こんにちは。
GWから家庭菜園を始めたのですが、まだ作って間もない農地(二畳ほどですが)なだけに、今年の収穫は少ない覚悟でやっています。

ですが、ここに来てよく解らない状況になりまして……
現在、私が育てているのは、トマト、カボチャ、ピーマン、ズッキーニ、インゲン、モロヘイヤ、青シソです。(インゲン以外は苗から栽培しています)

陰った場所に植えたモロヘイヤがちっとも成長しなかったり、ズッキーニの葉が育たない(葉の一部が茶色っぽくなったり)のも心配なのですが、折角芽を出してグングン大きくなって来たインゲンが、葉の根もとからパッツンと切られてしまう被害があるんです。
食われるというよりも、ハサミで葉っぱだけを切られている感じで、朝には切られた葉が畑に数枚落ちています。1株全滅、茎しかない状態にもなりました……(涙)

なぜか被害にあうのはインゲンだけで、他の作物への被害はありません。多分、害虫ではないかと思って入るのですが、何の虫でどう対処していいかが解りません。どうかお知恵をお貸しください。

また、土いじり初心者ですので、家庭菜園へのアドバイスなど頂けたら幸いです。よろしくお願い致します。

「害虫?? 葉が根もとからパッツン切られま」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

いわゆるネキリムシの類だと思います。


ネキリムシと言っても、その実体は色々な虫の総称ですので、対策など詳しいことは、検索でお調べ下さい。
失礼ながら、オトシブミなんてことはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ネキリムシということで、ガーデニングショップで相談して「食べさせる薬」なるものを購入しました。それでしばらく様子を見てみます。

お礼日時:2009/05/27 20:10

文書だけからだと確定的な事わ言えませんが…。


「オトシブミ」じゃなかなと?と思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%88% …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花壇の草花の茎を切る虫?

花壇に生えている草花の茎が
地面すれすれのところで
ちょきんと切られてしまいました。
ここ2週間くらいで5件発生しています。
どれも直径2、3ミリのやわらかい茎です。
買ったばかりの花の苗の茎もまとめて5、6本かたまってはえていたところを切り落とされてしまいました。
かなりショックです。
そばの土に1センチくらいの穴があいていたところもあるのですが
何か虫が這い出てきていたずらしているのでしょうか?
犯人と対策がわかれば教えてください。

Aベストアンサー

犯人は、いくつか考えられますね。

代表的なのは、ネキリムシと呼ばれるカブラヤガの幼虫。
黒っぽい小さめのイモムシで、土の浅いところに潜んでいます。

それから、ヨトウムシ。
こいつは、地際だけでなく葉もつぼみも茎も、とにかく何でも食い荒らします。
浅緑~深緑または茶色~灰色のイモムシです。
大きくなると、昼間は浅い土にもぐっていて、夜に活動しますので、日が暮れた後にチェックしてみてください。
土の穴が浅ければ、ヨトウムシが潜んでいた可能性があります。

ナメクジも、地際からスパっと茎を食い切ってしまうことがあります。

個別の対策は長くなりますので、
参考URLにあげたサイトで効果のある薬剤がわかります。

参考URL:http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/

Q大葉(シソ)の茎がなにかの虫?によって切られます

大葉(シソ)の茎がなにかの虫?によって切られます


大葉を育てているのですが、茎が刃物で切ったようにきれいに切られていました。
なにかの虫なのでしょうか?


となりのトマトの実も、青いのにヘタの少し上から、同じ房のが3つ切られてしまいました。

有効な手があったらお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。
根元からポキッと切られていたら「根切り虫」だと思います。
私もマリーゴールドをポキッとやられました。
地中を掘ってみると茶色で2~3cmくらいのイモムシのようなのがいます。
それが根切り虫です。

トマトの実の枝がポキッ・・もよくある事ですね。
これは高さから言って、根切り虫ではないと思いますが、
鳥か何かのしわざかな?と思っています。
うちもよく切ったような跡がありますよ。
まだ実が小さかったり、花が付いたばかりなので諦めもつきますけどね~

マリーゴールドをポキッとやられた日には
猛烈に腹が立って、根切り虫を掘りだして足で踏みつけました!

Q野菜の苗が根元から切られています!?

ポット苗を定植して翌日~2日後くらいに根元から切られています。その後はたまたまなのか落ち着いているようです。
全株ではなくて10本に1本程度の割合です。

苗は何でもというわけではないようで、切られたのは
モロヘイヤ・ナス・つるむらさき・ピーマン・にんじん

切られてないのは
オクラ・大根

食べてはないようで、切られたものはそのまま横にあります。
足跡や糞等は見つけられませんでした。

畑は福岡県の標高約400mのところで、近くに民家や他の畑・田はありません。独立した畑で周りはスギ・ヒノキ林、竹林、林道、すぐ横に川幅1mくらいの小川があります。

よく見かける野生動物は
イノシシ・アナグマ・タヌキ・野うさぎ・カラス・ハトなど。年に1回ほどサル。
ワイヤーメッシュや金網をしているのでイノシシと野うさぎは畑には入っていないようです。
アナグマ・タヌキは金網をよじ登って入るのを見たことがあります。
農薬や除草剤は一切使っていませんので虫などはわんさかいます。

画像はモロヘイヤです。

何者の仕業なのでしょうか?防御策はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

ポット苗を定植して翌日~2日後くらいに根元から切られています。その後はたまたまなのか落ち着いているようです。
全株ではなくて10本に1本程度の割合です。

苗は何でもというわけではないようで、切られたのは
モロヘイヤ・ナス・つるむらさき・ピーマン・にんじん

切られてないのは
オクラ・大根

食べてはないようで、切られたものはそのまま横にあります。
足跡や糞等は見つけられませんでした。

畑は福岡県の標高約400mのところで、近くに民家や他の畑・田はありません。独立した畑で周りはスギ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
たぶん「ネキリムシ」ではないでしょうか?

うちの家の庭にも、この時期よく出没します。
「ネキリムシ」は総称ですが、ネキリムシでWEB検索すると対処法などたくさん出てきますよ。

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q茄子の葉の虫?

私は茄子の葉を鉢に園芸目的に栽培しています。小さくとも実となる芽が出てきました。ところが最近、葉脈を残し葉を食い荒らす憎い害虫が居るようなのですが、その方面に詳しい方が居られましたらアドバイスなどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

前略

葉が食われているけど、害虫がいない。

それは、ヨトウガの幼虫(ヨトウムシ)の可能性が高いですね!
ヨトウムシは、昼間、土の中に隠れています。ですので、鉢の土の中を見てみると、イモムシ型の幼虫がいるはずです。
参考URLを参照してみて下さい(対策も書いてあります)! 

あと、ヨトウムシなどナスの害虫の画像は、
http://ww3.enjoy.ne.jp/~shinei33/yasai0-2-0.html に紹介されていますので、これも参考にしてください!
ではでは!

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~ja-24kg/green/saien/point/byougaichu/byougaichu.htm

Qトウモロコシの雌花が出てこない

今春、「もちきび」の種をいなかの母からもらい、団地の花壇にまきました。
6月の上旬のことです。
1×2メートルくらいの範囲に40株ほどですが、放っておいたらほとんど芽が出て、勝手に伸びていたので、
(1) 2~3日に一度の水やり
(2) 気が向いたら草取り
をしつつ、見ていましたら、8月20日前後からボチボチ雄花が開き出し、花粉がぽろぽろと落ちはじめたので、これは蒸しキビが食えるかなと急に色気が出てきて楽しみにしていたのですが、肝心の雌花がどの節を見ても全然出てきません。

現在の成長ぶりは、個体差はもちろんありますが、概ね背丈が1.2m前後、茎の太さが1cm未満の成長ぶりです。

そこで質問ですが、
(1) 実際のところこんなものなのでしょうか?
(2) あるいは肥料も何もやらなかったのがいけなかったのでしょうか?
(3) 失敗だったとして、今からでも何か遅れを取り戻す方法がありますか?

お願いします。

Aベストアンサー

モチトウモロコシではありませんが、一般的なトウモロコシの栽培のポイントを書いておきます。
1.ふつう栽培される菜園での野菜などの内、最も肥欲な部類に入ります。
一平方メートル当り、窒素成分が多い化成肥料で150g位から、少ない物で250gも必要です。(追肥を含めて)

2.日当たり、排水良好な場所で真価が出ます。

3.大きさについて
 A.下から3-4段目の節の直径に、実の大きさはほぼ比例します。
 B.早生種であってもその節は十円玉が最低、できれば五百円玉の直径が欲しい。
 C.高さですが、早生種で1.5m以上、中生種や晩生種では、人が見えなくなる高さがほしい。

>背丈が1.2m前後、茎の太さが1cm未満の成長ぶりです。
明らかに小さいと思います。

>肥料も何もやらなかったのがいけなかったのでしょうか?
おそらく、これが原因だと思います。
前にも書きましたように、トウモロコシは非常に「肥欲」です。

Qミニトマトの葉がまるまってます

ベランダでミニトマトを育てています。
プランターの下の方に鹿沼土、上の方は腐葉土と野菜用の肥料を混ぜた物を入れ、そこに植えて1週間ほどたちます。
昨日くらいからミニトマトの葉がしなっとなって
ふちが丸まってきています。
原因と、対処法をお教え下さい。

Aベストアンサー

もうとっくに栽培も終わっているでしょうが、来年のために一言。

ミニトマトを植えて一週間ですので、ちょうど根が活着するころです。根が張り出し、活動し始めると明らかにミニトマトが栄養をすっているのがわかります。葉がピンと立ち、緑も濃くなります。

ということは、もう活着してもいいころなのにしなっとなるということは、活着が不十分だからです。肥料不足でも肥料過多でもありません。

原因としてはいろいろ考えられます。
○根と土の間に大きな間隙がある。土がごろごろしすぎてもダメです。新しい根が生えません。
○定植時にしっかり水をやらなかった。苗を植えるときは、苗を水にどぶずけし、空気が完全に抜けるまで水をやったほうがいいです。暑い時期だとしおれの原因となります。
○低温もしくは高温の状態で栽培している。8度~30度くらいまでが生育の限界温度ですが、夜の温度は少なくとも12度は確保してください。昼間は25~28度前後が最適です。30度を超えると生理障害がでてきます。

○水遣りのしすぎ。確かに水をやりすぎると根腐れをおこします。しかし、今回の場合は水に浸している状態でない限り考えにくい状態です。なぜなら、プランターで栽培しているからです。プランターの場合、どんなに水をやっても水は下に抜けます。まして鹿沼土をつかっているわけですから、水はけが悪いはずがありません。

○老化苗を使用している。購入した苗はもしかして、すでに実がついたものだったでしょうか?それとも、葉が黄色でいかにも生育が悪いものだったでしょうか?苗を植える時期というものがありますが、あまり時期をずらすと老化苗といって、成長はあまりしなくなります。当然活着も不順分になる可能性はあります。苗に根が張りすぎてしまっている状態です。

おそらく考えられるとしたら、水が不十分だったか、老化苗を使用したか、よほどの温度条件があったか、土と根がしっかりと密着していなかったか、それらが複合している可能性もあります。

水のしすぎ、肥料過多、肥料不足は、定植して1週間でプランターでの栽培という状況を考えるとまずないでしょう。

では、定植のときのポイント。
(1)苗は水にどぶずけ。そのとき冷たい水は使用しない。
(2)土と苗をしっかりと密着させる。ただし、あまり力を込めすぎない。
(3)夜の温度はしっかり確保すること。12度以上。
(4)若々しい苗を使用すること。実のついているものは、あまり成長しない。

ほかにもありますが、まあこんなところでしょうか?
是非来年もチャレンジしてみてください。

あっそれと、有機肥料をまくのでしたら、定植する前に土と混ぜて水をまいて置いてください。有機肥料が肥料として活躍するには時間がかかります。化学肥料ではないので、できれば定植数日前に行ってください。数日ではあまり大きな差はないかもしれませんが、余裕があればそのようにしてください。

以上のことは、机上のお話ではなく、経験上のことです。

もうとっくに栽培も終わっているでしょうが、来年のために一言。

ミニトマトを植えて一週間ですので、ちょうど根が活着するころです。根が張り出し、活動し始めると明らかにミニトマトが栄養をすっているのがわかります。葉がピンと立ち、緑も濃くなります。

ということは、もう活着してもいいころなのにしなっとなるということは、活着が不十分だからです。肥料不足でも肥料過多でもありません。

原因としてはいろいろ考えられます。
○根と土の間に大きな間隙がある。土がごろごろしすぎてもダメです。...続きを読む

Q農薬を使わない野菜の害虫駆除方法は?

庭で野菜(サラダ菜)を栽培しています。青虫ならず、小さい黒虫がせっかくの野菜を食い荒らします。農薬以外に害虫駆除方法がありますか?

Aベストアンサー

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫やウリバエにあります。ただし、悪乗りして**菌を添加しても、効果はありません。
http://kame65.seesaa.net/category/4243824-1.html
・不織布を利用し、虫の接触を断ちます。寒冷紗の使用は作物の生育を遅らせるのでお勧めできません。
・鳥よけに使われるキラキラ反射するカラーテ-プと、シルバーのマルチフィルムは、アブラムシ防除に有効です。
・堆肥の施用は播種・移植の1週前とし、完熟の堆肥を使用します。
(2)駆除
・園芸愛好家は「Green Finger」と言われておりますが、これはアブラムシを見つけ次第、指で殺すため赤緑に染まるため付けられた名称です。アブラムシ、青虫、毛虫は殺すか遠くに投げます。これがもっとも有効かもしれません。
http://www.eiga-kawaraban.com/01/01021602.html
・アブラムシは、蟻のサポートがありますので、なかなか撲滅できません。私は牛乳原液をアブラムシに向けて噴霧します。臭いが気になれば、乾いた翌日水をかけます。最近は噴霧式の洗たくノリもありますので、これも使えそうです。

 色々と試みましたが、天敵の利用などは施設園芸での話で、この程度の技術しか利用しておりません。キャベツ、ブロッコリでは無農薬では虫の害で商品にはなりませんし、不織布栽培しても価格競争で負けます。トモロコシでは、アワノメイガの害に毎年悩まされた結果、離れた畑で農薬を2回使います。試しにハーブを作物の中間に植えてみましたが、300坪の畑では、作業が煩雑で中止しました。
結論:(1)時期外れの作物は植えない。(2)土を作り、作物は順調に生育させる。(3)しっかり観察し、病気、虫の害を早く見つける。こんな基礎が大切です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3380698.html

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫や...続きを読む

Q葉が黄変する

みかんを鉢植えで栽培しています。全部で5,6鉢ありますが、そのうち1,2鉢が木全体に葉が黄変してきました。水が不足しているのかと思ってここ2,3週間頻繁に水遣りをしていますが、改善しません。枯れているわけではないのですが、気になります。何か原因があると思うのですがわかりません。参考に近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

Aベストアンサー

CatandCatさんに質問
ダイエットのため水だけで過ごしますか?
病気になっても気力だけで治せますか?

>私は無肥料、無農薬を心がけていますが・・
>近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

みかんの木だって生きてます、成長もしてます
無肥料、無農薬で作りたいならせめて土に植えましょう
鉢植えで栽培したいなら肥料を与えましょう

あなたがしてる事は、水は飲めるけど食事はとらない断食をしていて、風邪などの病気になっても病院にも行かない、市販の薬も飲まないで過ごしているようなものです。

全ての農薬が悪いわけではありません
病気になったら素直に薬を飲んで休み、体力の回復をもって病気に打ち勝つしかないのです。

※今回の件は、肥料をやる事
鉢の少ない土に含まれてる栄養を食べてる雑草を取ることです。

地植えならみかんの木は栄養を求めて根をドンドン伸ばしていきますから無肥料でも栄えます。
栄えていれば病気を寄せ付けない体力も備えてるから大事にも至らないのです。
そうなれば無肥料、無農薬でも育てていけますが、毎日観察して早期に病気を見つけ悪い部分の枝を落としたりしないと農薬を使って木を守るか他の木に移らないよう木を処分するかの二者選択をする事になります。

CatandCatさんに質問
ダイエットのため水だけで過ごしますか?
病気になっても気力だけで治せますか?

>私は無肥料、無農薬を心がけていますが・・
>近所のみかんは地植えですが濃い緑になっています。

みかんの木だって生きてます、成長もしてます
無肥料、無農薬で作りたいならせめて土に植えましょう
鉢植えで栽培したいなら肥料を与えましょう

あなたがしてる事は、水は飲めるけど食事はとらない断食をしていて、風邪などの病気になっても病院にも行かない、市販の薬も飲まないで過ごしているよ...続きを読む


人気Q&Aランキング