先日、おみくじをひいてきました。
大吉だったのですが、歌が、どうも自分の解釈では
あまり良い内容だとは思えません・・・><。
どなたか、古文の知識のある方、訳していただけないでしょうか?

雪のうちに春はきにけり
鶯のこぼれる涙もいまはとくらん

なんだか、縁起悪そうじゃありません??(笑)
でも、大吉だったんですよーー><。

よろしくおねがいいたします

A 回答 (5件)

今晩は。


二条(にでう)の后[清和天皇の皇后]の歌です。
(古今和歌集に入っています)
「雪のまだあるうちに春はきてしまった 鶯でも鳴けば涙がこぼれてしまいそうだ」
と言う訳です。
つまり、「必ずしも良いときばかりではないく、逆境にめげず高い理想
のもとにひたすらな精進を続けたならば、次第に運勢開け成功確実となる」と言う意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます^^
突然の(しかも、ものすごく有名だというのに)アホな
質問にご親切に解説してくださり、
ありがとうございました★
「涙」だの「いまはとくらん」←語感が縁起悪そうでした
だの・・・なんだか不安いっぱいだったのですが、
皆さんのおかげでスッキリしました!
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 08:25

もとの歌は『古今和歌集』所載。


  雪のうちに 春は来にけり
    鶯の 凍れる涙 今や溶くらむ
「うぐひす」には「憂(う)く干(ひ)ず」の音を響かせています。
  悲しくて乾くまの無かった鶯の涙、
  雪の中では凍っていたけど、
  立春となった今、
  溶けて流れて消え去るでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にどうもありがとうございました!
古今和歌集にのっている歌だとのこと・・・
無知ゆえに、とんちんかんな質問をしてしまったようです><。
ありがとうございました!!

お礼日時:2009/05/21 08:21

高校3年間を勉強しただけですが、答えさせていただきます。


「雪が降りしきるうちに、春がやって来ました。
厳しい冬のあいだにうぐいす(鶯)がこぼして凍った涙も、春の陽気のうちに今は溶けていることでしょう。」
あるいは、
「雪が降り…(中略)来ました。うぐいすが春がやって来たのを喜んで流している涙が今頃は残り雪を溶かしていることでしょう」
と解釈できます。
どちらにしろ、辛い日々が終わり、明るい幸せがやって来たよ!という歌のように思えます。
一般的に解釈して、「きにけり」は「(すでに)来た」、「とく」は文脈から察するに「溶ける」あるいは「溶かす」、「らむ」は「今ごろ…していることだろう」という意味です。
うぐいすは、春の訪れを告げるとして古来から愛されて来た鳥です。とても縁起のよい歌だと思います。
ぜひ歌にあるような楽しい日々を過ごしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

優しいアドバイスありがとうございました★★
端から見れば、たかが”おみくじ”だと思うのですが 笑、
現状が、ほ~んとうに<厳寒>だったので、
必死になってしまいました 笑。
なるほど・・良い歌だったのですね!
鶯が私の手のひらに降りてきてくれるといいなぁ・・って
考えながら解説を読ませて頂きました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 08:36

古文を専攻しています。


「雪がまだあるうちに春が来ました。私(自分を鶯に例えているという解釈)の流した凍っていた涙は今、溶けるだろうか」
的な感じで訳してみました。失恋の悲しみの呪縛からついに解き放たれる的な。文法的には合っているはずですが同じ和歌でも人によって解釈は異なると思います。ただマイナスなイメージではないので安心してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます★★
古今和歌集・・超がつくくらい有名なネタもと(?)
なのに、全く知識がなかった私が言ってはいけないのかもしれませんが、感受性も使って読むと、なんだか素敵な世界なの
でしょうね・・
さすが、神様・・たくさん私も涙を流したここ数年だったのですが
「雪解けの時期が来てるぞ!」と、
頑張ってみようと思えました★★
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 08:41

雪が降ったり積もったりしている厳しい季節だと思っていたら,もう春が来ている。


鶯が(寒がって)泣いていたけれど,その涙も春となった今は解けただろう。

縁起悪くなんかないですよ。環境はいままで悪かったけれどこれから春のようにはよくなったということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます★★
無知きわまりない(・・と皆さんのご回答で知った)
質問に丁寧にお付き合いくださり、本当にありがとうございました!
自分の視野を「春の到来」に広げて、
少し前向きにおおらかに努力してみます。

ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/21 08:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれから新しい勅撰和歌集を作成することは?

昔の日本では古今、新古今和歌集などと勅撰和歌集が
編まれましたが、これから新しい勅撰和歌集が
作成される可能性はあるのでしょうか?

天皇陛下が急に和歌に目覚めたとか、
悠仁さまが和歌大好きになるとか。

Aベストアンサー

 宮中で行われる歌会始で披露される、詠進歌の選定って現代の勅撰和歌だと思うのですがどうでしょうか?

 昨今では毎年2万首前後の応募(外国人を含む一般人から広く詠進[インターネットでも出来ます]を受けている)の中から、当代で高名な歌人(戦前は宮内省に置かれた御歌所が担当)が委託を受けて選定しています。

 毎年10首のみ選ばれる「選歌」の詠進者は皇居に招聘され、宮殿松の間における歌会始の儀にて詠進歌が披講され、天皇皇后両陛下の拝謁の栄誉に賜れます。
 (歌は官報で告示されますから、詠進者の栄誉は勅撰和歌にも劣らないと思いますし…。)

 各勅撰和歌集が数十年のスパンで2千首前後が選ばれている事を考えると、現代の詠進歌に選らばれるのって勅撰和歌と同等以上の狭き門だと思いますし…。
 (100年でやっと千首ですし…。)

 個人的に勅撰和歌集が作られなくなったのは、歌会始と言った行事で名歌が披露されるのが慣例化(会の招者は慎重に厳選された筈ですし…。)したからだと思っているのですが…。
 (室町時代に一度中絶していますが、江戸時代以降に毎年行われる事が慣例化している。)

 宮中で行われる歌会始で披露される、詠進歌の選定って現代の勅撰和歌だと思うのですがどうでしょうか?

 昨今では毎年2万首前後の応募(外国人を含む一般人から広く詠進[インターネットでも出来ます]を受けている)の中から、当代で高名な歌人(戦前は宮内省に置かれた御歌所が担当)が委託を受けて選定しています。

 毎年10首のみ選ばれる「選歌」の詠進者は皇居に招聘され、宮殿松の間における歌会始の儀にて詠進歌が披講され、天皇皇后両陛下の拝謁の栄誉に賜れます。
 (歌は官報で告示されますから、詠...続きを読む

Q<二重文節>と<二重分節>について。

二重文節と二重分節について簡単に説明してくださる人いらっしゃいませんか。

本などを探して見て
二重分節は 文ー形態素ー音素のように分けられるということがわかりましたが、

二重文節はなんですか。二重分節とはどう違いますか。

おしえてください。

Aベストアンサー

言語学の用語では、マルチネが提唱した「二重分節」という言葉はありますが、「二重文節」という言葉は存在しないのではないかと思います。
「二重文節」としてインターネットで検索してみました所(ザッと見ただけですが)、「二重分節」の誤変換、または誤認識とみられるものがほとんどのように見えました。

私も詳しくはないのですが、意味から考えても「二重文節」(文節が二重?)という言葉はないのではないか・・と思いますが。(あったらごめんなさい☆)
※尚、「二重分節」についての簡単な定義が記載されているURLを一応貼っておきます。

参考URL:http://home.soka.ac.jp/~hkaneko/lecture/terms/doublearticulation.html

Q和歌 春VS秋

甲乙つけがたいのですが、春を歌う和歌と秋を歌う和歌どちらのほうが優れていると思いますか??

○○の歌が好きだから~ではなく、和歌全体的にとらえて答えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

はい、それは秋です。

それは、輪廻を感じさせるからです。
ある詩人は、好きな金属はとの問いに
鉄と答えるそうです。

打たれて打たれて製品として出来上がり
使用(謳歌)されて後、錆びて朽ちてゆく
この一連の流れを、鉄は感じさせくれます。

秋も謳歌(春、夏)したあとの寂しさを示すも
また実を宿して、次の世代へとの繋がりを
のそもそと保つ輪廻(生死)からです。

このような記述では、あきまへんか??

Q<罔し>と<殆うし>

論語の「学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆うし」、このなかの<罔し>と<殆うし>の読みがわからないので辞書で調べられません。読みをおしえてください!

Aベストアンサー

「くらし」と「あやうし」です。
学ぶだけで思索をせないと(物事の筋道が)みえてこない。
思索をしても学習をせないのでは(独りよがりになって)危険である。
位の意味です。

参考URL:http://home.owari.ne.jp/~shiva/part03/genbun02/rongo0215.html

Q源氏物語の和歌についてお勧めの本は?

源氏物語の和歌に興味を持っています。
物語自体は現代語訳や原文で読んでいるのですが、
和歌は解釈が難しい(と思った)ため、
和歌の隣に書いてある解説を読んで
「ふーん、こういう意味か」で終わりだったのです。

ところが最近、源氏物語の和歌を
きちんと読まなければ、登場人物の教養度(?)が
分からないのではないか、と思い始めました。

そこでご質問なのですが、
源氏物語の和歌についてお勧めの本はありますか?

現代語訳などについてある解説は内容が長くて
和歌を和歌として楽しむことが出来ないような気がして
抵抗があります。
俵万智さんの「愛する源氏物語」のように
現代風の短歌に歌いなおしたようなものがあると
楽しみやすいかなと思っているのですが、
このような内容の本は他にあるでしょうか?

また、現代短歌に直していなくとも、
源氏物語の和歌について書いてある本で
お勧めのものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

和歌をきちんと読むことが目的であるならば、最初から注釈書などを読むことはあまりお勧めできません。
面倒でも最初は辞書片手に自分で一つずつ調べていくのが最良かと。
あくまで語句一つ一つの意味を地道に調べた上で、「こんな解釈があるのか」と参考にするのがいいのではないでしょうか。
目標としては、その解説が自分でも付けられるようになることですね。

何か回答になっていない気もしますが、ご参考までに、ということで。

Q<迎える>は、<や行下二段活用>?

<迎える>は、室町時代以降、<や行下二段活用>に転じたという
情報がありますが、ズ~ッと<は行下二段活用>と思ってました。

手元の辞書には<や行下二段活用>の記述がなく困惑しております。
古典文法の正しい活用をお教えください。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>  <迎える>は、室町時代以降、<や行下二段活用>に転じたという
情報がありますが・・・。

はい、「迎ふ(ハ行下二段)」から転じて、室町時代頃から用いられた語に【むかゆ(迎)(ヤ行下二段)】があります。
多くの場合、終止形は「むかゆる」の形を取ります。
意味は「むかえる(迎)」に同じです。

「参考」
寛永刊蒙求抄(1529年頃)六
「国境まで守護殿のをりゃる時、迎ゆるが法ぞ」
日葡辞書(1603~4年)
「キャクヲムカユル(mucayuru)]

以上「日本国語大辞典」より。

口語変遷の大筋はNo.3の方のご高説の通りだと思います。

なお、「ホツマツタヱ」は偽書だというのが通説で、心ある学者は資料として取り上げることはしません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%84%E3%83%9E%E3%83%84%E3%82%BF%E3%83%B1
森村 誠一は、推理小説が本職です。
伝統の古格を守っている俳句の専門家の句は参考になります。

Qセンターの国語(1)(2)の古文の和歌

国立医学部を志望しています。それゆえにセンターではかなり高得点を取らなければなりません。しかし、他の科目は何とかなるのですが、国語の古文で和歌が入っている文章がでると、ほとんど和歌の意味がわかりません。基本的な古文の知識はあると思います。ですから、和歌を集中的に勉強したいのです。センターでは、絶対落とせないので、文系の方並みに勉強したいのです。ですが、和歌についての参考書などはなかなかないですよね?みなさん、いい参考書、または大学受験用ではなくてもいいのですが、和歌を学習するのによい本を知りませんか?毎日こつこつ和歌を勉強したいと思っています。掛詞や枕詞などの解説もあるような本を知りませんか?また、こういう風に勉強するといいよとか、アドバイスでも結構です。教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

手っ取り早い所では百人一首でしょうか。
技巧的なものは様々ありますし,有名どころの歌人が
出てきますので,そこから芋づるで勉強して行く事が
できるかと思います。

解説書は旺文社ほか各社から出ていますし,学校の
副教材として既にお持ちかもしれません。


で,それよりもなによりも。

和歌に対して,難しい分かりづらいとか苦手意識はありませんか?
もしあれば,そこから解消してみて下さい。

百人一首は半分以上が恋の歌です。何百年経とうが,貴族
やお坊さんなどの上流階級であろうが,今の人間と悩みは
そうそうかわらないんだなぁ,と思えば少しは親近感が
わきませんか?

あるいはその他の歌でも,霧に煙る夕日がキレイだなぁ,とか
ああ花が以前と同じに咲いているなぁ,とか
友達や親と会えなくてとても寂しいなどといった
素直な感情を詠んでいるものがほとんどです。

そういう気持ちや風景を思い浮かべてみるというのが
一番重要なんじゃないかなと思います。

Q<探求>と<模索>それぞれの対義語は何ですか?

調べてもわかりませんでした。ご存知の方がいらっしゃいましたら回答をお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

普通は反対語と呼ばれるものはないと思うのですが、
英訳して、英語での反対語をネットで探して、それを和訳してみると、

・探求(quest など) ⇔ 逃避、無視、目標達成、発見、答え

・模索(to grope など) ⇔ 無視、発見

となりました。

Q元日に合う和歌はありませんか?

昔の人の書いた今に伝わる和歌で、元日に詠んでも問題の無いような和歌はありませんか?
優雅で美しい和歌を探しているのですが、なかなか見つからなくて困っています。
詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんか?
*著作権の問題上、作者の死後50年たっている和歌でお願いします。

Aベストアンサー

大伴家持の和歌もメジャーですが、こんなのはどうでしょう。

*あたらしき年の始にかくしこそ
 ちとせをかねてたのしきをつめ 古今和歌集・巻第二十・大歌所御歌
新しい年の始めに、こんなふうに御竈木(みかまぎ)を積み上げるように、千年の繁栄を想い描いて楽しみを積み重ねよう。

*新しき年のはじめに豊の年
  しるすとならし雪の降れるは  万葉集・葛井諸会
あらたなる年のはじめに降る雪を見て「これは豊年になる端兆だぞ」と詠んだ、希望に満ちた歌です。

Q右を<みぎ>、左を<ひだり>となったんでしょうか?

右を<みぎ>、左を<ひだり>となったんでしょうか?
中国語を訓読みとして、考えられた所までは、解ったんですが、
どうして、このように考えたんでしょうか?
普通、凡人なら、なんとなく2文字なら2文字で考えるし、
2文字と3文字とは、考えないと思いませんか?
西洋語圏は、なんとなく、対義語っぽい表記だし、この
日本語は、全くその根拠が思いつきません。
たぶん、こういうのは、ほかにもたくさんあると思いますが、
教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

 ミギ、ヒダリの言葉は、日本語が書き残されるようになって(8世紀)以来存在し、その前にもあったと思われます。#1さんのお挙げになった専門家や素人の語源論議にも、定説が無いのは、その古さを物語っています。

 それがもとで「左」と「右」の漢字と結びついたのは意味が似ていたので訳語として(訓として)利用されたからです。

 この論議は朝鮮語では「パル」なのになぜ日本語は「アシ」なのか、英語では「キャット」なのに、日本語ではなぜ「ネコ」なのかという結論の出ない質問に似ています。