ここのサイトには何度かお世話になっています。
22歳の就活中の大学4年生です。

先日、某県警の警察官採用試験を受け、その中に体力テストがあったのですが、その中の反復横飛びをやっている時に日頃の運動不足がたたり足を滑らせて、右膝の前十字靭帯と内側副靭帯、半月板を損傷してしまいました。

この場合、手術をする可能性は高いでしょうか?
最も、医師からは「私は膝の専門ではないが、将来のことを考えると手術した方が良いかもしれない」とは言われています。

また、全治にはどれくらい掛かるでしょうか?
他にも全身麻酔なのか、部分麻酔なのかなど、手術の術式も気になっています。

一まず、その先生が同じ病院の他の整形外科の先生にも訊いてくれる事になり、近くの大学病院にスポーツ外科専門の先生がいるとの事で、もし手術になった場合は、その大学病院に行く事になりそうです。

ご回答のほど、よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

お答えします。

靭帯が2本に半月板ですから、一時的に痛みがなくなったとしても、不安定性が出現するでしょうし、将来的に軟骨が磨り減る変形性膝関節症という疾患になる可能性もあります。まだ22歳という年齢からも手術をした方がよいと考えます。ただし、急いでやる必要はないと思います。膝の中の炎症がある時期にしても、良くないとされています。内側の靭帯は、そのままの固定で治ることもありますが、他の靭帯がやられていることを考えると、待っても手術が必要になることも多いかと思います。ただ直っていれば半月板と前十字靭帯だけの修復ですむとは思います。麻酔は、全身麻酔、もしくは下半身だけの麻酔という方法があります。下半身だけの麻酔でも、手術中は眠らせてくれますので、手術中の意識はありません。術式は、病院によって違いますが、簡単に言うと自分の他の膝周囲の靭帯を使って、損傷された靭帯を作ることが多いです。全治というと、難しいのですが、手術して退院は1,2週で出来ると思います。しばらくはリハビリが必要で、2ヶ月くらいは装具を必要としている施設が多いです。6ヶ月から1年くらいはスポーツは控えておいた方がいいと思います。一応お答えしましたが、専門ではないので、膝専門のDrに聞いたほうがいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答、ありがとうございます。
大変、参考になりました。
確かに気のせいかもしれませんが、固定していないと膝がグラつくような感触があります。

あれから、詳しく検査してもらったところ、半月板の損傷はなく、内側の靭帯と前十字靭帯の損傷だけということが分かりました。
しかし、前十字靭帯に関しては完全に断裂してしまっているようです。

やはり手術の可能性は高いのでしょうかね。
ここまで酷い怪我はしたことがないので、完治まで気が遠くなりそうです・・・。

お礼日時:2009/05/23 21:40

こんにちは。


就活中のアクシデント、大変でしたね・・膝の具合はいかがですか?

さて、前十字靭帯、半月板の損傷とのことですが、靭帯は切れてはいないということでしょうか?
前十字靭帯は切れてしまうと自然完治しません。なので、元通りにするには手術&リハビリしかありません。
入院は2~4週間、その後のリハビリは術後8~10ヶ月掛かります。
麻酔は全身麻酔が主流のようです。(私も全身麻酔でした)

現在診てもらっているドクターが膝専門ではないようですね。
まずは、膝の専門医に診てもらい、詳しい検査と今後の治療方針を相談することを勧めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

前の方のご回答にも答えさせて頂きましたが、詳しい検査の結果、半月板の損傷は無く、前十字靭帯断裂のようです。

リハビリ機関も含めると、やはり完治までにかなりの時間がかかってしまう様ですね。

結局、スポーツ外科もあり、膝の手術でかなりの実績がある病院を紹介してもらえる事になり、そこで手術やリハビリを含めた治療をしていく事になりそうです。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 21:56

参考になるかどうか解りませんが・・・・


先日、神奈川県の平塚共済病院の整形外科部長の話を伺った時に説明されていましたが、関東と関西とでは靱帯損傷に関しての見解が違うそうです。
関東は手術をしない方針で、関西は手術をする方針だそうです。
この違いは、未だに靱帯損傷の手術が良いかどうかの結論が医療界の中に出ていないからだそうです。
医療界に居ない人が手術の是非を論じるのは好ましく有りません。

しかし、誰でも感じる事は、出来るだけ手術はしない方が良いと言う事だと思います。

膝をバランス良く保てる方法も有りますので、それらを先ず試すというのも方法ではないでしょうか?

半月板損傷に関しても同様に、膝に掛かる荷重バランスは改善されると症状が改善される症例も有るようです。

消防庁にレスキュー隊の方の足の調整をしていると様々な怪我や膝の障害の出会いますが、その多くは足元のバランス機能の崩壊から来ているようです。

結論として、先ずスポーツ科のドクターは比較的足、膝については詳しいようですので、そこで良く話しを聞いて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

関東と関西では学会でも見解が異なるのですね。
自分は関東なので、手術しない方向になるのかもしれませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/23 21:49
  • 膝靭帯損傷<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    膝靭帯損傷とはどんな病気か  膝には、関節の内側、外側、中心に、それぞれ内側側副(ないそくそくふく)靭帯、外側側副(がいそくそくふく)靭帯と2本の十字(じゅうじ)靭帯(前(ぜん)十字靭帯と後(こう)十字靭帯がクロスして存在する)の合計4本の靭帯があって、関節が不安定にならないように制動作用を果たしています(図38)。これらの靭帯に大きな外力が作用すると、部分的にまたは完全に切れてしまうことがあり、これを膝靭...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膝前十字靭帯損傷の入院期間とリハビリの内容

高校2年生の女子ですが、
 部活動中に膝を捻り、腫れと痛みがあったので、整形外科で診察を受けました。膝前十字靭帯損傷ではないかとのことで、1週間後MRIの検査をし確認をするとのことでした。
 手術を勧められましたが、入院期間が2週間程度なので今度の夏休みの予約はどうかと訊かれました。
 しかし、受験勉強の時期でもあるため、できれば術後すぐ退院し塾に通いたいと思っています。そこで、次の疑問がありますので、どなたかアドバイスお願いします。
 ・入院中の生活がどうなのか?(ベッドに寝たきり?)
 ・退院後の生活はどうなのか?(リハビリ?松葉杖?)
 ・どの位の期間、通院しなければならないのか?
 ・体育の授業は、いつから出席できるのか?
 ・1年後の3月の手術はできないのか?

Aベストアンサー

No 2の追記です。
‘入院は2週間’・‘手術は夏休み”でよいということは、よくあるケースの膝関節傷害だと想像されます。
この先はあくまでも一般的な経過なのでそのように受け止めていただけたらと思います。
手術後は、ある程度体重をかけられるようになるまで手術をした膝の装具と杖が必要となると思われます。
始めの1~3週間(状況により期間は異なります)は体重をかけることはできないでしょう。その後数週間かけて、体重の25%・50%・・・と体重をかけられるようになり、装具がとれ、杖を手放しして普通の生活に戻って行くのです。(だいたい1~3ヶ月はかかります。これも個人差が大きくあります。)
中学頃から体を鍛えているのでしたら、回復は思ったより早いかも知れません。但し、手術の翌日からやっておかなければならない事があります。
それは、傷めた間接以外の‘正常な間接’をよく動かしておかなければならないということです。
始めはあまり動けないので、正常な間接も動かさず正常なはずの間接が堅くなり動きが悪くなるのです。正常な関節が硬いと負荷をかけるリハビリに進んだ時成果が上がりにくくなることが多くあります。
また発達盛りなので体重を増やさないことが楽にリハビリをするためには大切です。
体育授業は、見学とはいっても記録員をやったりレポートを書いたり、形は違えても登校した日から出席できるのではないでしょうか。
でも、前にも書きましたが仲間に交わりたいためについつい無理をしがちです。無理せずあわてず、お医者さんやリハビリの先生とよくご相談されていただけたらと思います。

No 2の追記です。
‘入院は2週間’・‘手術は夏休み”でよいということは、よくあるケースの膝関節傷害だと想像されます。
この先はあくまでも一般的な経過なのでそのように受け止めていただけたらと思います。
手術後は、ある程度体重をかけられるようになるまで手術をした膝の装具と杖が必要となると思われます。
始めの1~3週間(状況により期間は異なります)は体重をかけることはできないでしょう。その後数週間かけて、体重の25%・50%・・・と体重をかけられるようになり、装具がとれ、杖を手放しし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報