今日(あ、もう昨日か)、ラジオのパーソナリティが、
「つぎの放送は ニジュウナノカです。」
と言ってました。

これはタブン、「27日」のことを言ってるのだと思いますが、
「27日」を「ニジュウナノカ」と言う地方があるのでしょうか?

単に「7日」だと「ナノカ」や「ナヌカ」は聞く事ありますが、
たとえば「17日」を「ジュウナノカ」、「27日」を「ニジュウナノカ」と呼ぶ地方はどこなのでしょう?

フツー、「27日」は「ニジュウシチニチ」または、なまっても「ニジュウヒチニチ」って言うんでは?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

「ニジュウナノカ」は私もよく使いますよ。

21日(ニジュウイチニチ)と混同されないように、わざとそういう言い方をする時もありますね。
「ニジュウヒチニチ」は聞いた事ありません。(江戸っ子だから?)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

・・・ああ、やっぱり混同を避けるためにそういったかも・・・という気がしてきました。

そのパーソナリティは、局アナではない、フツーのお嬢さんだと思います。タレントさんかな?
(番組は、土曜午後からNHK/FMでやっている、「サタデー・ホット・リクエスト」で、発言者は、そのパーソナリティの一人の「アキナ」さんです。)
・・・混同を避けるために あえてそう言ったのならば、なかなかデキル奴!です。
確かに彼女は、以前に同番組内で「寅さん映画」の魅力を延々と述べたことがありましたが、まったくよどみなく、内容もしっかりしていて、私も「寅さんシリーズ」を観たくなったものです。

なに言ってるのか・・・になってしまいました。

「七」を「ヒチ」と呼ぶのは、なにも江戸っ子だけでもないですよ。
合併で消失しましたが、岐阜県の「七宗町」は「ヒチソウチョウ」が正式名称でしたし。
(今、パソコンでも「しちそうちょう」と打っても「七早朝」としかでませんが、「ひちそうちょう」と打つと「七宗町」と、イッパツで出ました!・・・なに言ってんだか・・・。)

お礼日時:2009/05/17 10:26

No.7です。


「十四日(じゅうよっか)」問題について、改めて考察してみました。

「十四年」を「じゅうよねん」と読んだ場合、これは「十余年」という
言葉と音が重なります。
また、「十余年」は「十数年」の意味ですから、意味的にも近いと
いえるかと思います。

そのため、元は「十余年」の読みであったはずの「じゅうよねん」が、
「四(し)」が「死(し)」に通じることを忌むのとも重なって、いつしか
「十四年」に対する読みとしても定着していった・・・という可能性が
考えられるのではないでしょうか。

似た例・・・と言えるかわかりませんが、「洗滌」の読みが本来は
「せんでき」であるにも拘わらず、字の旁が持つ音、及び「洗浄」
との意味の重なりによって、慣用的に「せんじょう」と読まれることを
挙げておきます:
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/109976/m0u/% …

但し、下記URLの表記などをみると、もしかしたら「せんじょう」の
慣用読みが先にできて、その後に「浄」の当て字がされた、という
可能性もありますが(汗):
http://ww81.tiki.ne.jp/~nothing/kanji/jigi/008-0 …


・・・以上、文献的な資料もなく、あくまで憶測の域を出ませんが、
参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びのご考察、ありがとうございます。

そういえば そうですよね。「14年」。
「14歳」も「じゅうヨン歳」といいますし。
ただ、そういった数詞?を付けず、単に「14」を読む場合、
「じゅうし」と「じゅうよん」、両方あるような気がします。

たとえば、1から順に数をかぞえていくと、「じゅーさん、じゅーし、じゅーご・・・」 みたいに。 私だけかな?
とにかく、「14」の後になにか単位みたいなのが付く場合、
「よっつ」系(=和数字読み系)の言い方になるんことが多いのかな?

「死」と関連づけなくても、単純に「言いにくいから」もあるかもしれません。
「14cm」を「じゅうしセンチ」なんて・・・。ゴロが悪すぎます。

「洗滌」の件は、私も知人に ひけらかしたコトがあります!
「おまえ、間違っとるぞ!」と。 ベツに間違いではないんですがねぇ・・・。

お礼日時:2009/05/18 23:30

No.4 に投稿した者です。

tomajuu さんのコメントを拝見して、自分の誤りに気づきました。音読み+訓読み という考え方を当てはめるのはおかしいかもしれません。No.6 の方からお叱りを受けそうです。

おっしゃるように、「14日」がありました。私の場合は「じゅうよんにち」と言っております。(地方差なのか、個人差なのか、即座に判断できませんが、「よっか」というと「ようか」と聞き間違えるおそれがあるからかなぁ)。

それから、No.6 の方の「ヒチ」と「シチ」に関するご説明ですが、私も逆だと思っていました。余談ですが、私の地方では、やや「ヒチ」に近い音です (最近の若者はそうでもないかもしれませんけれども)。私なんかは「7月」を「ヒチガツ」という感じで発音しています(笑)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びのご回答、ありがとうございます。

やはり「14日」問題を抜きには語れませんね。(笑)
これによって私も「にじゅうナノカ」をトヤカク言いづらくなってますから・・・。

江戸言葉の大きな特徴の一つとして、
「ひ」「し」の混同があるようです。(今、ササッと調べただけですが・・・。)
どちらにも移行するようなので、必ずや「ひ」を「し」と言い換えるわけでもなさそうです。でも「ひ」→「し」が多いようです。
「羊」→「しつじ」 「潮干狩り」→「ひおしがり」など。

私も「七」は「ひち」と発音するかなあ・・・。
「しち」は言いにくいです。

お礼日時:2009/05/17 14:36

横レス失礼致します。


No.3の方が引用されている、過去質問の2個目の回答者No.13の者です。
(既に3年以上経っていたというのが、ちょっと驚き・・・)

> 混同をさけるための言いまわしが「ナナニチ」であり、なぜ「ナノカ」ではないのか

「十四日(じゅうよっか)」はあくまで特例として度外視するなら、という前提に
なりますが・・・

「ついたち」「ふつか」「みっか」などの言い方は、すべて「既に単語として確立」
されている、ように思います。
「七日」の「なのか」も、しかりです。

そのために、「二十七日」を「にじゅうなのか」と読まれてしまうと、本来は
  「二十七」という数値と、「日」という単位の組み合わせ
であるはずなのに、そこで「なのか」という成語(?)が入ることによって
  「二十」という数値と、「七日」という日数の組み合わせ
のような語感となるために違和感が生じる、ということではないでしょうか。


・・・以上、参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

3年の時空を飛び越えて再びご考察いただき、感謝いたします。

私も「二十」は「にじゅう」であり、「七」は「しち」または「なな」であると思ってます。
「14日」の呼び方は さて置いといて、
「なのか」というのは おっしゃる通り、「七日」という文字のみにつけられている「呼び方」だと思うのです。

「27日」は「1日」から連綿と続いてきた数字の一つであり、呼び方にも一定の決まりがあると思っていますが、イキナリ、単語の「なのか」が割り込まれてくることに違和感を覚えます。
昔だったら、「はつか余りなのか」と表現されたでしょうが、それなら納得できます。

ですので、良識あるかた?なら、混同を避けるための呼び方としては「27日」を「にじゅうナナニチ」と表現し、「にじゅうナノカ」はオカシイと無意識的に思うのでは?と。

・・・でも、まあ、あまりカタ苦しく考えずにおくこととします。
コトバは変わるものですから。
私だって、まわりに流され、知らずしらずのうちに使ってしまうハヤリ言葉がありますから。流行らなくても、だれかの口癖や言い回しを真似てるうちに 自分も染まってしまったりしてますし。

お礼日時:2009/05/17 13:50

「ニジュウシチニチ」では、「ニジュウシニチ」と間違いやすいために、あえて「ニジュウナノカ」と言うのです。

恐らく、放送業界では、基本それだと思います。
また、「ニジュウシチニチ」と「ニジュウヒチニチ」の違いですが、前者は東京式(乙種)アクセントでの発音。後者は京阪式(甲種)アクセントでの発音です。どちらもちゃんとした言葉遣いであるので、前の回答者が言う発音が下手とかは、全くの根拠の無いことです。
ちなみに「シチ」は、「ヒチ」が東京(江戸)に伝わったときに、そこでの方言の特徴(ヒをシと発音する)が加わってできた言葉であると言えます。それが、明治の方言撲滅運動の際に、標準語の発音として採用されたのでしょう。故に、標準語を使わなくなった現代においても、「シチ」が一般的な発音とされているのです。
何度も言いますが……発音が下手とか、根拠の無いことは言わないように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「ニジュウシチニチ」は「ニジュウシニチ」と間違いやすい・・・とありますが、「24日」はフツー、「にじゅうヨッカ」と発音するのではないでしょうか?

ですので、混同を避けるためなら「24日」ではなく、「21日」だと思うしだいです。
質問者のくせにナマイキ言ってすみません。

これまでのご回答から、私が新たに持ったギモン、
「14日」「24日」はなぜ「ヨッカ」と付くのか?
・・・たぶん、「シにち」では「死」に結びつけられる為、
あえて「和数字読み」の「よっか」が使われているのだとは想像してます。

江戸コトバでは、「ひ」→「し」でしたか! 私はカン違いしてました。逆かと思っていました。

>明治の、「ニジュウシチニチ」と「ニジュウヒチニチ」の違いですが、前者は東京式(乙種)アクセントでの発音。後者は京阪式(甲種)アクセントでの発音です。

・・・すると、岐阜県七宗町(ヒチソウチョウ)も、京阪式呼び方だったわけですね。
参考になりました。

お礼日時:2009/05/17 11:55

No.3の回答者です。


今、NHKの女性アナウンサーが
「ごがつじゅうしちにち」
と言っていました。(笑)

とりあえず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

見逃してしまって悔やんでいましたところを・・・。
(今お礼書いてる時間、午前11時33分です。)

たぶん「首藤奈知子」アナですね。
私は好きです。・・・って、ナニ言ってんだか・・・。

首藤アナは松山出身だそうですが、
   ↓
 http://cgi4.nhk.or.jp/a-room/aroom.cgi?i=246

NHKならば ごく一般的な言い方を心がける…というより、
「こう言いなさい」マニュアルがありますから、
「17日」を「じゅうしちにち」と言ったんでしょうね。
この際、聞き間違いをNHKは考慮してないのでしょうかね?
「じゅうナナにち」と言う言い方は あまりに「ビジネス的」ととらえてるのでしょうか?

・・・それにしても、 >回答日時:09/05/17 07:01回答番号:No.5
 を嬉しく思います。

お礼日時:2009/05/17 11:34

私も tomajuu さんと、全く同じように感じます。


質問を読んだとき、私は、それはラヂオの人が、ふざけて言ったのだろうと思いました。
ところが、「回答」を読んでひっくり返りそうになりました。
「にじゅうなのか」で違和感の無い人もいるんですねぇ・・・
「にじゅう」は音読みで「なぬか」もしくは「なのか」は訓読みになりますが、その組合せに違和感がないということは、もはや日本語本来の音の感覚が薄れてきているということかもしれません。
というか、一部の人たちから、先祖から受け継いできた音感が失われつつあるということでしょうね。
個人的には、日本人としえ、さみしい気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私も ここまでのご回答(回答順に読んで、次の回答を読む前に その都度お礼コメント書くスタイルですので、お礼文が後の回答と なんかチグハグになる場合もあります)を読んで
「ひっくり返りそう」になりました。

世の中、自分が正しい!と思い込んではイケナイのか?
それとも、世のヤツラがアレなのか?
たぶん、それまではソレが正しかったとしても、世の趨勢で、なし崩し的にコトバは変わらされていくものなのでしょうね。

先ほどのNo.3様のお礼でも述べましたが、
「14日」を私は「じゅうヨッカ」と言ってます。
bakansky様はいかがでしょう? 「じゅうシにち」と言っておられるでしょうか?
私も 世の流れにいつしか(というより、モノゴコロ付いてから「じゅうヨッカ」だったかと)流されてしまってます・・・。

それにしても、「にじゅうナノカ」は「?」感を否めません。
せめて「にじゅうナナニチ」と言ってほしかったです。

お礼日時:2009/05/17 11:20

こんばんは。


NHKの朝7時のニュースの冒頭で、アナウンサーが
「○月にじゅうなのか△曜日」
と言ったのを聞いたことがあるようなないような・・・

よく考えると、統一性がない言い回しですよね。
しかし、私自身、「にじゅうなのか」に全く違和感はありませんので、
たぶん、何度も聞いたことがあるのだと思います。

ちなみに、過去に同様のQ&Aがありました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa267221.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2053810.html


>>>たとえば「17日」を「ジュウナノカ」、「27日」を「ニジュウナノカ」と呼ぶ地方はどこなのでしょう?

たぶん、どこの地域で、ということではないと思います。

「じゅうなのか」については、数時間後のニュースの冒頭を聞けば解決するかもしれませんね。


>>>フツー、「27日」は「ニジュウシチニチ」または、なまっても「ニジュウヒチニチ」って言うんでは?

そういうなまりかたをする人は、時々見かけます。
「いち、にー、さん、しー、ごー、ろく、ひち、はち」
という感じです。
発音が下手なだけですね。
そういえば、近年、マ行の発音がおかしい人も増えてきました。


大した回答になっていなくてすみません。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご提示の過去問、たいへん参考になりました。ありがとうございます。

「しち時のニュース」、聞きそびれました! ><

「27日」を、「21日」と混同しないように「にじゅうナナニチ」
とは私も使います。 でも「にじゅうナノカ」は言いませんし、聞いたこともありません。

ご提示の過去問みても、混同をさけるための言いまわしが「ナナニチ」であり、なぜ「ナノカ」ではないのか、新たな疑問が湧いてきたしだいです。

和数字読みと漢数字読みをゴチャゴチャにしてるのが増えてきつつあるのでしょうか? 
時とともにコトバは変わって行くものですから、何が正しく、何がイケナイかはその時々によって違ってくるのでしょうが・・・。
(私も「14日」を「じゅうヨッカ」と言い、全く不自然には思ってませんし。上代では「とお余りよっか」と言ったのでしょうし。)

お礼日時:2009/05/17 10:59

こんにちは。



私はなにげに「にじゅうなのか」と言っていて、
昔学校でばかにされた覚えがあります^^;
でも「じゅうなのか」とは言わず「じゅうしちにち」
なので、自分でもなぜそういってしまうのかわかりません。

ちなみに関東ですが、地方は関係あるのでしょうか??

いまはおとななので「にじゅうしちにち」といいます。

ただ、電話で「なのか」が聞こえづらいとき
あえて「ななにち」というときはありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

実は昨日、生まれて初めて「にじゅうなのか」 という言葉を聞きました。(ちなみに私は48歳のオッサンで、飛騨のヤマザルです。)

「7日」は「なのか」なので、「27日」なら単純に「にじゅうなのか」と呼ぶことは、お子ちゃまならばあり得そうですね。

>いまはおとななので「にじゅうしちにち」といいます。
・・・が微笑ましく思えました。

電話などでは確かに意識して言いますね、「ななにち」って。
「にじゅうしちにち」だと、「にじゅういちにち」にも聞こえてしまう恐れがあるから あえて「にじゅうなのか」と言ったのかもしれませんね。 参考になりました。

お礼日時:2009/05/17 10:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滋賀県長浜市、彦根市にお住まいの方

こんにちは。

仕事の関係で神奈川から滋賀県に引っ越すことになりました。職場は彦根市なので彦根市か長浜市あたりに住もうかと考えていますが、治安はどうでしょうか?

お世辞にも神奈川の治安は良いとはいえませんが、人の多い分、白昼堂々、または夕暮れ時の通りでの強盗、恐喝などはまずありえず、そういった面では安全(時と場所を選べば)といえます。

私は下見で長浜市をブラーとしてみたのですが、正直、駅通りなど、とくに日が暮れてからは人が少なく、それがかえって不安にさせました。

滋賀県の犯罪マップでも長浜市ぽつぽつ、声かけ、強盗などおこっています。

?http://map.shiga.hba.jp/shiga_asp/selectArea.do?

滋賀県お住まいの方、ご回答おねがいします。

Aベストアンサー

治安の心配はどこでも同じではないかと思います。
確かに人の通りが全くないような場所は田舎ゆえに彦根も長浜も多いですから怖いと感じるところも多いです。ですから歩きません^_^;それにどちらの市も外国人による犯罪も増えつつあるようですし・・・。

それよりこれからの季節、雪が大変ですよ。彦根より長浜の方が寒く雪も多い。とはいえ長浜は主要な道路は融雪道路になっており、車でも大体走れるようです。しかしながら家の前の雪どけは、やはり大変だそうです。
そして彦根。こちらは融雪道路はありませんし、除雪車が出るのも遅いですから、雪が積もった時には道路は大渋滞で大変です。

交通手段はどちらも基本的には車が必須アイテムとなります。バス・電車共に不便です。

福利の面では、彦根の方が評判悪いように思います。

職場が彦根なのであれば、やはり彦根に住まわれた方が楽ではないかと思います。長浜ですと車で30分。雪が降れば・・・です。

Q生魚 「なまさかな」 ではなく 「なまざかな」 なのか

何気に疑問に思ったので質問させてください。

「堂本剛の正直しんどい」とゆう番組でリア・ディゾンが
出ていたのですが、外国の方は「なま」「さかな」をそのまま
発音すると思うのですが名詞の前に何かつくと濁って発音する
日本語法則みたいのはあるのでしょうか?

ご存知の方、ご教示願います。

Aベストアンサー

連濁ですね

2つの語を組み合わせて熟語を作るときに後続の清音が濁音化する場合があり連濁と呼びます
もち+こめ→もちごめ
こい+ふみ→こいぶみ

法則としては複合語において、後部要素の初頭子音が/k/, /s/, /t/, /h/のどれかである場合に以下のように変化します
このうち上の3つは単純な有声化ですが、4つめに関しては、日本語の歴史において p -> h の変化(唇音退化)が起きたために変則的になっています

k → g
s → z
t → d
h → b

伝統的には、連濁は母音に挟まれた音が有声化する同化現象の一種であり、和語は本来語頭に濁音が立たないことから、濁音によって語が結合していることを示す役割をもつものと考えられています

連濁の阻止条件もありますので詳しくは↓を参考にして下さい
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E6%BF%81

Q滋賀県長浜市付近で初詣

いつも初詣は多賀大社にいっています。
けっこう混むし遠いので、滋賀県長浜市付近でお多賀さんのような初詣でにぎわうところ、おすすめのところを教えてください。

Aベストアンサー

> いつも初詣は多賀大社にいっています。
> けっこう混むし遠いので、滋賀県長浜市付近でお多賀さんのような初詣でにぎわうところ、おすすめのところを教えてください。

滋賀県内で「多賀大社」のように初詣が賑う神社仏閣は、湖南・湖西に偏在しています。
お多賀さんが遠いと仰ると、地元の「長浜八幡宮」(約10万人)と「豊国神社」くらいでしょう。

「滋賀県で初詣に行くならココ!」
http://www.gaido.jp/odekake/hatu_index.html

「近江へ初詣に行こう!」
http://www.biwako-visitors.jp/search/feature.php?id=64&page=0

「滋賀県の初日の出・初詣スポット」
http://newyear.nihon-kankou.or.jp/list/result.php?m=2&c=25

「長濱八幡宮」
http://newyear.nihon-kankou.or.jp/detail/view.php?id=S2508a&m=2&c=25&pos=0

Q「○○度」(「難易度」や「好感度」などの「度」です)と言ったら「高い」

「○○度」(「難易度」や「好感度」などの「度」です)と言ったら「高い」「低い」と表現するものだと思うのですが、「少ない」と表現されているものもみかけます。

「多い」「少ない」と表現することは間違いだと思うのですが、これが間違いだというのをどのように説明すればいいでしょうか?

それ以前に、「少ない」と表現することも間違いではないのでしょうか。

Aベストアンサー

○○度はほとんど「高い・低い」で表しますね。
高い・低い
 高度、温度、湿度
 精度、輝度、純度、操業度、感度、確度、透明度、頻度、濃度
 難易度、好感度、知名度、優先度、自由度

良い・悪い
 感度、程度、鮮度、加速度

大きい・小さい
 震度、自由度、態度

速い(早い)・遅い
 速度、進度

「多い、少ない」で表す○○度は思いつかないですね。ただ、好感度、知名度、自由度、精度などは「あり・なし」で表現することがありますから、「多い・少ない」と言ってもおかしくないかもしれませんね。

Q長浜市へ引越し予定

子供が小学1年の途中か2年になる新学期に長浜市に引越しを予定しています。どのあたりに住居するのが一番よいのかが全くわかりません。通勤先はびわ工業団地になるので車通勤の予定です。
第一候補を長浜市と考えていますが、教育面では彦根がよいのでは?と言われて正直どこがいいのかも検討がつかない状況です。現在の住まいは大阪市内です。
又・小学校や中学校等の情報等も合わせて教えて頂ければうれしいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

彦根のほうが町としては大きいですし(お城もありますし・・・)、また学習塾なども沢山あります。

ただお子さんがまだ小さいこと、
そして再び転勤する可能性ももしあるということならば、あまりこれらの点に拘る必要もないかもしれません。

実際、彦根/長浜を車で回って見られて、決められたら如何でしょう?(そのことによって、街への好みがはっきりしてくるかもしれません・・・フィーリング重視がベストのように思います。)
またその間に米原もあります。米原という選択肢もあるかもしれませんね。(大阪方面に向かうときに、始発が多いです。彦根/米原始発の新快速等もありますが)


教育面を気にされるお気持ちも理解しますが、子どもは放っておいても育つ側面もあります。。。(むしろ、過保護にしようとするとストレス耐性等が育ちにくい側面もあります)
また、まわりの環境に影響されることで厳しく勉強させたい/ぜひいい中学に行かせたい、というお気持ちが強いのであれば、お子さんを京都・大阪に置いておくほうが(ダンナさんが単身赴任?)自然な考えだと思います。。。


以上、1つの考えとしてご参考になる部分あれば幸いです。。。

彦根のほうが町としては大きいですし(お城もありますし・・・)、また学習塾なども沢山あります。

ただお子さんがまだ小さいこと、
そして再び転勤する可能性ももしあるということならば、あまりこれらの点に拘る必要もないかもしれません。

実際、彦根/長浜を車で回って見られて、決められたら如何でしょう?(そのことによって、街への好みがはっきりしてくるかもしれません・・・フィーリング重視がベストのように思います。)
またその間に米原もあります。米原という選択肢もあるかもしれませんね...続きを読む

Q古典分法の問題です。 「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種

古典分法の問題です。
「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種類を教えてください!

Aベストアンサー

みんなこういう質問には冷たいね。
辞書をひけば済むからね。


原則的には、現代語で五段活用なら古典文法で四段活用です。
「乗る」:乗らない、乗ります、乗る、乗れば(ラ行)
「包む」:包まない、包みます、包む、包めば(マ行)
「漕ぐ」:漕がない、漕ぎます、漕ぐ、漕げば(ガ行)
「勝つ」:勝たない、勝ちます、勝つ、勝てば(タ行)
行はそのままで、四段活用と答えればいい。

気をつけなければならないのは、「思ふ」と「飽く」
現代語は
「思う」:思わない、思います、思う、思えば(ワ行)
だが、古典は「ハ行四段」。
「(おも)う」じゃなくて「(おも)ふ」だからね。

「飽く」も現代語は
「飽きる」:飽きない、飽きます、飽きる、飽きれば
で上一段活用だが、古典文法では「カ行四段活用」


あとは「往ぬ」「居り」ね。
これは変格活用だから覚えるだけ。
「往ぬ」:ナ行変格
「居り」:ラ行変格

Q滋賀県長浜市での一番有名な観光地と一番有名な食べ物

滋賀県長浜市での一番有名な観光地と、一番有名な食べ物を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>一番有名な観光地

黒壁スクエア
http://www.kurokabe.co.jp/

Q何故「鮭」を「しゃけ」・「場合」を「ばわい」と言うの?

子供たちが大きくなり、公の場で恥をかかないように、間違った日本語の使い方を注意することが多い主婦です。

誤った使い方ではないのでしょうが、テレビのアナウンサーでもよく「ばわい」と言っています。もしかして私が違うのかと思い入力変換してみましたが、出てきませんでした。

「洗濯機」は「せんたっき」と言う人が多いですが、このように単純に言いやすいから、ということでもなさそうです。

「しゃけ」に関しても、ずっと不思議でしたので、ご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

いろいろな話を含んでいる気がします。

「場合」を「ばわい」と言っているとすれば、そのアナウンサーのミスです。
 ふざけて「バヤイ」と書くこともありますが、「場合」は「ばあい」としか読めません。方言ならアリかもしれませんが。

「洗濯機」を「せったっき」と読むのは、話し言葉特有の“揺れ”と考えるのがよろしいかと。
「女王」を「じょうおう」と読んだり、「体育」を「たいく」と読むのと同様でしょう。

「しゃけ」に関しては、方言と考えるのが妥当でしょう。東京弁という説もありますし、北海道弁という説もあります。川にいるのが「サケ」で加工品は「シャケ」……というのは根拠のない俗説(重言?)です。

 詳しくは下記をご参照ください。
【よくある誤用28──知恵袋の定番3 サケ/シャケ 「なので」の接続詞的用法 1か月/1カ月/1ケ月】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n128468

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

================引用開始
もともとの「サケ」の名称はアイヌ語だったと推定されています。
ここは金田一京助先生の論を飲用(ママ)させていただきます。
================引用終了
 ウーン。アイヌ語だったのは「シャケ」じゃないのかな。
 いずれにしても語源の話を掘り下げてもあまり意味がない気がする。

 個人的にはこう考えています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1351924918
================引用開始
では「シャケ」が何かと言うと、諸説あります。
●東京弁
●川にいるのが「サケ」で加工品は「シャケ」
●ほかにもいろいろ

正確なところはわかりません。どんなに断言調で書いてある文献があっても、たしかな根拠などないはずです。
当方は北海道出身ですが、アチラでは「シャケ」か「秋味」と言います。ただし、アナウンサーは「サケ」と言います。おそらく、「シャケ」や「秋味」は方言という認識があるのでしょう。
(以下略)
================引用終了

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「間違った日本語」というのは定義がむずかしく、とくに近年はさまざまな例が拡散していて収拾がつかない印象です。
 詳しくは下記をご参照ください。
【【もうダメかもリスト】〈3〉──けっこう厳選(笑) 20130701】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2796.html
 以下は一部の抜粋(重言)。

【1】これはもうダメだろう(新聞や辞書でも目にする)
1-1  一生懸命
1-2  独壇場
1-3  喧々諤々
1-4  潮時
1-5  ぎこちない
1-6  まぬがれる
1-7  逆王手
1-8  組みしやすい
1-9  檄(げき)を飛ばす
1-10  忸怩(じくじ)たる
1-11  知恵熱 ※これは新聞では見かけない?
1-12  確信犯
1-13  とても+肯定形
1-14  ★全然+肯定形(個人的には× 新聞も使わないだろうな)
1-15  なるほど(好ましくない相槌)
1-16  こだわり(本来は否定的な語)
1-17  生き様(微妙。本来は否定的な語)
1-18  さらなる(微妙)
1-19  破天荒
1-20  助長
1-21  ごぼう抜き
1-22  手をこまねく
1-23  憮然
1-24  白羽の矢が立つ
1-25  ジンクス
1-26  斜に構える
1-27  とんでもありません
1-28  とんでもございません
1-29  せめぎ合う
1-30  他人事(たにんごと)
1-31  王道
1-32  善し悪し(よしわるし)
1-33  私淑
1-34  つぶやく
1-35  鳥肌が立つ
1-36  心が折れる
1-37  あげつらう
1-38  真逆
1-39  悪貨は良貨を駆逐する
1-40  登竜門
(略)

【2】どこが誤用かわかりますか?
2-1  火蓋が切って落とされる
2-2  青田刈り
2-3  悪どい
2-4  味あわせる
2-5  足元をすくう
2-6  いい意味で期待を裏切る
2-7  上へ下への大騒ぎ
2-8  うる覚え
2-9  風の噂
2-10  極めつけ
2-11  鼻にもかけない
2-12  微に入り細に入る
2-13  焼けぼっくりに火がつく
2-14  至極の味わい ※微妙か
2-15  直裁な表現
2-16  ★うず高く積み上げる
2-17  結果を出す
2-18  評価できない
2-19  人数合わせのメンツ
2-20  参考/先生の忠告を参考する
(略)

いろいろな話を含んでいる気がします。

「場合」を「ばわい」と言っているとすれば、そのアナウンサーのミスです。
 ふざけて「バヤイ」と書くこともありますが、「場合」は「ばあい」としか読めません。方言ならアリかもしれませんが。

「洗濯機」を「せったっき」と読むのは、話し言葉特有の“揺れ”と考えるのがよろしいかと。
「女王」を「じょうおう」と読んだり、「体育」を「たいく」と読むのと同様でしょう。

「しゃけ」に関しては、方言と考えるのが妥当でしょう。東京弁という説もありますし...続きを読む

Q長浜市の英会話学校

はじめまして。滋賀県長浜市にある英会話学校を探しています。ネットでは1件しか見つけれませんでした。どなたか、ご存知なら教えていただけせんか?

Aベストアンサー

お隣りの彦根市ですが、「ミシガン州立大学連合日本センター」はいかがでしょうか。
http://www.s-i-a.or.jp/jcmu/program01.html

国際交流を目的として設立されたものだけに、いろいろと安心できると思うのですが。

参考URL:http://www.s-i-a.or.jp/jcmu/program01.html

Q「許して」を「許いて」、「試して」を「試いて」と言いますか?

「許して」を「許いて」、「試して」を「試いて」と言いますか?

五段動詞サ行イ音便化の地域分布を調べています。

みなさんの母語、方言、地域などを教えてください。
例)出雲松江方言 「さして」を「さいて」って言うよ。
  山城京都言葉 「ゆるして」は「ゆるして」です。「ゆるいて」なんか言いません。

Aベストアンサー

両親が高知県出身で、私自身は松江育ちです。
私自身は使っていませんが、「ゆるいて」という発音は聞きます。

ただ、発音は確かに「ユルイテ」なのですが、
文字表記の場合は「ユルヒテ」となっていたと思います。
方言というよりは昔の発音だと思っています。

発音の違いでは、「濃い」を「こゆい」と発音したら
「こい」が正しいと指摘されたことがあります。

また、TVでどこかの地方料理が紹介されたとき
字幕では「そまんずし」と表示され、レポーターも
そう発音していましたが、料理内容からしても
間違いだと思いました。
「そばのぞうすい」が訛ったもので「そばんぞすぃ」が
正しいと思っています。
そうやって間違った解釈が語り継がれていくのではないかと
ちょっと恐ろしくなりました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報