先日、おみくじをひいてきました。
大吉だったのですが、歌が、どうも自分の解釈では
あまり良い内容だとは思えません・・・><。
どなたか、古文の知識のある方、訳していただけないでしょうか?

雪のうちに春はきにけり
鶯のこぼれる涙もいまはとくらん

なんだか、縁起悪そうじゃありません??(笑)
でも、大吉だったんですよーー><。

よろしくおねがいいたします

A 回答 (5件)

今晩は。


二条(にでう)の后[清和天皇の皇后]の歌です。
(古今和歌集に入っています)
「雪のまだあるうちに春はきてしまった 鶯でも鳴けば涙がこぼれてしまいそうだ」
と言う訳です。
つまり、「必ずしも良いときばかりではないく、逆境にめげず高い理想
のもとにひたすらな精進を続けたならば、次第に運勢開け成功確実となる」と言う意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます^^
突然の(しかも、ものすごく有名だというのに)アホな
質問にご親切に解説してくださり、
ありがとうございました★
「涙」だの「いまはとくらん」←語感が縁起悪そうでした
だの・・・なんだか不安いっぱいだったのですが、
皆さんのおかげでスッキリしました!
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 08:25

もとの歌は『古今和歌集』所載。


  雪のうちに 春は来にけり
    鶯の 凍れる涙 今や溶くらむ
「うぐひす」には「憂(う)く干(ひ)ず」の音を響かせています。
  悲しくて乾くまの無かった鶯の涙、
  雪の中では凍っていたけど、
  立春となった今、
  溶けて流れて消え去るでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にどうもありがとうございました!
古今和歌集にのっている歌だとのこと・・・
無知ゆえに、とんちんかんな質問をしてしまったようです><。
ありがとうございました!!

お礼日時:2009/05/21 08:21

高校3年間を勉強しただけですが、答えさせていただきます。


「雪が降りしきるうちに、春がやって来ました。
厳しい冬のあいだにうぐいす(鶯)がこぼして凍った涙も、春の陽気のうちに今は溶けていることでしょう。」
あるいは、
「雪が降り…(中略)来ました。うぐいすが春がやって来たのを喜んで流している涙が今頃は残り雪を溶かしていることでしょう」
と解釈できます。
どちらにしろ、辛い日々が終わり、明るい幸せがやって来たよ!という歌のように思えます。
一般的に解釈して、「きにけり」は「(すでに)来た」、「とく」は文脈から察するに「溶ける」あるいは「溶かす」、「らむ」は「今ごろ…していることだろう」という意味です。
うぐいすは、春の訪れを告げるとして古来から愛されて来た鳥です。とても縁起のよい歌だと思います。
ぜひ歌にあるような楽しい日々を過ごしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

優しいアドバイスありがとうございました★★
端から見れば、たかが”おみくじ”だと思うのですが 笑、
現状が、ほ~んとうに<厳寒>だったので、
必死になってしまいました 笑。
なるほど・・良い歌だったのですね!
鶯が私の手のひらに降りてきてくれるといいなぁ・・って
考えながら解説を読ませて頂きました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 08:36

古文を専攻しています。


「雪がまだあるうちに春が来ました。私(自分を鶯に例えているという解釈)の流した凍っていた涙は今、溶けるだろうか」
的な感じで訳してみました。失恋の悲しみの呪縛からついに解き放たれる的な。文法的には合っているはずですが同じ和歌でも人によって解釈は異なると思います。ただマイナスなイメージではないので安心してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます★★
古今和歌集・・超がつくくらい有名なネタもと(?)
なのに、全く知識がなかった私が言ってはいけないのかもしれませんが、感受性も使って読むと、なんだか素敵な世界なの
でしょうね・・
さすが、神様・・たくさん私も涙を流したここ数年だったのですが
「雪解けの時期が来てるぞ!」と、
頑張ってみようと思えました★★
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 08:41

雪が降ったり積もったりしている厳しい季節だと思っていたら,もう春が来ている。


鶯が(寒がって)泣いていたけれど,その涙も春となった今は解けただろう。

縁起悪くなんかないですよ。環境はいままで悪かったけれどこれから春のようにはよくなったということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます★★
無知きわまりない(・・と皆さんのご回答で知った)
質問に丁寧にお付き合いくださり、本当にありがとうございました!
自分の視野を「春の到来」に広げて、
少し前向きにおおらかに努力してみます。

ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/21 08:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今川氏真は最後はどうなるのですか?歴史に詳しいかたお願いします。

今川氏真は最後はどうなるのですか?歴史に詳しいかたお願いします。

Aベストアンサー

先日NHKの歴史秘話ヒストリアで取り上げられてた。
↓バックナンバー
http://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/318.html

Q<二重文節>と<二重分節>について。

二重文節と二重分節について簡単に説明してくださる人いらっしゃいませんか。

本などを探して見て
二重分節は 文ー形態素ー音素のように分けられるということがわかりましたが、

二重文節はなんですか。二重分節とはどう違いますか。

おしえてください。

Aベストアンサー

言語学の用語では、マルチネが提唱した「二重分節」という言葉はありますが、「二重文節」という言葉は存在しないのではないかと思います。
「二重文節」としてインターネットで検索してみました所(ザッと見ただけですが)、「二重分節」の誤変換、または誤認識とみられるものがほとんどのように見えました。

私も詳しくはないのですが、意味から考えても「二重文節」(文節が二重?)という言葉はないのではないか・・と思いますが。(あったらごめんなさい☆)
※尚、「二重分節」についての簡単な定義が記載されているURLを一応貼っておきます。

参考URL:http://home.soka.ac.jp/~hkaneko/lecture/terms/doublearticulation.html

Q和歌を英訳してください。よろしくお願いします。

下記の和歌の意味を、外人に教えたいので、英訳をお願いします。

琴の音に 峰の松風 かよふらし
いづれのをより しらべそめけむ

(現代語訳)
琴の音に、峰の松風の音が響きあってるらしい。本当に素敵な音色。松風はどの山の尾根という緒(弦)から弾き始めたのかしら。

註;山の尾根を、琴の弦に見立てています。

Aベストアンサー

正直言って、ほぼ直訳です、かなり「痛い」訳です。

It seems voice of winds blowing through the pinery across mountain ridges nicely sympathizes with koto tone, I want to know on which mountain ridge pines has started to play their beautiful ethereal koto-like melody.

Q<罔し>と<殆うし>

論語の「学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆うし」、このなかの<罔し>と<殆うし>の読みがわからないので辞書で調べられません。読みをおしえてください!

Aベストアンサー

「くらし」と「あやうし」です。
学ぶだけで思索をせないと(物事の筋道が)みえてこない。
思索をしても学習をせないのでは(独りよがりになって)危険である。
位の意味です。

参考URL:http://home.owari.ne.jp/~shiva/part03/genbun02/rongo0215.html

Q「リレーショナルデータベース」と「データベース」

「リレーショナルデータベース」と「データベース」は何が違うのでしょうか?
accessはリレーショナルデータベースとの事ですが,普通のデータベースと何が違うのでしょうか?

[データベースはこうだけど、リレーショナルデータベースはこうだよ!]
って教えて頂ければ助かります。

Aベストアンサー

データベースというのはデータの集まりのことで、ソフトウエアのことではありません。データベースという用語は法律でも定義されています。
著作権法第2条第1項十の三
 データベース 論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう。

リレーショナルデータベースとは複数のデータベースを組み合わせて(関連付けて)一体として管理するデータベース構造(スキーム)のことであり、組み合わされる個々のデータベースのことはテーブルと呼びます。もちろんリレーショナルデータベースもデータベースの一種です。上記の法律の条文に照らしてみれば明らかでしょう。
EXCELのような表計算ソフトでもデータベース(テーブル)を構築することはできますが、リレーショナルデータベースを構築するには専用の管理機構が必要で、表計算ソフトでは構築不能です。

Accessのようなソフトはこのデータベースを管理・操作するためのソフトウエアであり、分類上「データベースソフト」あるいは「DBMS(データベース・マネジメントシステム)」と呼ばれます。素人向けはデータベースソフト、業務用はDBMSと呼ぶのが普通です。なお、マイクロソフトではAccessのことを、一般向けにはデータベースソフトウエアと呼び、技術者向けにはDBMSと呼んでいるようです。これらのソフトウエアで管理・操作する対象がデータベースでありリレーショナルデータベースなのであって、Accessなどのソフトウエアがデータベースなのではありません。

パソコンが仕事で使われることの少なかった初期(主にホビー・家庭用途)は、パソコン上で動作するデータベースソフトは「カード型」などのリレーショナル機能のないものが主流でした。住所録管理程度であればこれで十分でしたし、当時の表計算ソフトは現在のような大量データは扱えませんでしたから(最大500行とか)、Windows普及以前はデータベースソフトと言えばリレーショナル機能のないカード型ソフトが家庭や零細企業では普通に使われていました。
リレーショナルデータベースがあっても高価で(ビジネス用で一番普及していたdBASEは定価268,000円だったはず)、システム構築も簡単ではないので、システム化の進んだ大手企業やその関連会社でもなければ導入していないのが普通だったと思います。

データベースというのはデータの集まりのことで、ソフトウエアのことではありません。データベースという用語は法律でも定義されています。
著作権法第2条第1項十の三
 データベース 論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう。

リレーショナルデータベースとは複数のデータベースを組み合わせて(関連付けて)一体として管理するデータベース構造(スキーム)のことであり、組み合わされる個々のデータベー...続きを読む

Q<迎える>は、<や行下二段活用>?

<迎える>は、室町時代以降、<や行下二段活用>に転じたという
情報がありますが、ズ~ッと<は行下二段活用>と思ってました。

手元の辞書には<や行下二段活用>の記述がなく困惑しております。
古典文法の正しい活用をお教えください。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>  <迎える>は、室町時代以降、<や行下二段活用>に転じたという
情報がありますが・・・。

はい、「迎ふ(ハ行下二段)」から転じて、室町時代頃から用いられた語に【むかゆ(迎)(ヤ行下二段)】があります。
多くの場合、終止形は「むかゆる」の形を取ります。
意味は「むかえる(迎)」に同じです。

「参考」
寛永刊蒙求抄(1529年頃)六
「国境まで守護殿のをりゃる時、迎ゆるが法ぞ」
日葡辞書(1603~4年)
「キャクヲムカユル(mucayuru)]

以上「日本国語大辞典」より。

口語変遷の大筋はNo.3の方のご高説の通りだと思います。

なお、「ホツマツタヱ」は偽書だというのが通説で、心ある学者は資料として取り上げることはしません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%84%E3%83%9E%E3%83%84%E3%82%BF%E3%83%B1
森村 誠一は、推理小説が本職です。
伝統の古格を守っている俳句の専門家の句は参考になります。

Q奈良の格安キップ(長谷寺、三輪山)

奈良の格安キップ(長谷寺、三輪山)

明日の夜行バスで奈良に行こうと思ってます。
予定は1泊です。

朝、JR奈良駅に着きましたら
長谷寺、三輪山に行きたいと思ってます。

時間が余れば
その日に東大寺、平城京を周りたいと思ってますが
お得なキップなどありますでしょうか?

また三輪山の登山された方がいらっしゃったら
初心者がひとりで登っても大丈夫か教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

奈良県民です。

夜行バス着なら特にお得な切符というのはないと思います。

jR奈良(万葉線)三輪-三輪神社-三輪山-三輪(万葉線)桜井(近鉄大阪線)長谷-長谷寺-長谷(近鉄大阪線)
桜井(万葉線)奈良-東大寺-近鉄奈良(近鉄奈良線)西大寺-平城宮跡-という感じです。

行きは奈良で近鉄奈良駅まで歩いて大和八木乗換で長谷でもいいのですが。。

>また三輪山の登山された方がいらっしゃったら
初心者がひとりで登っても大丈夫か教えてください。

基本的に登山道は整備されているので大丈夫です。
また、午後3時くらいまでの入山で最後となり、それ以降は入山ができません。
最終に神社の職員が山頂までぐるりと廻りますので、
道から外れて遭難しない限りは安心です。

一応、山なので早めに入って早めに降りてきたほうがいいので、
予定では最初のほうに入れておきました。
だいたい2~3時間みておけばいいでしょう。
先に入れば、三輪さんの麓で三輪そうめんのお店で早めのお昼もできますし。
http://morisho.okoshi-yasu.com/

たぶん当日では東大寺周辺を見るのが精いっぱいだと思います。
早い時間につけるなら大仏殿に、夕方遅くなりそうなら二月堂だけでも
行かれるといいと思います。そこからの奈良平野の夕景色はとても素晴らしいです。

奈良県民です。

夜行バス着なら特にお得な切符というのはないと思います。

jR奈良(万葉線)三輪-三輪神社-三輪山-三輪(万葉線)桜井(近鉄大阪線)長谷-長谷寺-長谷(近鉄大阪線)
桜井(万葉線)奈良-東大寺-近鉄奈良(近鉄奈良線)西大寺-平城宮跡-という感じです。

行きは奈良で近鉄奈良駅まで歩いて大和八木乗換で長谷でもいいのですが。。

>また三輪山の登山された方がいらっしゃったら
初心者がひとりで登っても大丈夫か教えてください。

基本的に登山道は整備されているので大丈夫です。
また、午後3時くらいま...続きを読む

Q<探求>と<模索>それぞれの対義語は何ですか?

調べてもわかりませんでした。ご存知の方がいらっしゃいましたら回答をお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

普通は反対語と呼ばれるものはないと思うのですが、
英訳して、英語での反対語をネットで探して、それを和訳してみると、

・探求(quest など) ⇔ 逃避、無視、目標達成、発見、答え

・模索(to grope など) ⇔ 無視、発見

となりました。

Qこれから新しい勅撰和歌集を作成することは?

昔の日本では古今、新古今和歌集などと勅撰和歌集が
編まれましたが、これから新しい勅撰和歌集が
作成される可能性はあるのでしょうか?

天皇陛下が急に和歌に目覚めたとか、
悠仁さまが和歌大好きになるとか。

Aベストアンサー

 宮中で行われる歌会始で披露される、詠進歌の選定って現代の勅撰和歌だと思うのですがどうでしょうか?

 昨今では毎年2万首前後の応募(外国人を含む一般人から広く詠進[インターネットでも出来ます]を受けている)の中から、当代で高名な歌人(戦前は宮内省に置かれた御歌所が担当)が委託を受けて選定しています。

 毎年10首のみ選ばれる「選歌」の詠進者は皇居に招聘され、宮殿松の間における歌会始の儀にて詠進歌が披講され、天皇皇后両陛下の拝謁の栄誉に賜れます。
 (歌は官報で告示されますから、詠進者の栄誉は勅撰和歌にも劣らないと思いますし…。)

 各勅撰和歌集が数十年のスパンで2千首前後が選ばれている事を考えると、現代の詠進歌に選らばれるのって勅撰和歌と同等以上の狭き門だと思いますし…。
 (100年でやっと千首ですし…。)

 個人的に勅撰和歌集が作られなくなったのは、歌会始と言った行事で名歌が披露されるのが慣例化(会の招者は慎重に厳選された筈ですし…。)したからだと思っているのですが…。
 (室町時代に一度中絶していますが、江戸時代以降に毎年行われる事が慣例化している。)

 宮中で行われる歌会始で披露される、詠進歌の選定って現代の勅撰和歌だと思うのですがどうでしょうか?

 昨今では毎年2万首前後の応募(外国人を含む一般人から広く詠進[インターネットでも出来ます]を受けている)の中から、当代で高名な歌人(戦前は宮内省に置かれた御歌所が担当)が委託を受けて選定しています。

 毎年10首のみ選ばれる「選歌」の詠進者は皇居に招聘され、宮殿松の間における歌会始の儀にて詠進歌が披講され、天皇皇后両陛下の拝謁の栄誉に賜れます。
 (歌は官報で告示されますから、詠...続きを読む

Q右を<みぎ>、左を<ひだり>となったんでしょうか?

右を<みぎ>、左を<ひだり>となったんでしょうか?
中国語を訓読みとして、考えられた所までは、解ったんですが、
どうして、このように考えたんでしょうか?
普通、凡人なら、なんとなく2文字なら2文字で考えるし、
2文字と3文字とは、考えないと思いませんか?
西洋語圏は、なんとなく、対義語っぽい表記だし、この
日本語は、全くその根拠が思いつきません。
たぶん、こういうのは、ほかにもたくさんあると思いますが、
教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

 ミギ、ヒダリの言葉は、日本語が書き残されるようになって(8世紀)以来存在し、その前にもあったと思われます。#1さんのお挙げになった専門家や素人の語源論議にも、定説が無いのは、その古さを物語っています。

 それがもとで「左」と「右」の漢字と結びついたのは意味が似ていたので訳語として(訓として)利用されたからです。

 この論議は朝鮮語では「パル」なのになぜ日本語は「アシ」なのか、英語では「キャット」なのに、日本語ではなぜ「ネコ」なのかという結論の出ない質問に似ています。


おすすめ情報