基本的なことですみません。

簿記2級の本支店会計、内部利益の控除について質問します。
合併精算表を作成する際に、内部取引の相殺を行う前後で、なぜ内部利益の控除が必要なのかが分かりません。

本店から支店に送付された商品で、支店がまだ外部に販売していない商品があるから、支店の期末商品の中には内部取引での利益が含まれたままである
⇒ まだ外部に販売していないから、本店の当期純利益、支店の商品からそれぞれ利益を控除すべき、
という流れはだいたい分かります。

でも、間違えた考えだと分かっていても、「本店仕入、支店売上が相殺されてしまうと、その時点で内部利益は消えてしまう」ような気がしてしまいます。
内部取引相殺の後に、どこ(どの仕訳?勘定?)に利益が残っているのでしょうか?
仕訳や理屈がいまいち分からず・・・・。

すごく基本的な質問ですみません。
簡単な数値例や仕訳を使って教えていただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

本支店の合併財務諸表を作成する時の手順は、


1.本支店勘定の相殺消去
2.内部取引の相殺消去
3.内部利益の控除 を行います。
下記の例ではどの科目が相殺されているかというと、本店勘定と支店勘定、支店売上勘定と本店仕入勘定(など内部取引すべて相殺)、内部利益の計上により相殺出来ない繰越商品勘定と繰延内部利益勘定、仕入勘定(売上原価)と繰延内部利益勘定と言う事になります。
よって、下記にて質問されている本店仕入勘定を残すことは出来ません。理由は財務諸表は損益を公表すると同時に、取引規模も表さなければならないからです。例えば年商1億の規模の企業が内部取引により年商100億でも1兆円でも好きなように公表されると、外部の利害関係者に誤った判断をさせることになるためです。
    • good
    • 0

支店の繰越商品に内部利益が入っていると言うことは、売上原価が実際額より少なくなっていると言うことになります。


例えば、本店が外部より100円で仕入、支店に120円で売った商品が繰り越されたとすると下記のとおりとなります。

本店
仕入100 買掛金等100
支店120 支店売上120
支店
本店仕入120 本店120
繰越商品120 仕入120

上記の本支店・内部取引を相殺し合算すると下記のとおり
B/S
繰越商品120
P/L
仕入-20

以上のように支店側では外部仕入額ではなく、本店からの仕入額で棚卸をするため、仕入から繰越商品への振り替え額が過剰になります。
そのため繰越商品の控除としてB/Sに「繰延内部利益」勘定を貸方に20起こし、P/Lに過剰に控除された仕入20の分を調整として「内部利益控除」を借方に起こす事になります。

B/S
繰越商品120   繰延内部利益20
P/L
仕入-20
内部利益控除20
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご親切なご回答をしていただきありがとうございます。

ご回答の内容について、質問があります。
もしお時間がありましたら投稿をお願いします。

★質問
繰越商品120 仕入120

という仕訳が回答の中にありますが、
支店での期中の仕訳では仕入れに関して2つの勘定があります。
(1)支店が本店ではない外部から仕入れた場合の「仕入勘定」
(2)本店から仕入れた場合の「本店仕入勘定」

■この(1)&(2)は支店では別勘定ですが、実質的には「仕入勘定」で合計して考えて宜しいのでしょうか?
■期末に、本店の「支店売上勘定」と相殺するために「本店仕入勘定」はそのままの状態にしておいて、期末の在庫や内部利益を考える際にはご回答いただいたような仕訳「繰越商品120 仕入120
」を頭にイメージすればよいのでしょうか?

よろしくお願い致します。

お礼日時:2009/05/26 22:00

>内部取引相殺の後に、どこ(どの仕訳?勘定?)に利益が残っているのでしょうか?



支店の棚卸金額に内部利益が残っています。
支店の棚卸金額が本店から利益を乗せた金額で計算されているため。
たとえば本店で10,000円の商品を支店に11,000円(10%)で送ったとしましょう。
支店で6,600円分外部に販売したとした場合支店の期末の棚卸金額は4,400円になりますがこの金額は内部利益が入っているので400円の内部利益を控除しないといけません。
仮に支店に商品を送らず本店が直接10,000円の商品のうち6,000円(支店に送ってないので)分売ったら棚卸の金額は4,000円になりますよね。
本店で売ろうが支店で売ろうが棚卸の金額は同じにならなければならないのに差異が400円出てしまいます。
結局この差額が内部の利益の部分になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFIX窓なのに、右側にすきまが。再質問です。

前回の質問で、写真が見づらいというご指摘を受けました。http://okwave.jp/qa/q8083630.html
それで、再質問させていただきました。

プラマードUの工事をしました。南リビングは3枚ガラスで、嵌め殺しの腰高窓の右側に密着して掃出し窓2枚があります。
嵌め殺しの窓はFIX窓にしてもらい、3枚とも二重サッシにしました。

完成後、FIX窓の、掃出し窓側の取り付け枠に、上から下まで1cmのすき間があるのに気付きました。私には、嵌め殺しの窓は独立したイメージだったのですが、すき間があって、掃出し窓の空気層とつながっています。

こういう施工もあり得るのでしょうか。
また、直してもらう場合、やり直しか、すきまを埋める工事か、どちらを要求したほうがいいのでしょうか。素人でよくわからないので、アドバイスをいただきたいです。

FIX窓を外して上から見た写真を付けます。右側の明るく見える帯がすき間ができている部分です。ここから掃出し窓の空気層につながります。

Aベストアンサー

「Fix窓」の右隣の「引き違い窓(掃き出し窓)」
の間の「取合い部分」だと言う事ですね(理解出来ました)

この窓全体の「外周部分」に隙間さえなければOKです。
もう一度確認してみてください。

窓さえ閉めれば、「室内の空気」と「窓からの空気」が
交り合わなければ“冷気の侵入”も無いので、大丈夫ですよ。

「樹脂内窓」が効果を発揮出来る条件とは?
「既存の窓」と「室内との間の空気」を動かさない事なので

窓を閉めるとサッシの側から「空気が漏れない事」が
一番重要な事なのです。

Q本店支店会計の内部利益控除についてなんですが...

本店支店会計の内部利益控除についてなんですが...

間接控除法の場合,
(借)繰延内部利益/(貸)繰延内部利益戻入
と仕訳して,前期末控除した利益を戻し入れる仕訳をしていますが、

直接控除法では
繰越内部利益/繰越商品
と仕訳するとテキストに書いてあるのですが,この仕訳は一体どういう意味なのでしょうか?
間接控除法と同じく利益の戻入なのでしょうか?

Aベストアンサー

既に解決済みであれば、読み流してください。
ちなみに、参考程度で…

内部利益の除去:直接法
繰延内部利益(B/S)/繰越商品(P/l)
の繰越商品の意味は、損益計算書の期首商品に含まれる内部利益を意味しています。

内部利益の除去:間接法
繰延内部利益(B/S)/繰越内部利益戻入(P/l)
の繰延内部利益戻入も期首商品に含まれる内部利益を意味しています。
ので、同じですね。

一緒にもし、勉強している人がいらっしゃれば、間違えていないか念のため確認してくださいね。

Q換気扇跡をFIX窓(明り取り)にしたい。

換気扇跡をFIX窓(明り取り)にしたい。

既にキッチンとしてではなく居室として利用している部屋です。
換気扇フードが破損してしまったことを機会に、換気扇をはずした跡を、アクリル板を利用してFIX窓(明り取り)にしたいと考えていますが、どのようにすればよいでしょうか?
特に防水面が気になります。

開口部は、約30cm四方。
開口部周囲は、木枠(厚み約2cm)

Aベストアンサー

アクリル板を取り付けるところに片側から木を上、下、左、右に1周釘で木枠に打ちつけ、反対側からアクリル板を取り付け、同じように木を上、下、左、右に1周釘で木枠に打ちつけアクリル板を挟み込む様な感じではどうでしょうか?
または、外側からアクリル板を木枠に直接釘で止め(ふたをするような感じ)、周りをシリコーンで防水してはいかがでしょう?

Q本支店会計にでてくる繰延内部利益は利益控除後の金額ですか?

「本店購入原価に10%の利益が加算されている」
と注意書きがある問題で
残高試算表の貸方に記入されいる繰延内部利益は利益の10%は加算されているのでしょうか?

回答をみると
本店の期首商品棚卸高から繰延内部利益をそのまま引いています。
ということは繰延内部利益は利益控除後の金額ですか?
それともたまたまこの問題がそうだっただけですか?
(問題集の問題です)

Aベストアンサー

繰延内部利益について、おそらくぼんやりとしか把握できていないのではないですか?

それからもう一つ、回答をみると・・と書いてありますが問題が分からないのでアドバイスができません。

Q準防火地域 FIX窓のサイズについて

準防火地域のFIX窓についてどのようなサイズがあるかを知りたいです。
16505というサイズ、幅1650cm×高さ50cmかと思いますが、
横に広いFIX窓でこれ以上のサイズはありますでしょうか?
出来れば、紹介されているサイト等、販売会社、価格、ラインナップ等も知りたいです。

現在、やり取りしている業者には16505が最大と言われており、
防火用ではこのサイズが最大なのかと疑問に思っているところが背景にあります。
できれば、同じ幅で高さが70cm、90cmのものがあるとうれしいです。

Aベストアンサー

防火設備で検索すると三協立山やLIXILも最大寸法は一緒です。従ってアルミの場合で16050が最大寸法でしょう。木製サッシの場合はW=1400まで(Hは大きなものがあります)。やり取りしている業者の行っていることは正しいと思います。

Q簿記2級を独学で勉強していますが、本支店会計に苦戦しています。本店から支店に仕入れをした時の内部

簿記2級を独学で勉強していますが、本支店会計に苦戦しています。

本店から支店に仕入れをした時の内部利益の控除は、どういう時に行われるんでしょうか?

例えば、写真の問題では、支店へ売上が1856400円あり、その20%が内部利益という時、1856400×0.2÷1.2=309400円の内部利益が出ますよね?

しかし、問題の答えでは、期末棚卸高に残っている本店からの仕入れ分62400円と、まだ支店に届いていない15600円の分、つまり、13000円しか控除されていません。

309400円はどういうタイミングで処理されたんでしょうか?

Aベストアンサー

先に「スレ違い」という警告を流しておきます。
ですが答えられる内容ですので、答えておきます。(試験近いですしね)

----------------------------------------

まず、この問題のタイミングは「決算」です。
だから「期末棚卸高」という言葉が出てきます。

次に工業簿記の部分と同じ話になるのですが、本支店会計はあくまでも「内部取引」ということ。
工業簿記で「工場」と「管理」という考え方があったと思います。それの商業簿記版です。

問題では「本店→支店」で物と金が動いてますが、そこに利益(実務ではそこに至るまでの経費)を吹っかけてきた話。

本店:現預金  ×× / 支店売上 ××
支店:本店仕入 ×× / 現預金  ××

という仕訳が、期中に行われている訳です。
これを見て何か気付けば、良いのですが……。

----------------------------------------

質問の答えですが「期中に相殺されている」になります。
もしそれでも納得しない場合は、勘定科目の「売上」「仕入」の意味を思い出してください。
(ここまでくると、既に日商4級の超基礎レベルになってしまうので割愛)

先に「スレ違い」という警告を流しておきます。
ですが答えられる内容ですので、答えておきます。(試験近いですしね)

----------------------------------------

まず、この問題のタイミングは「決算」です。
だから「期末棚卸高」という言葉が出てきます。

次に工業簿記の部分と同じ話になるのですが、本支店会計はあくまでも「内部取引」ということ。
工業簿記で「工場」と「管理」という考え方があったと思います。それの商業簿記版です。

問題では「本店→支店」で物と金が動いてますが、そこに利益(実...続きを読む

QFIX窓の交換

高さ2m以上の固定窓(FiX窓)現在シングルガラスですが、断熱を考えペアガラス仕様に換えたいと考えていますが可能でしょうか?喫茶店の窓みたいです。サッシごと交換になるのでしょうか?何か後付けでペアガラスにできるものはないでしょうか?

Aベストアンサー

日本板硝子のスペーシアという物があります。
既存サッシに導入可能ですが、単価が高いです。
下記のURLを参考にしてください。

参考URL:http://shinku-glass.jp/

Q本支店会計の内部利益控除について

本支店会計では、期末に内部利益を控除するため、
繰延内部利益控除/繰延内部利益
という仕訳を加える。
ここで疑問なんですが、これだと利益額は調整されるのですが、
棚卸商品の残高が調整されてないんじゃないか?と思います。
私の勘違いでしょうか?

Aベストアンサー

 #6です。
 大変申し訳ないですが、#6において書き間違いがあったため
 #7という形で訂正後の投稿を、ここに掲載いたします。
 質問者さま・他の回答者さま・閲覧者の皆さまには、ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
 運営スタッフ様に#6の削除依頼を出しておりますが、かなり日数が必要とのことですので、
 重複回答を今しばらくご辛抱頂き、この投稿を参考にしていただければと願います。
 よろしくお願いします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

>本支店会計では、期末に内部利益を控除するため、
 繰延内部利益控除/繰延内部利益
 という仕訳を加える。
 ここで疑問なんですが、これだと利益額は調整されるのですが、
 棚卸商品の残高が調整されてないんじゃないか?と思います。

 質問者さまの、この疑問の部分について回答いたします。
 あなたが見ているこの設題は、B/S上・P/L上にて本支店間の内部利益の「間接控除法」を用いている場合の仕訳例です。
 B/S上、棚卸資産の内部利益を含めた数字と内部利益の数字とが、両建て表示されるのが「内部利益の間接控除法」です。
 棚卸資産の数字は期首から期末まで、内部利益を含めたままの状態です。    
 当然、B/S上の流動資産の数字は、内部利益の分だけ大きくなりますが、同時に、その内部利益は、流動負債の「繰延内部利益」勘定としてB/S計上され、結果として資産の誇大表示とはなりません。
 また、P/L上でも内部利益の間接控除として「繰延内部利益戻入」で前期末商品の内部利益の利益計上を行ない、「繰延内部利益控除」で当期末商品の内部利益は費用計上します。
 こうして内部利益の調整が行なわれますので、結果として当期純利益の誇大表示にはならないのです。

 一方、棚卸資産の数字から「内部利益」を初めから控除した状態でB/S計上することを「直接控除法」と呼びます。この場合、前T/Bに「繰延内部利益」勘定は現れません。
 
 内部利益の「直接控除法」か「間接控除法」かの判断は、前T/B・後T/Bに「繰延内部利益」勘定があるか否かです。

 余談ですが、今期末に控除した本支店間の内部利益を、翌期に再び戻入しないといけないサイクルが何故なのかはご存知でしょうか。(自分にはそれがずっと謎だった)
 簿記上、前期からの棚卸資産は、当期において外部に売りさばかれ、当期末のB/S上からは消えてなくなると考えます。(先入先出の感覚)
 前期商品から持ち越された内部利益は、期首における残高試算表内では控除されたままの状態にあります。本店仕入・支店仕入の商品が双方の手許に残っている場合、内部利益は正直に消去しておかないと、資産・利益の誇大表示になるからです。
 ところが当期において、前期から引き継がれた本支店間内部仕入の棚卸商品が外部に販売されたことで、販売された商品に付加されていた内部利益は、外部販売における売上高の中で、一緒に売上利益として実現した状態になります。
 そのため、前期決算では度外視され、いったん控除した内部利益を、今期決算では、れっきとした売上利益の一部として新たに戻入する作業を、毎期繰り返し行なうのです。
 
 ご質問の例では、残高試算表内の「棚卸資産」の残高は、内部利益ごと丸々含めた状態の数字で計上されています。あなたはそれが心配なのでしょうけど、「棚卸資産」勘定は、内部利益を含む表示のまま、調整しなくてよいのです。
 内部利益を調整する役割は、「繰延内部利益」勘定が、きちんと果たしますから。

~本支店合併B/S上・P/L上内部利益の間接控除法を用いる場合~
(期首商品の内部利益調整) 繰延内部利益/繰延内部利益戻入
(期末商品の内部利益調整) 繰延内部利益控除/繰延内部利益
 で、内部利益は、最終的に正しく調整された形になるのです。

 追記:本支店合併B/S上では間接控除法・P/L上では直接控除法を用いたい場合はこのように仕訳を起こします。
(期首商品の内部利益調整) 繰延内部利益/仕入(売上原価)
(期末商品の内部利益調整) 仕入(売上原価)/繰延内部利益
 P/L上内部利益の「直接控除法」か「間接控除法」かの判断は、前期末の残高試算表に「繰延内部利益戻入」・今期末の残高試算表に「繰延内部利益控除」の勘定が存在しているか否かを観察することです。

 #6です。
 大変申し訳ないですが、#6において書き間違いがあったため
 #7という形で訂正後の投稿を、ここに掲載いたします。
 質問者さま・他の回答者さま・閲覧者の皆さまには、ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
 運営スタッフ様に#6の削除依頼を出しておりますが、かなり日数が必要とのことですので、
 重複回答を今しばらくご辛抱頂き、この投稿を参考にしていただければと願います。
 よろしくお願いします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

>本支...続きを読む

Qテレビの真上に横スリットFIX窓を取り付けるのですが、眩しいでしょうか?

テレビの向かいには、当然、ソファが来るのですが、
ソファに座っている時、テレビ上のFIX窓からの光が眩しい可能性はありますか?
例えば、顔に直射日光が当たるとか…。

窓の方角は東南です。
総二階なので、この窓の上に光などを遮るものはありません。

現在、透明ガラスなのですが、
もし眩しいようならすりガラス、もしくはフィルムなどを貼るなどを検討します。

Aベストアンサー

再び#2です^^
お礼ありがとうございました!

東側が田んぼなんですね。午前中~正午の太陽の日差しがしっかり入ると思います^^
透明ガラスはその日差しでくすみとかハッキリ見えるのが難点です^^;うちの場合は外側の掃除がなかなか難しくて。。北側の階段にすりガラスの縦長FIXも付けましたが、光の入り方はとても柔らかくていい感じですよ。でももし空とか山とかいい景色が見えるのならすりガラスは勿体ない気がします。

今から着工なら実際の場所で確かめて置かれると不安材料は減ると思いますよ。お家楽しみですね^^いいお家になりますように!

Q期首商品の内部利益戻り入れについて(本支店会計)

現在期首商品に含まれる内部未実現利益の戻入のところでつまづいています。

テキストには「繰延内部利益勘定から内部利益戻入勘定に振り替え、当期の利益に加算します」とあり、仕訳は↓です
繰延内部利益 xxx 内部利益戻入 xxx
で、解説の部分を見ると期首商品に含まれる内部利益は当期に実現したこととなります」とあります。

しかし、僕が疑問に思ってしまうのは、内部利益戻入で利益を加算してしまうと、売上勘定とダブって内部利益分が加算されてしまうんではないかと疑問に思ってしまいます。

そこのところどうなんでしょうか?分かる方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく本支店会計の簿記上の流れがあいまいなのだと思います。
ここで重要なのは仕訳が
本店の帳簿上の仕訳なのか
支店の帳簿上の仕訳なのか
または合併清算表上の仕訳(帳簿外)なのかです。

>合併財務諸表作成の仕方は、本店、支店で当期純利益をだします。この質問に対応した計算をすると【本店純利益=支店売上ー仕入】、【支店当期純利益=売上ー本店仕入】)。それから本店の損益勘定に【支店純利益 xxx 損益 xxx】として、本店仕入勘定と支店売上勘定を相殺する。

内容はこれでいいのですが、順番があります。
まず本店支店別に利益計算(各帳簿上)します。補足では

>【本店純利益=支店売上ー仕入】、【支店当期純利益=売上ー本店仕入】
の部分です。まだ内部利益は入ったままです。計算はこれでいいです。仕訳は
本店(帳簿上)で
本店損益 XX/総合損益 XX

次に支店の利益を本店の帳簿にのせるための処理です。
>【支店純利益 xxx 損益 xxx】
ですが内容はOKです。仕訳は
本店(帳簿上)で
支店 XX/総合損益 XX
支店(帳簿上)で
支店損益 XX/本店 XX

これで本店の帳簿上の総合損益に本店と支店の合算した利益が計上されますよね。まだ内部利益が入ってます。次に
内部利益の処理をします。仕訳は
繰延内部利益/内部利益戻入
内部利益戻入/総合損益
内部利益控除/繰延内部利益
総合損益  /内部利益控除
として総合損益で最終的な内部利益控除後の会社全体の利益が本店の帳簿上で計算されます。

これが帳簿上の流れですが、ここで大事なのは各店の帳簿上は本店売上等と支店仕入等は相殺されません。

相殺処理は本支店合併清算表で行われます(帳簿外)。この清算表は合併財務諸表を作るために作成される清算表です。上記の帳簿上の処理とはまったく別のものです。帳簿上は管理のために本支店別に利益を計算して最後に足して内部利益を控除します(簡単にいうと純額で処理)が、清算表は最初にすべての勘定を合算して、相殺する勘定(本店売上や支店仕入、本店勘定、支店勘定など)をすべて相殺して合併財務諸表を作ります(こちらは簡単にいうと総額で処理)。
こちらでは棚卸資産の内部利益を控除する処理だけで正しい損益が計算できることはご理解いただけるでしょうか?
この部分がわかると本支店は完璧といえるぐらい重要です。

>本店仕入勘定と支店売上勘定が計算上は全く無視されてしまうので、支店の売上ー本店の仕入となり結果的に内部利益を戻入するとダブってしまうのではと思ったのです。

これですが、これは清算表上の処理なので、戻入の処理はしません。(期首の棚卸資産から内部利益が控除される)ですから、ダブらないですよね。

この清算表上の処理(帳簿外)と帳簿上の処理を混同してしまうと本支店論点では、はまってしまいますのでこの点は区別して理解してください。まずは流れの中に帳簿上と清算表上の2通りがあることを理解してください。
ここが分かると連結論点も理解しやすいです。頑張って!

>面倒だったら、全然かまわないで他っておいてください。
私自身の説明能力の向上のために回答していますのでお気になさらずに。(^^)

おそらく本支店会計の簿記上の流れがあいまいなのだと思います。
ここで重要なのは仕訳が
本店の帳簿上の仕訳なのか
支店の帳簿上の仕訳なのか
または合併清算表上の仕訳(帳簿外)なのかです。

>合併財務諸表作成の仕方は、本店、支店で当期純利益をだします。この質問に対応した計算をすると【本店純利益=支店売上ー仕入】、【支店当期純利益=売上ー本店仕入】)。それから本店の損益勘定に【支店純利益 xxx 損益 xxx】として、本店仕入勘定と支店売上勘定を相殺する。

内容はこれでいい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング