現在BARを経営していますが、酒の仕入れ値を下げるために酒屋の開業を検討しております。そこで。。

(1)酒屋の開業は難しいものなのか(手続き・法的規制など)

(2)実際酒屋の開業が実現したとして、酒の仕入れ値は容易に下がるのか
(メーカーとの関係性・売上ノルマなど)

を教えて頂けると幸いです。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

厳しい言い方をしますが、そもそも発想が違いませんか?



BARなので、主な売り上げはお酒ですよね。
多くの食材を扱わない分、コスト管理を厳しくすれば、そんなに狂いが
生じない筈です。

店舗を維持するために必要な損益分離売り上げが分かって居るはずです
から、お酒の仕入れ値と1本から何杯取る事が可能かを計算すれば、売
価をある程度設定できるでしょう。

コスト(仕入れ値)を下げる事も大事でしょうが、売り上げをUPさせ
る方法を講じた方が得策のように思います。
仕入れ値を下げたいのであれば、銘柄などをある程度限定して、仕入れ
ることによって可能な場合もあります。
酒屋さんと相談して、お互いがメリットのある方向を探す事が大事だと
思いますよ。
    • good
    • 0

どうも!


>現在の取引のある酒屋との交渉で仕入れ値を下げる方向で行こうと思います。
これかなり難しいです。
あまり強引な話すると 仕入れから撤退すると言いかねませんよ
それより「水商売」と言われる世界ですので、水でコスト下げる方向での作戦如何ですか?
つまり 原液の酒を少なめにし氷・水を増やす方法。
その分販売価格を少々下げて どうでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!!

大変参考になります。

味を確認しながらチャレンジしてみますね。

お礼日時:2009/05/21 20:27

最近は規制緩和されたので比較的容易だと思いますが、BARとの兼業のようなことはできないと思います。



また酒の利益率ってそれほど大きくないです。(大雑把に15~20%)
最近は安売りのお店も多く、お酒によっては普通に仕入れるよりもむしろそちらの方が安いなんてこともあります。
酒の安売り店でもやるならともかく、ごく普通に問屋から仕入れるだけのお店であれば、思ったほどではないように思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

>また酒の利益率ってそれほど大きくないです。(大雑把に15~20%)

現在の取引のある酒屋との交渉で仕入れ値を下げる方向で行こうと思います。

お礼日時:2009/05/21 17:39

酒屋の仕入れ=BARで全てを売る ですか?


この方程式での開業なら 既に発想から間違ってますのであっという間に破綻します。
酒屋は「酒類販売業免許」という許可制ですので お住まい地域の所轄する税務署長の免許を受ける必要があります。
それと仕入れですが 当然仕入れ業者よりの購入になります。
ここはその業者によって仕入れのノルマなどが存在すると思われます。
この辺の情報はシークレット状態なので当事者同士でないと判りません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

商店街の酒屋が片手間に立ち飲みを開店する発想でできたらと考えたのですが。。

>ここはその業者によって仕入れのノルマなどが存在すると思われます。

なるほど。そこでいくと酒屋の仕入れ=BARでの販売だけでは当然難しいですよね。

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2009/05/21 17:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお酒の販売をしたいのですが

お酒の販売をまったくの素人がはじめようとした場合、どういった手続きが必要かごぞんじならば教えてください。
許可が必要なんでしょうか、それは取得が難しいのでしょうか。
また、店舗での販売、ネットでの販売で必要な手続きがちがうようでしたら教えてください。
仕入れ方法などの開業プロセスとしての手続きでなく、
小規模なお店をするための開業許可の手続きをしりたいと思っています。

要は街のお酒やさんになりたいのです。

Aベストアンサー

今は酒販免許は自由化されていますので
最寄の税務署で申請方法を聞くのが早いです。
免許がないと酒屋はできませんが、
極端な話、隣の店が酒屋であっても免許はおります。
やや時間はかかりますが、免許はおりると思います。
ネット販売免許はまた別の申請が必要だったと思います。

町の酒屋さんは衰退の方向に行っています。
酒販免許を持って、卸値で仕入れたお酒を
自分の店で立ち飲みなどの方法で販売するとメリットはあるでしょうね。

Q苦しい酒屋経営

私の夫は自営手伝いで酒類販売をしています。別居です。今は親の代で、夫は家業の不信から副業に出ています。私も数に数回資格を使いバイトをしています。(本気で子供を預けられる施設もあれば私の収入だけでも生活できます。ただ今は子育てと精神を患っているのでセーブしています)副業に出ているのは、私としては主人の夢である2代目を次ぎ、その歳にかかるであるう改築費を貯めているのかと思ったら、一年で百万円ほど、それでは将来が見えない、副業の区切りはいつまで?と私が聞いた所、出来れば同居にすればコストはおさえられるのでそうしたいが、姑、嫁の性格とも同居に不向きなのは重々承知している、嫁が妥協案としてだした二世帯へのリフォームも姑は反対とのこと。なのでしばらく現状維持との事。でも、既に義理父母は年老いて義母に関してはもう私は隠居して悠々自適な老後生活をしたいのにまだ家業を手伝わされている。と商売気なしです。私自身も苦労がない訳ではありません。主人も疲れていますのでギリギリまで朝寝てすぐに出勤、帰宅は深夜、家事や育児のほとんどは私がやるのがエンドレスに続き、お互い、疲労からストレスも溜まり夫婦の口論も多いです。私は精神的に弱く通院もしているのでかなり精神的にも肉体的にも限界です。
こんな状況を第三者からみてどう感じて、どう改善していくのがベストと思いますか?経営に詳しい方、お店を経営している方、コンサルタントの方など様々な方のアドバイスが欲しいです。

私の夫は自営手伝いで酒類販売をしています。別居です。今は親の代で、夫は家業の不信から副業に出ています。私も数に数回資格を使いバイトをしています。(本気で子供を預けられる施設もあれば私の収入だけでも生活できます。ただ今は子育てと精神を患っているのでセーブしています)副業に出ているのは、私としては主人の夢である2代目を次ぎ、その歳にかかるであるう改築費を貯めているのかと思ったら、一年で百万円ほど、それでは将来が見えない、副業の区切りはいつまで?と私が聞いた所、出来れば同居にす...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
奥さんが確りしている所が救いですね!

旦那サンも色々と考えているのでしょうけど打開策や行動が伴なわないのでしょうね。
前回は旦那サンがどうすべきかを書きました。今回は質問者さん(奥さん)の立場ならどうするのが良いか?を書きたいと思います。

答えは「何もしない」事です。

この手の男性は周りが騒げば騒ぐほどモチベーションが下がるタイプだと感じます。
つまり奥さんがあの手この手を尽くしても遣りません。プライドが許さない筈です。「この期に及んでプライドって」と感じるかも知れませんが男はプライドの生き物です「在りそうで無いのがお金、無さそうであるのがプライド」です。

言えば言うほど逆効果を感じます。此処はキッパリご主人に任せて質問者様は一切口出しをしない事をお勧めします。叩き上げの質問者様から見れば歯痒いかも知れませんが本人がやる気にならない限り無理です。

奥さんは今後の生活をどう守っていくか?現状に合わせてどう生きるか?をご主人のやる気、性格や才覚を見極めて将来的にその夢が実現可能かどうかを見極める必要があるかもしれませんね。夢や願望は横において客観的に将来の流れを見定めて準備する方が良いかも知れません。

今は、ご主人やご両親に対する不満、将来に対する不安で客観的に考えるのは難しいかもしれませんが気持ちを切り離す(何もしない)ことでで見えてくる物もある筈ですよ。

今は精神的にも肉体的にも限界とあります。あれこれ抱え込まず、ご自分のお体をご自愛ください。

ご主人も読んでると言う事で参考までに・・・
私の知り合いでも2件の酒屋さんが在ります。1件は親父さんの代で終わりという事で閉めました。

もう1件は親父さんを説得し隠居させ店は現代風にアレンジし店内スペースにワインセラーを起きソムリエの資格を利用し「ワイン教室」を開催したり試行錯誤して現段階で売上を伸ばし固定客を増やしています。

彼も店を閉めるか?継続するか?を悩んでいる時に相談にきました。二人でホテルに行き食事をしている時に彼もソムリエの資格を持っているのでホテルのソムリエとも専門用語での会話・・・
私自身はワインは美味しいと思えません。試飲を断ると友人は「ワインの味も分らないと可哀想・・・」と諭すように話をしました。
私からの一言「興味が無ければ飲みたいと思わない。当然買いたいとも思わない。何故?興味がないのか?何故美味しいと思わないのか?を考えた事ある」という問いに「飲んでないから」と友人は漠然と答えました。

「これだけの種類のワインがある。全部を試飲するの?此方の好みはその日の体調や気分によって多少の変化はある。誰が見定めるの?一方的に「料理に合うから」出されても好みは違うよね?専門店に行けばソムリエに相談すればいいけど自分で買うときは誰に相談するの?」

この会話の中で彼自身が方向性を感じたそうです。
彼のワイン教室は面白く段級制度があります。「貴方はワイン道 10級を習得しました」と賞状と教室には名札が張られています。
私も話のネタに「ワイン道 10級だぞ」と自慢します。

これも彼の努力。他店の差別化、バイタリティーと顧客満足を具現化しなければ生き残りは大変ですよ。

大きなお世話かもしれませんが・・・参考までに!頑張りましょう。

#1です。
奥さんが確りしている所が救いですね!

旦那サンも色々と考えているのでしょうけど打開策や行動が伴なわないのでしょうね。
前回は旦那サンがどうすべきかを書きました。今回は質問者さん(奥さん)の立場ならどうするのが良いか?を書きたいと思います。

答えは「何もしない」事です。

この手の男性は周りが騒げば騒ぐほどモチベーションが下がるタイプだと感じます。
つまり奥さんがあの手この手を尽くしても遣りません。プライドが許さない筈です。「この期に及んでプライドって」と感じ...続きを読む

Q日本酒・焼酎の販売で利益が出るの?

ネットショップやディスカウントショップでは、結構安い値段で売られていますよね?
でもそれで利益が出るのかどうか疑問に思います。

蔵元→卸業者→販売店→消費者
上のようなルートだと思うのですが、例えば蔵元から直で手に入れたらどれくらいで手に入るでしょうか?
(価格は色々でしょうが、原価率など目安で結構です)

ディスカウントショップでは、原価率の低いおつまみ等でしのげるのかもしれませんが、ネットだと単品で買えますよね?
お酒だけの販売でも店舗として成り立つのでしょうか?

昔ながらの酒屋さんは、今どうやって利益をあげているのでしょう?
価格競争や品揃えで、ディスカウントショップには太刀打ちできないと思うのですが・・・

いくつか質問形式になってしまいましたが、わかることだけでも結構です。
教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

商品の仕入れ価格の問題だと思います。
通常の取引でしたら、蔵元→卸業者→販売店→消費者の通りでしょうが、直接取引しても卸のマージンはしれています。
販売業者の利益率は20%以上ないと、販売管理費がそれに近いですから利益が出ません。
仕入れルートをたくさん持っている販売業者はロットで購入しますので、安く入手した商品を正規の20%割引しても20%以上の利益が出るはずです。
マージンミックスという手法も見逃せません。陳列技術とマージンミックスで十分利益を確保することは可能です。つまり利益率が高い商品と低い商品のミックス。それに陳列場所と技術が織り成す芸術です。

Qど素人の飲食店開業について。

40代半ばの夫婦です。メーカ勤務の夫がリストラに遭い、再就職も困難を極めております。20年以上、素人ながらもJAZZピアノをやってきた夫と、ワイン好きの私の、漠然とした夢は、ピアノがある落ち着いた大人のカフェを都内に開店する事でした。(昼間はお茶、夜はアルコールと軽いおつまみの提供)
時期は早まったのですが、ずっと温めてきた夢を実現させるのも良いかもしれない
と考えるようになってきました。とは言え、プロでも経営が難しいこのご時世。
妻は広告代理店勤務なので、マーケティング、銀座の飲み屋には詳しいのですが、
水商売経験は、喫茶店のバイトくらいしかありません。取りあえずの資金も
用意できそうなのですが、こんなど素人が開業する際の手順、ご経験者の失敗等
教えていただけると助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は、メーカーの営業としての視点からアドバイスさせていただきます。経験的に、うまくいかない店の特徴的なことは、
1.汚い(不衛生&外観の清潔感)。
2.客と一緒に飲んでしまう。
3.特定の客にえこひいきする。
4.メーカーや業者ににたかる(たかってもいいが約束は  きちんと守ること)。
5.ビジョンと戦略がない。
6.場所が悪い(技術と魅力があれば克服可能)。
7.ビールサーバーを自分で洗浄しない(不味いビールを  平気で出す)。
8.従業員が暗い。
9.オーナーが店に顔を出さない。
10.損益管理ができていない。
11.支払いを渋る。
12.当然だが不味い。
13.対価に見合ったレベルにない(味・サービス)
とまあ、挙げればきりがないのですが、スタートに当たって特に重要なのが、上記5・6・10だと思います。
5.はどんな客を狙うのかなど、店の雰囲気なども含め、できるだけ具体的に煮詰める必要があります。6.は人通りの多い場所や、店舗のFです(二階より地階、地階より一階が良い)。10.実に多くの個人飲食店ができていないのがこれです。会社での経験を持ち込みましょう。
暖めてきた夢は夢として、現実的な側面から切り口を変えて検討してみるべきでしょう。夢と現実は異なります。
不幸にしてリストラにあったわけですが、考え方を変えれば、大きなチャンスがやってきたのだというあなたの心の持ち方が、成功を呼ぶものと確信しております。

私は、メーカーの営業としての視点からアドバイスさせていただきます。経験的に、うまくいかない店の特徴的なことは、
1.汚い(不衛生&外観の清潔感)。
2.客と一緒に飲んでしまう。
3.特定の客にえこひいきする。
4.メーカーや業者ににたかる(たかってもいいが約束は  きちんと守ること)。
5.ビジョンと戦略がない。
6.場所が悪い(技術と魅力があれば克服可能)。
7.ビールサーバーを自分で洗浄しない(不味いビールを  平気で出す)。
8.従業員が暗い。
9.オーナーが店に顔...続きを読む

Q酒類販売管理研修とは

酒類販売管理研修でネット検索しても、その研修内容についてはひっかかりません。

この研修はどういう内容なのでしょうか?

概要は結構なので、具体的にどういう内容なのか教えてください。

Aベストアンサー

酒類販売管理講習
http://www.jfa-fc.or.jp/particle/27.html
中身は酒税法などの法律知識
酒の製造法及び品質保持などの商品知識及びアルコール依存など健康知識

テキストは公表されていません。ネットで見つけることはできません。
酒販店には酒類販売管理者を置かなければなりません。受講資格は経営者又は従業員のみ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報