社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書の(7)の休業等~対象期間の書き方について質問です育児休業開始日が29日~31日のどれかになった場合、月によっては無い月があるので、理解しずらい部分があります。

休業開始時した年月日が5月31日の場合、
4/30~休業等を開始した日の前日

3/31~4/29
2/28~3/30
1/31~2/27
となるのでしょうか

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

以下のように、離職票だと見なして考えます。


この「見なし方」は基本中の基本ですよ(^^;)。

・ 休業等を開始した日の前日 ⇒ 離職日
・ 休業等を開始した日 ⇒ 離職日の翌日

<離職票では、次のようになっています>

「離職日」の属する月から、1か月ごとをさかのぼります。

 ・ 「離職日の翌日」に応当する日(喪失応当日) ~ 離職日
 ・ 前月の喪失応当日 ~ 喪失応当日の前日
    ‥‥ 以下つづく

このとき、喪失応当日にあたる日がないときは、その月の末日の日付を書きます。
(これも、注意書きとして、しっかり示されていることです(^^;)。)

したがって、離職日の翌日が5月31日だとすると、
離職日はその前日である5月30日となるので、喪失応当日は各月の30日。
「30日」という日付がないときは、その月の末日の日付を書きます。
例えば、2月(うるう年でないとき)だったら「28日」。

 ・ 4月30日 ~ 離職日(5月30日)‥‥ 31日
 (5月31日に応当する日である「4月31日」がないため)
 ・ 3月31日 ~ 4月29日 ‥‥ 30日
 ・ 2月28日 ~ 3月30日 ‥‥ 31日
 (同じく、応当する日である「2月31日」がないため)
 ・ 1月31日 ~ 2月27日 ‥‥ 28日
 ・ 12月31日 ~ 1月30日 ‥‥ 31日
    ‥‥ 以下つづく

これを、育児休業時の休業開始時賃金月額証明書のマル7欄に応用すればOKです。

・ 離職日 ⇒ 休業等を開始した日の前日
・ 離職日の翌日 ⇒ 休業等を開始した日

 ・ 「休業等を開始した日」に応当する日(喪失応当日) ~ 休業等を開始した日の前日
 ・ 前月の喪失応当日 ~ 喪失応当日の前日
    ‥‥ 以下つづく

したがって、休業等を開始した日が5月31日だとすると、
その前日は5月30日となるので、喪失応当日は各月の30日。
「30日」という日付がないときは、その月の末日の日付を書きます。
例えば、2月(うるう年でないとき)だったら「28日」。

 ・ 4月30日 ~ 休業等を開始した日の前日(5月30日)‥‥ 31日
 (5月31日に応当する日である「4月31日」がないため)
 ・ 3月31日 ~ 4月29日 ‥‥ 30日
 ・ 2月28日 ~ 3月30日 ‥‥ 31日
 (同じく、応当する日である「2月31日」がないため)
 ・ 1月31日 ~ 2月27日 ‥‥ 28日
 ・ 12月31日 ~ 1月30日 ‥‥ 31日
    ‥‥ 以下つづく

離職票の賃金証明を書いたことがあるのなら、わかるはずです。
上述した注意書きの部分を頭に入れておく、ということが最大のポイントです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもいつもありがとうございます。

お礼日時:2011/03/29 20:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング