今うちのマンションの裏でショベルカーが民家を壊しています。実に鮮やかに家を壊し廃材を分類しトラックに積み上げます。おまけに風呂桶をつまみ上げトラックに置き、巨大なツメでバリバリと壊しただの廃棄物にしてしまいました。逞しい男性10人分以上の力を揮うショベルカーですが、やることはレバーの操作だけ。どうしてこの仕事に女性は進出しないのでしょうか? 家をバリバリと壊して「すっげーなー」と見ていたらドアが開き可愛い女の子が降りてきたらそのギャップが楽しいと思いませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

小さい会社ではどうか解りませんが大きい現場などで重ダンプや普通は使わないような大型の重機で見たことも有りますし、若い女性が11tダンプで現場に来ることも少ないですが有ります。



11tダンプなどは自宅が会社を経営しているのかも知れませんが私は30年近く前から何人か見ています、もちろんそのような方はブルでもショベルでも乗りますよ(乗らないと仕事に成らないことが多い)

ただ他の方の意見に有るようにほとんど居ないので見ること自体は珍しいと思います、なお、レバー操作だけで乗れますがオペレーターはそれだけでは勤まりません。

詳しいことは長くなるので書きませんが有る程度のメンテナンスや時にはアタッチメントの交換くらいは必要です(是が出来ないと重機屋に一々依頼して出張して貰うことに)

たとえばバケットを取り外してブレーカーに替えるなどオペレーターの仕事です(慣れないと時間が掛かるしある程度の大きさに成るとかなり難しくも成ります、もちろんこつが有るだけなのですが)慣れると30分も有れば取り替えて次の作業に移れます(この辺りがネックに成っているかも)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
経験者のかたのご回答はたいへん参考になります。
素人が知らない隠れた部分の仕事があるんですね。しかし、それでも大したネックではないように思います。バーのホステスなんかやるよりよっぽど良いです。私に娘がいたとしたら絶対にショベルカーですね。バーのホステスなんて言ったら張り倒しちゃうかもしれません。

お礼日時:2009/05/28 19:27

>どうしてこの仕事に女性は進出しないのでしょうか?



いますよ。ただ絶対量が少ないのでみないだけです。
http://sittsel.com/power_shovel/

最近では大型クレーンのオペや大型トレーラーの運転手で女性をみましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。いることはいるんですね。
私が女性ならそういう分野に魅力を感じますけどねえ・・・ 職場には勇ましい女性はいますが、どうして事務なんかに固執するのかな。給料だって事務員より上だろうに・・・ ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 19:23

ショベルカーの運転だけではなく、廃材を手作業で車に積む仕事もあるからなのでは?その必要のないトラックやコンクリートミキサー車なんかでは、若い女の人をよく見かけますから。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日見ていた限りでは運転手は運転だけで作業員が4,5人作業していました。しかし、私が見たのは今日だけですので手作業も若干あるのでしょう。女性の分野がもっと広がれば良いと思います。日本はまだ女性の進出が遅れていますね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 19:18

こんちは。



楽しいと思いますが、それ以上に頼もしいですね(笑)

こないだテレビでやっていました。

ユンボの運転は、トレーラーに積んだり下ろしたりするだけだと思うけど、かなり可愛い子です。(笑)

http://www.ntv.co.jp/majo/week/090512_02.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

可愛いですね。
こういう女の子ってかなりもてるんじゃないでしょうか。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 19:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐用年数の決定

償却資産の届け出の手引きを読むと、
耐用年数は届け出をする側が記入するものと思われるのですが、
何も記入せず提出してよいと言われました。

そうすれば、市の方で耐用年数を決定してくれるからとのことでした。

事実、これまで市が決定した耐用年数で毎年の減価償却費を計算してきたようです。

しかし、これだと耐用年数が決定し、それを知らされるまでは減価償却の計算ができないと思います。

また、市が決定した耐用年数が
「減価償却資産の耐用年数などに関する省令」に基づいた耐用年数と合致しないとも思います。

市の決定した耐用年数で減価償却することに(「省令」に基づいた耐用年数と合致しなくても)問題はないのか。
問題ない場合、市が耐用年数を決定するまで減価償却はどのように行えばよいのか。

申し訳ありませんが、どなたか教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

通常は会社の判断した耐用年数を記入して申告でしょうからこういうことは気にしません。
また固定資産税は1月1日の現況で課税ですから、決算期によっては時期もかなりずれがあります。当然納税通知書の到着が間に合わないことは起こります。

でも法人税や所得税の減価償却費と固定資産税の課税標準は別な制度のものですから、これが違うことはなんら問題ではありません。

会社は決算上はあくまで法人税法上の耐用年数表にしたがって判断して決算をすればよいのです。市町村がこれと違う判断をして課税してきたとしてもそれは固定資産税上の問題で、法人税や所得税には無関係と思えばよいでしょう。
異議があれば所定の手続きで不服申立ては可能です。多分めったにないでしょうが。

実務的にはこれは困るので、ある程度の会社ならば自己の判断した耐用年数で償却資産も申告をすると思いますが。

Q鮮やかな色の(可愛い)

宜しく お願いします。ホームセンターで見て来たのですが、45ℓ位の ゴミ袋が入るゴミ箱で 家の中に置いても 可愛く見えるような物 ご存知ないですか?
ホームセンターでは ブルーや グレート言った 暗い色しかないようで ご存知の方が いらっしゃいましたら 何処で 購入できるかを 教えて頂けると 助かります。

Aベストアンサー

大手スーパーで探されてはいかがでしょうか。
例えばサティーやヨーカドーで
値段とデザイン両方で妥協できるくらいのものは
見つけることができると思います。

今使っているゴミ箱は
驚いた事にロフトにも置いてある商品でした。

ただし種類の豊富さや、かわいさは
ロフト、ハンズ辺りにはかなわないかもしれません。

両方行かれて比較してみてはいかがでしょうか。

Q耐用年数について

耐用年数について
耐用年数5年とは10年とかありますが、
計算してみると、耐用年数で償却が終わりません。
なぜでしょうか?

逆に耐用年数2年の定率法だと、計算すると1年で償却が
達成されます。

どうしてこうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

>耐用年数で償却が終わりません。なぜでしょうか?
旧定額法・旧定率法の場合は、耐用年数経過時点で取得価額の10%が残る様に設定されいいます、
旧定額法の 「償却の基礎になる金額」=「取得価額×90%」 であり、旧定率法の償却率には90%が織り込まれています( 旧定率法の償却率の計算式、「 償却率=1-(1/10)^(1/耐用年数) 」 )。

減価償却制度は大正7年に税制において初めて規定され、残存価額(割合)は10%とされました、
昭和39年、償却可能限度額の改正が行われ、償却可能限度額は95%に変更されたが、残存割合10%はそのままとなる、
平成19年度税制改正において、償却可能限度額95%に達した翌年より、残り「5%-1円」を5年間で均等償却し最後の5年目に未償却残高1円(備忘価格)を残す様に変更されました。

例えば、旧定率法で耐用年数が3年の場合、取得した年の使用月数が12か月の時は償却可能限度額95%に達するには4年かかります、取得した年の使用月数が11~1か月の時は償却可能限度額95%に達するには5年かかります。


平成19年3月31日以前取得の「旧定額法」の計算式、
「償却額」=「取得価額×0.9」×旧定額法の「償却率」×「使用月数÷12」、
その年の「未償却残高」=「取得価額」-「償却累積額」。

「取得価額」の95%に達する迄は上記の計算式・方法で計算します。
前年の(「未償却残高」-「取得価額の5%」)が前年の「償却額」を下回る年が95%に達する年で、
95%に達する年の「償却額」=「未償却残高」-「取得価額の5%」、
「未償却残高」=「取得価額の5%」。

95%に達した翌年より、残り5%より「1円」を残して5年間で均等償却し(「取得価額の5%-1円」÷5年)、
5年目の「未償却残高」=「1円」(備忘価格)。

国税庁>タックスアンサー>No.2105 旧定額法と旧定率法による減価償却(平成19年3月31日以前に取得した場合)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2105.htm


>耐用年数2年の定率法だと、計算すると1年で償却が達成されます。どうしてこうなるのでしょうか?
平成19年度改正において、平成19年4月1日以降取得の減価償却資産の償却可能限度額は100%となり、残存価額(割合)は廃止されました、
定率法は、「250%定率法」ともいわれています、定率法の償却率は、定額法の償却率 「1/耐用年数」 を250%したもにです。

例えば耐用年数2年の場合、定額法2年の償却率は1/2=0.500で、この250%は1.250となり 1 以上はあり得ませんので、定率法2年の償却率は1.000となりました、
取得した年の使用月数が12か月の時は1年目で償却を完了します、取得した年の使用月数が11~1か月の時は2年かかります。


平成19年4月1日以降取得の「定率法」の場合
「耐用年数」により「償却率」と共に、「改定償却率」及び「保証率」が定められています(耐用年数2年の場合は「改定償却率」及び「保証率」はありません)。
「償却保証額」=「取得価額」×「保証率」。

「定率法」の計算式 
「償却額(調整前償却額)」=「期首未償却残高(1年目は取得価額)」×定率法の「償却率」×「使用月数÷12」。
「未償却残高」=「期首未償却残高(1年目は取得価額)」-その年の「償却額」。

前の計算式で毎年償却し、「調整前償却額」が「償却保証額」を下回る年より、「償却率」に変えて「改定償却率」を使用し「改定償却額」を計算します、
またこの年の「期首未償却残高」が「改定取得価額」となります、翌年以降この「改定償却額」(「改定取得価額」×「改定償却率」)をそのまま使い定額償却します、
前年の「未償却残高」が前年の「改定償却額」を下回る年、及び本年の「改定償却率」が「1.000」の場合は最終年です。

最後年の「償却額」=「期首未償却残高」-「1円」、
最終年の「未償却残高」=「1円」(備忘価格)。

国税庁>タックスアンサー>No.2106 定額法と定率法による減価償却(平成19年4月1日以後に取得する場合)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2106.htm

>耐用年数で償却が終わりません。なぜでしょうか?
旧定額法・旧定率法の場合は、耐用年数経過時点で取得価額の10%が残る様に設定されいいます、
旧定額法の 「償却の基礎になる金額」=「取得価額×90%」 であり、旧定率法の償却率には90%が織り込まれています( 旧定率法の償却率の計算式、「 償却率=1-(1/10)^(1/耐用年数) 」 )。

減価償却制度は大正7年に税制において初めて規定され、残存価額(割合)は10%とされました、
昭和39年、償却可能限度額の改正が行われ、償却可能限度額は95%に変更されたが、...続きを読む

Q鮮やかな青いタイル探しています。

設計事務所勤務の者ですが、浴室に張る鮮やかな青いタイルを探しています。大手メーカーさんから取り寄せたサンプルタイルはどれもくすんだ青か、紺色か水色がかった青で、原色の青!というタイルがなかなか見つからずに苦戦しています。大きさは200角を希望しているのですが、色が合えば150角でも300角でも良いかもしれません。もし鮮やかな青いタイルを知っている、もしくは使った事のある方がいれば、メーカーさん等教えて頂けると嬉しいです。


エプロン部に張る予定です。壁、床は白いタイルです。
浴槽は1600mmの円形バスで、浴室床からエプロン上部までは400mm立ち上がりがあります。浴室の大きさは2200×3485です。壁に一部ガラスブロックが使われています。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

設計事務所さんでしたら、「平田タイル」はご存じありませんか?
私はデザイン事務所をしておりますが、
時々ここの製品を使用します。
国内大手メーカーには無いものを取りそろえていますので一度サンプル請求
されてみてはいかがでしょうか?
ただしご質問内容の様な色のタイルでは多少細工を施しているかもしれません。
平滑なヌメッとした感じでは無いと思います。
原色の青と言うのは、意外と扱っていないものですよね。
一応参考URLを記載しておきましたので、その中から探してみて下さい。
これ以外にもタイルメーカーはありますが、その様な製品を扱っていたのか思い出せません。
思い出しましたら再度お伝え致します。
原色のタイルは最近の傾向ではあまり人気の無い色なので、
メーカーも殆ど作っていないのが事実です。
施工に多少手間がかかっても良いのであれば国内メーカーのもの
では無く、輸入品を使うのも一案かもしれませんよ。

参考URL:http://www.orange.hiratatile.co.jp/hicera/index.html

Q耐用年数経過後の資本的支出

耐用年数を経過した建物の一部に資本的支出をした場合元の建物と同じ耐用年数を用いると定められておりますが、やむを得ず一部に改修工事をしただけで到底建物自体が耐用年数に見合う延命になった訳ではありません。
それでも元の耐用年数を使うしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

少なくとも税法上はそのような規定になっているので、その耐用年数で計算しなければなりません。

なぜその耐用年数なのかという点については、資本的支出によって価値が増加したのであれば、その建物全体の価値に含めて減価償却するという、19年改正以前の税制が基本になっているためでしょう。19年改正後の原則である、資本的支出を個別に計算するという税制上の制度は、あくまで計算の便宜によるものであって本体と別の独立した資産と考えているわけではなく、個別に計算するから別の耐用年数を使う、というような考え方はないのではないかと思います。少なくとも私はそのような制度は知りません。
価値を高める、という意味では、最初からその価値を付加した場合の建物の価値と、それがない場合の価値との差が資本的支出と考えることができるでしょう。最初からその付加価値があった場合にその部分(資本的支出の部分の価値)に適用されるのは当然その建物の耐用年数なわけで、それを後から付加したとしても、やはり同じ耐用年数を適用する、という考え方なのだと思います。
もちろんその時点の残存年数で計算すべきなど、立法論としては別の考え方もあるでしょうが、実務としては、現在の税制ではこのようになっている、と割り切るほかないと思います。

それと、勘違いしているかもしれませんが、合算したとしても個別に計算したとしても、資本的支出前の本体部分については従来どおりの計算なので、別に建物全体の耐用年数が延びるわけではありません。耐用年数経過後も使い続けた場合には資本的支出の分だけが本体よりも長い期間減価償却をするというだけです。
言うまでもないと思いますが、建物を取り壊すなど、建物を処分したなら耐用年数に関係なく未償却残高はその全額が除却損で落ちます。

少なくとも税法上はそのような規定になっているので、その耐用年数で計算しなければなりません。

なぜその耐用年数なのかという点については、資本的支出によって価値が増加したのであれば、その建物全体の価値に含めて減価償却するという、19年改正以前の税制が基本になっているためでしょう。19年改正後の原則である、資本的支出を個別に計算するという税制上の制度は、あくまで計算の便宜によるものであって本体と別の独立した資産と考えているわけではなく、個別に計算するから別の耐用年数を使う、という...続きを読む

Q鮮やかな青いガラスブロック探してます。

今、外構工事の打ち合わせ中で、
いろいろネットで検索してイメージに近いものを何点かみつけました。

そのなかでガラスブロックが使用されているのですが、

画像の関係なのかとても鮮やかな青でした。

外構やさんは「こんな青いのはみたことない」
といわれ薄い青のガラスブロックでは?といわれました。

確かに画像のせいかもしれませんが、
3つくらい別のページで同じような濃さの青いガラスブロックを使用している画像を見つけたので、探せばあるのかなぁと思っています。

実際に使用した方など、教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

国内メーカーだと、日本電気硝子がほとんどでしょう。
最印は色々な種類が作られるようになっていますので以下を参考に。
  http://www.neg.co.jp/kenzai/reflection/glassblock/single/color_metallic.html
  http://www.neg.co.jp/kenzai/reflection/glassblock/single/color_selamic.html
  http://www.neg.co.jp/kenzai/reflection/glassblock/single/color_cocktail.html
  http://www.neg.co.jp/kenzai/reflection/glassblock/single/color_treasure.html
  http://www.neg.co.jp/kenzai/reflection/glassblock/single/color_opaline.html

他にも、海外メーカーのものもさくさん輸入されていますが、範囲を広げるときりがないので・・

国内メーカーだと、日本電気硝子がほとんどでしょう。
最印は色々な種類が作られるようになっていますので以下を参考に。
  http://www.neg.co.jp/kenzai/reflection/glassblock/single/color_metallic.html
  http://www.neg.co.jp/kenzai/reflection/glassblock/single/color_selamic.html
  http://www.neg.co.jp/kenzai/reflection/glassblock/single/color_cocktail.html
  http://www.neg.co.jp/kenzai/reflection/glassblock/single/color_treasure.html
  http://www.neg.co.jp/kenzai/re...続きを読む

Q中古資産の耐用年数について

中古資産の耐用年数について

先日、会社で車輌(新古車)を購入しました。今回購入した車輌の初年度登録は平成21年5月です。
普通乗用車の法定耐用年数は新車の場合は6年ですが、
簡便法で中古資産の耐用年数を求める場合は、「法定耐用年数 - 経過年数」で求めても良いと
思いますが、今回のように経過年数が1年未満の場合は「1年」としても計算しても良いのでしょうか?
それとも経過年数は「0年」となるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>今回のように経過年数が1年未満の場合は「1年」としても計算しても良いのでしょうか?
>それとも経過年数は「0年」となるのでしょうか?
見積耐用年数の計算式では、経過年数1年未満の端数処理の「切り上げ」・「切り捨て」は規定されていません(端数処理は有りません)。

見積耐用年数の計算式は、
(1).法定耐用年数の全部を経過した資産の見積耐用年数。
「見積耐用年数」=「法定耐用年数」×「0.2」。

(2).法定耐用年数の一部を経過した資産の見積耐用年数、
「見積耐用年数」=「法定耐用年数」-「経過年数」+(「経過年数」×「0.2」)。

[計算結果の1年未満の端数は切り捨て、2年未満は2年とする]、

国税庁>タックスアンサー>No.5404 中古資産の耐用年数
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5404.htm

乗用車の法定耐用年数は6年で、
経過年数を平成21年5月登録~平成22年2月取得と仮定すれば、経過年数=0年9ヶ月 → 0.75年、
「見積耐用年数」=6年-0.75年+(0.75年×0.2)=5.25年+0.15年=5.4年 →5年。
見積耐用年数は5年になります。

>今回のように経過年数が1年未満の場合は「1年」としても計算しても良いのでしょうか?
>それとも経過年数は「0年」となるのでしょうか?
見積耐用年数の計算式では、経過年数1年未満の端数処理の「切り上げ」・「切り捨て」は規定されていません(端数処理は有りません)。

見積耐用年数の計算式は、
(1).法定耐用年数の全部を経過した資産の見積耐用年数。
「見積耐用年数」=「法定耐用年数」×「0.2」。

(2).法定耐用年数の一部を経過した資産の見積耐用年数、
「見積耐用年数」=「法定耐用...続きを読む

Q電動カーゲート

電動カーゲートをつけようと思うのですが
門扉が無く 人もカーゲートからの出入りになります
1日10回ぐらい 開閉があります
電動カーゲートの寿命をしりたいのですが

Aベストアンサー

まあ、想定は1日2、3回の使用ですから、何日持つかはともかく、確実に寿命はちじめるでしょうね。
操作時間もかかるし、おともするし、別のくぐり戸を設けたほうが賢明だと思います。

Q中古資産の耐用年数について

初歩的?意味不明な質問かもしれませんが、相談させて下さい。
建物を中古資産として購入した場合、算式によって耐用年数を算出しますが、例えば18年という結果が出たとします。しかし、現行の耐用年数では建物で18年という耐用年数は無いはずです。
そのような場合、耐用年数及び償却率はどのように決定したら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

建物が用途と構造によって何年、という感じで決められている耐用年数は、あくまでも新品を取得した前提でのものですので、中古資産の場合は、その通りにならないのは、ごく当たり前のことで、算出された耐用年数に従って、その償却率によって計算すれば、何も問題ありません。

Qカーゲート アコーディオン

5メートルの間口にアコーディオンを設置しようと思ってますが取り付けるサイズは余裕(遊び)を持たして6メートルくらいの物を付けた方が
良いのでしょうか?
どれくらいの余裕(遊び)が必要でしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アコーディオン門扉の場合は
間口5M=門扉たたみ幅x2+開口幅です。
 製品そのものが余裕があるように出来てますのでそのもの
ずばりの製品寸法を購入すればよろしいのです。
 全幅5mの製品があるのにわざわざ6mのものを購入するのは
無駄遣いというものです。


人気Q&Aランキング