母は2年前に胃ガン(進行ガン?)と言われ
胃を半分ほど摘出しました。術後はとても元気になったのですが
先月の終わりほどから体調が悪くなり、胃を摘出した病院(普通の病院)へ
昨日から入院することになりました、そこでお医者さんに
「ほぼ末期に近いガンで、転移も怪しいところがある。
今後の治療としては、まず体力を回復してもらって
抗癌剤を・・と考えていますが。これは効くかどうか
まったくわからない。医者としてはまず今の苦しい(衰弱している状態)を
なんとか楽にしてあげたいと思う。痛みが酷くなれば
麻薬系の薬の投与も考えている」
と言われました。母には、「もう長くない」と言われたことは
言うのが怖くて黙っています。(本人は分かっているのかもしれませんが…)

ここで質問なのですが、現在母が入院しているのは
近所の病院なのですが、やはり癌センターへの転院を
させるべきなのでしょうか?
今住んでいる場所(姫路)からは、癌のだるい体で通うには
癌センター(明石にあると聞きました)が遠いうえに
癌センターは、待っている人が沢山いてなかなか入れないとも聞きました。

そして、もし癌センターへ転院するとして
その事を今のお医者さんに告げた後、癌センター側から待たされている
その間は今現在の病院で入院・治療・検査などを行ってくださるのでしょうか?

私は来年二十歳になり、成人式を母と共に喜びたい。
そして高校を1年留年してしまった私は
これから母に恩を返していきたい、と心から思っています。
孫の顔だって見せたいし、まだまだ教えてもらっていないことが
たくさん、たくさんあるんです。少しでも早く、治してあげたいし
なにもせず、苦しんで死んでいってしまうには
あまりにも辛すぎます・・。まだ、あきらめたくないんです・・
少しでも情報をください!どうかよろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

胃ガン」に関するQ&A: 肺移植 胃ガンが見つかったのですが肺の機能悪く手術できないと言われました。 肺の移植をすれば手術が可

A 回答 (6件)

医師です。

なにか建設的なアドバイスができればと思い返答することにしました。進行癌の治療はかなり困難なので一概には言えませんが、癌センター(場所にもよります)の強みはいま保険で認可されている最先端の治療は受けられる事と少なくとも終末医療がホスピス並みかそれ以上(レクリエーションなどは劣ります)であることだと思います。化学療法の経験も豊富なことが多いし、化学療法や疼痛緩和専門のチームを組んでいる事もあります。大学病院の強みは(相当ご自身で探さないと行けませんが)場合によっては保険適応でない実験的医療をやってる事がある、という事だと思います。胃癌について、しかもたまたま今臨床治験中じゃないといけないし、大学の実験的治療といえどかなり良し悪しあります。
書こうか迷いましたが、一般的に言って小さな施設で行っている民間医療は自費診療なので数百万かかったり、割と医療業界では使い古された代用治療が多いので個人的にはあまりオススメしません。うちの祖父が癌になった際に祖母が30万円の治療用のマットなるものを買ってきて大問題になったのを思い出します。あくまでも個人的意見で、否定するつもりは全くありません。高い理想のもとにギリギリで民間医療を行っている素晴らしい先生もいます。ただ、お金に糸目をつけない、化学療法など保険医療が無効だった場合に限定して検討されるのがいいと思います。
転院する場合のそこまでですが、必ず今のところでみてもらえます。いまや医療業界患者様が病院や治療を選ぶのは当然の権利です。主治医に遠慮なく相談してみて下さい。きっと一緒に一番いい方法を考えてくれます。
お母様のご病気が治ることをお祈り申し上げております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅れてしまって、すいません。回答ありがとうございます。

癌センター、大学病院などの特徴とてもわかりやすかったです!
今の病院では母がご飯を食べたらお腹が痛い
(腸のあたりが張る、重たい、痛む)と言っているのに
『痛みが我慢できなくなったら、言ってください』とばかりいわれるのです。
母の体力が戻っていないせいかもしれませんが
検査もしてもらってないので、この病院大丈夫なのかな?と感じてしまいます。
(お医者さんにはその腹痛の原因を理解されていて、私たちを気遣って
そうおっしゃってくださっているのかもしれませんが・・・)
でも、遅くて間に合わなくなるのは絶対に嫌なので
やはり転院したほうがよいのでは?とずっと悩んでいました。

あと、みなさんの回答を見てからお医者さんとお話をしようと思い
父と相談していたんですが父は言葉を伝えるのが苦手なうえに、母のことがショックすぎて
頭が真っ白で何も手につかない状態になっているようなので
この状態で私がお医者さんに
『転院したほうがいい?・転院したい・癌センターというところをもっと知りたい』
と申し出て今の病院で母をみてもらえなくなったら
私も母も頼るものがなくなってしまうし、父も精神的にもたないかもしれないと思って
どうすればいいんだろう、どう伝えればお医者さんに見捨てられずに
母をみてもらいつつ、一番よい方法を選ぶことができるだろう、と
ずっと考えて、でも怖くてお医者さんに相談できずにいました。
でも、suiken24さんや他の方の意見を聞いてみて
お医者さんに相談しても大丈夫なんだ、ちゃんとみてくれるんだ!と、とても安心しました!!

明日、母に治療をがんばるために、この癌センター・大学病院などの
特徴を話して、転院するのか、今の病院でがんばるのか、不安なことはないかを聞いて
私から、お医者さんに相談してみたいと思います!

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 22:36

こんにちは、初めまして。


まだお若いのに大変ですね。
どうか思い悩み過ぎて質問者様が体調を崩さないようご自愛なさってください。

私も、つい先日大腸ガンで母を亡くしました。
見つかった時点で既に中期で、転移もしており、医師からは余命1年の宣告を受けました。
しかし、2度の手術と化学療法で、のち4年半生きました。
医療の進歩は目覚ましいですが、中でもガン治療の分野はより激しく躍進している分野のひとつだと思います。
母は手術で病巣を取りきれず放射線もできませんでしたが、抗がん剤がよく効いて、一度は予防治療段階まで回復し仕事(大学教員)に2年復帰することができました。
また、抗がん剤で延命中に2種類の新しい抗がん剤が認可され、使うことができました(残念ながら体に合いませんでしたが)

やはり、早めに大病院に移られた方がいいと思います。
通院する病院が、いかに多くのガンのケースに触れているかで、治療の進め方が全く変わってきますので。
病院が遠いことはストレスでしょうが…その辺はご家族といろいろ相談なさってみてください。
また、お母様の年齢はおいくつでしょうか?質問者様が二十歳なので、まだお若いように思います。
ガンは、患者が若い方が早く進行しますので、とにかく早く大病院で見てもらうことをお勧めします。
私の母は発病当時50歳でしたが、これでも若過ぎで進行は早かったです。
大病院でもこれまでの病院で紹介状を書いてもらえば、スムーズに予約が取れることも多いですよ。
場合が場合ですからね。
かかりつけの医師に相談してみてください。
もちろん、転院後もこれまでの病院に通うことはできます。
精密検査と治療方針を決めメインの治療を行うのは大学病院、簡単な検査などはこれまでの病院とうまく使い分けられてもいいと思います。

お母様の病状を詳しくは存じ上げませんので、生半可なことは言えませんが、早めに治療を始められれば質問者様のおっしゃる成人式などについては充分可能なのではないかと思います。
ただ、「孫を抱かせてあげたい」という件については、私も深刻に切望していた願いだったので気持ちは痛いほどわかるのですが、あまり無茶をなさいませんよう。
お孫さんの顔を見れれば、お母様はもちろん大変喜ばれると思いますが、出産は質問者様と産まれてくるお子様の未来を左右する一大事です。
今焦ってあとで質問者様と旦那様やお子様が苦しむことになれば、やっぱりお母様は悲しまれると思いますよ。

とにかく、まだ何も始まっていないのですから、どうか悲観なさらず前向きに行動なさってくださいね。
お母様と質問者様が、今後も末永く幸せに過ごされることを祈っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少し遅くなってしまいましたが、回答とお気遣いありがとうございます。
rinko87さんも先日お母様を亡くされたのこと、お気持ちお察しします。

手術、化学療法でだいぶ良くなられた事や
医療の進歩のお話にとても励まされました。
少しでも長く生きて、良い抗がん剤、よい治療を受けられるように
私自身も、諦めちゃいけませんね!最近少し弱気になっていましたが
rinko87さんの回答や他の方の回答を読み返してみて、また頑張れそうです!

実は土曜日にやっと家族の時間が合ったのでお医者さんに
転院させてもらうようにお話しよう、と家族で話し合いをしていました。
やっぱり大きな病院の方が良いみたいですね。

私の母は今年60歳になりました。
しかし50歳でも進行が早かったのなら
60歳でも安心できませんね…、rinko87さんのおっしゃるように
お医者さんに相談して出来るだけ早く紹介状を書いてもらいたいと思います。

確かに孫に関しては私一人でなんとかできるものでもないし
私の勝手な都合で大事な人や母を悲しませたり不幸にするのは、やっぱり嫌です…
今できる幸せを、たくさん作っていきたいと思いました。

はい!母のためにも、自分のためにも、前向きにいきたいと思います!
優しい忠告や励ましの言葉、本当に心に沁みます。
本当は友達に話しをして、泣きたい気持ちもたくさんあるけど
きっと友達も困ってしまうと思うので、母が長くないと言われた事などは言ってません
だから本当に、ここへ質問をしてよかったと思っています。
たくさんの方に回答してもらって、励ましてもらって、祈ってもらって
私も母も幸せ者だと思います。
励みになります、本当にありがとうございました!

お礼日時:2009/05/28 00:40

私が20歳の時、母親がガンで亡くなりました。

(人によるのかも知れませんが、)うちの母は、告知を知るより前に、自分が長くないことを自分で知っていました。自分の体に起こっていることなので、どうも自覚できるようです。

質問者さんと居住地域が全く異なり、具体的な病院名などは全くわからないので、家のケースを、ただお話するしか出来ませんが、母は地域で最も大きな病院で手術を受けたあと、抗がん剤が体に合わず、かえって衰弱してしまう為、親戚が色々と調べてくれ、最初は丸山ワクチン、それが効かなくなると、民間療法(リンパ療法:正式名は知りません。ごめんなさい。父に聞けば分かると思うのですが、その父も14年前に既に他界しているので、調べようがありません。)をやっている所の近くに移り住み、月に一度ずつ、治療を受け、療養していました。この二つの民間療法は、手術を受けた病院で投薬される抗がん剤を飲むと効かなくなってしまう為、通うのを辞める訳にも行かず、病院で出して貰った薬は飲まずに全て捨てていました。当時は、抗がん剤治療しかなかった為、それが体に合わなくても、大病院ではそれしか出してくれませんでした。(病院と完全に手を切ってしまうと、またお世話にならないといけない状況になった時に、困ってしまうので、二週間に一度、診察に通わずには居られないのだ、聴きました。

手術を受けた段階で余命四ヶ月と言われていたのですが、結果的には手術後、一年四ヶ月生きましたので、もしかしたら、これらの民間療法のお陰で弱冠、延命できたのかも知れません。

私の母のケースからは随分と年月が経っていますので、今はきっともっと良い治療法が開発されているのではないか、と思います。ただ、新しい治療法が発明されても、一般的な病院でそれを行える様に認可が下りるまでに何年も掛かるらしいので、大きな病院(多分、ガンセンターも?)だと、どうしても、オーソドックスな王道系の抗がん剤を用いた治療法などしかやってない、(又は、やりたがらない)という傾向は、いまだに変わってないかも知れません。今も、日本の医療システムの在り方が余り改革されてないとすれば、画期的な治療法をやってくれるのは、どうしても小さな個人病院だったり、病院でも進歩的で自由な考えを持っており、患者側が自分で治療法を提案したり、選ぶことを許されている所になるのではないかと思います。

抗がん剤も効く人は効くそうなので、まずは今、掛かられている病院で、それを試してみられるのも一つの方法ではないかと思います。その上で、それが合わないのであれば、他の治療法をご家族が探され、主治医に提案してみられても良いのでは、と思います。そこでもし、それは病院の規則上できない、と言われた時点で、他の病院を考えられる、というのも有りかも知れません。

米国だと、末期ガンの人が、ひたすらコメディードラマをいつも見ていて、笑い過ぎてそれで免疫力が高まり治ったとか、病院ではなくホスピスに入り、そこで愛情ある看護をして貰ったお陰で心が落ち着き、余命数ヶ月と言われていた人が治って、いまだに生きているとか、という話も実話であるそうです。 いずれにしても病気というものは全て免疫力次第で展開が変わって来るものですので、自己免疫力が高まれば、病巣がしぼんで行ったり、治って行ったり、という事は本当だと思います。

ご家族が手厚く看護して差し上げたり、色々と調べたり、という事も思いやりの行為ですから、お母様の免疫力が上がるのは間違いないでしょう。それからお母様ご自身が大好きと思える事に接したり、それをやったりする事も、免疫力を高めるのに役立つと思います。

自分がこういった件に接していてから年数が経っている為に古い情報で、しかも自分も医者でないので何ら確信的なことは言えず、曖昧な回答になってしまっているかも知れませんが、ご了承下さい。

先日、大型トラックの横を並行して走っていた乗用車が、トラックがカーブを曲がり損ね転倒し、その下敷きになったという事件をニュースで知りました。その時に思ったのは、事故だと突然の出来事なので、本当に覚悟も出来ていないだろうから、ご本人も周辺の人ももの凄いショックだろうな、という事でした。病気の場合は、告知されてから少しは時間があるので、その間に気持の覚悟をする猶予を与えられるので、(勿論、悲しい事には変わりがないけれど、)突然の事故よりはこの点ではまだマシかも知れない、などと思い、我が家に昔起こったショックを少しでもやわらげようとしていたのでした。

自分も20歳の時は、眼前にある衝撃をとても落ち着いて受け留められる様な精神状況が育ってはいませんでした。

色々とお辛く大変だと思いますが、心のどこかで覚悟しつつも、少しでも延命する事を強く願って、頑張って支えて差し上げて下さい。

きっとご回復される事を祈っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまいすいません、回答あがりがとうございます。

民間療法ですか・・調べてみたいですが
どうやって調べたらいいんでしょうか・・
ネットで調べたりするのもひとつなんでしょうが
新しい治療法ですよ、と言いながら詐欺とかがあるかもしれない・・
と、少し怖いというのが正直なところです。

抗がん剤との相性は、今まで使った3種類ほどのものとは
相性がよくお医者さんも『よく効いたほうだ。』とおっしゃっていました。
これは、体力が回復しだいこの病院でまた抗がん剤を
受けたほうがよいのでしょうか・・・

自己免疫力のお話、すごいですね!とても勇気づけられました!
母は特に無趣味なので、いろいろなものを持って行ってみたいと思います。
母が安心して病気を克服できるよう、毎日を楽しく過ごしてもらえるよう
精一杯頑張りたいと思います!

心の覚悟というものは、頭ではわかっていても難しいですね。
でも、病気も乗り越え延命できることを心から信じ願つつ
一日一日を大事に、過ごしていきたいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 23:00

 どんなに体が言う事を利かなくなってつらくても これから経験した事が無い苦しみの末死んでしまうなんていうことを受け入れることが出来るのは家族や本人には難しい。

それが急激な事であれば やはりそれなりの場所でケアを受ける事が出来ることも大切な事だと思います。

 つらい中で「絶望」と戦い症状の悪化に押しつぶされるより 少しでも「生きる」手伝いを受ける事が 結局延命にもつながるという考え方をするかたもおります。
 その手伝いをする場所があるとも聞きます。聖マリア会にホスピス緩和ケアがあるようです。リンクをはっておきますのでご参考になさって下さい。


以下引用です

ポイントは、ホスピス緩和ケアとは「終末期医療」ではなく、「病気によって起きている問題や起きてくる問題に対応する医療」であるということです。つまり、治る状態か治らない状態かということは、ホスピス緩和ケアを提供する上では区別 しないということです。

参考URL:http://www.hpcj.org/uses/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすいません、回答ありがとうございます。

ホスピス緩和ケアですか・・
確かに、今の病院では朝・昼・晩の体調検査を
看護婦さんがしてくれているだけで(看護婦さんはとても親切なのですが)
病気の苦しみや不安を聞いてくれることもありません。
(母が自分から言わないというのもあるのですが)
私が母の元にいる時は、疲れて眠る時や
少しだるそうな時はずっと手をつないだり、調子が楽な時は
一緒にテレビを見て笑ったり、まさにベッタリなんですが
私が家に帰った午後9時すぎからは、寂しくないだろうか、とか
不安になっていないだろうか、とかとても心配しています。
なので、生きる手伝いをしてくださる病院というのは
とても気になりました。

リンク、ありがとうございます。参考にしたいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 22:32

質問者さんまだ若いのに大変ですね。


同じ状況になっていないので、、気持はわかってるつもりでも、本当のところ、分かってあげれませんが・・・。
私は、母を交通事故で亡くしました。何の先刻もなく急なことでした。
事故の3時間後には息を引き取ったので、話することもできませんでした。

ごめんなさい。本題からそれました。
医者ってだいたい、一番最悪な状況を先に言います。
わたしも、貧血が酷い・・・というだけで、大腸癌を疑われました。
検査で別に異常があったので、疑いははれましたが・・・。

でも、ことがことだけに、後悔の残らないようにできるだけのことをしてあげたいですよね。
今の先生に、気持をきちんと話して相談してみてはいかがですか?
それで、嫌な顔をしたり、機嫌を損ねて治療をしないなんてこと、ないと思います。そんな医者なら、迷わず変えていいと思います。

医者との信頼関係は大事だと思うので相談してみるのがいいと思います。

あまり、思いつめずに、気をしっかり持って、お母様のそばで、力づけてあげてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまってすいません。回答ありがとうございます。

事故でお母様を亡くされたのですか・・
私がその状況を想像しただけでも涙が出でてきて怖いんですから
yuimama-さんはもっともっと、辛かったのでしょうね・・
お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。

上手く気持ちをまとめられるか、わからないんですけども
今の気持ちをお医者さんにちゃんと伝えてみたいと思います。


はい!精一杯、母のそばで母が元気になるように頑張ります!
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 22:17

・真実を話す


・今後どうするのか話しをする
・治療がんばれそう?と一言
・母の言うことに従う
こんなとこです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなってしまってすいません。

この回答を見て、治療を受けるのは母なんだ、と感じました。

母は、元気になったらまだ働く気でいるらしく
お医者さんも、とても真実を言いにくいとおっしゃっておりました。
母には確かに真実を知る権利があることは分かっているのですが
もしその事実を知って、それに負けてしまった時がやはりまだ
とても怖いのです。真実を知って、諦めてしまった時
もっと生きられるのに、死んでしまうのではないかと思うと
怖くて震えが止まらないのです。
ただ、私が知らないところで母はお医者さんから
聞いているかもしれないので、そこらへんはちゃんとお医者さんと
お話をしてみたいかと思います。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 22:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • がん患者の精神的ケア<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    がん患者の心理的苦痛  がん患者には、抑うつ(気分が落ち込む、うつうつとして気分が晴れないなど)や不安をはじめとした、さまざまな心理的苦痛が存在します。その結果、治療意欲が奪われたり、判断能力が減退したりすると、よりよい人生を送るための選択ができなくなってしまうことがあります。  また、不眠や食欲低下を伴うと体力の低下にもつながり、それがさらに抑うつや不安を悪化させてしまうため、がん患者の心理的...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q余命があまり、長くないと言われたら・・・

以前、何度か同じような質問をさせていただきました。

私は、父と二人暮しの40歳代、独身女性です。

父が、ちょうど一年前に肺ガンの宣告をされました。
抗がん剤が良く効いて、完治に近いのかと思っていたのですが、最近になって、骨に転移していることが発覚しました。
8箇所くらいに、腫瘍が新たにみつかったのですが、みんなCTにもうつらないくらい、小さなものです。

Drは、また違う抗がん剤での治療を選択されたのですが、小細胞ガンなので、今回、上手く薬が効いたとしても、半年後くらいに、また再発するのは確実と言われました。

長くて、1年半と私にだけ告知がありました。
肺ガンは、終末期に苦しむことが多いので、元気なうちに好きなことを、させてあげてくださいと・・・

覚悟はしていましたが、やはり、かなりショックで!

皆さん、余命宣告のようなものを、Drから言われた時、どのように乗り越えられましたか?
私は働いているのですが、お仕事は辞められましたか?
また、Drがおっしゃるぐらいの、余命でしたか?
なにか、余命を伸ばすために、試されたことは、ありますか?

私は、最後まで、自分らしく生きてもらいたい!と思っています。
なので、民間療法のようなものは、考えてはいないのですが・・・

私が、できる、最善の対応ってなんなのでしょう?

おつらいかもしれませんが、経験者の方、また、専門家の方、ご教授ください。

以前、何度か同じような質問をさせていただきました。

私は、父と二人暮しの40歳代、独身女性です。

父が、ちょうど一年前に肺ガンの宣告をされました。
抗がん剤が良く効いて、完治に近いのかと思っていたのですが、最近になって、骨に転移していることが発覚しました。
8箇所くらいに、腫瘍が新たにみつかったのですが、みんなCTにもうつらないくらい、小さなものです。

Drは、また違う抗がん剤での治療を選択されたのですが、小細胞ガンなので、今回、上手く薬が効いたとしても、半年後くらいに、...続きを読む

Aベストアンサー

 確かに、余命は誰にも分からないことかもしれませんが、肺がんはその病気の特性からある程度の予測が出来るようです。人によって様々でしょうけれど、知人は半年と言われ、家族はこんなに元気なのにと信じられなかったようですが、その予測は2週間と違わなかったのです。
 現在は終末期の痛みの緩和ケアも熱心に取り組んでいますので、残された年月を悔いなく十分に尽くされますよう。そして、お仕事を辞めることなく(終末期に休暇をとるくらいで)お父様が幸せだったと思われるような毎日をお過ごしいただきたいと思います。
どうかお大事に。

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。

Q食事が取れなくなった場合どれくらい生きられるか?

私の父68歳になりますが、4年前に脳梗塞になりずっと寝たきり状態です。
先週から食事が喉を通らなくなり、栄養素を点滴で補っている状態になりました。
現在は特別養護老人ホームにいるのですが、そこの方からもう長くないので覚悟しておいてくださいみたいな事を言われました。
確かに、以前より小さくなり骨と皮の様になってしまい、体力も持たないだろうなぁと感じました。

そこで、こんな事聞いて恐縮ですが、覚悟をするのは以前からしているのですが、この状況でどれくらい持ってくれるのかというのがおおよそでも目安があればなぁと思い質問させて頂きました。

ホームの方に聞いても体力と気力次第ですので何とも言えませんとしか言ってもらえなかったので、、、
栄養分は点滴のみで4年も寝たきりなので体力もあまり無いと言えます。気力も私の事もわからない状況なので、気力も無いかと感じています。
その状況だと保ってどれくらいなのか教えて頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

正直なところ、本当にわからないと思いますよ。
寝たきりになると、また点滴での栄養摂取は、五臓六腑が動かなくなり、血液の流れも限られるので、極めて回復の可能性が少なくなります。

この状態だと、維持は出来るのですが、アウトの時期が読めません。
臓器が動かないので、よくなる事はありません。
本当にその人のポテンシャルに掛かっています。

4年間寝たきりだと、臓器、血液の流れなどかなり悪化していると思われます。 
ただ、寝たきりでも無意識でも、家族の声は聞こえます。
深呼吸をするように、毎日語りかけてください。ゆっくり。ゆっくり。
そのうちに、呼吸をするようにもなります。 

脳が機能しなくても、本能的に生存に対して敏感ですので、家族の励ましで何とでもなります。
あきらめないで、毎日、根気よく。 ただ、初日から負荷をかけるのは無理です。 最初は会話できたらいい程度で。

Q末期がんの父が退院を迫られています。

何度もこちらで質問をさせていただいております。
今まで質問させていただいておりました状況から180度変わってしまい、家族で困惑している状態で質問をさせてください。

私の実父は5年前に末期の前立腺がんが発覚し、その時点で余命1年と言われました。
そして担当医から言われるがままに放射線、抗がん剤、ホルモン剤などのがん治療を行い、なんとか4年命を長らえることができました。しかしある時からまったく効果がなくなり、1年前の7月「あと1ヶ月程度の命ですからご自宅で看とられてはいかがですか?」と病院から匙を投げられ、自宅近くの総合病院に転院、あと1ヶ月なら自宅で過ごさせてあげたいという家族の思いから自宅介護が始まりました。

退院後は病院にいるときよりも体調は良さそうでしたが、痛みを取るための麻薬が多いため、常に意味の分からないことを話し、幻覚もみていましたが、訪問介護の方がとても良くしてくださって、時々とんでもない大騒ぎを起こすことはありましたが、とりわけ穏やかに過ごすことができました。

そして余命一ヶ月と言われ、あれから1年が過ぎようとしていた今年7月。呼吸困難、血圧低下、意識不明となり救急搬送、そのまま入院となりました。
そのときの内科の担当医から重度の肺炎を起こしており、あと1週間もてば…と言われました。
いつも側で見てきた私たちも「今回は本当にヤバい」と思い、家族4人交代で常に父の側にいました。

入院中は飲食は全くできず、意識は朦朧しており、せん妄がかなり強く出ており、1日1日弱っていく父をみんなで手を握りながら穏やかに過ごせるように努力をしてきました。

そして本日、早朝から担当医から急遽呼び出しを受け、入院のきっかけになった肺炎(肺に膿が溜まりそれに膜が張っている状態)でしたが、継続的に抗生物質を投与したことにより、肺炎がおさまって来たので、今日明日中に退院してくださいと言われました。

しかし父は2ヶ月近く一切の飲食を行っていないため身体は骨と皮のみ。自力で立ち上がることも自分で歯を磨くことも顔を洗うこともできません。
意識は朦朧としていることはありますが、1週間ほど前から母や子供である私達に涙を流しながら「今まで面倒を見てくれてありがとう」「夕べ親父と兄貴がきて(どちらも昨年亡くなっています)俺たちと一緒に暮らそうって言ってくれたんだ」と言ったりして、顔は今までの苦しみから解放されたかのような穏やかな表情をしておりました。

しかし本日は一転。今まで見たことないような鬼のような形相をしており、血圧計や心電図などを外していました。言葉は怒鳴って話しますが何を言っているか意味が分かりません。
飲食は本日よりリハビリの一環で口内洗浄用のスポンジに水を湿らせて口の中に水分を与えるということは始まりましたが、リハビリ師に「嚥下ができないため固形物を飲み食いできる状態ではない」と言われました。
鼻から酸素投与をしておりますが、本日より外す方向で投与量を少なくしているとのことでしたが、とても呼吸が苦しそうで、時々肩で呼吸をしています。
また尿について、尿道に管を通し直接尿を出していますが、ここ1週間ほどは尿パックには血液のみというくらい真っ赤な尿がたまっています。(麻薬投与により本人は痛みなどはありません)また尿量も入院時の半分以下になっています。
血圧は高い日もありますが平均60/40前後です。(あがっても70くらい)

また本日内科の担当医から聞いた話ですが、「泌尿器科の〇〇先生のお話では父の前立腺がんの進行はあと1年は大丈夫であろうという見立てです」と言われました。(〇〇先生は父の担当医ではありません)

根本的な話ですが入院時一切の延命措置はしない、命を長らえるための治療は行わない。
ただ痛みだけは取ってあげてください。という話をしたため、それ以降血液検査やレントゲンなどの検査を1ヶ月以上全くしていません。
本日の担当医も「レントゲンや血液検査などはしていませんが、熱が下がっているので肺炎は収まっている」と言っていました。泌尿器科の先生は1年前の転院時に行った検査資料でお話をされていると思います。

父と話がしたいし、生きていてくれることはとてもうれしく思います。
でもこんな状態で父はまだ生きていけるのでしょうか?
私たち家族はどのような選択をしていけば良いのでしょうか?
退院/転院させることで、父を苦しめることになるのではないか?と思えて仕方がないのです。

頭の中が混乱しており、状況説明がうまくできていないと思いますが、どなたか教えてください。宜しくお願い致します。

何度もこちらで質問をさせていただいております。
今まで質問させていただいておりました状況から180度変わってしまい、家族で困惑している状態で質問をさせてください。

私の実父は5年前に末期の前立腺がんが発覚し、その時点で余命1年と言われました。
そして担当医から言われるがままに放射線、抗がん剤、ホルモン剤などのがん治療を行い、なんとか4年命を長らえることができました。しかしある時からまったく効果がなくなり、1年前の7月「あと1ヶ月程度の命ですからご自宅で看とられてはいかがです...続きを読む

Aベストアンサー

初めて記入させていただきます。
お父さまのことさぞ心を痛めてらっしゃるでしょうね
お察しします。
質問がパッと目に入り、少し迷いましたが、
母を肝臓がんで亡くし、現在私も乳がんの再発で治療しており
何かお役に立てるかと思い、投稿しました。

医療関係者ではないので、専門的なことはわかりませんが
お父さまは厳しい状態のようですね。

今後のこととなれば、母の場合は、厳しい状態ではありましたが
亡くなる前日、いえ当日の午前まで普通に話もし食事も取りました。
ただ、父に呼ばれ嫁ぎ先から帰って一晩泊まった次の朝、
1日のほどんどを眠り続ける母に、モルヒネを少し少なくしてもらったらどうか?
つらければすぐ追加が可能だそうだからと、提案すると母は聞いてくれました。
ですが、その後苦しみ始め、すぐモルヒネを頼みましたが、その前に呼吸が停止したのです。
すぐ、送還して呼吸は取り戻しましたが、まもなく亡くなりました。

私は乳がんの手術後4年で再発し、抗がん剤治療が始まりました。
胸のリンパ節への再発で、手術もできない場所です。
いろいろ自分で調べたところ97%の確率で死に至ることを理解しました。

それから4年が過ぎました。放射線と抗がん剤治療の後、私のがんは消滅し(寛解 
ないとは言えないが、見えない状態)お医者さんも首をひねっています。
もちろん、治療は続きます。今後また姿を現す可能性は高いでしょう。
実際近所のママ友は2000年初発2008年再発で、先頃亡くなりました。
私はというと、今は元気に生活し、仕事もしています。

長々書きましたが、何が言いたいかというと、がん患者の場合どのような早さで病状が進むのか、
人によってものすごく差があるということです。

お父さまにしても、いつ頃まで生きられそうだという、たとえ医者の言葉でも
当てにはならないと思います。私の周辺で、医者の予測が当たった人など、少ないくらいです。
確かに厳しい状態ですが、今できる、いいと思うことをやられたらいいのでは と思います。
他の回答者の答えにもありましたが、あなた自身もよい選択をしておられるように思います。

ただ気になるのは、そんなに弱ったお父さまを『今日明日にも』退院させようとすることが
理解できません。病状が静かに安定しているならまだしも、怒鳴ったり、呼吸が苦しそうなど
目が離せない状態で、今動かすことがいいとは思えません。
同じ病院にホスピスなどがあり。速やかに動かせるならいいかもしれませんが。
こんな状態で動かすのはおかしいということを、主治医に話してみてはどうでしょうか。
移転先を探すのもなかなか大変なことですし。
なぜ、急に退院させようとするのか真意を聞けるといいかもしれません。
難しいかもしれませんが...。
認知症による徘徊など、病気ではないものに対して退院を迫るということは聞きますが
お父さまは、医学的な治療(痛みをとるだけでも)が必要な患者ですから
退院を強制することはできないはずだと思います。

お役に立てたかどうかわかりません
看護もたいへんでしょうが、合間には体を休めて下さいね。
ご自分の健康も大切ですから。
お父さまが少しでも楽になられるよう祈っています。

初めて記入させていただきます。
お父さまのことさぞ心を痛めてらっしゃるでしょうね
お察しします。
質問がパッと目に入り、少し迷いましたが、
母を肝臓がんで亡くし、現在私も乳がんの再発で治療しており
何かお役に立てるかと思い、投稿しました。

医療関係者ではないので、専門的なことはわかりませんが
お父さまは厳しい状態のようですね。

今後のこととなれば、母の場合は、厳しい状態ではありましたが
亡くなる前日、いえ当日の午前まで普通に話もし食事も取りました。
ただ、父に呼ばれ嫁ぎ先から帰っ...続きを読む

Q危篤から臨終までの期間は普通どれくらいか

仕事上の付き合いの人が、6月の終わりから祖父か祖母が危篤ということで、県外の実家へ帰省しました。
(実家には、父親、母親が健康でいるそうです)
9月になっても戻ってきません。まだ危篤状態とのことです。
いつ戻れるか、と聞いても「わからない」と答えます。

通常、危篤状態になってから臨終するまでの期間はどれ位なんでしょうか?
普通2~3日か、長くても1週間くらいかと思っていましたが、3ヶ月近くも危篤状態が続くことはあるのでしょうか?

それから、危篤になったら通常、臨終まで親戚家族はたとえ県外に住んでいても、仕事や学校とかがあっても、帰省してそばにいるものなのでしょうか?

不謹慎な内容かもしれませんが、私の身の回りの人でこのような亡くなり方をした人がいず、全くわからず困っているので回答お願いします。

Aベストアンサー

危篤状態というのは、長いものも正直あります。
こん睡状態で半年といった友人を見たことがありますが

仕事や学校を休んでまでも駆けつける、相手なのかどうか?ですよね。

例えば仕事を休んでまでも、何ヶ月も?休める会社があるはずないでしょうが、親兄弟まででしょうし。

一度その方のご実家に連絡をして、家族の方に確認してみてはいかがでしょうか?

何気なく
「このたびは、大変な事になっているみたいですが、ご病人の様態はいかがですか?」
等といってみるのもひとつですよ。

Q親が亡くなりました。休暇は何日くらい?

親が亡くなりました。仕事を休まねばならないのですが、何日休めばよいのか分りません。

私は契約社員で、特別休暇はありませんので、有給休暇を使うことになります。
正社員の場合、親が亡くなれば5日の特別休暇が与えられます。
それにならって5日にしようかと思いますが、葬式の後って(2日間)、どうしても休まねば
ならないほど忙しくなるのでしょうか?
忙しくもないのに休みを取ったら、文句言われそうな気がするので質問させてください。
忙しくはないけど、単に「喪に服す」という理由で、葬式のあと2日間、合計5日間休んでも
世間の常識として問題ないでしょうか?


若干とりみだしていますので、ポイントが分りにくい質問かもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず喪主は誰が務められるのでしょうか。亡くなられた方が御父さんであれば
御母さんが喪主をされ、御母さんなら御父さんが喪主を務められます。
御両親が他界されている場合は長男が喪主を務めますが、誰が喪主を務めるの
かによって忙しさは違います。

喪主の場合は本葬でも色んな役割があります。火葬場から帰って食事が終わっ
て、参列者が帰られるまで逃げる事も休む事も出来ません。
それらが終われば初七日までは動けますが初七日が終わってからは参列をして
頂いた方の自宅を訪問し、御礼回りをする事になります。訪問する家の数にも
よりますが、早くて2~3日は必要になるかも知れません。
その後で行うのは四十九日法要がありますが、これは1日だけで終わりますの
で、四十九日法要は日曜日にすれば会社を休まなくてすみます。
四十九日を過ぎて法要を営むのは駄目ですが、四十九日前に営むのは構わない
とされています。一回忌、三回忌等も続きますが、これも日曜に行うようにす
れば、親戚や会社にも迷惑を与えないので、これは大丈夫だと思います。

さてあなたが喪主で無い場合ですが、喪主はとにかく忙しいので、喪主の出来
ない事を手助けするのが主な役目です。
派遣社員であろうとも、あなたの有給を使わなくても会社の方で慶事休暇とし
て休ませて貰えるはずです。その日数ですが、慶事休暇の日数に関しては定め
がありませんので、会社が定める日数分だけ休めると言う事になります。
何かと用事があると言う事で、平均すると3日が一般的なようです。
会社によって用も無いのに5日も休みを取らさない所もあるようですが、精神
的に悲しみが深過ぎて仕事が出来る状態では無いと言えば、場合によっては5
日間は休みなさいと言われるかも知れません。ただし慶事休暇としては認めて
貰えないかもしれません。

とにかく喪主か喪主では無いによって違います。会社からは弔問する方が来ら
れるはずですから、その時に慶事休暇や何日までなら休めるかを聞かれて下さ
い。あなたの場合の喪明けは、1回忌法要が終わった翌日です。それまで色ん
な事で会社を休む必要がありますから、気分は落ち込んだままでしょうが、出
来るだけ有給は使わないようにした方が良いですよ。

まず喪主は誰が務められるのでしょうか。亡くなられた方が御父さんであれば
御母さんが喪主をされ、御母さんなら御父さんが喪主を務められます。
御両親が他界されている場合は長男が喪主を務めますが、誰が喪主を務めるの
かによって忙しさは違います。

喪主の場合は本葬でも色んな役割があります。火葬場から帰って食事が終わっ
て、参列者が帰られるまで逃げる事も休む事も出来ません。
それらが終われば初七日までは動けますが初七日が終わってからは参列をして
頂いた方の自宅を訪問し、御礼回りをする事に...続きを読む

Q癌の末期症状を教えてください。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している感じです)せん妄らしき意識障害もしばしばみられます。微熱も続いています。
数日前からは痰がよくからむようになってきました。息苦しい時もあるようです。目も見えにくくなっているようです。

このような病状なのですが、どういう状況にあると考えればいいのでしょうか。主治医の先生に聞いても的を得た答えを得られずにいます。
また今後はどういう状態に気をつければいいのでしょうか。
少しでも楽になるように、私たち家族は何をしてあげればよいのでしょうか。
どんな小さなことでもいいです。ご存知のことがあれば教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している...続きを読む

Aベストアンサー

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最も考えられますが他の場所への転移、浸潤、潰瘍形成などによる出血の可能性もあります。 
せん妄、抑うつ、不安等などの精神症状は癌の末期にはしばしば出現します。疼痛コントロールがうまくいっていないときは出現の頻度も当然高くなります。
熱については、一般的に感染に伴うものと癌による腫瘍熱の二つが最も考えられます。
痰や呼吸困難は、呼吸器感染症の合併もしくは心不全徴候などの可能性があります。

この状態であれば御本人の苦痛をいかに取り除くかは、ご家族ばかりでなく医療側の比重が大きくなると思います。
まずは、御本人の意識を保った状態で苦痛を取り除くことが目標ですが、それが困難になればある程度鎮静させ意識レベルを落とすことも必要になります。肺に転移しているようですが、呼吸不全が進行してくると酸素投与だけでは呼吸困難が改善されないこともあり、そのような場合は体力の消耗がはげしく悪循環に陥りますから、積極的に鎮静させます。結果的に、ご家族との直接の会話はなくなることも多いですが、話すことができなくても完全に意識をなくしているとは限りませんから、気持ちの平安のためにも御本人に話しかけてあげることが大切だと思います。
最終的な症状は、血圧が下がる、尿の出が悪くなる、呼吸が浅くなるなどです。自分で痰を出すことができなくなると、常に痰が詰まることによる窒息が心配になります。喘鳴が強くなったときは、すぐに痰の吸引をしてもらうようにして下さい。

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最...続きを読む

Q祖母の危篤で会社を休むことはいけないことですか?

こんばんわ。

みなさんの考えをお聞かせください。
彼の祖母が危篤状態となったそうです。
その祖母は幼少期から高校まで一緒に住んでおり、共働きの親の変わりに保育園の送り迎えをしてくれたそうです。
彼は就職を機に田舎を出ており、実家までは片道10時間ほどかかります。
祖母の危篤を火曜に知り、水曜会社へいって上司に話をして、木曜から金、土(会社カレンダーによりたまたま土曜出勤)3日休暇をもらうと言っていました。

実は去年も危篤となり、2日休暇をもらい、実家に帰りました。しかし祖母は持ち返し、今年また、危篤となりました。
そのとき、次かえるのはお葬式のときにすると言っていました。

私と彼は遠距離恋愛で、私は土日休みだったので、今度の土曜出勤は有給をとってほしいな~と言ったら、仕事忙しいムリと言っていました。(危篤を聞かされる前に、言いました)

私が話したのは、
同僚はいいよって言ってるかもしれないけど、そんなに休んだらみんなに迷惑だし、上司もいい気はしないんじゃない?と。
実家が遠いし、言い方悪いけど、また持ち越したり、長引いたり、月曜は友引だし、お葬式は結局また休まないといけないし、亡くなってから帰ったら?ご両親や兄弟がちゃんと看取ってくれるし、といいました。

彼の言い分は看取ってあげたい、仕事が休めるんだから休んでもいいだろう、親も帰ってきなさいと言っている、だそうです。

確かに有給の使い方なんてその人の自由だし、私自身自由に休めない仕事なので、休めるだけマシだから休めるんなら休んだら?とも思います。
家族に優しい彼をすばらしいとも思います。
自分が「休んで」って言ったとき、忙しいって言ったくせに・・と思って憤りを感じているだけなのかもしれません。

私なら、周りに迷惑だし、そんなに休んで大丈夫なんて、もしかして会社にいらない存在?(大げさですが)とか思っちゃいます。
親が危篤とかならまだしも・・。

考えていたら自分がすごく冷たい人間に思えました。私自身うまれたときから祖母2人、祖父1人がすでにいなくて、祖父1人は幼少期一緒に暮らしていたものの、死を聞かされたのは亡くなってからでしたので、何か感情が欠乏しているのかもしれません。。

結婚しているわけでもないので、そこまで干渉しなくても?って自分でも思います。(一応この彼と今後結婚の話になっています)

自分でも考えがまとまらず、どうしてこんなに気になるのか分かりません。。

そこで質問なのですが、みなさんなら、遠くの実家の祖父、祖母が危篤の場合、会社を何日も休んで帰省できますか?
またこの理由で何日も休むことをどう思いますか?
思ったこと何でもいいので、お聞かせください。

こんばんわ。

みなさんの考えをお聞かせください。
彼の祖母が危篤状態となったそうです。
その祖母は幼少期から高校まで一緒に住んでおり、共働きの親の変わりに保育園の送り迎えをしてくれたそうです。
彼は就職を機に田舎を出ており、実家までは片道10時間ほどかかります。
祖母の危篤を火曜に知り、水曜会社へいって上司に話をして、木曜から金、土(会社カレンダーによりたまたま土曜出勤)3日休暇をもらうと言っていました。

実は去年も危篤となり、2日休暇をもらい、実家に帰りました。しか...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ

>またこの理由で何日も休むことをどう思いますか?
理解を示します。
私が同じ会社であれば、是非駆けつけてくれと思います。
でも、忙しいとわかってる時期にデートでの有休は、その人の品性を疑います。
また、一人できりもりされてる個人経営の会社ならそうかもしれませんが、社員一人が休んで大丈夫でない会社は、システム的に問題があるんじゃないかと。。
会社の規模にもよるでしょうが。。

相談者さんの「祖父母への想い」と、彼氏さんの「祖父母への想い」は同じではありません。
字に書くと同じですが、要は個人への想いですから、人が違うと想いも違ってきます。
ましてや、彼氏さんにとっては親代わりのおばあ様だったのでしょう?
これは、相談者さんが幼少時から祖父母がいないとか、祖父母の臨終に立ち会ってないというのとは関係なく、「自分が大切な人が危篤になったらどうするか?」です。
例えが悪いですが、相談者さんは彼氏さんが危篤になったら、会社を休んででも駆けつけたいと想いませんか?
駆けつけて当然だと思われるかもしれませんが、しかしながら世間的には家族である「祖父母」には、家族ですから会社も理解してくれるところが殆どでしょうが、まだご結婚前の彼氏彼女だと理解も得られないことも多いです。
祖父母には慶弔休暇などつきますが、彼氏彼女にはつきません。
彼氏彼女のほうが祖父母より下だと言ってるのではなく、「祖父母」「親」「家族」「彼氏彼女」というような言葉でくくるのではなく、「大切な人」という大きな枠組みで相手の気持ちを想像してあげてください。

>自分が「休んで」って言ったとき、忙しいって言ったくせに・・と思って憤りを感じているだけなのかもしれません
わからなくもないですが、人の生死に関わるときは、自分の気持ちより、まず当事者のことを先に思いやりましょう。
これは結婚してる夫婦であっても、まず人間として、そうすべきだと思いますよ。

こんばんわ

>またこの理由で何日も休むことをどう思いますか?
理解を示します。
私が同じ会社であれば、是非駆けつけてくれと思います。
でも、忙しいとわかってる時期にデートでの有休は、その人の品性を疑います。
また、一人できりもりされてる個人経営の会社ならそうかもしれませんが、社員一人が休んで大丈夫でない会社は、システム的に問題があるんじゃないかと。。
会社の規模にもよるでしょうが。。

相談者さんの「祖父母への想い」と、彼氏さんの「祖父母への想い」は同じではありません。
...続きを読む

Q末期癌の父の死を願う、私はひどい人間でしょうか?

末期癌の父の死を願う、私はひどい人間でしょうか?

末期の肺ガンを患っている父について、これまで何回かこちらで
質問させて頂き、たくさんのご回答を頂きました。
その度に助けられ、救われてきたのですが
わがままな父の言動に振り回される自宅療養の介護生活に疲れてしまい
最近では「もう早く死んでほしい」と真剣に願うようになってしまいました。

闘病生活はもう5年になります。
父は医師も驚く驚異的な体力の持ち主で、これまでリンパ節以外、
他臓器への転移は認められなかったのですが先日、骨転移が判明しました。
医療用麻薬が処方され、医師からは
「麻薬もいずれは効かなくなります。そこからが大変です。」と宣告されています。

父の死を願う理由は二つあります。
ひとつは出来るだけ苦痛を味わないで亡くなって欲しいという事。
手術が出来なかった為、今までも抗がん剤をはじめ、様々な薬剤を投与し
咳や痛みに耐えながらも延命に延命を重ねてきました。
父のように体力がある患者は鎮痛薬が効かなくなった時に地獄の苦しみを味わう事になり
体力がある分、苦痛を味わいながら無駄に長生きしてしまうというパターンに突入する事が
少なくない、と医師から説明を受けました。
本人も苦しみが前提の延命は望んでいません。
もうひとつは大型犬を飼っているのですが、この犬を溺愛しており
私は「この犬の面倒を見ないならお前には一銭も相続させない」などと言われています。
そんなに言うほど多額の遺産である訳もなく、
こんな恥ずかしい事を言われているなんて知人にも言えません。
そして自分が毎日散歩出来ないので、お前がやれと怒鳴って喚き散らし、私は仕方なく
会社へ行く前に散歩させに行き、仕事が終わるとまた散歩させに行くという生活です。
大型犬の散歩など今までしたことがないところへ、
仕事の前後1時間以上の散歩を強要され肉体的にも限界が来ています。
母は母で父のわがままや罵倒に付き合って肉体的にも精神的にも疲弊しています。
ちなみに母と私は父とは別に住んでいるので毎日通いです。
事情があり一緒に住むことは出来ません。

痛み止めが効いているせいか一時より外出するようになりましたが
疲労感が強いせいか帰宅するとうつらうつらと寝ている事が多いです。
しかし十分に休養すればまだ自分の事は自分で出来るので寝たきりとかではありません。
故に介護の申請も却下されてしまいました。

最近では言動も余計におかしくなり、何度も話した大切な事を
「そんな事聞いてない」と言って逆ギレしたり、
昨日話したはずの事を忘れてしまっていたり、記憶障害では?
脳に転移でもしているのだろうか?と思うような事が多々あります。
これも薬のせいなのかわかりませんが・・・

もう本当に疲れました。
あとそんなにたくさん生きられる訳ではないと思いますが
こんな生活が続いては母の方が体を壊してしまうのではないかと
心配でたまりません。
いつまでこんな状態が続くのか?
父親にもうこの世から旅立って欲しいと思う私は薄情な人間なのでしょうか?
人間失格なのでしょうか?

よろしくお願い致します。

末期癌の父の死を願う、私はひどい人間でしょうか?

末期の肺ガンを患っている父について、これまで何回かこちらで
質問させて頂き、たくさんのご回答を頂きました。
その度に助けられ、救われてきたのですが
わがままな父の言動に振り回される自宅療養の介護生活に疲れてしまい
最近では「もう早く死んでほしい」と真剣に願うようになってしまいました。

闘病生活はもう5年になります。
父は医師も驚く驚異的な体力の持ち主で、これまでリンパ節以外、
他臓器への転移は認められなかったのですが先...続きを読む

Aベストアンサー

自分の心を否定しなくてもいいと思います。

私も 何年も癌を患った家族がいました。
段々辛くなっていくのを 見ている方も  辛いですよね。
亡くなった時は 本当に 亡くなって  よかったって思いました。
もう 痛い思いや 辛い思いを することもないのだから。
それまで ずっと生きるために戦ってくれた家族に 有難うって。
何回も 死んだ方が 幸せなのかもしれないって 
何がよかったのか 今でも分からないです。

あなたの思いは 薄情なんかじゃない。
癌は、蝕まれている人間も 周りにいる人間も おかしくさせます。
どうか、自分を責めないで。
自分に正直に、そして思いつめないで下さい。
ずっと光のない世界なんてありません!

もっと、母親のことも大事だけど、自分のことも考えて。
あなたが幸せなことが、結局母親も幸せになるんですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報