貸したお金の利息は雑収入となり、20万円以上は確定申告が必要と理解しておりますが、
例えば2%の利息で300万円貸して、4年後に元利一括返済で324万円受け取った場合、申告が必要でしょうか?

A 回答 (1件)

>20万円以上は確定申告が必要と理解しておりますが…



サラリーマン等で、年末帳瀬だけで納税が完結する方ですね。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

>貸したお金の利息は雑収入となり…

サラリーマン等の方なら、雑収入でなく「雑所得」ね。
雑収入とは、事業所得者などで本業以外の収入をいいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.htm

>4年後に元利一括返済で324万円受け取った場合、申告が必要…

はい。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2009/05/21 16:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滞納賃料の利息計算

滞納賃料の利息計算

たびたびの質問で恐縮です。
滞納料の利息の計算ですが、念書では期日を指定し合計金額を提示しました。
年14.6%とのことで計算しますが・・・
指定した期日からの利息の計算になりますか?
それとも、滞納のあった月からの計算でしょうか?
滞納賃料は8ヶ月におよびます。
たとえば昨年の8月の賃料は、9月1日から7ヶ月・・・
9月の賃料は10月1日から6ヶ月・・・
とだんだん利息の計算の額が変わってきます。

よろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

滞納のあった月からの計算で良いと思いますが・・・

実際には8月分の家賃は7月中に入れる、というのがほとんどの契約だと思います。
ですので
8月の賃料は、8月1日から8ヶ月
9月の賃料は、9月1日から7ヶ月・・・と、なると思います。

Q確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に

確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に30万円と記入して、経費の欄は空白で提出しても良いでしょうか?(自分の中で雑収入と経費を相殺して、純粋な利益の部分だけを確定申告に書くような感じです)

Aベストアンサー

所得税法第百二十条第四項で、確定申告書には「その年において不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき業務を行う居住者が第一項の規定による申告書を提出する場合(当該申告書が青色申告書である場合を除く。)には、財務省令で定めるところにより、これらの所得に係るその年中の総収入金額及び必要経費の内容を記載した書類を当該申告書に添付しなければならない。」と規定しています。ですから、収入と経費を相殺してはいけないのです。

また青色申告の場合は、所得税法第百四十九条で損益計算書を添付しなければならないと規定しています。損益計算書を提出するのですから、むろん、収入と経費を相殺出来ないわけです。

ですから面倒でも収入40万円も経費10万円も両方書いてください。

Q25年以降の利息の税金計算方法

H25年1月1日以降の、普通預金利息の国税、地方税の求め方について教えて下さい。

25年1月1日以降に受け取る利息から計算方法が変わるという事ですか?
預け入れ期間に関わらず?

入金額÷79.685%=利息
利息×15.315%=国税
利息×5%=地方税

この計算で合っていますか?

Aベストアンサー

あってますよ。
復興特別税がかかるので、受取利息の割戻し計算はそうなります。
利子に対しての源泉徴収は支払日で判断しますので、預け入れ期間は無関係です。

http://www.mizuhobank.co.jp/oshirase/hukkouzouzei.html

なお個人の場合は源泉分離課税ですので、受取の際には事業主借勘定を使うため計算の必要がありません。
平成28年1月からは、法人のもつ預金への利子割りが廃止されますので、割戻しの計算をする必要がなくなります。

Q20万円程度の収入で住民税申告は必要?

無職ですが、挿絵を描かせていただく機会があり、
昨年は全部で20万円ほど収入がありました。
ちなみに一昨年も同程度で、昨年国保に加入する際にはじめて所得などを書き提出しました。

昨年の収入が28万以下なので確定申告は必要ないと思うのですが、
市・県民税申告というのはまた別に出さなければなりませんか?
また、これも3月15日厳守なんでしょうか。

役所の窓口に仲の悪い親戚がいるので、できれば行きたくありません。
必要になったとき提出しにいけば良いのであれば、今回は行きたく無い(来年度になれば親戚が移動するかもしれないし)のですが・・・督促状がきたり怒られたりしますか?

Aベストアンサー

>市・県民税申告というのはまた別に出さなければなりませんか?
貴方に申告の義務はありませんが、役所では国保の保険料算定に貴方の所得情報が必要になるので、しておいたほうがいいでしょう。

>また、これも3月15日厳守なんでしょうか。
いいえ。
4月になってからでも大丈夫です。

>必要になったとき提出しにいけば良いのであれば…
それでもいいでしょう。
申告書は送られてきているんでしょうか?
それなら、郵送してしまえばいいでしょう。
また、もし送られてきていないなら、国保担当部署から国保用の申告書が送られてくる可能性もあります。
そしたら、それを国保の窓口に出せばいいでしょう。

>督促状がきたり怒られたりしますか?
いいえ。
そんなことありませんよ。

Q定期預金の利息計算方法

こんにちは。海外在住です。
実は定期預金の利息の計算方法を教えてほしいのです。口座を作ったのですが、どうも私の想像していた利息と、銀行側の言う利息が違うのです。私の計算が間違っているのだろうとは思うのですが・・・。
1ヶ月の利息が17.5%の場合、150ドル(例えばですが)次の月に受け取る利息はいくらになるのでしょうか。計算方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

1ヶ月で17.5%増えると思っていませんか?それは間違っています。
17.5%は年率です。1か月分は12分の1です。

150×0.175=26.25→1年分の利息
150×0.175÷12=2.1875→1か月分の利息

これは簡単に計算しているので、正確なのは銀行がやります。
預金金利は、満期の期間にかかわらず年率で表示することになっています。また、利息から源泉徴収税20%が引かれます。

例えば、よくあるパンフレットは、
「只今、外貨預金おためしキャンペーン、ニュージーランドドル17.5%」と大きく書いてあり
(期間1ヶ月、経過後は通常の利率を適用します。)、、、。と小さな字で書いてある。

こうのに釣られたらいけないのですよね、、、。

Q「確定申告書B」の雑所得と「青色申告決算書」の売上(収入)金額(雑収入含)の違いについて

個人事業主で青色申告をしているものです。
業種はライターなのですが、19年度に下記の雑所得がありました。

1.生命保険金の支いに伴う払繰入利息
2.還付加算金
  (18年度国税還付金に還付加算金があったようです。通知書に雑収入になると記載がありました)

いずれも「青色申告決算書」の売上(収入)金額の方の雑収入には含めず、
「確定申告書B」の雑で記載するということで間違いないでしょうか?

青色申告決算書の雑収入は事業に関わる雑所得のみを入れ、それ以外ものは確定申告書Bで・・との理解で間違いありませんでしょうか?
ご教授いただきたく、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

雑所得とは事業に伴って生ずる収入です。つまり事業所得です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2006/nta/kakutei/tebiki/h17/pdf/23.pdf

雑所得とは、年金や恩給などの公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などのように、他の9種類の所得のいずれにも当たらない所得をいいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.htm

Q利息再計算時の遅延利率

過払い請求する為に利息を再計算しています。
返済期日が遅れた為、遅延利息が発生した場合、利息再計算する場合はどのようにして計算すれば良いのでしょうか?

また、利息制限法に基づいて、遅延利息も計算する場合、遅延利率は何%になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遅延損害金は無視して、遅延した部分も、通常の法定利率で計算してかまいません。

元金がマイナスになる前であっても、契約に比べて過剰な返済をしているのですから、違法な利率に基づいて計算された返済額・返済期日に遅れたからといって、直ちに遅延とみなせるか疑問があります。

そういったことを考慮すると非常に面倒なことになるので、貸金業者も通常、遅延損害金の主張はしません。

Q【20万円の所得?】 オークションと確定申告

はじめまして。
長らくYahoo!オークションをやっているものです。
(本業は会社員)

最初は不要なものを売る程度だったのですが、だんだん売買数が増えてきました。
確か年間20万円以上の所得があると確定申告をしなければならないと
思いますが、この場合の所得ってどうやって算出すればいいのでしょうか?

例えば、昔1万円で買った服を、5,000円で販売した場合とか。
所得=売上というわけではありませんよね?

ド素人なもので分かりやすく教えていただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>例えば、昔1万円で買った服を、5,000円で販売した場合とか…

この 1件だけで考えるなら、所得は
「マイナス 5,000円未満」
です。

【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

つまり、「売上」が 5,000円、「仕入」が 10,000円、「経費」が書いてないので不明ということです。

【売上】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
【経費】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

なお、年度を超えて持ち越したら売上額が全額所得になるなどのことはありません。
年間を累積しての「仕入原価」は、
[期首棚卸高] + [当年仕入高] - [期末棚卸高]
として計算します。
何年前に仕入れたものであろうと、売れた年に「仕入原価」として引き算する仕組みになっています。
詳しいことは、申告書用紙と一緒に配られる手引きをご覧ください。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2007/pdf/26.pdf

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>例えば、昔1万円で買った服を、5,000円で販売した場合とか…

この 1件だけで考えるなら、所得は
「マイナス 5,000円未満」
です。

【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

つまり、「売上」が 5,000円、「仕入」が 10,000円、「経費」が書いてないので不明ということです。

【売上】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm
【経費】
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sho...続きを読む

Q預金の利息の計算方法について

定期預金の利息の計算方法について分からないことがあります。

「スーパー定期 預入期間3年 利率0.45% 6ヵ月複利で計算 」
という商品に100万円預け入れたら、3年後の満期日に受け取る利息はいくらになるか??ということを実際に計算してみようとしたのですが、
半年後につく利息は、
100万×0.0045×182/365-(国税15%)-(地方税5%)=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}×0.0045×183/365-(国税15%)-(地方税5%)=(B)

・・・・というようにして利息が半年ごとにつくたびに税金を引いた額を元金に組み入れて計算して、最終的に得られる利息は
(A)+(B)+・・・・(○)というように計算するのか、

あるいは、
半年後につく利息は
100万×0.045×182/365=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}+0.045×183/365=(B)

というように、計算して、
(A)+(B)+・・・・(○)の合計に対して国税15%と地方税5%を引くのでしょうか。

おそらく前者だと思うのですが、実際はどうなのでしょうか。


分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。

定期預金の利息の計算方法について分からないことがあります。

「スーパー定期 預入期間3年 利率0.45% 6ヵ月複利で計算 」
という商品に100万円預け入れたら、3年後の満期日に受け取る利息はいくらになるか??ということを実際に計算してみようとしたのですが、
半年後につく利息は、
100万×0.0045×182/365-(国税15%)-(地方税5%)=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}×0.0045×183/365-(国税15%)-(地方税5%)=(B)

・・・・というようにして利息が半年ごとにつくたび...続きを読む

Aベストアンサー

定期預金の利息にかかる税金は、満期または中途解約の時にしか取られません。
したがって、後者です。

なお、銀行によっては「付利単位」というものが定められています。
利息を計算する場合に、元本の 100円未満、あるいは 1,000円未満は切り捨てられてしまいますので、お書きの計算式どおりでは不十分といえます。

100万×0.045×182/365= 2,243 円ですが、
一年後につく利息は
{100万+2,243}+0.045×183/365=
ではなく、
{100万+2,200}+0.045×183/365 + 43=
または
{100万+2,000}+0.045×183/365 + 243=
となります。
100円で足切りか 1,000円で足切りかは、銀行によって違います。

Q雑所得20万以下でも申告が必要なケースについて

サラリーマンですが、
今年、住宅ローン減税の申請をするので、
雑所得20万以下でも申告は必要でしょうか?
その場合、1/1以降でなく2/15以降に税務署へ
行くのが良いでしょうか?

又、来年以降、雑所得20万以下のみの場合、
確定申告が必要ないのでしょうか?
住民税は申告する必要があるというのを
このサイトでみた気がして・・

Aベストアンサー

>今年、住宅ローン減税の申請をするので…

住宅ローン控除の初年分として確定申告をすると言うことですか。
それならやはり 20万以下の所得もすべて含めなければなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

>又、来年以降、雑所得20万以下のみの場合…

医療費控除や株の損失など、他の要件による確定申告が避けられない場合を除いて、20万以下の申告は必要はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

>住民税は申告する必要があるというのを…

はい。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報