「家康にとって豊臣氏は目の上のたんこぶのような存在」と言いますが、どういうことか説明して下さい(*_*)
このような記述問題がテストで出るであろうと思うので、その際のキーワードなど教えてくださると助かります(><)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

天下分け目の関が原で勝利したのにいつまでも豊臣家をそのままにしておくと


又第二関が原 実質大阪冬 夏の陣が 大規模に起きる可能性がある
伊達政宗みたいな野心家もいるし、上杉景勝みたいな言う事聞かない者もいるし
関が原で改易された浪人もいるし
豊臣も一大名に成り下がれば生き残れたのに国替えの話もあった
豊臣の財力を減らす対策もしているお寺作り。
豊臣に又恩が有る大名が又集結して又!!戦乱になる恐れ!!が有る
No3様と同じかな
    • good
    • 0

「成り上がり者」の秀吉があそこまでの勢力を築けたのは、いくら戦国の世とはいえ超人的な人格・手腕があったからと思います。

(秀長の尽力もあったと思いますが。)
その威光を背景に秀頼に対する畏敬の念が関が原以降も大きくありました。福島正則・加藤清正などの豊臣恩顧の大名たちが東軍に属していましたが、それは反豊臣ではなくあくまで反石田であったわけです。もう一つは、一説によると秀頼はかなりの切れ者で家康も一目を置いていたようです。このまま生かしておけば彼を旗印に反旗を翻す可能性が大きくありました。
よって石田滅亡後、いつ彼ら豊臣恩顧の大名たちが再結集し反旗を翻してもおかしくない状況にありました。
また、秀吉存命中に限って言えば、
戦には勝てても知略は秀吉の方が何枚も上手でした。小牧長久手の戦いなんかいい例です。兵士の数が大きく劣っている状態で、三好秀次・池田恒興らの軍勢を破りました。しかしその後、織田信雄が秀吉の長暦に落ち勝手に単独講和したため大儀を失い退却に至りました。
さらに言うなれば、本能寺の変の時に家康は急いで伊賀越えをし三河へ帰り兵を調えて出陣するつもりであった様です。しかし周知の通りこれも秀吉に先を越されてしまいます。
こういったことが質問にある言葉につながると思います。
乱文・長文ですみません。歴史好きなんで・・・
    • good
    • 0

30年くらい前、こう思った


「目の上のたんこぶって、ずいぶん家康も人間が小さいな、秀吉時代には、織田秀信という信長の直系の孫がいたが、何にも気にしてないじゃねーの」
最近読んだ本によれば、状況が違う。
1 西国大名は、江戸や京都から自国に戻るとき、大坂城の秀頼に拝謁していた。
まぁ、これは昔から私も知っていた
2 本格的な徳川親派の勢力はもっとも西で、近江の井伊から、伊勢の藤堂のライン
伊賀上野城の異様なまでな西側の城壁の高さは、藤堂高虎が家康の意図を理解して築城したそうだ。
3 伊勢で、秀頼の書類が見つかった
どんな書類かというと、年貢がどーのこーというもの、従来豊臣家とは関係名と思われた土地が秀頼の権威の元で支配されていた・・・

なんてことから、最近は鎌倉時代初期の朝廷くらいの権威と権力を持っていたのではないかと考えられている。

吾妻鏡を熟読していた家康にとって西国の状況は徳川家の安定のために予断できない。承久の変が、西側の主導で再度行われる前につぶしておくのが、徳川家のため。
なんせ、二代目秀忠の軍事的能力は、最低ラインでしたから。
    • good
    • 0

天下統一を目前に倒れた織田信長の跡を継いで、


実質的に天下統一を果たしたのが豊臣秀吉。

その秀吉が死に、豊臣政権の官僚である小大名群はともかく、
彼の生え抜きの家臣であった黒田、福島などの大大名や
その他の大名たちは、ことあらば(徳川が政権奪取を目論んだら)
豊臣家への恩を名目に徳川に敵対する可能性があるため、
遺児である秀頼にうかつに手が出せない。

名目上は豊臣政権の第一番の大大名である徳川家康といえども、
反豊臣の旗をあげるわけにはいかない。

なおかつ、豊臣家単独の所領や秘蔵する金銀財宝が
山のようにあるため、いざという時の軍事力、資金力も豊富、
で、立て篭もるのは当時の難攻不落の要塞大阪城。

というのが、関ヶ原の合戦後の徳川家康の立場であった。
というところでどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。日本史のテストうまくいきました。
他の回答者様もありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 15:28

やり方はどうあれ、人臣の最高位となった豊臣氏です。


武士の棟梁となっただけの徳川家とは家柄の格が違います。

かつての上司であり、宮家となっています。そう簡単に盾突くわけにはいけません。だから方広寺の梵鐘の銘文事件なんて事がが起こったのでしょう。

一つの理由として挙げさせていただきました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徳川家康

山岡荘八原作の横山光輝作のコミック徳川家康を読んでいます。非常に面白いのですが、徳川家康がとても倫理観が強く、あまり権謀術数をやらない徳の高い人物に描かれているようです。しかし、ウイキデペアなどの徳川家康の説明を読みますと、非常に権謀術数をこらす狸親父のように書かれています。どうもそちらの方が本当で、横山光輝作のコミック徳川家康はちょっと徳川家康を良く書きすぎではないかと思います。非常に権謀術数をこらす狸親父という観点から書かれた徳川家康のコミック本なり読みやすい歴史書なりを教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

コミックでは、
 『風雲児たち』(著者:みなもと太郎、ワイド版がリイド社より出版)
でしょうか。
どちらかというと、江戸時代の後半~幕末を扱っている作品ですが、最初の
数巻は江戸時代初期の話を取り上げており、徳川家康の策謀ぶりをわかり
やすく描いています。

歴史小説では、なんといっても
 『関ヶ原』(著者:司馬遼太郎)
ですね。まさに権謀術数の世界です。
どちらかというと、司馬サンの作品では異色なのではと思うのですが、権謀
渦巻く世界と、最後の合戦のシーンをリアルに描くその筆使いには、本当に
圧倒されました。

Q伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏

伊達氏、真田氏、徳川氏、豊臣氏、毛利氏、武田氏、北条氏
は今でも続いているんでしょうか?それとも滅んだんでしょうか?

Aベストアンサー

大名家は直系の子孫は絶えることが少なくなく、親戚周りから養子が入って血脈を継ぐことで氏族としては繋がっています。
北条氏も狭山藩1万石の大名として幕末まで続き、創価学会の北條浩(4代目会長)などが出ています。
徳川氏は家光の(男系の)血脈は館林藩越智清武で絶えていますが、8代将軍吉宗の血脈として、德川恒孝氏が徳川宗家でしょう。
豊臣氏は氏(うじ)ですから、木下家が豊臣氏であり、足守藩木下家として幕末を迎えます。
血筋としては、真田信繁の3男に秀次の血が入っており、出羽亀田藩の家臣として三次氏を称しています。

Q柳生家が徳川家康に仕えるようになったのは西暦何年くらいで何がきっかけだったのでしょうか。

時代劇などでよく柳生家は徳川家康の剣術指南役として出てきますが、柳生家が徳川家康に仕えるようになったのは西暦何年くらいで何がきっかけだったのでしょうか。

Aベストアンサー

文禄3年、西暦で言うと、1594年5月3日。
黒田長政の仲介により、徳川家康と出会った柳生宗厳が、家康の前で「無刀取り」を披露したことによって、兵法指南役に迎えたいと家康より申し出を受けました。
しかし、宗厳はその当時で、すでに66歳。
代わりに、五男の柳生宗矩を指南役として押しました。

Q小田信長と豊臣秀吉と徳川家康三人の中で誰が一番好きですか? 信長が本能寺で光秀にころされていなかった

小田信長と豊臣秀吉と徳川家康三人の中で誰が一番好きですか?
信長が本能寺で光秀にころされていなかったら、その後の歴史はどう変わっていたのでしょうか?1もちろん長生きした。2違う武将にころされた。その場合はその武将とは誰?3誰にもころされなくても信長は早死にする運命だった。歴史上の事って教科書で習うことが必ずしも正解ではない時があるそうです。ぜひとも推理してみて下さい。

Aベストアンサー

日海を囲碁の名人(後の初代本因坊算砂)として取り立てた織田信長が好きです。

殺されていなかったら、外か内かはわからないが違う武将に殺されていたのではないでしょうか?

Q泉岳寺と徳川家康について

泉岳寺は徳川家康が創建したことで有名ですが、徳川家康が創建した寺院で他に知られている寺がありましたら、教えてください。

その他、関連情報もありましたらお願いします。

Aベストアンサー

景徳院http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AF%E5%BE%B3%E9%99%A2
有名なのは武田ファンに有名な武田勝頼の菩提を弔う為に創建した景徳院です。
武田滅亡の後、領民、旧臣の人心掌握の意味もあったのかもしれませんが秀吉に対して行った豊国神社の神号:豊国大明神を廃したりしたのとは対照的扱いです。

大光院
徳川家康が新田一族の世良田・得川氏の後裔と称した為、
幕府開いた後に新田義重を祀る為に創建。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%85%89%E9%99%A2

Q織田信長と豊臣秀吉と徳川家康。

 江戸幕府を開き長年国内の統治に成功した徳川家康ですが、彼はどうして幕府を開き、政治を安定させる事ができたんでしょうか?。
 その前に織田信長と豊臣秀吉は全国を実質的に統治できましたが、どうして幕府を開いて、政府を作り全国を長年に統治できなかったんでしょうか?。
 そもそも、幕府って何ですか?。朝廷から任命されるんでしょうか?。
 

Aベストアンサー

本来、幕府とは将軍(征夷大将軍を含む)の居場所を指す言葉でした

それから転じて、征夷大将軍の政権機構を幕府と言うようになったのです

将軍は、天皇から将軍宣下を受けて、将軍となったのです
他の回答にもあるように令外の官です、令外の官とは律令に規定されていない役を称します、また、臨時に置かれる官で、その任務が終われれば解かれました

平安時代の征夷大将軍からの歴史を紐解いてください

このようなことは、歴史の経緯が判らなくて、その部分だけを抜き出したのでは全く理解することが出来ません

いろいろな事象は、突然起こるのではなく、歴史の流れの中のわずかなうねり、それがだんだんに大きくなって、あるとき、突然大きな事象となって現れます

ある瞬間を見るのではなく、流れで見ることを心がけてください

Q徳川家康が死んだ理由は?

江戸に幕府をおいた徳川家康。
ところで,どうして徳川家康は死んじゃったのですか?

Please teach me the reason which Ieyasu Tokugawa died of.

도쿠가와 이에야스가 죽은 이유를 가르쳐 주세요

Aベストアンサー

鯛のてんぷら説と胃がん説が有力です。

ただ天麩羅(というより鯛の油揚げ?)食べて数ヶ月苦しむと言うのも無理がありますし、そもそも油揚げで食中毒起こすか?という疑問もありますので、天麩羅を食べて消化不良を起こしたのが、胃癌の最初の自覚症状だったのではないかと思っています。

Q天皇陛下は家康・信長・豊臣家の子孫?

ニコニコ動画には、「天皇陛下の御先祖様を16代前まで遡ってみた」
というのがあって、それによると現在の皇室は、織田信長・徳川家康・
豊臣秀吉(の母)の子孫であるとの事だそうです。
だとすれば、現代の皇室は日本史オールスターですね。

残念ながら、どういうわけか私はこの動画を見る事が出来ないんですが
皇室が上記の人物の子孫だというのは、どういう流れになるんでしょうか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4182383.html
ちなみに天皇が徳川家康の子孫という部分はちょっと違うという
指摘があるようです。(他のルートで繋がっている可能性は大ですが)

Aベストアンサー

血は流れていますね。
大名と公家は色々と婚姻関係を結びますので、その関係で色々と有名な人の血が流れたりします。
だから色々なルートで繋がったりします。
そのニコニコ動画とやらは見ていないので知りませんが、以下のようなルートで繋がってたりもしてます。

まず織田信長ですが・・・
信長の次男「信雄」という人がいまして戦国時代を生き延び5万石の大名となります。
その「信雄」には子供がたくさんいまして、その四男「信良」は小幡藩藩主となります。
その「信良」の娘が、臼杵藩第四代藩主の「稲葉信通」に嫁ぎます。
そして次の第五代臼井藩藩主になる「稲葉知通」を産みます。
その「稲葉知通」の子「稲葉恒通」が臼杵藩第六代藩主になります。
その「稲葉恒通」の正室(お嫁さん)になったのが徳川家康の血筋の女性です。

ここで、ちょっと話を置いて、徳川家康に行きますが・・・
徳川家康の次男に「結城秀康」という人がいまして福井藩藩主となります。
この人も子供がたくさんいまして、その六男「松平直良」が大本藩藩主となります。
その「松平直良」の三男「松平直明」の娘が、臼杵藩第六代藩主「稲葉恒通」の正室(お嫁さん)になりました。

そして臼杵藩第六代藩主「稲葉恒通」と、その正室(お嫁さん)の間に娘が産まれます。
つまり、ここで「信長」と「家康」の両方の血をひく子供ができたわけです。
この娘さんが、公家の勧修寺家の当主「勧修寺顕道」に嫁ぎます。
そして跡継ぎの「勧修寺経逸」を産みます。
その「勧修寺経逸」の娘「勧修寺ただ子」が、第119代天皇である光格天皇に女官として仕え、後に光格天皇の子供を産みます。
その子供が第120代天皇になった仁考天皇です。
ここで「徳川」「織田」の血が天皇家に入りました。
そして第121代の考明天皇、第122代の明治天皇、第123代の大正天皇、第124代の昭和天皇、そして現在の天皇陛下へと血は繋がっていきます。メデタシ、メデタシ。


豊臣家の場合は・・・
秀吉には、「日秀」という実姉がいました。
この「日秀」が結婚し「秀勝」という子供が産まれます。
この「秀勝」を秀吉が養子にしたりしますが、それは置いておいて・・・
その「秀勝」が結婚し娘が産まれます。
この娘「完子」が公家の名門「九条家」に嫁ぎ、その跡継ぎを産みます。
そして時は流れて・・・
第123代天皇の大正天皇に九条家の娘さんが嫁ぎます。
そして第124代の天皇となる昭和天皇が産まれました。
つまり、ここで「秀吉」の姉の血が天皇家に入りました。
そして現在の天皇陛下へと血は繋がっていきます。メデタシ、メデタシ。

「織田」と「徳川」なら探せば他にも繋がってるルートが複数あると思います。はい。

血は流れていますね。
大名と公家は色々と婚姻関係を結びますので、その関係で色々と有名な人の血が流れたりします。
だから色々なルートで繋がったりします。
そのニコニコ動画とやらは見ていないので知りませんが、以下のようなルートで繋がってたりもしてます。

まず織田信長ですが・・・
信長の次男「信雄」という人がいまして戦国時代を生き延び5万石の大名となります。
その「信雄」には子供がたくさんいまして、その四男「信良」は小幡藩藩主となります。
その「信良」の娘が、臼杵藩第四代藩主の「稲葉信...続きを読む

Q幕末の外様大名と徳川家康の関係

幕末、倒幕・佐幕に分かれて争いがありましたが、薩長を含め、外様大名と徳川家康とはなんらかの関係があったのでしょうか。
知っているのは、加賀・前田家はかつて前田利長が徳川家康の恫喝に屈し、母まつを人質に出すという屈辱がありましたが、幕末時の前田家の当主の母はかつての将軍の孫、つまり徳川家康の子孫であるので、積極的に幕府を戦おうとしなかったことぐらいです。。
他の大名はどうだったのでしょうか。

Aベストアンサー

250年前の話を持ち出して、自分たちの「家」の存続を考えるだろうか?
大名個人の都合より、大名家中という組織が生き延びるために幕末の各大名家はあれこれ考えています。
※ 江戸期によくあるのが、主君押し込めという行為。重臣達の言うことを聞かない主君を軟禁したりしています。

ということで、各大名家と徳川家の関係が近い遠いによって、各大名家の行動を決することは出来ない。
紀州藩だってこんなこと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E8%8C%82%E6%89%BF

Q織田信長・徳川家康・豊臣秀吉 この3人をまとめてなんと言いますか? 歴史は苦手なもので…この3人はた

織田信長・徳川家康・豊臣秀吉
この3人をまとめてなんと言いますか?
歴史は苦手なもので…この3人はたしか、天下統一を目指していた方ですよね?

その辺を詳しく教えていただきたいです!!

Aベストアンサー

「(戦国)三英傑」でいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報