老人専門施設で、ほぼ夜勤専門で働いている看護師です。
当施設の私が働くフロアとは別のフロアに入所されている男性に関して、皆さまからご意見・アドバイスを頂けたらと考えています。

その男性(70代)は諸事情により尿道バルーンカテーテルを留置しています。
泌尿器科の医師いわく、「半永久的に留置が必要」とのこと。
すでに1年が経とうかという期間です。ですが、固定方法が適当でなかったのか、
カテーテルが尿道口を圧迫し続け、2cmほど陰茎の根本側へ沈んだ状態になりました(これが尿道婁とういうものでしょうか?)。
もちろん、あちらのフロアの看護スタッフは異常に気づいていたものの、消毒・洗浄のみを連日行ってきただけで、他の対策は取ってこなかったようです。
(これに対するお叱りはごもっともですが、この場では意味をなさないので止めてください)

本日、合同のカンファレンスがあったので、ちょっと提案してみたんです。
カテーテルの固定を、現状の下腹部から大腿へ変更して様子を見ては?と。。。
もちろん、男性の場合下腹部固定が常識であることは承知しています。その意味も。しかし、このままの状態でいいはずが無いのに、現状維持では、どんどん状態が悪化していくのは明白です。
何か良い対策は無いでしょうか?

上司を含めたスタッフ間では、
「ちょっとやってみようか」という意見もあれば、
「膀胱に穴を開ける気か?!中の様子はわからないんだぞ!」という意見まで様々です。
結論は出ていません。

私が考えた対策としては、大腿への固定意外にもあります。
それは、サイズのぴったりな布パンツを履いていただくというものです。カンファレンスでも提案してみました。

補足すると…、その男性は寝たきりではなく、4点歩行器を使用して歩行訓練のできる方です。見守りが必要ですが。
下着は便失禁が時々少量ずつある関係上、リハビリパンツ+尿取りパットを使用しています。サイズはМです。
私は原因として、固定そのものの方法もあると思いますが、サイズの合わない(可能性としてパンツ内に空間が生まれる?!)ために、
陰茎が流動的に動き、カテーテルの圧迫を許しているのではないか…というものです。

とりあえず、本日御家族にブリーフの綿パンツを持参して頂きました。
これで下腹部に固定してどうなるか…。
しばらく期間が必要ですが、この方法でやってみることになりました。

何かご意見・他アドバイス頂けたら有難いです。
わかりにくいかと思いますが、希望があれば補足いたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

基本的には泌尿器科受診して指示をもらう です。


泌尿器科の医師に叱られない程度の事を上げてみます。
長期にバルーンが入っているのなら、そのバルーンの管が尿道を圧迫してる筈ですので一度抜いたらどうですか?
  生食で膀胱洗浄をして膀胱内をキレイにして、バルーンをふくらませている水(空気)を抜いて ペシャンコにして抜く。70歳くらいなら膀胱に200-300mlたまったら失禁しますので 一番良いのは そろそろ失禁するかな と感じた時 細いネラトンにキシロカイゼリーを塗って導尿する(今まで太いバルーンカテ-テルが入っていたのだから 抵抗無くネラトンは入る筈。面倒なら 一番細い管を留置する(例えば点滴の時使う トンボ針(翼状針)の針の部分をハサミで切って先をライターであぶれば先端の鋭さの無い超細いカテーテルのできあがり、点滴につなぐ要領でハルンバッグに翼状針はつなげる。 こうやって数日でまず圧迫性尿道炎を回復させる。固定はゆとりを持たせて太ももの内側。 まず 圧迫を除去したらどうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
職場内で検討してみたいと思います。

お礼日時:2009/05/22 11:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q尿道カテーテル取り外し後の痛み。

入院で尿道カテーテルを4日間実施しておりました。
尿道カテーテルの挿入は医者が丁寧に行って頂き(激痛もありました…)まして問題なかったです。
挿入した4日間は違和感はありましたが何とか耐えれました。

ここからが問題です。4日後に尿道カテーテルを抜きました。
取り外しはベテランぽい看護師さんでした。
カテーテルを抜いて5日間経つのですが未だに内臓が痛い時があります。
どこが痛いか分かりませんが尿を放出する際に感じるので膀胱の様です。
抜くまでとカテーテルを入れる前は何とも無かったのですが…
この内容を担当医に伝えましたら数日で慣れます(直る?)との回答。

正直、言葉で表せない痛みなのですが…膀胱に傷とかがあるのでしょうか?

昨日退院して…担当医から出勤許可も出て、明日から会社へ出勤予定です。
このまま数日続く事があれば他の病院で検査して頂こうかなとも思ってます。
どうすれば良いのか案等お願い致します。結構、急いでおります。

Aベストアンサー

尿道カテーテルはやわらかい素材で出来ていますが、体内に異物を入れていたわけですので、そういったことは良くあります。
小さな傷がつくことはありますが、血尿などがあるわけではないですよね?
質問者さんは男性ですか?
男性だと女性より尿道自体が長い構造ですので、カテーテル抜去後の違和感(痛み、不快感、尿意に敏感になるなど)が出やすいです。

挿入や抜去時の手技に上手い、下手がなくはないですが、よほどでない限りそれとの関係は薄いと思います。
医師だったから上手い、看護師だから下手というのはない。
職種よりは経験年数の方が関係あるかもしれません。
(ベテランの看護師ならその人が悪い事はほぼゼロでしょう)

先生のおっしゃるとおり「そのうち直ります」が正解です。
どんな事にも100パーセントはないので病院に行かれるのは自由ですが、きっと「様子みてください」で終了だと思われます。

Q血尿の原因が心配です。

尿閉を起こした為現在、バルンカテーテルを留置していますが、今朝チューブの所に血液が相当量入っていました。その後は目で見た感じでは止まっているようです。気になるので病院を受診しましたが、止血薬を処方されただけで、どのような事が体の中で起こっているのかとても心配です。気をつける事があれば教えてください。

Aベストアンサー

尿閉になってしまったとは、大変ですね。
尿閉になってしまうと、質問者様のように膀胱留置カテーテル(バルンカテーテル)を挿入します。
カテーテルを挿入すれば、すぐに尿は排泄されますから、尿閉は解消されます。

しかし、カテーテルの管理には様々なトラブルがあります。
そのうちの1つが出血・血尿です。
理由はいくつかあります。

➀カテーテルの先端が、膀胱内の壁をつついた
➁挿入時に尿道を傷つけた
③それまで尿閉を起こして膀胱内がキンキンの高圧力に耐えていたのが解消され、圧迫されていた微小血管が解放されてそ の反動で出血を起こす

多くは、カテーテルを不用意に引っ張ってしまったことによる➀の理由が多いですが、膀胱癌による出血でなければ自然に止まります。
ただ、出血したあとは血液が固まることで、せっかく入れたカテーテルが閉塞してしまうことがあるので要注意です。

もし出血が続く、カテーテル挿入部の脇から尿が漏れ出る、流出量が少ないということがありましたら、泌尿器科を受診しましょう。
また、カテーテルを常時挿入していることが苦痛であれば、その都度使い捨てのカテーテルを自分で挿入する自己導尿という方法もありますので、ご検討くださいね。

ご参考になれば幸いです。
お大事に。

尿閉になってしまったとは、大変ですね。
尿閉になってしまうと、質問者様のように膀胱留置カテーテル(バルンカテーテル)を挿入します。
カテーテルを挿入すれば、すぐに尿は排泄されますから、尿閉は解消されます。

しかし、カテーテルの管理には様々なトラブルがあります。
そのうちの1つが出血・血尿です。
理由はいくつかあります。

➀カテーテルの先端が、膀胱内の壁をつついた
➁挿入時に尿道を傷つけた
③それまで尿閉を起こして膀胱内がキンキンの高圧力に耐えていたのが解消され、圧迫されていた微小血...続きを読む

Qバルンカテーテルの挿入の仕方のポイント

ある施設の看護婦ですが、非常勤の医師はいますが、殆どバルンはナースがいれないといけません。医師の介助はしたことがあるのですが実際挿入したことがないのでうまく入れるポイントなど男性、女性の場合どちらもどなたか教えてください。看護婦も少なく殆ど一人でしないといけないので困っています。

Aベストアンサー

これは私が新人のころ先輩に教わったコツなんですが、お役に立てればと思います。 
 まず男性の場合→はじめは下向いてるペニスをバルンを自分が入れやすい角度で持ち、挿入していきます。しばらく入れていくと、壁にあたったような軽い抵抗を感じます。そうしたら、ペニスを直角にするか、腹部のほうに向けて再び挿入していきます。男性の尿道の長さより2~3cm長く挿入し、バルンを膨らませます。初めから直角に持って挿入しても問題ないと思います。 
 また、仮性包茎の人は、しっかりと皮をむいてから挿入し、挿入後は皮を元に戻しておきましょう。勃起したときに、俗に言うカリの部分が締め付けられて亀頭がうっ血してしまうのです。(泌尿器科のDrが言ってました)
 前立腺肥大のある患者さんはこの方法でも入りにくい場合があります。そのときは無理をせず、Drに挿入してもらってください。 
 女性の場合→陰核の下あたりにバルンの先端を当て、まっすぐ滑らせていけば尿道に入ることが多いです。しっかりと開脚してもらい、尿道が見えるように、大陰唇や小陰唇を指で広げましょう。バルンの膨らませ方は男性と一緒です。
 たまに尿がチューブ内に逆流してこないときがありますが、くれぐれも入れ過ぎには注意してくださいね。膀胱を傷つけてしまいますから。

これは私が新人のころ先輩に教わったコツなんですが、お役に立てればと思います。 
 まず男性の場合→はじめは下向いてるペニスをバルンを自分が入れやすい角度で持ち、挿入していきます。しばらく入れていくと、壁にあたったような軽い抵抗を感じます。そうしたら、ペニスを直角にするか、腹部のほうに向けて再び挿入していきます。男性の尿道の長さより2~3cm長く挿入し、バルンを膨らませます。初めから直角に持って挿入しても問題ないと思います。 
 また、仮性包茎の人は、しっかりと皮をむいてから挿...続きを読む

Q導尿カテーテルを抜いた後の痛み

おととい手術をしまして、昨日まで導尿カテーテルというものを繋いでいました。
昨日抜いてもらって、今日家に帰ってきたのですが、管を抜いてからというものおしっこする度に痛くてたまりません。
医者には「そのうち治るから」と言われています。それはわかりました。しかし今のこの痛みを何とかしたい・・・
個人的な感覚ですが、とても細い管の中に無理やり水を通すような感覚です。尋常じゃない痛みです。治るまでのとりあえずの方法でいいので何とか痛みを軽減できないでしょうか?

Aベストアンサー

手術後に飲むようにと言われた抗生物質(炎症止め)さえちゃんと飲んでいれば、カテ挿入で起きた炎症も、いずれ収まる筈です。

当方も手術でカテ挿入の経験があり、抜いた後の4~5日が辛かったですが「我慢する」しかありませんでした。

QLKって何の略語ですか?

いつもわかりやすい回答ありがとうございます。略語について教えていただきたいのですが、LKとは何の疾患のことなのでしょうか??

Aベストアンサー

答えは出ていますが肺癌です。参考サイトなどは参考になりますか?

http://trhome.med.u-tokai.ac.jp/contents/TC/ryakugo.txt

http://www.niji.or.jp/home/pivot/dict.html#A

なのです。詳しくありませんが、この業界(医療)はドイツ語と英語がそれぞれ使われているようです。例えばNSCLCなどですね。非小細胞肺癌:non‐sma
ll‐ cell lung cancerの略です。英語ですね。

Q絶食していても点滴をしていれば便が出るのは何故?

一週間以上絶食して、何度も浣腸をしていても
点滴をしていれば便は出るそうですが(3日に1回くらい、浣腸で無理に出しますが)、
どうして何も食べていないのに便が出るのですか?

Aベストアンサー

>『絶食していても点滴をしていれば便が出るのは何故?』
>一週間以上絶食して、何度も浣腸をしていても
>点滴をしていれば便は出るそうですが
>(3日に1回くらい、浣腸で無理に出しますが)、
>どうして何も食べていないのに便が出るのですか?

こんにちは.

回答としては,
点滴をしていなくても,
医学的に『飢餓便』と言われる便が排出されます.
特徴は,黒く臭いが強いといわれていますが,
私は実見の経験はありません.

絶食をしても体は,生活上の動作をする他,
生物としての恒常性を保つためのカロリーが必要です.
絶食をするとカロリ-の基となる糖質や脂肪が血液中に不足します.
そこで緊急避難的に,
体を構成している筋肉などのタンパク質などから,
緊急的に転用してカロリー源として使用します.

タンパク質は,ほんらい体を形作ったり,
生活の営みにたずさわる酵素やホルモンなどに使われるのですが,
体の構造物である筋肉などから転用すると,
体内で完全に消化・吸収されずに,
残りカスが老廃物として腸内に排出されます.
その際に腸壁から剥離された上層粘膜などと一緒になった物が
いわゆる『飢餓便』と言われる物です.

大腸の中に排出された老廃物は,
臭いの強い『スカトール』や『インドール』に分解されます.
これらはタンパク質が大腸内の常在細菌による,
副次的作用によって分解され生産された『臭い物質』です.

断食をすると確かに,
当初は消化器官が休まり,便の臭いも薄くなりますが,
その後数日で先述した作用で強い便臭が出るようになります.

ところで浣腸をしているとの事ですが,
浣腸は本来,便秘の場合に対処する療法ですので,
本来の目的以外での浣腸は個人的にはお勧めできません.

定期的な排便が正常に行われなくなる,
『習慣性便秘』が予想されますからお止めになることを考慮してください.

さらに大腸内のいわゆる,『大腸菌』には多数の種類が存在していますが,
その菌のバランスがとれた状態が崩れる可能性が考えられます.
正常な大腸内はさまざまな大腸菌がバランスをとっているために,
寄宿先の体に悪さをしないのです.

腸内には居候を決め込んだ無数の細菌群が存在しますが,
普段健康な人に棲み込んでいるのは大腸菌といわれる一群です.

他の回答にもありましたが,
腸内細菌は便の固形成分の1/4量ほどを占めて排出されています.
つまり,便の半分近くは細菌であり,
腸内細菌が正常に働いてくれるお陰で,
人は健康に生きていけるのです.

不必要な浣腸は有用な腸内細菌まで,
強制的に排出しますから先述のバランスを壊す事になります.
乱用は慎まれた方がよろしいかと思われます.

40年前に学んだ古い知識ですが,
この回答が,ご質問者さまの疑問解消の一助になれば幸いです.

>『絶食していても点滴をしていれば便が出るのは何故?』
>一週間以上絶食して、何度も浣腸をしていても
>点滴をしていれば便は出るそうですが
>(3日に1回くらい、浣腸で無理に出しますが)、
>どうして何も食べていないのに便が出るのですか?

こんにちは.

回答としては,
点滴をしていなくても,
医学的に『飢餓便』と言われる便が排出されます.
特徴は,黒く臭いが強いといわれていますが,
私は実見の経験はありません.

絶食をしても体は,生活上の動作をする他,
生物としての恒常...続きを読む

Q非常にきつい拘縮の手にガーゼを差し込む(×_×)

私は某高齢者ディサービスセンターのパートの介護福祉士です。
86歳女性で寝たきり、左半身に拘縮がある方のことについて相談兼、愚痴を聞いて下さい。
この方の拘縮はかなりきついものがありますが、家族は拘縮箇所にクッションを入れるとか、リハビリをするとか全くされてきませんでした。
その意図は測りかねますが、主に主の介護者(お嫁さん)との意思疎通は最悪だということも原因だと思われますし、拘縮予防の知識が無かったのも原因だと思われます。
特に問題なのが左手で、指が手のひらに食い込んでいる状況です。中はじゅくついているときもあります。(゜ロ゜;) もちろん家族はリハビリどころか、手浴をすることもありません。
ちなみにたまに別の施設でショートスティを利用されますが、そこでも手は何もされていない状態です。
けと当施設では看護師が爪切りもしますし、この利用者が痛いといわれても、じゅくつくのを予防するためドライヤーで乾燥し、手にガーゼをはさんでいただきます。
でもそのときの痛がりようはすごいものなので、骨折されたり何かあってもらっては困るので、この間ガーゼを入れるのは看護師さんにお願いしようとしたら、パートの私に「看護師でなくても出来ます。自分でやって下さい」と言われてしまいました。
この利用者はスタッフの構成をよくご存知で、看護師さんのことよくご存知です。だから私がやろう思うなら「看護婦さんはいないの?」って言われます。
もし痛がられるのを無視してガーゼを入れ、骨折でもされたら「看護婦さんに頼んでくれれば良かったのに」とか言われたら嫌だし、とても怖いのです。
拘縮予防のために、これらのことをしなければならないのはよく分かりますが、慣れない私がこんなことやっていいものなのでしょうか? やらなければならないのでしょうか? それか上手くガーゼを入れるコツはありますか?
どなたかアドバイスお願いします。

私は某高齢者ディサービスセンターのパートの介護福祉士です。
86歳女性で寝たきり、左半身に拘縮がある方のことについて相談兼、愚痴を聞いて下さい。
この方の拘縮はかなりきついものがありますが、家族は拘縮箇所にクッションを入れるとか、リハビリをするとか全くされてきませんでした。
その意図は測りかねますが、主に主の介護者(お嫁さん)との意思疎通は最悪だということも原因だと思われますし、拘縮予防の知識が無かったのも原因だと思われます。
特に問題なのが左手で、指が手のひらに食い込んでい...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ!はじめまして!
ナースとの一体感が感じられない職場のようで大変ですね。

ところで、看護師または介護福祉士である貴方が介助で他動的に指を動かすことだけを考えておいでのようですが、この利用者さんは反対側の手で左手指を動かすことは出来ないのでしょうか?
もし可能であれば、少しづつでも動かして戴けると、いずれはかならず、或る程度両手を組んだ形を作れるようになります。(強度の伸展制限があるものの、完全な強直ではないと思いますので…。)

介助で広げていかれるのでしたら、#2さんがおっしゃる方法で指関節の柔軟性を引き出し(靭帯伸長・隙間の潤滑)た後、指を出来るだけ伸ばした状態のまま手首を背屈させていきます。一本一本おこなうとやりやすいです。慣れは必要ですが。

ただ、ガーゼを挟むにしても、強い痛みが続くような状態でいることは、かえって屈曲方向の筋緊張を増強させてしまい、結果として逆効果となるので気をつけてください。

関節可動域・筋力の改善を目指すだけではなく、筋緊張をよい状態にコントロール出来なくては意味がありません。
動かして差し上げる際の、利用者さんの姿勢等は 可能な限り緊張が抜けやすい格好にしてあげてください。ポジショニング等については先日他で回答しましたので参考URLで載せておきますね。

ちなみに本件の場合、靭帯や筋肉を傷める可能性はありますが、骨折する事はまず無いと思います。
また、白く?侵軟している部分は、ドライヤーで強制乾燥させると、皮膚が割れて疼痛が現れ、余計伸ばすのを嫌がってしまうかも知れません。
また、真菌感染している場合、白血球やマクロファージといった免疫機構が遊走するためには表面がカラカラでないほうが良いです。
低刺激石鹸や、ヒビテン等消毒薬を用いての手浴を頻回に行い、タオルドライ程度で済ませるほうがよいのではないでしょうか?

ナースの言葉は、自分がおこなうのを嫌がっているのか、貴方たち介護職の方々に経験を積ませようとしているのか、正直どちらか分かりません。

事故が起こるのを恐れる気持ちは理解できますが、貴方は「介護の専門家」ですから「利用者さんのことだったら、看護師にも絶対負けない!」と言える位になれるといいなーと思います。介護職の方は、本人や家族の代理としてなら何でもおこなう事が許される というのが私の考えです。

「怖い」原因は多分、解剖・生理・病理学的知識の不足だと思いますので、「看護師にやって欲しい」ではなく、ナースにしっかり教えて貰ってみてはいかがでしょう?それが相互交流ひいては仲間意識の確立に繋がるかも知れませんし…一石二鳥って(笑)。

自信持てるようなれるよう応援しますね。ガンバレー!
何年もしっかりした経験を積めば、手のケアに関して、Dr.やNs.やOT・PTといった医療職よりも専門家になることは可能です。

以上、長々と失礼しました。少し辛口ですがご参考になれば幸いです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1077221

こんばんわ!はじめまして!
ナースとの一体感が感じられない職場のようで大変ですね。

ところで、看護師または介護福祉士である貴方が介助で他動的に指を動かすことだけを考えておいでのようですが、この利用者さんは反対側の手で左手指を動かすことは出来ないのでしょうか?
もし可能であれば、少しづつでも動かして戴けると、いずれはかならず、或る程度両手を組んだ形を作れるようになります。(強度の伸展制限があるものの、完全な強直ではないと思いますので…。)

介助で広げていかれるのでしたら、...続きを読む

Q男性の尿道カテーテル

今度尿道カテーテル(重篤な病気とかではないのですが一度だけ必要といわれました)をすることになったのですがネットでみているととても不安で仕方ありません、男性の場合はどのようにしてそれをするのでしょうか? 非常にこわくて仕方ありません

Aベストアンサー

尿道カテーテル挿入は医師のみで看護師はできません。
取り外しは看護師でも可です。

さて本題ですが尿道の先にゼリーのような物をつけて
管を膀胱まで差し込みます。(全然入っていきません)
激痛です。出血したかと思い先生に聞いてしまいました。
抜く時は違和感があるものの痛みはありません。
一回目のトイレは痛いですが…
ま、相当痛いと思っていれば意外にたいした事ないかもしれません(笑)

Q足の血圧が高いのはなぜ?

腕で測る血圧と、足で測る血圧では、足のほうが20-30位高いのはなぜ?

知ってる方いたら教えてください。

Aベストアンサー

平均血圧は、心拍出量と全末梢血管抵抗によって規定され、両者の積に比例します。
ある血管での血圧は、その血管を流れる血流量が多いほど、そしてその血管の抵抗がおおきいほど上がります。
血管の抵抗は、血管の長さが長いほど、断面積が小さいほど、血液の粘性が高いほど大きくなります。

上肢と下肢を比較すると、血液の粘性は同じですが、
(1)下肢のほうが上肢より長く、
(2)断面積が大きく、
(3)血流量が大きい

ということになりますが、(1)と(3)は血圧を上げる方向に働き、(2)は血圧を下げる方向に働きます。

(2)単独の関与より(1)(3)の関与の程度のほうが大きいから、下肢の血圧のほうが上肢の血圧より高いのだと思いますが。

Q腫瘍と腫瘤のちがいは?

腫瘍と腫瘤のちがいはなんでしょうか?
たとえば肝臓に発生で例えると前者は内部、後者は表面発生のニュアンスでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

私の文章が悪かったようです。腫瘤と腫瘍は比べることが不適当な☆別次元☆の言葉です。

とはいえ、腫瘍は腫瘤とは★区別されるものではありません★。

白血病を除く殆どの腫瘍は腫瘤を形成します。

字が似ていて混乱するのはやむを得ません。

腫瘤という呼び方をやめて、単に「かたまり」と言い換えてもいいでしょう。そうすれば、腫瘍と区別するとかしないとか考えずに済みます。

■子宮に腫瘤があり、調べてみたら良性腫瘍だった。→子宮にかたまりがあり、調べてみたら良性腫瘍だった。

と言い換えることができます。

「肝腫瘤」という言い方はあまりしません。また、「肝臓についている」という表現を拝見すると誤解なさっているようです。肝臓の内部にかたまり状の病変があるときは、「肝内に腫瘤を認める」という表現をします。

■肝内に径3cmの腫瘤を認め、エコー下針生検を施行したところ、病理組織は肝細胞癌(悪性腫瘍)であった。

■肝内に径3cmの腫瘤を認め、エコー下針生検を施行したところ、病理で膿瘍(怪我のときのうみのようなもの)と判明した。

というような例文が正しいのです。

私の文章が悪かったようです。腫瘤と腫瘍は比べることが不適当な☆別次元☆の言葉です。

とはいえ、腫瘍は腫瘤とは★区別されるものではありません★。

白血病を除く殆どの腫瘍は腫瘤を形成します。

字が似ていて混乱するのはやむを得ません。

腫瘤という呼び方をやめて、単に「かたまり」と言い換えてもいいでしょう。そうすれば、腫瘍と区別するとかしないとか考えずに済みます。

■子宮に腫瘤があり、調べてみたら良性腫瘍だった。→子宮にかたまりがあり、調べてみたら良性腫瘍だった。

と言い換...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報