水の分子式はH2Oで,組成式はなし.
塩化ナトリウムの分子式はなく,組成式はNaCl
酢酸の分子式はCH3COOH=C2H4O2,組成式はCH2O
と習いました.

どんな物質が分子式,組成式のどちらも持つのですか?
異なる原子が「1:1」で化合しているとき,組成式だけ.
そうでない場合は分子式があり,そのなかでも「比」が割れる場合は
組成式もある.というのであっていますか?

また,
2種類以上の元素が「1:1」の割合で化合している物質は,分子ではないのですか?
(例:塩化ナトリウム[NaCl])
「1:1」出ない割合で化合している場合は分子ですか?
(例:アンモニア[NH3])

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「組成式」はその物質を構成する元素の比を表すので, どんなものでも (原理的には) 組成式で表すことができます. 一方, 「分子式」はその名の通り「その分子の中に元素が何個あるか」を表すものなので, 分子でないと分子式で表すことはできません.


つまり分子なら分子式と組成式の両方を持ちます. あなたは水の組成式を「なし」としていますが, そんなことはありません. 水の中には水素原子と酸素原子が 1:2 の割合で存在するので, 水の組成式は H2O となります.
そしてもちろん「2種類以上の元素が 1:1(:1) の割合で結合する分子」もあります (CO, HCNO など) し, 「1:1 でない割合で持つような, 分子性でない物質」もあります (CaCl2 など).

この回答への補足

ありがとうございます.
割合だけで分子かどうかは決められないのですね.
教科書には水の組成式に「-」が引かれていたのでないのかと思いました.
これからもよろしくお願いします.

補足日時:2009/05/23 12:48
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平成22年度中学3年生、中学2年生の生まれ年について。

平成22年度中学3年生、中学2年生の生まれ年について。
平成22年5月16日現在、中学3年生と中学2年生についてです。
中学3年生で、4月~12月生まれの人は、平成7年生まれで合っていますか?
中学3年生で、1月~3月生まれの人は、平成8年生まれで合っていますか?
中学2年生で、4月~12月生まれの人は、平成8年生まれで合っていますか?
中学2年生で、1月~3月生まれの人は、平成9年生まれで合っていますか?

Aベストアンサー

だいたいあっています。

細かいようですが、4月生まれ全ての人が含まれるわけではありません。
4月1日生まれの人は、3月31日生まれの人と同学年になります。
なので、

中学3年生で、4月2日~12月31日生まれの人は、平成7年生まれ
中学3年生で、1月1日~4月1日生まれの人は、平成8年生まれ
中学2年生で、4月2日~12月31日生まれの人は、平成8年生まれ
中学2年生で、1月1日~4月1日生まれの人は、平成9年生まれ

になるはずです。

Q化学の質問です。 「次の化合物A,Bの示性式を示せ。 化合物Aは、分子式C5H12Oで表される。A

化学の質問です。

「次の化合物A,Bの示性式を示せ。
化合物Aは、分子式C5H12Oで表される。Aを硫酸酸性二クロム酸カリウムと反応させると、分子式C5H10Oの化合物Bに変化する。Bはヨードホルム反応も銀鏡反応も示さない。」

という問題で、解説の「アルデヒドではない。したがって第二級アルコールのいずれかである。」というのが理解できません。写真の⑥(第3級アルコール)はなぜだめなのでしょうか?
わかる方教えてください。

Aベストアンサー

他のアルコールはC-OHを酸化してC-O-Hの-Hと、Cに直接付いている-Hを取って酸化され、C=Oとなることが出来ます。

⑥の三級アルコールを酸化するとして、2番目の炭素に炭素が3つ付いていて、
C-OHを酸化しても、CにはCが3つ付いていて取れる-Hがないので、C=Oを作ることが難しいです。

>Aを硫酸酸性二クロム酸カリウムと反応させると
の最初の部分で⑥の三級アルコールは脱落ですが、絶対に酸化しないわけではないようです。

Q中学2年生の学年末テストは高校の成績に入るというのは本当ですか?教えてください

中学2年生の学年末テストは高校の成績に入るというのは本当ですか?教えてください

Aベストアンサー

中二の期末、中三の中間の成績が高校入試の基準に成るのは定説。但し、何処の高校を受けようが、満点を取ったら余程内申が低くない限り関係なし。

Q塩化水素は分子式 塩酸は組成式と考えてよいですか

塩化水素は分子式 塩酸は組成式と考えてよいでしょうか

塩酸を分子式で表そうとすれば構成している原子数を知る必要がありますが、それぞれ異なっており、正確な原子数を知ることは不可能です
だから塩酸は組成式でないとおかしいとおもうのですが、

溶液中で電離するかどうかと化学式の分類は関係ないので塩酸は分子式という意見もありよくわかりません

Aベストアンサー

No.3の「お礼」へのコメントです。
水酸化ナトリウムは純物質です。分子は存在せず,Na+とOH-からできたイオン性物質なので,NaOHは組成式です。

水酸化ナトリウム水溶液はNaOHとH2Oの混合物なので,これをNaOHと表した場合には組成式とはいいません。

Q僕は中学2年生です。

僕は中学2年生です。
学校の中にも目立ったグループってあるじゃないですか?
運動ができて、そこそこモテるグループみたいな感じです。
自分でいうのもなんですが、僕はそんな感じのグループにいます。
僕の友達のほとんどが、携帯電話を持っています。(8割くらい)
一応言っときますけど、学校全体の8割じゃなくて、僕の仲いいひとの8割です。
携帯電話って必要ですよね?
やっぱり中学2年生にもなると、女の子とも、メールしますし、メアド教えたときに、PCのアドレスだったら、とても恥ずかしいです。
ショッピングセンターで、携帯いじってる中学生とかみたら、憧れますw

Aベストアンサー

>学校の中にも目立ったグループってあるじゃないですか?
運動ができて、そこそこモテるグループみたいな感じです。

モテてたけどグループがモテてた記憶無いし、グループ全員がモテるって気のせいじゃない?


>自分でいうのもなんですが、僕はそんな感じのグループにいます。

そうなんだ。

>僕の友達のほとんどが、携帯電話を持っています。(8割くらい)


何人中何人じゃなくて8割?
そんなに群れてるの?

5人にて僕だけ持ってませんで8割だよ?
10人にて僕ともう1人持ってませんで8割だよ?

本当に仲の良い友達ってそんなに群れないと思うけどな・・・



>一応言っときますけど、学校全体の8割じゃなくて、僕の仲いいひとの8割です。
携帯電話って必要ですよね?


不要だと思うよ?
本当に連絡取りたい相手なら携帯持って無くても連絡付ける努力するし、携帯無いから放置されるのはそれだけの位置付けだけだよ。


>やっぱり中学2年生にもなると、女の子とも、メールしますし、メアド教えたときに、PCのアドレスだったら、とても恥ずかしいです。


モテるヤツは学校でアプローチ、友人経由でアプローチ、自宅電話でアプローチ、自宅まで来てアプローチと相手も努力する。
モテ無い男が受け入れ体制整わせても来ない物は来ない。馬鹿っぽい相手が軽い気持ちで来る程度じゃない?


>ショッピングセンターで、携帯いじってる中学生とかみたら、憧れますw


親が与えるなら必要だけど、動機が不純かな。

因みに自分の子に「携帯買ってやる」って言ったら、学校が禁止だから要らないって言われました。

>学校の中にも目立ったグループってあるじゃないですか?
運動ができて、そこそこモテるグループみたいな感じです。

モテてたけどグループがモテてた記憶無いし、グループ全員がモテるって気のせいじゃない?


>自分でいうのもなんですが、僕はそんな感じのグループにいます。

そうなんだ。

>僕の友達のほとんどが、携帯電話を持っています。(8割くらい)


何人中何人じゃなくて8割?
そんなに群れてるの?

5人にて僕だけ持ってませんで8割だよ?
10人にて僕ともう1人持ってませんで8割だよ?

本当に仲の...続きを読む

Q0.4mol/Lの塩化ナトリウム水溶液100ml中に含まれるNaClの質量を求めよ。 ただし分子量N

0.4mol/Lの塩化ナトリウム水溶液100ml中に含まれるNaClの質量を求めよ。
ただし分子量NaCl=58.5とする。

答え:2.34g

導き方を教えてください><

Aベストアンサー

0.4mol/L は、1ℓ中に0.4モル入っているということなので、分子量NaCl=58.5✕0.4=23.4gが
1ℓ=1000㎖ に、入っていることになります。

問題の水溶液は100㎖なので、100/1000=1/10 となるので、 23.4✕0.1=2.34gとなります。

参考までに。

Q実力テストの勉強の仕方。 私は中学2年生です。

実力テストの勉強の仕方。
私は中学2年生です。

Aベストアンサー

教育カウンセラーをしています。
心構えは1番の方が書いてくださっているので省きます。
中学生でしたら、1年生からの中間期末テストをやり直してください。

単純に言うと、中間期末テストの定期テストは、前のテストから今までの範囲がテストにでますよね。
実力テストは、今まで習った全てから出ると考えて下さい。
中学生でしたら、近場の問題が出やすいので、最終チェックは、最近の定期テストの部分をやって下さいね。

頑張って

Q(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るに

(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るには、何グラムの水を溶かせばいいか?

(2) (1)でつくった水溶液に5.0パーセントの塩化ナトリウム水溶液200グラムを加えると、何パーセントの塩化ナトリウム水溶液になるか。

Aベストアンサー

(1)20%というのは溶液全体の20%が塩化ナトリウムということです。
従って、80gの水を加えると溶液全体が100gになるので、濃度が
20%になります。
(2)(1)の溶液には20gの食塩が入っています。
200gで5%の水溶液には10gの塩化ナトリウムが入っています。
混ぜると溶液全体の質量が300gになり、塩化ナトリウムは30gに
なります。従って、濃度は10%です。

Q中学2年生が読む洋書

中学2年生の単語力と文法力で、これなら簡単に読めると
いう洋書はありませんか?教えてください。
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは。

私も中学の頃から英語が大好きでしたが、中2で洋書が読めたかな?と考えてみました。
なかなか難しいですよね。
辞書引きながらだとだんだん本を読むことが億劫になると思うんです(少なくても私はそうなんです)。
それと、表現が古かったりします。

私は朝日ウィークリーという英語の新聞を読んでいるのですが、とてもいいですよ。
スヌーピーなどの漫画が1面にあってそれはすべて対訳つきです。
ほかの記事も難しい単語やイディオムなどには解説がついていたりします。
中3までの英単語で会話をしよう、などというのもあるし、使われている表現が現在のものなので、そのあたりも気に入っています。
その新聞で私も毎日勉強しています。

1部200円で本屋さんにも売っていますので、ためしに読んでみたらどうかな、と思います。
全部は無理でも読めるところはかなりあるのではないかと思いますよ。

Qイオン式と組成式と分子式の違いについて質問です。 化学式とは〜式の総称だというのはわかるのですが、

イオン式と組成式と分子式の違いについて質問です。
化学式とは〜式の総称だというのはわかるのですが、
組成式と分子式、イオン式の違いがよくわかりませんでした。
これは表すものが違うことで生じた名称なのでしょうか?
それとも同じものでもそれぞれの式で表せるのでしょうか?
後者が当てはまる場合はそれぞれの式で表した場合の違いを具体的なもので教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

イオン式 イオンを表すときに用いる式 H+ (SO4)2- 等。

組成式 物質の元素構成について重点を置いて表す式、FeC3(セメンタイト、鉄と炭素の合金、分子として存在はしていない)、P2O5(五酸化二リン、実際の化合物の分子はP4O10)。

分子式 分子の元素構成を表す式、P2O5(五酸化二リン)の実際の化合物の本当の分子式はP4O10で十酸化四リン。

化学式の中でも、イオン式はイオンの電荷の状態を表す必要があるため組成式や分子式とは異なるが、
複雑な構造の分子のイオン状態を表そうとした場合、イオン式か分子式か組成式かの呼び方が曖昧になってきます。

組成式と分子式の違いも不明瞭ことがありますね、
セメンタイト等の金属材料の析出物は、ある結晶構造を持つが”分子”という形態を取らないため組成式でしか表せないことが多いです。

また、上記で例に出した五酸化二リンは、分子的には十酸化四リンが正しいが、慣用的に五酸化二リンと用いられることが多いです。
他に、分子の構造を表すことに重きを置いた構造式(数種有り)や、
実験式(構造や組成を確かめる途中の元素構成をアバウトに表した式)等がありこれは組成式に近い表し方をします。

何を表すかによって、式を使い分けている部分がある。
明確な区分が存在していない部分もある。
慣用的に昔からだから…という部分もある。
化学の分野によって、特に、構造式、分子式、組成式と断らなくても通じてしまう部分がある。

中高の教科書で教わるような基本的なことなのですが、曖昧に使い分けていることが時々ありますね。

イオン式 イオンを表すときに用いる式 H+ (SO4)2- 等。

組成式 物質の元素構成について重点を置いて表す式、FeC3(セメンタイト、鉄と炭素の合金、分子として存在はしていない)、P2O5(五酸化二リン、実際の化合物の分子はP4O10)。

分子式 分子の元素構成を表す式、P2O5(五酸化二リン)の実際の化合物の本当の分子式はP4O10で十酸化四リン。

化学式の中でも、イオン式はイオンの電荷の状態を表す必要があるため組成式や分子式とは異なるが、
複雑な構造の分子のイオン状態を表そうとした場合、イオン式か分...続きを読む


人気Q&Aランキング