやユーチューブを参考にヘアバンドを作っています。
しかし、指示の長さだと生地の長さが全く足りずに作ることが出来ません。

https://www.youtube.com/watch?v=HBib04xs8Fs
【DIY】いらない服がヘッドバンドに大変身!簡単ヘッドバンドの作り方

http://topicks.jp/79781
《ヘアーバンドの作り方》ツイストタイプ

試しに35センチの紐を2本用意して交差させても、頭から顎まで長さが全く足りません。
本当に、横30センチの生地2枚や、横35センチの生地2枚で作ることが出来るのでしょうか。
動画に映っている、腕と生地の長さを見比べると、生地がもっと長いように感じるのですが気のせいでしょうか。

Aベストアンサー

頭の大きさも違うでしょうし
なにより、生地の伸縮具合が生地によって、違うとおもいますよ。

足りなかったと思うのなら、けっこう余裕をもった、長めに生地をとってから
実際に巻いてみて長さを微調整してから、最終的に留めてください。
指定生地がしっかりあるわけではないので
かなり柔らかくて伸びるニット地と、硬めのニット地では違いますし
生地の厚みも当然ちがいます

なので、微調整は自分でやらないと。

あとから長くするのは、無理だからまず長目にカットしてくださいね

Q1965年の「ツタンカーメン展」に行かれた方・・・

日本が高度経済成長真っ只中の1965年(昭和40年)に東京、京都、福岡の3箇所で開催された「ツタンカーメン展」・・・

前年(昭和39年:東京オリンピックの年)には「ミロのヴィーナス」も日本(京都)にやってきたと記憶しています。(確かルーヴルから海外に持ち出されたのはこの時一回きり)

そして、時を経た昭和49年には「モナ・リザ」も日本にやってきました。

つまり、俗に言う「世界の三大秘宝」すべてが過去我が国にやってきたことになります。

あの時代だったから実現できた、今考えても凄過ぎる歴史に残る美術展の数々・・・

そこで、ツタンカーメン。

やはり白眉は何と言っても正真正銘「黄金のマスク」ではないでしょうか・・・?

勿論、現在でもカイロに行けば実物を見ることができますが、開催当時日本で見られた方いらっしゃったら印象や感想等を伺えればと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

還暦をいくつか過ぎたおじさん(じいさん)です。
高校生の時に京都に見に行きました。もう50年近く前のことですので
記憶は定かではないのですが、印象的だったことをいくつか

1 光輝いて、新品のよう
  光り輝いていて古い感じが全くしなかったですね、すでにグラフ
  雑誌等である程度予備知識はもっていたのですが、やはり現物は
  美しかったです。彩色もきれいに残っていましたしね。

2 意外と小さい
  雑誌等でみていたよりも小さいという印象をうけました。

3 展示品は少なく人が多い
  展示品はさして多くありませんでした。ともかく人がおおかった
  です。

PS #1様 60歳以上でも私のような者もいますよ。

Q上げ下げ窓について(YKK AP)

このたび、新築で家を建てています。
リビングに上げ下げ窓をつける予定ですが、YKKの片上げ下げ窓と両上げ下げ窓のどちらをつけようか迷っています。
(片上げ下げ窓・・・上部が固定、下部のみ上下に開閉する)
(両上げ下げ窓・・・下部を開けると上部も連動して開く、窓の上部と下部に開口部がある状態になる、)
YKKのお客様相談に問い合わせてもハッキリとした返答がなく、どちらかを使っている方に相談しようと思い質問しました。
私の勝手な想像では、、、

・片上げ下げ窓・・・開けたときの雰囲気がスッキリしていてデザイン的に良い/開口部が広いほうが涼しいのでは
・両上げ下げ窓・・・開けたときに上下の窓が窓枠の真ん中に集まってしまいスッキリ見えない/上と下に開口部があることで換気の機能性に違いが出てくるかも

実際のところ、どうなんでしょうか。
どんな意見、感想でも結構です。ここが良かった、悪かった、ああするべきだった、などなど、何でもいいのでご意見ください。よろしくお願いします。

ちなみに上げ下げ窓をつける部屋は
・南東のLDK16畳
・南側に履き出し窓、東側に勝手口と上げ下げ窓(3個)
・北側・西側に窓はなく、西側に一つ廊下に出るドアがあります
・キッチンはフラット対面式で部屋の北側にあります

私の窓に求める希望順位は
(1)夏場に涼しい風が入る、たくさん入ると嬉しい
(2)風通しが良い
(3)防犯性
(4)小さい子供の安全性
(5)見た目
です。
どうかよろしくお願いします。

このたび、新築で家を建てています。
リビングに上げ下げ窓をつける予定ですが、YKKの片上げ下げ窓と両上げ下げ窓のどちらをつけようか迷っています。
(片上げ下げ窓・・・上部が固定、下部のみ上下に開閉する)
(両上げ下げ窓・・・下部を開けると上部も連動して開く、窓の上部と下部に開口部がある状態になる、)
YKKのお客様相談に問い合わせてもハッキリとした返答がなく、どちらかを使っている方に相談しようと思い質問しました。
私の勝手な想像では、、、

・片上げ下げ窓・・・開けたときの雰囲...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)夏場に涼しい風が入る、たくさん入ると嬉しい
>(2)風通しが良い
東側の窓であれば、風が出て行く位置ですね。
上方の開口から暖かい空気が、下方からは、冷えた空気が出て行きます。
どちらを選んでも、窓の大きさの半分しか開きません。
片開きか、ジャロジーの半分ということになります。

>(3)防犯性
防犯ガラスなどの対応がなければ、ガラスを割られて進入は可能です。

>(4)小さい子供の安全性
片方ー横にあけてある穴に棒が差し込まれ窓を開けた状態になる形だと思います。(昔電車の窓にあった)
両方ーワイヤーでバランス式になり、どこでも止まります。(多分)
前者は、穴に入り損ねると重さで窓がしまってしまう恐れがあり、もし、そのときに子供の手が下にあれば、挟まってしまうかもしれません。後者にはその心配はないと思います。

>(5)見た目
個人的な主観なので、なんともいえません。
私はどちらも同じだと思います。

回答になったでしょうか?

Qツタンカーメンの玉座絵の不思議

こんにちは。カテ違いでしたらご容赦下さい。

ツタンカーメン王の墓が発見されたときに一緒に副葬されていた玉座をご存知でしょうか。
その背もたれに描かれている絵に2つほど、不思議な疑問があるので教えて下さい。

1つは、ツタンカーメンが左側 イスに腰掛けており、
その右側に妃が立ち香料を塗ろうとしている図なのですが、その足もとを見ますと、サンダルがそれぞれ片足づつしか履いておりません。この意味を教えて下さい。

2つ目はツタンカーメンの右腕ですが、その手首は左手首のように、どうしても見えてしまいます。
この絵にかぎらず、エジプトの壁画などにもよくこのようなタッチのもの数多くあります。これはなぜでしょう。

この2つについて、ご存知の方はご教示下さい。

Aベストアンサー

2についてです。
 古代エジプトでは親指の爪は霊魂が出入りする場所だと考えられていました(なぜそうなったかは知りませんが)。よって、人の肖像画を描く際には多少不自然になっても、両手の親指の爪を描くようになっているそうです(虜囚とか敵とかは除く)。ものをにぎっている様子を描くときも親指は必ず外に出ています。
 この説、ガイドの受け売りなので本当にそうかは保証できませんが。。。。

Qガーデニングの作り方

ガーデニングの簡単な作り方を教えてください。
鉢に限ります。

Aベストアンサー

こちらで

http://www.kenko-journal.com/my-little/back/005.html

Qツタンカーメンの財宝

未盗掘で発見されたのはツタンカーメン王の墓だけだそうですが、盗掘された王の墓の財宝はそのままの形でだれかが保管しているのでしょうか?それとも黄金のマスクみたいなものは溶かされて、金として流通しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 盗掘は古代からあったらしいですからねえ。落とし穴などいろいろな盗掘防止の仕掛けをしても、泥棒も数千年にわたって、盗掘をトライしますから、いつかはやられちゃうんでしょうね。
 王家の墓の谷の入り口には「泥棒の村」などがあったりして、ひどいもんですね。
 さてご心配の盗掘された副葬品の行方ですが、いろいろあるんじゃないでしょうか。
(1)泥棒→商人→(個人蔵)→博物館など(現存)
(2)泥棒→商人→個人蔵→(所有者が転々として)→個人蔵(現存)
(3)泥棒→商人→個人蔵→(代替わりしているうちに破損、紛失)→ゴミ
(4)泥棒→商人→宝石を分離し、金を溶かして地金にしてそれぞれ売却(質問者さんご指摘)
 以上のようなケースが考えられます。上のケースがそれぞれどれくらいの割合になるか見当がつけにくいですが、陶器などの副葬品は壊れてゴミになったものも多いでしょうね。
 なにせ、盗掘の歴史もウン千年ですから、どれくらい残っていることやら、考えると溜息がでますな。

Qぷっくりリボンのヘアゴムの作り方

中に綿が入っているぷっくりしたリボン型の
ヘアゴムの作り方を教えてください。
手芸は初心者です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アトリエという手芸のサイトから『ふんわりリボンゴム』と検索してみてください。ていねいに作り方が写真つきで載っていますよ。
http://atelier.woman.excite.co.jp/?

Qツタンカーメン展は数年前に京都でありましたか?

現在、大阪で開催中のツタンカーメン展ですが、47年前に東京で開催されていた事を
母に話したら、『私は数年前に京都でツタンカーメンの黄金のマスクを友達5人と見に行ったよ』
と言っていました。
それって何十年も前の話しじゃないの?と聞いても、いいやそんな何十年も前じゃないと言っています。
数年前に京都に黄金のマスクが展示された事があったのでしょうか?
まだボケるほど老いてないと思うのですが・・・。
もしかしたら、今回のような大掛かりな展覧会ではなく、黄金のマスクだけを展示した催しが
あったのかも知れません。もしくは模造品の展示会とか・・・。
私も言われてみたら、黄金のマスクの写真が載ったチケットを見たような、見なかったようなアヤフヤですが、そんな気がしています。
黄金のマスクは何重にもなっているので、もしかしたらその内の1つが展示されていた可能性はあると思います。

もし実際に京都へ見に行った事がある方や、その事について何かご存じであれば教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは

多分ですが
古代エジプト文明3000年の世界展
京都文化博物館 2005年2月2日-3月21日

http://www.museum.or.jp/modules/im_event/?controller=event_dtl&input[id]=16822

世界四大文明展で
プスセンネスI世の黄金のマスクがきたようです
これは京都で行われたかはっきりしませんが

黄金のマスクは
ツタンカーメンとプスセンネスI世のものしか見つかっていないようです

Q子供用全身タイツの作り方を教えてください!買うと高いし、ちょうどよいサ

子供用全身タイツの作り方を教えてください!買うと高いし、ちょうどよいサイズがないので手作りしたいのですが・・・。今月末の学芸会で着用します。

Aベストアンサー

これを参考にパターン作成してみては?
http://yousai.net/nui/leotard/taitu.htm

Qピラミッドの作り方

古代エジプト人は一体どうやってピラミッドを造ったのでしょうか?
砂?で斜面を作り、そこの上を転がして上に運んだ、というのをちらりと聞いたのですが、、。
定説、というのはないとは思うんですが、今現在知られているポピュラーなものを教えていただければうれしいです。

Aベストアンサー

今最も有力だといわれているのは、meeyaさんがおっしゃってる通りに積んだ石に向かって、斜面を土で作るというものです。

つまり、積めば積む程、その斜面は高く急になりますが、少しでも傾斜を減らすために、高くなるにつれて、斜路の長さをのばしたものと思われます。

ちなみに、ピラミッド建設当時のエジプトには車輪も、馬もありませんので、木のそりに石をのせ、「ころ」のうえをころがし、人力だけで運んでいたと考えられています。

石を現場まで運ぶのにはナイル川を使って、川からピラミッドを建てる場所までは石で鋪装した路の上をそりと「ころ」で運び、その舗装道路と船着き場は、ピラミッド完成後に参道と河岸神殿となり、ピラミッドの附属機関になったと考えられています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報