Core2Duoのプロセッサを搭載したノートパソコンの購入を検討しておりますが、CPUの数値の見方が分かりません。

希望しているのは、最低でも現在使用している周辺機器の動作保障されたプロセッサの条件である

Pentium4 1.8GHz以上

か、金額的に満足できれば現在使用しているパソコンのプロセッサである

モバイル インテル(R)
Celeron(R) プロセッサ
2.40GHz

と同等以上のプロセッサを持ったパソコンを買いたいと思っておりますが、
プロセッサの数値の見方が分かりません。

たとえば、

Core 2 Duo U7600
1.2GHz(2MB)

というプロセッサですが、これは

Pentium4 1.8GHz



モバイル インテル(R)
Celeron(R) プロセッサ
2.40GHz

よりも処理速度が遅いというものなのでしょうか?

パソコンに詳しくないおじさんなので、噛み砕いて教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

先の方の回答だと誤解をまねくと思いますので書きます。


CPUは種類が違えばクロック当たりの性能にかなりの差があります。
ですから、種類が違えばクロックで性能比較はできません。
同様にCPUのキャッシュもCPUの種類が違えば方式やアクセススピードも異なりますので単純に量で性能比較はできません。
ネットバーストマイクロアーキテクチャのPentium4やCeleronは非常にクロック当たりの性能が低く、クロックの高さにかなり依存する構造になっています。
逆にCoreマイクロアーキテクチャのCPUは非常にクロック当たりの性能が高く、低いクロックでも高い性能をだせます。
デュアルコアだから高速なわけではなく、クロック当たりの性能自体が非常に高く、ソフトウェアがマルチスレッド対応ならさらに高速化するということです。
現にCore2系のシングルコアのCeleron 420は1.6GHzでPentium4 3.0GHzに迫る性能が出ます。
Core2 DuoはFSBやキャッシュの差もありますのでクロック半分でもPentium4以上の性能になります。
そして、ネットバーストマイクロアーキテクチャのCeleronはCeleron DになってからはPentium4との性能の差がだいぶ詰まりましたが、それ以前のCeleronはかなり性能が低くPentium4の6~7割程度の性能しかでません。
Pentium4 1.8GHzやCeleron 2.4GHz程度ならデュアルコアに最適化されていなくてもCore2 Duoなら1.0GHzでも余裕で超えます。
ちなみに、Pentium4 1.8GHzと同時期に売られていた同程度の性能のAMDのCPUであるAthlon XP 1800+のクロックは1.53GHzです。
当時のAMDのCPUは余裕を持ってモデルナンバーをつけていたので用途によってはPentium4 2.0AGHz並の性能が出ました。
    • good
    • 0

自分が気に入る物を使いたいという事で色々なノートPC入手して確認してました。



>モバイル インテル(R)
>Celeron(R) プロセッサ
>2.40GHz

このグレードは同僚が使ってる物と同じです。私は持ってないけど。
で、私はU7600積んでるのも持ってます。放置してるけど。
両方を客観的に(実使用経験で)比較するとCPUについては同等以上だろうと感じます。

後は#1さんの言われる様にPC全体のバランスになります。
メモリーはU7600積んでる物なら最初からそこそこ載ってるでしょうし追加しても安価です。
HDDについて、2.5インチ積んでるのなら買換えにおいて何の問題もありません。
1.8インチは気が遠くなりそうな程に遅く感じます。
もし1.8インチ搭載であれば、この部分がかなり足を引っ張ると思っておく必要があります。
ウイルスバスターでフル検索など実行したら「いつ終わるんだよ!」と放り投げたくなるくらいです。
1.8インチだとSSDモデルか、SSDへの交換を前提にしておかないとPC全体としての満足度は全く得られないと思いますのでこの点は注意。

極端に誤解されるといけないので補足しておきますが、私はデスクトップでは15,000rpmのHDD使ってます。
自分の中ではコレが全ての基準になりますが、現行または3年程度前のノートPC用2.5インチ5,400rpmでも遅いとは思うけど一般用途でイライラする様な生理的ストレスは感じません。
しかし1.8インチではイライラして気分が悪くなるという状況なのです。まあ全く使い物にならないという訳ではありませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様回答ありがとうございました。
Core2Duoの性能が分からなかったため、
モバイル インテル(R)
Celeron(R) プロセッサ
2.40GHz
以上の処理能力を満たすには2.40GHz以上のCore2Duoでなければならないかもしれないと考えておりましたが、クロック数が2.40GHzに満たなくても早いのですね。
それと、パソコン購入に当たり、今使用している周辺機器の動作保障環境を持たすものという条件しか考えておりませんでしたが、プロセッサだけを考えればいいというものではありませんね、考えてみると今使用しているパソコンでは高画質の動画を見るとスムーズに再生されないのでイライラしていたのですが、この点もプロセッサだけの問題ではなさそうに思えます。とはいえ、一人で考えているだけではプロセッサについての疑問が解消されなかったので助かりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 18:24

CPUの速度は、基本的な設計の新しさで多少高速化し


新機軸(Core2Duoの場合はデュアルコア設計)で画期的な高性能を実現します。
また同世代のCPUの間では、主力と低価格商品での差別化もあります。

Celeronシリーズは常に低価格路線で、主力商品より周波数あたりの性能が低い。
Core2Duo U7600の2MBはキャッシュメモリー量を示す数値ですが
Celeron 2.4GHzではその25%か12%の量しかありません。
しかし上級モデルではそれが4MBや6MBのものもあります。
キャッシュメモリーは性能向上に重要ですが
低コスト化でCeleronには、少量しか与えられていないわけです。

言ってしまえば、Celeron 2.2GHzはPentium4 1.8GHzよりも
仕事内容によっては下だという事実があります。

総合力で言えば、Core2Duoで1.2GHzあれば
Pentium4 1.8GHzより上の性能が得られると思いますが
同等以下の要素があるかどうかは微妙です。

Core2Duoの高性能を支えるデュアルコア設計は
CPUの中核部分を、一つのCPUに二つ組み込んだ設計です。
ですから、両方をフルに使えば、総合力は二倍。
周波数が低くても、高い性能が得られます。

ただし、これには使用するソフトが
二つのコアに仕事を分担させられるように作られている必要があります。
この条件が満たされなければ、速度面で不足する恐れはあります。

するとCore2Duoでも、1.6GHz以上を選びたいところだと思います。
あるいは使用するソフトがデュアルコアやマルチコアに対応しているか確認すべき。


また、PCの性能は、CPUだけで決まるわけではありません。
現在はOSがXPからVistaに切り替わり、同性能のPCでは遅くなり
メモリーをより多くするといった対策が必要となっています。

またグラフィック性能の違いも大きな影響を与える場合があります。

そういった要素によって、一般的な傾向として
ノートPCより据え置き用のPCのほうが高性能なことが多い。
    • good
    • 0

CPUがプログラムを実際に動かしているのですが.



PC全体の性能や使い心地を決める,一つの要素にすぎません.
CPUの実クロックを表示するツールを使えば,
日常の使用程度の場面では,数百メガ程度のクロックしか
働いていないことに気がつきます.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCORE I3、I5、I7の違い

CORE I3、I5、I7の違い
パソコンを購入する際にCORE I3、I5、I7とか記載されていますが、どのように違うでしょうか?

併せて、ノートをデスクトップとどちらの購入がお勧めなのでしょうか?
(自宅で使用します)

Aベストアンサー

Core i7 900(LGA1366)
Bloomfieldという種で、2008年11月より発売。
従来のCore 2 Quadが1つのCPUダイに2つのデュアルコアを内蔵した形態であったのに対し、純粋な4コアCPUとして開発された。
あわせて最適化が施されメモリコントローラを内蔵したほか、負荷レベルに応じて自動的にオーバークロック状態にするターボブースト(以下TB)機能や、Pentium4でおなじみのハイパースレッディング(以下HT)機能を備えることで4コア8スレッドを実現。
なかでもCore i7 900シリーズ中最低ランクだったCore i7 920は、当時主流だったCore 2 Quadの最上位モデルQ9650をパフォーマンスで圧倒し、かつ安価であったことから大いに注目を浴びた。
LGA1366と組み合わされるX58チップセットはハイエンドという位置づけであるが、そのゆえんは、3枚1組のDDR3メモリに対して同時にアクセスするトリプルチャンネルであることと、PCI-E×16を36レーン分サポートしていること。
これにより、X58シリーズのマザーボードの多くは6本分のメモリソケットを備え、4GBモジュールで埋めることで最大24GBのシステム構築を可能となっている。
グラフィックボード関連も、36レーンを活かしたnVIDIA-SLIやATI-CrossFireをサポートし、最大で3台をリンクさせる3-way SLI(16+16+4=36)などにも対応しているため、ゲームパフォーマンスを高めることもほかのソケットグループよりも比較的容易である。
なお、後発の980Xと970の両者はGulftownと呼ばれる種類であり、それぞれ6コア12スレッド、3次キャッシュ12MB、32nmプロセスで製造された新型で、Bloomfieldとは区別されるが、従来のX58シリーズのマザーボードのユーザーはBIOSを更新するだけでこれらCPUへのグレードアップが可能となっている。

Core i7 800(LGA1156)
4コア8スレッド、8MBの3次キャッシュを備える点は900と同じ。
後発のこれらLGA1156版のグループの大きな特徴は、TB時の倍率が引き上げられたこと。TDP値も130Wから95Wと引き下げられたので、消費電力も低い。
デュアルチャンネルに留まるものの、効率化がさらに進んだことで先述の920版を完全に上回る性能を発揮する。
また、従来870と860の2種構成だったものに880が加わったことで5万5千円ほどしていた870の価格が従来860と同レベルに改定された。半額近い値下がり幅となったことで今現在もっとも買い得度の高いCPUである。


Core i5 700(LGA1156)
4コア4スレッド、8MBの3次キャッシュ。
Core i7から、HTを無効化したCPUとお考えいただければ。

Core i5 600(LGA1156)
2コア4スレッド、4MBの3次キャッシュ、TBあり。
HTにより4スレッドを可能に。

Core i3 500(LGA1156)
2コア4スレッド、4MBの3次キャッシュ。
Core i5 600からTBを無効化したもの。

Pentium G (LGA1156)
2コア2スレッド、3MBの3次キャッシュ。
Core i3からさらにHTを無効化、3次キャッシュを減らしたシリーズ最廉価バージョン。

以上、デスクトップ向けCPUについて書いてみました。
パーツごとに経年による寿命や、規格の世代の進化などがありますから、個別に更新しながら使い続けられるデスクトップ(自作系BTOマシンに限る)のほうが、システム全般としては長持ちします。
ノートだったら、たとえば液晶のバックライトが切れただけで使い物にならなくなりますよね。
せっかく何万もかけて修理しても、中身の規格はいつまでも古いままですし…。
ノートはノートならではの利点もたしかにあるわけですが、ファーストマシンはデスクトップがいいと思います。

BTOならドスパラのパソコンが安くていいですね。
http://www.dospara.co.jp/5goods_pc/pc_bto.php?h=g&f=g&m=g&mc=1481&sn=203&vn=1&lf=0
これくらいの性能があれば、なにをするにも困りません。

Core i7 900(LGA1366)
Bloomfieldという種で、2008年11月より発売。
従来のCore 2 Quadが1つのCPUダイに2つのデュアルコアを内蔵した形態であったのに対し、純粋な4コアCPUとして開発された。
あわせて最適化が施されメモリコントローラを内蔵したほか、負荷レベルに応じて自動的にオーバークロック状態にするターボブースト(以下TB)機能や、Pentium4でおなじみのハイパースレッディング(以下HT)機能を備えることで4コア8スレッドを実現。
なかでもCore i7 900シリーズ中最低ランクだったCore i7 920は、当...続きを読む

QPen4 1.8GHzとCeleron 2.2GHzでは、どちらが速いですか?

Pen4 1.8GHzとCeleron 2.2GHzではどちらの方が速いですか?
http://processorfinder.intel.com/details.aspx?sSpec=SL5VJ
http://processorfinder.intel.com/details.aspx?sSpec=SL6VT

ノートパソコンのCPUを換えようと思っていますが、上記の2つで迷っています。使用目的としては画像の編集とかはしませんが、ネットで動画を見たりDVDを見たりするくらいです。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

一応念のため…
お使いのノートパソコンはCPUの交換が可能な物と思って良いんですよね?
Pen4 1.8GHzはWillametteコア、Celeron 2.2GHzはNorthwoodコアですが対応は大丈夫ですか?

と、調べていてCeleron 1.6GHzはMobile Celeronですよね?
Mobile Celeron 1.6GHz(SL6J2):30.0W
Pentium4 1.8GHz(SL5VJ):66.1W
Celeron 2.2GHz(SL6VT):57.1W
換装は可能だとしても、廃熱で死ねそうな気がします…
Pentium4に換装であれば同じCeleron1.6GHzと同じNorthwood(Step.C1)コアのMobile Pentium 4-M
 1.70GHz(SL6FG):30.0W
 1.80GHz(SL6FH):30.0W
 1.90GHz(SL6FJ):32.0W
 2GHz(SL6FK):32.0W
 2.20GHz(SL6LR・SL6J5):35.0W
 2.40GHz(SL6LS・SL6K5):35.0W
 2.50GHz(SL6P2):35.0W
あたりが無難では?

一応念のため…
お使いのノートパソコンはCPUの交換が可能な物と思って良いんですよね?
Pen4 1.8GHzはWillametteコア、Celeron 2.2GHzはNorthwoodコアですが対応は大丈夫ですか?

と、調べていてCeleron 1.6GHzはMobile Celeronですよね?
Mobile Celeron 1.6GHz(SL6J2):30.0W
Pentium4 1.8GHz(SL5VJ):66.1W
Celeron 2.2GHz(SL6VT):57.1W
換装は可能だとしても、廃熱で死ねそうな気がします…
Pentium4に換装であれば同じCeleron1.6GHzと同じNorthwood(Step.C1)コアのMobile Pentium 4-M
 1.70GHz(SL6FG):...続きを読む

QCPUのCore i7/i5の番号について

CPUのCore i7/i5の番号について

Core i7では900番台と800番台がありますよね
Core i5でも700番台と600番台がありますよね
(他にもあったら付け足してください)

それでその違いについて詳しく知りたいというのが今回の質問の本題です
色々なところを廻っても詳しく説明が書かれているところがなくて
いったいどれがいいのか分からないのです

厳密にどこがどう違うというような詳しい情報を知ってる方はいらっしゃらないでしょうか

例としてCore i7 870と Core i7 950のような感じで近いものを比較して
どちらがどう違うというようなことを聞きたいのです

分かる範囲でいいので回答をお待ちしています

Aベストアンサー

i7 に限れば、900番台と800番台ではけっこう大きな差があります。

900番台専用のX58マザーではメモリがトリプルチャネルアクセスとなるほか、ATI-CrossFireやnVIDIA-SLIにフルレーンで対応しています。
PCI-E×16ソケットが3本分用意されていることから、仕様上では3WAY-SLI(16+16+4レーンに振り分け)まで可能です。

一方の800番台とi7以下向けのマザーでは、デュアルチャネル、PCI-Eは16レーンまで(SLI接続時は8+8となる)といったチップセット上の制約があります。

i5では、クアッドコアのHTなしTBありの700、デュアルコアでHTありTBありの600に分かれます。(いずれも4スレッド)
i3ではデュアルコア、HTありの4スレッド、TBは無効化されています。

ランクで並べるとこうなります。
i7-980X EE>i7-970(6コアの廉価版??未発売)>i7-900(ここまでがLGA1366)>i7-800(これより以下LGA1156)>i5-700>i5-600>i3-500>Pentium G6950>Celleron P4500(未発売)

HT…Hyper-Threading Technology
TB…Intel Turbo Boost Technology
EE…Extreme Edition

i7 に限れば、900番台と800番台ではけっこう大きな差があります。

900番台専用のX58マザーではメモリがトリプルチャネルアクセスとなるほか、ATI-CrossFireやnVIDIA-SLIにフルレーンで対応しています。
PCI-E×16ソケットが3本分用意されていることから、仕様上では3WAY-SLI(16+16+4レーンに振り分け)まで可能です。

一方の800番台とi7以下向けのマザーでは、デュアルチャネル、PCI-Eは16レーンまで(SLI接続時は8+8となる)といったチップセット上の制約があります。

i5では、クアッドコアのHTなしTBありの70...続きを読む

QPentium4-M/2.2GHzとCeleron/2.8GHzだとどちらが速いでしょうか

現在、ノートパソコンの購入を考えています。
さて、ショップでMobile Pentium4-M/2.2GhzとCeleron/2.8GHzが似たような価格で売られていて、どちらにするか迷っているのですが、どちらのほうが、速く動作するのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、Pentium4-Mの2,2GHzはPentium Mではありませんのでご注意を・・・

Pentium4-MはPentium4に省電力機能として、Geyserville-2を実装しています。これは、バッテリモード時に電圧を引き下げて消費電力を抑える機能と、CPUを使わないときにはCPU電力の消費を抑えるように機能します。SpeedStepとDeeperSleepと呼ばれます。
後の能力はPentium4と同等。Pentium4は浮動小数点演算が高速であるため動画像処理に強いのが特徴。

Celeronは、Pentium4の廉価版。モバイルの名称が付けばSleep機能のみ搭載します。SpeedStepは装備しませんので、常にバッテリモード時もフルスピードで動作します。バッテリ利用が前提だったり、発熱を気にする場合には避けた方が良いかも・・・
ちなみに、性能はPentium4の廉価版となるため、セカンドキャッシュがPen4の半分になっています。とにかく、安くて早いプロセッサならCeleron。
この周波数差ならほとんどの処理でCeleronが上回るはずですが・・・消費電力や発熱も周波数が高いほど大きくなるので・・・ノート場合は速ければ必ずしも快適かどうかどうか?


皆さんが回答されているPentium Mはこれらとは異なる技術ベースのPentiumです。ベースはPentium3と呼ばれたPentium4より一世代前のPentiumが元でそれを拡張したのがPentium M。同じ周波数ならPentium Mの方が4より高速に動作する設計。得意処理は整数演算でオフィス処理などは極めて高速です。
また、モバイル専用設計で、Pentium4-MのGeyserville2を拡張したGeyserville-3を実装し、負荷に合わせより細かく周波数と電圧を調節できるようになっています。
最高周波数は2GHz。ちなみに、1,5GHzのPentiumMでもオフィス処理ならPentium4の2GHz~2,4GHz並に処理することもある。

この廉価版Celeron Mは、Celeronと同じで電力管理機能を削減。キャッシュ半減となるが、Mの能力は健在。

まず、Pentium4-Mの2,2GHzはPentium Mではありませんのでご注意を・・・

Pentium4-MはPentium4に省電力機能として、Geyserville-2を実装しています。これは、バッテリモード時に電圧を引き下げて消費電力を抑える機能と、CPUを使わないときにはCPU電力の消費を抑えるように機能します。SpeedStepとDeeperSleepと呼ばれます。
後の能力はPentium4と同等。Pentium4は浮動小数点演算が高速であるため動画像処理に強いのが特徴。

Celeronは、Pentium4の廉価版。モバイルの名称が付けばSleep機能のみ搭載します...続きを読む

QPCのCPU Core i7、i5、i3のHzについて

PCのCPU Core i7、i5、i3のHzについて

新しいCPUでCore i7 、i5 、i3の順で処理が早いですね。PCのメモリやHDDなど性能が同じとして下記の件について教えて下さい。)

1・・同じクラスに何種類あるかわかりませんが、Hz数が大きいほど処理が早いと思います。i3の最高のHz数のものとi5の最低のHz数のものとではどちらが処理が早いですか。

2・・同じようにi5の最高のHz数のものとi7の最低のHz数のものとではどうでしょうか。

3・・3種類とも最低のHz数と最高のHz数はいくつですか。

Aベストアンサー

気になったのでまた来ました。

性能比較は「CPU 性能比較」などでググってみるといくつかの比較表のサイトが出てきます。今日はこのページがトップに出てきました。
http://hardware-navi.com/cpu.php
この表の上から順に処理速度が速いと思えば、だいたい当たりです。使い方で前後いくつかが変化する可能性はありますが、素人的に気になる差ではないはず。

このリンクの表をみても分かりますが、i3とかi5に関係なく後ろ3桁の数字が大きいほど高性能です。ただし後ろにMやQMがついているモバイル用のCPUは省電力設定のため性能も落ちますから、同じ土俵で考えてはいけません。見ればわかりますが動作周波数は必ずしも数字が大きければいいというものではないことが分かります。900番台のなか、800番台のなか、700番台のなかでそれぞれ見れば、10の位は動作周波数の順で、大きい数値ほど周波数も高いです。

Qインテル® Celeron® プロセッサー 5852.16GHz(1MB) と Athlon64 X2 TK-571.9GHz(512KB)の性能差について教え

インテル® Celeron® プロセッサー 5852.16GHz(1MB) と Athlon64 X2 TK-571.9GHz(512KB)の性能差について教えてください。

Aベストアンサー

何かしながら別の何かをするような時(例えばCeleronは動画編集中、他の作業が出来ないがTK-57なら楽勝)に体感的にはTK-57の方が倍以上速く感じます。
そうでない時(例えば動画編集に専念し他の作業をしない)の体感差はありません。
こうした傾向はCeleron対C2Dでも一緒で、Celeronの実力は意外と高いと思います。

現実にはCeleronに組み合わされるだろうチップセット(GM45)とTK-57に組み合わされるだろうチップセット(780G)との差もありTK-57の方が何をする上でも圧倒的に有利になります。

QCore i5とCore i7 は、どのくらい性能の差があるのですか?

Core i5とCore i7 は、どのくらい性能の差があるのですか?すごく違うのでしょうか?

Aベストアンサー

i5にはコアが4つのモノと、2つのモノがあって、4つのモノはi7とそんなに性能は変わらないと思います。

 i5-750はコアが4つで、650とかは2つだったかと。

QPentium® MプロセッサとHT テクノロジ モバイル インテル® Pentium® 4 プロセッサ

ノートパソコンをみたら、Pentium® MプロセッサとHT テクノロジ モバイル インテル® Pentium® 4 プロセッサ がありました。メーカーはDellです。

前者のほうがクロック数が断然低いのに後者の方が値段が高いです。

どうちがうんでしょうか?また、どちらがはやいのでしょうか?

Aベストアンサー

もともとペンティアム4は
回路ピッチをせまくしたら小発熱低消費電力であるはず
という理論的目論見に従って設計されました

ですがいざ巨費を投じて設計し作成してみると
お化けみたいな高消費電力のヒーターができあがって
しまいました。さぞインテルのペン4担当エンジニアは青くなったことでしょう(笑)

しかし、ペンティアム3を作った
技術者チームは別の設計方法により、クロックを上げずに
クロックあたりの命令処理能力を上げたプロセッサを
作成することに成功しました。
ペンティアム3をベースに作られているので
低消費電力、低発熱の優れたプロセッサとなり
普通の消費電力で優れた性能を誇る
きわめてモバイルパソコンに向いたプロセッサが
誕生したのです。

QCore i7 860とCore i5 760

Core i7 860とCore i5 760の性能差をおしえてください。

ともに周波数2800MHzの4コアですがベンチや体感でどの辺に差が出るのでしょうか?

価格差や自分で調べろは無しでお願いします。

Aベストアンサー

私が参考にしているのは「PassMark」のサイトです。
CPU、GPU のベンチマークが掲載されています。

Core i7 860とCore i5 760 ですと下記URLがよいかと思います。

http://www.cpubenchmark.net/common_cpus.html

参考URL:http://www.cpubenchmark.net/common_cpus.html

QPentium M 1.5GHz と Pentium4 1.5GHz どちらが高速なのでしょうか?

タイトルの通りです。

Pentium M 1.5GHz と Pentium4 1.5GHz では、

 どちらが高速なのでしょうか?


 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

同じクロックならPentiumMです。1.5倍くらい。
ただし、Pen4にHT機能(同時に2つのプロセスが動く)があるなら、トータルでどちらが速いかは何をするかによります。本当に1.5GHzのPen4ならHT付いてないですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Pentium4


人気Q&Aランキング

おすすめ情報