武道が好きです。

学校の授業で武道ってありますよね。
私は中学で柔道、高校で剣道をやりました。
中学で相撲をやったという友人もいます。
皆さんの中に中学、高校の授業でこれら以外の武道をした方はいますか?
また、どんな感じでしたか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

続けてこちらも回答させていただきます。



私の高校時代(もう30年ほど昔)には柔道が1年間義務でした。

私は中学から柔道部で、高1にはすでに年齢を誤魔化して2段を取得していたので、授業を担当していた体育教師をナメていて、あとで体育科の主任に呼び出されてこっぴどく叱られた苦い思い出があります(笑)

ところで柔道、剣道以外に武道をやるというのは珍しい方かもしれませんね。
剣道も防具を生徒数分用意する必要があるし、また生徒間の使いまわしってのも衛生上問題があるので、武道を課程に入れる場合は柔道が多いのかもしれません。

あとは相撲とか弓道とかもあるみたいですね。

ちなみに千葉県には少林寺拳法の団体が設立している高校があるので、ここや香川県なんかでは少林寺をやっている高校とか結構ありそうです。
http://www.orin.ed.jp/02_01.html

ちなみに以下は余談ですが。。。。。

私は大学時代は体育の必修授業で、色々な種目を選択できるのですが、私は未経験の剣道を1年間とりました。
担当の先生が8段位の先生だったので、素人にとって8段の先生に直接お教えいただけるなんて貴重な体験が出来ました。

なにしろ全日本選手権優勝者でも落ちることがあり、日本で一番難しいといわれている剣道八段試験を通られた方ですので。

武道の話しではありませんが、当時私の大学では体育のレスリング授業担当が、あのオリンピック銀メダリストの大田章氏でした。

その授業を選択した友人から面白い話を聞いたことがあります。

大田先生の授業では最後にクラスの生徒全員が大田先生とスパーリングをさせてくれたのだそうです。

クラス全員が次々に先生にかかっていくのを、大田先生は全員一瞬にちぎっては投げちぎっては投げと、ひょいひょい投げ捨てて、60何人だかの生徒を数分で投げ飛ばしてくれるのだそうです。
さすがオリンピックメダリストですね。

そんな経験が出来ると後で聞いて、私もレスリングを選択すればよかったと後悔しました。
    • good
    • 0

武道ではないですが私の高校ではレスリングの授業がありました。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験の偏差値を高校受験の偏差値に変換するとどのようになりますか?

大学は、高等学校に比べ比較的頭の良い人たちが受験するため、偏差値は全体的に底上げされています。
日本の大学で最も偏差値の高い大学(学科別)は「東京大学・理科III類」で、偏差値は81だそうです。
僕の志望する高校の偏差値は66と低いので驚いてしまいました。

大学の偏差値を高等学校の偏差値に変換するとどれぐらいの数値になるのでしょうか。
参考までに、大学の偏差値でいう50、60、70、80は高校の偏差値でいういくらぐらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

この手の話題では詳しい方がたくさんいらっしゃいますので
私のは、あくまで一般論として参考にして頂けたら光栄です。

その高校で、のらりくらりしていると
高校偏差値-(5~10)の大学が志望校になりやすいと言われています。

66ということで、学校の試験前適度に勉強していれば
関東圏ならばMARCHレベル、赤点組みは日東駒専レベルでしょう。

その高校のトップの生徒は
東大などの難関国公立を狙えるレベルだと推測されます。
現役MARCH蹴り、浪人して早慶という人が多そうなイメージです。


偏差値は目安なのでそこまで気にする必要はありません。
大学入試は偏差値ではなく、点数で合否が決まりますので。

進学校なのでこれから模試を何度も、受けられると思います。
その結果で高校偏差値を下回ってしまったら、勉強が足りないと
自覚し勉強に励むと良い刺激になると思われます。

Q警察所属の柔道や剣道の選手の仕事はどんなことをやっていますか

警察所属の柔道や剣道の選手の仕事はどんなことをやっていますか

先日剣道や柔道の試合をTVで見ていて思いました。
柔道や剣道の選手(特に全日本クラス以上)は警視庁や〇〇県警に所属していることがありますが、一般企業と違い公務員の彼らは普段仕事と練習の両立をどのようにしているのでしょうか?
社会人選手のように、多少仕事を軽減して練習に時間を取れるようになっているのでしょうか?
特に柔道の世界レベルともなれば海外遠征などもあるでしょうから、その辺り組織としてのバックアップはどうなっているのか気になります。

Aベストアンサー

はっきりと質問したわけではないので断言は出来ません。
毎年正月の警察署の武道初めなどを見に行って、そこを通じて得られた情報内でのお答えになります。

一般企業の選手は時間の変動が少ない仕事をしたりするようです。はっきりと断言は出来ませんが、警察官でも刑事課などの時間の不確定な人は少ないように思います。
警らや交通課、生活安全課など比較的時間の安定している職場に居ると思います。しかし、仕事の内容を軽減してと言う事は無いでしょう。
職務上武道訓練は体力作りの面からも大切な仕事でしょう。それに今走りませんが、昇進するには一定の段位が必要だと聞いた事があります。
大会に出る選手になれば、更に業務時間外の部活があります。
警察官には通常の8時間勤務と三交代制の24時間勤務があるようです。
従って、この前後に一定時間練習をするだと思います。
もちろん、警察署によって多少の取り扱いの差異はあると思いますが。

Q大学の偏差値って・・・

付属高校の進学コースに入る者です。
それで将来は上の大学に進みたいと思うのですが、色々そのことで調べてみて偏差値についての疑問があるので質問させていただきました。
僕が入るこの高校は偏差値55より上です。
このコースは同じ学校の大学の合格を目指して勉強していくコースです。
で、その大学について調べたら、偏差値が、大体45ぐらいなんです。一番偏差値が高い学部でも約50ぐらいです。
高校に入るには偏差値55以上の学力が必要なのに、大学に入るには一番偏差値が高い学部でも50ぐらいの学力があれば入れるということですか?
それとも、高校の偏差値の50と大学の偏差値の50は同じ50でもぜんぜん違うということですか?
そうだとしたら、大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?
高校と大学の偏差値の基準(違い)を教えてください。
上の文章でよくわからなかったら指摘していただけたらと思います。
回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値というのは、大学受験しようとする層だけを集めた偏差値であるからです。

仮に、高校入試で55の実力だとして、「これから3年間、すべての生徒が同じように勉強を頑張る」という仮定をすると、
3年後の大学受験時の偏差値は45ぐらいです。
ですから、ほかの人を追い越すためには、ほかの人の勉強量や質を上回る猛勉強が必要になります。

もっとも、
現時点で重要なデータは、高校の偏差値(55)ではなく、質問者さん自身の偏差値です。
その偏差値から10を引けば、(これから3年間の勉強量と質が、ほかの人と同じであるとして)大学受験時の偏差値になります。


ちなみに、
知人で、偏差値50ぐらいの高校から早稲田大学に合格した人がいます。
私の知っている範囲では、ほかに同様のケースを知らないので、まれなケースですけど、
頑張り次第で難関に合格するのは、必ずしも不可能ではないということでしょうね。

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値という...続きを読む

Q自分は、中学の授業で柔道をしていたのですが受身を取るのが苦手でした。

自分は、中学の授業で柔道をしていたのですが受身を取るのが苦手でした。
受身を取るのが苦手ということは、合気道も向いてないということなんでしょうか?

Aベストアンサー

>受身を取るのが苦手ということは、合気道も向いてないということなんでしょうか?

合気道と柔道の受け身は全く違いますから、逆に柔道の受け身を知らない方が合気道の受け身を早く覚えられますから心配はいりません。
じゃぁ、違いと言うと柔道は安全のために相手の手や腕,道着を離さず受け身をしやすいようにしていますし、技も投げ技,抑え技が主ですので、相手に体重を預けた受け身ができるのでやり易いようになっています。
良い例が、一本背負いは腕を取りますが、相手は自分の背中に乗せて投げるので、受けもどのように投げられるかが事前に分かるのです。
しかし、合気道の投げ技は腕だけを取ったまま投げることが多いため、体重を相手に預けることができないので投げられる予測がしづらいことから、相手が投げる方向に自分から受け身を取るやり方をしなければ、とんでもなく痛い目に合うことになります。
そのため、受け身も後方受け身,後方回転受け身,前方回転受け身,前方飛び受け身,横受け身(飛び受け身)などがあります。
基本の受け身は、足からお尻,背中で背骨に体重が乗らないように、たすき掛けになるように受け身をとります。これはどの武道も同じだと思います。
やはり、大きな違いは自分から受け身をするかどうかではないでしょうか。
合気道では、受け身の恐怖を如何に克服するかが、初級者の最大の壁となります。
と言っても、技量とレベルに合わせて相手もやるので、心配はいりません。
でも、柔道は受け身を取った時点で負けですから、オリンピックなどを見ているとなるべく受け身を取らないようにするため、怪我をする可能性が高くなります。
合気道も恐怖心から自分で受け身を取らないと肩や腰を痛めることが多いですね。


合気道がなぜ型稽古に徹しているか分かりますか。
合気道は、柔術から殺伐とした技を抜いたことと、精神鍛錬を重視することから、武術や柔術の名を付けず合気道としたと言われています。
しかし、合気道では幾ら危険技をやめたと言ってもあるい程度は残さないと稽古が成り立たないため、危険技が残っています。(試合をしないのもこれらの技が残せないためと言われています)
そのため、型稽古(約束稽古)にすることで受け身をする人の怪我を少なくする目的もあります。
しかし、高段者の技は早くキレがあるので付いていけなくなり受け身ができず怪我をする人がいます。
そのため、相手の技量を見て稽古をすることも重要なポイントとなります。
それと、いざ技を使うには長年の経験から(戦国時代より)、基本をしっかり身につけることで応用力が付く武道だと私は考えます。
実際を想定する方法もあると思いますが、教え方によるため一概に言えないと思います。

>受身を取るのが苦手ということは、合気道も向いてないということなんでしょうか?

合気道と柔道の受け身は全く違いますから、逆に柔道の受け身を知らない方が合気道の受け身を早く覚えられますから心配はいりません。
じゃぁ、違いと言うと柔道は安全のために相手の手や腕,道着を離さず受け身をしやすいようにしていますし、技も投げ技,抑え技が主ですので、相手に体重を預けた受け身ができるのでやり易いようになっています。
良い例が、一本背負いは腕を取りますが、相手は自分の背中に乗せて投げるので、...続きを読む

Q大学の偏差値の算出方法について

タイトル通りですが、大学の偏差値はどのようにして計算されているのでしょうか?

恐らく、大手予備校の模試の結果から算出していると思うのですが、その模試の結果から"各大学の偏差値"をどうやって求めているのかがわかりません。

模試の結果の、平均点と個々人の得点および対象者の総数などから、"個々人の学力偏差値"が計算できることはわかります。

そこからどのようにして、"各大学の偏差値"を出しているのでしょうか?

もしかして、個々人の学力偏差値とその人の第一志望校から、大学の偏差値を計算しているのでしょうか?要するに、例えば、「模試の時にA大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が70であった場合、A大学の偏差値は70になり、B大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が40であった場合、B大学の偏差値は40になる」ということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値には予想偏差値と結果偏差値があります。
結果偏差値は、模試を受けた生徒に大学受験結果をアンケートして
「どの模試でどのくらいの偏差値であった生徒がどのくらいの大学に合格している」かを統計的
に処理し、(一定の職人的調整も入るようですが)、80%合格値(その偏差値だった生徒の8割
が合格した)、60%合格値などを求めるものです。
意図的に誤った結果をアンケート結果として報告する生徒なども一部いるようですが、
大多数の生徒が正確な結果を回答していると見られ信頼できるものとなっています。


予想偏差値は、その模試を受けた生徒たちの希望(第1、第2、etc)をもとに、
その大学の定員やその試験の受験者のゾーン、その他もろもろの情報
(試験日はじめ、校舎移転計画、OB動向、教授陣の異動etc)を総合的に
判断し数値化するものです。
例えば、ある中堅大学を、成績上位の生徒が皆で第1希望としたら
その試験結果から算出されるその大学の予想偏差値は上昇します。
逆に模試を受けただれもが希望していない大学の偏差値は下降します。
その予想偏差値の作成には、各予備校の英知が結集しており単純に、
これとこれを掛けてこれを足したら出来上がりっ、なんてものではありません。
まさに職人芸的な算出をしています。

このように、数学の統計分野で語られる狭い意味の「偏差値」とは別に、
社会的に意味を与えられ有効に活用されている「偏差値」が存在します。

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値に...続きを読む

Q相撲や柔道の「掛け技」とは?

相撲や柔道の「掛け技」の具体的な意味を知りたいです。
掛け技、とは(1)「ひっかける」技、たとえば相手に足を絡めて梃子の原理で相手を倒す、(2)「仕掛ける」技、つまり、英語でいえば do や perform にあたる語なのか、どちらなのでしょうか?(それとも他の意味でしょうか?)

Aベストアンサー

まず、(2)「仕掛ける」技、つまり、英語でいえば do や perform にあたる語  ではないでしょう。

基本的には(1)ですが、相撲と柔道では少しニュアンスが違います。相撲では「内掛け」、「外掛け」という足技がありますが、これは柔道では「大内刈」、「小外刈」となります。
柔道の場合、「掛」は相手の足を固定するような感じです。「刈」は体重の乗った側の足を鎌で刈り取るような感じです。ただ試合の中ではどちらとも決めにくいので通常は「刈」の表現を使うほうが多いようです。
相撲の場合は足を引っ掛けるという感じが強く、前述の「内掛け」、「外掛け」の他に「掛け投げ」というのもありますが、これは足を引っ掛けながら投げとばす大技で、柔道で言えば「内股」になります。

Q大学の偏差値ってよくわかりません。 高校1年です。 大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。

大学の偏差値ってよくわかりません。
高校1年です。


大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。
偏差値50が普通なんでしょうか…?

Aベストアンサー

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人たちは大学受験をしない人も多くなります。つまり大学受験はざっくり言って高校入学時の偏差値50から70以上の人が対象になるわけです。

ということは、偏差値50が中間地点ですから、高校入試時の偏差値60ぐらいが真ん中になるといっていいでしょう。質問者様の地域が分かりませんが、偏差値60ぐらいで入れる高校の生徒は大学入試偏差値50ぐらいがちょうどよく入れる大学が固まっているはずです。

たとえば、日大の付属高校はだいたいどこでも高校偏差値55から65ぐらいだと思いますので、日大が大学偏差値50ぐらいから(学部による)になっているはずです。

ということで偏差値は50が平均値です。平均値よりも低いと50より下、高いと50よりうえの偏差値になります。
大学の偏差値は高校入試と違って偏差値の低い人が少ないので、元々高校入試時に偏差値60ぐらいだった学力の人たちが50になる、ということです。

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人...続きを読む

Q農業系高校や水産系高校には野球部の強豪校は極稀でも相撲部の強豪校は多いのは何故ですか?

農業高校や農林高校等の農業系高校や水産高校や海洋高校等の水産系高校には野球部の強豪校は極稀でも相撲部の強豪校は多いのは何故ですか?
農業系及び水産系高校の野球部が商業高校等と違って強くなり難いのは実習授業に時間を取られる為という説がありますが、相撲部員も他の運動部員や一般生徒と同様実習の授業もちゃんと受けている筈だと思います。
理由を御存知の方は御回答を宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

相撲は野球と正反対できわめて競技人口の少ないスポーツです。
しかも身長と体重があれば練習量が足りなくても素質と才能の勝ててしまうんですね。
底辺が少ないと頂点も低くなるものです。
現在、横綱になれる日本人がいないのもその辺が影響しているのかもしれません。

Q同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部 立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部 関西学

同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部

立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部

関西学院高等部(偏差値69)→関西学院大学国際学部

関西大学高等部(偏差値68)→関西大学法学部


上記の高校から大学へ内部進学するのと


山城高校(偏差値62)→同志社大学法学部、立命館大学法学部

大阪国際大和田高校(偏差値59)→関西大学法学部、関西学院大学国際学部

上記の高校から一般入試で大学に進学するのでは、入学者の学力はどちらが上になるのでしょうか?


よく内部進学者は外部受験者より劣るなどと言われますが、有名大学附属高校はどこもかなりの高偏差値です。上記の例で見ても高校受験時の偏差値では10以上の差があります。

大学受験の勉強を一切していないと偏差値10は埋まると思いますか?附属高校は受験勉強をしないだけで英語や一般教養レベルの勉強はその分やっています。

高偏差値の附属高校からの内部進学者と偏差値が中レベルの高校からの一般入学者、学力が高いのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

大学入学時の学力で言えば、(一般入試の)外部入学者の方が圧倒的に上です。
内部進学は高校時代、受験勉強せずに、受験勉強以外に重点を置いて、学校教育がなされているからです。

例えば、山城から関関同立に現役合格するとすれば、それはかなり受験勉強しているという証です。

この問題、中学や小学校ではいかがでしょうか?
関学の小学校はかなりの高偏差値超難関校です。
しかし、12年間にわたって、一切受験勉強をしません。同志社もそうです。
但し、立命館小学校は、小学校入学者のみで12年間、ひたすら受験勉強を行い、決して立命館大学ごときへの進学が許されません。

Q剣道はスポーツではなく武道だという考えは古いですか?

剣道はスポーツではなく武道だという考えは古いですか?
また、 スポーツ化した武道は堕落したと考えるのはおかしいですか?

Aベストアンサー

小学校2年生から剣道を始めた者です。
経験者からもうしますと、剣道は武道であってほしいと思います。

刀を使っての決闘は今は必要なくなりましたが、それに代わるものとして試合というものがあるのだと思います。日本固有の武道であるがゆえに、オリンピックの競技にも加えられない。
"武士道”を外国人が理解することは永遠にないとおもいますが、武士道精神をもつ日本人の考えはそれをひけらかさなくてもかなり上等な教育・躾ではないでしょうか?

"国家の品格”や”武士道”を読んで、日本人はもっと誇りに思うべきです。
それを露にしないのも武士の心を持つ日本人の”美徳”であると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報