Excel2007で所得税欄(行40に)をつくりました。
列には個人ごとの計算式が入っています。
F6・・・・扶養人数
F40・・・課税所得金額
源泉21・・・範囲名---平成21年4月以降(国税庁HPからDL)
乙の1・・・範囲名---平成21年4月以降のB列
乙の2・・・範囲名---平成21年4月以降のL列

(1)甲欄の適用者のセルには
=IF(F40<88000,0,VLOOKUP(F40,源泉21,F6+3,TRUE))
F6+3・・・この式の意味理解できないでいる

(2)乙欄の適用者のセルには
=IF(S40="",0,IF(S40<88000,ROUNDDOWN(S40*3/100,0),LOOKUP($S40,乙の1,乙の2)))
の式が入っており、正常に(1)(2)ともに所得税額を表示できています。

つまり行40には、(1)と (2)の式が混在している状態です。

これを一つの式にして甲乙どちらにも対応できるようにしたいのです。たとえばセルD1のが甲欄適用者の文字列なら(1)を乙欄適用者
なら(2)の式を参照するようにしたいです。
どうしたらよろしいでしょうか?

A 回答 (1件)

こんにちは、



http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …
ここのアドレス書かないと、探す人が、一苦労だと思いますよ。
税務処理している人ならわかるかもしれませんが。

>=IF(F40<88000,0,VLOOKUP(F40,源泉21,F6+3,TRUE))
>F6+3・・・この式の意味理解できないでいる

自分で作って、わからないのに、よく自分で作れましたね。
エクセルのシートと、VLOOKUP関数を見ると、
たぶん、源泉21の範囲の三列目が、扶養親族数の数0人になるから
ないですか。??
F6は自分で書いてあるように、扶養人数ですよね。
扶養人数0+3で、源泉21の三列目(扶養人数0人の列)
扶養人数1+3で、源泉21の四列目(扶養人数1人の列)
扶養人数2+3で、源泉21の五列目(扶養人数2人の列)
後同様。
たぶんそうだと思いますよ。

甲乙は、function(金額,扶養数,甲乙)の関数を作れば
いいだけのような、待っていると、誰かが作ってくれるかも
どちらしても、自分で作るよりコピーペーなのでしょうから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング