多年草、宿根草、一年草、蔓性多年草などのことをなんというのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

多年草(たねんそう)・・季節を通じて地上部(葉や茎)が枯れず、冬越しや夏越しできる草本(そうほん)植物。

しかし冬や盛夏は休眠状態や半休眠状態にもなる場合もある。

宿根草(しゅくこんそう。発音的には、しゅっこんそう)・・寒い時や、もしくは暑い時は地上部が枯れ休眠に入るが、根は生きていてまた時期がくれば茎や葉を伸ばし生長に入る草本植物。一応、球根植物もこの中に入るが、これは私見。

一年草(いちねんそう)・・花後しばらくすれば全て枯れてしまうが、その前にタネを付けてそれで子孫を残そうとする草本植物。

一年草扱い(いちねんそうあつかい)・・本来は多年草であるが、環境的に暑すぎたり、あるいは寒すぎたりして枯れてしまう草本植物。
しかし花後や枯れる前にタネを付けるものが多く、それで子孫を残せる。

蔓性多年草(つるせいたねんそう)・・多年草の部類に入るが、つるを伸ばす草本植物。

一応、○○草とあるから草本植物である。対するは木本(もくほん)植物、つまり枝や幹が木質性の木であるが、これらは区別する必要がある。
草本植物の中にも大株になれば、地際近くの茎が木質化してくるものもある。

しかし植物も自身が進化したり、人為的に品種改良されたりしてその特性が変わる場合もあるので、この分類に当てはまらなくなる場合もある。つまり厳密に言えば、一種の目安という見方もできる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただきありがとうございます。保存版にさせていただきます。

お礼日時:2009/05/27 21:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多年草、宿根草、一年草、蔓性多年草の呼び方

多年草、宿根草、一年草、蔓性多年草などのことをなんというのですか?

Aベストアンサー

多年草(たねんそう)・・季節を通じて地上部(葉や茎)が枯れず、冬越しや夏越しできる草本(そうほん)植物。しかし冬や盛夏は休眠状態や半休眠状態にもなる場合もある。

宿根草(しゅくこんそう。発音的には、しゅっこんそう)・・寒い時や、もしくは暑い時は地上部が枯れ休眠に入るが、根は生きていてまた時期がくれば茎や葉を伸ばし生長に入る草本植物。一応、球根植物もこの中に入るが、これは私見。

一年草(いちねんそう)・・花後しばらくすれば全て枯れてしまうが、その前にタネを付けてそれで子孫を残そうとする草本植物。

一年草扱い(いちねんそうあつかい)・・本来は多年草であるが、環境的に暑すぎたり、あるいは寒すぎたりして枯れてしまう草本植物。
しかし花後や枯れる前にタネを付けるものが多く、それで子孫を残せる。

蔓性多年草(つるせいたねんそう)・・多年草の部類に入るが、つるを伸ばす草本植物。

一応、○○草とあるから草本植物である。対するは木本(もくほん)植物、つまり枝や幹が木質性の木であるが、これらは区別する必要がある。
草本植物の中にも大株になれば、地際近くの茎が木質化してくるものもある。

しかし植物も自身が進化したり、人為的に品種改良されたりしてその特性が変わる場合もあるので、この分類に当てはまらなくなる場合もある。つまり厳密に言えば、一種の目安という見方もできる。

多年草(たねんそう)・・季節を通じて地上部(葉や茎)が枯れず、冬越しや夏越しできる草本(そうほん)植物。しかし冬や盛夏は休眠状態や半休眠状態にもなる場合もある。

宿根草(しゅくこんそう。発音的には、しゅっこんそう)・・寒い時や、もしくは暑い時は地上部が枯れ休眠に入るが、根は生きていてまた時期がくれば茎や葉を伸ばし生長に入る草本植物。一応、球根植物もこの中に入るが、これは私見。

一年草(いちねんそう)・・花後しばらくすれば全て枯れてしまうが、その前にタネを付けてそれで子...続きを読む

Q一年草、多年草、宿根草、耐寒草の区別

花の苗を買うにあたって、わからないので教えてください。

1年草は、1年で(冬に?)枯れるということですか?
室内で育てても、枯れて無くなってしまうのですか?

多年草と宿根草は、どう違うのですか?

耐寒草(耐冬草?)と書かれているものは、結局宿根草ってことでしょうか?

意味がわからなくなってきました。。。

Aベストアンサー

本来、「いちねんそう」というのは、「一稔草」のことで、花が咲き、実を付けたら枯れる・・・そういう植物の総称です。
ですので、花が咲くのに何年もかかるくせに、咲いた後は枯れてしまうタケなども、「一稔草」なのです。

でも、普通に「一年草」と呼ぶ場合は、タネから発芽し、成長・開花・結実・枯死を1年で完結してしまう植物を指します。
毎年 花を見ようとしたら、毎年タネを播かなければならない植物です。

「多年草」というのは、開花後も、株が枯死せずに翌年以降も育ち続ける植物です。
そういう植物の仲間に、「宿根草」が含まれます。
「多年草」には、冬でも常緑で、そのまま春を迎えるものもあれば、
冬に地上部は枯れて無くなっても、根(根茎や球根)が生きてて、翌春また芽吹いてくるものもあります。
そのように、地上部枯れても、根が生きていて芽だしする植物を「宿根草」といいます。
ただ、チューリップなどのように、球根を形成するものは 厳密には含めない場合もあるようです。
園芸界の中での、いろいろな考え方により、分類が変わってきます。

「一年草」に戻りますが、たとえば「マツムシソウ」などは、タネから発芽した年は葉しか茂りません。
冬はロゼッタ状態(完全には枯れず、葉がベタ~っと地面に貼りついた形)で越し、翌春に花茎が立って開花し、実を付けると、株そのものの寿命を終えます。
こういう植物は、2年間生きるので、「多年草」ではありますが、咲いたら株は完全に死にますから「一稔草」です。
そういう植物に「一年草」の名を与えるのはむづかしいところです。

でもまあ、単純に、「毎年タネ播いてやらないとイケナイ」のが「一年草」と理解してて不都合ないです。
暖かく管理しようが、一度咲いたら必ず株が枯れます。

「耐寒草」というのは、その字のごとく、寒さにメゲずに生きる植物です。
もともと南国産の植物は、温暖地で路地での越冬はムリです。
それを可能にすべく品種改良されると、「耐寒性」が付いたと言いますが、「耐寒草」と言われるものは、本来 北方や高地の植物で、冬に路地栽培が可能な植物です。
宿根草であっても、それが南国の冬をやり過ごせる能力までの宿根草ならば、北地では「耐寒草」とは言えません。
(宿根草=耐寒草ではないのです。)
地上部も枯れずに 北地の冬を乗り切る能力がある植物なら、まさに「耐寒草」といえるでしょう。
根や根塊が凍ってまでしても生きてる宿根草も、「耐寒草」ですね。

本来、「いちねんそう」というのは、「一稔草」のことで、花が咲き、実を付けたら枯れる・・・そういう植物の総称です。
ですので、花が咲くのに何年もかかるくせに、咲いた後は枯れてしまうタケなども、「一稔草」なのです。

でも、普通に「一年草」と呼ぶ場合は、タネから発芽し、成長・開花・結実・枯死を1年で完結してしまう植物を指します。
毎年 花を見ようとしたら、毎年タネを播かなければならない植物です。

「多年草」というのは、開花後も、株が枯死せずに翌年以降も育ち続ける植物です。
...続きを読む

Q忘れな草って種類があるの?

春になりホームセンターで花の苗を買いました。
数種類買ってポットに寄せ植えしたところ、忘れな草だけ一番先に枯れてしまいました。

近所ではまだ見ごろの忘れな草がたくさん見られます。
それとも私が忘れな草と勘違いしているのでしょうか?
近所で見るそれは多年草のようでもあります。

教えてください。

Aベストアンサー

>忘れな草って種類があるの?

はい、沢山あります。以下を参考に・・・。
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&lr=&um=1&q=%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%82%B0%E3%82%B5&sa=N&start=0&ndsp=20

>近所で見るそれは多年草のようでもあります。

本来は多年草ですが、日本の気候では夏に枯れてしまうので一年草として扱います。ブルー、白、ピンクなどの花色があり、中心が黄色くなる可憐な植物です。
http://yasashi.info/wa_00001g.htm

「シンワスレナグサ」、「ノハラワスレナグサ」、「エゾムラサキ」等「その他」がある様です・・・。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%82%B0%E3%82%B5

Q植物が多年草でも日本では一年草扱いって育ちにくく枯れやすいだけで翌年も生えてくるってことですか?

生育に適した温度とかじゃないと根まで枯れちゃったりするから一年草扱いっていうことなんですか?一年草扱いの多年草だと日本で翌年も育つことは可能ですか?詳しい方おしえてください^^

Aベストアンサー

>翌年も生えてくるってことですか?
株が暑さや寒さに負けて枯れて一年草扱いになるので
環境を整えてなんとか株を残す以外は
元の植物の種ができやすく、かつ落ちた場所で自力で芽を出す力と環境がないと
新しく種をまいたり、苗を植えないと絶えてしまうものもあります。
寒さに弱いものはある程度、株を残す対策ができますが
暑さに弱いものや湿気に弱いものの方が難しいです(私は)。
たとえば、関西地方で夏暑くて湿気の多いうちでは
パンジーもビオラもフクシアも6月の始めにはへたってしまいますが
同じ県内でも標高が高くて夏が涼しいめの夫の実家では株で越しますし
秋が来るのが早いのでパンジーなどはこぼれ種からも芽が出ます。
うちでこぼれ種で復活?するものはポピーやチドリソウ、ヒマワリ、アサガオなどですね。
なので、あなたがお住まいの地域の気候に合ったものなら
育てることは可能ですが、確実に欲しいものなら植えなおすことです。

Q宿根草と多年草の違いを教えてください

宿根草と多年草の違いを教えてください

宿根草というのは、球根ですか?
多年草は、種ですか?

Aベストアンサー

簡単に言うと冬に枯れる物を宿根草、冬でも葉が残っている物が多年草です。

多年草のマーガレットなどは枯れた花(種)からも発芽します。
で、本体も残っているわけだからジャンジャン増えます。

一般に売られている花のなかでも日本の気候(冬)に耐えられなく枯れてしまうものがあり、そういう物は多年草であっても一年草として売られていることがあります。

ごくまれに種がない花もありますがたいていの花は種から増えることが出来ます。
家庭で増やそうとするのは困難な場合がありますが…。
バラなんかは種から増やそうとするとかなり難しいですね~。
発芽率が低い程度なら蒔きまくれば芽がでますが…マリーゴールドも発芽率が低い花の一つです。

Aベストアンサー

結論から書きますと枯れます。
寒さで地上部は枯れても地下部の茎や芽、根は「生で」生きています。
暖かい季節と違って葉からの蒸散がないので、冬は少ない水分で維持されています。
具体的には鉢植えで軒下に置いて全く雨などがかからなければ、土はどんどん乾きサラサラになります。
そうなると植物の水分は土に移動して植物は枯れます。

球根類は枯れたら、球根という防御体になるので、土が少々乾いても生命は維持されます。
しかしそれでも季節が移り、ざっと3-4か月後には起動スイッチが入り動き始めます。
まず最初に根が、そして芽が動きます。
その時に土が乾いていたら、根も伸びずそのまま止まったままとなり耐えます。

露地での栽培はまず心配はいりません。
地上部が枯れてからは水をやることはありません。どうにか水分は補給されます。
逆にその後も再々不用意にやると腐れるなどにつながります。

Qコスモスは一年草か多年草か?

今年の秋の終わり頃にコスモスを購入しました。
名前など書いているタグ(?)は無く、定員さんに多年草か一年草か聞くと「ちゃんと育てれば数年は咲きます」と言われました。
時期が終わりかけの売れ残りのコスモスでしたが、大き目の鉢に植え替えて日当りのいい所において育てていると、大きくなり2.3種類のピンク色の花を沢山咲かせてくれました。

現在は、ほぼ枯れかけて枝などが茶色になっていますが、蕾はまだ沢山あります。
外の日当りの良い所においています。

以下質問です。

1.コスモスは一年草なのでしょうか多年草なのでしょうか?
ネットで見ると一年草と書いているのが多いですが、多年草とも書いているのもありよく分からないです。
一年草の文字を見た時はちょっとショックでした。
我が家は庭が無くアスファルトなので、鉢を置いた付近に種が飛び来年も咲くということは期待できないですよね?(鉢も直径17.8センチくらい)
種も蕾を取ったりしましたが、飛んだ後なのか種らしきものが無くて種はとれていません。

2.まだ蕾があるので、室内の日の当たる所に移動したほうが良いでしょうか?

よろしくお願いします。

今年の秋の終わり頃にコスモスを購入しました。
名前など書いているタグ(?)は無く、定員さんに多年草か一年草か聞くと「ちゃんと育てれば数年は咲きます」と言われました。
時期が終わりかけの売れ残りのコスモスでしたが、大き目の鉢に植え替えて日当りのいい所において育てていると、大きくなり2.3種類のピンク色の花を沢山咲かせてくれました。

現在は、ほぼ枯れかけて枝などが茶色になっていますが、蕾はまだ沢山あります。
外の日当りの良い所においています。

以下質問です。

1.コスモスは一年草なの...続きを読む

Aベストアンサー

基本一年草や多年草という定義はあいまいだと思います。
一年草でも温度、日照管理をしてあげれば翌年も咲いてくれたりします。
でも一般的なピンクや白、赤のコスモスは一年草です。
普通のコスモスを越冬させるなんて無理だと思いますよ。

よくこぼれ種で育つので一度植えれば種蒔きをしなくても数年楽しめます。
なので店員さんもそうおっしゃったのではないかと思います。

暖かい地域だと年越しをしても咲いているコスモスを見る方もいるようです。
暖かい室内ならまだ開花の可能性があるかも?
コスモスは花後そのままにしておくと栗のイガっぽいツンツンしたものができます。
その細長い一本一本が種です。
触ると簡単に採れてしまうので種ができるまで注意してくださいね。

アスファルトの隙間から芽が出て育っているコスモスも見かけますよ。
来年も楽しめるといいですね。

Q花期の長い宿根草&多年草教えて下さい!

別件で質問している者です。
洋風の一戸建てに住んでいます。居住地は東海地方の沿岸寄りです・・・海辺ではありません。

田舎なのである程度庭がありますが、子供が小さくてガーデニングに集中できません。
でも春だし、お庭に花を咲かせたいな・・・っと思いまして・・・

そこで花期が長くて毎年咲くお花があったら教えて下さい。
それから、花は咲かなくても常緑の葉っぱで存在感のある物なども教えて頂けたら嬉しいです。

今植えてあるものは、コニファー・オリーブ・ライラック・ヤマボウシ・シマトネリコ・柚子・レモン・ネメシア・パンジー&ビオラ・アリッサム・マーガレット・ステラ・カーネーション等です。

Aベストアンサー

グランドカバーてきな花になりますが、宿根のバーベナは、長く花も咲きますし多年なので、お庭でしたら、毎年上手に育つのではないでしょうか?

あと、似たようなもので、ランタナもおすすめです。とても丈夫ですし、こんもりとボリュームがあるので、葉としての存在感もあると思います。黄色、紫、オレンジなどいろんな色があるので、ミックスして植えてみるのも楽しいと思います。

カモミールや、ミント、レモンバームなどのハーブ系も、丈夫ですし、カモミールは花から種がおちると翌年も勝手に芽をだしたりします。地植えだとハーブ類はよく育つと思いますし、利用価値もあると思います。

黄色のユリオプシスデイジーも丈夫で、開花時期も長くてお勧めです。あと、壁などに這わせるのでしたら、つる性のジャスミンがお勧めです。とにかくよく伸びるので、お庭の雰囲気もだせると思います。春には香りの良い花がよくさきます。ものすごく丈夫です。そろそろ苗が出回ると思います。

同じくつる性の、時計草やてっせんも、花はかわいらしいし、つるがのびるさまも楽しめると思います。そしてとても丈夫です。

がんばって、素敵なお庭にしてください。

グランドカバーてきな花になりますが、宿根のバーベナは、長く花も咲きますし多年なので、お庭でしたら、毎年上手に育つのではないでしょうか?

あと、似たようなもので、ランタナもおすすめです。とても丈夫ですし、こんもりとボリュームがあるので、葉としての存在感もあると思います。黄色、紫、オレンジなどいろんな色があるので、ミックスして植えてみるのも楽しいと思います。

カモミールや、ミント、レモンバームなどのハーブ系も、丈夫ですし、カモミールは花から種がおちると翌年も勝手に芽をだし...続きを読む

Q非耐寒性多年草の冬越しについて教えてください

北海道に住んでいます。夏の間庭で楽しんだ花も終わり霜にやられて大半は枯れてしまいましたがまだ「非耐寒性多年草」は葉が青々としていてこのまま枯らすのがもったいない気がしています。たぶん北海道の庭では生きていけないと思いますがこの種類は家の中で鉢植えにすれば越冬できますか?ちなみに花は「ブルーデイジー」「バコパ」「サンビタリア」です。

Aベストアンサー

ハイ、鉢上げして家の中の日当たりのいいところに置けば大丈夫だと思いますよ。
北海道の室内は本州の室内より暖かいですから、花もどんどん咲くかもしれません。以前、庭に植えていたインパチェンスをたくさん鉢上げして出窓に置き、外の雪景色をよそにカラフルな花でいっぱいにしたことがあります(函館です)。

Q宿根草、多年草でおすすめありますか?

庭に2m四角ぐらいの花壇があります。そこの真ん中に大きめのシマトネリコをいれたのですが、足下がさみしいので、できればあまり世話をしなくてもいける、毎年花の咲くものを植えたいと思います。
何かおすすめありませんでしょうか?

Aベストアンサー

 わたしならペチュニア系(ブリエッタ)かガザニアですかねえ。
どちらにお住まいかはわかりませんが東北南部以下ならごぼれ種でふえるかもしれません。 ガザニアは越冬できれば・・・あの銀葉がよろしいですね。
http://www.bluette.jp/
http://www.hana300.com/gazani.html
 いずれも花期が長くある程度の乾燥にも耐えます。 
あるいは宿根カスミソウとギボウシ、アスチルベなどの寄植は如何でしょうか?。
  それぞれ葉っぱの形と大きさも違うので楽しいかも。 根元を単一の植物で被覆するよりもいろいろなもので工夫するほうが目立ちますし
センスが光るというものです。
 シマトネリコが大きくなるにしたがって背景にもその大きさの三分の一程度の植物を植えないとバランスがとれません。(大・中・小)
 そのような大きさになったら紫葉の植物もいけますね。
「紫葉てまりしもつけ」なども一風変わっていてよろしいです。挿し木で増えますし大きさは最大で2m程度です。 適当に剪定してOKです。
 春に極々薄いピンクの小さい花が球状に咲きます。 
http://www.natural-tree.com/homepage/item/m-diabolo.htm
 いろいろ適当に楽しみましょう。 

 わたしならペチュニア系(ブリエッタ)かガザニアですかねえ。
どちらにお住まいかはわかりませんが東北南部以下ならごぼれ種でふえるかもしれません。 ガザニアは越冬できれば・・・あの銀葉がよろしいですね。
http://www.bluette.jp/
http://www.hana300.com/gazani.html
 いずれも花期が長くある程度の乾燥にも耐えます。 
あるいは宿根カスミソウとギボウシ、アスチルベなどの寄植は如何でしょうか?。
  それぞれ葉っぱの形と大きさも違うので楽しいかも。 根元を単一の植物で被覆するよりも...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報