目には青葉山ほととぎすはつ鰹  素堂

この句は三段切れですが、歳時記なんかにも例句として載っています。

私達俳句を学習している者は、この三段切れは指導者から常に戒められているのですが、何故、歳時記などには、載っているのでしょうか。

この句が、優れていると言われているのは、どのような理由からなのでしょうか。

宜しくお願い致します。

A 回答 (5件)

短歌は少し勉強しましたが俳句は門外漢です。


短歌も、余計な事を言わないことが大変大事とかで、俳句はもっと短いので短歌のほうが平易で取り組みやすいと伺いました。
さて「はつ鰹」というのはあまり耳慣れない言葉でしたが浜松で初めて某所でいただきました。案外地方によってないものであるのでしょうか。
    • good
    • 1

短詩型について興味・関心を持ってきました。



>この句が、優れていると言われているのは、どのような理由からなのでしょうか。

確かに「目には青葉山ほととぎすはつ鰹」は三段切れですし、さらには季重なりどころか、季語が三度も使用されていますから、まるで確信犯のように俳句の約束事を破ろうとして出来上がった句だと評しうるかもしれません。

でも、初夏を鋭利な刃物で思い切りよく大胆に三面カットしたら、こういう瑞々しい初夏の切断面があまりにも赤裸々に露呈したと言えなくもないですよね。
これに似た発想は、「枕草子」のいわゆる《ものづくし》の章段にも認められますが、やはり、くどい説明的な解析よりもはるかに直裁的で鮮烈な印象を与えてくれるような気がします。

古来、三段切れを禁じてきたのは、これが句の流れを阻害したり、句の重心の位置を不分明にしたりして、結果的に句の凝縮性を損なう恐れがあったからではないでしょうか。

しかし、このあまりにも有名な句の場合、目に眩しい「青葉」の印象、「山ほととぎす」の鋭い鳴き声、舌をうならせる「はつ鰹」のそれぞれが、強烈な視覚、聴覚、味覚を典型的な形で浮き彫りにしており、これを読んだ人の感覚も、否応なく初夏一色に支配されざるを得ないのではないでしょうか。

こういう、自然と人(感覚)と言葉とが寸分の隙間もズレもないほどに一体化、融合化した句を前にすると、だれしも三段切れや季重なりの戒めなどはもうどうでもいい、という境地に無意識のうちに導かれてしまうのではないでしょうか。
    • good
    • 0

私はある人から俳句は、授かるもの、と聞いた事があります。


見たまま、あるがままに詠むという事でしょう。
写生が一番強い、とも聞きました。
あるがままなら誰でもできるという事で、私も俳句を楽しんでいます。
    • good
    • 0

 原作は「目には」ですね。



 「『めにはあおば』では字余りになるから、おかしい。『めにあおば』なら五七五のリズムに合うので原作もそうであるはずだ」と考えてしまうのでしょうね。

 しかし、ここは、初夏の三つの景物が並んでいる。単純に三つ並べるよりも、「目には」と他と区別した方が、以下「耳には」「舌には」ということを言外の意味として含ませられて三つの感覚が対比されながらも一つにまとまって初夏の趣が醸し出される。仮に字余りがマイナスだとしても、それを補って余りあるプラスが「目には」という措辞にはある。素堂はそう考えたのでしょう。


 「三段切れ」も同じだと思います。普通なら、句の内容がばらばらになり、まとまりを失った駄句になる。だからこそ初心者には金科玉条のごとく「三段切れは不可」と指導する。しかし名人の技は違う。原則を外れたところに普通では醸し出すことのできない味わいを作り出す。匠(たくみ)の技(わざ)、秘技・特技を身につけていない素人がうわべだけを真似ても、「顰(ひそ)みに倣(なら)う」ことにしかならない。

 俳句ではなく小論文に関してでしたが、同じようなことを回答したことがあるので、そちらをご覧ください。素堂の句を名句として鑑賞するのは、王貞治の一本足打法の美技に酔うようなものでしょう。 「回答番号:No.4」です。

http://oshiete.2story.net/qa4589894.html
    • good
    • 0

「目には」ではなくて「目に」でしょうね。


私は俳句の素人なので、急遽「三段切れ」というのを調べました。
なるほど、3箇所で切れてますね。
「指導者から常に戒められている」というお言葉から判断すると、俳句を「学んで」おられる方なのでしょうが、それはその「指導者」の方の方針なのでしょう。
「指導」する上では禁じていても、それを用いた句はダメな句であると断定なさるかどうかは別のことではないでしょうか。
特に「優れている」とも思えない一茶の句だって、好む人がいれば受け入れられている。
優劣だけで論じられない面もあるのではないでしょうか。
(山頭火の句なんかは、俳句であるといえるかとうかがそもそも疑問なわけですが、それでも好む人がいるのなら、それはそれでいいじゃないですか、というのが私の考えです)。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q俳句の上手な作り方

中3の男子です。夏休みの宿題で俳句をつくらなければいけないのですが、俳句の上手な作り方がわかりません。
おしえてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は俳句は嗜みませんが、短歌を嗜んでいますので、似たところがあればと思い、回答しますね。

俳句の構成や季語については学校で勉強してきたと思います。それを「上手に使って」ということですよね? これは、有名な俳諧人にとっても永遠の課題なんですよ^^ なので、感じたことをそのままストレートに(=素直に)17文字に込めるのがやはり一番だと思います。
ためしに、季語を用いない「川柳」をいくつか作ってみたらいかがですか? 家の中で起きたちょっとした家族がらみの出来事や、テレビや本を読んだ感想を、できれば面白おかしく、5・7・5で詠むことができたら、その時点で私は合格だと思います。ひょっとしたらその中に、偶然季語が含まれる可能性だってあります。今はどんな言葉でも季語になる可能性を含んでいるのですよ。ちょっと分厚くて抵抗があるかもしれませんが、「俳句歳時記」という季語ばかりを集めた辞典がありますので、図書館などで一度見てみてください。結構面白いですよ♪

あと、俳句でも短歌でもそうですが、字あまり・字たらずといって、必ずしも5・7・5でなくてはならないというがんじがらめの規制はありません。5・8・5になっても、リズムに乗れていれば私は全く問題ないと思っています。「音楽」をやっている気分で、楽しんでみたらどうでしょう?

最後に。多分、質問者様よりもうんと年下の子どもたちが日常的に俳句(季語はあんまり意識してないかな?)を詠んで、校長先生がまとめているサイトがありますので、貼り付けておきます。小学1年生から6年生の子たちが、学校生活や日常で感じたことを句にしています。
こういう句を「いいな」と思えるかどうかは、質問者様やそれを評価するであろう学校の先生にもよると思うのですが、「上手に作る」から一旦離れて「自由に創る」というスタンスだと、気持ち的にもラクになれると思います。

いい俳句が詠めるといいですね。応援してますよ♪

参考URL:http://www.enpitu.ne.jp/usr9/99145/diary.html

こんにちは。
私は俳句は嗜みませんが、短歌を嗜んでいますので、似たところがあればと思い、回答しますね。

俳句の構成や季語については学校で勉強してきたと思います。それを「上手に使って」ということですよね? これは、有名な俳諧人にとっても永遠の課題なんですよ^^ なので、感じたことをそのままストレートに(=素直に)17文字に込めるのがやはり一番だと思います。
ためしに、季語を用いない「川柳」をいくつか作ってみたらいかがですか? 家の中で起きたちょっとした家族がらみの出来事や...続きを読む

Q教書に載っていた短歌、俳句もしくは詩に関して

中学か高校か思い出せないのですが、国語(or現国)の教科書に載っていた短歌、俳句もしくは詩を探しています。内容は「幼い我が子に先立たれたものの、その地域には親より先に逝くこどもは親不孝だからという理由で父親が葬儀に参加できないしきたりがあり、こどもの葬儀のあいだ、家に残された父親」を詠んだ歌だったと記憶しています。(かなりあいまいですが、こどものくつした?のようなアイテムも出てきたような気がします)
タイトルも断片的な文章も覚えておらず、いろいろな語句で検索をかけてみましたが、探すことができませんでした。
もしお分かりになる方がいらっしゃいましたら、作品名もしくは作家名を教えていただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

室生犀星の詩で、「靴下」だと思います。

http://www.pekerin.com/poet/today/02/231/237.html

参考URL:http://www.pekerin.com/poet/today/02/231/237.html

Q良い俳句の作り方を教えてください

夏の宿題で俳句を作ります。どうしたら、良い俳句ができますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
どうしたらいい俳句がつくれるか、ということですが

俳句を含めた「詩」というのは、感動をことばで表現したものです。
うまいことばが出てこなくても、感動がそのままことばになっていれば、いい俳句になると思います。

たとえば、あなたが海へ行ったとして、景色がとても素晴らしかったとしましょう。
そんなときに感じた気持ちを誰かに伝えたい、そんなときに

「スゲー」
「ヤベー」

だけでは何のことだかわかりません。ことばでそれを表現するとどうなるでしょうか。
たとえば青い空と入道雲と海の青と白のコントラストが素晴らしいと思うなら

海と空 入道雲の 青と白

こんな感じでいかがでしょうか。
即興なのであまりいい句にはなりませんが、何を伝えたいのかがわかるかと思います。
こんな感じで、感じたことを五・七・五で表現するのを繰り返して、人に見せてみるのが
いいんじゃないかと思います。

Q英語の俳句の元の俳句を教えてください

カナダの友人が英語の俳句を書いてました。

April's air stirs in willow-leaves,,,
a butterfly floats and balances
Basho

芭蕉らしいのですが、元の日本語の俳句がわかりません。
ご存知の方がいらっしゃったら、是非、ご教授ください。

Aベストアンサー

う~ん。芭蕉の句の英訳って結構怪しげなものが多いのですが、これも考え込んでしまいますねえ。
たぶん、下の句ではないかと思うのですが・・・

蝶鳥の浮つき立つや花の雲
ちょうとりの うわつきたつや はなのくも

壮年期の句と言われてますが、正直、芭蕉にしては駄作に分類されるかなと思います。

別の句かもしれませんが、そもそも芭蕉が詠んだ蝶の句は数が少なく、あまり該当するものがありません。
ちなみに、下の句などが、蝶を詠んだ名句だと言われてます。

蝶の羽のいくたび越ゆる塀の屋根

Qマックのナゲット・ソースの作り方

マックのナゲットとナゲットソースが大好き
です。自分で作ってみたいのでお知恵を
貸して下さい。
○ナゲットの作り方
○バーベキュウソースの作り方
○マスタードソースの作り方
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

チキンナゲットの作り方は以下です。

<材料>
皮なし鶏むね肉・・・200g
タマネギ・・・1/4個
砂糖・・・大盛り大さじ1
塩・・・大盛り小さじ1
天ぷら粉・・・大さじ2
卵黄・・・1個

<作り方>
1)鶏肉、タマネギを適当な大きさに切り、材料を全部入れ、フードプロセッサーにペースト状になるまでかける。

2)スプーンで形を整え、油に落とし、キツネ色になったらできあがり。

ソースの作り方は知らないのですが、マックで一つ10円で売ってくれるのでたくさん買ってはどうでしょう?2ヶ月くらいは賞味期限がありますよ。

Q俳句?の一節が分かりません。有名な俳句?

○○○○○
子供のそばを通る時
みかんの香せり
冬がまた来る

かれこれ40年近く前になるでしょうか
当時、小学3、4年の時の担任の先生が
この時期になると冒頭の俳句をよく聞かせてくれたのですが
○○の部分が、どうしても思い出せません。
先生は石川啄木が好きだったので、啄木の著書に数冊目を通しましたが
残念ながら見つけることができませんでした。
もしかすると先生のオリジナルかもしれません。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は「子供のそばを通る時」で検索しました。
便利な世の中になったものです。

参考URL:http://okumedia.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/~nonami/text/textbook/SGH10014.TXT

Qすすきのふくろう みみずくの作り方は?

むかしおばあちゃんが作ってくれた「すすきのふくろう」の作り方を知りたくなって、探してみたのですが、作り方を紹介しているページを見つけることが出来ませんでした。

どなたか、すすきのふくろう、あるいはみみずくの作り方を紹介しているページを御存知の方、ページを紹介していただけないでしょうか?
もちろん、作り方そのものを教えていただけるかたも歓迎です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

僕は小学生のときに作ったことがあったんですが、
作り方は忘れました。
作り方を簡単に紹介しているサイトを見つけたのでお知らせします。

参考URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/fa2/sakaeya/MIMIZUKU.html

Q「秀句は1句あればいい。3句もあれば大家である」は誰の言葉?

生涯、秀句は1句あればいい。3句もあれば大家であるといえる。
という趣旨のことをいったのは松尾芭蕉ではないかと記憶しているのですが……正しい話者と、正しい言を、お教えください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 「翁凡兆に告て曰、一世のうち秀逸三五あらん人は作者、十句に及ぶ人は名人なり」

 芥川龍之介『芭蕉雑記』の「四 詩人」より。

 芥川は出典を明示していません。凡兆が編集した『猿蓑』か、『書簡』か何かだろうと思います。ちなみに、『去来抄』『三冊子』『旅寝論』はざっとみたところ、ありませんでした。でも、熟読すればあるかも(でも、三冊とも芭蕉のことを、「師」「先師」と読んでるんで、ちがうかも)。

 情報が充分じゃなくてすみません。芥川が写し間違いをしてる可能性だってありますしね(大丈夫だと思うけど)。

 でも、言った相手が凡兆だってことが、なんとも示唆的ですね。

 付けたりに、堀辰雄さんの『雪の上の足跡』に出てくる凡兆の句を、

 鷲の巣の楠の枯枝に日は入りぬ

Q醤油豆の作り方

テレビで醤油豆の作り方見たのですが、ソラマメのとる時期や 作り方が
よくわからず 去年はあまりよくできなかったので 本当の作り方を
教えてください

Aベストアンサー

参考URLをはっておきます。
ソラマメのとる時期?というのが良く分からなかったのですが、
醤油豆の作り方が知りたいということで解釈しました。

参考URL:http://www.kbn.ne.jp/kagawa/products/nousann1.htm

Q「くろうみやまのほととぎす」の意味は?

「涙を抱いた渡り鳥」の歌詞
くろうみやまのほととぎす の意味を教えてください。
http://music.yahoo.co.jp/lyrics/dtl/KAA001484/AAA121398/

Aベストアンサー

 “ 苦労 深山の 不如帰 ” だと思います。

「なぜ自分は身を落ち着ける家も無く流浪の旅の苦労を続けるのだろうか、人里はなれた山奥で谷から谷へと飛び回っているホトトギスのように」とか…
あまり深く考えない方が良いのかも。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報