砂糖の一日の摂取量は20gとあり、ブドウ糖は脳にとって必要不可欠で120g摂取すると良いとあります。

砂糖はブドウ糖と果糖からなり小腸で分解され、吸収されるということはどう理解すればいいでしょうか・・・
素人で詳しい部分は勉強折らず恐縮ですが専門家の方、ご教授頂けないでしょうか?

清涼飲料水はコカコーラなどは軽く30gを越えるので太るということは昔から知っていたのですがブドウ糖についての知識は全く知りませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

糖類の最小単位はグルコース(ブドウ糖)です。

糖類は、ブドウ糖の結合のしかたで、麦芽糖になったり、
果糖になったり、蜂蜜になったりします。
欧米で砂糖というと精製グラニュ糖のことですが、日本で砂糖というとブドウ糖と果糖の混合物を言います。

砂糖は一日に20g以下というのは、栄養バランスについての話です。
脳に不可欠な120gというのは脳のエネルギーのことです。

脳のエネルギーはブドウ糖で、脂肪は脳の血管を通過できません。
脳は1時間にブドウ糖を6g消費するので、1日では144g消費します。
ただし、睡眠中は消費量がやや落ちるので、結局1日に134gを消費します。
もしも、1日の糖質摂取量が100gを切ると、カラダはエネルギーの不足分を補うために筋肉をつぶしてブドウ糖を作ります。
120gというのは、糖新生を防ぐための最小限度の摂取量です。

一方、栄養バランスについてですが、小ぶりの女性茶碗にご飯を3杯食べると、120gのブドウ糖が摂れます。
もしも、20gの砂糖を調味に使うと、ちょうど1日の必要量になります。
ところが、清涼飲料水やコーラなどで砂糖を摂ると、糖質過多になります。
この意味で、砂糖は20gまでといわれるのだろうと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい解説有難うございました。読み間違えたかもしれません。
大体人それぞれなので一概に言えない事と思います。

お礼日時:2009/05/31 19:43

スクロースはC12H22O11ですから1モルあたり342g


グルコースはC6H12O6ですから1モルあたり180gになります。
ですから砂糖342gにブドウ糖180gが含まれているという言い方なら出来ます。

>砂糖の一日の摂取量は20gとあり、ブドウ糖は脳にとって必要不可欠で120g摂取すると良いとあります。
これをどう解釈するかですね。
少なくとも砂糖20g=ブドウ糖120gにはなりませんよね。
ブドウ糖の供給源は砂糖よりも炭水化物(でんぷんなど)が多いですから、
砂糖からのブドウ糖+炭水化物からのブドウ糖+α=120g
という意味ではないでしょうか。
    • good
    • 1

砂糖はショ糖(スクロース)といいます。


2糖類です。つまりは単糖類が二つくっついた形をしています。
その二つの単糖類がブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)です。

という答えでいいですか?
それとも何か、別のことをお聞きになりたいのですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速有難うございます。ということは、ブドウ糖120g=ショ糖20gでしょうか・・・・理屈だけいえばの話ですが。

お礼日時:2009/05/21 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブドウ糖の適切な摂取量は?

最近食事をとってもすぐに強い空腹感があります、なので間食が増え
体重も増える一方・・・・知人がブドウ糖が良いと聞いたのですが
これって過剰摂取すると糖尿病になったりすると聞いたのですが
一日に摂取する量は何回に何グラム程度が適当なのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。補足をありがとうございます。
食後にすぐ空腹感を感じるのは、可能性のひとつとしてですが、
栄養不足と糖分の過剰摂取があいまって、血糖値の調節機能がおかしくなっているからかもしれません。

糖尿病は血糖値が高いままになりますが、
あまり知られていない病気で、血糖値の乱降下を起こす「機能性低血糖症」という慢性疾患もあります。
私自身がこの病気の治療中です。

血糖値が下がると空腹感を感じたり、人によっては甘味への渇望感が起こったり、冷や汗、動悸、イライラ感、眠気など感じることもあります。

人の体の仕組みとして、食事をして血糖値があがると、しばらくしてすい臓からインスリンが分泌されます。

甘いものを大量に食べると血糖値が急上昇しますが、糖分過剰摂取が続くとすい臓が疲労し、
インスリンを分泌しすぎるようになることがあります。
人によって症状は異なりますが、食後にすぐ空腹感を感じるということは、インスリンが急激に多量に分泌されているのかもしれません。

また、偏食や小食により栄養素が不足していると、体中が劣化するのですが、
細胞膜が劣化することによってホルモンなどの刺激を受けやすくなることもあるそうです。
この場合は、分泌されたインスリンの量がさほどでなくても、過剰に影響を受けて低血糖を起こすこともあります。

もしかしたら、これまで血糖値の異常を指摘されたことはないかもしれませんが、
一般的な血糖値の検査では、健康診断時に1回、詳しい検査をするときでも2時間程度の検査しかおこなわれないようです。
「機能性低血糖症」を判定するためには5時間かけて検査をして変動値を見る必要があるので、
残念なことに、見てくれる病院はかなり限られます。

仕事がハードで食事もままならないというような状況で、お菓子や単糖類(ブドウ糖や砂糖など)を摂ることは、厳しい言葉で大変申し訳ありませんが、命取りです。
血糖値を急上昇させて体の負担になるだけでなく、
ただでさえ充分に摂取できていないビタミンやミネラルを消耗してしまうからです。

急に倒れるというような身体的な心配もありますが、うつ病やパニック障害のような形で表れる可能性もあります。

今後も平常に働いていけるようにするためには、
基本的なこと、バランスの取れた三食と充分な睡眠、適度な運動が必要です。
今の時代は本当に労働状況が苦しいですが、
いつまでも、これまでのような無理は続かないです。
空腹が満たされてさえいれば大丈夫とついつい思いがちですが、
栄養不足と糖分の過剰摂取は、一般的に知られているよりはるかに怖いことです。

食事には、ソバやおにぎりだけというようなものはやめて、
野菜や肉・魚、海藻類など、できるだけ多くの食材を使ったものを食べてください。
おやつには煮干、ナッツ類、無調整の豆乳、ゆで卵、チーズなどがよろしいです。

No.3です。補足をありがとうございます。
食後にすぐ空腹感を感じるのは、可能性のひとつとしてですが、
栄養不足と糖分の過剰摂取があいまって、血糖値の調節機能がおかしくなっているからかもしれません。

糖尿病は血糖値が高いままになりますが、
あまり知られていない病気で、血糖値の乱降下を起こす「機能性低血糖症」という慢性疾患もあります。
私自身がこの病気の治療中です。

血糖値が下がると空腹感を感じたり、人によっては甘味への渇望感が起こったり、冷や汗、動悸、イライラ感、眠気など...続きを読む

Qブドウ糖が含まれてる食品を教えて下さい。

ブドウ糖が脳の栄養にかかせないものだとわかりました。
米・パン・麺類以外で、ブドウ糖が含まれてる食品を教えて下さい。

Aベストアンサー

 芋類などもOKです。あとは、菓子類、果物、野菜、アルコールもOK。とにかくよく噛むことです。唾液と混ざり合うことで、吸収を高めます。
 取りすぎると脂肪へと変わりますので、肥満の元です。あなたの体重×4kcalが、一日の必要量と思ってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報