砂糖の一日の摂取量は20gとあり、ブドウ糖は脳にとって必要不可欠で120g摂取すると良いとあります。

砂糖はブドウ糖と果糖からなり小腸で分解され、吸収されるということはどう理解すればいいでしょうか・・・
素人で詳しい部分は勉強折らず恐縮ですが専門家の方、ご教授頂けないでしょうか?

清涼飲料水はコカコーラなどは軽く30gを越えるので太るということは昔から知っていたのですがブドウ糖についての知識は全く知りませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

糖類の最小単位はグルコース(ブドウ糖)です。

糖類は、ブドウ糖の結合のしかたで、麦芽糖になったり、
果糖になったり、蜂蜜になったりします。
欧米で砂糖というと精製グラニュ糖のことですが、日本で砂糖というとブドウ糖と果糖の混合物を言います。

砂糖は一日に20g以下というのは、栄養バランスについての話です。
脳に不可欠な120gというのは脳のエネルギーのことです。

脳のエネルギーはブドウ糖で、脂肪は脳の血管を通過できません。
脳は1時間にブドウ糖を6g消費するので、1日では144g消費します。
ただし、睡眠中は消費量がやや落ちるので、結局1日に134gを消費します。
もしも、1日の糖質摂取量が100gを切ると、カラダはエネルギーの不足分を補うために筋肉をつぶしてブドウ糖を作ります。
120gというのは、糖新生を防ぐための最小限度の摂取量です。

一方、栄養バランスについてですが、小ぶりの女性茶碗にご飯を3杯食べると、120gのブドウ糖が摂れます。
もしも、20gの砂糖を調味に使うと、ちょうど1日の必要量になります。
ところが、清涼飲料水やコーラなどで砂糖を摂ると、糖質過多になります。
この意味で、砂糖は20gまでといわれるのだろうと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい解説有難うございました。読み間違えたかもしれません。
大体人それぞれなので一概に言えない事と思います。

お礼日時:2009/05/31 19:43

スクロースはC12H22O11ですから1モルあたり342g


グルコースはC6H12O6ですから1モルあたり180gになります。
ですから砂糖342gにブドウ糖180gが含まれているという言い方なら出来ます。

>砂糖の一日の摂取量は20gとあり、ブドウ糖は脳にとって必要不可欠で120g摂取すると良いとあります。
これをどう解釈するかですね。
少なくとも砂糖20g=ブドウ糖120gにはなりませんよね。
ブドウ糖の供給源は砂糖よりも炭水化物(でんぷんなど)が多いですから、
砂糖からのブドウ糖+炭水化物からのブドウ糖+α=120g
という意味ではないでしょうか。
    • good
    • 1

砂糖はショ糖(スクロース)といいます。


2糖類です。つまりは単糖類が二つくっついた形をしています。
その二つの単糖類がブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)です。

という答えでいいですか?
それとも何か、別のことをお聞きになりたいのですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速有難うございます。ということは、ブドウ糖120g=ショ糖20gでしょうか・・・・理屈だけいえばの話ですが。

お礼日時:2009/05/21 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブドウ糖は試験のどれくらい前に摂取すべきか?

頭を使うときにはブドウ糖を摂取しておくと良いらしいですが、たとえば試験対策で摂取する場合、試験のどれくらい前に摂取すると効果的なんでしょうか?

Aベストアンサー

直前でもかなり効果があるような気がしました。

私はブドウ糖を買って、試験の10分前くらいに、口いっぱいにほおばって受験しました。本当はいけないのかな?試験中は。でも、試験前に食べたものなので、まあいいかな、と。試験中には少しずつなめながらやりましたよ。
これ、やるのとやらないのでは本当に違いますよね。頭が疲れないですよね~。

関係ないですが、試験会場が暖かいと眠くなってしまうので、すぐに脱げるような服装がいいですよ。

Q果糖ブドウ糖液糖について

ほとんどの清涼飲料水の缶の原材料に果糖ブドウ糖液糖とありますが、これは体にとって
悪いものなのですか?あとなぜ飲料水に入れられているのですか?単に砂糖水なのですか?

Aベストアンサー

 申し訳ない。転化糖のことだと思いこんでいました。
以下のURLに詳しい解説があります。
作り方はこう。まずトウモロコシからデンプンを取り出す。何故トウモロコシかというと、値段が安いからである。それにアミラーゼ等の酵素を作用させるとデンプンは加水分解され、主としてグルコースからなる糖液が得られる。これにさらにグルコースイソメラーゼとよばれる酵素で処理すると、グルコースの一部がフルクトースに変化(異性化)する。この混合糖液が異性化液糖、通称コーンシロップと呼ばれるものなのである。
JISではさらに細かい分類がなされており、フルクトース含有率が50%未満のものを「ぶどう糖果糖液糖」、50%以上90%未満のものを「果糖ぶどう糖液糖」、90%以上のものを「高果糖液糖」と呼んで区別している。この異性化糖は砂糖より安く、甘いため使用されている。ただ砂糖にくらべて味の深みに欠け、単体では単調な印象を与える。

参考URL:http://home.highway.ne.jp/ichiro/colawp/seasonal/199901/special/

Qブドウ糖の適切な摂取量は?

最近食事をとってもすぐに強い空腹感があります、なので間食が増え
体重も増える一方・・・・知人がブドウ糖が良いと聞いたのですが
これって過剰摂取すると糖尿病になったりすると聞いたのですが
一日に摂取する量は何回に何グラム程度が適当なのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。補足をありがとうございます。
食後にすぐ空腹感を感じるのは、可能性のひとつとしてですが、
栄養不足と糖分の過剰摂取があいまって、血糖値の調節機能がおかしくなっているからかもしれません。

糖尿病は血糖値が高いままになりますが、
あまり知られていない病気で、血糖値の乱降下を起こす「機能性低血糖症」という慢性疾患もあります。
私自身がこの病気の治療中です。

血糖値が下がると空腹感を感じたり、人によっては甘味への渇望感が起こったり、冷や汗、動悸、イライラ感、眠気など感じることもあります。

人の体の仕組みとして、食事をして血糖値があがると、しばらくしてすい臓からインスリンが分泌されます。

甘いものを大量に食べると血糖値が急上昇しますが、糖分過剰摂取が続くとすい臓が疲労し、
インスリンを分泌しすぎるようになることがあります。
人によって症状は異なりますが、食後にすぐ空腹感を感じるということは、インスリンが急激に多量に分泌されているのかもしれません。

また、偏食や小食により栄養素が不足していると、体中が劣化するのですが、
細胞膜が劣化することによってホルモンなどの刺激を受けやすくなることもあるそうです。
この場合は、分泌されたインスリンの量がさほどでなくても、過剰に影響を受けて低血糖を起こすこともあります。

もしかしたら、これまで血糖値の異常を指摘されたことはないかもしれませんが、
一般的な血糖値の検査では、健康診断時に1回、詳しい検査をするときでも2時間程度の検査しかおこなわれないようです。
「機能性低血糖症」を判定するためには5時間かけて検査をして変動値を見る必要があるので、
残念なことに、見てくれる病院はかなり限られます。

仕事がハードで食事もままならないというような状況で、お菓子や単糖類(ブドウ糖や砂糖など)を摂ることは、厳しい言葉で大変申し訳ありませんが、命取りです。
血糖値を急上昇させて体の負担になるだけでなく、
ただでさえ充分に摂取できていないビタミンやミネラルを消耗してしまうからです。

急に倒れるというような身体的な心配もありますが、うつ病やパニック障害のような形で表れる可能性もあります。

今後も平常に働いていけるようにするためには、
基本的なこと、バランスの取れた三食と充分な睡眠、適度な運動が必要です。
今の時代は本当に労働状況が苦しいですが、
いつまでも、これまでのような無理は続かないです。
空腹が満たされてさえいれば大丈夫とついつい思いがちですが、
栄養不足と糖分の過剰摂取は、一般的に知られているよりはるかに怖いことです。

食事には、ソバやおにぎりだけというようなものはやめて、
野菜や肉・魚、海藻類など、できるだけ多くの食材を使ったものを食べてください。
おやつには煮干、ナッツ類、無調整の豆乳、ゆで卵、チーズなどがよろしいです。

No.3です。補足をありがとうございます。
食後にすぐ空腹感を感じるのは、可能性のひとつとしてですが、
栄養不足と糖分の過剰摂取があいまって、血糖値の調節機能がおかしくなっているからかもしれません。

糖尿病は血糖値が高いままになりますが、
あまり知られていない病気で、血糖値の乱降下を起こす「機能性低血糖症」という慢性疾患もあります。
私自身がこの病気の治療中です。

血糖値が下がると空腹感を感じたり、人によっては甘味への渇望感が起こったり、冷や汗、動悸、イライラ感、眠気など...続きを読む

Q砂糖とぶどう糖果糖液糖の違い

今ダイエットと健康をかねて朝食にウィダーインゼリーのエネルギーを飲んでいるのですが、ぶどう糖果糖液糖と砂糖はどう違うんでしょうか?
砂糖をなるべく取らない食生活にしたいと思ってるのです。

Aベストアンサー

砂糖の成分は皆さんの仰るとおり、ショ糖です。
ショ糖はブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が化学的に結合しています。

ブドウ糖果糖液糖は異性化糖で、原料はでんぷんです。
でんぷんを分解してブドウ糖にした後、酵素を用いて一部を果糖に異性化して作ります。
ですから、ブドウ糖と果糖の混合物ということになります。

違いは物理的な性質や、味ですね。

体に入れば同じでしょう。

参考URL:http://sugar.lin.go.jp/tisiki/ti_0407.htm

Qブドウ糖の摂取量

 これから受験に向けてかなり勉強を追い込んでいこうと思っています。しかし8時間9時間ぐらいが限界でそれ以降はただ机の前で座っているだけで中身がない状態です。それではマズイなぁ~!と思いまして、サプリメントでホスファチジルセリンとブドウ糖でも摂取して12時間13時間を継続していけるような人間になりたいと思っています。
 特にブドウ糖は安いので、1日に1袋と書いてますが、
朝・夕の2袋にしようかと思っています。
 1袋2.5gとなっていますが、2袋ずつ摂取していっても問題はないのでしょうか!?
 栄養学に詳しい方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

膵臓に負担がかかるので一日の摂取量は守るのが良いと思います。
糖分の処理にインスリンをたくさん放出しなければならず、膵臓が弱い体質ですと糖尿病になりやすくなるなどの懸念があると思います。

Q糖尿患者がブドウ糖でなく、砂糖を口から入れると、吸収はどこから?

糖尿病患者は低血糖用にビスケットや飴や砂糖を携帯することになっていますが、砂糖やでんぷんはどうやって速やかに体内に吸収されるのでしょうか?
以前、腸の絨毛上皮で単糖=ブドウ糖に分解され吸収されると聞いたのですが、口や医などの上部消化管ではブドウ糖より大きな糖類はどのような形で吸収されるのでしょうか?
とても、低血糖の時に、小腸に行くまで待ってはいられないと思うのですが。

Aベストアンサー

経口インスリンスプレーのように薬剤が皮膚や口腔内粘膜を通過するのだから、グルコースもいけるかもしれません。
ただ小腸からの吸収に比べたら微々たる物だと思います。
薬学の方で調べると研究とか論文があるかもしれません。

二糖類や多糖類が粘膜を通過するのは大きすぎて無理だと思います。

Qブドウ糖過剰摂取による鼻血?

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るという迷信がありますが、実際僕はたくさん食べた日は出血することが頻繁にありました。
今回の質問はチョコレートではなくブドウ糖についてなのですが、過剰摂取により鼻血が出やすくなるということはあるのでしょうか。
元元鼻血が出やすい体質ではあると思っていますが、ここ数箇月は出血はなく、3日程前からブドウ糖を摂るようになり、昨日鼻血が出てしまったので気になっています。

Aベストアンサー

チョコレートや糖分を摂取しすぎると鼻血がでるという事は医学的根拠はありません。
が、糖分を過剰に摂取すると血圧が上昇し鼻血を誘発するのではないか、という説はあります。
鼻出血する場所というのは、鼻中隔の前方にあるキーゼルバッハ部位という部分からが殆どです。
キーゼルバッハ部位は、血管が豊富に集まっている事に加えて粘膜が薄く、鼻の入り口にあるので傷つきやすいです。
鼻をかんだり、乾燥したりした状態だと容易に血管が切れて鼻出血を起こします。
そういった部位ですから、糖分やチョコレートに含まれるカフェインによる血圧の上昇に加えて、
キーゼルバッハ部位が傷ついていたり乾燥していたりして粘膜の柔軟性が失われていると、
出血し易くなるのではないかと言われています。

Q果糖の1日の摂取量の目安

果糖は取りすぎると身体に悪く、フルクトース不耐性などになるそうですが、

1日どのぐらい食べると健康に良く、
1日どのぐらい食べると健康に悪いのでしょうか?

20代・30代・40代・50代・60代 女性の
1日の摂取量の目安を教えて下さい。

※また、そのデータが載っている本の名前や、サイトのURLなども教えて頂けると助かります。

どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

果糖(フルクトース)、ブドウ糖(グルコース)の摂取量は0で問題ありません。
ブドウ糖は脳のエネルギーになりますが、体に必要な量のブドウ糖は他の栄養素(脂肪の分解物であるグリセリンやアミノ酸)からすべて合成可能です。だから食事を通じて摂取する必要がある量は0です。

これは糖質制限の本を読めばすぐに出てきます。江部康二先生の本でも読んでみてください。

Qブドウ糖は摂取してどれくらいで、効果がでるものですか?

今、高校3年生(受験生)です。
疲れた脳にはブドウ糖がいい、と聞いたので買ってみました。
しかし、これは食べてからどれくらいで効果が出るのでしょうか?
それに、摂取するタイミング(勉強前、後など)もわかりません。
分かる方がいたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

「低血糖の治療」

低血糖の症状は、キャンデー、ブドウ糖錠剤、果汁のような甘い飲みものをコップ1杯飲むというように、糖分が多いものを摂取することで、数分以内に回復します。ブドウ糖錠剤は速効性があり一定量の糖分を摂取できるため、低血糖を起こす人、特に糖尿病の人は好んで携帯しています。糖尿病でもそうでなくても、低血糖の人は消費した糖分を補うのに、長時間、炭水化物を供給できる食べもの(パンやクラッカーなど)を摂取するのが有効です。

http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec13/ch166/ch166a.html

とありますので、低血糖とは違いますが、即効性があるので脳が疲れたなと感じたらちょっと休憩してブドウ糖飴をなめてみてはどうでしょうか。

受験の時は炭水化物の朝ごはんをしっかりと食べてがんばってくださいね!

Q果糖以外の糖類を摂取すると直ちに脂肪燃焼が止まる?

http://ekiden.blog.shinobi.jp/Entry/56/
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/ems-ontime/infotext3_4_3_3.html

上記のサイトには「有酸素運動を行った後、普通なら数10分程度の脂肪燃焼が継続するが、果糖以外の糖質を摂取すると直ちに脂肪燃焼が止まる」という旨の記述が見られます。そこで2点、質問があります。

1.まずこれは事実でしょうか?上記のサイト以外にソースがあればお教えください。
2.これが事実だとして、せっかく運動しても果糖以外の糖質を摂取したら脂肪燃焼が止まってしまいますが、ではまた脂肪燃焼が始まるような体になるのにどれだけの時間がかかりますか?できればその身体生理的な解説を含んだサイトをご紹介くださるとありがたいです。

Aベストアンサー

そのサイトに書かれている内容は水分補給という観点からはほぼ正しい事を書いてあります。
ですが、脂肪燃焼に関してはちょっと誤解を招くなと思います。
脂肪燃焼は脂肪から脂肪酸が遊離しそれを筋肉で消費する事でおこりますが、これは確かに血中の糖濃度にある程度依存します。
果糖(フルクトース)は血中の糖濃度を上げにくい糖ではありますが、他の糖を摂取すると脂肪燃焼が止まるというのは言い過ぎです。
脂肪が分解されたり合成されたりするのは常におこっていて、運動中は勿論寝ているときでさえおこっています。止まってしまったら大変な事になってしまいますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報